chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
yusei
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2006/10/20

1件〜100件

  • 設計事例63「大泉の家」

    建て主さんご家族と棟梁がすっかり仲良くなった現場でした。やはり、住宅は、「誰のために造っているのか?」「誰が造ってくれているのか?」がお互いにわかる、顔の見える家づくりが、本当の安心に繋がり、良質な建物を造ることに繋がるということを改めて実感いたしました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 新規設計監理契約「SC107」

    建て主のMさんは、子育て仲間。22年前、児童館でお会いしたのが最初。お会いした最初の日のことをよく覚えています。 当時、イクメンという言葉もない時代。平日の午前中、児童館に男性が来るというのも、職員さんによると、開館以来、初めてだったそう。 不思議に思ったMさんは、「育休ですか?」と私に聞かれたのですが、私は、「一級ですか?」と聞かれたと勘違い。(そんなこと聞かれるわけがないのに。)「はい、一級建築士です。」とトンチンカンな返答をしてしまいました。笑 それから、22年。まさか、一級建築士として、設計契約を結ばせて頂く日が来るとは。人生、どう繋がるかわからないものですね。 アトリエ橙ホームページ…

  • メディア掲載情報「東京で家を建てる」10月号

    不定期で記事監修をさせて頂いているSUUMO東京の注文住宅「東京で家を建てる」。今回は、「建てる前に知っておきたい!家づくり法律相談所」特集。税理士さん、弁護士さんと共に、一級建築士という立場で、監修させて頂きました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 建築家仲間・礒さんの建築展

    昨日は、スタッフ、バイトさん、教え子くんを連れて、「礒健介の建築展–さりげなくただ在るように」へ。 礒さんの建築は、タイトルにもあるように、さりげなさの中に、豊かさを感じる設計です。とても共感します。完成度の高い建物からは、依頼主との信頼関係がうかがい知れます。また、作風を確立しつつも、多様な引き出しを持ち合わせていらっしゃいます。 まだ30代の建築家。これから、飛躍的に活躍されるのではないかと期待しています。今のうちに、仲良くしておこうというのが私の魂胆です。笑 スタッフさんもよく知っているので、事務所ぐるみのお付き合いが出来そうです。来月は、うちの事務所に遊びに来てくださいます。 礒建築設…

  • 続・老後対策

    早めの老後対策として、西武ライオンズファンになった私たち夫婦。 (関連記事・今日からライオンズファン) お揃いのユニフォームを着て、早くも、2回目の観戦に出掛けてきました。この日は、内海投手の引退試合。4年前、ジャイアンツからFA選手の見返りとしてライオンズに入団。かつてのエースとしては、少し寂しい移籍でしたが、球団にもファンにも温かく迎え入れられた4年間であったことが、この日の登板を見るだけでもわかりました。 写真は、登板を終えマウンドを降りる内海投手のまわりに外野からも選手が駆け寄ってきた時の様子。鳴りやまない拍手を聞きながら、ちょっと感動。いい球団だ。ライオンズ。試合の方は、残念ながら、…

  • 天気を気にせず洗濯を

    ~今日はスタッフブログの日です~ 三連休中は台風の影響か、東京も急な大雨が多かったですね。 洗濯物を干すチャンスを逃さないように、雨雲レーダーの確認が欠かせません…。 設計をさせて頂く中でも、 浴室で室内干しができる暖房乾燥機付きの換気扇や、 乾燥機の設置もすっかりお馴染みになってきました。 急な天候の変化だけでなく、花粉や排気ガスを気にせず乾かせるのは、 都市型住宅においても大きなメリットです。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」特集その4

    洗面カウンターは、ご要望により、集成材で製作。日常の使い方やメンテナンスに多少、手間は必要ですが、やはり、いいものですね。木と白で構成した洗面所は、温もりと清潔感あふれる空間となりました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • さて、どうしたものか。

    A3のプリンターが壊れました。仕事に支障があるので、すぐに、家電量販店に直行したところ、新製品で1ヵ月半待ちとか3ヵ月待ち、あるいは納期未定、旧製品でも1ヵ月待ち。ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機とまわりましたが、ビジネス向けのプリンターは、どこの店でも、どのメーカーでも状況は同じようです。半導体不足の影響がここまで深刻とは。さて、どうしたものか。仕事にならない。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例62「月島プロジェクト」

    両国プロジェクトに続いて、こちらも、イサムノグチの照明AKARI。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 見積依頼と現地説明

    リノベーションの見積もりを工務店に依頼する時は、現地説明を行います。今日は、「HR101」の現地説明。工務店の他、電気屋さん、設備屋さん、解体屋さんに集まって頂きました。あらかじめ、計画図面はお渡ししていますので、現地と照らし合わせながら、質疑を上げてもらいます。解体してみないとわからないところも多いので、そのあたりの問題点も共有します。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計の第一歩は管理人室から

    これから始まるマンションリノベーション「SC107」、管理人室にマンションの竣工図を閲覧させてもらいに行きました。マンションリノベーションの設計の第一歩は、管理人室から。 管理人さんにご挨拶をして、竣工図面を見させて頂きます。今回は、持ち出し厳禁と書かれていたので、管理人室内で場所を借り、閲覧。意匠図、構造図、電気図、設備図と順番にチェックをし、現況を把握していきます。今後は、これらの情報をもとに、CADで仮の現況図面を作成していきます。ただし、図面と実際は異なることが多いので、仮の現況図面が完成した後、現地の調査に入ります。開口部や柱、梁の各寸法、天井高さ、設備関係をスタッフと3時間程度、か…

