ねこママの読書ノート
住所
春日部市
出身
ハンドル名
ねこママさん
ブログタイトル
ねこママの読書ノート
ブログURL
http://nekomama.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
読書記録と、私の感想を書いていく Blog です。
自由文
タイトルを変更してみました。実際のタイトルは顔文字などを使っているので、縮めて登録しました。
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2010/01/07

ねこママさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 52,209位 52,510位 52,498位 54,387位 54,155位 56,313位 56,404位 969,195サイト
INポイント 0 0 3 0 2 0 2 7/週
OUTポイント 0 0 0 0 2 0 0 2/週
PVポイント 0 0 15 33 10 34 36 128/週
本ブログ 328位 335位 329位 399位 394位 451位 448位 12,506サイト
読書日記 93位 96位 99位 圏外 圏外 圏外 圏外 2,839サイト
読書備忘録 33位 35位 35位 40位 38位 46位 47位 805サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 104,524位 105,640位 105,645位 105,461位 104,605位 圏外 圏外 969,195サイト
INポイント 0 0 3 0 2 0 2 7/週
OUTポイント 0 0 0 0 2 0 0 2/週
PVポイント 0 0 15 33 10 34 36 128/週
本ブログ 703位 721位 708位 690位 688位 圏外 圏外 12,506サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,839サイト
読書備忘録 57位 59位 59位 58位 58位 圏外 圏外 805サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 17,378位 17,528位 17,484位 17,905位 19,158位 19,603位 22,551位 969,195サイト
INポイント 0 0 3 0 2 0 2 7/週
OUTポイント 0 0 0 0 2 0 0 2/週
PVポイント 0 0 15 33 10 34 36 128/週
本ブログ 147位 147位 150位 159位 173位 179位 201位 12,506サイト
読書日記 81位 82位 82位 101位 圏外 圏外 圏外 2,839サイト
読書備忘録 19位 19位 19位 19位 19位 21位 23位 805サイト

ねこママさんのブログ記事

  • 【感想】上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門

    上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門 作者: 上馬キリスト教会 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/11/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 最初に書きますが、本書を実は読み終えていません。 途中まで読んでの感想です。*1 そんな訳でメモ程度になっちゃう可能性があります が、感想を書いていきます。 本書は確かに「看板に偽りなし」のようで、ゆるく 聖書のことについて書かれています。私のようにク リスチャンでない読者を対象にしているので、聖書 に馴染みがなくても入りやすい内容になっていると 思います。 実は私、新約聖書だけなら一度、通しで読んだこと …

  • 今度こそ、最後のタイトル変更となりますように

    私は以前、こんなことを書いていました(;´∀`) 多分、これでもう変更はないと思います。ひっそり変えました ( ̄o ̄)え? - ねこママの読書ノート しかし先程、ふと思い立ってブログタイトルを 「ねこママの読書ノート」に変更しました。 本のレビューと呼べるほどの内容ではないですが、 ほぼ一貫して感想を書いてきているので「もう読 書ノートで良いじゃん」と自分の中の声が言った ような気がして。 時々更新する本ブログですが、今後とも宜しくお 願い致しますm(_ _)m

  • 『翔んで埼玉』の原作本を家人が持ってたので遠慮なく借りてみた。

    やおい君の日常的でない生活 (ジェッツコミックス) 作者: 魔夜峰央 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 1986/08 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 18回 この商品を含むブログ (4件) を見る 目的の『翔んで埼玉』だけ読むのも何だかな〜と 思ったので一応全部読んでみたのですが…。 表題の『やおい君の日常的でない日常生活』から 読んでみたんですが、うーんマンダム。ギャグが 滑って面白さを感じなかったですねぇ。 どうしたものか。 次に収録されている『時の流れに』はタイムトラ ベルもので割と好きかも。何の因果か西暦2165年 にタイムトラベルしちゃったミコちゃんが好きに なっ…

