searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

カムC空次郎さんのプロフィール

住所
伊達市
出身
喜多方市

喜多方ラーメン、福島のラーメン日本酒、文学、ビジネス書、温泉、登山などの感想を書いています。

ブログタイトル
新・カムC空次郎の俺が思ったこと
ブログURL
http://kamc.blog97.fc2.com/
ブログ紹介文
福島のB級グルメ王に俺はなる!
更新頻度(1年)

357回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2007/10/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カムC空次郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
カムC空次郎さん
ブログタイトル
新・カムC空次郎の俺が思ったこと
更新頻度
357回 / 365日(平均6.8回/週)
読者になる
新・カムC空次郎の俺が思ったこと

カムC空次郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 行くぜ朝ラー! 仙台市 伊藤商店

      会津ラーメンの「伊藤商店」である。会津は芦ノ牧、牛乳屋食堂で修行した起業家が多店舗展開したチェーン店と思われる。 曽我ものなのか、正しい加水なモチモチした麺である。スープも澄んでいて、それは会津ラーメンなのである。      その朝は、なんか会津の風が吹いてるなー。って思おう朝なのであった。。...

  • 行くぜ夜ラー! 仙台市 田中そば商店

     久しぶりの「田中そば商店」である。それは喜多方ラーメンをモチーフにしたラーメン 店なのである。  が、ポンコツな喜多方ラーメン店より旨い。澄んだスープ、柔らかいチャーシュー、加水が低い喜多方風な、なんちゃってな麺。  が旨い!その一言である。それは何度となく猛暑な日々に助けられた一杯なのであった。。...

  • 全国大衆酒場を巡る会 美食倶楽部 その弐

     和食を終えての「全国大衆酒場を巡る会 美食倶楽部」はイタリアンである。  若者のがワチャワチャしているチェーン店などには行かない。大人がしっとりとワインが飲める店へと行くのである。   定番のアラカルトを頼みワインと合わせる。美食倶楽部の部長もご満悦である。美味い!  そしてピザである。チーズが盛られたモッツァレラピザにタバスコオイルとメープルシロップを掛ける。これが実にグレイトなのである。  ...

  • 行くぜ酒場! 「全国大衆酒場を巡る会 美食倶楽部」の会合、その壱

       体のメンテナンスのために仙台へと向かう事にする。その日の夜に「全国大衆酒場を巡る会 美食倶楽部」の会合に参加するのである。   若者のがワチャワチャしている店などには行かない。大人がしっとりと飲める店に出向くのである。 ここは美食倶楽部の部長が好みの店であり、入店時にはアルコール消毒、検温をしっかりする酒場なのである。   つる紫のお通しや海蘊酢で日本酒で流す。うーん、渋い、大人で...

  • 行くぜラーメン! 郡山市 郡山駅前らーめん 角麺

      何気に暑いので、昼飯は「つけ麺」とするのである。これが、何気に美味いのである。これありだな。って思う昼メシなのである。  ブシ系なポタージュでもなく、スッキリした醤油系のサッパリタイプなのである。何気に、意外とうめーな。って思う昼なのであった。。...

  • 行くぜラーメン! 福島市 丸信!駅前店!

      福島経済界のバロメーターである。とある情報筋の話では、丸信が閉店した時に福島経済界は崩壊するとの事である。  この日も営業をしていた。まだ福島経済界は大丈夫のようである。塩から醤油に変わる謎のスープ。それは、福島経済界のリトマス試験紙なのであった。。...

  • 喜多方の冷やし中華論2020 郡山市 あさくさ

     小学一年生の時に四国は松山から喜多方へと引っ越して来た。その夏に食べた喜多方の冷やし中華ほど忘れ得ぬ味はない。 喜多方のモチモチした多加水麺に錦糸玉子、ハムにキュウリと酸味の効いたスープ。それは異次元の食べ物であった。  ロクなモノしか喰わされなかった少年時代。その味に出会ってから冷やし中華を求め続ける人生の旅が始まるのである。 冷やし中華の発祥地は神田神保町の揚子江菜館(今度いく)とも仙台市青...

  • さらば、まっさぁん先輩!

      さらば、まっさぁん先輩!あのギラギラした時代を共に過ごした仲である。各チャネルが目標達成のためにギラギラしていた時代の話である。  とある物件が事故となり急死状態である。なんとか同期に助けてもらい生き延びる事になる。それは急死に一生である。   生き延びたので、タダでは起きられねーなーと思いながら、ピンチをチャンスに変える作戦を決行する。 それにより大量受注を取り付ける。その際に、まっさぁん先...

  • さらばジャガイモ!

     さらばジャガイモ!4年間にわたり共に仕事し苦労を共にした。とある案件では血反吐を吐く思いの日々であった。   その長いトンネルは、いつ光が見えるか解らない案件であり、いくつもの悪路を乗り越えては、なんとか出口を向かえる事になる音である。   そんな悪路な道のりでの、俺のメチャぶりを涼しい顔で受け止めてくれては、涼しい顔でこなしてくれたジャガイモ!   色々あったけど、感謝しているなーと...

