CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記
読者になる
住所
東京都
出身
ハンドル名
CDGHNDさん
ブログタイトル
CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記
ブログURL
https://cdghnd.hatenablog.com/
ブログ紹介文
Aさんとわたしは、大体、1万kmほど離れて遠距離恋愛をしています。
自由文
「CDG」とはシャルル・ド・ゴール空港のこと。「HND」とは東京国際空港のこと。 Aさんとわたしは、大体、1万kmほど離れて遠距離恋愛をしています。お互いに行き来するときには、CDGとHNDの間を往復することになります。 この日記は、Aさんとわたしの日常を、Aさんには内緒で記して行こうかな、と思うのです。
更新頻度(1年)

197回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2009/09/27

CDGHNDさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,454サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,085サイト
フランス旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 351サイト
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25,078サイト
国際遠距離恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 104サイト
国際恋愛(ヨーロッパ人) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 391サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 82,480位 圏外 82,480位 68,996位 68,937位 68,990位 56,498位 975,454サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 4,723位 圏外 4,723位 4,087位 4,096位 4,110位 3,252位 43,085サイト
フランス旅行 35位 圏外 35位 33位 33位 34位 29位 351サイト
恋愛ブログ 1,483位 圏外 1,483位 1,167位 1,169位 1,168位 911位 25,078サイト
国際遠距離恋愛 11位 圏外 11位 11位 11位 10位 8位 104サイト
国際恋愛(ヨーロッパ人) 29位 圏外 29位 27位 26位 26位 18位 391サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,454サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,085サイト
フランス旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 351サイト
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25,078サイト
国際遠距離恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 104サイト
国際恋愛(ヨーロッパ人) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 391サイト

CDGHNDさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、CDGHNDさんの読者になりませんか?

ハンドル名
CDGHNDさん
ブログタイトル
CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記
更新頻度
197回 / 365日(平均3.8回/週)
読者になる
CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記
  • 繋がり続けた話

    東京に戻っております。 実はコペンハーゲンに戻る道のりで、メールが入りまして、今週に非常に大事なミーティングの予定が入ってしまいまして、その準備で心がいっぱいになっておりました。オンラインでいられて良かったと、メールが来た瞬間は思いましたけれど、乗り越えた今から考えるとミーティングの準備を3週間かけてすることになってしまったわけで、色々な面で「心ここにあらず」という感じになってしまったことを考えると、繋がり続けるのもどうなのかしらねとも思ったりして、フクザツです。 cdghnd.hatenablog.com Aさんは、「あまり強迫的になってはだめだよ」と言い続けてくれたので、それでバランスがと…

  • 帰り道の困難の話

    コペンハーゲンの図書館におります。最終日、今日はパリに帰ります。 朝起きてのんびりしておりましたら、ドイツの友人から、「パリのメトロ止まっているらしいけれど大丈夫?」というメッセージが届きました。フランスの友人ではなくて、ドイツの友人だということに驚きました。ドイツの友人が知っているということはよっぽど大ごとが起こったということだからです。 そして、はい、大ごとでした。マクロン大統領が年金改革を発表して、それに対抗するパリ交通営団 RATP のストライキのようです。 調べたら、色々な路線が運休になっていたり、間引き運転になっています。パリ市内からAさんの家に帰る列車は20時で終了の予定。わたし…

  • 残り1週間の話

    Aさんとの近距離生活もあと1週間。過ごしてみるとあっという間です。もちろんお互いにやることがいっぱいあって忙しかったというのもありますけれど、2人で過ごす時間も濃密だったように思います。 メリハリ わたし達はおそらく24時間みっちりくっついて過ごすよりも、それぞれの仕事や作業をこなしながら(つまり日常を送りながら)一緒にいるのが良いのだなあと思います。少なくとも今のところは、そうです。メリハリの効いた生活が過ごせることで、いつか一緒に住めるようになった時の練習にもなっていると思います。 cdghnd.hatenablog.com わたしの作業は(去年と違って今年は)あまりちゃんと進まなくて、か…