  • マンションリノベーション「HR101」実施設計完了

    昨年暮れから進めていたマンションリノベーション「HR101」のプロジェクト。14回の設計打ち合わせを経て、実施設計が完了しました。本日、工務店に図面渡しです。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 読書の秋2022

    〜今日はスタッフブログの日です〜 いつの間にか朝晩涼しくなって、秋の気配がしてきました。 夜寝る前の読書が捗ります。 最近、美学に興味があるので、 関連の専門書を集めています。 美術館にもしばらく足を運んでいないので、 この秋は出来るだけ色んなところに行けたらいいなと思っています。 Miharu

  • マンションリノベーション「MH1202」特集その3

    ▽BEFORE ▽AFTER キッチンは元の位置から90度、移動し、回遊性を持たせました。PS(パイプシャフト)の位置がネックでしたが、排水管も上手く納まり、さらに、換気扇ダクトのルートが1本余っていたので、レンジフードの給気に利用することが出来ました。リノベーションは、解体してみないとわからないところがあるので、上手くいく場合と上手くいかない場合を設計で想定しておくのですが、今回の場合は、全て上手くいく場合の想定で工事を進めることが出来ました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「栄町の家」プラン提案

    昨日は、「栄町の家」プラン提案。子育てに追われる忙しい毎日の中、少しでも、自分の時間や空間が持てて、家族が思い思いに過ごせる暮らしをご提案させて頂きました。ヒアリングを重ねたとはいえ、建て主さんの暮らしを読み間違えていないか、いつも、当日はドキドキですが・・・。 「言ってなかったと思うのですが、玄関からダイニングへの動線とか、リビングの段差とか、キッチンのハイカウンターとか、こうだったらいいなぁと思っていたことが計画されています。やっぱり、こういう暮らしが好きなんだなぁと改めて自分で思いました。」 この1ヵ月間のプレッシャーから解放されて、ひと安心。 【関連記事】 daidaidesign.h…

  • 飽きない仕事

    9月は、実施設計アップの物件、基本設計完了の物件、プレゼンの物件、竣工引渡し物件、これから始まる現況調査物件に加え、非常勤講師の仕事など、なかなかのスケジュールなのですが、不思議と、心に余裕があり、各物件とも順調に進捗し、穏やかな日々を過ごしています。独立したころだったら、そうはいかなかったと思いますが、22年もやっていると、忙しさに慣れるものですね。ただ、忙しさに慣れても、設計という仕事には飽きないのが、この仕事の楽しいところ。1軒1軒、面白さも大変さも異なり、新鮮さを感じます。やはり、天職ですね。来月はだいぶ落ち着くはず。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 自宅以外に好きな場所「ギンレイホール」の閉館

    家づくりのヒアリングの際、「ご自宅以外に、好きな場所、くつろげる場所ってどこかありますか?」という質問をよくさせて頂いています。皆さん、それぞれ、お気に入りのカフェや図書館、河川敷きなど、思い思いの場所を教えて下さいます。 私にとって、そういう場所のひとつが、神楽坂にある映画館「ギンレイホール」です。学生時代から通っています。「キネマの神様」のモデルにもなった映画館です。そのギンレイホールが11月27日をもって閉館するというお知らせが飛び込んできました。何とも残念です。「入居する築63年の銀鈴会館ビルの老朽化に伴い、ビル所有者が建替工事をすることになり、ギンレイホールは立退き移転することになり…

  • 「MH1202」のアクセントタイル

    ~今日はスタッフブログの日です~ 先日お引渡しした「MH1202」にて。テレビボードのアクセントタイルと珪藻土です。陶器質のタイルはひとつひとつ異なる厚みで、間接照明で照らすと陰影がくっきり浮かび上がります。 珪藻土と近い色味ですが、より凹凸があるため左官のテクスチャーに負けないアクセントとなっています。 キッチンの配膳カウンター下にも同じタイルと間接照明を。 リビングと呼応しつつ、非日常的な演出になりました。 このタイルは所長の自邸である「富士見の家」と同じもの。見学会でご覧になられた際にお施主さんが気に入って下さり、リクエスト頂きました。「富士見の家」は私がアトリエ橙に入所して初めて設計か…

  • 設計事例61「両国プロジェクト」

    和モダンの内装には、イサムノグチの照明AKARIがよく似合います。 「暗い部屋に住むことを余儀なくされた我々の先祖は いつしか陰翳のうちに美を発見し やがては美の目的に添うように陰翳を利用するに至った」 陰翳礼賛 谷崎潤一郎 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」特集その2

    設計打ち合わせ中に、「富士見の家」をご見学頂いたご夫婦。リビングのアクセントウォールに使用したタイルを気に入って頂き、同じタイルを今回もリビングに採用。我が家にいるような心地良さを勝手に感じます。笑 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」特集その1

    インテリアセンスに優れたご夫妻からの設計依頼。素敵な家具や絵画、世界各国の名産品など。設計で心掛けたことは、これらを建築が邪魔しないこと。あくまでも、こちらの役目は、空間のベース作り。ただ、その中で、少しだけ、要素をプラスしたのは、「陰影」です。陰影によって、素材感をより顕在化し、空間を豊かに、暮らしを豊かにできればと考えて設計しました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 想定

    今日は、がらんどうになった娘の部屋を掃除。いつでも、帰って来れるように。帰ってこないか。笑設計打ち合わせでは、建て主さんに、「お子さんが巣立った後の生活も想定しておきましょう。」というをお話するのですが、自分が想定していませんでした。笑 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その13

