searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

チューリップさんのプロフィール

住所
富山県
出身
未設定

越中・加賀を中心に高山植物から身近な野草など又蝶々や蛾、トンボなども写真などで紹介しています。祭りや観光スポットなど紹介しています。

ブログタイトル
越中富山 いろいろ紹介
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tulipculb1945
ブログ紹介文
山野草・高山植物の花を求めて!又野鳥や蝶々の写真や祭りや観光スポットなど紹介しています。
更新頻度(1年)

408回 / 365日(平均7.8回/週)

ブログ村参加:2009/07/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、チューリップさんをフォローしませんか?

ハンドル名
チューリップさん
ブログタイトル
越中富山 いろいろ紹介
更新頻度
408回 / 365日(平均7.8回/週)
フォロー
越中富山 いろいろ紹介

チューリップさんの新着記事

2021年05月 (1件〜30件)

  • 2021 ヒメウラナミジャノメ

    【2021ヒメウラナミジャノメ】◎ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)ベース◎2021年5月24日富山県にて写真2枚追加しました◎2021年5月1日石川県にて写真4枚2021ヒメウラナミジャノメ

  • 2021 センダイムシクイ

    【2021センダイムシクイ】◎センダイムシクイ(仙台虫喰)ベース◎2021年5月3日石川県にて写真5枚2021センダイムシクイ

  • 2021 ウグイス

    2021ウグイス】◎ウグイス(鶯)ベース◎2021年4月19日石川県にて写真6枚追加しました地上のウグイス◎2021年4月12日石川県にて写真7枚2021ウグイス

  • サルハマシギ(猿浜鴫)

    【サルハマシギ(猿浜鴫)】野鳥:チドリ目シギ科生活型:数少ない旅鳥時期:4~5月8月~10月生息地:干潟、水田、入り江などに渡来。全長:21cmシベリア北部で繁殖し、冬は東南アジアからオーストラリアに渡って越冬する。繁殖羽では体の全体が赤褐色で背に黒褐色の斑がある。冬羽では下面が灰白色で上面が斑のある灰褐色をしている。嘴はやや長く下に湾曲している。冬羽はハマシギ冬羽に似るが、夏羽の色彩は頭部から胸、腹にかけて鮮やかな赤褐色であることで区別できる。眉斑が白くはっきりしていることと、嘴と首が本種の方が長いことで区別できる。◎2021年5月21日石川県にて写真18枚+動画夏羽への換羽中動画です『サルハマシギ』サルハマシギ(猿浜鴫)

  • 2021 ユリカモメ

    【2021ユリカモメ】◎ユリカモメ(百合鴎)ベース◎2021年4月23日石川県にて写真4枚田んぼに2021ユリカモメ

  • 2021 イソシギ

    【2021イソシギ】◎イソシギ(磯鷸)ベース◎2021年5月18日石川県にて写真5枚追加しました◎2021年4月23日石川県にて写真5枚2021イソシギ

  • 2021 ケリ

    【2021ケリ】◎ケリ(鳧)ベース◎2021年5月10日石川県にて写真9枚田んぼにケリの親子がいましたケリの幼鳥道路を走っているとケリの親鳥を発見車に威嚇しながら向かってきました近くを見るとケリの幼鳥が2羽いました親鳥の元に◎2021年5月3日石川県にて写真4枚只今抱卵中4個の卵が見えました2021ケリ

  • 2021 ウズラシギ

    【2021ウズラシギ】◎ウズラシギ(鶉鷸)ベース◎2021年5月18日石川県にて写真4枚追加しました◎2021年5月10日石川県にて写真9枚追加しました◎2021年5月1日石川県にて写真11枚2021ウズラシギ

  • 色々な仕草 アカアシシギ

    【色々な仕草アカアシシギ】◎アカアシシギ(赤足鴫)ベース◎2021年5月18日石川県にて写真10枚+動画長~い首居眠りブルブルカイカイ後ろ姿鳴くときは喉元を膨らませ嘴を少し開け「ピューイ」と泣きますアカアシシギの鳴き声の動画です(アカアシシギの鳴き声)色々な仕草アカアシシギ

  • アカアシシギ(赤足鴫)

    【アカアシシギ(赤足鴫)】野鳥:チドリ目シギ科生活型:旅鳥。北海道東部では夏鳥生息地:干潟、河口、潟湖、池沼、河川の砂泥地の浅い水域時期:4~5月、8~10月全長:28cm雌雄同色で夏冬異色。夏羽は、頭上が暗褐色で、背は暗褐色に黄褐色の斑が散らばっている。腰は白色で、尾は白く、黒褐色の横帯が多数あり、下面は白色で、黒褐色の縦斑がある。嘴は黒く、下嘴基部は朱色で、脚は鮮やかな朱色。冬羽は、ツルシギの冬羽に似ているが、背の黄褐色の斑が消え、下面は白色。前頸、胸側、上胸に淡い黒褐色の縦斑があり、脚は橙朱色。鳴き声:「ピューイ」、繁殖地では「キュキュキュ」と鳴く。◎色々な仕草アカアシシギ2021年5月18日◎2021年5月18日石川県にて写真12枚+動画動画です(アカアシシギ)アカアシシギ(赤足鴫)