  • たぶん中央図書館の話

    デンマークの中部オーデンセという街に来ています。 中央図書館 Aさんはお仕事なので、街の中央図書館に来ているつもりです。Odense Hovedbibliothekというのは、たぶんドイツ語でいうHauptbibliothekなのでしょう……。 開館時間 オーデンセの駅の並びにあるかなり新しくてきれいな建物です。場所が駅の並びですので、中心街からはやや離れています。しかしこれは旅行者にとってはプラスポイントでもあります。駅を降りてすぐ図書館と公共無線LANスポットを見つけられるのですから。 開放的で木目調(だけど天井はたぶん金属製)の空間です。 たくさんのソファがあってリラックスした雰囲気で作…

  • Transferwiseを使った国際送金の話

    これからもIBANが必要になるかもしれないので、欧州に銀行口座を作りました。 cdghnd.hatenablog.com さて口座ができてみると、本当にIBANに送金ができるのかを試したくなるのは人情です。更に調べてみると、フランスでの口座は最初に自己資金移動が必要であると銀行のサイトにも書いてあります。これはわたしの名義でどうにかして送金しなくてはなりません。 ところでわたしの記憶する限りでは、日本からの海外送金はめちゃくちゃ面倒くさいのです。 cdghnd.hatenablog.com そこで今回は、TransferWiseというイギリスのサービスを使ってみました。 (今回も重要な注:これ…

  • 住民登録なしに銀行口座を開く話

    (注意:今回の記事は、わたしにとっても実験的な事柄についてです。後にも書きますが、レビューも割れています。この記事はN26銀行をポジティブに評価した記事ではありません。) 今回のドイツ旅行で無事に小切手が現金化できました。 振り込み明細 珍しいプロセスにもかかわらず、金曜日に手続きして月曜日には友人の口座に無事に送金があったようです。ありがたい。 cdghnd.hatenablog.com それもこれも日本の銀行がIBANシステムを採用していないからです。 IBANコード(英語: International Bank Account Number)とは、銀行口座について、所在国、支店、口座番号…

  • 「休暇は終わった」の話

    秋の空です。パリはずいぶん涼しくなりました。雲が流れるスピードが速くなって、一日に様々な気象が楽しめるようになってきました。 秋の空 多くの人がパリに戻ってきて、街にも活気が戻ってきました。わたしはパリに住んでいる友人から「パリに戻ってきたよ」というメッセージをもらいましたので、週末に会えそうです。 Aさんはといえば、今朝お仕事上のEメールを受け取って、締切が1つ増えました。たださえ忙しいのに、Aさん大丈夫かしら。そう思っておりましたら、どうやらやっぱり大丈夫じゃない様子。 「今日で休暇はおしまいだから」 Aさんはそう言います。待ってください。わたし達は毎日パリで作業していたじゃないですか。A…

  • 日本語コースの話

    Aさんは日本語を、わたしはロシア語を勉強しようとしているわけです。わたし達は英語で会話すれば良いわけですけれど、わたし達の家族はそういうわけにはいきません。どこで暮らすにせよ、相手の母語をある程度覚えることは必要なことです。 cdghnd.hatenablog.com 独学の難しさ Aさんは日本語のテキストブックを買ってみたりしていますが、なかなか勉強が前に進みません。 GENKI: An Integrated Course in Elementary Japanese I [Second Edition] 初級日本語 げんき I [第2版] 作者: 坂野永理,池田庸子,大野裕,品川恭子,渡嘉…

