chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
快適な暮らし応援隊 http://blog.livedoor.jp/berone/

私の建築の仕事を通して快適な暮らしの実例・アイデア・ヒントを皆様にお知らせします。

太陽の光や新鮮な空気の大切さを通して健康で快適な生活が可能になる事プラスCO2を削減できる事等をお伝えします。  現在建設されてい多くの住宅は世界の住宅先進国と言われるスエーデン等の北欧諸国またそれに追従しようとする北海道で建設されている住宅の考え方とはかけ離れた方向を向いています。ブログを通し少し住宅先進国での住宅の考え方造り方を知って欲しいと思います。  

きぬさん
フォロー
住所
西区
出身
中区
ブログ村参加

2009/01/02

arrow_drop_down
  • さいたま 栃木 京都 滋賀に行ってきました 3

    早朝よりアパホテルに泊まっていた私を迎えに、京都の高橋さんが来てくれて、彼の現場の打ち合わせに一時間強つき併せていただだき、彼の建築の考え方を垣間見て、その後高速で、滋賀県の栗東市の夏見工務店さんに訪問させていただきました。西向きの暑かった事務所を私のア

  • さいたま 栃木 京都 滋賀に行ってきました 2

    KAMI式空調を採用されている、栃木県小山市のオーガスタスタジオの田中さんの所へ訪問させていただきました。前日はKAMI式空調の実際施工の現場を拝見し、今日は生活をされている所を拝見出来ました。この建物は、駅に近い所にありますが、杉板の外壁を使われて、なかな

  • さいたま 栃木 京都 滋賀に行ってきました 1

    1月17日㈫から1月21日㈰までですが、何時も情報交換させていただいたりと仲良くしていただいている埼玉県上尾市の佐藤工務店さんの所を筆頭に私が気になっている建設会社さんと情報交換させていただきました。実は大宮と築地のマグロを食べ比べようとマグロを餌にされ訪問す

  • かなり特別な構造

    新協建設(株)の澤田さんの現場で1月14日13:30~十字目違継ぎ手による、ホールダウン金物で梁を繋ぐ方法を行っていてその構造見学会に参加してきました。 私もリフォームでは同じような事をしていましたが、新築の建物で使う木材を4m以下にしてそれを繋いで4間のスパンをも

  • 新旧交代

       👈写真は母の所の台所のスイッチです。上は蛍スイッチ、下は入り切りスイッチ、最も単純なスイッチですが、入り切りが出来なくなりました。 ホームセンターで片切りスイッチと、蛍の片切りスイッチを買ってきて、電気屋さんに取替えしてもらいました。我々は多少、

  • 卯年を迎えました。

    卯年は跳ねるという事を、テレビを見ているとよく聞きます。卯年は相場が跳ねる、景気が跳ねるという事で卯年は跳ねるというのでしょうね、確かに36年前の卯年は1987年昭和62年はバブル期であったようです。確かめよう日本の歴史というシンプルに経済のことも解るサイトが

  • フリアーの使い方

    私はフリアーのC2という赤外線で温度をはかるサーモグラフィーカメラを持ってそれで室内の温度環境を計測しています。一番リーズナブルであり又もう古い赤外線カメラですが、結構役だっています。👈この写真は、玄関の土間写真です。このフリアーの写真を見て、何を読み取

  • 屋根の水平構面の構造

    最近は、木造2階建でも許容応力度計算で、建物の強度を確保するように考える人が増えているなと思います。当方は構造計算は外注していますが、関わっている全ての新築の建物は許容応力度計算をして申請しています。建築基準法では、2階建て木造の許容応力度計算をすること

  • 上段框失敗しました

    階段の最上段の上段框の加工をしています。 写真は階段を2階に上がった所に取り付けるアッシュの上段框ですが、実は階段の段板の滑り止めの加工を失敗し、今階で3枚目になる失敗です(笑)、失敗した時に滑り止めの溝で継ぐ技を習得し、トリマーの失敗は怖くなくなりつつある

  • 天井から水漏れ直しました

    普段からお世話になっている方より、天井から水漏れしている。直してと連絡ありました。 天井からの水漏れは、給水 給湯 排水 又雨漏れ等色々な原因が考えられます。その原因を特定するには、天井を壊してか点検口を設けて目視できるようにするか何らかの目視で確認で

