chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 昼寝覚朝寝の母を責める夢/青萄

    昨夜の盆の月(pm7.15)↑(pm7.30)↓昔の人は「朝寝」なんてしなかったのに、私は朝寝も昼寝もしている。なのに覚め際の夢では朝寝する母を叱っている。叱られている母は私であり、叱っているのも私?のようだ。自分を棚にあげて…寝る間も惜しんで働いた母には申し訳なく思う😢⤵️もう40年も前に亡くなってしまったが…昼寝覚朝寝の母を責める夢/青萄

  • どこへ這つても仮の世ぞかたつむり/青萄

    自分が小食のせいか、同年輩のオバサンの食事量が気になる。この人たくさん食べてすごいなぁ~と思うとついメモしたりする(笑)キカラスウリの花↑根っこは漢方薬になるらしいビヨウヤナギ↑ある日のオバサンの夕食は一流鮨店で→おつまみ7、8種すし22貫、お椀2種、ノンアルハイボールどこへ這つても仮の世ぞかたつむり/青萄

  • どこも悪くないですが、ずっと悪いんです

    九十八歳一人暮らしの私は、東京大震災で生き残り、避難所から仮設住宅へ移されることになったが、仮設が足りないので2DKに年寄4人で一緒に住めと言う。「ジジーばっかの共同生活なんかやだ!どんなボロ屋でもいいからシングルルームにして下さい」とねばった。なにかの係のひとは「そういうのは栃木県の日光の杉並木の方にしかありませんし、杉の木にはプテラノドンが巣を作っていますよ」と言ったが…図書館で借りた本↑天才・橋本は2016年~2017年にこれを書いたが、その後すぐ亡くなっているので、コロナ禍のことは知らない。杉並木が近いため、98歳の橋本が住みそうな❓️イメージの一軒家を見繕った😅プテラノドンは居ないが、アオサギの飛んで鳴く声は翼竜。「ギャーッ!とかグェー!とかグガーッ!」という、哲学者然とした姿に似ぬ恐ろしい悪声...どこも悪くないですが、ずっと悪いんです

  • #(ハッシュタグ)世界ネコの日🐈‍⬛

    今日は「世界ネコの日」だそうですので~小谷猫氏↓にご登場願いました🐾(グラス落として割れたけど〰️結局はパパのせいだニャ)という顔🐈‍⬛#(ハッシュタグ)世界ネコの日🐈‍⬛

  • のんきな稲の花

    稲穂が育ってきている~稲の花は?午後5時になって稲の花はないだろう…と思っていたら、私のようにのんきな稲の花もおった↓稲の花は昔の歳時記では午前中に見られる、とあるが、ネットでは午後2時頃までとあった🌾昔とは品種が異なるのか、ここでは午後5時にも少しだけ見られた~↓植栽のアメリカフヨウだろう、多分私は医者に止められているのでコロナワクチンを1度も打っていない。そもそも子供の頃からほとんどの予防注射を受けていないのだが(^^;)まぁその代わりにはならないが、抵抗力を維持する漢方薬は飲んでいる。ダンナは今回のワクチン4回めを受けて、体がだるいと言う。4回めにしてはじめての副作用?それでも今日はたくさん食べたから、大丈夫だろう。のんきな稲の花

  • クサギの咲きだし

    クサギ(臭木)シソ科クサギ属の落葉小高木そろそろクサギの咲きだす頃…と思うただし伐られていなければクサギの咲きだし

  • ヤブデマリの花後の実

    昨日今日と気温が下がって少しラクでしたから、今日はヤブデマリの実を見に行きました☺️首が痛いうえに編集画面が不安定で…途中やめようかと思いましたが、何とかアップロードできそうです🐧ヤブデマリの花後の実

  • 山口青邨/泰山木天にひらきて雨を受く

    泰山木角川源義/ロダンの首泰山木は花得たり園田弥生/葉がくれに泰山木の花終る藤の雨片手利かぬと告げし墓前/青萄山口青邨/泰山木天にひらきて雨を受く

  • 秀山/せみ鳴や口もあかれぬくさいきれ

    富田木歩/身もあらず鶏の砂あぶ草いきれ原子公平/草いきれ貨車の落書き走り出す花期のながい草の王🌿毒汁もくすりなるべし草の王/青萄むかし持て囃された安部公房の『砂の女』↑末世の様相を呈している最今、また俄に注目されている📚️全編不条理だが、安部公房は最後に一条の希望の光を見せる。非情になりきれぬ作家の人間性を感じた。しかしあれほど世界の文学シーンで絶賛された前衛作家は、なぜノーベル賞をとれなかったのか?たぶん彼が早めに死んでしまったせいかも❓️(享年68歳)…それも不条理。最近若い俳人に#・ハッシュタグ…を使った俳句を見かける。確かにこれを最新言語として初めに使った人はスゴいと思う。しかし2度め3度めになると色褪せて軽くなる。勉強不足で最新言語に疎い主宰は、すわ新種かと驚いて採用するが、周りは鼻じろむばかり...秀山/せみ鳴や口もあかれぬくさいきれ

  • 彼の人ももがくだろうか火蛾のごと/青萄 (小熊座特別作品)