  • 行くぜサラメシ! 福島市 中華蕎麦 こばや

     元上司で、現大学教授の師匠との打ち合わせである。その前に「こばや」の、つけ麺などを喰らってみる事にする。 いつもは煮干し中華であるが、この日は暑かったので、つけ麺を頼んでみる事にするのである。  綺麗な太麺が美味い、小麦の素材を生かし切った、つけ麺なのである。が、元部下のジャガイモが言うように、中華蕎麦のレベルの方が上だなって、思うサラメシなのであった。。  ...

  • 行くぜ酒場! 福島市 一品料理 さち

        金曜日である。一週間の仕事を終えてのオフである。旧知のフォトグラファーとの二次会である。 久しぶりに早稲町にある「さち」へと足を運ぶ事にする。ここもプライスレスである、かあちゃんが、勝手にアテをカウンターに並べるのである。   昔、一緒に仕事をした福島市の商店街の若旦那から教えてもらった店であり、年に数回ばかし訪れる店なのである。 が、顔をしっかり覚えてもらっており、店に入るとよ...

  • 行くぜ酒場! 福島市 だいじょうぶ

     金曜日である。一週間の仕事を終えてのオフである。旧知のフォトグラファーとビールを飲みながら昔話ををするのである。 会津若松という街で出会い、ヤンチャをしながら若い時を共に過ごした。詳しくは話せないが、今なら犯罪レベルのヤンチャぶりである。  懐かしい風を感じながらビールを飲む、そして焼き鳥を喰らう。あの頃の街には無類とか刹那と言った風が吹いていた。 懐かしいなー、と思いながら語りあう金曜日なので...

  • 第25回目の大森山での花のない花見

      第25回目の大森山での花見となる。カミさんと二人で始めた花見も、一時は一族郎党での大宴会であったが、今では元に戻り二人での花見となる。  コロナ禍で花咲く時期を逃しては、花がない大森山での花見とする。新相棒のハスラー君と大森山へと出かける事にするのである、  焼き鳥をスーパーから買って焼いてみる。いまいち。こりゃダメだなって諦める事になる。  予め買っていた、ピザとパスタがその窮地を救ってくれる...

  • 料理が好き!ただそれだけ!

       週末に料理を作る。料理が好きなのである。レシピなどない、あるのはイメージしたゴールだけである。 が、何気に旨いのである。料理とはアートであり、クリエイティブなものである。ただ、それだけである。...

  • 行くぜサラメシ! 郡山市 NOODLE CAFE SAMURAI

     休日出勤のサラメシである。平日はバタバタしているので、ひとり考える時間として週末の休日出勤を利用するのである。 腹が減ったので、昼飯などとするのである。斬新的なラーメンを出す「SAMURAI」にて白河ブラックを頼む事にするのである。 旨い。旨いが、白河ブラックは若い。枯れた郡山ブラックの勝ちだな。って思うのであった。。...

  • 行くぜサラメシ! 郡山市 ラーメン 升はん

     休日出勤のサラメシである。平日はバタバタしているので、ひとり考える時間として週末の休日出勤を利用するのである。 腹が減ったので、昼飯などとするのである。郡山ブラックの「升はん」にてチャーハンセットを頼む事にするのである。 それは鉄板な旨さである。シンプルながら奥が深い郡山ブラックに敬意を表する一杯なのであった。。...

  • N先輩と夜のピクニック!

     N先輩は倹約家である。歩行アプリをスマホに入れては、一日数円稼いでいる。 その先輩が係長として会津若松に赴任した際に若手で社宅を訪れるのである。1ヶ月分のビールを箱で買い、毎日一本づつ飲んでは、しっかりと貯金していたのである。 が、今や部長や課長になったヤンチャな若手達は一晩でそのビール一箱を飲み干すのである。N係長はショックから失禁するのである。 今でもN先輩は恨んでいるようである。が、時々に食堂...

  • 行くぜサラメシ! 第一回郡山の弁当大会

       コロナ禍である。なので市場で頑張る人々を少しでも支援しようと弁当を購入する昼メシである。   「だるま」のチョー人気弁当やステーキ弁当、カツ丼などを探し歩く日々である。  だるまの弁当はリーズナブル!カツ丼はチョーボリューミー!ステーキ丼が旨い!  ニラレバ炒め弁当がナイス!ピボットのカツ丼にはお茶が付く!バーのカレーはオシャレである。   それでは、カムC空次郎が勝手に決める、郡山第一...

  • 行くぜサラメシ! 郡山市 あすか

     部下達が実に良い仕事をしたので、昼メシなどを奢る事にするのである。 昼の散歩で見つけた気になる店へと部下達を誘導する。「あすか」なる寿司屋のランチがリーズナブルなるのである。  盛られたランチがナイスである。これで1000円(税抜き)のランチはアリだな。って思うサラメシなのであった。。 ...

  • 行くぜサラメシ! 郡山市 新月

     五番弟子とのランチである。コロナ禍でなければ歓迎会をするのである。が、コロナ禍である。 なので、五番弟子達と新月へのランチへと向かう事にするのである。  ここは高級寿司屋でありながら、ランチが実にリーズナブルな店なのである。 そして海鮮丼を頼む事にする。旨い、それは寿司職人による、実に丁寧な仕事をするランチなのである。  が、五番弟子は魚介類が苦手らしいのである。独りよがりで悪かったなー。 と...

