ハンドル名
akamomoさん
ブログタイトル
〜Aviation sometimes Railway 〜 航空・時々鉄道
ブログURL
http://www.meihokuriku-alps.com/
ブログ紹介文
航空や鉄道を中心とした乗り物系の話題を中心に「迷航空会社列伝」「東海道交通戦争」などの動画の補足説明などを中心に書いていきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

39回 / 159日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2006/10/04

akamomoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 全参加数
総合ランキング(IN) 35,648位 35,814位 35,654位 35,628位 32,747位 32,845位 35,920位 957,727サイト
INポイント 10 0 0 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 10 20 30 10 50 20 60 200/週
PVポイント 7,030 2,910 2,070 2,270 1,940 1,870 2,270 20,360/週
旅行ブログ 2,625位 2,645位 2,646位 2,673位 2,548位 2,532位 2,652位 42,317サイト
飛行機旅行・空の旅 47位 46位 48位 46位 41位 40位 43位 299サイト
その他趣味ブログ 751位 752位 740位 747位 629位 611位 693位 16,864サイト
航空・飛行機 51位 49位 48位 46位 43位 43位 45位 749サイト
鉄道ブログ 468位 465位 462位 458位 412位 419位 481位 6,268サイト
鉄道ライフ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 105サイト
今日 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,639位 27,863位 24,937位 25,496位 26,019位 27,400位 27,407位 957,727サイト
INポイント 10 0 0 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 10 20 30 10 50 20 60 200/週
PVポイント 7,030 2,910 2,070 2,270 1,940 1,870 2,270 20,360/週
旅行ブログ 2,882位 2,686位 2,518位 2,561位 2,594位 2,651位 2,638位 42,317サイト
飛行機旅行・空の旅 62位 61位 55位 53位 50位 53位 53位 299サイト
その他趣味ブログ 430位 372位 313位 329位 325位 378位 372位 16,864サイト
航空・飛行機 36位 29位 26位 28位 28位 34位 31位 749サイト
鉄道ブログ 480位 434位 398位 396位 395位 434位 439位 6,268サイト
鉄道ライフ 3位 3位 2位 2位 2位 2位 2位 105サイト
今日 04/24 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 全参加数
総合ランキング(PV) 1,556位 1,961位 1,989位 1,817位 1,758位 1,698位 1,682位 957,727サイト
INポイント 10 0 0 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 10 20 30 10 50 20 60 200/週
PVポイント 7,030 2,910 2,070 2,270 1,940 1,870 2,270 20,360/週
旅行ブログ 349位 394位 398位 381位 371位 362位 362位 42,317サイト
飛行機旅行・空の旅 16位 17位 17位 16位 16位 16位 16位 299サイト
その他趣味ブログ 22位 29位 30位 26位 25位 23位 23位 16,864サイト
航空・飛行機 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 749サイト
鉄道ブログ 35位 40位 41位 38位 39位 39位 39位 6,268サイト
鉄道ライフ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 105サイト

akamomoさんのブログ記事

  • ジェットスタージャパン・成田ー庄内線就航決定。今後のLCC就航のトレンドは「地方路線の掘り起こし」?

    4月17日、ジェットスタージャパンは8月1日からの成田ー庄内線の就航を発表しました。1日1往復で成田発は午後1時、折り返しの庄内発は午後2時50分発。ジェットスタージャパンにとっては初めての東北路線となるほか、山形県にとっても初のLCC就航となります。 庄内線就航の決め手となったのは「自治体や地元企業が熱心に誘致した事」と「庄内地方は40万人の人口があり、航空需要掘り起こしの余地がある事」の2つ。2年前から県知事らが就航を働きかけ、チェックインカウンター整備などで支援する姿勢を示したことで継続的な地元の支援を受けられるとジェットスタージャパンが判断した事、また、庄内地方は観光需要の他、ハイテク…

  • アシアナ航空売却で韓国やアジアの航空会社再編は起こる?

