searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

鈍牛よっちゃんさんのプロフィール

住所
瑞穂市
出身
岐阜県

 リタイアしてから○年。年金以外の収入は無く経済的なゆとりはありませんが、『悠悠自適』をモットーに趣味を楽しみ生活を充実させようと頑張っています。  将棋・卓球・木工・水彩画・ドライブ旅行・インターネット等々多種多様ですが、下手な横好きの類ばかりです。  隠居で我儘亭主で、愛妻や周りに迷惑をかけています。  このブログを通して、全国の皆さんと交流できたらこんな幸せなことはありません。

ブログタイトル
趣味悠々 ブログで生きる、ブログで輝く!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yoshipon2009
ブログ紹介文
悠悠自適をモットーに、趣味を楽しみ生活を充実させようと頑張っている、隠居で我儘亭主の生活日記です。
更新頻度(1年)

25回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2009/05/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、鈍牛よっちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
鈍牛よっちゃんさん
ブログタイトル
趣味悠々 ブログで生きる、ブログで輝く!
更新頻度
25回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
趣味悠々 ブログで生きる、ブログで輝く!

鈍牛よっちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 羽生九段が丸山九段を破って、竜王戦タイトルに挑戦

    第33期竜王戦の挑戦者決定三番勝負第3局は、19日に将棋会館で行われ、羽生九段が丸山九段に勝って豊島将之竜王への挑戦権を獲得した。この対局は49歳と50歳の中年対局として、また羽生が勝てばタイトル100期目にチャレンジできるとして、大いに注目された。対局の中身については、まだ十分見ていないのでよく分からないところもあるが、羽生贔屓の年寄にとっては、大変うれしいニュースである。羽生九段にとっては、竜王戦登場は2期ぶり、通算8期目の獲得がかかっている。七番勝負の第1局は10月9日から始まる。豊島竜王は、藤井聡太二冠にも負けたことのない強敵だが、羽生九段に頑張って欲しい。今回だけでもいい、往年の羽生将棋を見せて欲しいものだ。タイトル取ったら、我が家でも盛大なお祝いをしたい。コロナの影響がなければ、近場の対局を観戦しに...羽生九段が丸山九段を破って、竜王戦タイトルに挑戦

  • 長年の夢?だった「小紅の渡し」に

    9月15日(火)、長年の夢?だった岐阜市の長良川の「小紅の渡し」(おべにのわたし)に遂に乗船した。「小紅の渡し」は、今時珍しい川舟による渡船である。しかもここは県道の一部だそうで、乗船料無料なのだ。ここは我が家から10㎞ちょっとの近場なので、何時でも行けたのだが、最初に関心を持ってから20年も経っていた。乗客は二人だけ、我が家の貸し切り舟となり、長良川の左岸の一日市場から2分くらいで川を横断。そこから15分ちょっと歩い所にある「鏡島弘法」に参拝してきた。帰りも舟に乗せてもらい駐車してあった堤防下まで戻った。舟は楽だったけど、往復の道は結構あったので、予定していた斎藤道三ゆかりの鷺山登山は取りやめ、近くのマーサ21に立ち寄り昼食をとった。長年の夢?だった「小紅の渡し」に

  • 末娘から誕生日のプレゼント

    昨日、末娘から誕生日のプレゼントが送られてきた。小生は8月某日生まれなので、今頃と思ったが、これもコロナの影響。誕生日前に届けるつもりだったが、県外の都会から出かけるのはどうかと見送っていたとのこと。A県では感染者もなかなか少なくならないので、出かけてくるのを諦め、宅配便で届けてくれたのだ。いつまでも、気にかけてプレゼントを届けてくれるのは、嬉しいことだ。半袖でも、まだ暑さの残っている今ならOK!。今日の午後、早速着用して近くのショッピングセンターへ買い物に行った。末娘から誕生日のプレゼント

  • コロナウイルス感染症対策の振興券が届く

    瑞穂市では、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、高齢者に地域振興券「かきりん振興券」(5000円分)や介護予防パンフレットや握力トレーニング器具(念のめに、凄い物ではないが・・。)を配布した。今日、我が家にも二人分が郵送してきた。写真は送られてきた資料など、他にコロナ対策用マスクも同封されていた。コロナウイルス感染症対策の振興券が届く

