chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
フォロー
住所
笠間市
出身
神山町
ブログ村参加

2008/07/05

1件〜100件

  • 8月15日に

    ものごころつくころからこの日は特別の日であった。きょうの東京新聞茨城版から。敬愛するお...

  • 台風一過

    近海で発生した素性が少し珍しい台風なのでどのように発達してどちらに進むのか興味と共に少しの...

  • 盂蘭盆会

    ことしも同じように父母の墓に行き掃除をして花をあげて、線香を焚いた。母は昨日が誕生日で生...

  • 姐さん、お務めご苦労さんでした

    あの時代の私たちが愛した任侠映画のセリフが出てきた。朝から強風で時々雨、来るべき台風の予...

  • 暑いが窯を焚く

    この画像は火を入れる前の昨日午後5時頃。それから焚き続けてきょうの午前11時に本焼きは終...

  • レンゲショウマの咲く庭から

    暑い盛りに咲くが確実に涼を届けてくれる花。きょうの仕事は釉薬掛け。それも、終えると5時...

  • 夏野菜

    庭の隅には夏の野菜の恵みがある。植えたままで手入れは何もしない。大きくなった実や頃合いの...

  • 待っていた夕立

    きょうも朝から暑い。午後4時の頃の空。待っていた夕立。雷も鳴り激しい雨となったが、それ...

  • 4回目の予防接種

    信じられない暑い一日となっている。高温にて湿度も高い。 新型コロナウイルス感染症ワクチ...

  • 暑中お見舞い申し上げます

    きょうで7月も終わり、あすは8月。それにふさわしい、暑い日だった。午後3時には夕立があり...

  • 私の水上紀行

    目的地は群馬県は水上温泉のさらに奥の寶川沿いにある山の中の寶川温泉。暑さと人との関りを少...

  • 真夏の朝の花

    高温と激しい天候の毎日でこれが真夏なのかという実感ばかりが続いている。それだけで消耗してし...

  • 雨が降ってほしい

    蒸し暑い日が続くが北関東の当地にはまとまった降雨はない。そんな日がずいぶん続いている。...

  • 後期高齢者初日

    私の生年月日は昭和22年7月22日。数字の並びを見ると、調子がよく幸運な日の誕生のようだ...

  • パルタイ 倉橋由美子

    もう50年近く前、私はこんな持ち物で徘徊していた。倉橋由美子著「パルタイ」1975年第1...

  • メド―セージのはびこる庭から

    ブラジル辺りが原産地の園芸植物で、昔からある赤いサルビアと同じ仲間でシソ科。一見涼しそう...

  • 美しい生き方

    6月5日付の赤旗日曜版には女優岸恵子が掲載されていた。かなり高齢なのにこの美しさに感動し...

  • ムクゲの咲く庭から

    木槿こんな字が漢字としてあてられている。純白の花もよいが、血の一滴が垂らされたような感じ...

  • キノコが出てきた

    雨が続き、ここのところの涼しさにキノコ発生にはいい条件が整ったらしい。そういえば、チタケ...

  • ノリウツギの咲く庭から

    アジサイの仲間に分類されているが樹高は4メートル以上になりとても大きなヤマアジサイという感...

  • ヤマユリの咲く工房から

    ヤマユリが一輪、一輪と咲き始めた。天気は梅雨が戻ってきたような一日だったが、その下で夏...

  • ノウゼンカズラの咲く庭で

    夏空で暑い日ではあったが強い風が吹き体感的には耐えうる午後ではあった。草刈りと庭木のの手...

  • 第13回オープン・アトリエ陶の里

    ことしは開催をしたい。昨年と同じように夏なってじわじわと感染が広がっている。 第13...

  • ギンバイカの咲く庭で

    今までは雨の中で咲く花の印象が強かったが、夏空の青空の下で満開の時期となった。日本名...

