chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
脳卒中・脊髄損傷、再生医療のニューロテックメディカル https://neurotech.jp/category/saiseiiryou/

脳卒中や脳梗塞・脊髄損傷の再生医療専門クリニックです。幹細胞点滴とサイトカイン+リハビリ療法で後遺症障害を改善するニューロテックメディカル

当サイトでは、脳卒中や脊髄損傷に対する再生医療に関する情報、再生医療をご検討されている方々への治療案内を行っており、また、それら障害に関する情報をブログにて発信しております。 再生医療ブログ:https://neurotech.jp/category/saiseiiryou/ 医療情報ブログ:https://neurotech.jp/category/medical-information/

ニューロテック
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/08/17

arrow_drop_down
  • 脳卒中が疑われるときの応急処置について

    脳卒中の中には、早期に診断して治療を開始する事で予後が改善できるものがありますので、顔や手の麻痺が生じたり、言葉が不明瞭になったりする初期症状には注目しましょう。応急処置は、呼吸や意識の評価と評価に基づく対応、迅速な救急要請、救急隊が到着するまでの安全な体位の確保、また症状や時間経過の記録等しておくことが理想的です。

  • 不整脈による重症な脳梗塞の予防

    不整脈が引き起こす心原性脳梗塞は脳の太い血管に血栓が詰まり、重症になりやすい特徴があります。不整脈を有する場合は予防治療が重要となりますが、発作性の心房細動は診断が難しいことも多く、持続的な心電図検査や、スマートウォッチの心電図機能など新たなデバイスが有用となる可能性があります。

  • 要注意!脳出血になりやすいのはこんな人!

    脳出血は脳を栄養する動脈がなんらかの原因で破綻した結果、脳の細胞が栄養不足で死んでしまう病気です。進行すると頭蓋骨の中を血液が充満し脳そのものを圧迫する可能性があり、その場合死に至る可能性が非常に高くなります。そこで本書では現在までに解明されている脳出血の危険因子について分かりやすく解説していきます。

  • 頚椎後縦靱帯骨化症と胸椎後縦靱帯骨化症の9つのQ&Aで不安を解消!

    後縦靱帯骨化症とは脊柱管を形成する後縦靱帯が骨化・肥厚して内部を走行する脊髄を圧迫する指定難病です。麻痺やしびれなどの症状が進行すれば四肢麻痺や膀胱直腸障害などが出現し、仕事に支障をきたすのみならず、日常生活にも多く影響します。そこで、この記事では後縦靱帯骨化症のよくある9つのQ&Aについてお答えします。

  • ご家族が知っておきたい多系統萎縮症の基本

    多系統萎縮症(MSA)は進行性の神経変性疾患であり、主に中枢神経と自律神経を障害します。運動機能の低下や自律神経症状、異常姿勢が特徴です。平均余命は診断後5〜10年と予後の悪い疾患です。精神的・身体的な支援を含め家族のサポートや医療スタッフとの連携が重要となります。

  • 脊柱管狭窄症による下肢筋力低下の5つの落とし穴や3つの真実と対策

    脊柱管狭窄症とは、脊椎の変性などが原因となり、脊髄が通っている脊柱管が狭くなってしまうことで起こるさまざまな症状のことを指します。この記事では、脊柱管狭窄症による下肢筋力低下の主な原因や見逃しやすい落とし穴、さらに早期診断とリハビリテーションの重要性や、具体的なリハビリテーション方法や生活習慣の改善策を紹介します。

  • 心筋梗塞と脳梗塞の違いと共通点

    心筋梗塞と脳梗塞はどちらも血管が閉塞することで臓器の機能が障害される病気であり、どちらも重要な臓器のため、命に関わる危険性もあります。主な原因はともに動脈硬化であり、普段の生活習慣に注意することでどちらの疾患も同時に予防できます。そこで、この記事では心筋梗塞と脳梗塞の違いや共通点、予防法について詳しく解説します。

  • 片麻痺リハビリの9つのQ&Aで不安を解消!

    脳梗塞後の後遺症として代表的な片麻痺は、歩行や階段の上り下り、手を使った作業など、日常生活の基本動作に大きな支障を与えます。そこで、退院後も通所リハビリテーションや自宅での自主トレで機能の改善・維持を目指すことが重要です。この記事では、片麻痺リハビリにおいてよくある9つのQ&Aについてそれぞれお答えします。

  • 心筋梗塞と脳梗塞の関係9つのQ&Aで不安を解消!

    心筋梗塞と脳梗塞は、ともに動脈硬化症が原因となることの多い疾患です。今回の記事では、心筋梗塞後に脳梗塞のリスクが高まる理由や関連症状、治療法について詳しく解説します。家族のサポートや生活習慣の改善、医療費の情報も含め、心筋梗塞と脳梗塞の関係と対策を網羅した記事です。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 筋力低下で力が入らず顔面麻痺や痺れるの病気とは

    視神経脊髄炎とは、自己抗体によって中枢神経系が多発的に障害される自己免疫性疾患です。視神経・脊髄・大脳・脳幹などさまざまな部位が障害されるため、視力低下や麻痺・しびれ・顔面麻痺など出現する症状も多岐に渡ります。この記事では、顔面の麻痺やしびれをきたす視神経脊髄炎の症状や原因について詳しく解説します。