  • 充填断熱施工中です

    岩国の現場に材料を運びました。軽トラックで往復3時間は私の腰には、結構ハードです。まだ屋根のCFの断熱の施工はされていませんが、曇りの寒い一日でしたが、室内に寒さはありませんでした。日射がある時は結構温かくなるだろうなと感じる一日でした。現場に取り付けられた

  • 新住協の現場で

    広島の新住協の会員さんである、新協建設の澤田さんの所が建設している、木造3階建ての現場で木構造設計の田原さんが行っている梁を繋ぐ施工をしている。実に面白い!田原さんは4mの梁を真ん中で繋いで8mのスパンにしている施工の動画を以前拝見したことがあります。 今

  • アッシュの巾木加工しました

    ×会社の駐車場で、大工さんに巾木を加工してもらいました。この巾木は加工屋さんで9×27mmの四角にしてもらって、その天端は埃が溜まりにくいように面取りをトリマーで取りました。何しろ数が多いので駐車場は占領されているような状態です。白太の木の側に近い部分 赤身

  • 階段材加工 塗装しています

    欅の上がり框を作成して、今度は燻製アッシュの階段材を加工してもらって、加工出来ない部分を私が面取ったり滑り止め作ったりしました。 会社にストックしてあった、燻製アッシュが表舞台になる階段にデビューします。巾のひろいアッシュを岡山の木材市場で買っていて、

  • 軒先と樋と雨水

    住宅建築で重要なポイントだと思うのが、軒先です。軒先には多くの家で樋がとりつけされます。それは雨がうっとおしく落ちること、敷地に雨水がたまり煩わしいことを解決するのに樋が取り付けられます。 数寄屋の建物では、樋の無い建物が好まれるような傾向があります。

  • 外壁の防水について

    外壁や窓回りの防水は、手慣れなくてはならない部分です。私は高断熱・高気密に取り組み始めて30年は過ぎていると思います。それ以来、新築での雨漏りは笠木や天窓等のシール材の劣化からの雨漏り又は換気フード等からの伝い水での水漏れ等は何度かありましたか、全て解消し

  • 丸い窓

    長年お世話になっている、板金屋さんの加藤さんに無理を言ってお願いしました。 彼はガルバリユウム鋼板のタテハゼの壁に丸い窓を付けたいという難題に応えてくれました。 建築のデザインに窓というものは、大きな影響を与えます。又温熱環境の上でも窓やガラスの影響は大

  • 床断熱の現場に材料を持ち込みました

    グラスールの床断熱を行っている現場に、塗装を終えた上がり框や造作のアッシュの加工材を持ち込みしました。 丁度大工さんが玄関の土間の断熱をしている所でした。私は玄関の土間とか、階段の下側とかの断熱を重要だと思っています。多くの建設会社では玄関を土間コンにさ

  • 欅の上がり框

    木材の加工を頼む所の倉庫に埃だらけになっていた欅の板を削ってもらって上がり框にします。その欅の板を観たのは確か1年以上前でしたが、私の記憶に残っていて、『あの欅の板まだある、あるよそれ加工して』という事になりました。 欅の板の分を揃えて加工された板の小口

  • 床の断熱

    岩国の現場ですが床の断熱施工中です。私は夏型の高断熱住宅を成就させることを、考えて施工していますが、夏に涼しい家を造るには、断熱層と通気層をタイベックなどを使い防風層という風の影響を受けにくするように施工しています。それは断熱材の付近の空気が動くと断熱

  • 化学反応と建築

    当方が20221114にフェイスブックに書いた記事ではあるが、化学反応と建築に興味のある方は上のリンクからご覧下さい。毎年写真のような土砂災害の無いことを本当に祈る

  • 通気と劣化対策

    私はアミパネルの営業ではないが、なぜかこれを語ると私の建築のこれまでの生涯の考えがつながるように思う。劣化対策 効果的な通気 コストを踏まえた水平・屋根構面の構造 シロアリ対策 そして夏の暑さ対策、ただし施工方法を間違うと私の思うことは成就しなくなる。

  • 岩国の家上棟して付加断熱しています

    岩国の家上棟しました。岩国の家上棟の動画もリンクしておきます何時もの事ですが、上棟の金槌や木槌の音は良いものです。心臓にペースメーカーが入りそれ以来高い所が少し怖いと感じるようになりました。平衡感覚に多少問題を生じているのかなとも感じます。細い梁の上でテ

  • 土砂災害の後おきること

    前回のブログの玄関ドアを取りかえした現場ですが、玄関の中のタイルが剥がれたり剥がれそうになっている所があるので、直すことにしました。善意で安易に取り組みましたが、少し触るとボロボロと崩れてきました。崩れた後のモルタルを手で触ると砂のようにばらばらになりま