  • 新学期の話

    フランスで新学期が始まりました。みんな休暇から戻ってきて、街に子どもたちが溢れる時期になりました。にぎやかなパリです。 工事が終わった もちろん夏休みが終わりましたので、街中の工事も終わりです。 cdghnd.hatenablog.com 休暇から戻ってみたら元通り。それがきっとパリの理想なのでしょう。列車はダイヤ通りに走り、道の通行止めが減りました。 図書館が空いている わたしと言えば今日も図書館におります。 cdghnd.hatenablog.com 9月になってからポンピドゥー・センターの図書館の入口が少し変わって、戸惑ったりしながらも、「今日は行列が短いなあ」と思っておりました。さっさ…

  • コルシカのチーズの話

    先週水曜日の晩のお夕飯を近所のビストロでの夕飯デートにいたしました。 何しろパリに来てから、タルタルステーキを食べていませんでしたので、タルタルステーキがとても食べたかったので、フレンチのお店をリクエストしました。 インターネットで調べて評判の良さそうな場所を、見つけました。ところが最初に出かけたレストランは夏休み。もちろん8月ですから、驚くには値しませんね。 というわけで街をウロウロしまして、雰囲気の良さそうなレストランに入りました。

  • 空港でビールを買う話

    帰り道の話です。Aさんにお土産のビールを約束しました。なぜならわたしもドイツのビールを飲みたいからです。(正直ね。パリのビールはドイツに比べたら、微妙なのですよ。値段も高くて、輸入物ばかりなのです。) cdghnd.hatenablog.com 持って帰れない アウグスティーナがとても好きなビールで、かつ、ミュンヘン市内には大量にアウグスティーナが売られているのですが、パリには持って帰れません。なぜなら空港の保安検査場を飲み物は通れないからです。 (ここに保安検査場の写真を挿入するべきなのでしょうけれど、もちろん、撮影禁止です) ミュンヘンの空港はターミナルの前に巨大なスーパーマーケットがあっ…

  • 新学期と花束の話

    花束を買おうと思ったのは、Aさんと花束の話をしたからです。 cdghnd.hatenablog.com 花束の話をしたのは、ロシアにお住まいのはてなブロガーさんのお宅に新学期が来たからです。 ロシアでは、新学期初日に生徒は花束を持って登校します。 ロシア新学期スタートしました! - ロシアで母になる なんですって。新学期に花束を持っていくのですか。素敵じゃないですか。 というわけで、仕事中のAさんに伺います。 Aさんの思い出 どうやらロシアの新学期には花を持っていくらしいじゃないですか。 「そう言えば、持っていってたね。いつまでだったかは覚えていないけれど、親と一緒に学校に行っていた間は確実に…

  • 火曜日のマルシェの話

    パリに戻って日常生活に戻ろうとしております。 日常生活に戻ろうとしても ところが今週は国立図書館がお休みです。先週年間パスを登録したときに宣言されたんですもの。 登録が完了したところで、デスクの方が言いました。 「今週金曜日から、来週の日曜日までお休みですから、注意してくださいね」 がーん。 夏休みは夏休みの話 - CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記 そして頼みにしているポンピドゥー・センターの図書館は火曜日が週休日。夏休みなしに働いているわけですから、週に1日の休館日は正しいと思うのです。文句は言いません。 最後の頼みの綱、Aさんが住んでいる街の図書館ですが、ウェブサイトが未だに8月31日ま…

  • バイエルンの朝食の話

    ドイツ最後の朝、友人は通常通りお仕事の日なので、「ありがとう」と言いながら別れて、わたしは街に出ました。目的は、「バイエルンの朝ごはん」をいただくためです。 バイエルンの朝ごはん、もしくは、正式にはFrühshoppen(ふりゅーしょっぺん)と呼ばれるものは、 プレッツェル(もしくは、ぶれーつぇ) 白ソーセージ(もしくは、ゔぁいしゅゔるしゅてる) そしてビール(もしくは、びあ) からなります。 白ソーセージは(ちゃんとした店)では、正午までしか提供していません*1。なぜなら白ソーセージは、保存食として作られたものではないからです。冷蔵庫のなかった時代、朝作って、朝のうちに食べる食材として確立さ…