  • 鮎を食べたい。「やな川」へ

    【8月27日記】鮎を食べたくなったので、午後2時ころから本巣の簗「やな川」へ。3,850円の定食を頼んだが、塩焼き、刺身、甘露煮、魚田、フライなどアユは全部で9匹、最後にアユ雑炊も出るので、高齢者の二人には多過ぎて食べきれない。パックに詰めて持ち帰り、遅い夕食にもアユを食べた。たまたま買ってあった鮎があったので、R子がアユ雑炊も作った。鮎尽くしの一日となった。鮎を食べたい。「やな川」へ

  • 涼しさときれいな空気を求めて、板取へ

    【8月17日(月)記】前回の徳山訪問に続いて、涼しさときれいな空気を求め、板取に出かけてみた。ラステン洞戸を経て板取へ。よく来るところなので特別見たい所はないが、コロナの中、空気がきれいな点が魅力である。ただ、残念だったのは、願っていたあまご料理の「徳兵衛」が、コロナの影響で入店制限をしていて満員。1時間近く待たないと駄目なようなので諦めた。「モネの池」へ立ち寄った後、美濃市の市街地まで戻って4時近くに回転すしの「スシローで」昼食を済ました。涼しさときれいな空気を求めて、板取へ

  • 「徳山ダム」へお出かけ

    コロナと暑さに参っている毎日、近場のスーパーやショッピングセンターでの買い物に出かける以外、家に閉じこもっていることが多い。市民センターでの将棋教室(瑞穂市教育委員会主催の小中学生向けの綜合クラブ)は今年度中休講と決まっているし、我が家で行っている「瑞穂子ども将棋クラブ」も感染予防で4月以降ずっと休んでいる。ましてや、月1以上に出かけていた「温泉と海鮮料理を楽しむドライブ旅行」も半年近くお休みである。近隣の都市でやっている「将棋クラブ」も、公民館等のきまりでやっているところはなさそうだ。図書館でさえ、閲覧場所や時間を限っているので落ち着いて、読書はできない。先日も、館外貸し出しで百折不撓の棋士・木村一基を描いた「受け師の道」など数冊を借りてきたくらいだ。こんな生活が続いているので、心身ともに滅入って生きていくの...「徳山ダム」へお出かけ

  • 風呂場と台所の改修工事完了

    6月8日から始まった風呂場と台所の改修工事が終了し、見事に生まれ変わった。工事終了間際と完成した後の写真を載せ、担当してくださった大工さん、左官屋さん、水道屋さん、電気工事屋さんに感謝の気持ちを表したい。むろん、母親孝行でスポンサーになってくれたT子さんには、感謝の言葉だけでは・・・・の気持ちだ。風呂場と台所の改修工事完了

  • 立ち寄り温泉巡り

    台所の模様替えと風呂壁・床の改修工事のため、風呂に入られなくなって10日余り、お陰で近場の温泉巡りも11回。「ぬくいの湯」、「大野温泉」、「根尾川谷汲温泉」などを回っていたが、昨夜は「池田温泉」まで出かけた。それぞれに良さもあるが、我が家の家庭風呂も懐かしく感じるようになった。立ち寄り温泉巡り

  • 工事も終盤に ?

    工事も終盤に入ったか。??風呂のタイル舗装も、あとは床面のタイル貼りだけかな。台所も、壁面のクロス貼りが今日の午前中に終わった。この職人さんは仕事が速い。工事も終盤に?

  • タイル貼り作業進む

    6月11日以降に進められたタイル貼り作業。16日(日)ころまでに全部貼れるといいなぁ。タイル貼り作業進む

  • タイル剥がしも大変な作業

    今日の作業は、風呂場のタイル剥がしが主な作業。機械も使用しての作業だが、1日近くかかったようだ。騒音も大きかったが、やってもらっている方は文句は言えない。タイル剥がしも大変な作業