  • 聖書を読んでみる

    聖書 出版社/メーカー: YouVersion 発売日: 2011/03/24 メディア: App この商品を含むブログを見る 私はクリスチャンではないですが、ある時 Android アプリを物色してて面白そうだなと思ってDLしてみ ました。特に理由なんてないですが、強いて言えば 興味本位ですね。だって、面白そうじゃないですか。 勿論Kindleでも口語訳聖書があり*1、興味本位でサ ンプルを DL したこともありますが、旧約聖書の部分 が結構長い*2ので読破する自信は全くありませんで した。ただ、新約聖書は高校生だった頃にクリスチャ ンの従姉から貰ったものを読破したことがあったので 読むのに…

  • モチベーション アップ キープ ジャンプ

    モチベーション アップ キープ ジャンプ ぽあシリーズ 作者: 秋田智紀,田中雅幸,菜都実 発売日: 2018/06/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 物事は何でも構わないのですが、何かを続けることが 尊いとされていますよね。でも、これが意外に難しい と感じる人の方が多いのではないでしょうか。 例えば自分にとって少々難し目の資格試験をする時な どを考えてみて下さい。勉強をしている時に、難しく て理解出来そうもないようなものが出たとします。暫 く格闘するものの、気付いたら思考停止して進めなく なってしまい立ち尽くしてしまいます。そして、自分 の決めたことなのに進まない…

  • むむっ?! これは・・・

    これから、きっと買ってしまうと思われる本たちです。 素子の碁 - サルスベリがとまらない (単行本) 作者: 新井素子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/03/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る この本は、私が普段よく利用しているサイトの新刊情報 メールで紹介されていて、「サルスベリがとまらないって 何なんだ?」と思い、つい確認してしまったものです。 まあそりゃ「素子の碁」とあるので、碁の話だとは思うの ですが…。 ちなみに著者は、ご夫婦で囲碁教室に通っておられると か。さて、どんなエッセイになっていることやら。 続・ITコンサルタント ( ̄▽…

  • 今日の本

    この記事は、昨年の1月5日に書いたものを加筆修正して再掲載しています。*1 最近あまりにも読書量が減りすぎてしまったので、自分でも呆然としてしまっています。読みたいと思って図書館から本を借りたり、自分で本を購入したりしているのに、読み切れていないことが多くなってしまって(´・ω・`)ショボーン もうちょっと何とかならないものかな…。 本は少しずつ読んでいけば良いとして、これを続けるためにはどうしたら良いかと考えてみたんです。普段利用している読書メーターではカレンダーにチェックを入れられるようになっているんですが、毎日の読書記録として書けるのはそれくらいだった気がします。 それで、このブログに…

  • 「このままじゃダメだ」「変わらなきゃ」「勉強しなきゃ」と思っている。でも、勉強を続けようと思っても続かない、やろうと思っても時間がない。そう感じているあなたにこそ、私はオススメしたい。そんな本です。

    毎日「あさべん」毎月「おさべん」習慣になる勉強方法 (おさべん出版) 作者: 田中雅幸 発売日: 2017/08/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「このままじゃダメだ」「変わらなきゃ」…では、どうします? どんな人でも、一度は必ず思う時があるでしょう。「このままじゃダメだ」「変わらなきゃ」と。そこまでは、私も含め多くの人が思うことです。 では、「変わる」ために何をしましょうか?実際、やることは何だって良いんです。例えば今まで何も運動らしい運動をしたことのなかった人が、ウォーキングやラジオ体操を始めてみるというようなことです。例えば読書を殆どしたことのなかった人が、…

  • 2008年に読んだ本

    今年になって、やっと2008年に読んだ本を登録する ことが出来ました。多分、冊数としては2009年と同じ くらいだったと思います。 よく読んでいましたね、この頃は(;´∀`) nekomama.hatenadiary.jp そして、いよいよラスト。2007年の記録を残すのみとなりました。 ココログでの最初の記録が2007年2月24日ですが、いくつ残り があるのやら〜(⌒▽⌒)アハハ!