  • 土砂災害のあとの軽量鉄骨の補修

    ハウスメーカーで新築されてから40年の建物ですが、2018年に土砂災害を受けておられます。色々のヶ所の劣化が激しく。これまでも、勝手口や玄関ドアの開け閉めに支障を生じていました。玄関ドアを綺麗に安全に開け閉めをスムーズにするために、ドアの取り換えの依頼を受けま

  • 新住協の関西支部に行ってきました

    新住協の関西支部の勉強会で大阪に行ってきました。大坂は支部長の熊田さん事務局のダイシンビルドの清水さんにお世話になり、お呼びいただきました。コロナ過でリアルな会は殆どありませんでしたが、今回は会場に40名ぐらいお集まりいただき、ズームでも沢山の方にご覧いた

  • 壊れた時、修理を依頼する方法

    どんなものにも、寿命はあります。最近特に多いと思う故障は、トイレ(ウォシュレット含む)とエアコンです。その次にある修理依頼は、水栓カラン 冬場の給湯器 換気 天窓 ハニカムサーモスクリーン等の不具合などが多いと思います。私の場合は私が出動して手間のかか

  • 高気密・高断熱のガラスについて

    高気密・高断熱の窓には、どのようなガラスを使うのが良いのでしょうか??木製窓に遮熱型のトリプルガラスの仕様は、蒸暑地の高気密高断熱では夏涼しく・冬暖かく過ごせるのかは疑問です。 木製窓+遮熱型のトリプルガラスの仕様のハウスメーカーがありますが、トリプル

  • アメリカや北欧との冷暖房や給湯システムの違いについて

    日本では、ルームエアコンによる冷暖房システムか現在でも暖房は、灯油によるストーブ暖房やファンヒーターによる暖房が多く、給湯はエコキュートかガス湯沸器が主流だと思います。私の建築の仕事の関連で、北欧やアメリカの住宅の視察してきましたが、日本のその冷暖房・給

  • 台風前の地鎮祭

    広島市では、今回の台風の被害は少ないと感じましたが、太田川の増水と流量の速さが、とても気になる台風でした。連休は 、地盤調査や地鎮祭の準備に忙しかったですが台風を避けるように行う事が出来ました。現場で最も重要なことは、天候を熟知することでしょうか ?地盤

  • エアコンの取り替え

    三菱のエアコンが冷えなくなって、三菱のサービスの方に来ていただいて、冷えなくなっている原因を調べてもらいました。 約10年使っているエアコンであるので、即座に取り換える選択肢もありますが、半導体などの部品を取り換え直る場合もありますので、サービスにお願い

  • 昨日もエアコンの取り換えに行きました

    新築から15年過ぎたお住まいの日立製のエアコンが故障してそれを取り換えました。このお住まいのエアコンは、新築後施主さんが近くの家電店で取付されましたが、内機から水漏れしたり、ドレン配管が結露してそれを直したり当方のエアコンの取付専門業者のたかさんにお願い

  • エアコンの消費電力について

    広島市毎日蒸し暑い日が続きます。そういう日ですが、昨日はエアコンが壊れて三菱のメンテナンスの人に来てもらいましたが、内機の熱交換器からのガス漏れで冷えなくなっていることが判明しました。内機の熱交換器を取り換える修理に概算10万円ぐらいかかると教えてもらっ

  • エアコンの性能と選定

    毎日暑いですね、私は広島市に住んでいますが、広島市は6つの川と瀬戸内海とそして土砂災害を起こす山に囲まれた地形です。そのような地形を考えると湿度が高い事が想像できると思いますが、海側のマンションではエアコンが必要ないという世帯もあります。湿度よりも海の風

  • 家の性能とエアコンの能力と省エネ性

    12年ぐらい前に新築の設計のみをさせていただいた。かなり大き目な家ですが、ルームエアコンが壊れその壊れたルームエアコンの取り換えをしています。建設をしてくれた会社さんはあまりメンテナンスを行うことに熱心で無いようで私が出向いています。 写真は2階の廊下に設

  • 夏の日射遮蔽

    夏の暑さ対策の必須は屋根や庇による日射遮蔽です。写真は 12年前に私が設計して新築していただいたお住まいです。軒の出50センチ 窓上20センチほどの小さな庇ですが、床面まで日影が有効になっています。日射遮蔽と雨よけに使える電動で開閉できるテントは、壊れて使えなく