  • ドイツ鉄道アプリの話

    ドイツに来ています。色々な移動に鉄道を使うことが多いので、その話をば。 困ること ドイツの鉄道で困ることは、 料金体系が複雑なことと*1 券売機でクレジットカードが使えないことです。 問題の解決策 しかしスマートホンを利用すると、この問題は解決できます。それが、ドイツ鉄道のアプリを利用することです。 DB NavigatorDeutsche Bahn旅行無料 ドイツ鉄道アプリでできること 時刻表検索と連動 ドイツ鉄道のアプリを使うと、時刻表検索に対応して様々な価格帯の乗車券が一覧で表示され、そこから好みのチケットを選択して、クレジットカードで購入できます。 都市圏のゾーン制運賃にも対応 しかも…

  • 秋祭りの話

    バイエルンでは秋祭りが始まりました。 オクトーバーフェストが有名ですが、バイエルン各地で秋祭りは開催されています。8/31に始まった秋祭りで有名なところでは、ローゼンハイムの秋祭りがありますが、友人とわたしはエアディング (Erding) の秋祭りに出かけてみました。 エアディングの秋祭り Erdingerは日本でも飲めるのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この秋祭りでは地元2社のテントが出されて、多くの遊具もあり、こじんまりしていますが非常に活気があります。 「昔はそんなことなかった」と友人は言いますが、今は老いも若きも民族衣装(をアレンジした複雑)を着ている人が多くいました。 テン…

  • 旅慣れは油断の話

    (話題の幅が広くないせいで)旅行の話ばかり書いていますし、オフラインでも旅行の話をよくするわけです。そうするとたまに「旅慣れていると思うのでアドバイスを頂きたいのですけれど」と言われることがあります。 正直ぎょっといたします。 ぎょっといたしますが、困っているのであれば、頼って頂いたことを意気に感じて相談に乗るしかないわけですので、喜んで伺います。そして解決のお手伝いができたり、できなかったりします。 旅慣れたら終わり ぎょっとするのは、「旅慣れたら終わりだな」とわたしは思うからです。旅慣れることは良いことではないのです。 緊張して移動中 慣れたつもりにしかなれない 「旅に慣れる」などというの…

  • 小切手の現金化の話

    ドイツから送られてきた小切手の現金化に苦労していました。 これまでの道のり 東京では扱う金融機関がほとんどなくて、現金化出来る金融機関の口座も持っていなかったので、現金化できませんでした。 パリでは、Aさんの取引銀行の受付の方に「出来るけれどやりたくない」と言われてしまいました。 3ヶ国目 というわけで小切手を現金化する旅第3ヶ国目、ドイツです。 作戦は小切手を裏書きして、ミュンヘンの友人の口座に入金してもらうことです。 感触は良い この友人が事前に取引銀行に電話しておいてくれたところ、指図式線引小切手を裏書きして友人の口座に入金させることは「問題なく出来るはず」との回答を得ました。 困惑の紳…

  • パリの匂いの話

    街にはその街に独特の感覚的刺激があるように思います。 東京の音 飛行機で東京についてすぐに気がつくのは、音です。もちろん日本語がわかるようになるということもありますけれど、もっと「耳につく」のは、自動音声です。なんとなく「ビッグシスター」と呼びたくなるほど、四方八方から自動音声が流れてきます。搭乗口を降りて最初のエスカレーター、パスポートコントロール、税関、駅……自動音声に囲まれながら、徐々に前に進んでいく感じ。これがわたしにとっての東京です。 わたしは自動音声が苦手なのですけれど、必ずしも自動音声が悪いものなわけではないのでしょう。自動音声が役に立つことは多くあると思います。 標準化された聞…

