searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SAMさんのプロフィール

住所
長野県
出身
長野県

暇なときに不定期で更新します。

ブログタイトル
晴読雨読
ブログURL
http://roko2015.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
ぼくの読んだ本や、好きなものを紹介しています。
ブログ村参加
2010/01/11
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、SAMさんをフォローしませんか?

ハンドル名
SAMさん
ブログタイトル
晴読雨読
フォロー
晴読雨読

SAMさんの新着記事

1件〜30件

  • 『ゴールデンカムイ #27』 作者・野田サトル

     野田サトル先生の『ゴールデンカムイ』の第27巻です。  刺青暗号はすべてがでそろい、アシリパを第7師団に確保されてしまった。取り戻すべく突進する杉本は、海賊房太郎との死闘を繰り広げたが、第7師団を一緒に追うことに。鶴見を追う土方一味、ソフィア率いるパルチザン。刺青争奪戦はアシリパ争奪戦に・・・  テレビアニメ化されていますが、アニメではまだ見ていないです。結構人気になっていて、170...

  • 『真・群青戦記 #3』 原作・笠原真樹 作画・アジチカ

     笠原真樹先生、アジチカ先生の『真・群青戦記』の第3巻です。  現代の拘置所が時を超えて戦国時代へ・・・、所内では囚人と真田軍との戦いが勃発したが弟に面会に来ていて巻き込まれた大学生のミチロウの奮闘もあり、刑務官たちも争いを収めることに成功する。しかし、留置所には食料がないことがわかり、真田家に支援を求めるため、ミチロウたちは砥石城へ向かう。  総裁選では、マスコミが河野議員を押...

  • 『Shrink ‐精神科医ヨワイ‐ #6』 原作・七海仁 漫画・月子

     七海仁先生、月子先生の『Shrink ‐精神科医ヨワイ‐』の第6巻です。  アルコール依存症は死と隣り合わせの病、やめられないことは本人の意思の問題ではない。酒による過ちを繰り返していた関根匠は、ヨワイの言葉にかき乱される。一方、保健師の日向奏とともに重度のアルコール依存症に一人苦しむ坂下道男の元を訪れた弱井は、彼が10年前に関係を断った匠の父親であることを知る。  漫画やドラマの世界で...

  • 『3×3EYES ‐鬼籍の闇の契約者‐』 作者・高田裕三

     高田裕三先生の『3×3EYES ‐鬼籍の闇の契約者‐』です。  ウロボスを倒すには君の力が必要だという八雲の言葉を受け、暴走するウロボロスと戦う決心をした鳥谷喜一であったが、圧倒的な力の前に、三只眼と逃げ戻る。追いかけてきたウロボロスと地球で向かい合うが、三只眼に八雲のもとへ逃げるように促される。しかし八雲はその頃、過酷な環境下の世界でシールドを維持するのに精いっぱいの状況であった。 ...

  • 『アトラス -天命探偵 Next Gtar-』 作者・神永学

     神永学先生の『アトラス -天命探偵 Next Gtar-』です。  次の犠牲者は、警察庁の警備局公安課のトップ、そして、これまで共闘していた上司。眠り続ける志乃の予知夢を可視化するクロノスシステムの映像に、真田たちは絶句した。忌まわしい未来を変えるべく、真田や黒野らの次世代犯罪情報室のメンバーは、危険な作戦に身を投じる。そこには、因縁の敵であるアレスが登場し・・・。  天命探偵シリーズは完...

  • 『アレス -天命探偵 Next Gtar-』 作者・神永学

     神永学先生の『アレス -天命探偵 Next Gtar-』です。  外相会談を狙うVXガスによるテロが計画される。いまだに昏睡状態が続く志乃の夢を可視化するクロノスシステムは次々と犠牲者を予知し、そしてついに想像を絶する未来が映し出される。最悪の事態を回避するため、真田と黒野の最強バディが疾走する。だがそこに立ちはだかるのは、過激派の秘密結社の愛国者、そして凶悪極まる白髪のアレス・・・。  安...

  • 『クロノス -天命探偵 Next Gtar-』 作者・神永学

     神永学先生の『クロノス -天名探偵 Next Gtar-』です。  目覚める気配もなく、死の予知夢を見続ける志乃。その原因究明と引き換えにクロノスシステムで夢を解析し捜査に使うという警察庁からの提案を、山縣をはじめ真田たちは迷いながらも受け入れた。新たな活躍の場は公安課内の次世代犯罪情報室。そして、新たに加わった仲間は天才的頭脳で丁毒舌の黒野武人と、クロノスシステムを維持し、看護資格を持つ東雲塔...