  • カキドオシ(籬通・垣通し)

    【カキドオシ(籬通・垣通し)】野草:シソ科カキドウシ属花期:4月~5月別名:カントリソウ平地の草むらに生えるつる性の多年草。4~5月に葉のわき淡紫色の唇形花を開く。花の下側の裂片は広く、濃い紫色の斑点がある。名前はつるが垣根を通して長く伸びることによる。子供の癇をとる薬となることからカントリソウの別名がある。◎2021年4月20日富山県にて写真2枚追加しました◎2009年以前カキドオシ(籬通・垣通し)

  • 2021 アオアシシギ

    【2021アオアシシギ】◎アオアシシギ(青足鷸)ベース◎2021年5月10日石川県にて写真15枚目を閉じて・・・どじょうをゲット2021アオアシシギ

  • キランソウ(金瘡小草)

    【キランソウ(金瘡小草・綺欄草)】野草:シソ科アジュガ属花期:3月~5月別名:ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャコロシ(医者殺し)紫色の小花を咲かすシソ科アジュガ属の這性・耐寒性の常緑多年草です。根生葉(根に近い部分の葉)は、ロゼット状をしており、地面を這うように生えます。薬草として知られ、別名でジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)、イシャコロシ(医者殺し)とも呼ばれます。似た花に、同じシソ科のジュウニヒトエ(十二単)や、園芸種のセイヨウキランソウ(西洋綺欄草)と呼ばれるがあります。◎2021年4月22日富山県にて写真5枚追加しました◎2009年以前のものキランソウ(金瘡小草)

  • 2021 ムギマキ

    【2021ムギマキ】◎ムギマキ(麦蒔)ベース◎2021年5月4日石川県にて写真13枚2021ムギマキ

  • 2021 ウスバシロチョウ

    【2021ウスバシロチョウ】◎ウスバシロチョウ(薄羽白蝶)ベース◎2021年5月1日石川県にて写真11枚2021ウスバシロチョウ

  • 2021 セイタカシギ

    【2021セイタカシギ】◎セイタカシギ(背(丈)高鷸)ベース◎2021年5月4日石川県にて写真10枚3羽のセイタカシギ2021セイタカシギ

  • チャマダラセセリ(茶斑挵)

    【チャマダラセセリ(茶斑挵)】昆虫:チョウ目セセリチョウ上科セセリチョウ科時期:4~8月早春と夏の2回発生大きさ:成虫の前翅長は14mm分布:北海道・本州・四国珍しさ:普通★★★★★珍しい絶滅危惧ⅠB類茶褐色~黒色の小型のセセリチョウ。前翅先端は鋭角的で、とくに雄ではそこに香鱗を持ち先端が反りかえる。前翅中央部と、細かい毛が生えた翅外縁には白斑が多く付き、斑模様となる。この白斑は春型で顕著となり、2回目以降発生個体では薄くなる。触角はセセリチョウでは一般的なかぎ状だが、先端は鋭角的にならない。幼虫の食草はバラ科のミツバツチグリ・キジムシロなど、越冬態は蛹。成虫は4~8月にかけて年2回の発生だが、北海道では初夏に1回だけ、暖地では3回発生し9月ごろまでいる。山地草原や耕作地などを棲みかとし、あまり活発には飛ばない...チャマダラセセリ(茶斑挵)

  • ムラサキケマン(紫華鬘)

    【ムラサキケマン(紫華鬘)】野草:ケシ科ケマン属花期:4月~7月別名:ヤブケマン(藪華鬘)平地や山麓の日陰のやや湿った所に生える越年草です。華鬘というのは仏殿の欄間などの装飾具のことです。葉は2,3回羽状に細かく裂け,裂片には更に深い切れ込みがあります。花は紅紫色,ときには白で,長さ2センチくらいの筒状です。◎2021年4月15日石川県にて写真3枚追加しました◎2009年以前の画像ムラサキケマン(紫華鬘)

  • 2021 ミヤマセセリ

    【2021ミヤマセセリ】チョウ目セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科◎ミヤマセセリ(深山挵)ベース◎2021年4月15日石川県にて写真6枚春最も早く現れるチョウで、3月下旬から4月にだけ発生し、落葉広葉樹林で見られる。2021ミヤマセセリ

  • コチドリ(小千鳥)

