chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
税務調査は怖くない https://wono1111.hatenablog.com/

税務調査を怖いと思っていませんか。税務調査は健康診断と同じです。普通にしていれば恐れることはありません。税金相談、税務調査の対応などを ご希望の方は wonozeimu@gmail.com までお気軽にご連絡ください。

wono
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/12/27

arrow_drop_down
  • 証拠収集の重要性(その2)-契約書等の法的効果を否認-

    東京国税局課税第一部国税訟務官室では、税務署職員に対して「調査に生かす判決情報」と題 して「調査手続」や「証拠の収集と保全」など調査等に役立つポイントについて、具体的事例や判例を紹介しながら、数回に分けて発信しています。 「彼を知り己を知れば百戦殆からず」と言います。税務署がどのように考えているのかを知ることは重要です。 納税者意識の高まりを受けて、課税処分の所得金額の争いにとどまらず、調査手続の違法性を併せて争う事例が増加していることから、税務署に以下のように注意喚起をしています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 調査担当者が、調査時に本件土地売買…

  • M&Aの費用 ソフトバンクグループでM&Aの費用の税務処理のニュース

    2023年1月24日のニュースで、ソフトバンクグループでM&A費用の税務処理について、税務当局と見解の相違があり、税務調査で指摘された旨の記事が掲載されました。 記事の内容から会社がどのような事実をどのような処理をしたか判断すると ・M&Aを行うにあたって、デューデリジェンス(財務調査や法的調査等)費用や弁護士費用を費用計上した。 税務当局は ・デューデリジェンス費用や弁護士費用を株の取得価額に算入すべき とした。 さて、M&Aを行う上で、買収する会社にどのようなリスクがあるか確認しないと、買収後に非常に大きな出費が生じることがあります。また、本来であれば、リスクのために低い価額であるはずが、…

  • 管理組合は人格のない社団等に該当するのか (平成25年10月15日裁決の一部)

    マンション等の管理組合で法人税法上の収益事業を行った場合、法人税の課税が行われるのでしょうか。 法人税法では、人格のない社団等が法人税法上の収益事業を行った場合には、法人税課税がされることとなっています。したがって、マンション等の管理組合が人格のない社団等に該当し、かつ、法人税法上の収益事業を行った場合は法人課税がなされます。 しかし、そもそも、マンション等の管理組合が人格のない社団等に該当するのでしょうか。 (状況) A管理組合は、区分所有法第47条第1項の規定による管理組合法人として登記されていない。 A管理組合を構成する組合員の資格は、団地の各建物の区分所有権を有する者とし、組合員の包括…

  • 証拠収集の重要性(その1)-寄附されたのか、役務の提供の対価なのか-

    東京国税局課税第一部国税訟務官室では、税務署職員に対して「調査に生かす判決情報」と題 して「調査手続」や「証拠の収集と保全」など調査等に役立つポイントについて、具体的事例や判例を紹介しながら、数回に分けて発信しています。 「彼を知り己を知れば百戦殆からず」と言います。税務署がどのように考えているのかを知ることは重要です。 納税者意識の高まりを受けて、課税処分の所得金額の争いにとどまらず、調査手続の違法性を併せて争う事例が増加していることから、税務署に以下のように注意喚起をしています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 証拠資料の収集に対する相手方の調査…

  • 役員の不正取引・売上除外 (平成27年7月1日裁決の一部)

    法人において、あってはならない売上除外などの不正取引ですが、内部統制の不備により従業員が不正取引を行ったり、経営者が行ったりすることは多々あります。 役員などの経営者が売上除外などの不正取引が行われた場合には、法人側では役員賞与として損金不算入、役員個人の所得税では給与所得として認定され、法人及び個人で課税がなされることになります(税理士の中では「往復びんた」と言われています)。 (状況) A社は、農産物の生産及び販売を目的として設立された法人であり、設立日以後、取締役に就任しているBさん、Cさん及びDさんが、A社の株式を所有している。 Bさん、Cさん及びDさんは、A社のハウスをそれぞれ管理し…