    小型のヒマワリ駆除されるオオハンゴンソウ↓佐々田生駒/火蛾遊ぶ灯に幸せのある如く石塚友二/雀蛾の桃色の胴旋回す太田鴻村/蛾の息のたえだえに眉ふるふかな彼の人ももがくだろうか火蛾のごと/青萄(小熊座特別作品)

  • 山口青邨/落し文ゆるく巻きたるものかなし

    清崎敏郎/手にしたる女人高野の落し文タマアジサイの蕾出て↑山百合と↓草食系スイーツ男子の落し文/青萄山口青邨/落し文ゆるく巻きたるものかなし

  • 高橋 潤/月も雨をこぼすことあり朴の花

    ぽつんと山百合↑シデシャジン↓谷口秋鄕/いかづちの二夜とどろき朴ひらくノリウツギが咲きだした天空に泛びて昏し朴の花/青萄今日は一日暗がりの雷雨で終るのかと思っていたら…午後4時過ぎから少し明るくなってきたまだ遠雷は鳴り小雨は降っているけれど🌂高橋潤/月も雨をこぼすことあり朴の花

  • 星野立子/花あふひ子を負へる子はみな男

    杉山岳陽/咲きのぼる葵に上のなかりけり野生化して林縁にてっぺんまで咲くタチアオイ↑倒れかかっても平気で咲いている↓女傘さしたる男タチアオイ/青萄ヒヨドリソウ↑オオアワダチソウ↓たしか前にもここにいたな〰️君は寝ころぶオオアワダチソウ(大泡立草)星野立子/花あふひ子を負へる子はみな男

  • 長谷川かな女/藤棚を透かす微光の奥も藤

    山の藤ふりながめ来て老いにけり/青萄長谷川かな女/藤棚を透かす微光の奥も藤

  • 牛山一庭人/つひにわれ八方破れ大暑来ぬ

    進藤一考/壁をなす大暑の鴉青く見ゆ芥川龍之介/兎も片耳垂るる大暑かなただならぬ大暑の息や百日紅/青萄牛山一庭人/つひにわれ八方破れ大暑来ぬ

  • 帰らねばならぬ白鳥帰りけり/青萄 (小熊座特別作品)

    山口青邨/鳥雲に娘はトルストイなど読めり庄司瓦全/鳥雲に帰る国なき鴉かな帰らねばならぬ白鳥帰りけり/青萄(小熊座特別作品)

  • こどもの日彈着のごと大地震/青萄 (小熊座特別作品)

    ウバユリ田島佑子/万緑や一語づつ読むマタイ伝山口誓子/万緑やわが掌に釘の痕もなし上田五千石/万緑や死は一弾を以て足るこどもの日彈着のごと大地震/青萄(小熊座特別作品)

  • 源五郎笑わせ泣かすコメディアン/青萄 (小熊座特別作品)

    <隠居志願>一、働かない二、食わない三、属さないゲンゴロウというのは…大昔に見たかもしれないが…名前以外はあまり知らない。今はネットで買うらしいよね。しかも何となくユーモラスな奴そうなのに肉食系(笑)季語としては立派なものなのであるよ🐧大辻山査子/腹広く見せて反転源五郎木津蕉蔭/萍のとぢてしづみぬ源五郎源五郎笑わせ泣かすコメディアン/青萄(小熊座特別作品)

  • 愛されずして下る自転車蛇を踏む/青萄 (句会欠席投句)

    橋本多佳子/吾去ればみ仏の前蛇遊ぶ及川貞/見よ蛇を樹海に落し鷹舞へり愛されずして下る自転車蛇を踏む/青萄(句会欠席投句)

  • 渡辺水巴/トランプを投げしごと壺の薔薇くづれ

    もう来ぬだろう三巡目の薔薇苑/青萄渡辺水巴/トランプを投げしごと壺の薔薇くづれ

  • せんせえせんせえと泣く子の陽炎えり/青萄 (小熊座特別作品)

    芭蕉/かれ芝やややかげろふの一二寸丈草/かげろふや墓より外に住ばかりせんせえせんせえと泣く子の陽炎えり/青萄(小熊座特別作品)

  • 露人プーチン震えきて牡丹引きちぎる/青萄

    佐藤鬼房/老衰で死ぬ刺青の牡丹かな露人プーチン震えきて牡丹引きちぎる/青萄

  • 真緑に鷺真白なり半夏草/青萄

    マタタビの半夏↑「半夏生草」という間延びした傍題季語を嫌い、「半夏草」として句会に出したら…またまた物議に~😱歳時記の新規傍題として仲間に入れてもらえんですかね?ダメ?(笑)日光はこのマタタビの半夏ばかりです🥵エゴノネコアシアブラムシ一見花と見紛うエゴの実に寄生したエゴノネコアシアブラムシ(蟲えい)だが、実際一部は花に擬装しているようだ↑賢いヤツだな👾真緑に鷺真白なり半夏草/青萄

  • 後藤綾子/能衣装黴びてわが祖は猿楽師

    目迫秩父/黴厨匙きらきらと密集す籠りいて手製のジャムに生えし黴/青萄後藤綾子/能衣装黴びてわが祖は猿楽師

  • 最期までアゾフ戦士や五月尽/青萄 (小熊座特別作品)

    イズムィコ氏が…こんなところにも↑自衛官を経て地方公務員&小説家の砂川文次氏の『小隊』を読む↓スターリン→トルーマン→マッカーサーは激怒よって却下されたはずのあの留萌―釧路ラインは今も生きている?最期までアゾフ戦士や五月尽/青萄(小熊座特別作品)