  • 40年使われたトイレたち

    写真のトイレは、約40年も使われていました。便座はガタガタしていますが最小限の機能は問題なく使われています。当時の物は節水機能はありませんが、パッキンを変えれば、止水不足からの水漏れも簡単に止まります。当然ですが半導体などは全く使われていません。 昔のト

  • 今日は77回目の原爆の日

    今日は広島では77回目の原爆の日を迎えました。原爆投下から77年も過ぎました。ウクライナ、ロシアをはじめ、今の地球には不穏なものを感じています。広島の『核戦争の無い世界』の声は届いていないなとも感じています。77年も過ぎても人の心の中には原爆投下後の言葉にも出

  • エアコンのドレン水処置をしてきました。

    エアコンのドレンからの水がかなり多い、ドレン水の直ぐ近くに汚水の最終枡がありますが、それにホースを差し入れることも出来ますが、それをすると硫化水素などの硫黄化合物などの影響で室内機の熱交換器に穴が開くこともあります。過去にも何度かそのような経験をしました

  • 波板の劣化

    結構築年数の長いアパートですが、施主さんの気になる写真の波板を張り替える事にしました。 賃貸のアパートですが結構傷んでいますが雨漏りも無く家が傾いた様子もありません。私の経験では、もう少しは頑張れる余地のある家だと思います。 家は人間と同じように、弱い所

  • 生活の要 取り換えます

    40年間使われていた、トイレやユニットバスや洗面取り換えます。40年前のトイレには半導体は使われていません。半導体を使う今のトイレは40年も使う事はできません。 トイレを取り換えるたびに時代の変化を感じています。綺麗好きの方にあるあるの便座や便蓋の割れこれはア

  • 日射と欄間

    欄間というものは、日本の民家では、和室と和室の建具の上や他の部屋と和室の間に設けられて、概ね建具上の暗い場所に設置されています。 また現在ではそれを使うことはあまりなくなりました。というか和室を造ることも少なくなりました。 この写真は今年の初めに完成し

  • ニャンコと平和

    この子は私が訪問するときは、大きい子なのに、私を敬遠して影を潜めています。5年ぐらい前にリフォームされたときに取付された初代初代キャットタワーとリビングに取り付けたキャットウォークです。キャットタワーは2代目になりました。少し前に新たに取付しました。耐力

  • エアコンのドレン水の悪さ

    最近、この様なアパートが壊されて、新しい建物に変わる場面に再々遭遇します。どちらかと言えば、スクラップ&ビルドに違和感を感じる私ではありますが、この様な建物も出来れば復活させてみたいとも思うし、新たに建て替えて耐震性の向上も図りたいとも思います。建築と

  • 一輪挿し

    会社には、沢山の木材があります。最近は手摺の受けも金物を使わずに木材で手造りすることが多くなっています。手摺受けも手摺も金物を使わず、その両方を手造りした階段の手すりです。その手摺の受けを使って、以前欅の大黒柱を使って階段の踏み板にしたことがありますが、

  • 俺の棚板

    冷蔵庫横の小さな棚を長くして、という要望がありました。完成後に、棚板を増やすには、新築時のような下地が入っていないので、間柱と柱にビスドメして、出来るだけ防湿フィルムの性能や気密性を守るように考えて施工します。後施工で棚板を付けるのは、下地になる間柱や柱

  • 羽根蟻をみた 黒アリとシロアリの違い

    新築をしていただいたお客様より、サッシの下側にシロアリのような羽根アリがいっぱいいて、それを捕獲しているので見に来て欲しいと連絡があって、ホウ酸を処理してくれている山陽木材さんの担当者と共に、連絡の翌日に行ってきました。 写真は捕獲されているものの一部

  • テレビ下の収納に引戸つけました

    写真は新築時に壁かけテレビとその下に収納を作成したものです。扉の無いボックスだけのリーズナブルのタイプにしました。私がテレビ下の収納を付ける時は、出来るだけ中の見える収納を、お勧めしています。中の見える収納にする意味は、①建具というコストを削減する。②赤

  • 俺のラブレットスタンド

    写真は私がこれまで自分で制作して愛用していた タブレットのスタンドですが、時々後ろに転倒することもがありました。 パソコン台と一緒に造った時の写真ですが、今でもタブレットスタンド使っていました。写真のソファーで使えるパソコン机は、色々考えてマジンガーZの