  • トケイソウの実

    沖縄から届いたトケイソウの実とバナナ。トケイソウは若い頃暮らした屋久島には立木に絡まり半...

  • 山ではこんな花が咲いていた

    午後2時過ぎ雷雨、強風で嵐のような天気がしばらく続いた。とにかく激しい。雹まで降った。奥...

  • シウリザクラで終わり

    先月30日の日光白根山から。標高2000メートルの林ではシウリザクラが咲いていた。初めて...

  • 6月末日はこんなところで目覚めた

    群馬県片品村は丸沼温泉環湖荘。55年前は丸沼温泉ホテルといい、山の湖畔の宿でここが経営す...

  • きょうも真夏であった

    きょうは雷雲もなく晴れ渡り息苦しいほどの暑さだった。変に空気も乾いていていくらでも洗濯物...

  • あまりにも早い梅雨明け

    わが関東地方も梅雨明けとなってしまった。こんなにも早く、記録的では済まされない。これから...

  • 目の眩むような夏空

    群馬県伊勢崎市の気温は40℃になり、6月の最高気温の記録を更新したことが伝えられていた。...

  • ナツツバキの咲く庭から

    暑い一日だった。午後は夏らしい青空となり、いつの間にか本格的な夏となってしまった。こん...

  • 梅雨空と赤い花

    わが庭から。ベルガモットモナルダというハーブとして売られていたもののようで、この地に合う...

  • 左川ちか全集を読み続けた

    高湿度と高温でおとといから体調がとても悪い。休息が必要だと判断をして静かにむかしむかし夭...

  • 酒のプレゼント

    同居中の息子が少し早いが父の日のためのプレゼントとしてくれた。酒好きの私にはこれ以上はな...

  • 6月の実り

    キイチゴと桑の実。そして、ジャガイモ。花も咲いたので収穫は近い。...

  • きょうは樺美智子さんの命日

    昭和の時代には大きな政治闘争があった。その中でも特にこれだけは今の現状を考える上に思考と...

  • 久しぶりに青空

    午後3時過ぎ激しい雨が降りそれが上がるとこんな青空となった。梅雨が明けたのかと思うような...

  • わが庭の花から

    空は低い梅雨空。わが庭の6月の花。咲き始めたホタルブクロ。 咲き始めたヤマアジサ...

  • 炭鉱に生きる

    すごい本だった。画文集 炭鉱(ヤマ)に生きる 地の底の人生記録山本作兵衛著講談社+α...

  • キョウカノコの咲く庭から

    曇り空、そして短時間だが陽射しが何回かあり、曇り空。そんな一日、風の寺子屋開催で、それで...

  • 肺炎球菌予防接種をした

    記憶のために残しておきたい。生きながらえば5年後には接種が必要だということが説明された。...

  • 梅雨入り

    関東地方の梅雨入りが報道されていた。朝から夜まで強い雨が降り続いた。そして15℃ぐらいで...

  • きょうの買い物

    6月だというのに冷え冷えとして空は低い。気分転換にこれからが美味しくなる鮎の炊き込みご飯...

  • 石牟礼道子さんのことが記事になっていた朝

    きょうの東京新聞の記事から。それを読んでいてこんな歌がどこからともなく私にやってきた。...

  • ノイバラの咲く庭で

    樹勢旺盛でたくさんの花を着けている。花が終わると強く剪定をして領分を守ってもらう。しか...

  • 5月は終わり

    忙しかった5月は終わった。そして少し疲れた。昨夜からの雨が降り続く朝。友の遺作展に行く...

  • 日光東照宮にて

    昨日の父母の法事も無事に終えて、親族と共に日光市で父母を偲ぶささやかな宴会となった。きょ...

  • 前橋汀子のコンサートに

    きのうの嵐もどこかへ行き朝から快晴で気持ちの良い日。工房から空を見る。そして、フランスギク...

  • 初夏の嵐

    昼過ぎまで暴風雨の天気だった。外の天気には影響されずに、夕方には陶芸講習会で終えた。こ...