  • 春雷が墜ちて店内夜となる/青萄 (小熊座特別作品)

    ネムノキ西施と思わば幾たびも振り返る美貌飯田龍太/睡る子の手足ひらきて雷の風鬼村破骨/大雷雨国引の嶺々発光す松本たかし/鳴神や暗くなりつつ能最中今日は雨に打たれたネムノキ濁流に覆い被さるの回あちこちで一斉にその存在感を主張する放っておくと↓このような高木にもなるヘメロカリス再び↓元はノカンゾウだがこちらも美貌春雷が墜ちて店内夜となる/青萄(小熊座特別作品)

  • 憲法記念日宇克蘭的専守防衛/青萄 (小熊座特別作品)

    金森柑子/対岸へ飛火せしごと花萱草西島麦南/萱草の影澄む水を田に灌ぐ看板に一羽の烏↑合歓の花↓リョウブ(令法)の花↑小谷氏宅の猫氏・3歳↓ロックオン中憲法記念日宇克蘭的専守防衛/青萄(小熊座特別作品)

  • ぬるま湯につかつておればあいの風/青萄 (小熊座特別作品)

    秋元茂/蓮田の雨かならず激しとぞ思ふ相生垣瓜人/蓮開く一鈍音を放送す大賀蓮↑藪萱草↓アサザようやく咲くぬるま湯につかつておればあいの風/青萄(小熊座特別作品)

  • 百囀や四百万人の餓死ホロドモール/青萄 (小熊座特別作品)

    疲れ気味ですが…ヤマユリの様子を見に行ってきました~まだまだですあと一週間はかかるでしょう一輪程度咲いているのも遠くに見えました植栽のヘメロカリス↑こちらはヤマユリの園芸種のようです↓飯田蛇笏/山百合にねむれる馬や靄の中佐藤紅緑/灯ともせば傾く如し瓶の百合西東三鬼/百合におう職場の汗は手もて拭く百囀や四百万人の餓死ホロドモール/青萄(小熊座特別作品)

  • 附子湯や空襲警報唸りだす/青萄 (小熊座特別作品)

    加倉井秋を/鳥兜毒もちて海の青透けり大野悠子/鳥かぶとすつくと故郷遥かなり橋本春燈花/墓山の前に墓山鳥頭附子湯や空襲警報唸りだす/青萄(小熊座特別作品)

  • 山口青邨/七夕の一粒の雨ふりにけり

    からからに乾いてしまった七夕の笹竹飾り(図書館の入り口にて)↑本来の七夕は陰暦7月7日のことだが…今日では陽暦で行うことが多い🎋ヒヨドリソウが咲きだした↓外川飼虎/畦の上は子供となりぬ星迎へ山口青邨/七夕の一粒の雨ふりにけり

  • 麦育つむこうに不倶戴天の敵/青萄 (小熊座特別作品)

    散歩道の西洋紫陽花もやっと咲き揃ってきたこの色の変化が殊に美しい平畑静塔/あぢさゐのこの世の隅に追放され中川宋淵/重なりてあぢさゐ夜を領すなる民家の脇に白いホタルブクロ↑麦育つむこうに不倶戴天の敵/青萄(小熊座特別作品)

  • 捨石でも犬死ではないアゾフスターリ/青萄

    近づける合歓の花を探していたら出先で頃合いの木を見つけました↑午後7時近いですこんなところに?ネムノキがあったなんて➰全然知りませんでした↑ついでに散歩もできたし➰かなり得した気分です🎵捨石でも犬死ではないアゾフスターリ/青萄

  • 青萄のウクライナ・ドクトリン

    車の法定点検へ行きさんざ無駄話して帰り、冷し中華を作って食べ、期日前投票ヘ続いて日光杉並木散歩そろそろヤマアジサイが出てくる頃です杉の大木↑ヤマアジサイ↓おお~初トンボ↓途中雨が降ってきたのでUターンです🌧️ただならぬ夏に継ぐ息キリル文字/青萄(ウクライナ・ドクトリンより)青萄のウクライナ・ドクトリン

  • 夏の季語・泉 芭蕉/掬ぶよりはや歯にひびく泉かな

    山口誓子/泉川いとけなき咳こんこんと夏の季語・泉芭蕉/掬ぶよりはや歯にひびく泉かな

  • 梅はその日の難逃れ、中に天神寝てござる🎵

    宇多先生が「梅干を毎日1つ食べましょう」と言うので…南高梅ならもて余すため…小振りの梅干を買ってきて頂いています🍯平井照敏/夏の宵うすき疲れのさざ波に長谷川かな女/疲れ来てうすき膝なり夏の宵散歩コースのえごの木にエゴノネコアシアブラムシ↑虫こぶですね勝手にお連れした小谷氏宅の猫氏↑超キュート‼️🍓小谷氏は、今夜も報道1930リモートトーク流暢に上品に、流石です🦉梅はその日の難逃れ、中に天神寝てござる🎵

  • 味噌汁一杯三里の力🎵

    味噌汁一杯三里の力~と宇多先生が言うので、今日は味噌汁を作って食しました🫕三里はムリだけど🐾シラン(白)↓中田みづほ/のびのびと行くみゝずあり喜雨の中谷野予志/厨にも水鳴る喜雨の音の中シラン↑気温が1℃でも下がるとラクになりますね🛴味噌汁一杯三里の力🎵