    4月15日、韓国の大手航空会社、アシアナ航空を保有する大手財閥、錦湖(クムホ)アシアナグループは、金融支援と引き換えに保有するアシアナ航空株を売却すると発表しました。 アシアナ航空は1988年に韓国の航空会社参入規制が緩和された事に伴い、クムホグループによって設立され、以来クムホグループの中核企業・韓国第2位の大手航空会社として発展してきましたが、近年はアシアナ自体の業績悪化に加え、クムホグループ自体も拡大戦略とM&Aの失敗で7兆ウォン(約7000億円)の負債を抱え、資金繰りに窮した結果今回の売却となりました。今後は売却先を探すことになりますが、同じ韓国国内の大手財閥、SKグループやハンファグ…

  • 航空会社や鉄道会社で活躍した昭和の運輸官僚

    随分と間が空いてしまいましたが、迷航空会社列伝「東急の空への夢」第4話をアップしました。今回からYouTube版は映像の比率が多いものを、ニコニコ版は静止画の比率を増やして代理の人のセリフを増やしたものをアップしています。YouTubeのスパム対策の一環ではありますが、せっかくの機会なので単に画像を差し替えるだけでなく、多少は手直しをしていますので、両者を見比べて違いを楽しんで頂ければと思います。 東急の空への夢 第4話「至誠監督官庁と競合相手に通ず」 さて、このシリーズの動画内ではしばしば運輸省の事務次官出身者が登場します。今回の動画でも登場した全日空社長の若狭得治氏や、日航社長の朝田静夫氏…

  • 貸切バス運賃の旅行会社への手数料規制は必要。でもそれだけでは根本解決にはならない。

    国は貸切バスの運賃について、バス会社から旅行会社に支払う手数料によって実質的な「下限運賃割れ」を防ぐための規制や対策の強化に乗り出します。5月以降、バス会社が旅行会社に払う手数料を文書に明記することを義務付けます(恐らく運送引受書のことかと思います)。また、事業年度ごとにバス会社が旅行会社に支払った手数料額の国への報告も今年度から義務付けられます。 また、過大な手数料などによる実質的な下限運賃割れについても調査・監査体制が強化され、第三者委員会の窓口に寄せられた情報などを基に国が積極的に調査し、安全運行に影響するような過大な手数料に対しては第三者委員会の助言を受けつつ、悪質なものに関してはバス…

  • 新一万円札の顔・渋沢栄一と航空との意外な関わり

    4月9日、財務省は現在の千円、五千円、一万円の紙幣を2024年度上半期に一新すると発表しました。新紙幣に使用される肖像画は千円札は日本の近代医学の父と言われる北里柴三郎、五千円札は津田塾大学の創始者で女子教育の第一人者の津田梅子、そして一万円札は第一国立銀行をはじめとして生涯で500社の企業設立に関り、日本の資本主義の父と言われた渋沢栄一。新紙幣がお目見えするのはまだ5年も先の話ですが、個人的には日本経済発展の基礎を築いた渋沢栄一氏を尊敬していたので、今回の1万円札の肖像採用は単純に嬉しいです。これを機会に渋沢栄一に注目が集まり、ゆくゆくは大河ドラマにならないかな・・・と妄想したり(笑) ww…

  • ボーイング、737MAXのシステム不具合を認める。運航再開はいつになるのか、そもそも再開できるのか。

    3月から続いているエチオピア航空の墜落事故に始まる737MAXの運航停止問題。4月に入り、おおよその事故原因が判明し、生産体制にも大きな動きがありました。これまでの経緯については過去記事もご参照ください。 www.meihokuriku-alps.com www.meihokuriku-alps.com www.meihokuriku-alps.com 4月4日、エチオピア政府はエチオピア航空302便の墜落事故について、暫定の調査報告書を公表しました。それによるとパイロットの操縦はボーイングが推奨し、FAA(アメリカ連邦航空局)が承認した緊急時の手順に従っていたとしており、ボーイングに機体を制…

  • JALのA350、9月1日の就航が正式決定。当日乗りに行きます(2便目だけど)

    新年度がスタートした4月1日に新元号「令和」が発表され、来月の改元に向け世間はお祝いムードですね。737MAXの事故の件で進展がありましたが、当ブログも新年度一発目の記事くらいは明るい話題で行きたいと思います。 4月4日、日本航空(JAL)は9月に投入予定の新型機「エアバスA350-900」を9月1日から羽田~福岡線で就航させると発表しました。記念すべき初便は羽田12時10分発のJAL317便で、就航初日は羽田~福岡間を2往復運航、翌2日からは3往復する計画です。 また、初期導入の3機は機体後方に「AIRBUS A350」の文字を入れた特別塗装機となり、初号機はレッド、2号機はシルバー、3号機…