  • 調査手続の適法性の立証は、調査担当者の証言が決め手=そのためには、調査経過の記録が必要

    東京国税局課税第一部国税訟務官室では、税務署職員に対して「調査に生かす判決情報」と題 して「調査手続」や「証拠の収集と保全」など調査等に役立つポイントについて、具体的事例や判例を紹介しながら、数回に分けて発信しています。 「彼を知り己を知れば百戦殆からず」と言います。税務署がどのように考えているのかを知ることは重要です。 納税者意識の高まりを受けて、課税処分の所得金額の争いにとどまらず、調査手続の違法性を併せて争う事例が増加していることから、税務署に以下のように注意喚起をしています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 調査手続の適法性が争点の一つとなっ…

  • 青年会議所の費用 (平成27年7月28日裁決の一部)

    法人の代表者が、青年会議所やロータリークラブ、ライオンズクラブ等の地域の団体に所属している例はたくさんあります。通常、代表者は自己のためより、法人の営業等につなげるためなど、法人の利益に資するために所属していることが多いと思います。しかし、法人税の通達では、このような団体の費用について、法人の交際費や寄付金、さらに費用と認めず代表者個人の支出とされてしまうことがあります。 通達抜粋 法人がロータリークラブ又はライオンズクラブに対する入会金又は会費等を負担した場合には、次による。 (1)入会金又は経常会費として負担した金額については、その支出をした日の属する事業年度の交際費とする。 (2) (1…

  • 重加算税の付加要件 (令和元年11月19日裁決の一部)

    税務調査などで修正申告をした場合、追加に支払う税金の他に加算税と延滞税が課せられます。加算税は間違えて申告してしまったこと等に対してのペナルティーの意味合いのもので、延滞税は利息の意味合いのものです。 この加算税ですが、単純に誤って申告してしまった場合と意図して税金を少なくして申告した場合とで支払う加算税の金額は変わります。また、意図して税金を少なくして申告した場合の加算税(重加算税)が課せられるとそれ以降の税務署の見方が変わってきますので、重加算税が課せられないように正しい申告をすることが必要です。 (状況) Aさんは、平成27年4月○日に死亡し相続が開始した。相続人は、Aさんの母であるBさ…

  • 重加算税の付加要件 (令和2年3月10日裁決の一部)

    税務調査などで修正申告をした場合、追加に支払う税金の他に加算税と延滞税が課せられます。加算税は間違えて申告してしまったこと等に対してのペナルティーの意味合いのもので、延滞税は利息の意味合いのものです。 この加算税ですが、単純に誤って申告してしまった場合と意図して税金を少なくして申告した場合とで支払う加算税の金額は変わります。また、意図して税金を少なくして申告した場合の加算税(重加算税)が課せられるとそれ以降の税務署の見方が変わってきますので、重加算税が課せられないように正しい申告をすることが必要です。 (状況) A社は、建物に発生していた雨漏りを防止するための修繕工事について、B社に対し、工事…

  • 消費税の扱い 就労継続支援B型事業所が障害者に支払うお金は業務委託の支払か、単純な給付か ニュース

    2023年1月6日のニュースで、就労継続支援B型事業所が障害者に支払うお金は作業に応じた業務に対する対価なのか、就労訓練を行う福祉サービスに伴ってお金を渡す給付に過ぎないのかという記事が掲載されました。 これでは、何が議論なのか分からないので、この記事の前提を説明すると ・これは消費税に関する税務訴訟の話 ・消費税は、作業に応じた業務に対する対価であれば消費税は課税されることになり、支払った方(就労継続支援B型事業所)はその支払った金額に応じ、消費税を申告する時にその額を控除することができる。一方、作業に応じた業務に対する対価でなく福祉サービスに伴ってお金を渡す給付や給与であれば消費税は課税さ…

  • 重加算税の付加要件 (令和2年2月13日裁決の一部)

    税務調査などで修正申告をした場合、追加に支払う税金の他に加算税と延滞税が課せられます。加算税は間違えて申告してしまったこと等に対してのペナルティーの意味合いのもので、延滞税は利息の意味合いのものです。 この加算税ですが、単純に誤って申告してしまった場合と意図して税金を少なくして申告した場合とで支払う加算税の金額は変わります。また、意図して税金を少なくして申告した場合の加算税(重加算税)が課せられるとそれ以降の税務署の見方が変わってきますので、重加算税が課せられないように正しい申告をすることが必要です。 (状況) A社は、平成15年11月期までは税理士が作成した確定申告書を提出していたが、平成1…