    昨日、無事、お引渡し。関係者の皆様、ありがとうございました。 プロジェクトの詳細は、これから、少しづつ紹介させていただきます。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例60「砧の家」

    都市型の住宅は、面積に限りがありますので、断面計画が重要です。砧の家では、2階のリビングに、小さな吹き抜けを2箇所、設けて、明るさと通風、空間の広がりを計画しています。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 試験まであと少し

    ~今日はスタッフブログの日です~ 二級建築士試験まであと10日。 内心とても焦りつつも、「試験が終わったらあの美術館に行こう、あのお店に行こう」 と、家の図録を眺めつつ先の楽しみを思い浮かべて自分を励ます日々です。 最初は10時間もかかっていた製図課題は、徐々に早く書けるようになりました。 今週末は模試を受けに行って参ります。 最後まで自分にできることを精一杯頑張ろうと思います。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • VL38と共に・・・

    先日、勤務先の娘から、「帰ったら重大発表があります」とLINE。ドキドキしながら、帰りを待つと、「来月、転勤が決まったよ。一人暮らし。」「えー!入社4ヶ月で転勤?一人暮らし???」 写真は、成人祝いに、一生、使えるものをと、プレゼントとしたルイスポールセンの照明 VL38(ヴィルヘルム・ラウリッツェン)。まさか、こんなに早く持ち去っていくとは・・・。明日、家を出ます。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「NC1205」基本設計完了

    順調に進む設計打ち合わせ。こちらの提案をすんなりと受け入れて下さり、新たなご要望により、より良くプランが洗練されていく、そういう繰り返しで打ち合わせが進行しています。今日で、基本設計が完了。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 小さくても家族それぞれの専用スペースを

    誰でも、家の中に、自分専用のスペースがあると、暮らしが楽になります。 専用部屋が作れなくても、カバンひとつ置いておける自分専用のスペースがあるだけで、暮らしは楽になるものです。小さくても、家族それぞれの専用スペースを作れるといいですね。アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • リビングに障子

    今週、お引渡しとなるマンションリノベーション「MH1202 」では、リビングに障子を採用しています。障子は、和室だけのものではありません。洋室にも合うものです。特に、木や左官材で仕上げた内装のリビングには、相性ぴったりです。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「SC107」重要事項説明

    また、ひとつ、新しいプロジェクトが始まります。マンションリノベーション「SC107」です。結婚当初、私が住んでいた街でのプロジェクトです。 不思議なことに、最近、ご依頼頂いた3物件の計画地、または現在の居住地が、同じ街になります。ご縁を感じます。こういうことも、あるものなのですね。 今日は、建築士の免許をお見せしながら、設計監理契約の重要事項説明をさせて頂きました。スケジュールの都合上、1ヵ月ほど、お待ち頂いてからのスタートとなります。アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その12

    本日、完成検査。手直し工事を経て、来週、お引渡しです。 食卓上のペンダント照明。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 構造と設備の考え方

    住宅設計の考え方は、構造や設備だけをとっても、設計者によって、多種多様の考え方がありますが、アトリエ橙では、まずは構造優先、設備は更新が可能にしておく、というのが基本方針です。建物の寿命を考えた時に、設備は、やはり15~20年前後で、更新が必要になることが一般的です。そのため、設備は、単独でメンテナンスができるようにしておくことが望ましいと考えます。構造(床下空間や天井裏空間)と設備(換気ダクトなど)を絡めてしまうと、掃除や交換などのメンテナンスがしづらくなったり、大掛かりになってしまいがちです。長いスパンで考えた時には、やはり、安心安全な構造と、更新可能な設備、これが基本と考えています。もっ…

  • 設計事例59「砧の家」

    多くの場合、旗竿地に建つ家の外観で見えるのは、道路側に面する幅2~3mの部分のみ。ですので、デザインもコストも、その部分に集中させます。 にほんブログ村

  • 消えゆく「東京海上日動ビル」

    丸の内にある東京海上日動ビル。 設計は、前川國男(1905~1986年)。ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドに師事した日本建築界の巨匠のひとり。東京都美術館、紀伊國屋ビルディング、国立西洋美術館などの設計でも有名です。東京海上ビルの建設にあたっては、当時、社会を巻き込む景観論争が起こりました。かつて、建築基準法では、建物の高さは100尺(31m)までという規制がありましたが、段階的に規制が緩和され、東京海上ビルは、日本初の超高層ビル(高さ127m)として計画されていました。ところが、美観を損ねるのではないか、皇居を覗けるのではないか、という議論が巻き起こり、着工が遅れに遅れました。結局、…

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その11

    ~今日はスタッフブログの日です~ 「MH1202」左官工事が終わり、照明や衛生器具の取り付けが進んでいます。LDKの珪藻土仕上げは絵画のようなタッチです。天井までコテ跡をつけて頂いているので、包まれている感覚がより際立ちます。 外廊下でマンションの管理人さんとすれ違い、ご挨拶したところ、「あの壁、いいねえ!うちもリノベーションしたいよ」と褒めて下さいました。まるで自分が塗ったかのように嬉しかったです。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • ヒアリングのその先に

    住宅の設計で一番大切なことは、住まい手に寄り添い、ご家族の暮らしを読み解くことだと思っています。 建築家というものは、敷地を見た途端、すぐプランニングを始めたくなる衝動に駆られる習性があるものですが(笑)、その時点で設計を始めてしまうと、建築家のつくりたい住宅になってしまいます。言うまでもなく、住宅は、建築家のものではなく、住まい手のもの。ただ、建て主さんの方のご要望だけで、設計しても、建て主さんにとって、暮らしやすい家、心地よい家、美しい家にはなりません。建て主さんが気づいていないご要望、つまり、潜在的なご要望を顕在化していくヒアリングが大切です。 一方で、ヒアリングを重ねるということは、設…