  • 高次脳機能障害の原因と予防策

    今回は高次脳機能障害の原因と予防策について解説します。脳卒中、外傷、脳腫瘍、感染症、神経変性疾患などが原因となります。予防策として、生活習慣病にならない、定期的な健康チェック、事故や怪我に対する安全対策が大切です。生活習慣病にならないためには、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、ストレス管理などを取り入れましょう。

  • 同時に現れる脳卒中とめまいの警告サイン

    脳卒中の一般的な症状としては、片側の体の麻痺や筋力低下が挙げられますが、脳卒中がめまいと共に現れることがあるということはあまり知られていないのではないでしょうか。脳卒中時に伴うめまいの典型的な症状、顔面のしびれや複視と構音障害の意味、さらには緊急対応が必要な歩行困難と意識障害の症状について詳しく解説します。

  • 再生医療の未来と脊髄損傷治療の革新

    再生医療は、損傷した組織や器官を修復し、機能を再生させるための医療技術です。特に、脊髄損傷治療においては、これまでの治療法では回復が難しいケースも再生医療によって新たな希望が見出されています。この記事では、再生医療の現状とその技術の進化、保険適応の意義、将来展望と課題について、脊髄損傷治療を中心に解説します。

  • パラリンピックで競う障害の種類

    今回はパラリンピックで競う障害の種類について解説します。現在は身体障害、知的障害、精神障害の3種類に分類され競技が行われています。身体障害の原因として、脊髄損傷、四肢切断、小児麻痺、脳性麻痺、視覚障害などがあります。更に、障害の種類や程度によりクラス分け制度が導入され、より公平な競技環境を整備する工夫がなされています。

  • 大脳皮質基底核変性症の予兆と初期症状

    大脳皮質基底核変性症とは、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などと同様に、神経細胞が変性してさまざまな症状をきたす疾患です。大脳皮質と大脳基底核が進行性に変性・障害されていくため、少しでも早期発見・早期治療が肝要です。そこで、この記事では大脳皮質基底核変性症の原因や症状・治療について詳しく解説します。

  • 脳梗塞の性差とその原因

    今回は脳梗塞の性差とその原因について解説します。脳梗塞は、脳の血管が詰まることで脳への血液供給が途絶え、脳が壊死する病気です。性差によって発症率に違いが見られます。原因として、女性はホルモンに代表される生物学的な要因が大きく影響しています。特に、更年期以降のホルモン変化による身体的な変化がポイントとなります。

  • スポーツが原因の脊髄損傷と予防策

    脊髄損傷は交通事故や転落・転倒で生じやすい疾患であり、四肢の麻痺やしびれによってその後の生活に大きな支障をきたす病気です。特に若年者の場合は、水泳やラグビーなどさまざまなスポーツによって受傷する方も多く、注意が必要です。そこでこの記事では、スポーツが原因の脊髄損傷とその予防策について詳しく解説します。

  • 突然下半身に力が入らなくなる脊髄梗塞とは

    脊髄への血流が遮断されることで発生する脊髄梗塞は、激しい痛みや運動障害、感覚喪失、排泄問題を引き起こす可能性があります。今回の記事では、脊髄梗塞とは何か、そしてその影響はどのようなものかを詳しく解説します。さらに、脊髄梗塞の原因、症状、診断方法、リハビリテーション、および再生医療について詳しく説明します。

  • 頭蓋頸椎移行部脊髄硬膜動静脈瘻(CCJ DAVF)とは

    頭蓋頸椎移行部脊髄硬膜動静脈瘻(CCJ DAVF)とは、本来交わることのない脳や脊髄の臓器血流に関わる動脈や静脈が繋がってしまうことで、臓器血流が乱れる病気です。くも膜下出血や脊髄損傷の原因にもなるため、早期から適切な治療を受けることが重要です。そこでこの記事では、CCJ DAVFの病態や治療について詳しく解説します。

  • 筋力低下で力が入らず顔面麻痺や痺れる病気とは

    視神経脊髄炎とは、自己抗体によって中枢神経系が多発的に障害される自己免疫性疾患です。視神経・脊髄・大脳・脳幹などさまざまな部位が障害されるため、視力低下や麻痺・しびれ・顔面麻痺など出現する症状も多岐に渡ります。この記事では、顔面の麻痺やしびれをきたす視神経脊髄炎の症状や原因について詳しく解説します。

  • これからの神経再生医療の進歩と希望

    多くの患者やその家族を困らせてきた脳梗塞をはじめとする神経疾患。これまでその後遺症を治す術はなく、リハビリで機能を維持・改善するのが基本的な治療でした。しかし、近年再生医療の進歩は目覚ましく、新たな治療法として期待が高まっています。この記事では、これからの神経再生医療の進歩と希望について解説します。

  • 脳梗塞後の四分の一盲(クアドランタノプシア)とは

    我々が普段目にしている視野は、目だけでなく目の奥の視神経・視交叉・脳など非常に複雑な経路を通って処理されています。また左右上下の視野はそれぞれ別の経路を通過して認識されるため、障害部位によって視野障害の出方も異なります。ここでは、 脳梗塞後の四分の一盲の原因や機序、日常に与える影響などについて詳しく解説します。

  • 再生医療は脊髄損傷治療の希望となっているのか?