  • 大韓航空のナッツ問題から考える飛行機のピーナッツアレルギー問題

    「ナッツリターン事件」の大韓航空、またもやナッツ絡みのトラブル 結構対応してくれる?機内食のアレルギー対応 実はかなりヤバい「ピーナッツアレルギー」世界の航空会社の対応は? で、問題の大韓航空とデルタ航空の対応は? まとめ 「ナッツリターン事件」の大韓航空、またもやナッツ絡みのトラブル 昨日何気なしにツイッターを見てたら、大韓航空がまたナッツ絡みでトラブルを起こしたという記事を発見しました。その記事によると、アメリカのジョージア州アトランタ在住の10代の兄弟がマニラに行く際、ピーナッツアレルギーがある事を伝えたにもかかわらず仁川~マニラ間の大韓航空便でナッツが提供され、大韓航空の職員から「ナッ…

  • 競争激化の欧州市場でまた航空会社が破産。本格的な「顧客への救済制度」が必要な時期なのでは。

    画像はあまり関係な・・・いやここも潰れたか。 ・またもや欧州で起こった航空会社の「突然死」 3月28日、アイスランドの格安航空会社「WOWエアー」が突如廃業を発表し、予定されたフライトは全便運航停止となりました。各種報道ではWOWエアーは資金繰りに窮しており、当日の朝まで資金調達の交渉をしていたようですが、結局失敗に終わって今回の決定となったようです。 WOWエアーはアイスランドのレイキャビクを拠点にロンドンやパリ、アムステルダムやバルセロナなど欧州各地を結ぶ路線に加え、アメリカのニューヨークやボストン、カナダのトロントなど中距離路線にも進出しており、機材はエアバスA320シリーズに統一されて…

  • 日を追うごとに不利な立場になる737MAX、一刻も早い事故原因の究明と信頼回復を

    3月10日のエチオピア航空の墜落事故以降、ボーイングと737MAXには世界中で逆風が吹き続けています。前回、737MAXが全世界で運航停止となった記事を書いた時も、「事故原因を突き止められず、対応を誤ってしまえば737シリーズそのものの歴史に幕が下ろされかねない」と締めくくりましたが、事態はさらに悪い方向に進んでいるように思えます。 なお、これまでの経緯については以下の記事も参照して下さい。 www.meihokuriku-alps.com www.meihokuriku-alps.com 3月18日、ボーイングのマレンバーグ会長はメッセージをウェブサイトに掲載し、「安全はボーイングの核心であ…

  • 今後のYouTubeメインチャンネルの投稿について

    2月6日にメインチャンネルの収益化停止を受けてから一か月半。今日は停止後の状況と今後のメインチャンネルの方向性についてご報告します。 収益化停止の経緯についてはこちらの過去記事もご参照ください。 www.meihokuriku-alps.com まず収益化の再申請ですが、3月9日に一度再申請を行いました。収益化停止後、メインチャンネルではYouTubeliveのアーカイブを1本、2019年度の航空各社の運航計画紹介動画を1本追加した程度で、既存動画の削除や差し替えは特に行っていませんでした。これは仕事が忙しくてなかなか動画の方の対応ができなかったのも大きいのですが、急に収益化が復活したチャンネ…

  • 愛知県との連携協定に新路線、エアアジアジャパンはようやく成長軌道に乗るのか

    3月22日、エアアジア・ジャパンと愛知県は包括連結協定を締結しました。締結式にはエアアジアグループCEOのトニー・フェルナンデス氏も出席し、エアアジア側の本気度が伺えます。今後愛知県の観光振興や食のPRなどで連携し、具体的には西尾茶を使ったお菓子を県がエアアジアに無料提供し機内で配布、有松絞の機内販売などを行う予定です。昨年には名古屋市とも協定を締結しており、エアアジア・ジャパンの愛知県の「地元化」は着々と進んでいるようです。 headlines.yahoo.co.jp www.aviationwire.jp そして同じ日、トニー氏は今年の夏前までの仙台線就航と冬ダイヤでのソウル線就航計画を示…

  • 航空激戦区・台湾で「スターラックス航空」は成功する?