  • 中島月笠/山風に落ち来る蝶や夏座敷

    三谷いちろ/一本の柱の気品夏座敷中村明子/来し方や母透くごとく夏座敷中島月笠/山風に落ち来る蝶や夏座敷

  • 武原はん/ギヤマンにくづれやすきよ冷奴

    本島高弓/縁談や夕餉つねなる冷奴久保田万太郎/もち古りし夫婦の箸や冷奴宇多喜代子/山の宿いわくありげに冷奴武原はん/ギヤマンにくづれやすきよ冷奴

  • 相生垣瓜人/梅雨明けぬ猫が先づ木に駈け登る

    篠田悌二郎/耳鳴りか梅雨明蟬かとも訊く宇多先生はもう87歳ですよ↑感嘆しかない❗️むかし新宮で、中上健次の喧嘩を体を張って(しがみついて)止めて思いっきり蹴られた人だから🦖加藤郁乎/上の句はなんであらうと初松魚(はつがつお)小林一茶/大江戸や犬もありつく初鰹澁谷道/初鰹はるかな沖の縞を着て宇多喜代子/散らばるは十中八九鰹船相生垣瓜人/梅雨明けぬ猫が先づ木に駈け登る

  • 山本夕村/耳遠くなりし務めの油照り

    過去画像から地上が暑くなるとちょこちょこ行っていた霧降のキスゲ平だったが、ある時階段の下りで膝が笑ったのにビックリして、しかしこれを下りなければ家に帰れないしなぁ…と恐怖にかられ…それから何となく行かなくなったのである😞💦石原八束/血を喀いて眼玉の乾く油照り山本夕村/耳遠くなりし務めの油照り

  • 福永耕二/草擦つてゆく水無月の水の音

    遠くにキツリフネが2本他にツリフネソウ1本↑十薬↓白い蛾↑#ワークマン女子ができたので見学に↓靴は種類もデザインも豊富で選り取り見取り、アウトドアウエアなども使い勝手が工夫されていて、なによりその安さに驚く👀‼️店舗もだが店員も新人さんばかりらしく、店内はけっこう活気があった🏖️今日は外が暑すぎるため熱中症予防&自宅待機(笑)🍺福永耕二/草擦つてゆく水無月の水の音

  • 文挾夫佐恵/艦といふ大きな棺沖縄忌

    沖縄忌ならば文挾夫佐恵の掲句がベスト↑いわば俳句の思索の極みが全てここに集約されている佐怒賀正美氏の評より~「戦時中の深い情感に発した、粘り強い思案の結論の一句」過去画像にて霧降高原↑マタタビ↓傷痕はうずくものなり若夏(うりずん)も/青萄文挾夫佐恵/艦といふ大きな棺沖縄忌

  • 安里琉太/轟音の空に轍や沖縄忌

    ネジバナがたくさん咲いているこちらは特に別嬪さんアカモノふんどしが白旗兼し沖縄忌/青萄安里琉太/轟音の空に轍や沖縄忌

  • 西島麦南/短夜の死ぬるといふは眠ること

    宇都宮の出先で見た紫陽花可もなく不可もなく風が吹いてブレた😱用事が済んで帰り生餃子を買うために寄った店で以前はシャキッとしてオシャレだった奥さんが…別人のようになっていて驚く❗️もしや骨折でもして入院していた?すっかり老いて骨と皮に…しかも棒のような足でヨチヨチと歩いている全く言葉もなかった老いとは酷いものだと思った滅多に来ないのだからとラーメン🍜🍥を食べて帰ることにしたその庭に咲いていたオシロイバナ(白粉花)高速道から見れば🛣️どこもかしこも栗の花の盛りである即興で一句作った(笑)栗の花腹のあたりがだらしない/青萄西島麦南/短夜の死ぬるといふは眠ること

  • 久保田万太郎/短夜のあけゆく水の匂かな

    林縁に紫式部発見💜これはLUCKY😆💕続いてエボシグサ(=ミヤコグサ)も発見だが放して(リード無しに)散歩させている犬に吠えかかられた😱マイナス5万点🐕️久保田万太郎/短夜のあけゆく水の匂かな

  • 田村木国/夏至の雨山ほととぎす聴き暮らし

    今日は夏至だそうだそろそろあたまをもたげてきた山百合↑頭上にテイカカズラの咲き残り↑テイカカズラの落花↓オニグルミだろうか↑シモツケが咲き始めた↓昨日は本当に蒸して、遂にエアコンの試運転をしてしばらく除湿をした😅今日はまだマシエアコンはお休み💤田村木国/夏至の雨山ほととぎす聴き暮らし

  • 佐々木有風/天上大風麦酒の泡は消えやすく

    パカッと開けると泡がドドドと出てきて↑非常に人を慌てさせる缶ビール😅周囲に蕎麦畑が多いので勝手に越境してくる蕎麦の花↑いま出ているのは雑草と一緒に昨年のこぼれ種で咲いたものもう少しすると全て機械で漉きこまれ新たに播種されるはずそれが新蕎麦になるのです娘に押し付けられた払い下げの胡蝶蘭↑自分の家のイメージに合わないから…ってうちだってスナックの開店じゃあるまいし固くお断りします🦖って言ったんだけど…不在の時に置いていかれた❗️まぁ、花に罪はないよね一応面倒を見ておりますが~🍀佐々木有風/天上大風麦酒の泡は消えやすく