  • 2009年に読んだ本

    昨年7月、2010年に読んだ本を登録したのですが その後ちょっと移行作業をサボってたので結構時 間が掛かってしまいました^^; でも、2010年とは違って書いている記事も多かった のに自分でも驚きました。この分では次に遡ったら、 どうなるのやら┐(´д`)┌ nekomama.hatenadiary.jp 現在の自分を振り返ると、読書好きなのに読書を サボってるなと思ってしまいます(´・ω・`)

  • 不器用でも作れるブックカバー(^^)v

    これは自虐でも何でもなく、不器用なことには定評の ある私。手先の器用さを求められることが苦手で、手 芸や工作の類に手を出すなんてことは、ほぼありません。 そんな私ですが、今日たまたま見かけた「切らない 縫わない!」という言葉に釣られてブックカバーの 作り方を見て、コレなら気が向いたら私でも作れるかも? と思いシェアしてみました。 まずは、手拭いブックカバー。手拭いは家で眠っているもの や100円ショップで売っているようなもので充分だそうです が、気に入った柄のものを使うと尚良さそうです。作り方を 見た感じでは、文庫本や新書版の本に向いてるようです。 matome.naver.jp wynnke…

  • 読書管理よもやま話・その2

    昨日、ちょっとだけ悩んだ結果。 取り敢えず、ほぼ利用していなかったブクログを 暫く使ってみることにしました。それで、いくつか の設定に手を入れてみた訳ですが・・・どうなり ますことやら。 ここにも、ブログパーツの本棚を設置して、ちょっ と賑やかになりました。本棚に設定しているのは 今のところ積読本だけにしてあります。*1 いやそれにしても、昔登録したものを確認しよう かと思ったのですが、それをしようとすると恐らく 姉妹ブログの方をチェックすることになります。で もそれって、結構手間がかかるような気がするん ですよね。 それでなくても、元々はてなダイアリーだったものを はてなブログにしちゃったと…

  • 読書管理よもやま話

    つい先日、私はTwitterで読書管理サイトについて、こんなことを呟いていました。 5年近く放置してたメディアマーカーに久しぶりにログインしたが、恐らくもう利用しない気がするので退会しよう。ブクログも同じく何年も放置してるし、見直した方が良いかな。今更データに手を入れる根性もないし、そのまま削除になるかな。 — ねこママ@心のままに (@nekomama) 2017年5月9日 まあ、長いこと放置してきましたので。ブクログは比較的初期の頃に登録したのですが、当時はまだいろいろ作りかけのようで手作り感いっぱいだった覚えがあります。登録した読書管理サイトの中ではここが最初なので、見直すとなると、どう…

  • 歴史街道 2017年 2月号

    歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2017/01/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 今回は、珍しく「おんな城主直虎」関係の記事を目的に雑誌を買ってしまいました。普段、私はそんなことをすることは無いのですが、井伊直虎という人のことは全く知りませんでしたし、彼女が生きた時代について知っていることはほんの僅かで深くは知りません。しかし雑誌に載っている簡略化した勢力図を見たり、ドラマ世界の背景にあるものを読んでみると、戦国真っ只中というのが雰囲気だけでも感じられるような気がしました。*1今年の大河ドラマでは、前作では出なかった今川…

  • A型自分の説明書

    A型自分の説明書 作者: Jamais Jamais 出版社/メーカー: 文芸社 発売日: 2008/04/03 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 10人 クリック: 309回 この商品を含むブログ (118件) を見る 血液型占いで盛り上がるのは日本人くらいだと聞いたことがありますが、それは多分、当たり障りのない話題にしやすいからでしょうね。そして、それってA型っぽい人がついうっかり踏む地雷、かもしれませんよ? 私、よくO型と周りから思われるA型です。O型って、よく「大雑把」とか「フレンドリー」とか言われません?そういうところから、人当たりが良さそうに見られるのかなと良い方に解釈し…

  • 孔明のヨメ。 (5)