  • 設計事例58「保谷の家」

    小上がりにちゃぶ台を置くと、食卓テーブルと同じ高さになるように、逆算して、小上がりの高さを決めています。大人数で食事をする時に便利です。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 部屋を狭く見せないコツ

    狭い部屋を狭く見せない工夫。そのポイントは、「目線の高さ」椅子に座った時の目線の高さは、1100~1200ミリ。なので、部屋に置く家具やカウンターの高さを1150ミリ以下に抑えると、狭さを感じにくくなります。 狭い部屋ほど、収納力を稼ぐために、背の高い収納家具を置きたくなりますが、部屋を広く見せることを優先したい場合は、なるべく我慢。(笑)不要なモノを減らし、できるだけ、収納計画の工夫で、すっきりと。 モノの重心は低く。 部屋はモノが主役ではなく、人が主役。居心地の良い住まいを。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 住まいの基礎知識「照明器具の種類」

    今日は、照明器具の種類について、まとめてみました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 明日より業務再開いたします。

    何となく、仕事をして、何となく、休んでおりますが、アトリエ橙は、本日まで夏休みを頂き、明日より通常業務とさせて頂きます。ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • お盆休み

    ~今日はスタッフブログの日です~ お盆休みを戴いております。 週末は台風の合間をぬって、父の故郷である三重県まで行って参りました。 車移動で、感染対策をしつつ……。 地元のお刺身や、伊勢で食べた手ごね寿司が美味しかったです。 海や山に触れて、気持ちもスッキリした気がします。 良い気分転換になりました。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 今日からライオンズファン

    妻「私たちって、共通の趣味とか無いよね。」 私「ないね。老後とか困りそうだよね。」 妻「何か、見つけないと。」 私「何かある?」 妻「野球観戦でも行ってみる?興味ないけど。」 私「いいよ。どこの球団?」 妻「やっぱり、西武沿線に住んでいるから、西武ライオンズじゃない?」 私「じゃぁ、チケット取ってみるよ。」 ということで、先日、夫婦そろって、所沢のベルーナドーム(西武ドーム)に、野球観戦に行ってきました。 この日は、なんと、入場者全員にライオンズのユニフォームをプレゼント! そして、試合後は、なんと、グラウンドに入れてくれました! 試合もライオンズの快勝!いろいろと楽しめる一日でした。というこ…

  • 設計事例57「保谷の家」

    「保谷の家」も土地探しからのご相談でした。古家付きの現況渡しが、売り出し条件でしたが、売主の不動産会社と交渉の末、更地渡しとなりました。土地代で浮いたお金を建築工事費に回し、床暖房や無垢フローリング、小上がりの造作、浴室暖房乾燥機、食器洗い乾燥機などに充当することが出来ました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「栄町の家」ヒアリング

    今日は、先月、ご契約いただいた「栄町の家」の2回目のヒアリング。ご自宅にお邪魔する予定でしたが、台風直撃のため、急遽オンラインで。 新しい住まいへのご要望は、まず、アトリエ橙のオリジナル書式の「住宅調書」にて、事細かにご記入頂くのですが、それをもとに、すぐプランを考え始めるのではなく、ご記入頂いた後、数回にわたって、ヒアリングをさせて頂くことにしています。たとえば・・・ ・ご要望に書かれていることの裏の理由 ・ご夫婦で意見が異なる箇所とその理由 ・今の生活では、知らず知らずのうちに、あきらめているけど、本当はこう暮らしたいということ ・ご要望の中で、あきらめてもいいところ(割り切れるところ) …

  • 定番の組み合わせ

    深紅のバラとカスミソウ。定番の組み合わせ。白Tとデニム。ラーメンと餃子。無垢材と左官壁。なんだかんだと言って、定番の組み合わせは、やはりいいものです。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例56「こうのす台の家」

    3畳のこもり部屋。宿泊室、兼、昼寝部屋。ちょっと極端な照明計画で、旅館っぽい雰囲気を演出しています。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 夏休みのお知らせ

    アトリエ橙(だいだい)は、明日8月11日(木)~17日(水)まで、夏休みとさせて頂きます。期間中に頂いたメールは、18日以降、随時、ご返信させて頂きます。ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • ノートを新調

    ~今日はスタッフブログの日です~ お仕事のメモ用に使っているノートを新調しました。一時期使っていたページの入れ替えができるノートがとても便利だったので、近い製品を購入。設計、現場監理、事務…などカテゴリー分けして使っていこうと思います。入所した時から取り続けているメモですが、何年経っても学ぶべきことばかりで、ノートの消費ペースは相変わらずです。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 進化し続ける「掃除のしやすさ」

    今日は、「NC1205」の建て主さんご夫妻と、新宿のTOTOショールームへ。 行くたびに思うことですが、トイレもお風呂もキッチンも、年々、掃除がしやすくなっていきます。排水溝も換気扇もコンロも。7年前に建てた我が家の設備機器類と比べると、どんどん改良されていて、毎回、うらやましく思います。このあたりは、メーカーの強さ、既製品の強さですね。建築家は、既製品をあまり好まない傾向にありますが、アトリエ橙の方針としては、既製品の良さと、造作の良さを組み合わせて、暮らしやすさを実現していきたいと思っています。アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例55「こうのす台の家」

    アトリエ橙としては、珍しく、少し遠方のプロジェクト。土地探しからご相談いただきました。(東京の西の地域からのご依頼が多いですが、千葉県、埼玉県からのご依頼もお受けしています。) アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベの新規ご相談