  • SINGERミシンの洗面台

    18年前、私が高断熱・高気密住宅を取り組み始めたころ新築させていただいた所です。 そのお住まいのトイレが水漏れして取り換えしましたが、新築時に写真のSINGERミシンを使って洗面台をつくりましたが、その洗面台の天板にサニタリーパネル使っていましたが長年の劣化で

  • 又トイレの水漏れ

    会社の廃材を保管する場所には、沢山のトイレが捨てられてます。最近かなりの頻度でトイレの取り換え工事をしています。そのほとんどが水漏れを発生させ、部品の調達が出来ないことで取り換えを余儀なくされたものです。ひと段落付いたと思ったら18年前に高断熱・高気密で新

  • キャットウォークつけてきました

    6年ぐらい前に大規模なリフォームをさせていただいたところで、リビングにキャットウォークをたくさん取り付けていましたが。それをもう少し増やしたいということで、取り付けてきました。それは、にゃんこの姿や肉球迄見える様に透明のアクリルでできているものでした。リ

  • 伐根の方法

    木を根から抜くのを伐根といます。木の根を抜くのは実は大変な作業で、山の木を切っても伐根などしません。木は切られると、自然に朽ちてシロアリや腐朽菌に食べられて長い長い年月を経て土に帰る性質を持っています。私は伐根など必要ないと思うのですが、植木の生えてい

  • リフォームの気密測定

    先週の日曜日は埼玉のハイシマ工業の方が来られて、当方の現場をご覧いただくことと、RC造の改築現場の気密測定をしていただきました。気密測定と併せて、煙の発生機を使って、サッシや コンセント周りの漏気の調査をしていただいたりしました。埼玉から来られるので、気密

  • テスリの劣化

    階段に取り付けられている手摺、私も昨年心臓に問題が生じて、それ以来階段を昇降するのがとてもつらい状態になりました。以前より手摺の重要性を感じていましたが、自分の体が少し弱くなったことから、余計手摺の重要性が解るようになりました。この階段の手すり途中が折

  • 壊れたトイレの取り換え終えました

    半導体不足からのトイレは入手困難では、ありますがどうにか3カ所の取り換えを完了しました。当社では、床のCF貼り、クロスの張替え、手洗いは便器の後ろではなく別に入り口付近に、自動か手動の物を取り付けることが多くなりました。又手摺を兼ねる棚を付ける事も多く、そ

  • 今週はトイレの取り換えの工事をほぼ毎日します

    今週はほぼ毎日トイレの改修工事です。写真は25年以上前に新築させていただいた所です。トイレが漏れ始めて、その部品が調達できないという事で、取り換えになりました。最近はコロナの影響で海外から調達する半導体不足の影響で、トイレの納期が解らないような状況になって

  • 長期優良住宅と台所の排水管の施工法 キッチンが臭う

    キッチンからどことなく臭いのすると思われている人多いと思います。多くの場合防臭パッキンが排水管や蛇腹管から外れていることが原因です。そのように臭いの発生や水蒸気をキッチンの下に発生させると、キッチンの収納部にカビが生えたり臭いがしたりすることになります。

  • 1種換気か3種換気か?

    写真は新築時の3種換気の給気口です。3種換気とはファンで排気を行い、室内を負圧気味にして、その圧力の差で各室の壁に設けた給気口から必要量の給気を行う換気の方法です。ダクトを使って排気を行う事でムラの無い排気を行うようにすることが多いです。それが写真の例です

  • トイレの取り換えと、そのインテリア

    トイレの取り換えと、その内装工事を行いました。トイレのような狭い場所の工事は中に一人しか入れません。このようにきれいなトイレにする手順は下記のようになります。トイレを外す→給排水の配管を変える→電気屋さんコンセントの位置を変え自動水栓の電源を取る→大工さ

  • 勝手口に潜む罠

    キッチンには、ゴミを外に出す勝手口が欲しいと思われる方が多いと思います。その時に網戸も付けて上げ下げ出来る採風の物を求められることが多いのですが、網戸付きの採風ドアの場合、冬にそこからの冷気で足元が冷やされて嫌な思いをされます。それがどのようなメカニズム

  • 脱衣室の椅子を造りました。

    リフォームのお客様から、脱衣室に下が収納スペースとしても使える椅子を製作してほしいと言われ、それを考案して作りました。←写真が完成したもので、天板は人工大理石で、濡れたまま座っても問題ない材料を使おうと考えての選択です。監督も大工工事も出来る佐々木さん

  • 俺の引き出し

    今回の工事で佐々木さんに作成してもらったキッチンバックの収納です。天板は人工大理石 鏡板はシナランバーオスモのナチュラル仕上げです。この引出し収納の高さは1150としています。炊飯ジャーが使いにくい高さですが、収納と家電置場を考えると私が思う理想の高さで、電

  • ユニットバスのドア折れ戸 引戸 開き戸?