  • 『フラッシュ・ポイント ‐天命探偵 真田省吾4‐』 作者・神永学

     神永学先生の『フラッシュ・ポイント ‐天名探偵 真田省吾4‐』です。  予知夢を見る美少女の志乃が感知した、身近な人の死。食い止めようと真田は奔走するが、未来の改変が悲劇を招く。探偵チームをあざ笑うように東京を標的とするテロが実行に移されて・・・。  高市さなえ議員のホームページはやっぱり具体的政策はよくわからないですね。ただ、政治理念ということが読めるので、基本的な考え方はよく...

  • 『ファントム・ペイン ‐天命探偵 真田省吾3‐』 作者・神永学

     神永学先生の『ファントム・ペイン ‐天名探偵 真田省吾3‐』です。  麻薬王で亡霊と呼ばれた男の脱獄。それは、復讐劇の幕開けであった・・・。予知夢を見る美少女の志野が予言する仲間たちの死。追い詰められていく探偵チーム。そして、明かされた山縣と公香と亡霊との過去。凶器の王が生み出す怨嗟の螺旋は、警察や公安を巻き込み、関わったものを一人残らず奈落の底へと突き落とす。  岸田文雄議員の...

  • 『タイム・ラッシュ ‐天命探偵 真田省吾‐』 作者・神永学

     神永学先生の『タイム・ラッシュ ‐天名探偵 真田省吾‐』です。  真田省吾、職業は探偵。養護施設で育ち、元警視庁の敏腕刑事に拾われて、彼が営む探偵事務所に住み込んで働いていた。ある日、謎の美少女から奇妙な依頼が持ち込まれる。夢で殺される人を助けてという。彼女は夢で死を予見する能力を持ち、それが現実となる可能性は、これまで100%であった。  総理総裁選に野田聖子議員が出馬するそうで...

  • 『水壁 ‐アルテイを継ぐ男‐』 作者・高橋克彦

     高橋克彦先生の『水壁 ‐アテルイを継ぐ男‐』です。  東北の英雄であったアルテイの血を引く若者、天日子。圧政に苦しむ民を救おうと立ち上がった彼のもとに、その志に共感した、力ある者たちが集まってくる。朝廷軍との圧倒的な数の差を知略で制し、不利な状況にも臆せず力を尽くして立ち向かう。  自民党総裁選で選択式夫婦別姓について高市議員が反対し通称制度を推進しているようです。河野議員は例外...

  • 『バチカン奇跡調査官 ‐天使の群れの導く処‐』 作者・藤木稟

     藤木稟先生の『バチカン奇跡調査官 ‐天使の群れの導く処‐』です。  キルギスの国際空港に旅客機が緊急着陸をする。機長は、上空に天使たちが現れ、墜落寸前から奇跡の生還に導いたと話す。また同じ夜、首都郊外の教会で巨大なキリスト像が動き出し、空港の方を向いて止まったという。申告を受けた奇跡調査官のロベルトと平賀は現地に赴くが・・・  コンピュータ社会に合わせられるように、制度を変えていく...

  • 『精霊幻想記 ‐20.彼女の聖戦‐』 作者・北山結莉

     北山結莉先生の『精霊幻想記 ‐20.彼女の聖戦‐』です。  聖女エリカとの死闘を満身創痍で征し、リーゼロッテらを連れてガルアーク王国で待つ大切な人たちのもとへと帰還したリオ。破壊の化身である大地の獣の存在や屋敷の襲撃事件など危機感の募る状況が続く中、リオはフランソワ国王から直々に勇者である沙月の能力調査と戦闘指南を任されることに・・・。  保守が嫌う選択式夫婦別姓ですが、正直どち...

  • 『新九郎、奔る! #8』 作者・ゆうきまさみ

     ゆうきまさみ先生の『新九郎、奔る!』の第8巻です。  細川勝元、山名宗全、東西の雄が死亡する。次々と世を去るかつての政治・戦の中心人物たち。急激に進む世代交代の中、新九郎はまたもや家の金策に頭を悩ませていた。時を同じくして、姉の伊都が今川義忠の嫡男を出産する。父からは金策、従兄の貞宗からは義忠の動向を探るため、駿河に行くように頼まれてしまい・・・。  さて、今回の総裁選では河野...