    今日の無料相談は、中古マンションのリノベーション。 もともと、知り合いの方なのですが、以前、掲載された「リライフ・プラス」をご覧頂いて、「あっ、奥山さんだ!」と気づいて頂いたそうです。そういうきっかけも、嬉しいものですね。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その10

    クロス工事が終了。着実に仕上げ工事が進んでいます。この後は、お盆休み前後で、タイル工事、左官工事と進む予定です。 アトリエ橙では、各造作収納にシンデレラフィットする収納用品(無印良品など)も一緒にご提案させて頂いているのですが、今日は、現場で、建て主さんにスタッフ(整理収納アドバイザー1級)が、購入リストと共に収納計画をご説明。最近の恒例行事になりつつあります。 建て主さんには、このリストに基づき、収納用品を購入して頂き、引渡し時に配送の手配をして頂くことをお願いしています。引渡しの日に、収納用品をセッティングしてから、お引越しをして頂くと、とてもスムーズに引越し作業が進みます。 アトリエ橙ホ…

  • 設計事例54「ひのでや」

    アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 棚板3枚でOK!トイレ収納の作り方

    棚板3枚でOK!トイレ収納の作り方(よく読まれている記事を写真付きでわかりやすく再編集しました。) アトリエ橙のホームページに戻る にほんブログ村

  • 体調第一

    ~今日はスタッフブログの日です~ 毎日暑く、携帯の熱中症アラートが消えない日々ですね…。 暑さのせいか、疲れがとれにくくなっていたのですが、 野菜中心と植物性タンパク質中心の生活にして、 寝る一時間前は液晶画面を見ないように意識して生活していたら、 徐々にスッキリ起きられるようになってきました。 これから設計業務も現場監理も勉強も山場を迎えるので、 お盆前までに体調を崩さないように心がけたいと思います。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 8月1日は練馬区の独立記念日

    △練馬区役所展望台より今日、8月1日は、練馬区の独立記念日です。東京23区で、独立記念日があるのは、練馬区だけ。というのも、練馬区は、昭和22年8月1日に板橋区から独立し、23番目の区として誕生した経緯があるからです。 おめでとう!練馬区! アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • テレビはもういらない?!

    リビングの中心は、昔も今もテレビと思ってきましたが、最近、SNS界隈では、「テレビを置くのをやめてみました。」という話をよく聞くようになってきました。テレビ番組を見ることがなくなってきて、テレビで見るのは、YouTubeやアマゾンプライムなどの動画配信のみという傾向にあるようです。だとしたら、スマホやタブレットで十分。もしくは、テレビの代わりに、テレビチューナーを内蔵していない格安のディスプレイモニターや、大画面のプロジェクターを購入して設置するというもの。 そろそろ、「テレビは置かないので、リビングに白い大きな壁を作ってください。」という建て主さんがいらっしゃるかもしれません。ブラウン管から…

  • 玄関のしつらい

    ▽小金井の家 ▽PHB102 ▽茅ケ崎の家 ▽関町の家 ▽YB307 ▽大和田の家 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例53「ひのでや」

    和風楽麺ひのでや。店舗設計は短期決戦。アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 在宅勤務継続中

    今週、私とスタッフは、ほとんど顔を合わせていません。笑 仮に、どちらかが感染した場合、濃厚接触者に該当することを避けるため、対外的な打ち合わせ時を除いて、どちらかが、在宅勤務をすることにしています。1、2年目のスタッフだと意思疎通が難しく在宅勤務は効率が落ちるのですが、8年目のスタッフなので特に問題ありません。 ※建て主さんとのお打ち合わせは、換気、消毒を徹底して、引き続き対面形式で行なわせて頂いておりますが、オンラインをご希望の方には、ZOOMで対応させて頂いております。東京都の新規陽性者数、ついに4万人超え。これまでの合計は200万人。ということは、7人に一人。もう避けることは難しいかもし…

  • 「NC1205」設計お打ち合わせ

    ~今日はスタッフブログの日です~ 今日はマンションリノベーション「NC1205」の設計お打ち合わせを行いました。サンプルをご覧いただきながら、仕上げ材の検討。雰囲気の良さ、コスト、メンテナンスのしやすさのバランスをとってご提案するよう心掛けております。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 建て主さんから頂いた言葉

    4月に竣工した「茅ケ崎の家」の建て主さん(相撲ファン仲間)から、名古屋場所の感想と共に、入居後のご感想をお知らせ頂きました。「新しいこの家で暮らしてみて、今、私が感じるのは、住む人に向けた、奥山さんからのエールです。『元気に過ごしてくださいね』『快適な空間で楽しい、健やかな時間を重ねてくださいね』といったような……。」 いつも、美しい言葉の表現で、心温まる感想を伝えて下さいます。設計者としては、感謝しかありません。 ▽これまで、「茅ケ崎の家」の建て主さんから頂いた言葉 ▽富士見の家の見学後のご感想 奥山さんが手がけてこられたおうちの画像をこれまでいろいろ拝見しての私の印象は「朗らかな品(ひん)…

  • 巾木って何のためにあるの?