    脊髄損傷によって脳と身体の神経が分断されると、麻痺などの重篤な後遺症を残し、その後の日常生活に大きな支障を与えます。また現状ではリハビリテーションが主な治療であり、機能回復が困難な病気です。一方で、近年では再生医療による治療が注目されており、この記事では再生医療が脊髄損傷治療の希望となっているのかについて解説します。

  • 植え込み型心電形移植術の役割と効果

    脳梗塞の中でも予後の悪い心原性脳塞栓症の主な原因は心房細動をはじめとする不整脈疾患です。不整脈疾患に対しては主に薬物療法や、カテーテルアブレーション、さらにはICDをはじめとするデバイス療法が主に実施されています。そこで、この記事では植え込み型心電形移植術(ICD)の役割と効果について詳しく解説します。

  • フレイルとは何だろう

    フレイルとは、特に高齢者において身体機能が低下するだけでなく、認知機能の低下や社会とのつながりを欠くことによる社会性の脆弱も認める状態です。フレイルが進行すると、要介護状態となり健康寿命が短くなると言われています。ただ予防可能であり対処次第で改善することもあるため、早期に診断し介入することが重要です。

  • 若年性脳梗塞の症状と早期発見の重要性

    若年性脳梗塞には、特有の原因があり、それぞれに典型的な症状がみられます。今回の記事では、脳梗塞の特性、急に現れる症状、そして若年者に特定の動脈解離やもやもや病、抗リン脂質抗体症候群など、若年者特有の原因による脳梗塞の概要を解説していきます。また、早期発見の重要性やリスク管理についても述べていきます。

  • 脊髄損傷による感覚障害について

    脊髄損傷によって内部を走行する感覚の伝導路が障害されると、感覚障害が出現します。脊髄損傷の程度や部位によって感覚障害の出方も異なり、転倒や褥瘡のリスクを増加させるため注意が必要です。この記事では、脊髄損傷による感覚障害について、そのメカニズムや病態別の症状について詳しく解説します。

  • 加齢と脳梗塞発症率の関係

    脳梗塞は年齢と共にその発症率が上昇し、特に50歳を超えると急激にリスクが高まります。最も重要なリスク因子は高血圧で、他にも心房細動、糖尿病、喫煙、肥満が挙げられます。女性では閉経に伴うエストロゲンの減少や、生活習慣病の増加も脳梗塞の発症に関与します。今回の記事では、脳梗塞と年齢の関係などついて解説していきます。

  • 脳幹出血とその影響

    中脳・橋・延髄で構成される脳幹は担っている機能が多彩であるにも関わらず、脳出血の好発部位でもあります。一度出血を起こすと、麻痺やしびれはもちろんのこと、動眼神経や舌咽神経などの脳神経も障害を受けるため、その影響は大きく注意が必要です。そこで、この記事では脳幹出血の原因や症状について詳しく解説します。

  • 首筋の違和感が示す脳卒中の可能性

    首筋の違和感は多くの原因で起こり得ますが、突然の激しい痛みはくも膜下出血の前兆である可能性があります。この病状は脳卒中の一種で、迅速な治療が命を救う鍵となります。特に、椎骨動脈解離が原因で起こる場合があり、重大な神経障害や死に至ることも。今回の記事では、首筋の違和感が示す脳卒中の可能性について解説していきます。

  • ワクチン接種後の視神経脊髄炎発症

    視神経脊髄炎は、視神経と脊髄に炎症が起こる疾患です。典型的な症状として、視覚障害、感覚障害、運動障害などがあります。症状はワクチン接種後、数日から数週間以内に現れますが、ほとんどの場合、数週間から数ヶ月で改善しますが、重症化すると後遺症が残ります。

  • 女性特有の脳梗塞危険因子

    脳梗塞は、脳出血やくも膜下出血とともに脳血管障害といわれています。一般的に脳梗塞は男性に多くみられますが、女性であっても加齢や避妊薬の使用、妊娠、ホルモン補充療法、自己免疫疾患などが原因となり、脳梗塞になってしまう場合があります。そこで、今回の記事では、女性に特有の脳梗塞の危険因子について解説していきます。

  • 脳梗塞後の口の麻痺とよだれ

    脳梗塞によって嚥下障害や顔面神経麻痺が生じ、うまく唾液を口腔内から食道に飲み込めなくなると、口からよだれが出やすくなることがあります。放置すれば、誤嚥してしまい誤嚥性肺炎に陥る可能性もあるため、注意が必要です。この記事では、脳梗塞でよだれが出やすくなるメカニズムや誤嚥性肺炎の予防法について詳しく解説します。

  • 海馬硬化を伴うてんかんの診断と治療

    海馬硬化を伴うてんかんとは、成人における難治性てんかんの1つであり、記憶を司る海馬が硬化・萎縮し、てんかん発作をきたす病気です。薬物療法に反応しにくく、他のてんかんを引き起こす病気と異なる症状や経過を辿る点でも特徴的な疾患です。そこで、この記事では海馬硬化を伴うてんかんの症状や所見、治療法などについて詳しく解説します。

  • 再生医療で幹細胞治療のおすすめな方法

    義手や義足から始まり、失った機能を再生させる再生医療は徐々に進化し、現在では幹細胞治療が主流となっています。整形外科疾患や神経疾患など、これまで完治困難であった病気の後遺症に対して、完治を目指すことができる可能性があり、注目度も上がっています。そこで、この記事では幹細胞治療の基礎知識や今後の展望について解説します。

  • 神経障害にはなぜ骨髄由来の幹細胞治療が最適なのか

    脳梗塞や脳出血によって損傷した神経細胞は、これまで基本的には再生できないと考えられてきました。しかし、近年の再生治療の発達に伴い、徐々に幹細胞治療がもたらす効果や適切な投与法などが明らかとなり、神経疾患への臨床応用も進んでいます。この記事では、神経障害にはなぜ骨髄由来の幹細胞治療が最適なのかについて詳しく解説します。

  • 脳梗塞後遺症は幹細胞治療で本当に良くなるのか?