  • 山口誓子/汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ

    一番早い紅葉🍁↑長年持っていた自分名義のカードを(やっとやっと?)解約したほとんど使わないし…今年から紙のお知らせは手数料が発生するらしい今後はどれもそうなることだろう自分名義のは他にもある通販などはほぼほぼダンナ名義のカードを使っている先を考えれば少し💳️類もスッキリしたいものだ🚂山口誓子/汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ

  • 季語・五月闇(傍題・梅雨闇 夏闇)  許六/五月闇簑に火のつく鵜舟かな

    石松弄涯/蝶のごと火星はためく五月闇今日図書館に返してきた本↑ロシアは近い国なのに今までほとんど興味もなく?でも、知るべきなのでしょう。小泉氏が住んで結婚して2年間ディープに研究し目撃した、ロシアの普通の人々の生活や考え方がリアルに分かる本でした☺️季語・五月闇(傍題・梅雨闇夏闇)許六/五月闇簑に火のつく鵜舟かな

  • 徳本映水/夏よもぎ茫々と母たづねたし

    秋元不死男/夏蓬煤煙くさき江東区夏蓬↑草の王↓アメリカ風露の御神輿↑母子草↓うちのベランダ雑草園↑勝手に昼咲き月見草人見れば寄り来るあわれ残り鴨/青萄徳本映水/夏よもぎ茫々と母たづねたし

  • 徳本映水/夏よもぎ茫々と母たづねたし

    秋元不死男/夏蓬煤煙くさき江東区夏蓬↑草の王↓アメリカ風露の御神輿↑母子草↓うちのベランダ雑草園↑勝手に昼咲き月見草人見れば寄り来るあわれ残り鴨/青萄徳本映水/夏よもぎ茫々と母たづねたし

  • 横光利一/梅雨晴れや手枕の骨鳴るままに

    駐車場のハナミズキ↑民家のネモフィラ↓今日は汗ばむような梅雨の晴れ間☀️相馬遷子/梅雨晴るゝ家畜のにほひ土に染み遠藤はつ/梅雨晴間とるに程よく草のびて土蔵と枇杷の木↑地方の旧家によくある組合せ札幌の気温あがりて霧満ちる/青萄横光利一/梅雨晴れや手枕の骨鳴るままに

  • 末広千枝/春愁や夫あるうちは死ぬまじく

    皆吉爽雨/春愁のいとまなければ無きごとし大野林火/春愁やせんべいを歯にあててゐて民家の生垣にサラサドウダンの園芸種川原のムシトリナデシコ↑うちで勝手に咲いているシロバナムシトリナデシコ↓春愁の色となるべしみつしりと/青萄末広千枝/春愁や夫あるうちは死ぬまじく

  • 山口青邨/撫子やただ潦々と川流る

    雨の大谷川用が済んでから川原へ散歩↑昔この辺にカワラナデシコを見たけれど…その後消滅して久し…と思ったら❗️なんと雨に濡れるカワラナデシコ発見☺️ほんのポツンポツンとでしたけれど~やっぱりとてもうれしい日😃🎶河東碧梧桐/撫子や海の夜明の草の原未来も現在(いま)も無くヒメムカシヨモギ/青萄山口青邨/撫子やただ潦々と川流る

  • 渡辺幼魚/花茨雨ひかり降りひかり消ゆ

    高速の側道に群れ咲く花茨尾崎紅葉/近道や茨白うしてうす暗きダイジョーブなどとは哭かぬ信天翁/青萄渡辺幼魚/花茨雨ひかり降りひかり消ゆ

  • 西島麦南/河骨に日は照りつゝも梅雨入雲

    目迫秩父/万霊の天より圧す梅雨入かなコウホネ↑関東も梅雨に入ったらしいが…寒い☔️ゲルニカの孤愁のなかへ梅雨寒し/青萄西島麦南/河骨に日は照りつゝも梅雨入雲

  • 寺田京子/未婚の身軽し花の山花の奥

    宮津昭彦/村ほろびいきいきと瀬や山ざくら雑草だが愛らしいアカバナユウゲショウ↑そう言えばわぴちゃん情報によると、寿命の来たソメイヨシノは今後神代植物園のジンダイアケボノに変わるらしい🌸外見はホームレスめき薄墨桜/青萄寺田京子/未婚の身軽し花の山花の奥

  • 草間時彦/休日は老後に似たり砂糖水

    さて➰この花はなんだったっけな⁉️😨砂糖水氏も素性も不明なり/青萄草間時彦/休日は老後に似たり砂糖水

  • 今井 聖/歩み寄る白鳥の白は飢ゑの白

    山眠るハエトリグモを孵らせて/青萄(小熊座2022・6月号より今井聖選3月号・20句選)ムラサキセンダイハギ↑今井聖/歩み寄る白鳥の白は飢ゑの白

  • 小麦こくこく黒海とつとと返してよ/青萄

    ニッコウキスゲ↑盛りのガマズミ↓コバノガマズミじゃなくてただのガマズミは?それがこちらですよ~葉の大きさが違うだけですけれど💦(ーー;)シモツケの花が咲くのはこれからのようです↑これはキャベツ畑でしょうかねぇ🥬↓小麦こくこく黒海とつとと返してよ/青萄