    「巾木って何のためにあるの?」 巾木には、2つの大切な役割があります。ひとつは、床と壁の隙間を隠すため。床材や壁材など各部材は、一般的にピッタリ造らず、逃げ寸法(隙間)を取ります。(逃げ寸法を取る理由は、部材の伸縮に対応するためです。) この逃げ寸法、つまり隙間を隠すために、巾木が必要となります。もう一つは、壁材を守るため。掃除機などがぶつかり、壁の下端が凹んだり、汚れたりすることを防ぐ役割です。巾木は、ホコリが溜まるから要らない、という方もいらっしゃいますが、このように、巾木は、大切な役割を担っているのです。手間とお金を掛ければ、「入り巾木」という方法で、巾木を引っ込め、ホコリが溜まらないよ…

  • 非常勤講師の季節

    今年も、非常勤講師を受け持つ季節となりました。住宅設計の課題を2~3ヵ月の間、指導しています。この時期は、通常業務との調整がなかなか大変なのですが、学生と接する機会は刺激的で、毎年、楽しい時間を過ごさせて頂いています。 今年も、課題を通して、建築設計の楽しさと大変さを伝えていければと思っています。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例52「DS205」

    リビングのコーナーに、ベンチを造作しました。ちょっとした籠もり空間です。当時、震災後の物流の混乱が続いている時期で、現場では、いろいろな対応に追われたことを思い出します。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その9

    大工さん最終日。リビングの造作家具を造って頂いています。 今後、仕上げ工事、建具工事に入っていきます。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 普遍的なデザイン

    友人と共に、ルイス・ポールセンの六本木ショールームへ。 ルイス・ポールセンは、デンマークの照明ブランドです。ポール・へニングセン、アルネ・ヤコブセン、ヴィルヘルム・ラウリッツェン、ヴァーナー・パントンなど著名なデザイナーの照明器具を扱っています。やはり、本物はいいですね。数十年の年月を経ても、古さを感じさせない普遍的なデザイン。住宅のデザインもそうありたいと思っています。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 久しぶりの母校へ

    ~今日はスタッフブログの日です~ 週末、学生時代の友人と共に母校(大学)のオープンキャンパスに行ってきました。主な要件は、友人のお仕事の相談だったのですが、懐かしい校舎や学生の皆さん、自分の頃にはなかった課題や授業紹介に盛り上がり、一日遊び倒してしまいました。 また、自分が立ち上げに関わったフリーペーパーの刊行がまだ続いており、当時8人ぐらいで運営していた編集部が今は30人もいると聞いてとても驚きました。 私は大学で工業デザインを学んでおり、建築とは全く違う世界だったのですが、ここで学んだことも今に活きているなぁと実感する日々です。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例51「成田西の家」

    工事中、毎日のように、二人のお子さんが楽しそうに現場を見学。大工さんとすっかり仲良しになりました。まだ小学校へ上がる前の弟くんが、現場をじっくり観察し、「これは何?」と基礎パッキンを指さして、興味を持っていたのには、驚かされました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 桃とメッセージカード

    マンションリノベーション「GK1215」の建て主さん(OB)より、山梨の美味しい桃を1ケース送って頂きました。桃が大好きな我が家は大喜び。ありがとうございます!スタッフにもおすそわけしたいと思います。桃と一緒に同封されていたメッセージカードには、ご家族皆さんからのメッセージがびっしり。(嬉)「GK1215」のご家族の皆さんからは、いつもいつも、有難い言葉を掛けて頂き、励みになっています。ご主人「家族みんなで笑う時間が増えていると感じます。」奥様「本当に細かい配慮が設計に反映されており、ストレスなく過ごすことが出来ています。」 お子様「ひみつ基地はすごく快適です。」 daidaidesign.h…

  • 新規設計監理契約「栄町の家」

    土地探しのご相談に乗らせて頂いたプロジェクト。無事、ご希望通りの土地が見つかり、昨日、設計監理契約も結んで頂きました。楽しみなプロジェクトのスタートです。まずは、ゆっくり、じっくり、ご家族らしい暮らしについて、ヒアリングを重ねていきたいと思います。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「間取り」に関するブログ記事特集

    過去のブログ記事から、「間取り」に関する記事をピックアップ。 1.片づけやすい間取りとは daidaidesign.hatenablog.com 2.リビングは1階がいいの?2階がいいの?daidaidesign.hatenablog.com 3.在宅勤務をする共働き夫婦に最適な寝室の間取りとはdaidaidesign.hatenablog.com 4.収納は床面積より壁面積 daidaidesign.hatenablog.com 5.無駄とゆとりは、紙一重 daidaidesign.hatenablog.com6.夫婦別室の間取り daidaidesign.hatenablog.com アト…

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その8

    左官職人さんに現場へ来て頂き、珪藻土の仕上げ方法について、打ち合わせ。 と言っても、「茅ケ崎の家」の左官職人さんと同じ方でしたので、打ち合わせもスムーズ。「茅ケ崎の家」のサンプル作成の時は、粘り強く打ち合わせをさせて頂きましたが、今日は、一発OK。木ゴテ無方向荒らし、金ゴテヘッドカット仕上げ。 今回も、照明によって浮かび上がる珪藻土の美しい表情が楽しみです。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • ホームページの設計事例を更新しました。

    通常の業務に追われ、ついつい、ホームページの更新が後回しになってしまいがちですが、ようやく、3物件の設計事例のページをアップいたしました。マンションリノベーション「GK1215」新築物件「関町の家」「向原の家2」です。まだまだ、直近の物件のアップは残っているのですが、おいおい、アップしていきたいと思います。 ▽関町の家 ▽向原の家2 ▽GK1215 www.yusei-arch.com にほんブログ村

  • 「富士見の家」照明計画の解説・まとめ

    【「富士見の家」照明計画の解説・まとめ】 daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com daidaidesign.hatenablog.com アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「UPMARKET PIZZA&CAFE」へ行ってきました