    脳梗塞は、脳の血管が詰まってしまうことで手足の麻痺や呂律困難などの後遺症を引き起こしてしまう可能性がある疾患です。再生医療によって、傷ついた脳神経が修復され、後遺症の改善が期待できる可能性があります。今回の記事では、再生医療と脳梗塞後遺症の関係について述べていきます。

  • 多系統萎縮症の寿命と予後

    多系統萎縮症(Multiple System Atrophy、MSA)は、進行性の神経変性疾患であり、主に中枢神経と自律神経を障害します。病気の進行が速く様々な合併症が出現するのが特徴です。有効な治療法は現時点では無いため、症状に応じた対症療法が中心となります。平均余命は診断後5〜9年であり難治性で予後が悪い疾患です。

  • 脊髄損傷の神経障害に脂肪由来幹細胞治療は適切なのか

    脂肪由来幹細胞(ADSCs)治療は、再生医療の一つで、神経保護効果や組織修復の促進により、脊髄損傷などによる神経障害の改善にも有効である可能性が示唆されています。さらに、リハビリとの組み合わせで、機能回復が促進される可能性があります。今回の記事では、ADSCsの実際の方法や効果についても解説していきます。

  • 脳出血後遺症でどのタイプの再生医療を選ぶべきか

    脳出血の後遺症は、出血した部位や発症時の重症度により異なります。これらの後遺症は、リハビリテーションに加えて再生医療を用いることで改善できる可能性があります。再生医療として骨髄由来幹細胞・脂肪由来幹細胞・歯髄由来幹細胞などが用いられます。今回の記事では、これらの再生医療や、リハビリテーションを早期開始することのメリットなどを説明します。

  • 【再生医療|右半身麻痺】脳静脈瘤奇形の術後麻痺右半身麻痺 10代 SK様

    今回は幹細胞点滴3回目の投与前診察時と幹細胞点滴3回目の投与中リハビリの様子となります。上肢下肢ともに動作に改善が見られるようになり、特に手に関しては物を掴めるようになるなどの改善がありました。実際の様子をご覧ください。症状:2021年 脳静脈瘤奇形の術後麻痺 右半身麻痺 10代 SK様

  • 脳梗塞患者が次に考えるべきこと

    脳梗塞は麻痺やしびれなど、日常生活に大きく影響する後遺症を残す可能性のある病気です。また再発すればさらに後遺症が加わる可能性もあるため、初回発症後の生活においては再発予防のために注意すべきことがたくさんあります。そこでこの記事では、脳梗塞患者が次に考えるべきことについて詳しく解説します。

  • 幹細胞を点滴で体に戻す大きな理由

    幹細胞の点滴は、再生医療の革新的治療の一つで、将来的に幅広い領域へ応用が期待されるです。体内に幹細胞を戻すことで、損傷した組織や臓器の修復や免疫系の調整が期待できます。従って、これまでの治療で改善が得られなかった、自己免疫疾患、炎症性疾患、外傷などの新たな治療として期待が持てます。

  • 神経障害にはなぜ骨髄由来の幹細胞治療が最適なのか

    脳梗塞や脳出血によって損傷した神経細胞は、これまで基本的には再生できないと考えられてきました。しかし、近年の再生治療の発達に伴い、徐々に幹細胞治療がもたらす効果や適切な投与法などが明らかとなり、神経疾患への臨床応用も進んでいます。この記事では、神経障害にはなぜ骨髄由来の幹細胞治療が最適なのかについて詳しく解説します。

  • 脂肪由来の幹細胞治療で有効だとされている疾患

    脂肪由来幹細胞治療は、採取した脂肪から幹細胞を培養、抽出し、損傷した組織に注入することで効果を発揮する治療法です。変形性膝関節症をはじめ、さまざまな疾患に対して効果が期待されています。今回の記事では、脂肪由来幹細胞治療の効果や適応疾患、さらに同じ再生医療である骨髄由来幹細胞治療の良い適応疾患についても触れていきます。

  • 脳卒中患者の後遺症改善に一番可能性が高いとされる方法

    脳卒中は突然に起こり、患者の生活に大きな影響を及ぼします。脳卒中後のリハビリテーションは、早期開始が重要とされています。脳卒中後の後遺症改善のためには、神経障害への多面的アプローチと継続が大切です。今回の記事では、脳卒中後の改善のためのリハビリテーションにはどのようなものがあるか詳しく解説します。

  • 脳出血を再発させないための生活改善とは

    脳卒中の再発を防ぐには健康的な日常生活を送ることが第一です。まず、血圧の管理を徹底して定期的な運動を取り入れましょう。さらに、バランスの取れた食事、塩分の摂取制限、ストレスを軽減するためのリラックス法を実践して下さい。禁煙と適度なアルコール摂取にも心がけましょう。

  • 急性硬膜下血腫の原因について

    急性硬膜下血腫とは、脳を保護する硬膜と呼ばれる膜の下層において出血をきたし、蓄積した血腫が脳を圧迫する病気のことです。原因は交通事故や転倒などに伴う頭部外傷であり、場合によっては脳実質そのものも障害される可能性があり、重い後遺症を残す可能性もあります。この記事では、急性硬膜下血腫の原因や予防法について詳しく解説します。