  • ロワシーバスの話

    さてなんとか間に合いました。 空港のセキュリティチェックを乗り越えて、出発ロビーにおります。 さて今回電車(RER B線)の代わりに利用したのが、ロワシーバスです。『地球の歩き方』などにも空港からのアクセス方法として紹介されています。 Aさんは電車の車窓が嫌いだそうで、可能な限りバスを使うことにしたいるようです。確かにRER B線の車窓はなかなか悲しいのに対して、バスの車窓はまだ新しい物流センターやイケアなどのショッピングモールなので、清潔な感じを受けます。 しかしわたしにとっては、ロワシーバスはあくまで代打です。 今回はその話をば。 ロワシーバスとは ロワシーバスは、シャルルドゴール空港から…

  • 間に合うのかなの話

    ミュンヘンに向かう朝です。 時間通りに目が覚めて、余裕を持って列車に乗って乗り換え駅に着いたなら、空港行きの列車が停車していて人だかりが出来ています。どうやら運休の模様。 これは想定していませんでした。シャルルドゴール空港に向かうときにこの路線が止まるのは初めての経験ではないのに、油断していました。 しようがないのでオペラ座の脇のバス乗り場に移動して空港バスに乗りました。幸いなことにこのバスは定期券の所有者には無料ですので*1、乗り換えもスムーズに行きました。 さて、現在パリ市内をバスに揺られております。こういう時は、信号の1つ1つが気になります。 時間的には多分大丈夫なはずですけれど、パリは…

  • わたし達の1日の話

    「近距離になったら急に恋愛について書くことがなくなった気がする」と不思議がっております。 台湾の白茶を2人分 遠距離恋愛をしていると再会が毎回フレッシュでイベント感があって、それが嬉しいという記事をたまに見かけますが、以前も書きましたがわたしたちはわりと毎回すぐに日常に戻っているようです。 わたし達は再会するとあまり違和感なく日常に移行できるように思います。 わたし達の久しぶりの再会あるある - CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記 そして2日目からは、平日がやってきます。わたしたちは迎える側が休暇を取りませんので、移動する側も自宅作業(なり図書館で作業)をすることになっています。 cdghnd…

  • 変わっていく街の話

    2013年に引っ越してきて以来、毎年来ているのでパリにはなんとなく「馴染み」の感じがあるのですけれど、それでも気がついたらあちこち変わっています。夏休みの工事だけではなくて、以前は大規模な工事現場だった場所がきれいに整備されていたり、普通の通りだった場所が急に巨大な工事現場になったりしているのです。 cdghnd.hatenablog.com 工事現場 例えば、Aさんの職場も建て替えで仮住まいが続いています。引っ越しのたびにセキュリティシステムが変わって、面倒くさそうですが、もしかしたら来年あたり改装が終わるかもしれないのだそうです。 そういえば、悲しい事故があったノートルダム大聖堂はまさにそ…

  • できるけれどやりたくない話

    ドイツから小切手で支払いがありました。日本では換金が非常に難しいことがわかりましたので、Aさんの口座を使わせてもらおうということになったのでした。Aさんに「うん」と言ってもらったときこれからどうなるかしらと、わくわくしたものです。 あとはAさんの取引銀行を説得できればよいのです。ドイツ語の小切手をフランス語で裏書きするなんて、ちょっと楽しそうです。どのくらいの手数料と時間がかかるのかしらねー。そもそも、銀行が「うん」と言うかしら。 指図式線引小切手の話 - CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記 今日、Aさんの時間の都合がつきましたので、午前中に銀行に行ってみました。ゲートで呼び鈴を鳴らして、受付…

  • 夏休みは夏休みの話

    パリの夏は工事と夏休みです。 cdghnd.hatenablog.com 乗りたい列車が運休し、通りたい道路が通行止めになります。Aさんのアパートに向かう線も現在は午後9時から部分運休になっていますし、地下鉄にも運休が出ています。そして回り道をしながら、なんだか損した気持ちになるのです。 この工事はやっと終わり 図書館も工事 鉄道の運休だけではなくて図書館も多くはお休み。わたしの普段でかけていた図書館も改装工事で丸々2ヶ月間お休み*1。古い建物を使った図書館は電源がないので、長時間の作業は難しいのですけれど、雰囲気が良いのでお気に入りだったのですが*2、しょうがない。代わりに国立図書館とポンピ…