    世間ではANAのA380受領と日本初飛来が大きな話題となっていますが、これはあえて無視して今日は他の話題を取り上げたいと思います。だって成田行ってないしw 今回は来年の就航を目指して準備を進めている台湾の新興航空会社・「スターラックス航空(星宇航空)」について。 エアバスは3月19日、元エバー航空会長の張國煒氏が設立した台湾の新興航空会社「スターラックス航空(星宇航空)」がA350XWB17機(内訳-900型5機、-1000型12機)を確定発注したと発表しました。2012年後半から順次受領する予定です。既にエアバスA321neo10機を確定発注済で今年10月から受領を開始、2020年の春節前を…

  • 4年経っても好調維持の北陸新幹線と3年目にして苦境が続く北海道新幹線。どうして差がついてしまったのか

    3月16日のダイヤ改正で北海道新幹線の青函トンネル区間の最高速度が140km/hから160km/hに引き上げられたことに伴い、東京ー新函館間の最速列車の所要時間が4時間2分から3時間58分に短縮されました。時間にしてわずか4分の短縮ですが、以前より新幹線と航空の利用者数が逆転する境目が「新幹線の所要時間4時間」と言われており、航空機との競争で劣勢に立たされている北海道新幹線にとって、この「4時間の壁」を切る事は悲願でした。心理的にも「4時間台」よりも「3時間台」と言われた方が短く感じますので、インパクトは大きそうに思えます。 headlines.yahoo.co.jp しかし、実際の北海道新幹…

  • 737MAX、全世界で運航停止。ボーイングとFAAの「3日遅れ」の決断がもたらした代償

    先日のエチオピア航空機墜落事故から始まる737MAXに関わる記事の続報です。まずは3月12日以降の各国の対応からご紹介します。それ以前の動向は以前の記事もご参照ください。 www.meihokuriku-alps.com まずは3月12日(日本時間13日朝)、EASA(欧州航空安全局)が欧州での737MAXの飛行を一時停止する措置を取りました。事故原因が判明するまでの間としていますが、FAA(アメリカ連邦航空局)に次いで世界の民間航空に影響力を持つEASAが飛行停止措置を取ったことで「737MAX包囲網」は更に狭まってしまいました。しかし、この時点ではまだボーイングもFAAも737MAXの安全…

  • エチオピア航空の737MAX墜落事故、中国当局の運航停止指示で今後はどうなる

    ※3月12日:その後の各国の対応と運航停止の可能性について加筆しました。 3月10日、アディスアベバ発ナイロビ行きのエチオピア航空302便が離陸6分後に消息を絶ち、その後墜落と乗員乗客157名の全員死亡が確認されました。737MAXの墜落事故は昨年10月29日のライオンエア610便に続いて2件目、前回の事故から半年もたたないうちに、再び大惨事が起こってしまいました。まずは今回の事故で亡くなられた方とご家族、関係者の方に深く哀悼の意を表します。 www.aviationwire.jp 詳しい事故原因は今後の事故調査を待たなければいけませんが、今回の事故とライオンエアの事故は同じ機種と言うだけでな…

  • 機材のダウンサイジングが進む日本の航空会社。世界的には「国内線に大型機」って少数派なの?

    気体のダウンサイジングが進む日本の国内線と、世界の「国内線」の大型機投入状況をまとめました。

  • JALの新LCC「ZIPAIR」正式発表。成功するかは今後の路線展開とブランディングがカギ

    3月8日、JALが設立する中長距離路線LCCの名前が「ZIPAIR」に決まり、今日の記者会見で正式発表されました。2020年夏スケジュールからボーイング787-8型機2機を使用し、成田ーバンコク線とソウル線に就航する予定です。2021年にはETOPS(双発機の長距離洋上飛行)の認定を受けたのちアメリカ西海岸路線に進出し、将来的にはグアムやホノルル路線、欧州路線も視野に入れています。 www.aviationwire.jp trafficnews.jp ・姿が見えてきたJALの長距離LCC ・ZIPAIRの今後の路線展開は? ・未知数の「長距離LCC」、成功のカギはブランディング ・まとめ ・姿…

  • 「シートのみサービス」の割合が増えるグランクラス、その先行きと航空機の「上級クラス」とのブランディングの差

    ※3/6 航空会社の上級クラスの部分とグランクラスのブランディングの部分を中心に一部加筆修正しました。 前回の上越新幹線のグランクラス設定についての記事の最後で「シートのみサービス」のグランクラス設定が増えている事に触れました。今回はこの点をもう少し掘り下げ、グランクラスと航空会社の国内線上級クラスを比較しつつ、主にブランディングの面からの問題点を考えてみたいと思います。 www.meihokuriku-alps.com 「シートのみサービス」のグランクラスが増えた理由 ハード面はともかく、ソフト面ではグランクラスは飛行機に敵わない 「分かりやすい値引き」「サービス簡素化」は「グランクラス」の…

  • 上越新幹線のグランクラスが「シートのみ」は勿体ない。フルサービス実施の可能性は?