  • 発症から回復へ脳出血後の麻痺改善の道のり

    脳出血の後遺症の中でも麻痺は代表的な後遺症であり、歩行や体位変換などの日常動作に大きな影響を与えるため注意が必要です。そこで、症状改善のためには脳出血発症早期から適切なリハビリテーションの実施が重要です。この記事では、脳出血後の麻痺について、発症早期から回復までの道のりについて詳しく解説します。

  • 脳梗塞後遺症など神経障害に最適とされる再生医療とは

    脳梗塞が起こると、脳神経がダメージを受け、その機能が損なわれることで麻痺や言語障害、感覚障害などの後遺症が残ってしまうことがあります。幹細胞治療は神経障害の治療において大きな可能性を秘めています。この記事では、幹細胞治療がどのようにして神経障害の治療に役立つのか、そのメカニズムや期待される効果について詳しく説明します。

  • 脳梗塞にはどんな後遺症があるのか

    脳梗塞には麻痺やしびれなど、さまざまな後遺症を伴います。これらの後遺症は移動や歩行などの基本的な日常動作に支障をきたし、失語症や記憶障害・情動障害などの高次脳機能障害は他者とのコミュニケーションにも支障をきたすため、早期から適切に対策することが重要です。この記事では、脳梗塞に伴う後遺症について詳しく解説します。

  • 脳卒中の5つの悩みを詳しく解説

    脳卒中を一度発症すると麻痺やしびれ、構音障害や嚥下障害、失語症などさまざまな症状が発症します。これらの症状はそれぞれ異なるメカニズムで発症しており、取るべき対策も異なります。そこでこの記事では、上記のような脳卒中にまつわるお悩みについて、その原因や対策も含めて詳しく解説します。

  • 幹細胞治療をやってみたいと思うあなたへ提案できる事

    幹細胞治療は、注目されている再生医療の一つです。特に自己脂肪由来幹細胞を用いた治療は、その安全性と効果により多くの研究者や医師から期待されています。この記事では、幹細胞治療を受ける際に気をつけるポイントや、幹細胞治療の効果や可能性について解説していきます。

  • 骨髄由来の幹細胞はなぜ脂肪由来の追随を許さないのか

    骨髄由来幹細胞治療と脂肪由来幹細胞治療は、ともに再生医療において重要なものです。骨髄由来幹細胞は、特に神経障害の治療において優れた効果を示しています。脂肪由来幹細胞も多様な治療に応用されていますが、骨髄由来の幹細胞が一部の分野で優位性を保っています。今回の記事では、これらの治療についてそれぞれ詳しく解説していきます。

  • 急性硬膜下血腫の死亡率について

    急性硬膜下血腫は、主に頭部外傷に伴って出現する頭蓋内の出血であり、脳挫傷を伴いやすいことから予後不良な病気と考えらえています。特に、出血や脳挫傷の程度が激しい場合、その後の脳浮腫や血腫による脳の圧迫によって脳ヘルニアに陥り、死に至るケースも少なくありません。この記事では、急性硬膜下血腫の死亡率について詳しく解説します。

  • 幹細胞治療で注射でなくなぜ点滴で投与するのか

    幹細胞点滴とは、自身の身体から抽出した幹細胞を培養し、増殖させて身体に返還する新たな再生医療の1つです。簡易的に採取可能で、かつ自身の細胞を使用するため、アレルギーや免疫反応のリスクも低いため、近年さまざまな分野での応用が進んでおります。この記事では、幹細胞治療のメリット・デメリット、効果などについて詳しく解説します。

  • 脳梗塞による左半身麻痺の症状と特徴

    脳梗塞とは脳に栄養を送る血管がつまり、脳に酸素や栄養が行かなくなるため脳が損傷し身体の機能が障害される病気です。脳の損傷部位によって、身体に様々な症状が起きますが、中でも左半身の動きが弱くなったり、制限が出現した状態を左半身麻痺といいます。重度になると日常生活における様々な行動に支障を来す可能性がありますので早期治療が重要です。

  • 脳卒中の危険因子とその影響

    高血圧や高コレステロール血症、糖尿病などの生活習慣病、肥満や喫煙、運動不足、過度のアルコール摂取などの悪い生活習慣が危険因子になります。いずれも脳血管にダメージを与えるので、脳卒中の発症リスクを増加させます。これらの因子をしっかり管理し健康的な日常生活を送ることが予防の観点から重要です。

  • 脊髄小脳変性症の予後と寿命

    脊髄小脳変性症とは、進行性に小脳や脊髄の神経細胞が変性してしまうことで、歩行時のふらつきやろれつが回らなくなるなどの症状が出る神経変性疾患です。脊髄小脳変性症には遺伝子の関与が考えられるものもあります。今回の記事では、脊髄小脳変性症の予後や寿命について、詳しく解説していきます。

  • 脊髄損傷における痛みについて

    脳からの運動の指令を身体に、身体からの痛みなどの感覚を脳に伝達する脊髄を損傷すると、麻痺やしびれなどの神経症状が出現します。発症早期には痛みが知覚できなくなりますが、時間の経過とともに今まで感じたことのない痛みを知覚することもあり、注意が必要です。この記事では、脊髄損傷における痛みの特徴や原因について解説します。