    孔明のヨメ。 (5) (まんがタイムコミックス) 作者: 杜康潤 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2015/09/07 メディア: コミック この商品を含むブログ (5件) を見る

  • 今日の本

    ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/11/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (45件) を見る (範囲)105 ページまで (内容など) のちほど記入予定。

  • 懐かしくも新しい「星へ行く船」シリーズ

    今朝 Twitterで、こんなまとめを見ました。 togetter.com いやあ、一番多感な時期に読んだ本のシリーズが新装版で 出るなんて、嬉しいですね!昔、コバルト文庫で全部揃えて読 みましたから、懐かしさもひとしおです。 それに、このまとめを作られた方、分かってますね〜。わざわざ 10代の彼女の文体で紹介文を書かれています。昔からのファン にとっては、これは萌えポイントですよ、ホントに。なんか、気持ち だけは、あの頃に戻れそうです。 えっと、まとめです。『星へ行く船』は新井素子さんの四冊目の本にあたりまして、1981年から1987年にかけてシリーズ全5巻がコバルト文庫から刊行されました。…

  • 遅読家のための読書術

    遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣 作者: 印南敦史 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/02/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る これを読もうと思ったのは、複数のSNSで、たまたま本書を読まれた方のレビューを見たのがキッカケです。 私自身の読書スピードは著者の言う「1ページ5分」ではないので、彼の言う「遅読家」とは違いますが、確かに読書量は減っています。それも、意図的に減らした時期があったことが大きくて、本書に書かれている「読めなくなった理由」とも違うんです。しかし著者の言う「多読リズム…

  • ひっそり変えました ( ̄o ̄)え?

    また、ブログ名を変更しました。多分、これでもう変更はないと思います。 私はタイトルを付けるの、実は得意ではないんですよ。だから名称を付け る時は、結構迷います。迷った挙句、上手い着地が出来ず再び考えること もよくある話ですが、自分の中で「これ」というものが決まれば迷ったりは しません。多少、時間はかかりますが…。 でも、それでも。私らしいタイトルにしたかったのです。 なかなかしっくりくる名前が付けられないなあと思いつつ、やっと何とか 自分でも「これでいいのだ」と言える名前が付けられた気がします。 と言う訳で、今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

  • 2010年に読んだ本

    少し前に2011年に読んだ本を登録したのですが、その当時と 比べると2010年は読んでない感じがしますね。この頃は、義父 が亡くなってバタバタしていた記憶しか残っていない印象なの で、そのせいなのかなと思ってます(^_^;) ま、まあ嫁の立場なので特に何かしたっていう訳ではないので すけれども。 nekomama.hatenadiary.jp さてと、次からは2009年に読んだ本です。何冊あったかな?

  • 今日の本

    のぼうの城 作者: 和田竜 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2007/11/28 メディア: 単行本 購入: 14人 クリック: 186回 この商品を含むブログ (371件) を見る (範囲) 2 ページ〜 53 ページ (内容など) 以前、文庫本で読んでいる小説ですが、再読したくなって読み始めました(^_^;) 今のところは物語の序章なので、主要人物の殆どが出てくる程度です。序章での石田三成は、少々自惚れ気味な部分が出ていますね。 それから、のぼう様は不器用な人物として出てきていますが、同時に領民には慕われているようです(それでも、領民の方も言いたい放題言ってるのには笑っちゃいますけど…

  • 「のぼうの城」を再読したくなった原因は、「真田丸」(笑)

    ちょうど先日の真田丸でチラッと忍城攻めの話が出てきたの ですが、「忍城」と言ったら「のぼうの城」が自動的に連想出 来てしまう自分に笑ってしまいます。。しかも、5年も前に読んだ 小説ですよ。 小説では大谷刑部殿も一緒に忍城に来ていますが、真田丸で は設定の違い故か、今のところ刑部殿は一緒では無さそうです。 これはこれで楽しめるし、お話としては全く違うものなので、ニ ヤニヤしながら読めそうな感じがします。 ただ、ドラマの方では忍城側の人って誰か出るんでしょうかね? そこだけが気になりますが、本筋とは殆ど関係ないから、開城は 最強兵器有働さんのナレーションで済まされてしまう可能性が ありますね(笑)…