  • 『アンダーニンジャ #6』 作者・花沢健吾

     花沢健吾先生の『アンダーニンジャ』の第6巻です。  解放区で勃発した忍者襲撃事件の犯人に狙われた鈴木と純粋愛だが、犯人が過去に鈴木と個人的な因縁があることに気が付き、この場ではあえた生かされる。その後、完全透明化した摩利支天を犯人がまとっていたことから、鬼首と加藤がNINから疑われる事態に。一方で、九朗はヤンキー高校への殴り込みの日に起こるであろう強敵との戦いを察知し、静かに準備を進めて...

  • 『食糧人類Re: -Starving Re:velation- #1』 原作・蔵石ユウ 漫画・イナベカズ

     蔵石ユウ先生、イナベカズ先生の『食糧人類Re: -Starving Re:velation-』の第1巻です。  授業中、教室に響き渡るアナウンス。それは生徒の出荷を嬉々として告げる校長の声であった。喜びに包まれる教室。自らの肉体を笑顔で差し出し、祝福をするクラスメートたち。この世界はおかしいと感じ、死を怖がる天沢大輝。彼が異常なのか・・・。  テレビが面白くなくなる。BPOのせいか、視聴者のせいか。ドリフに...

  • 『ダーウィンズゲーム #24』 作者・FLIP・FLOPs

     FLIP・FLOPs先生の『ダーウィンズゲーム』の第24巻です。  要の宿敵であった王に変異したグリードD。そして、新たに出現したグリードたち。苦境に立たされる人類。ついにグリードの本営へと進行する東海道打通作戦を画策するのだが・・・。ダーウィンズゲームのクランの中でも異質のクランであった宗教組織くちなわ会がかなめに接触する。  日本で表現の自由がないという人がいますが、基本的に政治的発...

  • 『からかい上手の元高木さん #12』 作者・稲葉光史

     稲葉光史先生の『からかい上手の元高木さん』の第12巻です。  お母さんの髪留めを借りたちぃ、大人っぽい髪形をしてお父さんに自慢する。お母さんに大人っぽいとあおられ、片付けを進んでやり、おやつも我慢し、大嫌いなピーマンも食べる。そして、お父さんの膝の上でお父さんに一日偉かったとほめられ、大人ですものとませて答える。しかし、お父さんの余計な一言に、ちぃは膝の上から降りて、大人っぽくすまして...

  • 『GIGANT #9』 作者・奥浩哉

     奥浩哉先生の『GIGANT』の第9巻です。  パピコはサタンとの格闘中にパピコを見ている零を見つけてしまう。パピコは先頭から抜け出し、ゼロの保護に向かってしまう。そして、仲間たちはパピコに先頭から抜けるように言われ、パピコは零を連れて戦闘を抜けてしまう。そして、パピコが抜けたことにより、サタンとの争いは不利となっていく。一方、パピコと零は、安全な場所で話し合い、戦いに行ってほしくないという...

  • 『ふたりエッチ #84』 作者・克・亜樹

     克・亜樹先生の『ふたりエッチ』の第84巻です。  優良さんとまあやちゃんは卒乳に挑戦。おっぱいに顔の絵を描いて怖がらせて卒乳を促そうとした優良さんでしたが、夜真さんと始めようとしたときに、そのことを思い出したものの、真さんが素早くブラジャーを取ってしまったため、その顔を見られてしまい恥ずかしがる。しかし、真さんはそんなおっぱいでもと、果敢に吸い付くのだった。  高市さなえ議員は...

  • 『土竜の唄 #72』 作者・高橋のぼる

     高橋のぼる先生の『土竜の唄』の第72巻です。  魂のぶつかり合いの末、和解した玲二とパピヨン。再び轟親子を追うものの、逆襲にあい絶体絶命の大ピンチに・・・。一方、潜水艦の中では、月原と烈雄の死闘が繰り広げられる。しかし、烈雄に過去のことを思い出させ、烈雄の改心を迫る。  しかし、コロナが収まるまでは菅総理にお願いしたかった。菅総理への批判が多いとは思いますし、もちろん気に入らない...

  • 『夏目アラタの結婚 #6』 作者・乃木坂太郎

     乃木坂太郎先生の『夏目アラタの結婚』の第6巻です。  30代独身であった児童相談員の夏目アラタは、死刑囚である品川真珠と会い、担当児童の拓斗の父親の首を探すため、品川真珠と獄中結婚する。夏目アラタと品川真珠は腹の中にそれぞれの思いを掲げながら、面会を繰り返すが・・・。そして、無実を裁判で無実を訴えた品川真珠の控訴審では、夏目アラタが誘導されているのではないかと思いながら・・・。 ...