  • 視神経脊髄炎の寿命と再発について

    視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders:NMOSD)の影響、症状、そして再発予防に関する包括的ガイド。このブログでは、病気が寿命にどう影響するかから、症状の詳細、予防策まで、あなたが知る必要があるすべてを解説します。

  • 変形性頚椎症の基本知識

    変形性頚椎症とは、加齢に伴い頚椎に負担が加わり、徐々に変形することで脊髄や近隣の神経を圧迫し、さまざまな神経症状をきたす疾患です。場合によっては下肢麻痺や排尿障害など、日常生活に大きな支障をきたす後遺症を残す可能性もあり注意が必要です。そこで、この記事では変形性頚椎症の症状や診断方法について詳しく解説します。

  • 脳梗塞による顔面麻痺の治療とリハビリ

    顔面麻痺は、顔の筋肉を動かすための顔面神経が麻痺してしまうことで、目や口の周りの筋肉が動かなくなってしまう状態です。原因として、脳梗塞などの脳卒中によるものもあります。今回の記事では、脳梗塞による顔面麻痺の治療とリハビリについて述べていきます。

  • 脳幹出血の症状と危険因子

    脳幹出血は、脳幹という呼吸機能など生命の根幹をなす部分に出血が起こってしまう病気のことです。脳幹出血が起こると、四肢麻痺や意識障害、頭痛、嘔吐、嚥下障害、運動失調、瞳孔の変化などが起こります。今回の記事では、脳幹出血について症状や合併症などについて解説していきます。

  • 小脳萎縮症の3つの主な症状とは

    小脳萎縮症とは、さまざまな原因で小脳が萎縮し、運動失調などの症状をきたす病気です。小脳にとどまらず、自律神経や大脳・脳幹などにも障害を与えるため、出現する神経症状は多岐に渡り、障害される部位や症状によって多くの病型に細分化されます。この記事では、 小脳萎縮症の症状や病態について詳しく解説します。

  • ウェルニッケ失語症という感覚性失語を解説

    感覚性失語症(ウェルニッケ失語症)とは、正しい単語を流暢に発話できるものの、しばしば意味のない音を含んでおり、そしてそれらの意味または関係を把握していないという失語症のことです。今回の記事では、失語症の症状と特徴、診断などについて解説していきます。

  • 脳幹出血の基本知識と3つの予防の注意点

    脳幹は脳の深部に位置しており、嚥下や構音、眼球運動を司るだけでなく、呼吸機能や循環動態にも寄与している非常に重要な部位です。そのため、脳幹における出血は深刻な神経症状やその後の後遺症の原因となり、発症を予防することが何よりも大切です。そこで、この記事では脳幹出血の原因や治療・予防について解説します。

  • 脳梗塞の再発防止のための日常の工夫

    脳梗塞は再発しやすい病気です。そのため、再発予防が大切になります。脳梗塞のリスクとしては、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に加えて、ストレスが過剰にかかることもあります。この記事では、ストレス対策方法や、脳梗塞再発予防のための薬物療法について解説します。

  • 関節リウマチ患者が避けるべき食品

    関節リウマチは免疫の異常によって関節に炎症が起こり、関節が破壊される進行性疾患です。治療薬の変化が目覚ましい分野であり、一方で食事との関係についても多くの研究がなされています。この記事では、関節リウマチで避けたほうがよい食物について解説します。

  • 解離性健忘のその症状と診断について

    解離性健忘とは、強いストレス反応やトラウマによって引き起こされる健忘、つまり記憶障害のことです。記憶に空白が生じ、これによって日常生活に支障が出たり、人間関係をうまく作ったり維持したりするのが難しくなる場合もあります。今回の記事では、解離性健忘の症状とその診断について解説していきます。

  • シャルコーマリートゥース病のリハビリテーション

    シャルコーマリートゥース病とは、徐々に進行する遺伝性の末梢神経障害のことです。症状として、末梢神経障害による手足の末端の筋力低下や感覚障害などがあります。治療法として確立されたものはありませんが、歩行機能を保つためには適切なリハビリテーションを行うことが大切です。今回の記事では、シャルコーマリートゥース病のリハビリテーションについて解説していきます。

  • 脳卒中患者と家族のためのサポートとリソース

    脳卒中患者と家族のための社会的なサポートとして代表的なものは、介護保険を使用した施設系・居住系サービス・在宅系サービスが挙げられます。その他にも、精神的なケアとして脳卒中相談窓口といったものもあります。今回の記事では、脳卒中患者とその家族のためのサポートやリソースについて解説していきます。

  • 脳卒中を解明する:虚血性脳血管障害の原因と影響

    脳卒中は麻痺やしびれ、嚥下障害などさまざまな神経障害をきたす可能性がある病気であり、基本的には症状は不可逆的で改善が困難であると考えられています。だからこそ、病態や原因をしっかり把握し、未然に発症リスクを下げて予防しておくことが肝要です。そこでこの記事では、虚血性脳血管障害の原因と影響について詳しく解説します。

  • 前頭葉と側頭葉の基本機能と重要性

    脳にはいろいろな部位がありますが、その中でも前頭葉は人格・社会性・言語を、側頭葉は記憶・聴覚・言語を主につかさどっています。今回の記事では、前頭葉や側頭葉の働きや、この二つの脳の部分がどのように連携しているのか、さらに障害を受けるとどのような症状が出てしまうのかを解説していきます。

  • ブローカ失語症という運動性失語を解説

    症状の程度によって失語症はいくつかの種類に分類されますが、中でもブローカ失語症は言語の表出とともに、文字への理解力も低下するため、日常生活に与える影響は大きいです。日常における他者とのコミュニケーションに支障をきたすため、厄介な病気です。この記事では、運動性失語(ブローカ失語症)の原因や症状について詳しく解説します。

  • 再生医療の新たな可能性とは

    再生医療は、臓器の機能を補い、臓器を再生させることを目指した治療法です。胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)、間葉系幹細胞(MSC)、体性幹細胞などを用います。今回の記事では、この再生医療が現在どのように用いられているのか、そして今後どのような用途が期待されているのか、またその課題を解説します。

  • 脳底動脈閉塞とは何か?

