searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

チューリップさんのプロフィール

住所
富山県
出身
未設定

越中・加賀を中心に高山植物から身近な野草など又蝶々や蛾、トンボなども写真などで紹介しています。祭りや観光スポットなど紹介しています。

ブログタイトル
越中富山 いろいろ紹介
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tulipculb1945
ブログ紹介文
山野草・高山植物の花を求めて!又野鳥や蝶々の写真や祭りや観光スポットなど紹介しています。
更新頻度(1年)

387回 / 365日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2009/07/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、チューリップさんをフォローしませんか?

ハンドル名
チューリップさん
ブログタイトル
越中富山 いろいろ紹介
更新頻度
387回 / 365日(平均7.4回/週)
フォロー
越中富山 いろいろ紹介

チューリップさんの新着記事

1件〜30件

  • キケマン (黄華鬘)

    【キケマン(黄華鬘)】野草:ケシ科キケマン属花期:4月~5月キケマンは、草丈50cm内外とムラサキケマンよりも大きく、平地から山地の近くにも生えます。葉は、深く裂けますが、ムラサキケマンのような細かな鋸歯ではないので、丸みを帯びた印象になります。◎2021年4月6日富山県にて写真3枚追加しました◎2021年4月1日富山県にて写真3枚追加しました◎2009年以前写真1枚キケマン(黄華鬘)

  • スーパーモデル(シマゴマ)

    【スーパーモデル(シマゴマ)】◎ツバメチドリ(燕千鳥)ベース◎2021年5月4日石川県にて写真10枚目の前で色々なポーズをとってくれましたスーパーモデル(シマゴマ)

  • シマゴマ(縞駒)

    【シマゴマ(縞駒)】野鳥:スズメ目ヒタキ科生活型:旅鳥生息地:平地から山地の林、農耕地との林縁、小さい沢沿いの藪など時期:5月全長:13cmロシア東部のバイカル湖付近から沿海州、サハリンに夏鳥として渡来、繁殖し、冬期は中国南部から東南アジアに渡り越冬します。日本では旅鳥として春に記録されるが数は少なく、主に日本海側で観察されているが、大体単独が多い。額から尾にかけての上面は褐色で、尾は赤みがかった褐色である。腹部は白色。頸の両側、胸、脇にオリーブ褐色の鱗状斑があることが特徴です。平地の低木林や竹林の中にいるが、薄暗い場所を好むうえに体が小さく体色が地味なこともあって姿を見つけることは難しく、さえずりで存在がわかる。さえずりは「ヒュルルルル」とコルリに似た声を出すが、やや震えていて声量に乏しい。◎スーパーモデル(...シマゴマ(縞駒)

  • 2021 タカブシギ

    【2021タカブシギ】◎タカブシギ(鷹斑鷸)ベース◎2021年5月1日石川県にて写真11枚2021タカブシギ

  • モンシロチョウ(紋白蝶)

    【モンシロチョウ(紋白蝶)】昆虫:チョウ目シロチョウ科大きさ:(前翅長)20~30mm時期:3~11月野原や畑でふつうに見られ、フワフワと飛ぶ白いチョウ。いろいろな花で吸蜜する。特に幼虫の食草であるキャベツ畑やアブラナ畑に多く、葉っぱを注意深く捜せば、卵や幼虫も簡単に見つけることができる。なじみ深いチョウだが、近似種のスジグロシロチョウや、モンキチョウの白色型のメスと見間違うことがある。翅の地色は白色。前翅表先端部は黒色で,このほかに黒色紋が2個ある。後翅は前縁部に小黒色紋があり,裏面は黄色を帯びる。一般に雌は雄より黒色部が明瞭で,前翅基部は黒みを帯びる。◎2021年3月20日石川県にて写真5枚追加しました◎2016年10月1日富山県にて写真5枚モンシロチョウ(紋白蝶)

  • 2021 クジャクチョウ

    【2021クジャクチョウ】◎クジャクチョウ(孔雀蝶)ベース◎2021年5月6日長野県にて写真7枚2021クジャクチョウ

  • 2021 シロハラ

    【2021シロハラ】◎シロハラ(白腹)ベース◎2021年4月15日石川県にて写真5枚追加しました◎2021年4月12日石川県にて写真5枚2021シロハラ

  • ミヤマカタバミ(深山片喰)