  • バラの日々

    バラの咲くころとなった。いま、私はバラ作りはしない。バラを育てて咲かせることの大変さの経...

  • シイタケの栽培に

    時期的に少し遅くなったが、意を決してシイタケ菌の植菌をした。暑いので休みながらではあった...

  • ヒナゲシの咲くころ

    出先にて。通り合わせた牛飼の方の広い庭には一面に真っ赤のヒナゲシが咲いていた。またまた...

  • カタバミが咲いていた

    ずいぶん前から庭の片隅にこの時期には花を着けている。園芸用に持ち込まれた外来植物のようだ...

  • ヤマザクラのハチミツ

    きょうの東京新聞茨城版には、山一面のヤマザクラからハチに運ばせて採取したハチミツのことが記...

  • 夏野菜の植え付け

    午前中は事業復活支援金の申請作業で、それを終えた。午後は夏野菜の植え付けをした。いつも...

  • アスパラガスのよい頃となった

    売り切れで手に入れるのに少し苦労するホワイトアスパラガスを予約できたのでもらい受けに行く。...

  • 寒さに悩まされる日

    朝から夜まで雨。気温は12℃~13℃であったようだ。気温差の激しい毎日だが、今夜はストー...

  • ヒトツバタゴの花に会いに行く

    栃木県大田原市黒羽町のお宅にある花を観るために朝早く行き、正午には帰宅をした。偶然満開の...

  • トウオガタマの咲く庭

    昨日に続ききょうも夕方まで風の寺子屋陶芸塾を開催していた。コロナ禍でずいぶん長いこと休講...

  • ヒトツバタゴが咲いていた

    たまたま通り合わせた光景から。益子町のお宅の庭に咲いていた。夕陽の中に見事な花だった。...

  • 雪が見たくなり山を彷徨

    谷川岳から奥日光白根山に。谷川岳のふもとで目が覚めた。 上州武尊山。天気もよく...

  • 風の窯工房の庭から

    ツクバネウツギが咲き始めた。いよいよウツギの頃となった。夏は来ぬ。 そして春の名残...

  • 忘れられない藤圭子

    きょうの東京新聞にはこんな記事があった。藤圭子と浅川マキは私にはとても大切な人なのだ...

  • わが庭の花から

    朝から陶炎祭会場のブースの搬出作業が夕方までの仕事。その合間に初夏の花を観る。 ハク...

  • 陶炎祭は最終日

    昨日は疲れてブログの記事までは手が廻らずに早寝をした。睡眠は充分のはずだが朝の身体が重い...

  • 陶炎祭は五日目となる

    朝から近くの駐車場は満車になっていた。わがブースにもたくさんの方をお迎えした。忙しい時...

  • 初夏に戻った陶炎祭会場

    快適な皐月晴の一日だった。旧知の方や初めての若いお客様をお迎えした。いい初夏の一日だった...

  • 昼からは本降りとなる

    気温は低く冬のものを着用して店番をした。そんな中、旧知の方をたくさんお迎えすることだでき...

  • 陶炎祭は二日目を迎えた

    昨日の強い雨が去り朝から清涼な青酢らの天気となりたくさんのお客様をお迎えした。40年来の...

  • 陶炎祭の初日

    朝からたくさんの方に来ていただいた。広島県在住のわが生地徳島県神山町の同郷の方も来てくれ...

  • 陶炎祭の準備で一日中

    昼食に帰り道できれいな花にめぐりあった。...

  • 名残のサクラ

    わが庭から見られるサクラ花はこれがお終い。季節は巡る。終日、迫ってきた陶炎祭の準備で...

  • わが庭に咲いた小さな花々

    ラショウモンカズラが消えてしまい少しさびしが花は次々と。 スミレ科スミレこれを、マンジ...

  • 陶炎祭の準備

    ブースへの展示台など内装品の搬入できょうはお終い。第41回「笠間の陶炎祭」     会...