    脳底動脈閉塞とは、脳の後方半分を栄養する脳底動脈がなんらかの原因で閉塞し、脳への血流が途絶してしまう病気です。特に重要な部位である脳幹や小脳が障害される可能性もあり、最悪の場合命にも関わるため、早期診断・早期治療が肝要です。そこで、この記事では脳底動脈閉塞の原因や診断・治療について詳しく解説します。

  • 頚椎症性筋萎縮症の原因と診断

    頚椎症性筋萎縮症とは、頚椎の変形に伴い脊髄や神経根が圧迫され、上肢に筋萎縮が生じる病気です。しびれは認めない、もしくはあっても軽微であり、麻痺とそれに伴う筋萎縮が主な症状ですが、出現する症状は多彩で個人差も大きいことが知られています。この記事では、頚椎症性筋萎縮症の症状や原因、治療法などについて紹介します。

  • 物忘れ予防と脳を健康に保つ方法

    物忘れは多くの中高年や高齢者が悩む問題であり、それをサポートする家族にとっても重大な課題です。物忘れの症状は不可逆的に進行するため、健康なうちから日常生活に気を使い、症状の進行を未然に防ぐことが重要です。そこでこの記事では、 物忘れ予防と脳を健康に保つ方法について詳しく解説します。

  • 脳卒中による前頭葉と後頭葉や側頭葉への影響

    脳は部位によって機能が異なるため、脳卒中によって脳が破壊されると、その部位によって出現する症状も異なります。特に前頭葉が障害されると、記憶や思考・感情などさまざまな高次機能が障害されるため、生活に与える影響も大きいです。そこで、この記事では脳卒中の部位別症状やリハビリとの関係について詳しく解説します。

  • 背中の警告:背骨の痛みと下肢の痺れの医学的原因

    背骨の痛みと下肢の痺れの医学的な原因とは?背骨が作ってる脊柱管という穴に、脊髄が通っています。この脊髄が何らかの原因で障害を受けると、背骨が痛む原因になったり、下半身のしびれを来したりすることがあります。今回の記事では、これらの原因について、メカニズムから解説していきます。

  • 食事と脳の健康:あなたの食べるものが脳に与える影響

    私たちが生きていくために欠かせない食事。この食事からとることのできる栄養素は、脳の健康を保ち、その機能を最適化するためにはとても重要です。オメガ3脂肪酸やビタミン、炭水化物などが大切となります。今回の記事では、脳や心の健康にとって大切な食事について解説していきます。

  • 物忘れが酷い場合いつ医師に相談すべきか

    物忘れや記憶の衰えは、加齢や睡眠不足などによって起こることがありますが、中には記憶障害を呈する深刻な脳の健康の問題が隠れていることがあります。今回の記事では物忘れと脳の健康に関する基本的な情報について解説し、いつ医師に相談すべきかについて考えていきます。

  • 小脳血管解離と脳出血の関係と原因

    小脳へ血液を送る血管が破綻する小脳血管解離では、二次的に脳梗塞や脳出血・くも膜下出血を引き起こす可能性があります。血管の解離だけであれば頸部痛や頭痛症状で済みますが、脳出血などに至れば麻痺やしびれ・意識障害などその影響は甚大です。この記事では、小脳血管解離と脳出血の関係と原因について詳しく解説します。

  • 脳梗塞の回復期にやっておきたいこと

    脳梗塞によって障害を受けた神経細胞は基本的に再生しないため、麻痺やしびれなどの後遺症が残ってしまいます。一方で、回復期における積極的なリハビリはそれらの症状の改善や、障害された機能の回復・再生を目指せるため、積極的に行うべきです。この記事では、脳梗塞の回復期におけるリハビリについて詳しく詳しく解説します。

  • 神経障害の後遺症への幹細胞治療

    神経障害には、大きく分けて脳や脊髄に損傷を受ける中枢性神経障害と、糖尿病やアルコール多飲などによる末梢性神経障害があります。神経障害に対しての治療が遅れると、後遺症が残ってしまうこともあります。今回の記事では、この神経障害に対する幹細胞治療の可能性について解説していきます。

  • 怒りの感情による脳のダメージはあるのか?