    【ミヤマカタバミ(深山片喰)】野草:カタバミ科カタバミ属花期:3月~5月別名:ヤマカタバミ、エイザンカタバミ山地の林の下に生える。太い根茎をもつが分岐しない。柄の長い3つの小葉をもつ葉を根生する。小葉の先端は切形になり、中央がへこむ。葉柄や葉の裏面、花茎や萼、苞には細かい軟毛が密に生える。白い5枚の花弁の花を咲かせる。花の直径は3-4cmで、白い花弁に紫色の筋があるものもある。雄しべは10個あるが、そのうち5個は短い。◎2021年3月27日石川県にて写真2枚ミヤマカタバミ(深山片喰)

  • 2021 キタテハ

    【2021キタテハ】◎キタテハ(黄立翅)ベース◎2021年3月24日富山県にて写真5枚追加しました◎2021年3月23日石川県にて写真2枚追加しました◎2021年3月20日石川県にて写真3枚2021キタテハ

  • 2021 シロハラホオジロ

    【2021シロハラホオジロ】◎シロハラホオジロ(白腹頬白)ベース◎2021年5月3日石川県にて写真10枚正面顔パックン2021シロハラホオジロ

  • 2021 アカタテハ

    【2021アカタテハ】◎アカタテハ(赤立翅)ベース◎2021年4月1日富山県にて写真6枚追加しました◎2021年3月20日石川県にて写真3枚2021アカタテハ

  • コチャルメルソウ (小哨吶草)

    【コチャルメルソウ(小哨吶草)】野草:ユキノシタ科チャルメルソウ属花期:4月~6月名の由来:中国のチャルメラ楽器にたとえている丈20~30cmの多年草。花後地中に走出枝を出しています。根元から出る葉は広卵形または卵円形で、浅く5裂し、両面にあらい毛と細かい腺毛が生えている。花は2~10個で、花弁は紅紫色または淡黄緑色で、羽状に7~9裂する。花茎や花柄に短い腺毛が密生しています。チャルメルソウは花弁は3~5裂で黒っぽい赤色をしています。◎2021年4月6日富山県にて写真2枚追加しました◎2021年4月1日富山県にて写真4枚追加しました◎2017年4月6日富山県にて写真4枚追加しました◎2008年6月8日◎2008年5月6日コチャルメルソウ(小哨吶草)

  • 2021 ジョウビタキ

    【2021ジョウビタキ】◎ジョウビタキ(常鶲、尉鶲)ベース◎2021年4月15日石川県にて写真3枚2021ジョウビタキ

  • 2021 ミサゴ

    【2021ミサゴ】◎ミサゴ(鶚)ベース◎2021年4月23日石川県にて写真14枚ミサゴの狩り海の上でホバリング獲物を見つけたようです急降下捕獲準備ザブン!うまく捕れたかな?大物です飛び上がりました砂浜で◎2021年3月24日富山県にて写真5枚昨年と同じ場所で同じ巣で営巣(子育て)をしていました・・・◎ミサゴの春2020年3月12日2021ミサゴ

  • マムシグサ(蝮草)

    【マムシグサ(蝮草)】野草:サトイモ科テンナンショウ属花期:5月~6月別名:カントウマムシグサ(関東蝮草),ムラサキマムシグサ(紫蝮草)5月頃に特徴のある花をつけます。林の中に育ちます。花のように見えるのは仏炎包(ぶつえんほう)で,この色が緑色のものはカントウマムシグサ,紫褐色のものはムラサキマムシグサです。◎2021年4月22日富山県にて写真3枚追加しました◎2009年以前のものマムシグサ(蝮草)

  • アマサギ(猩々鷺)