  • 行くぜサラメシ! 福島市 ふくや

     とある事情により、福島への日帰り出張が多いのである。。  福島での仕事を終えては郡山へと移動する。その合間のサラメシなのである。  ずーっと、気になっていた「ふくや」にて「ラー油のそば」を喰らう事にする。ここは夜も昼も旨いのである。  ここは「ラー油のそば」を喰らう流儀があるらしいのである。まずはノーマルで喰らう。旨い!  そして天カスや黒胡椒をラー油のタレに入れ喰らう事にする。旨い!そして生卵を麺...

  • 行くぜ夜ラー! 福島市 がんこおやじ 支那そば 一本

     朝ラーがあるなら、夜ラーがあっても良い。っかあるけど。定番のマイブームが「がんこおやじ 支那そば 一本」である。  チャーシュー、海苔、茹で玉子、ナルト、ネギ、メンマ、そして澄んだスープと加水高めの細麺がグレイトである。 なんか、ラーメンが御馳走な時代のラーメンを彷彿させる一杯なのであった。。   ...

  • 行くぜ夜ラー! 福島市 砂馬 置賜町分店

     朝ラーがあるなら、夜ラーがあっても良い。っかあるけど。最近のマイブームが「砂馬 置賜町分店」の辛い豚骨ラーメンである。 これが纏まりが良く、実にナイスなのである。バランスがいいなー。って思う一杯なのであった。。...

  • 本当に、ありがとう、ウィッシュ君!

     平成15年に出会い、14万キロを伴にし、13千円で次の人生に旅立ったウィッシュ君。  13千円を散財したらウィッシュ君に申し訳ない。ので一族郎党で「うなぎ」などを喰らいに行く事にするのである。  そして更に10%のリターンを得るために応援券を購入する事にする。チコちゃんじゃないが、ボーっと生きてる時代ではないのである。  タダのうなぎは実に美味い。柔らかなうなぎ、ナイスなタレ、お吸い物と箸休め、それは実...

  • 「7日間カバーチャレンジ」ふたたび@2

     加藤文太郎という山屋の人生の話である。愛する人に出会いながらも、ひとり山に登り続け、山で最後を遂げる人生である。 それは山岳小説の最高峰であり、人生とは何かと考えさせる一冊なのである。 またチョモとデンジとダッチ親方と山に行きてーな。と思うこの頃なのであった。。...

  • 行くぜ酒場! 福島市 寿々喜

      雨ふる金曜日の二次会である。1週間の仕事を終えてのオフなのである。コロナ禍で店は大丈夫なのかーと心配していたが、しっかりと生き残っていた。   ここはプライスレスな店であり、大皿に盛られたアテを好き勝手につまむスタイルである。 手作りの美味いツマミをビールで流す事にする。酒場での相棒との今後の生き方的な話が実に面白いのである。  女将達がどんどんアテを進めてくる。ボトルもキープした。これで一人30...

  • 行くぜ酒場! 福島市 ふくや

      雨ふる金曜日である。1週間の仕事を終えてのオフなのである。190円のビールを飲みながら情報交換をする。  日曜ドラマ「半沢直樹」が面白い。組織と戦う主人公の武器が同期との情報交換である。 組織とは全く戦わないが、同期との情報交換が面白い。不動産、投資、資産形成などなど、の話が面白いのである。  お通し、ビール二杯とハイボール一杯、串焼き4本を喰らって、一人1800円の安さである。また俺の引き出しが増え...

  • 「7日間カバーチャレンジ」ふたたび@1

     王者のキリンビールが、アサヒビールのスパードライにより王者から陥落する。それは歴史的な逆転劇なのである。 が、ジリ貧のキリンビールの高知市店長が現場を鼓舞しマーケチングと戦略により復活する話である。 それはクリエイティブで、ナイスでグレイトではノンフィクションである。現場って凄いなー。って思わせる新書なのであった。。...

  • 行くぜサラメシ! 本宮市 金丸本店

      トラブルも完璧に治った。顧客に説明をしては部下との昼飯なのである。 今回は本宮市にある「金丸本店」にて鶏の塩ラーメンを喰らう事にする。  塩ラーメンも旨い。が、醤油の鶏中華に豚のチャーシュー麺がベストマッチかも知れない。 そして自席に座って画面をクリックする、どうでも良い日常に戻るのかー。と頭が痛くなるのであった。。 ...

  • 行くぜサラメシ! 地鶏中華そば さやま

       トラブルも治った。(と、思ったが)この時点ではトラブルも治ったので、元相棒と四番弟子と昼飯とするのである。 二本松市の「地鶏中華そば さやま」にて昼飯を喰らう事にする。 澄んだスープの中華そばが旨いのである。元相棒に奢ってもらった昼飯である。(ありがとうございます。) しかし自席に座って画面をクリックする、まったくクリエイティブじゃない仕事より、よっぽど、いい仕事をしているなーと思う昼飯なので...

カテゴリー一覧
商用