  • まだ暑いパリの話

    今週のお題「残暑を乗り切る」 暑いパリ 今週のパリはなかなか暑いです。夏の再来という感じでしょうか。40度はありませんけれど、30度を超えると冷房があまりない街なので結構厳しいです。 昨日20時過ぎにポンピドゥー・・センターでの作業をやめて外に出たらまだ30度以上ありました。ちなみに日没は20:45分。 日の入りが遅い分、遅くまで暑い それでも熱帯夜ではないので、夜寝る際はかなり楽です。「『昔は熱帯夜は珍しかったよ』と言っている人々の夏の過ごし方ってこんな感じだったのかしらね」と思いますけれど、どうなのかしら。 冷房を求めて 作業場所も冷房が効いていそうな場所になります。 昨日いたポンピドーセ…

  • ポンピドーセンターの図書館の話

    こうなったら色々な図書館をホッピングして作業してやろうかしらと思います。 公共情報図書館 というわけで今回はポンピドゥー・センターに来てみました。国立近代美術館が有名ですが、実は図書館が2階から4階部分が、公立図書館(公共情報図書館)になっています。 観光名所 図書館の入口は写真のにある美術館の入口の裏手になります。公立図書館ですので入館に資格はもちろんなく、入館料も無料です。 パリの多くの文化施設と同様に入り口で手荷物検査と金属探知機による検査が行われますので、入館にかなり並ぶことになります*1。 手荷物検査でかなり並ぶ それでも(8月だからだと思いますが)席を見つけるのに苦労することはあり…

  • ふるさとの味の話

    ドイツから友人たちが訪ねてきてくれた週末でした。 嬉しいお土産 お土産にわたしがいた街のビールをもらいました。いわばドイツのふるさとの味です。 とても嬉しい ドイツは多くの街にまだ小さな醸造所があります。わたしのいた街にもあります。そしてそういう小さな醸造所のビールは、その街を出ると(場合によっては隣街でも)もはやほとんど手に入らないことになるのです。ということは東京は言うまでもなく、パリでもこのビールは手に入りません。 わたしのドイツの生活は、このビールとともにありました。仕事明けに独りの部屋で飲んだり、スタジアムで騒ぎながら飲んだり、友人とわいわい飲んだり…… cdghnd.hatenab…

  • Les Deux Magotsの朝ご飯の話

    金曜日にドイツから友人達が遊びにきてくれたので、朝食を一緒に食べることにしました*1。 せっかくですから、豪勢な朝ごはんにしようということで、サン・ジェルマン・デ・プレにある有名カフェ、Les Deux Magots で落ち合うことにしました。 花のパリっぽい感じ 観光客ばかりかなと思いましたし、確かに観光客も多かったですし、ギャルソンも観光客慣れしている感じでしたけれど、それでも歴史的なカフェなので非常に雰囲気があります。 カフェについての史跡案内板 朝ごはん 頼んだのは20ユーロの朝ごはんメニューです。クロワッサンとパンとバターとジャムに、フレッシュジュースと温かい飲み物(カフェクレームに…

  • 英語がうまくなるわけじゃない話

    わたし達はお互いにとって外国語である英語で付き合っております*1。 cdghnd.hatenablog.com そのわたし達の使っている英語の話。 たしかにこういうとき、英語を知っていると助かる ときどき「英語で国際恋愛していると英語上手になりますよね」と言われます。何かの冗談かと思いますけれど、どうやら真面目に言っている人も中にはいる模様*2。「もちろんそんなわけないし、それって偏見の一種じゃないの」というのがわたしの答えなわけですけれど、おそらく、もう少し丁寧に言うならこんなところになりますか。 語学は国際恋愛しているからめちゃくちゃ上達するような簡単なものではありません。 国際恋愛すると…

カテゴリー一覧
商用