    少し前のブログでユニットバスのサイズ事書きましたが、今回はユニットバスのドアについて、少し私の経験をお話してみようと思います。写真のユニットバスは我が家のものですが、綺麗好きな妻は少しでもカビの気配がすると、徹底的に掃除します。私が思うに掃除のし難いカ

  • 俺の引戸

    ←今回引き戸にしたトイレの戸です。私のオリジナルの引戸です。今回の改装工事では、使いにくかったドアを4カ所引き戸に変えました。建具を変えるのは、案外多くの費用がかかります。特にリフォームの場合は、既製品の引き戸に取り換えではドアの上も横も壊すことになる事も

  • 大き目な内窓は裏切らない

    現在色々リフォーム中の現場ですが、当社の協力業者さんに最後の工事になりますが、内窓を付けてもらいました。今回は引き違いの窓の左側を小さくして外窓の引き違いの中心から振り分け左右のwideの異なる内窓を白色で作成してもらいました。内窓は今回のように外窓の色の影

  • 俺の収納

    ←写真は我が家のダイニングテーブルである。昨年心臓にペースメーカーという事態になり、それ以来心臓の薬や血圧計それに血圧を毎日つけるノートに薬や病院の予約表が机の大部分を占領していて、何とかしようと画策しました。手の届く範囲を眺めてみると、キッチンの前の棚

  • ユニットバスのサイズをどう決めるか?

    ユニットバスはとても清掃性良く以前のタイル貼りの浴槽は、広島市でのリフォーム時では、そこを壊すとかなりの確率で、シロアリに食べられています。白アリは水と木がある所以外では生息していないことが多いです。白アリは水分と餌になる木材の両方ある所に生息します。

  • ユニットバスの気流止め方法

    ユニットバスへ取り換えの工事を行っています。今回以前のユニットバスが小さめな1216サイズ(1200mm×1600mm)のものであったため、その大きさのユニット入れるためのスペースを確保するのに、いつも行っている、基礎部分に断熱を貼ると取付のスペースが足りなくなるため

  • アドバン メグ55 洗面脱衣室に取り付けました

    手造りで洗面化粧台造りました。アドバン イタリア製 スロップシンク メグ55 少しお洒落な洗濯予備洗いや雑巾を洗うシンクをそのまま洗面のシンクとしても使えるようにしました。ミラーはネットで楕円形の物を買ってもらって取付しました。狭い洗面脱衣室を広く機能的に

  • 洗濯干し追加して

    洗濯干し追加してとりつけしてきました。洗濯を干す事は日常の生活でとても大切なものです。この建物は 、新築後47年も経過しているものですがこれまでは、使い難い軒天から下がっていた鉄製の洗濯干しでした。アルミ製の縦格子手摺りが設置されていますが、この様なアルミ手

  • 木製玄関ドアのメンテナンス

    2011年に新築させていただき、表面にレッドシダーを張り付けた玄関ドアの塗装の塗り替えをさせていただいています。👈オスモの外部用の塗装施し完成した写真です。綺麗になりました。このお住まいの玄関ドアの上には、オーバーハングの軒天があり、直接雨が掛かる環境ではあ

  • 玄関とドア

    玄関のドアは生活の潤いを与えるものだと思います。写真は47年以上使われていた玄関のアルミドアです。このドアを取り替えるとどうなるのでしょうか? 上の写真のドアを取り換えた写真ですが、見違えるような玄関になりました。最近のドアはデザインも豊富で、またセキ

  • お引越し前にエアコンの移設しました

    お引越しの前に以前使われていた、エアコンを取り外して取り付けました。寒い日が続いているので、エアコンを取り外すのはお引っ越し前日と前々日に行ってもらいました。マキタの埃を吸引するドリルでコンクリートの梁に取付してくれています。引っ越し前には、洗濯干し金具

  • ハニカムサーモスクリーンと日射取得

    私はハニカムサーモスクリーを取付初めて15年ぐらいは過ぎています。最近は断熱レールを使わない施工が増えました。色々と自分で検証をしてみて、断熱レールを使うより使わない施工法で窓の断熱性能があげられることが解りました。その様な体験から断熱レールをつかわず窓に