    ~今日はスタッフブログの日です~ 先日、事務所から徒歩10分程のところにあるピザ屋さん「UPMARKET PIZZA&CAFE」にて、アトリエ橙&アルバイトさんでお食事してきました!特に地元で採れたビワを使ったビワジャムとチーズのピザが美味しかったです。 店内はこんな感じ。敷地内に複数の棟が並び、外のテラス席も気持ちが良さそうでした。 環七沿いの住宅街の一角という、繁華街エリアからは少し離れたところにありますが、「人が集まる場所にしたい」との思いで生まれたお店だそうです。ボルダリングもできる子供向けの遊び場もあるようです。 練馬にはチェーン店も豊富ですが、こうして地元に根差したお店も沢山あって…

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その7

    今日は、建具屋さん、監督さんと、建具について打ち合わせ。通常、建具の打ち合わせは、立ち話で口頭で質疑を行うことが多いのですが、今回の建具屋さんは、図面を描いて持参して下さり、時間を掛けて、丁寧に1箇所づつ、打ち合わせをして頂きました。こんなに丁寧な打ち合わせは初めて。有難いことです。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 狭小住宅の工夫「洗面所と廊下を兼ねる」

    我が家の洗面所は、廊下を兼ねています。洗面所の両サイドに引き込み戸があり、扉を開け放てば、階段ホール⇔洗面所⇔キッチンが1本の動線で繋がります。この動線とは、別に、階段ホール⇔リビング⇔キッチンの裏動線もありますので、2本の動線は、回遊動線にもなっています。このプランのメリットは、以下の通りです。・2階に廊下の面積がゼロなのでリビングを広くできる ・洗面所の風通しが抜群で湿気が溜まらない ・キッチン、洗面所、階段ホール横のバルコニーと、家事動線が最短で1本 ・裏動線、回遊動線があることで、通行のバッティングが生じない アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 設計事例50「成田西の家」

    近所の「成田東の家」をご覧になられてのご依頼でした。「成田東の家」の工事中から気になって頂いていたようで、現場監督に声掛けして頂き、うちの設計事務所を知って頂いたようです。そういうご縁もあるものなんですね。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • あじさいの季節

    アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「春日町の家」特集その4

    定期的にジムに通われているご夫婦。家の中でもストレッチやダンスのレッスンができるよう、大型の鏡を壁面に取り付けました。以前のお住まいでは、大きくて重い鏡を壁に立て掛けていらっしゃいましたが、これで、地震が来ても安心です。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 弟子の優勝を喜ぶ親方の気分

    スタッフmiharuの二級建築士・学科試験合格は、私にとっても、嬉しい出来事でした。というよりも、日曜日にLINEで速報を聞いた時は、自分が合格した時よりも100倍くらい嬉しい気持ちだったかもしれません。(大相撲の親方が弟子の優勝を喜ぶ時に、似たようなコメントをよくしていますが、そんな感じ。どんな感じ?) 二級建築士の受験資格は、大学の建築学科を卒業すれば、実務経験ゼロで、すぐに受験することが出来るのですが、美大出身のスタッフmiharuの場合、受験するためには、実務経験7年という長い長い道のりが必要でした。この制度の不公平感、良し悪しは議論されるところですが、実務経験7年は、本当によく頑張っ…

  • 第一関門突破

    ~今日はスタッフブログの日です~ 一昨日、二級建築士の学科試験を受験しました。自己採点が終わるまでは不安で一杯でしたが、無事合格見込みとなりました。もし落ちたら恥ずかしいな…と思い、 今までブログではあまり公にしてこなかったのですが、何とか第一関門を突破したので、こちらで報告してみることにしました。 会場には様々な年代の受験者がいて、皆さんが人生のどこかで「建築のプロになりたい」 と思ったきっかけがあったんだな…と思いを馳せてしまいました。試験監督の方がとても親切そうな人だったので、少し緊張が解けて良かったです! 再来月の2次試験に向けて、気を緩めず頑張っていこうと思います! miharu ア…

  • 今日は、土地探しサポート

    今日は、西武線沿線で、土地探しに同行。 一般の方にとって、土地探しは、なかなか大変です。土地のチェックポイント、予算計画、価格交渉、銀行の事前審査申し込み、買い付け申し込み・・・。アトリエ橙では、建て主さんの立場に立って、出来る限りサポートさせて頂いております。ご相談は、こちらのページから。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「春日町の家」特集その3

    2階リビングの「春日町の家」にも、階段上部に「風除扉」を設けています。 2階リビングのエアコンの冷気が1階に逃げるのを防ぐことが目的です。冷気は、床上40~50㎝程度の高さに滞留するので、高さ60~70㎝程度の風除扉が効果的です。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • しろくまの季節

    アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その6

    早くも壁のボード貼りが進んでいます。息の合ったベテラン大工さんのペースが速く、材料の搬入や電気屋さんが追いかけられている状態。工程の遅延を心配する現場が多い中で、この現場は安心感があります。職人気質の監督さんも、早めに質疑を上げて頂けるので、精度良く、順調に現場が進んでいます。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • いろいろ注意報の毎日

    今日の練馬は39℃。東京都のコロナの感染者は急に増えて3621人。さらに、東京電力管内は電力ひっ迫注意報。 熱中症に気をつけて、エアコンはつけつつも、換気をしながら、節電も。 もう、いろいろと気をつけなくてはいけませんw ひとりひとりが、出来ることをやっていきましょう。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「春日町の家」特集その2