  • 松村蒼石/植田上る夕べの安堵見ゆるなり

    西東三鬼/植えて去る田に黒雲がべつたりとイタチハギ↑コゴメウツギ↓松村蒼石/植田上る夕べの安堵見ゆるなり

  • 安住 敦/雨を聴く竹の子の皮剥きながら

    林床にミヤマヨメナひっそり(初夏に咲く野菊)↑これが真竹だろうか↓小林康治/肩落し佇つたかんなの疾風かな問題の件の白花の現場着↑長靴で降りられそうなので花の近くまで↓ヤアヤアこれはこれは一目瞭然コバノガマズミでございますな🍀蟲もたくさん来てました👼ところでここは…横断歩道のない上下交通量の激しい広域道路を渡るんですが…車の往来が途切れたとき、自分では小走りのつもりが⁉️ぜんぜん走れてなくて、時が止まったような感じなのです。時を駆ける老女🥵たぶん脳の指令が足に伝わるのが遅れているのですね😱加齢と運動不足あきらかになる~🦿普段の散歩で後ろ歩きはやっていますが、これからは小走りも入れる必要がありそうです🏃‍♀️私より5才くらい下の俳人ですが、歩道橋を降りるときに交差する歩道に段差があると脳が知っているのに、みごとに躓...安住敦/雨を聴く竹の子の皮剥きながら

  • 杉山岳陽/午後よりの雲うごかざり桜の実

    桜の実細見綾子/桜の実赤く黒きを多佳子の死清流↑イボタノキ↓コアジサイ杉山岳陽/午後よりの雲うごかざり桜の実

  • 岩城のり子/跳躍の仔牛何時捲む花茨

    ノイバラ藪の中に咲く中島雄/濤見て来しこころの揺れを野茨散る石橋秀野/花いばらどこの巷も夕茜遠くに桐の満開↑ウワバミソウは咲いていたけれど…花がハッキリとしない↓道ばたで野生化していたヒメフウロソウ(姫風露草)↓岩城のり子/跳躍の仔牛何時捲む花茨

  • 島田雅山/繍線菊や雲這ひ騰り暁の山

    シロバナシモツケ発見☺️ここは道路工事などのため林野を切り開いた場所いろいろな植生が見られる清浄で美しい白花はシモツケだと思われる轡田進/繍線菊や富士を纒く道やはらかし鈴なりのえごの花ここに展開する花にはエゴノネコアシアブラムシの蟲瘤が寄生する島田雅山/繍線菊や雲這ひ騰り暁の山

  • 五十崎古郷/桑の実ややうやくゆるき峠道

    ヤマグワ(山桑)今日は雨のち晴の暑さまた夜は雷雨です⚡️里ではどこにでも見かける桑の木実はずいぶん色が着いてきた黒く熟した実が甘いが…蟲が入っていないかよく見てネ(o´エ`o)b加藤知世子/桑の実食べて村掃いて子等登校す五十崎古郷/桑の実ややうやくゆるき峠道

  • 博物館裏龍のにおいの躑躅余花/青萄

    安住敦/白つつじこころのいたむことばかり大野林火/花終へしつつじ野けふの虹立たすアサザの花は未だ↑マタタビの半夏が始まっている↓博物館裏龍のにおいの躑躅余花/青萄

  • 時化の日は魚網つくろいあたたかし/青萄

    今日は快晴☀️むかし頼朝が鷹狩りに来ていた辺り暖かというより暑かった🥵しかし昔の人達って(…たぶんろくなものを食べてないはずなのに)すごい体力ですよね~🎠ニシキウツギ(二色卯木)発見🦉小流れ↑田植後↓時化の日は魚網つくろいあたたかし/青萄

  • 学歴がなくて涼しやお立ち台/青萄

    子象水内三猿/一生の晩涼にゐるおもひかな学歴がなくて涼しやお立ち台/青萄

  • 走り梅雨老いかくかくと骨休め

    森重昭/樹頭越え一飛迅し走り梅雨雨に小米卯木走り梅雨老いかくかくと骨休め

  • いかずちや絶壁のビルが崩れる/青萄

    オランダガラシ(=クレソン)車がよく通るそばの用水路オランダガラシは繁殖力が強く、清流でなくとも充分生きられるらしい同じくオオカワヂシャも繁殖している↑どこでも野蒜ノビル↓ジシバリも負けていない↑いかずちや絶壁のビルが崩れる/青萄

  • 魚屋北渓/あつくなくさむくなくまた飢えもせず憂きこと聞かぬ身こそ安けれ

    カルミア↑お気に入りの斑入りまむし草↓どう?美しいでしょ?楮(コウゾ)桐の落花↑桐の木↓大したことないだろう…と思ったら、途中から大雨☔️雷アラレにまで降られた道は濁流となり…もう仕方がないので濁流を漕いできた~😨桐はほぼ電線に凭れて立っている↑次は伐られているかもしれないよ魚屋北渓/あつくなくさむくなくまた飢えもせず憂きこと聞かぬ身こそ安けれ

  • うすらいの中を空気の泡すべる/青萄

    利休梅花期はながく茶花に利用されることから利休の名がついたらしいヒメカンゾウ分譲団地の道ばたに植栽されたものウツギ満開↑麦畑は今これくらい↓うすらいの中を空気の泡すべる/青萄