    2月27日、JR東日本は上越新幹線で運行を開始するE7系の「グランクラス」を対象に、期間限定の旅行商品「ふらっとグランクラス」を発売すると発表しました。利用期間は4月1日から6月30日までの間で、料金は「グリーン車+1000円」で販売。しかもNewDaysやkioskで使用できる1000円分の商品券付きですから、実質的にグリーン車料金でグランクラスに乗れるかなりおトクな商品です。 trafficnews.jp グランクラスと言うと飛行機のファーストクラス並みのシートに専属アテンダントがつき、軽食サービスやアルコールも含めた飲み物飲み放題など、新幹線最高水準のサービスを誇りますから、これだけ聞く…

  • JAL中期計画ローリングプラン改定、中距離LCCの姿も見えてきた?

    2月25日、JALは2017‐2020年度中期経営計画ローリングプランの改訂版を発表しました。同時に発表された中距離LCCの参入を始め、先日の路線便数計画でも発表されたエアバスA350と国内線用787の投入や、顔認証システムやセルフバゲージドロップの導入などによるスマート空港の実現、ビジネスジェットやデジタルマーケティング事業などの新事業の立ち上げ、昨年のパイロットの飲酒問題を受けての社員教育などの「安全・安心の再構築」が重点項目になります。 このうち国内線用787については10月の投入が決定、羽田-伊丹線を中心に投入されます。また、これとは別に既存の国内線用767と737にもUSB電源を全シ…

  • 羽田発着枠のアメリカ航空会社割り当ての行方

    前回アップした車内販売終了に関する記事が過去になかった勢いでPV数が伸び、多くのスターやブックマークを頂きました。スマートニュースにも載ったみたいで、今そちらからのアクセスがもの凄い勢いです。皆様本当にありがとうございます! www.meihokuriku-alps.com さて、今回は以前も触れた、2020年の羽田空港発着枠のアメリカ路線割り当ての続報です。2月20日から21日にかけてアメリカ側の大手、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、ハワイアン航空の4社がアメリカ運輸省(DOT)に路線開設を申請しました。 www.aviationwire.jp 以前の記事はこちらをご覧下さい。…

  • 「車内販売」が消えていくJRと「機内販売」が充実する航空、対照的な傾向にあるワケ

    毎年恒例の3月のJRダイヤ改正が迫る中、JR各社が新幹線や特急電車での車内販売終了、または縮小するとの発表が相次いでいます。JR北海道は売り上げ不振と人員不足を理由に「スーパー北斗」や北海道新幹線での車内販売を終了すると発表。またJR九州も九州新幹線で、JR四国も特急列車の大半で車内販売を終了します。そしてJR東日本も東北新幹線の「やまびこ」と「こまち」の盛岡~秋田間、「踊り子」「草津」と東武直通特急の全系統、「いなほ」の酒田~秋田間で車内販売を終了すると発表。さらに東北・上越新幹線系統と「あずさ」「ひたち」などの主要特急列車で弁当類やお土産、「シンカンセンスゴクカタイアイス」などのデザート…

  • クリエイターサポートチームに相談した話と皆様へのお願い

    チャンネルの収益化が無効になってから10日以上。とりあえず当座の対策として動画部分を追加した動画をアップしました。今後は映像の比率を増やした動画や、実写動画を追加していく予定です。 また、既存の動画についても映像中心に差し替え可能なものは差し替えていくつもりです。今週末に映像撮影の為に成田と中部空港を中心に出かけるつもりですが、いっそその様子も映像に撮って実写動画のネタにしてしまおうかとw ただニューヨークエアやトランプシャトルのように、既に消滅して映像の入手が不可能なものや、イラン航空のように運航はしてるけど日本路線がなくて撮影不可能なものもありますので、そういった会社は静止画のまま残すしか…

  • エアバスA380生産終了決定。「世界最大の超大型機」が残したもの

    以前から生産中止が噂されていたエアバス社の超大型機「エアバスA380」ですが、遂に2019年2月14日、エミレーツ航空の39機キャンセルを受ける形で生産終了が発表されました。今後受注残の機体を納入したのち、2021年に生産終了となる見込みです。 www.aviationwire.jp A380は昨年にも生産中止の危機にありましたが、エミレーツ航空が新たに20機を確定発注し、いったんは生産継続が決まりました。エミレーツが追加発注を行ったのは既存のA380の更新用としていましたが、かねてよりA380改良型の開発をエアバスに求めており、この発注も改良型の就航までA380の製造ラインを維持するのが最大…

  • 羽田空港の国際線配分で日米路線が半分近くに。どこに何枠配分される?