  • 廊下・トイレ寒い

    今年は寒さが堪える日が多いと思います。日本では廊下やトイレ 脱衣室 お風呂が寒いのを耐えている方も多いと思います。この寒い時期になると近くのホームセンターや家電店では石油ファンヒータが多数並びます。それだけ需要があるという事だと感じています。 築年数の

  • アイアンの表札(ネームプレート)を取り換える

    写真は、以前の持ち主のアイアンの表札(ネームプレート)が壁のサイディングに取り付けられていたものです。アイアンの場合ネームプレートとよぶのがふさわしいか、表札とよぶのがふさわしいか少し迷ってしまいますが、このブログではネームプレートと呼ぶことにします(

  • コンクリート造りの窓改修工事のプロセス

    『足場無しで壊す』新築の木造住宅の断熱性能との差は否めませんが、RC造の内部全面解体して断熱性も窓の性能もアップさせ、それと外部の部分的修理のリフォームしていましたがもう少しで完成です。この写真は解体時のものです。不要な窓は、足場無しで撤去して、防火サイ

  • ネット通販と建築工事

      最近はインターネットで金物やインターホンなどを買ったものを現場で使う事が少し増えています。  出来ればこれまでの販売店から買ってあげたいと考えていますが、履歴は残るし価格は安くて中国製だと分かっても買うこともあります。中国製は出来れば買いたくないのがの

  • 翠町の改修工事防水工事の罠

    昨年の9月ごろから行っている、翠町の小さなビルの改修工事を終盤を迎えています。バルコニーの防水工事を最後に行うように考えていましたが、現在雨漏りはありませんが、ウレタン防水の上によくわからない防水層があることが解りその劣化した防水が下のウレタンと相性の良く

  • 長期優良住宅の2年目点検に行ってきました

    長期優良住宅の2年目の点検をしてきました。私が住まいの点検に行くときは、まず外の基礎回りに蟻道の有無と、基礎廻りの結露の跡、水漏れ後等等の有無を点検します。樋の不備や、外壁のコケカビの跡などの有無も自然と目が行きます。 この家の私の設計のコンセプトにした

  • 排水管の詰まり改修工事終えました

       ライフラインの要の一つ排水管を直す修理終えて 土間コンを打設していただきました。  この建物は過去に何度も汚水の詰まりがありその都度私が対応していました。これ迄詰まりを解消する時は夜に出動という事もあり、掃除用にもなるインパートマスも設置してもらったの

  • 俺の引戸

    私はドアや引き戸では出来るだけ枠の少ないシンプルな納まりが好きです。好んでアウトセット建具を採用しています。今回も変則のアウトセット引戸を考えて造ってもらいました。高さの低い3枚引戸と、高さの高い片引き戸を組み合わせしました。高さの高いほうは、仏壇入れになり、高さの

  • 俺の白い建具

    賃貸住宅ですが、木村木工さんで、白い建具を造ってもらってます。賃貸なのにかなり贅沢な建具にしてしまいました。い以前の建物は約50年前にたてられたもので、内装はボロボロでした。思い切ってほぼ全部内部を解体して、造り替えました。当然ですが使える建具は殆どありま

  • 基礎の結露対策

    もう10年以上も前に新築をさせていただいた所からお電話をいただいて、洗濯機から匂いがしているようだという事と、床下で水が漏れているようだという事で訪問してきました。こちらの基礎は床下高床式の床下にしています。床下の点検は実に簡単に侵入できます。メンテナン

  • 3種換気の給気の希釈方

    先週、3種換気で換気を行った現場で、『リビングでソファーに座っているときに冷気を感じると』その冷気の解消の工事をしました。 3種換気では、換気量を0.5回/hを絞る事が必要です。換気量が多いと、給気からの冷気が希釈されず足元に冷気を感じる様になることがあり

  • 爆裂したコンクリートの補修法の一つ

    👈写真は、現在進行中の3階建てのコンクリート造の建物外部の改修工事の写真です。 諸事情あって外部の工事はしないと決めましたが、北側の一面の劣化がひどい事が解って、その部分のみ足場を施工して、劣化を補修する工事を行うことにしました。 出隅個所ですが爆裂してい

  • 直すということは??