  • 『パタリロ! #103』 作者・魔夜峰央

     魔夜峰央先生の『パタリロ!』の第103巻です。  パタリロからの連絡を受けたタマネギたちは、アスタロト侯爵へそのメッセージを報告するため、魔界へとやってきて、アスタロト侯爵と面会する。パタリロから伝えられたモールスでのメッセージではよくわからなかったアスタロト侯爵は遠隔感応でその真意を探る。そして、より深く探るため、モールスを受け取った学者に接触を繰り返し・・・。  最近は魔界...

  • 『異世界をスキルブックと共に生きていく1』 作者・大森万丈

     大森万丈先生の『異世界をスキルブックと共に生きていく1』です。  不慮の死を遂げて異世界に転生されたサラリーマンの佐藤健吾。気楽な第2の人生を送れると思いきや・・・人里離れた魔物の森でたった一人のハードなサバイバル生活が始まった。手元にあるのは1冊のスキルブックのみ。しかしこの本が優れモノで、ピンチの時に役立つスキルが満載であった。  韓国経済がおかしくなりそうだという話がまた...

  • 『サムライせんせい #8』 作者・黒江S介

     黒江S介先生の『サムライせんせい』の第8巻です。  佐伯邸に集結した武市半平太、岡田以蔵、坂本龍馬、陸奥宗光。それぞれの師弟関係は、確執を抱え、苦悩する。死を前にしてタイムスリップしてきた150年後の世界で、悔恨は昇華される。これからさきも、150年後の日本に、生きる英雄たちは・・・。  8巻で完結しました。面白かったですね。なぜ、陸奥宗光がこの世界にいるのか。師弟関係という意...

  • 『オリンピア・キュクロス #6』 作者・ヤマザキマリ

     ヤマザキマリ先生の『オリンピア・キュクロス』の第6巻です。  かりそめのオリンピア大祭で破綻した故郷トリトニアを立て直す手段を模索するデメトリオス。トウキョウポリスで不条理に立ち向かう姿が心を打つ歌舞伎に出会い、表現の持つ力にさらなる可能性を見出し、トリトニアへと戻るが・・・。  横浜市長選で自民党が敗北とのことです。菅さんはあまり人気がないというか、難しいときの総理大臣だし、...

  • 『侠医冬馬 #5』 作者・村上もとか

     村上もとか先生の『侠医冬馬』の第5巻です。  種痘を広めることも軌道に乗り、反対していた俵屋の人々も種痘してくれ安堵していた冬馬であったが、ゆめが種痘をした時にはすでに天然痘に感染していたことが判明し、発病してしまう。懸命に治療を続ける冬馬であったが、病魔は夢を刻一刻とゆめを蝕む。  コロナワクチンの接種が進んでいるのにもかかわらず、緊急事態宣言は20都道府県以上に出ている状態...

  • 『今日からシティーハンター #9』 作者・錦ソクラ

     錦ソクラ先生の『今日からシティーハンター』の第9巻です。  新型LSDを世に広める新たな敵、処刑人と呼ばれるシュダイナー。彼の次なる標的は獠たちであった。囮として捕らえられた香、美樹、沙織。彼女たちを助けるために、獠、海坊主、JJが手を組んで敵地へと乗り込む。そこにはシュダイナーの部下である元クロイツ親衛隊が待ち構えていて…  バイデン政権になってアフガニスタンから、米軍が撤退、その...

  • 『BLACK LAGOON #12』 作者・広江礼威

     広江礼威先生の『BLACK LAGOON』の第12巻です。  ロアナブラに現れた5人の女の刺客たちによって、ある条件を満たす黒人の男が次々と狩られていく・・・。彼女たちの標的が絞られていく中、浮かび上がるダッチの存在。ロックやレヴィたちが彼女他の足取りを追うと、そこにある大国の影が・・・。  グレタさん日本を批判、正確には二酸化炭素排出量が多い日本を含む12か国を批判したらしいです。温暖化...

  • 『龍帥の翼 ‐史記・留候世家異伝‐ #20』 作者・川原正敏

     川原正敏先生の『龍帥の翼 ‐史記・留候世家異伝‐』の第20巻です。  張良の策により、東奔西走させられる項羽。だが途中、范増の死とその最後の言葉を知って劉邦を討つとの誓いを新たに、張良たちのいる成皋へ軍を向ける。予想を超える速さで迫る項羽に対して張良は漢中へ逃げることを選択する。そして死を賭して彲生は斉を説いてもらうよう進言する。  コロナが猛威を振るっている中、フジロックが開催...

カテゴリー一覧
商用