  • いよいよ工事開始 今日から職人さんたちが

    下水工事は2週間ほど前に終わっているが、今度は台所の模様替えと風呂の床や壁の改修工事が始まった。早速、今朝から水道屋さん、電気屋さん、大工さんが入って作業が始まった。物資を運ぶため玄関から現場まで床にシートを張り詰めた後、風呂場の床の掘り起こしや台所の戸棚などの撤去をし始めた。しばらくの間、調理や後片付けに少々差し支える。とりわけ、入浴が1週間から10日くらいできないとのこと。今日からは近場の立ち寄り温泉巡りをしなければならない。居住地にはないので近隣の温泉に出かけることになる。どうせなら、同じ所でなくていろいろな所で入浴したいものだ。今日の工事家にもアベノマスクが届いたよ。かみさん曰く、「ちよっと小さいけど、思っていたより悪くない。」いよいよ工事開始今日から職人さんたちが

  • まあ見事な仕上がりかな。 ウッドデッキの補修終わる。

    5月中旬から行っていたウッドデッキの補修、今日で5回目(5日目)を迎えた。前回までにほぼ終了していたが、今日は柵の横板張りと庭に降りる階段の仕上げに取り組んだ。2時間ほどで一応完成した。その後、家内が全面を塗装してくれたので見事に出来上がった。床面積は狭くなったが、結構いいものに生まれ変わったと思う。まあ見事な仕上がりかな。ウッドデッキの補修終わる。

  • ウッドデッキの補修

    5月中旬から昨日で4回ほど、Y市にあるウッドデッキの補修に出かけた。もう20年近くも前に自分で作った物だが、柱や板が痛み木が腐りかけたところも出てきた。いっそのこと全部解体してしまおうとも思ったが、考え直し、痛みのひどいところだけ補修することにした。実際に作業を始めると大変なことで、床面積の半分ほどを残して修理することにした。昨日で、延べ4日。やっと80パーセント近くの作業を終わった。後は、手すりを付け塗装をし直せばすべて終了。但し、以前のようにテーブルを置いてみんなで歓談したり飲食するだけのスペースはなくなった。床板も破損し、ひどい状況床面積は大幅に減少したが、・・・。もう少しで補修完了ウッドデッキの補修

  • 下水の漏れが直る

    以前から敷地内の下水が漏れ、外を流れている公共の水路に一部が浸み出し苔まで生えて気になっていた。前にも某業者に診てもらって少し工事もしてもらったが、完全には直っていなかったので、今回は知り合いの建築業者の方に紹介してもらった業者に依頼した。昨日から仕事を始めてくれて今日の夕方までに終了。漏れも収まり気持ちよく流れるようになった。ずっと気にしていた家内も一安心。工事中水漏れがなくなり、きれいになって一安心下水の漏れが直る

  • コロナ休みの研修問題つくりに

    コロナウイルス感染防止のため、学校も休業中。「瑞穂子ども将棋クラブ」も活動を休んでいる。そんな中、子どもたちの研修用に詰将棋や手筋等の問題をつくり配布している。今日は、2回目の配布に備え準備した。第1回の模範解答、第2回の練習問題と解答用紙等々、作り出したら夕方近くまでかかってしまった。この4月からわずか3名の会員のクラブになったので楽になった筈だが、問題のもとを作る点では変わりがない。残った3名はまだまだの棋力なので、「これは難しすぎるかな」「これくらいは学ばせたいな」などと思いながら、今回は詰将棋と手筋の問題を採り入れた。卒業していったA君やH君、I君、Eさんのレベルにはまだまだ到達していないが、少人数なのでやりようによっては、大きく伸びてくると信じている。半年後、1年後の彼らの成長を期待したい。コロナ休みの研修問題つくりに

  • やっぱり讃岐うどんは美味いね。

    N市に住んでいる娘からプレゼント。「〇〇様、元気で過ごしていますか??陣中見舞いでーす(笑)」というコメントが付いていた。コロナウイルスで閉じこもり気味の私たちに、元気づけようと送ってくれたのだ。中身は大のうどん好きの小生にピッタリの讃岐うどん。早速今日の昼食に、家内と二人で賞味した。家内が遠慮して小盛、その分小生は大盛りをたべた。流石に、讃岐の「うどん本陣山田家」のうどん、小生は冷やしぶっかけにしたが、格別美味かった。「まいうー」。残りも、いろいろな食べ方で味わいたい。やっぱり讃岐うどんは美味いね。

