searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ママナースブロガーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ももとごまブログ
ブログURL
https://momo-to-goma.com/
ブログ紹介文
看護師7年目、新米ママナースブロガーです。妊娠、出産、育児に関するお得情報や看護師あるあるなど看護師にも役立つ情報を更新中(^^)
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/momo_to_goma
更新頻度(1年)

2回 / 10日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2021/07/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ママナースブロガーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ママナースブロガーさん
ブログタイトル
ももとごまブログ
更新頻度
2回 / 10日(平均1.4回/週)
フォロー
ももとごまブログ

ママナースブロガーさんの新着記事

1件〜30件

  • 体重増加が止まらない!妊娠中の体重管理はどうすればうまくいく?

    妊娠後期に入ると様々なマイナートラブルに見舞われ動き回るのがしんどくなりますよね。特に体重管理は難しい課題です。何もしていないのに体重が増えていく妊娠後期。助産師さんや医師からも体重管理を厳しく指導されている人も多いのではないでしょうか。 ちなみは私は妊娠中12kgも体重が増えてしまいました。幸い、体重管理に厳しい産院ではなかったのと、ギリギリ体重増加の許容範囲(私の場合、7〜12kgでした)だったので注意を受けることはなかったのですが、息子が大きくお産に時間がかかってしまいました。

  • −12kg痩せた!私の産後ダイエット方法を大公開!!

    私のダイエットの秘訣は、忙しい育児の中で、何かをしながら行う癖をつけたことです。また、あまり負担の大きいものにすると毎日続けることが難しくなってしまうので、簡単なものでなおかつ日常生活に取り入れられるものにしていました。そして、必ず毎日欠かさず続けていました。 忙しく大変な育児の中、ストレスが溜まってついついお菓子を食べたり、ぐうたらしてしまったり、ついつい自分を甘やかしてしまいがちです。 時にはチートデイ(ダイエットお休みデイ)を作るのもいいですが、ほんの少し意識を変えて、日常生活にダイエットを取りに入れることで、身体は変化していきます。私の紹介した「育児しながらダイエット」はそんなに難しいものではないので、ぜひ気軽に始めてみてはいかがでしょうか。そして、頭の隅に「痩せて綺麗になりたい」という気持ちを置いておくことを忘れずに。小さな努力はやがて必ず大きな結果に繋がります。みなさんの産後太りが解消しますように。

  • 授乳中にコロナワクチン接種した話

    ある研究では、新型コロナワクチンの母乳移行について調べた結果、母乳中にmRNAは移行しなかったということがわかっています。また、母親がワクチン接種することで作られる抗体は、母乳を介して赤ちゃんにも移行する可能性が示唆されているようです。今のところ、母子ともにワクチン接種後の重篤な副反応は見られず、授乳中にワクチン接種をしても問題ないとされています。

  • コロナ禍出産レポ 怒涛の22時間の記録

    20時くらいから前駆陣痛が始まり、1時間経つ頃には定期的な張りであることに気付きました。徐々に本陣痛っぽくなり、痛みも増してきました。22時から10分切るペースで陣痛が始まりましたが、早く産みたいという一心で必死にお風呂入りました。その後も陣痛は続き、23時半時産院に連絡しました。「10分切ってるようなので来てください。」と言われてすぐに入院準備の最終確認をして、24時に入院しました。この時、子宮口1.5センチでした。

  • 乳腺炎になりかけた話

    授乳をしていれば起こりうる可能性の高い、「乳腺炎」。「胸が痛いけどまだ我慢できるなあ」と放っておくと乳腺炎になりかねません。日頃から乳腺が詰まったり化膿したりしないようにマッサージや搾乳をしたり乳首を清潔にしたりしておくことで、乳腺炎は予防することができます。

  • 赤ちゃんの寝かしつけ対策のススメ

    寝かしつけ方法は色々ありますが、色んな寝かしつけ方法を試して、その子にあった寝かしつけ方法を見つけてあげましょう。 友人の子供は20時くらいに寝ているのに、なんでうちの子は早く寝れないんだろうと焦って寝かしつけをしていましたが、その子にはその子なりのリズムがあります。親が変に焦って寝かしつけをしようとしても、その不安を感じ取った赤ちゃんは余計に眠れなくなるだけです。無理に寝かしつけしようとせず、赤ちゃんのリズムに合わせてみるのも一つだなと思っています。そう思うことで、私自身にも心に余裕ができ、寝かしつけに対する不安やストレスが軽くなりました。

  • 出産のときパパにしてほしいこと!

    今はコロナ禍の影響もあり、出産時の付き添いや立ち会い出産が難しい産院もあるかと思いますが、世の中のパパは陣痛の時、どうやってサポートすればいい?立ち会い出産、どうしたらいい?などと疑問が多いのではないでしょうか。 私は陣痛の間ずっと旦那に献身的にサポートしてもらい、本当に助かったと思っています。この人と結婚して良かったと改めて何度も思ったくらいです。それくらい陣痛時のパパのサポートは重要なのです。

  • 妊娠中に食べたらキケンな食べ物とは!?

    妊娠が分かると、食べ物によって流産や早産などの恐れがあるものがあり、食事には気をつけなければなりません。生肉や生卵、生魚は決して食べてはいけないわけではないですが、食中毒を起こす可能性が高いため注意が必要です。妊娠中に食中毒を起こすと、使用できる薬剤が限られているため、十分に治療できない可能性があります。

  • ベビーベッドでぶっちゃけいるの?

    みなさん、ベビーベッドって使ってますか?赤ちゃんといえばベビーベッドで眠るという印象が強いですよね。しかし、本当にベビーベッドは必要なのでしょうか?べビーベッドを買うか、レンタルするか、他のもので代用するかと迷っておられる方が多いと思います。 そこで、今回はベビーベッドのメリット・デメリットを踏まえて、ベビーベッドが必要な人、不要な人を考えて解説していきたいと思います!

  • 鉄板!看護師あるある

    夜勤中、ナースコールが1回鳴ると連鎖のように次々とナースコールが鳴る 夜にナースコールを鳴らすのには患者さん自身抵抗があるようです。そのため、誰かがナースコールを鳴らしたタイミングで「私も!」という感じでナースコールが鳴り続けます。 たまに不穏患者さんがずっとナースコールを押し続けるなんてこともあります。

  • 新生児の1日のスケジュールと育児のポイント

    新生児の1日の授乳回数は、8〜12回ほどが目安になります。しかし、この時期の赤ちゃんは、哺乳力が弱く1回の授乳で必要分を飲み切ることができません。そのため、赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげれば良いとされています。赤ちゃんによっては30分おきに欲しがる子もいるので、ママは頻回授乳でかなり大変かと思います。

  • 生後1歳までの行事って何がある?

    赤ちゃんが1歳になるまでたくさんのイベントがありますよね。その中でも生まれてから一番最初にあるイベントの「お七夜」から生後1歳を祝う「初誕生」まで詳しくご紹介していこうと思います。お七夜とはその名の通り生後7日目の夜に、赤ちゃんの産後7日間の無事に感謝をして、これからの健やかな成長を願います。平安時代から続く民俗行事です。

カテゴリー一覧
商用