    都市住宅の計画は、斜線制限との戦いでもあるのですが、今回の敷地も、いかに高度斜線(北側斜線)と道路斜線をクリアするかが、課題でした。最近は、屋根の断熱材も厚くなる傾向にあるので、斜線制限の問題は、ますます難題になってきました。 今回は、一部の母屋(屋根の構造材)を下げることで、斜線制限をクリアしています。ただ、斜線制限をクリアするだけでは、法律に負けたような気がするので、斜線制限に掛からない範囲で、屋根のボリュームを確保し、南東方向の2階の部屋は天井高さを高くしています。間取り的には、その場所にリビングを持ってきています。 ダイニングの天井高さを抑え、メリハリをつけることで、リビングをより開放…

  • 真夏のトップライト活用法

    ~今日はスタッフブログの日です~ 暑い日が続き、日傘とミニサイズの水筒、タオルが欠かせなくなってきました。今年こそサングラスを買うぞ!と意気込んでいましたが、すっかり乗り遅れました…。 先日お引渡しを終えた「春日町の家」にはトップライトがついています。 開閉できるトップライトがついているお家は、暑い日に帰宅した際、まずトップライトを開けると、天井付近に溜まった暑い空気が抜けて冷房が効きやすくなりますよ! miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 連日の最高気温36度(練馬区)

    「東京都練馬区では、最高気温36度を記録しました。」とラジオからニュースが流れてくると、以下の過去記事が注目され、1位に躍り出ますw daidaidesign.hatenablog.comついでに読まれる、「としまえん」の記事はこちら。 daidaidesign.hatenablog.com アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 賃貸住宅でもあきらめない自宅リビングの照明計画

    アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「春日町の家」特集その1

    「春日町の家」の建て主さんとのご縁は、2020年11月「富士見の家」の見学会にお越し頂いたことでした。その後、資金計画などをご検討され、2021年2月に正式に設計のご依頼を頂き、家づくりのスタート。ヒアリングを重ね、4月下旬にプラン提案。 今回の家づくりで、ご提案させて頂いた核となったのは、奥様の趣味でもありお仕事でもあるクラフトの作業スペースをリビングの入り口にアトリエコーナーとして、新設することでした。それまでの暮らしを読み解かせて頂いた時に、奥様のクラフト作業スペースと、ご家族の生活スペースが混在していることによる生活の問題を建築的に解決することが、新しい暮らし、ご家族らしい暮らしに繋が…

  • マンションリノベーション「MH1202」現場報告その5

    まだ、梅雨明け前だというのに、今日は真夏日。じっとしているだけでも、汗ばむのに、体を動かしっぱなしの職人さんは、本当に大変。頭が下がります。熱中症にはくれぐれもお気をつけて。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「春日町の家」現場報告その20

    本日、竣工お引渡し。1年半のプロジェクトが無事、終了。 建て主さんが、模型を持参して下さり、早速、飾って頂きました。(嬉) 工事関係者の皆様、大変、お世話になりました。 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • マンションリノベーション「NC1205」プラン提案

    かつて、珈琲店にお勤めだった奥様。今も、毎朝、珈琲を淹れて、飲むのがご夫婦の習慣になっているそうです。ただ、今のお住まいだと、十分な作業スペースやくつろぐ場所を確保できていないご様子。そこで、今回のプランは、珈琲スタンドを暮らしの中心に据えて、ご提案させて頂きました。もちろん、それだけではなく、ご夫婦の暮らしを読み取り、様々なご提案をプランの中に盛り込まさせて頂きましたが、「珈琲を淹れる、珈琲を飲む、夫婦で寛ぐ」という何気ない日常をクローズアップすることで、そこから、日々の暮らしが変わっていく、豊かになっていく、そういう想いを込めて設計させて頂きました。 今日は、ご夫婦ともに、大変、喜んで頂き…

  • 今日は夏至の日

    ~今日はスタッフブログの日です~ 今日は夏至の日。一年で一番日の長い日です。最近は仕事終わりの時間でも外が明るくてちょっと得した気分ですね!その一方で、気温は連日30度以上が続き、蒸し暑い日々…。気持だけでも涼しくなりたくて、お昼休みに絵を描きました。冷たいものの食べ過ぎには気を付けつつ、爽やかに乗り切りたいです。 miharu アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • 「NC1205」プラン提案準備中

    マンションリノベーション「NC1205」、明後日のプラン提案に向けて、準備を進めています。4月始めにお問い合わせを頂いて以来、2か月半、ヒアリングを重ね、潜在的なご要望に耳を傾けながら、ご家族らしい暮らしを考え続けてきました。 ハウスメーカーさんや工務店さん、また、多くの設計事務所の場合、1~2回の面談でご要望をお聞きし、次の回で「プラン提案」をして、気に入って頂いたら、ご契約という流れが多いかと思いますが、アトリエ橙の場合は、何度かお会いして、「一緒に家づくりが楽しめそう」と思って頂いたら、まずご契約をして頂き、その後、何度もヒアリングを重ねて、初めて「プラン提案」をさせて頂くことにしていま…

  • 設計事例49「経堂の家」

    「経堂の家」の建て主さんご家族はテレビ出演にもご協力頂きました。テレビ朝日「渡辺篤史の建もの探訪」です。建て主さんのご厚意で、昼食のカット撮影では、パスタをご馳走になりながら、スタッフと一緒に記念出演。笑 アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

  • DaiDaiDesignオリジナル「フローリング時計」の作り方

    アトリエ橙ホームページへ にほんブログ村

ブログリーダー」を活用して、yuseiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
yuseiさん
ブログタイトル
家は買うものではなく創るものですblog
フォロー
家は買うものではなく創るものですblog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用