  • 2011年に読んだ本

    ここ何日か記事を移行して初めて、この頃は結構読んでたのだなぁと しみじみ思いました。以下が、そのリンクです。 nekomama.hatenadiary.jp この年は震災もあったのに、何でこんなに読めたのか?今となっては 分かりませんが、でも元々の私は普通にこれくらいは読めていたんで すよね…。2012年以降、少し読書を減らした程度にしか思っていなか ったのですが、この頃と比べると異常なほどに減ってしまってたのが 分かりました。 試験勉強のために控えていた読書ですが、昔ほどには読めていない のでせめて、読む習慣を復活させたいです。

  • 創作と事実とを分けて考えよう

    今朝、Twitterで興味深いまとめ記事を読んだので、 それを読んで考えたことを書いてみます。 togetter.com 歴史小説と歴史学とは違うと思うのだけど、混同する人が多い んでしょうかね? 私は歴史小説とか歴史マンガは好きですけど、必ずそこには創 作が紛れ込んでいることを前提として楽しんでいます。ま、その 創作部分が面白くなかったら途中で飽きてしまうのは自然の成 り行きなので、司馬遼太郎のような作家の作品でも面白くなかっ たら最後まで読むことはないです。歴史小説は読んで楽しむだけで良いのに、それを本当だと思って しまうのは、読者として未熟だと思います。同じように歴史上の人 物を扱ったド…

  • 半年経ったらしいです

    昼間、はてなからのメールが届いてから気づきましたが このブログは開設してから半年経ったらしいです(^_^;) でも毎日更新している訳ではないので、そんな実感は ないですね〜。とは言え、出来るだけ続けられたら良い なと思っています、 これからも、よろしくお願いしますm(__)m

  • 2012年まで、遡ってみました(^_^;)

    多分、この期間が一番読書量が少ない時期かもしれません。 2011年の読書量から、もう少し多かった筈ですので(^_^;) 2011年以降の記事のリンクは、もうちょっと期間を短めにし てみようかと考えているところです(;´∀`) 2015年 nekomama.hatenadiary.jp 2014年 nekomama.hatenadiary.jp 2013年 nekomama.hatenadiary.jp 2012年 nekomama.hatenadiary.jp

  • 遡る遡る 逆回転する時計のように

    わざわざココログで書いていた読書日記を転載して、ひとつのブログに しなくても良いじゃないの?多分、そう思われるかもしれない。昔のこと より、今の方が大事だよって言われるかもしれない。でも何となく、今ま で自分が読んできたものを振り返ってみたくなってしまった。そんな衝 動に駆られてしまった。 別に、懐かしむために記録する訳じゃない。自分でも不思議に思うけれ ど、読み返すのは多分、転載作業をしてる時だけだ。そして、かつて最初 のダイアリーで書いてた読書日記も加えたくなるだろう事も分かっている。*1 それでも、私を突き動かす衝動が力になるのなら、今やってることだけで も終わらせて完成させたい。 今日…

  • デザインを変えてみました。

    ここは少々放置気味のブログですが、先週末からデザインを変えて みたくなって、少し手を加えました。久しぶりにHTMLを記述しまし たが、デザインテーマの作者さんがカスタマイズのヒントを下さって おられたので、昔よりはラクで助かりました。 ココログの記事を少しは移行しているのですが、全体の量がどの 程度あったのかは覚えていないので、今日になってやっとタイトル の一覧を作成しました。と言っても、表計算ソフトの表にタイトルを コピペしただけの簡単なものです。 そうしたら、ココログだけで書いている記事が意外に多くて自分で もびっくりでした。読書メーターに登録していないものが含まれてい るのは分かっていた…

  • 今日の本

    だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫) 作者: 齋藤孝 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2012/06/22 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (5件) を見る (範囲) 173ページ〜212ページ (内容など)