  • 消費文明の終焉へ前庭花/青萄

    前庭花(=ニッコウキスゲ)ガマズミ↑朴ノ木↓ウツギ↑藪にコデマリ↓消費文明の終焉へ前庭花/青萄

  • 不機嫌な木五倍子不都合な真実/青萄

    ヤブデマリ処理されずに残っていましたもうずいぶん散っていましたが…こちらは紙の原料になるというコウゾです↓雨のなかとは言え、不鮮明な画像ばかりで申し訳ありません🙇‍♀️不機嫌な木五倍子不都合な真実/青萄

  • きようようのないのがとりえ亀の鳴く/青萄

    コウホネアサザの葉っぱ↑キショウブ↓きようようのないのがとりえ亀の鳴く/青萄

  • 残り鴨まつすぐに来る遠くから/青萄

    団地近くの公園の池カルガモがかなり残っている人馴れしている様子が憐れジロボウエンゴサク↑シャガ↓キツネアザミ↓棘がなく全体に柔らかく花はしっとりしている残り鴨まつすぐに来る遠くから/青萄

  • ひでえことしやがる冬のひまわり畑/青萄

    沈丁花↑モチツツジ「花車」花弁の細い園芸種↓ひでえことしやがる冬のひまわり畑/青萄

  • 北本極子/リラの香やいく度か読む創世記

    リラの花ライラック石塚友二/真昼間の夢の花かもライラック小田黒潮/われ征きて還らざる野にリラは咲きサクラソウニリンソウ桜も最後の八重桜イチヨウという名前の桜で優しい色が好みです🌸北本極子/リラの香やいく度か読む創世記

  • 前田普羅/鳶烏闘ひ落ちぬ濃山吹

    ほとんど終盤の八重山吹↑昨夕6時42分のミサイル着弾並の地震後に見た↓男体山鳶と烏の縄張り争いは、カラスの方がエスカレーションします鳶は逐われると早めに諦める様子ですいつも鳶を応援しているのですが~🦜ウワバミソウ学校の裏山にて川端茅舎/濃山吹俄に天のくらき時秋元不死男/山吹や薪割る妻の一語勢前田普羅/鳶烏闘ひ落ちぬ濃山吹

  • コゴミの見分け方2

    バイパスの側道に、よく見ればコゴミがたくさん出ていたコゴミは1日5センチ伸びるという成長の早さから…これは育ちすぎでも観察のために葉っぱをじっくりと見る↑柔らかい葉を一部ちぎって匂いを確認とても清々しい春の香りがする🍀もし羊歯ならば固く刺々しく青臭いだけユキノシタも葉っぱが出ていた天ぷらがおいしいらしいタンポポも天ぷらで食べられる秋元不死男/丘にきて風のうごかす蕨摘む同/跳ぶ妻のどこ受けとめむ水草生ふコゴミの見分け方2

  • 金子伊昔紅/こでまりの花さき種痘よくつきぬ

    コデマリならぬオオデマリウワミズザクラチゴユリ金子伊昔紅/こでまりの花さき種痘よくつきぬ

  • 山口青邨/たんぽぽや長江濁るとこしなへ

    今は日本タンポポを見るのが難しいです↑これも西洋タンポポコブシ↑ノキシノブ↓ウンナンオウバイ(オウバイモドキ)↑ムラサキハナナ↓山口青邨/たんぽぽや長江濁るとこしなへ

  • 大石悦子/百千鳥八十を人愕かず

    ウコン黄色の桜では御衣黄もあるが…このウコンが一番優しげな色である紅色のヤマツツジは目立つが…このゴヨウツツジは地味だが清らかである高木良多/百千鳥母まま母もこの墓にアマドコロ園芸種でよく見かけるのは斑入りアマドコロで花が少し小ぶりになる百千鳥右顧左眄して従わず/青萄大石悦子/百千鳥八十を人愕かず

  • 大石悦子/淡交も過ぐればさびし花蘇枋

    ハナズオウハナズオウ(白)松本たかし/惜春やすこしいやしき紫荊八木林之助/猫や犬になつかるる妻花蘇枋大石悦子/花蘇枋老斑ときにはなやげり黄木蓮大石悦子/淡交も過ぐればさびし花蘇枋

  • 季語・藤(傍題・山藤 野藤 草藤 白藤 藤浪 藤かづら 藤綱 藤棚 藤房)

    山の藤はまだまだだろうと思いつつ…寒さの今日は毎年観察のエリアへ~例年の満開は5月半ばですが…谷にはすでに咲き始めているものもありました秋元不死男/吐息めく息を眼鏡へ藤重し臼田亜浪/藤咲いて碓氷の水の冷たさよ千代田葛彦/瓦斯の火を消し藤の夜のまた深む季語・藤(傍題・山藤野藤草藤白藤藤浪藤かづら藤綱藤棚藤房)

  • 木津柳芽/一輪草木橇をつかひすてゝあり

    コゴミ↑イチリンソウ↓きくちつねこ/手にのせて風も小さく一輪草加藤知世子/道なき谿一輪草の寂しさよシラネアオイ↑木津柳芽/一輪草木橇をつかひすてゝあり

  • 草津 平/八重桜水中の水暮れ急ぐ

    数日前の散歩コースの里桜何千回も渓流釣りの竿振りの練習をする↑仕事帰りらしい男性今日の夕方の散歩、🌸ふかふかの落花踏みしめて↑山の藤が色づいてきました天野莫秋子/空青しなほも落花を含みゐて草津平/八重桜水中の水暮れ急ぐ