    2月12日、石井国土交通大臣は記者会見で2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた羽田空港国際線の発着枠について、日本とアメリカの航空会社に12便ずつ割り当てると発表しました。国際線の発着枠増加は50便なので、半数近くが日米路線の増強に充てられることになります。 headlines.yahoo.co.jp ・なぜ今回の配分はアメリカに手厚いのか さて、他の国の割合がまだ出ていないので断定はできませんが、今回の配分はアメリカに手厚いものになりそうです。 2010年の再国際化の時は全体で40便に対し、アメリカ路線の割り当ては8便、2016年の配分の時は同じく全体40便に対しアメリカ路線は…

  • お知らせと今後の動画投稿の方針について

    既にツイッターでご存知の方もおられるかと思いますが、2月6日(水)に私のYouTubeメインチャンネル「迷航空会社列伝」が「繰り返しの多いコンテンツ」と判定され、収益化無効になりました。ここしばらく私と同じようなゆっくり解説系のチャンネルが収益化はく奪されていたので、遂に私のところにも来てしまったか、と言う思いです。 通知が来たあと、私なりに色々調べてみました。推測ではありますが、はく奪の理由となったガイドラインの「繰り返しの多いコンテンツ」の詳細の中の ・「第三者のコンテンツを合成音声が読み上げたもの、または意味を成さないコンテンツ」のうちの「合成音声」 ・「説明、解説、教育的価値が最小限ま…

  • ANAが737MAX 8を発注。世界的にも珍しいA320と737の共存はまだまだ続く・・・

    1月29日、ANAホールディングスはボーイング737MAX 8を最大30機発注すると発表しました。737-800型の後継機として2021年度から2025年度にかけて納入される予定で、内訳は確定発注20機、オプション発注10機となります。 737MAXシリーズの発注は以前スカイマークが発注意向を示していましたが、経営破たんの混乱から延期され、日本トランスオーシャン航空も737-800型12機を発注した際に後半の6機を737MAXに変更できるオプションを持っていましたが、結局その権利を行使することはなさそうですので、結果的に日本ではANAが最初の発注者と言う事になりました。www.aviation…

  • 京王観光の不正乗車問題・今後予想されるペナルティと影響は

    1月9日、京王電鉄系の大手旅行会社、京王観光が10年間にわたり団体乗車券を実際よりも少ない人数で発券し、約2億円を不正に詐取していたと週刊文春で報道されました。その後他のマスコミもこのニュースを報道し、京王観光も事実であると認めました。headlines.yahoo.co.jp ・旅行会社とJRの「信用」を悪用した京王観光の不正の手口 さらにその後、1月16日にはその不正乗車の手口も週刊文春で報道されました。京王観光に限らず、大手や中堅レベルの旅行会社の多くはJR各社の乗車券を発見する端末「マルス」を持っているのですが、この端末はJRのものと同様、通常の切符に加えて団体乗車券の予約や発券が可能…

  • リニアのセキュリティ対策は今後どうなるのか、手荷物検査実施の可能性は

    随分間が空いてしまいましたが、東海道交通戦争の新作、リニア建設の不安要素についてまとめました。現在YouTubeでのみ公開中ですが、間もなくニコニコでもアップ予定です。 東海道交通戦争 最終章「未来への戦い」⑥リニアの夢への壁 今回はリニアの不安要素の中から、手荷物検査実施の是非を含めたセキュリティ問題について掘り下げたいと思います。狙ったわけでも何でもないのですが、動画を投稿した直後に政府が鉄道でのテロ対策強化の為、駅での手荷物検査の実証実験を検討していると報道されました。東京メトロ霞ヶ関駅が候補となっており、早ければ2月にも実施する方向で調整しているそうです。 headlines.yaho…

現在の順位 :35,648
close