  • 消費税の免税 アップルジャパンで消費税140億円追徴課税のニュース 追加 源泉義務の方が酷な制度

    2022年12月27日のニュースで、アップルジャパンで消費税について140億円分の追徴課税がなされた旨の記事が掲載されたことを記載しましたが、さらに、某経済新聞の2022年12月28日の記事に、ある国税OB税理士のコメントがありました。 そのコメントは 「国税側のチェック業務を民間の免税店に負わせているようなもので酷な制度だ」 とありました。 確かに、その通りです。 しかし、免税店はその店舗が手上げ方式で、やりたくなければ免税店を許可の申請をしなければよく、売上や利益を伸ばすため免税店になったのであれば、やはり、ある程度の業務が生じ、デメリットが生じることは致し方ないことかもしれません。 免税…

  • 役員賞与 ジャニーズ事務所でお年玉が役員賞与に認定のニュース

    2022年12月28日のニュースで、ジャニーズ事務所が所属タレントにお年玉を渡したことについてジャニーズ事務所と関連会社2社の社長である藤島ジュリー恵子氏の役員所与として認定したとの記事に掲載されました。 記事の内容だけから会社がどのような処理をしたか判断すると ・ジャニーズ事務所と関連会社2社から所属タレントにお年玉を渡した ・各社でお年玉の支払の処理を交際費として処理した となります。 一方、税務署の判断としては ・藤島ジュリー恵子氏が所属タレントにお年玉を渡した ・お年玉を渡したのは藤島ジュリー恵子氏であるから、ジャニーズ事務所と関連会社2社での交際費は認められない。 ・お年玉のお金はジ…

  • 消費税の免税 アップルジャパンで消費税140億円追徴課税のニュース

    2022年12月27日のニュースで、アップルジャパンで消費税について140億円分の追徴課税がなされた旨の記事が掲載されました。 記事には 訪日外国人が転売を目的としてiPhoneを購入していた。 1人が1回に数百台を購入していた例もあった。 消費税は国内の取引に係るため、外国の観光客が土産物を日本から海外に持ち出すときには、消費税はかからないが、転売目的であれば課税される。 との記載がありました。 さて、ここで輸出についての消費税について考えてみると 日本から海外に輸出した場合には、きちんとした手続きを取れば、輸出免税の規定があり、消費税はかからないこと になります。 したがって、転売目的で日…

  • 重加算税の付加要件 (令和3年6月24日裁決の一部)

    税務調査などで修正申告をした場合、追加に支払う税金の他に加算税と延滞税が課せられます。加算税は間違えて申告してしまったこと等に対してのペナルティーの意味合いのもので、延滞税は利息の意味合いのものです。 この加算税ですが、単純に誤って申告してしまった場合と意図して税金を少なくして申告した場合とで支払う加算税の金額は変わります。また、意図して税金を少なくして申告した場合の加算税(重加算税)が課せられるとそれ以降の税務署の見方が変わってきますので、重加算税が課せられないように正しい申告をすることが必要です。 (状況) Aさんは、平成17年から、 1.幼稚園等から委託を受け、講師として幼児等に体操等の…

  • 亡くなった方の預金の不明出金が相続財産か否か (令和3年6月24日裁決の一部)

    亡くなった方が亡くなる前に病気等で預金等の管理ができなくなるケースは多々あります。この場合、預金等の管理を任された方が誠実に行っているのであれば問題は起きませんが、亡くなった方の預金を自分の預金等として使ってしまうこともあり、相続で争いが生じることがあります。 相続税では、このような亡くなった方の預金等を自分の預金等として使ってしまった場合、それを相続財産の一部と看做されることがあります。 実際には預金等は使われてしまって残っていないのですが、それに対して相続税が課せられることになり、相続税の納税が非常に大変になります。 (状況) Aさんは平成29年7月○日に死亡し、その相続開始した。 Aさん…

  • 会社代表者に対する業務委託費の役員賞与認定 (平成28年3月31日裁決の一部)

    会社から個人へ業務委託費を支払った時には、損金算入が当然できるものと思います。しかし、法人税法では、みなし役員の規定があり、個人がみなし役員に該当してしまうと支払った業務委託費がみなし役員に対しての役員報酬に認定され、定時同額部分のみが損金算入でき、それ以外の部分については役員賞与として損金不算入になります。また、消費税についても業務委託費であれば支払った消費税を控除できますが、役員報酬は不課税になってしまい控除できなくなってしまいます。 このケースでは、税務調査において更正処分を行うために集めた資料が十分でなかったのか、そもそも、みなし役員に該当しないような状況であったのに税務署が無理やりみ…