    【コチドリ(小千鳥)】野鳥:チドリ目チドリ科生活型:九州以北で夏鳥生息地:河原、砂浜など時期:3~11月全長:16cm名前のとおり、チドリ類の中で最小で、ごく普通に見ることができますが、近年数は減少傾向です。夏羽では嘴の先が黒く基部は橙色、頭部には白と黒の斑紋があり、体の上面は濃砂褐色、翼の上面には飛ぶと白帯が出ます。体の下面は白く、胸には黒帯があります。足は濃黄色。冬羽は嘴が黒く、顔や胸の黒色部は褐色を帯びています。◎2021年4月23日石川県にて写真10枚追加しました◎2021年3月23日石川県にて写真4枚追加しました◎2018年4月20日石川県にて写真5枚追加しました足環が付いています◎2017年4月24日富山県にて写真6枚追加しました飛翔シーン◎2016年3月30日富山県にて写真9枚追加しましたエサ探し...コチドリ(小千鳥)

  • ショウジョウバカマ(猩々袴)

    【ショウジョウバカマ(猩々袴)】野草:ユリ科ショウジョウバカマ属花期:3月~5月名の由来:花を猩々(しょうじょう;猿の一種)の赤い顔,葉の重なりを袴にみたてたものということです。日本各地の山地で少し多湿なところ生える常緑の多年草です。根茎は短い。葉は地に広がってロゼット状、老葉の尖端から時に新苗をだす。葉は長さ5~18cm、少し革質で滑らか。花は新葉が出る前に1本10~17cmの茎を出し、淡紅から紫まで色々、長さ1cm位。◎2021年3月27日石川県にて写真3枚追加しました◎2008年以前ショウジョウバカマ(猩々袴)

  • 2021 コルリ

    【2021コルリ】◎コルリ(小瑠璃)ベース◎2021年5月4日石川県にて写真13枚2021コルリ

  • 色々な仕草 キョウジョシギ

    【色々な仕草キョウジョシギ】◎キョウジョシギ(京女鷸)ベース◎2021キョウジョシギ2021年5月14日◎2021年5月14日石川県にて写真13枚首を伸ばして・・・尾羽を下げて警戒?シロチドリとケンカ?カイカイ・・・上にも警戒餌探し砂を飛ばしてゴミも飛ばしてゴミを豪快にどかして何みてるの?色々な仕草キョウジョシギ

  • 2021 キョウジョシギ

    【2021キョウジョシギ】◎キョウジョシギ(京女鷸)ベース◎色々な仕草キョウジョシギ2021年5月14日◎2021年5月14日石川県にて写真14枚+動画2羽のキョウジョシギがいました雄成鳥夏羽雌成鳥夏羽つがいかな?キョウジョシギの動画です2021キョウジョシギ

  • 2021 キクザキイチゲ

    【2021キクザキイチゲ】◎キクザキイチゲ(菊咲一華)ベース◎2021年4月1日富山県にて写真6枚2021キクザキイチゲ

  • 2021 オグロシギ

    【2021オグロシギ】◎オグロシギ(尾黒鷸)ベース◎2021年5月10日石川県にて写真12枚夏羽のオグロシギこの日は全部で12羽いました・・・上から6羽、3羽、1羽、2羽2021オグロシギ

  • キケマン (黄華鬘)

    【キケマン(黄華鬘)】野草:ケシ科キケマン属花期:4月~5月キケマンは、草丈50cm内外とムラサキケマンよりも大きく、平地から山地の近くにも生えます。葉は、深く裂けますが、ムラサキケマンのような細かな鋸歯ではないので、丸みを帯びた印象になります。◎2021年4月6日富山県にて写真3枚追加しました◎2021年4月1日富山県にて写真3枚追加しました◎2009年以前写真1枚キケマン(黄華鬘)

  • スーパーモデル(シマゴマ)

    【スーパーモデル(シマゴマ)】◎ツバメチドリ(燕千鳥)ベース◎2021年5月4日石川県にて写真10枚目の前で色々なポーズをとってくれましたスーパーモデル(シマゴマ)

  • シマゴマ(縞駒)

    【シマゴマ(縞駒)】野鳥:スズメ目ヒタキ科生活型:旅鳥生息地:平地から山地の林、農耕地との林縁、小さい沢沿いの藪など時期:5月全長:13cmロシア東部のバイカル湖付近から沿海州、サハリンに夏鳥として渡来、繁殖し、冬期は中国南部から東南アジアに渡り越冬します。日本では旅鳥として春に記録されるが数は少なく、主に日本海側で観察されているが、大体単独が多い。額から尾にかけての上面は褐色で、尾は赤みがかった褐色である。腹部は白色。頸の両側、胸、脇にオリーブ褐色の鱗状斑があることが特徴です。平地の低木林や竹林の中にいるが、薄暗い場所を好むうえに体が小さく体色が地味なこともあって姿を見つけることは難しく、さえずりで存在がわかる。さえずりは「ヒュルルルル」とコルリに似た声を出すが、やや震えていて声量に乏しい。◎スーパーモデル(...シマゴマ(縞駒)

  • 2021 タカブシギ

    【2021タカブシギ】◎タカブシギ(鷹斑鷸)ベース◎2021年5月1日石川県にて写真11枚2021タカブシギ

カテゴリー一覧
商用