    【アマサギ(猩々鷺)】野鳥:ペリカン目サギ科アマサギ属生活型:夏鳥生息地:水田、湿地、草地、放牧地など時期:5月~9月全長:51cm全身が白くなるサギ類では最小。雌雄同色。夏羽は頭部から頸、胸、背が橙黄色で、他の部分は白色で背には飾り羽があります。嘴は橙黄色、目先は青みのある肉色で、足は黒い。婚姻色では嘴の基部から半分ほどとアイリング、眼先、足が赤くなります。他のシラサギ類よりも乾いた草地を好み、魚よりバッタなどの昆虫類やカエルを食べます。◎2021年5月1日写真6枚追加しました◎2018年6月3日写真4枚追加しました◎2017年5月19日写真2枚追加しました陽炎でピントが合いません証拠写真です◎2016年5月24日写真9枚追加しました成鳥夏羽(婚姻色)・・・嘴と足が赤みを帯び、眼先も赤紫色で虹彩も赤い◎201...アマサギ(猩々鷺)

  • カタクリ (片栗)

    【カタクリ(片栗)】野草:ユリ科カタクリ属花期:4月~5月別名:カタカゴスプリングエフェメラル(春の妖精)とも呼ばれています。名前の由来:花の付けない片葉の葉の模様が鹿の子に似ているので「片葉鹿の子」。これが「カタカゴ」になり、さらに転化して「カタクリ」になった。また、実がクリのいがの中にある1つ1つの実に似ている事から、「片栗」と呼ばれるようになったという説もあります。山野のやや明るい林の下に生える多年草。葉は長楕円形で、しばしば紫や白い斑点がある。頂部の大きい花は下向きに咲き、花弁は内側と外側にそれぞれ3枚ずつあり、花が開くと反転する。花の基部には紫褐色の模様があります。◎2021年3月27日石川県にて写真5枚追加しました◎2018年4月12日富山県にて写真5枚追加しました◎2016年3月29日石川県にて写...カタクリ(片栗)

  • ヤマセミ(山翡翠)

    【ヤマセミ(山翡翠)】野鳥:ブッポウソウ目カワセミ科生活型:留鳥生息地:山地の渓流や湖沼時期:一年中全長:38cm黒と白のまだら模様で冠羽がよく目立つ鳥です。体の模様は夏は林内の木漏れ日の下で目立ち難く、冬は雪景色にとけ込んで見つけ難い鳥です。日本のカワセミ類の中でいちばん大きい。◎2021年4月6日富山県にて写真4枚追加しました一瞬ですがヤマセミが後ろ姿を見せてくれました◎2018年11月11日富山県にて写真5枚追加しました遠くて証拠写真ですが・・・◎2018年1月6日富山県にて写真3枚追加しました◎2016年4月26日富山県にて写真12枚追加しました飛翔飛び込みくつろぎこっちを見てる?◎2015年4月22日石川県にて写真5枚追加しました雌◎2014年3月24日富山県にて写真7枚追加しました雄◎2014年3月...ヤマセミ(山翡翠)

  • イエローバンド(ギフチョウ)

    【イエローバンド(ギフチョウ)】昆虫:チョウ目アゲハチョウ科ウスバシロチョウ亜科大きさ:(前翅長)27~36mm分布:本州時期:3~5月珍しさ:普通★★★★☆珍しい◎ギフチョウ(岐阜蝶)の常染色体劣性遺伝により引き継がれている地理的変異で、通常の個体に比べ翅の縁毛が全て黄色になり、翅の外縁部が黄色の毛で縁取られる型である。イエローバンド型は前翅・後翅の外縁部が前翅前縁と後翅内縁部を除き尾状突起部も含めて全て黄色く縁取られるもので、通常型の黄色と黒色で交互に縁取られるものと一見して区別できます。◎2021年5月6日長野県にて写真12枚前翅・後翅の外縁部が前翅前縁と後翅内縁部を除き尾状突起部も含めて全て黄色く縁取られる普通のギフチョウですイエローバンドですイエローバンド(ギフチョウ)

  • お疲れモードのツバメチドリ

    【お疲れモードのツバメチドリ】◎ツバメチドリ(燕千鳥)ベース◎色々な仕草のツバメチドリ2021年5月1日◎2021年5月1日石川県にて写真10枚首を引っ込め丸くなってウトウトしていましたお疲れモードのツバメチドリ

  • 色々な仕草のツバメチドリ

    【色々な仕草のツバメチドリ】◎ツバメチドリ(燕千鳥)ベース◎お疲れモードのツバメチドリ2021年5月1日◎2021年5月1日石川県にて写真10枚あくび居眠りブルブルストレッチ・・・左翼を下に、右翔を上に白い腰羽毛づくろい色々な仕草のツバメチドリ