  • 建物の解体費用の資産計上・必要経費計上の区分 (平成28年3月3日裁決の一部)

    建物を解体したときに発生する費用は、通常、除却費用として必要経費に算入されると思います。しかし、土地を更地にしなければならないことにより建物を解体したり、無償で賃貸借を行っていた建物を解体したりした場合には、土地の取得費に算入される場合があります。 (状況) Aさんは、B社と平成23年12月19日付で事業用定期借地権設定契約のための覚書を取り交わした。 Aさんは、C社と平成23年12月19日付で建物の解体工事を代金○○○○○○円で請け負う旨の請負契約を締結した。 取り壊した建物は平成6年からAさんの同族会社となるD社に賃貸され、平成21年11月までは賃料の支払はあったが、平成21年12月以降賃…

  • 造成費用の資産計上・必要経費計上の区分 その3(平成28年3月3日裁決の一部)

    土地の造成を行った場合、様々な費用がかかります。整地工事、外構造成工事、土留め工事、境界等整備など、それぞれの土地状況によって、工事の種類、金額等千差万別です。 土地の取得費に算入すべきものとなる工事や構築物として資産計上される工事、必要経費として認められる工事等ありますが、その区分は、一概に確定できず、その内容を確認しながら判断することになります。 (状況) Aさんは、B社に店舗用地として貸し付けるための土地の造成を行うために、C社との間でその土地に係る造成等工事を代金○○○○○○円で請け負う旨の請負契約を締結した。 土地に係る造成等工事には、外構工事・造成工事、乗入・側溝改修工事、雑工事に…

  • 造成費用の資産計上・必要経費計上の区分 その2(平成28年3月3日裁決の一部)

    土地の造成を行った場合、様々な費用がかかります。整地工事、外構造成工事、土留め工事、境界等整備など、それぞれの土地状況によって、工事の種類、金額等千差万別です。 土地の取得費に算入すべきものとなる工事や構築物として資産計上される工事、必要経費として認められる工事等ありますが、その区分は、一概に確定できず、その内容を確認しながら判断することになります。 (状況) Aさんは、B社に店舗用地として貸し付けるための土地の造成を行うために、C社との間でその土地に係る造成等工事を代金○○○○○○円で請け負う旨の請負契約を締結した。 土地に係る造成等工事には、外構工事・造成工事、乗入・側溝改修工事、雑工事に…

  • 造成費用の資産計上・必要経費計上の区分 その1(平成28年3月3日裁決の一部)

    土地の造成を行った場合、様々な費用がかかります。整地工事、外構造成工事、土留め工事、境界等整備など、それぞれの土地状況によって、工事の種類、金額等千差万別です。 土地の取得費に算入すべきものとなる工事や構築物として資産計上される工事、必要経費として認められる工事等ありますが、その区分は、一概に確定できず、その内容を確認しながら判断することになります。 (状況) Aさんは、B社に店舗用地として貸し付けるための土地の造成を行うために、C社との間でその土地に係る造成等工事を代金○○○○○○円で請け負う旨の請負契約を締結した。 土地に係る造成等工事には、外構工事・造成工事、乗入・側溝改修工事、雑工事に…

  • 税務訴訟の弁護士費用(平成28年5月30日裁決の一部)

    所得税では、必要経費に算入することができるものは、売上原価や直接要した費用、販売費、一般管理費や収入を得るため業務について発生した費用の額となります。 売上原価や直接要した費用は、比較的明確に必要経費として認められるものと認められないものと区別することができます。 しかし、販売費、一般管理費や収入を得るため業務については、本当のその収入を得るために支出したものなのかどうかの判断が難しいことがあります。 今回のケースは、税務訴訟の弁護士費用が必要経費として参入することができるかどうかが問題となりました。 (状況) Aさんは、平成25年12月20日に、平成○年分、平成○年分及び平成○年分の○○の取…

  • 同族会社の行為又は計算の否認 過大賃借料(平成28年5月30日裁決の一部)

    個人とその個人等が株主の会社(同族会社)との間の取引については、取引金額等が個人や同族会社の都合のいいように決めることができます。 普通ではありえない取引が行われ、税金の金額が不当に低くなった場合には、その取引を税務署側で通常の取引であったとしたときの取引金額で計算して、その取引金額で税金の金額を計算することができます。 ただ、これは非常にレアケースで、よほどのことがない限り税務署はこのようなことは行わず、伝家の宝刀と言われていますが、時々、この宝刀の威力が発揮されることがあります。 (状況) Aさんは医師であり、平成○年1月から医業を営んでいる。 Aさんの妻のBさんはC社の代表取締役で、C社…