  • オトメスミレ?一夜の夢

    林道で撮った花たちニワトコ↑タチツボスミレ↓タチツボスミレ↑これはもしやオトメスミレ?↓タチツボの変異種の…牧野博士が命名したというアノ?日光の植物事典で調べましたが2009年発行ですから、少し古いですね💦今は全国どこでも見られるようです純白のはシロバナタチツボスミレという変異種スミレはどれもスミレと呼べば良いのではないか…とも思うのですが😅ヒナソウ↑カキドオシ↓ホソバシャクナゲ↑蟲や鳥には花は一体どう見えているのだろう🐝斥候の蜂掻きまわす空に傷/青萄オトメスミレ?一夜の夢

  • 金子伊昔紅/木苺の花を日照雨の濡らし過ぐ

    水原秋桜子/谷くらく木苺咲くよ蕗の上にリアリティのあるマムシグサの群れ金子伊昔紅/木苺の花を日照雨の濡らし過ぐ

  • 石田濁水/神を説く一語一語も陽炎へる

    今日は暑いほどの春の一日林道へヤマブキを見に行ってきました一ヶ所のみヤマツツジも見かけました思いの外ニワトコが目立っていました西東三鬼/かげろふに消防車解体中も赤高野ムツオ/陽炎より手が出て握り飯掴む陽炎を割つていきなりニューヨーク/青萄石田濁水/神を説く一語一語も陽炎へる

  • 長谷川かな女/からし菜を買うや福銭のこし置き

    小沢游湖/芥菜や京は底冷えなほ残り中村青一路/からし菜の湯を通したる緑かなクマイチゴの蕾菜の花ににて芥菜の貧相な/青萄長谷川かな女/からし菜を買うや福銭のこし置き

  • 星野立子/囀りをこぼさじと抱く大樹かな

    アセビ↑ヒイラギナンテン↓相馬遷子/雪原の一樹かゞやき囀れり山口青邨/囀の去りし大樹の暮れゆくに百囀(ひゃくてん)のあちらも火宅なのかしら/青萄星野立子/囀りをこぼさじと抱く大樹かな

  • 友岡子郷/ただひとりにも波は来る花ゑんど

    加畑吉男/豆の花どこへもゆかぬ母に咲く足立原斗南郞/仮死の虫あたふたと這う花豌豆中村石秋/花えんどう教師は黒き他は着ずカラスノエンドウ恋愛のはじめは不倫花豌豆/青萄友岡子郷/ただひとりにも波は来る花ゑんど

  • 季語・海棠(傍題・ねむれる花 睡花 海紅) 

    近くの小学校のそばでハナカイドウの咲いている木が見られた↑こちらは空き家の庭先に白のハナズオウ↓一転した寒さの中…駅の街路にカリンの花も探したが…まだでした😷山田みづえ/紫荊(はなずおう)不承々々に咲き出でぬ酒井鱒吉/蟹の瞳に似て海棠の群蕾平井照敏/海棠をめぐる天平絵巻かな季語・海棠(傍題・ねむれる花睡花海紅)

  • 季語・春時雨(傍題・春の村雨 春驟雨) 万太郎/いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ

    日光連山↑身をよじって出てきたハルジオン↓タラノキ↑オトメツバキ↓日光の桜ほぼ満開昨日までのさすがの暑さに〰️散歩の足をナント!蟆子に食われていた初ブユ❔春時雨は冬に近く春驟雨は夏に近い頃と覚えたし☔️今日の☔️は冷たいけれど…野沢節子/手かざせば炉火に手の影春しぐれ安住敦/春の驟雨たまたま妻と町にあれば季語・春時雨(傍題・春の村雨春驟雨)万太郎/いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ

  • いちめんのなのはな

    アズマシャクナゲ田んぼには用水路から水が入り始めました↓菜の花明かりいちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなやめるはひるのつきいちめんのなのはな(山村暮鳥「風景純銀もざいく」より)いちめんのなのはな

  • 季語・李(すもも)の花(傍題・李散る 李花) 鳴雪/子鴉の母呼ぶ李月夜かな

    ベニバスモモ↑葉が紅っぽい↓渡辺水鶏/明け方の空澄みのこり咲くすもも佐野良太/青白き李の花は霞まずにヒイラギナンテン↑季語・李(すもも)の花(傍題・李散る李花)鳴雪/子鴉の母呼ぶ李月夜かな

  • 季語・春暑し(傍題・春の暑さ 暑き春 春の汗) 龍太/黒服の春暑き列上野出づ

    アカヤシオ奇妙なほどに暑かった一日💦ユキワリソウ↑ニリンソウ↓アズマイチゲ↓イワウチワレンギョウ↑ユキヤナギ↓小坂文之/春暑し我も持ちたる写楽の鼻波郷/遺作展春の暑さに耐へざりき澄雄/春の汗して男神ある峠越季語・春暑し(傍題・春の暑さ暑き春春の汗)龍太/黒服の春暑き列上野出づ

ブログリーダー」を活用して、青萄さんをフォローしませんか?

ハンドル名
青萄さん
ブログタイトル
空見日和
フォロー
空見日和

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用