  • ツバメチドリ(燕千鳥)

    【ツバメチドリ(燕千鳥)】野鳥:チドリ目ツバメチドリ科ツバメチドリ属生活型:旅鳥または夏鳥・・・日本には渡りの途中でまれに飛来(旅鳥)する生息地:農耕地、埋立地、干潟、草地など時期:春、秋全長:25cm尾羽や翼がツバメを連想させることが和名の由来雌雄同色で夏羽は上面と胸が灰褐色。喉は淡黄白色で黒線で縁取られる。眼先は黒く、白いアイリングは夏羽では眼の下だけになる。体下面は白く、嘴は黒くて小さく基部は赤い。足は黒褐色、翔下面は下雨覆がレンガ色。飛翔時は白い腰が目立つ。翼が長く先が尖り、尾も燕尾形なので、遠くからはツバメ類のように見えます。幼鳥は羽毛の外縁(羽縁)が白や淡褐色。冬羽は喉は淡褐色の羽毛で覆われ、眼先から胸部にかけての筋模様が不明瞭で、嘴の基部は黒い。◎お疲れモードのツバメチドリ2021年5月1日◎色々...ツバメチドリ(燕千鳥)

  • 2021 ジャコウアゲハ

    【2021ジャコウアゲハ】◎ジャコウアゲハ(麝香鳳蝶、麝香揚羽)ベース◎2021年5月1日石川県にて写真11枚オス(♂)メス(♀)尾羽が痛んでいました杉の木に2021ジャコウアゲハ

  • 2021 オバシギ

    【2021オバシギ】◎オバシギ(尾羽鷸)ベース◎2021年4月23日石川県にて写真11枚夏羽のオバシギがいましたチュウシャクシギとオオソリハシシギと一緒にいました・・・飛翔シーンです左からオオソリハシシギ真ん中チュウシャクシギ右側オバシギ別の場所には夏羽に移換中のオバシギが2021オバシギ

  • ウワミズザクラ(上溝桜)

    【ウワミズザクラ(上溝桜)】野草(落葉高木):バラ科サクラ属花期:4月~6月高さ15-20mになる落葉高木で、本年伸びた小枝の先に総状花序を作り、穂になって咲くのでブラシのように見える。名は、昔この材の上面に溝を彫って亀甲を焼いて吉凶を占ったことによるもので、「ウワミゾザクラ」が転訛したもの。新潟や群馬では杏仁香・杏仁子〈あんにんご〉と呼んで食用とする。蕾やまだ若い青い果実は塩漬けに、熟したものは果実酒やジュースにする。◎2021年4月22日富山県にて写真3枚追加しました◎2009年以前のものウワミズザクラ(上溝桜)

  • 2021 チュウシャクシギ

    【2021チュウシャクシギ】◎チュウシャクシギ(中杓鷸)ベース◎2021年4月26日石川県にて写真6枚追加しましたキアシシギと一緒に◎2021年4月23日石川県にて写真4枚飛翔シーンですオオソリハシシギとオバシギと一緒に2021チュウシャクシギ

  • 2021 キアシシギ

    【2021キアシシギ】◎キアシシギ(黄脚鷸)ベース◎2021年4月26日石川県にて写真10枚チュウシャクシギと一緒に2021キアシシギ

  • 2021春・テングチョウ

    【2021春・テングチョウ】◎テングチョウ(天狗蝶)ベース◎2021年3月24日富山県にて写真2枚追加しました◎2021年3月20日石川県にて写真3枚2021春・テングチョウ

  • 2021 ダイゼン

    【2021ダイゼン】◎ダイゼン(大膳)ベース◎2021年4月26日石川県にて写真10枚2021ダイゼン

  • 2021 オオソリハシシギ

    【2021オオソリハシシギ】◎オオソリハシシギ(大反嘴鷸)ベース◎2021年4月26日石川県にて写真11枚夏羽のオオソリハシシギエンジェルマーク??夏羽へ換羽中のオオソリハシシギ2021オオソリハシシギ

カテゴリー一覧
商用