  • ハンガーラッククローゼットを組み立てる

    4月17日にインターネット通販で購入したハンガーラックが、予定より少し早く到着した。値段の割に割安なカバー付きのものだが、組み立て式だから高齢者で細かい字を読みづらい小生にとっては、大変な作業だ。若いのが売り物の家内が随分と頑張り、あらかたを組み立ててくれた。小生は最後の仕上げに高いところのねじ締めや歪の調整で活躍したくらいだ。物置も兼ねていた(?)三畳ちょっとの小部屋の主となり、小生の衣服などの整理整頓に活躍してくれそうだ。ハンガーラッククローゼットを組み立てる

  • 自宅で、詰将棋や必至、手筋問題にチャレンジ 

    コロナウイルスの影響で、「瑞穂子ども将棋クラブ」も1か月以上活動を休んでいる。規約により3月末には、残念ながら6年生4名が卒業した。(以前から、盤寿も過ぎた小生では、高い棋力を目指す中学生を鍛えるのは難しいと考えているからだ。)年齢と健康を考慮し、原則として入門・初心者の新規募集を2年位前からしていないので、この4月からは会員3名の超ミニクラブになった。それにしても、コロナウイルスの影響は大きい。学校も休業なり、市の総合クラブの各講座も1学期末まで休み、当然、わが「瑞穂子ども将棋クラブ」も活動していない。学校が5月末まで休校が延長され、家庭での子どもの過ごし方も問題になってきた。そこで、家で将棋に取り組ませるのも悪くないかなと考え、詰将棋や必至、手筋の問題を配布しチャレンジさせることにした。2週間に1回くらいの...自宅で、詰将棋や必至、手筋問題にチャレンジ

  • よく頑張った二人 指導者として最高の喜び

    瑞穂市の綜合クラブ「将棋講座」で一緒に子どもたちの指導をしているFさん(岐阜市在住)が、岐阜新聞の将棋欄の切抜きを送ってくださった。過日行われた「岐阜県将棋愛好会月例会級位戦」棋譜3局分の観戦棋譜である。大人の部に参加した「瑞穂子ども将棋クラブ」A君とH君が決勝を争い、A君が優勝した。当クラブは会員が7名だけの零細教室だが、この中の二人が決勝に進出したことは、指導してきた者として大変うれしいことだ。実戦だけでなく、詰将棋や手筋、定跡の勉強をさせてきた。毎回、3手詰めから7手詰め程度の詰将棋の問題プリントを宿題として出し、みんなで解きあった。中でも、一番力を入れて取り組んだのは、中終盤の手筋(次の一手形式)問題へのチャレンジで、指導大盤やプロジェクターを使ってみんなで研究しあった。むろん実戦も大切だと考え、20分...よく頑張った二人指導者として最高の喜び

  • 市会議員選挙 投票日

    1週間の選挙運動が終わり、今日はM市の市議会議員選挙投票日。午後1時頃、家内と一緒に投票場に。やはりコロナウイルス対策が取られていた。先ず、入り口で前後に並んだ人との間隔を2メートル近くとる。準備してある消毒液で手を消毒し、入場券と交代に投票券受け取る。受付の係もマスクや手袋をし、距離を取って無言で手渡ししてくた。正直驚いたのは、入場者一人一人に手袋を渡し、はめるように無言で指示していたことだ。「こんな時期に選挙」という気持ちもあったが、選管もここまで気を付けているのだ。われわれ国民も、みんなが気を付け早くコロナウイルスを撃退したいものだ。規制の弱い日本、政府も自粛や要請しかお願いしていないが、ある程度の罰則が伴う措置を講じないとなかなか収まらないのでは、心配している。市会議員選挙投票日

  • 3か月も眠っていたブログ

    今年の1月3日以降、ブログを書くのを全く休んでいた。そんな中「新型コロナウイルス」で、外出もかなり少なくなり暇になった。一昨日まで、5日もかけマイルーム、書物や衣類などが置いてある3畳間と現在は将棋道場として使っているミニ卓球場などの大掃除と整頓もすることができた。こんなことを書くと不謹慎だと批判を浴びると思うが、コロナウイルスのせいで(お陰とは絶対言えない。)やりきることができた。それにしても、コロナウイルスは何時収まるのだろうか。政府は経済面を心配して、欧米の国々のような罰金などを含む徹底策は実施しないようだ。これで何とか上手くいけば世界各国の範となれるが、医療崩壊が生じて死者がたくさんでてしまうような大変なことにならなければと、心配でならない。もう書くのはやめようかと思っていたブログだが、「子ども将棋や日...3か月も眠っていたブログ