    僕は古いものを直すのが案外好きなようです。頼める下請け業者さんがいないので、自分自身や当社の社員さんとの共同作業でそれにあたっています。私のブログの記事内の検索に錆と検索していただくと、色々と直した例はご覧いただけると思います。写真はご近所のスチール製の

  • 重い石と格闘

    昨年から工事中の現場です。以前現調に行ったときに発見しましたが、隣地との境目に石が置いてありました。いつか引っ張り出して処分しなければと思っていましたが、新年早々ですが、力持ちそうな左官さんが来られた時に息子と2人で力を合わせて引っ張りだしました。い石の

  • コンクリート造の結露させない施工法

    現在結構築年数の経っている3階建てのコンクリート造りの建物の改修工事を行っています。この建物は断熱材は最上階のスラブ下に25ミリの押出成形版が打ち込みされているだけで壁も床も断熱施工はありませんでしたが、今回壁はグラスウール60mmで断熱施工しています。ス

  • 棚とハンガー洋服掛け

    洋服掛けと棚どちらも大切なものです。👈洋服は戸のある収納に入れる場合もありますが、案外と戸の無い棚の下にハンガーパイプだけという見える収納が便利よく収納出来て洋服も見える方が良いように感じます。今回のブログは私が昨年製作させていただいた、棚とその下に設け

  • 羽子板ボルトの結露について

    一昨日、床下エアコンや換気の使い方の指導と確認にお邪魔してきました。その時に階間部の羽子板ボルトの結露の有無も確認してきました。 ネット検索をすると、羽子板ボルトの外側にウレタンを吹くことが必要だという記事を拝見しますが、私はもう3年以上前からそれを行わ

  • 3種換気のコールドドラフト

    断熱・気密性能の低い家は、隙間が多いので換気の重要性はさほど求められませんが、断熱性・気密性の良い家を創ると、換気で室内の空気をコントロールすることが求められるようになります。寒さ暑さを防ぐ根本は断熱性能や窓の性能になりそれプラス重要なのは通気層という

  • 俺の建具枠

    私はどちらかといえばドアよりも引き戸を好む傾向があります。今回の現場では10ヶ所は引き戸 ドアは2か所だけで、あとの建具は全て引き戸にしました。引き戸には、下で建具を支える下荷重式と上で建具を支える上荷重式と両方を併用する上下荷重式(私が勝手につけた名ですが

  • 床下エアコンを使って10年越えの先輩の暮らし

    写真は、高さのある基礎に床下エアコンを設置させていただいて10年以上経っている高断熱・高気密住宅です。広島市より標高の高い寒い地域に立つ40坪弱の少し大き目なお住まいです。これまでも、ダクトで一階の空気の循環を試みた経緯もあり、私の尊敬するK先生に訪問いただき

  • 今年もあと少しになりました

    一年の過ぎるのはとても速いです。もうすでに人生の大半を楽しんだ私ですが、私に振り回されたと思う人もいると思います。ある面好きな事をさせていただいたとは思います。 父を早くに無くし母に育てられましたが、大学を卒業時には大学のレスリング部の監督には、あと一

  • DIY タッカーの使い方

    孫からプレゼントされた印鑑入れを、私が毎日飲む薬入れを兼用するものにしました。 今は印鑑も入れて小さなはさみの付いたキャンプで使うマルチツールなども一番下にガラスメッシュを張り込んで入れています。それを薬入れに改造して組み立てた時に、J線のタッカーを使い

  • 住宅用火災警報器

    パナソニックさんのワイヤレスのけむり当番という住宅用火災警報器の電池切れが音声コールされ、その電池の取り換えを依頼され 家電店に買いに行きましがが店頭には無く注文依頼しました。その注文していたものが来たと携帯電話に連絡があり取り換えに行ってきました。

  • 我々建設業の仕事ってなんだろう?

    私はこれまで、モノづくりの立場で、建設を生業にしてきたと思います。特に住まいの高断熱化というより、寒さの無い家造りを目指してきました。それは新築でもリフォームでも出来るだけ理想に近づける様に常に何らかのアイデアを出すようにしてきました。そういう事から、空

  • 孫のプレゼントを

    孫のすーちゃんが我々に作ってくれたハンコ入れです。広島に来前落として壊れていたので、一緒に直しました。素朴で綺麗な色でしょ!その直した時のブログです。 今回ハンコいれの新たな使用法が私の頭の中に降臨してきて変身させることにしましたが、さてさてこれを何に

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、きぬさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
きぬさんさん
ブログタイトル
快適な暮らし応援隊
フォロー
快適な暮らし応援隊

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用