  • 財産評価通達ではなく鑑定評価での相続財産の評価・総則6項の適用(令和4年4月19日最高裁判決)その2

    先日、勉強会の中で、この最高裁の判決の話題が出ました。この話題の当初は、やはり、判決文のみからわかる事実関係だけで話が進んでいましたが、実際の事実関係(2020年9月7日の記事を参照してください)を説明したところ、色々な議論がなされました(結論は、否認される具体的な線引きが分からず、この判決と同じような相続の場合には、評価通達で評価するか、鑑定評価で評価するか納税者に提案し、評価通達で評価した場合には納税者にリスクがある旨説明、書面にて確認書等を取るしかないかとなりました)。その中で、印象に残ったのは、今回の判決では、事業の経済的合理性の判断が全く入っていないということです。 個人であろうが法…

  • 為替差益の収益認識のタイミング(平成28年6月2日裁決の一部)

    外貨建ての預金を保有している場合、外国通貨と円との相場の関係で、為替差損益が生じます。外貨建ての預金を動かさず。引出して円に両替したり、円の預金に振替えたりしなければ、所得税法上、所得に該当しません。しかし、円に両替、円の預金に振替えたりした場合には、為替差損益が生じ、所得税法上は雑所得に該当することになります。 税法に詳しくない人にとっては、単に、外貨預金を円預金に振替えただけなのに、所得税が発生するイメージはありませんが、外貨建ての預金を保有して出金をした場合には、所得税の納付が必要となる場合があります。 (状況) Aさんは、平成21年5月29日、Aさん名義の外国通貨建預金を開設した。 A…

  • 減価償却費の損金算入のタイミング(平成30年3月27日裁決の一部)

    法人税において、減価償却費は損金経理(会計上費用処理)した金額までしか損金として認められておりません。また、減価償却費として任意の金額を損金経理(会計上費用処理)しても全額認められるわけでなく、損金経理(会計上費用処理)された金額のうち償却限度額までが法人税法上損金に認められることになります。償却限度額より超過している部分については、次期以降、償却限度額よりも損金経理(会計上費用処理)した金額の方が小さい決算期において、超過金額か償却限度額に足りない金額のどちらか小さい金額が損金に認められます。 減価償却資産を購入する等の新規取得があった場合、その資産が事業の用に供したときから減価償却費が損金…

  • カフェテリアプランの源泉の要否(令和2年1月20日裁決の一部)

    大会社や設立間もない会社でも、従業員の福利厚生の一環として、カフェテリアプランの導入が進んできています。しかし、カフェテリアプランの選択肢の中には、カフェテリアプランを利用したときに、すべて所得税等の源泉をしなければならないものと、所得税等の源泉が必要のものと源泉が不必要なものとが混在することがあります。 このケースでは、会社の判断が正しいと認められたものです。 (状況) 会社は、使用人の福利厚生の充実等を目的として、毎年4月1日に在籍している従業員等に20ポイントを付与、1ポイント1,000円相当、有効期間は翌年3月末日までで繰越しはしないものとするカフェテリアプランを導入している。 会社は…

  • 小規模宅地の特例の申告期限(令和3年6月22日裁決の一部)

    相続税では、小規模宅地の特例を適用して相続税額を少なくする制度があります。 しかし、この小規模宅地の特例には、厳しい要件があり、その要件を満たさない場合、特例によって相続税額を少なくすることができなくなります。 小規模宅地の特例の要件の一つとして、相続税の申告書に、この特例の適用を受けようとする旨を記載するとともに、小規模宅地等に係る計算の明細書や遺産分割協議書の写しなど一定の書類を添付する必要があります。 しかし、相続税の申告期限は、通常、亡くなった方(被相続人)の死亡日の翌日から10カ月なっており、それまでに、遺産分割の協議が完了できないことも多くあります。その場合、申告期限までに遺産分割…

  • 相続税における名義預金の判断(令和3年9月17日裁決の一部)