  • 初詣

    大晦日の「紅白歌合戦」、ほとんど視聴しませんでした。こんなことは初めてかな。正直なところ、出演者も内容も高齢者にとって魅力が無かったのではないかと思っています。除夜の鐘が鳴り始め新しい年になってから、家内とN市から帰郷していた娘と3人で近くの八幡神社へ初詣でに出かけました。今年は例年と比べて暖かく雪もない正月になりました。ありきたりですが、初詣での参拝では「災害のない穏やかな一年になりますよう」、「子どもや孫たちが健康で過ごせるよう」とお賽銭に似合わないお願いをしました。初詣

  • 明けましておめでとうございます

    新年おめでとうございます。東京オリンピックの年を迎え、それにあやかって「大いに飛躍」をと思っても、年寄りの小生にとっては、なかなか・・・・です。年は取りたくないですね。気力、体力ともに衰え、趣味の将棋・木工・水彩画・ドライブ旅行なども、あまり否ほとんど取れ組めていません。週2回程度行っていた小学生相手の将棋教室も、週1回どころか月に2、3回にに縮小してしまいました。そんな訳で、このブログ日記さえ半年も休んでいました。どうしようか迷っていましたが、例え数人の方でも読んでくださったらと思い直し、令和2年の正月から週1位のペースで呟いて見ることにしました。つまらない内容ですが、お暇でしたらコメントをお願いします。明けましておめでとうございます

  • 三人揃って入賞 第1回定期順位戦

    今日、岐阜市で行われた「第1回定期順位戦」に当クラブから3名が参加した。3名とも小学校高学年の部に出場した結果、GI君(本田小6年)が見事優勝。HEさん(本田小6年)が第3位、IH君(南小6年)が敢闘賞に入賞し、3名全員が揃って入賞という頑張りを見せてくれた。会員7名という小さなクラブでこの成績が取れたことは、指導者としても嬉しいことだ。むろん、子ども文化将棋教室のように大人の部で優勝することはまだまだ夢の段階だが、早くかつてのTK君のようになってくれることを願っている。今日の好成績を胸に、残りのメンバーも含め全員が研鑽に励み成長してほしい。指導者が後期高齢者で、あまり間に合わないが切磋琢磨して一層頑張ることを期待したい。三人揃って入賞第1回定期順位戦

  • 美味い寿司

    N市にいる娘が、「ボーナスを貰ったから」と岐阜市のS寿司で夕食をごちそうをしてくれた。回転寿司には毎週出かけている私たちだが、年金生活の身で高級店にはなかなか出かけられない。「何を食べてもいいから」と言う声に甘えて、いつも食べられないものも腹一杯食べた。肴が異なるせいか、ビールや冷酒も美味かった。美味い寿司

  • 初なりの収穫

    家のミニ農園(3個のプランターのみ)で、茄子のの初なりを収穫した。次は、キュウリかな。初なりの収穫

  • 父の日のプレゼント 

    二人の娘から父の日のプレゼントをもらった。県外に住んでいる娘からは宅配便で、比較的近場に住んでいる娘は来宅して届けてくれた。毎年気を遣ってくれるので嬉しいが、ふだん何もやっていない小生故、申し訳ない気もする。父の日のプレゼント

  • 頭部のMRI検査を受けに

    この2か月ほど、時々頭の右後頭部がズキズキする。気になったので、かかりつけのMクリニックの紹介してくれた揖斐厚生病院でMRI検査を受けることにした。今日の予約が取れたので、家内と一緒に午後出かけた。(家内は、「大丈夫、たいしたことないよ」と言っていたが、少しは心配してくれたのかな。)30分ほどで検査は終了。Mクリニック宛てのCDを来週持って行って、院長の診察を受けることになっいる。終わってから時間があったので、感謝の意を込めて家内の行きたい「谷汲ゆり園」に行ってみた。未だ少し時期が早かったのか、百合は極一部しか咲いていなかった。その代わり、入場者に百合の苗を一つずつくれた。昼食代わりに、五平餅とみたらし団子を食べた。帰路、北方の「たちや」に立ち寄り食材を買って帰った。夕食は、昼食の分を補っていろいろと食べた。頭部のMRI検査を受けに

カテゴリー一覧
商用