    怒りの感情は誰しもが持つものです。しかしながら、怒りの感情はストレスとも関係があり、脳神経や心臓などにも悪影響を与えることになります。今回の記事では、怒りが脳内でどのように処理されているのか、そしてストレスや脳、心臓などに与える影響について解説していきます。

  • 球脊髄性筋萎縮症(SBMA)とは

    球脊髄性筋萎縮症は、成人に発症する難病で、運動神経と筋肉の両方が弱っていく病気です。主な症状は手足や顔の筋萎縮や筋力低下です。今回の記事では、球脊髄性筋萎縮症の症状や原因、そして治療法について解説します。

  • 視神経脊髄炎と多発性硬化症の違いと基本知識

    視神経脊髄炎と多発性硬化症はどちらも自己抗体によって自身の神経細胞が破壊される自己免疫性疾患です。病態が似ており、元々視神経脊髄炎は多発性硬化症の1つの亜型と考えられていましたが、最近の研究では両者の違いも発見されており、区別されています。そこでこの記事では、視神経脊髄炎と多発性硬化症の違いについて詳しく解説します。

  • 坐骨神経痛の原因とは?

    坐骨神経は人体にある末梢神経の中で最も長い神経です。長い神経のどこかで圧迫や狭窄などが起こると痛みを生じるのが、坐骨神経痛です。坐骨神経痛の全てが原因を特定できているわけではありませんが、原因の疾患が見つかることも多くあります。この記事では坐骨神経痛の原因について解説します。

  • 脳梗塞後の日常生活で避けたほうが良いこと

    脳梗塞の後遺症はその後の生活に大きな影響を与えます。脳梗塞に一度なってしまった方は再発の可能性が高く、不安に思う方もいるでしょう。重要なのは再発に怯えることではなく、危険因子や生活習慣を改善しながら生活の質を高めることです。この記事では脳梗塞後の再発を防ぐために、生活習慣で気をつけた方が良いことを解説します。

  • くも膜下出血の予防のためにやっておきたいこと

    くも膜下出血は、脳の動脈瘤(こぶ)が破裂することで起こり、重症な場合には死亡してしまうこともある病気です。くも膜下出血を予防するためには、高血圧を防ぐことが大切となります。減塩や禁煙、節酒などが重要です。今回の記事では、こうしたくも膜下出血の予防方法について解説します。

  • 脳卒中とこれらの神経路の関係

    脳梗塞や脳出血などの脳卒中によって脳細胞が障害されると、その障害部位に応じてさまざまな神経症状が出現します。これは、脳や脊髄内部にある神経細胞が連結して形成される「神経路」が障害されるためです。この記事では、代表的な神経路を紹介するとともに、各神経路が障害されることで生じる症状やメカニズムなどについても解説します。

  • 脳梗塞の急性期にやっておきたいこと

    脳梗塞は脳血管障害の中で最も多い病気であり、多くの方が発症後の後遺症に悩まされる病気です。治療開始までの時間によって治療の選択肢も変わるため、後遺症を少しでも軽減するためには、早期診断・早期治療が最も好ましいです。この記事では脳梗塞の後遺症を少しでも減らすために急性期にやっておきたいことについて詳しく解説します。

  • 脳出血の急性期でやっておくべきこと

    脳出血の急性期とは、発症から1〜2週間の時期とされています。この間には、意識レベルや麻痺の程度などを詳細に観察しつつ、血圧を適切な値に下げたり、必要であれば脳内血腫を除去したりする治療が必要となります。今回の記事では、脳出血の急性期の時期に行うことについて詳しく解説していきます。

  • 脊柱管狭窄症の基本

    脊柱管狭窄症とは脊柱管が狭窄して、内部を走行する脊髄や周囲の神経が圧迫されることでさまざまな症状をきたす病気です。主に頸椎や腰椎で生じやすく、進行すれば手術が必要となることもあるため、早期に適切な診断・治療を受けることが大切です。この記事では、脊柱管狭窄症の定義や原因、診断方法などについて紹介します。

  • 脳梗塞後の運動や活動に関する禁止事項

    脳梗塞の発症予防や再発防止には適度な運動や食生活の見直しが効果的です。しかし、激しい運動は身体に負担がかかり、脳梗塞の発症リスクを増加させる可能性があります。また、高地における長期滞在や飛行機でもリスクが上がるため、注意が必要です。そこで、この記事では脳梗塞後の運動や活動に関する禁止事項について詳しく解説します。

  • 完全解説!幹細胞治療の基礎知識

    幹細胞治療は、多分化能と自己複製能を持つ幹細胞を用いて損傷した臓器や機能を修復する治療法です。これまで、さまざまな特性を持つ幹細胞が開発され、それぞれにメリット・デメリットもありますが、どの幹細胞も課題を持つため、実臨床での使用はまだまだ限定的です。そこで、この記事では幹細胞治療の基礎知識について詳しく解説します。

  • 脳梗塞後の睡眠について

    睡眠は人生の1/3を占めるとも言われており、睡眠の健康への影響は多く知られています。脳梗塞は睡眠障害で発症リスクが高くなり、更に脳梗塞後遺症の一つに睡眠障害があることもあり、近年では脳梗塞と睡眠の関わりが注目されています。この記事では睡眠についておさらいし、脳梗塞と睡眠について記載します。

  • 脳梗塞の基本的な予防策

    脳梗塞は死亡を免れたとしても後遺症が残ることも多く、本人や家族の人生に大きな影響を与える疾患の一つであり、予防に越したことはありません。医学研究の発展により、脳梗塞と食事などの生活習慣の関連も明らかになりました。この記事では脳梗塞の予防のための生活について解説します。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ニューロテックさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ニューロテックさん
ブログタイトル
脳卒中・脊髄損傷、再生医療のニューロテックメディカル
フォロー
脳卒中・脊髄損傷、再生医療のニューロテックメディカル

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用