  • 新緑の風の窯より

    ゆるゆると陶炎祭の準備が一日中。イヌザクラがいい花を着けている。ヤマザクラの後はこれを見...

  • 陶炎祭(ひまつり)の準備の日々

    昨日は出展工房全員で会場の設営作業が行われて参加をした。久しく会っていない人とも、ご挨拶...

  • 気温は低い

    朝は晴れてはいたが、冷たい風も吹き出し寒い午後だった。きのうに続き石油ストーブを焚き、制...

  • 陶炎祭の頃

    ことしも出展します。コロナ対策万全での開催となるので、かなりの規制とさらなる負担が私たち...

  • きょうはヤマザクラ

    朝のわが家の背後に咲くヤマザクラ。屋根を覆う大木。 隣町は栃木県茂木町の古木。枝の広...

  • サクラの記憶

    8日に行ったいわき市勿来の田神社のヤマザクラの大木。由緒のありそうな神社でスギの大木の中...

  • きょうのサクラから

    福島県南部を移動しながら限られた時間にサクラとの邂逅に感謝しながら疲れを知らない子どものよ...

  • 春の花が咲く庭で

    サクラは少し休載。風の窯の庭に咲く春の花々をお届けしたい。快晴無風、春爛漫の大気の感じ...

  • 大桜と邂逅

    所用で移動中に山中にただならぬ花影を見たので車を降りてそれに向かって歩く。ゆるい坂を上る...

  • きょうのサクラ

    まだまだ咲いてくれている。今朝が一番美しい。そして気温も高い。サクラ日和。 ...

  • ヤマザクラ

    大木でありました。  ...

  • サクラに雨が降りそそぐ

    気温は上がらずに雨降りの寒い一日だった。...

  • きょうのサクラ花

    所用で行った茨城県常陸太田市のお宅の窓から。ソメイヨシノは満開まではもう少し。ことしは遅...

  • 激しい春

    春の嵐ではなく、気温差の激しい日が続いている。朝は雨、午後には晴れてはきたが気温は10℃...

  • サクラ、さくら、桜花

    待たされたサクラの花。昨年が早すぎたのか。やはり一番はここに駆け付けた。個人のお宅なの...

  • 風の窯から

    今年の春の花は遅いようだ。昨年の記憶を追うと10日ほど遅いようだ。ハクモクレンが散り始め...

  • もうサクラしかない

    おもしろい話が新聞に載っていた。専門家のお話しなので、本当に新種なら雪のような花を観賞し...

  • 引出物の受注

    久しぶりの桐箱付きの仕事をいただいた。おかげさまで忙しい3月となった。サクラを見逃さな...

  • 花裂ける、廃絵逆めぐり

    「福山知佐子画集」を読む。というよりも、繊細にして私の感性に鋭く深く突き刺さるような彼女の...

  • 春の女神

    カタクリが咲いた。雪が降り氷点下の朝が続き白い花は霜焼けで茶色となり腐ってゆく。満...

  • 窓の外は雪

    春の雪が降っている。彼岸も過ぎたのに真冬の気温となり朝9時だが雪が降っている。暑いような...

  • お彼岸

    やっと春になった。そんなことが実感できる寒く厳しい冬だった。昨日は父母の墓参り。その足で...

  • 冬に戻った日だった

    朝から気温は上がらずに粉のような雨が降っていた。寒くて暗くてやりきれない気持ちになる。...

  • 春の夜の地震

    昨日の深夜に大きな揺れに見舞われた。当地の震度は気象庁によると5弱であったが、体感的には...

  • こんやも「三岳」で

    屋久島産の焼酎「三岳」。生産量にも限界があり、焼酎ブームと世界遺産の屋久島ブームもあり...

ブログリーダー」を活用して、風さんをフォローしませんか?

ハンドル名
風さん
ブログタイトル
風だより
フォロー
風だより

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用