    相続税の税務調査で、亡くなった方(被相続人)が子供や孫の名義の預金を作り、その預金口座にお金を送金している場合に、預金名義の方の財産になるのか、亡くなった方(被相続人)の財産(相続財産)になるのか、よく問題になります。 これについては、お金を送った方とお金をもらった方の双方が、お金をもらったお金を送ったという認識があり、また、もらった方がその貰ったお金を自分で管理しているか等の状況により変わってきます。 名義預金で問題となった場合、亡くなった方(被相続人)の財産(相続財産)として認定され、相続税の対象となることが多いのですが、このケースでは、名義人の預金として相続財産の対象とはなりませんでした…

  • 役員の退職慰労金の支給(令和2年12月15日裁決の一部)

    中小企業の場合、社長や会長が役員を形式的に退任したとしても、経営に参画したままで実質的には退任していないケースがあります。 役員退職慰労金の支払いをした場合、形式的にも実質的にも役員を退任したのであれば、税務調査で問題にはなりませんが、形式的には退任しているが実質的には退任していない場合には、役員退職慰労金の損金算入について問題になる場合があります。 長期間役員に就任していて役員退職慰労金が多額になる場合に法人税法上損金算入が認められない場合には多額の法人税等の支払いが生じるケースがありますので、注意が必要です。 (状況) Aさんは、会社の代表取締役を務めていたが、平成24年11月30日、代表…

  • 使用人兼務役員の要件(令和2年12月17日裁決の一部)

    法人税では、役員賞与については基本的に損金算入できません。 ただし、役員が使用人(部長、課長、その他法人の使用人としての職制上の地位)で、かつ、取締役としての仕事はあまりなく、常に使用人(部長、課長、その他法人の使用人としての職制上の地位)としての仕事をしているので(使用人兼務役員)あれば、使用人部分に関する賞与については損金として認めてもらうことができます。 このケースでは、グループのグループ内の職務分掌の変更に伴い、会社の部長としての地位がなくなってしまったことにより。それ以降の賞与については使用人兼務役員の賞与と認めてもらうことができなくなってしまいました。 (状況) Aさんは、昭和59…

  • 財産評価通達ではなく鑑定評価での相続財産の評価・総則6項の適用(令和4年4月19日最高裁判決)

    令和4年4月19日に最高裁判所において、納税者が財産評価通達によって評価した相続財産を課税当局が行った鑑定評価の方が適切であるとの判決がありました。 この判決の具体的な解説は今回行いませんが、この判例に対して様々な意見、解説等がされております。しかし、非常に多く(多くといいよりはほとんど)事実誤認があり、その事実誤認を前提として意見、解説等がなされております。判決文に事実がきちんと記載されていないことから生じているとは思われますが、主要な事実誤認を記載したいと思います。 1.タワーマンションの事案 タワーマンションの事案という説明がされていることが多くあります。特に、判決文にはタワーマンション…

  • 医薬品(漢方薬等)の範囲(令和元年5月22日裁決の一部)

    所得税の医療費控除において、薬局等で購入した医薬品をどこまで医療費控除の対象とするか判断に迷うことがあります。今はセルフメディケーション税制があり、薬局等で購入した医薬品をセルフメディケーション税制の控除とすることができます。しかし、セルフメディケーションの控除できる上限が88,000円までとなっており、通常の医療費控除と比べ控除額が大きくありません。 令和元年5月22日裁決事例では、薬局等で購入した医薬品については医療費控除の対象と認めてもらうことができませんでしたが、しかし、一定の条件を満たしていれば医療費控除の対象となる可能性を示しています。 (状況) Aさんは母のために、B医薬品、C医…

  • 会社の代表者と会社との不動産賃借料(令和2年4月21日裁決の一部抜粋)

    会社の代表者と会社との不動産賃借料(令和2年4月21日裁決の一部) 会社の代表が保有する不動産を会社に賃貸することはよくあります。 きちんと賃貸借契約書を作成して賃料のやり取りをしていればいいのですが、中小企業では初めの賃貸借契約書を作成しても、なかなか更新の賃貸借契約書や覚書を作成することを忘れ、賃料の減額等を行うことがあります。 会社代表者に対する所得税の税務調査では、賃貸借契約書や覚書等の資料が何もなく賃料の減額等を行った場合、減額分を収入の減額と認めてもらえない場合があります。 しかし、すべての減額が認められないということはなく、きちんとした理由があれば、減額したものと判断されることも…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、wonoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
wonoさん
ブログタイトル
税務調査は怖くない
フォロー
税務調査は怖くない

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用