chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
y10kの資産運用blog https://y10k.livedoor.blog/

日常生活で資産運用のことを話す機会がほとんどないので、資産の運用状況や考えたことなどを記録しようと思ってブログを始めた。

y10k
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/05/04

1件〜100件

  • 資産運用の状況と今後の運用方針の確認

    長らく目標としてきたリスク資産の保有比率60%を達成したので現在の状況と今後の方針を確認する。全体で約二千四百万円で株式投信がほぼぴったり60%。今後はこの60%を最低ラインとして維持する。逆に言えば60%を割らなければ株価が下がっても無理に追加投資はしない。アセッ

  • 2022年7月1日の運用成績

    全資産リスク資産の保有比率が目標の60%に到達!ここまで長かった。リスク資産の運用成績先週末のリバランスの買い付けを発注してから株価が上昇し反落する直前のタイミングで約定してしまった。投資信託は発注してから約定するまでどうしてもタイムラグがあるし、株価上昇は

  • 賞与が入ったのでリバランス

    賞与が入って現金の保有比率が上昇したので先週に引き続きリバランスを実施する。株価が下がったときだけでなく臨時収入で現金の保有比率が上昇したときもリバランスを実施して相対的に下がった全世界株式の保有比率を元に戻すことにしている。リバランス方針のおさらい。全

  • 2022年6月24日の運用成績

    全資産賞与と今月の給与が入ってきた。住民税が上がった!現金が増えたので先週に続いてまたリバランスしなければ。リスク資産の運用成績投資元本は順調に積み上がっているけれど含み益が伸びない。我慢の時がつづく。リスク資産のアセットアロケーション株価が上がっても下

  • 株価が下がったのでリバランス

    株価が大きく下がったのでリバランスを実施する。あと1%で目標の60%に届くところまで来ていたのだけれど後退してしまった。こういう時もあるさ。本当はボーナスを待ってからリバランスするつもりだったので、ボーナス後の買い付けのタイミングで株価が下がってたらなと少し期

  • 2022年6月17日の運用成績

    全資産今週は大きく株価が大きく下がってリスク資産の保有比率が57%まで下がった。目標の60%から後退したなあ。ボーナス前だけどリバランスしないといけないな。リスク資産の運用成績先週から百万円以上下がった。FRBの利上げはまだ終わってないし、円安もいつ円高に巻き戻る

  • インデックス投資ナイト2022スピンオフのチケット購入

    チケットを購入した。前回は迷っているうちにチケットが売り切れてしまったので、今回はすぐに申し込むことにしたのがよかったかな。楽しみにしておこう。

  • Vポイント投資が使い物にならない件について

    三井住友カードのVポイント投資のサービスが始まったけれど制約が厳しすぎて自分には使い物にならなかった。自分はクレジットカードのポイントをau PAYカードのPontaポイントと三井住友NLのVポイントを貯めている。両方ともSBIネット証券のポイントサービスで使えるようなっ

  • 2022年6月10日の運用成績

    全資産先週から大きな変化はない。リスク資産が目標とする保有率の60%に届くかなと思ったけれど、また株価が反落し始めたみたい。リスク資産の運用成績先週から横ばい。来週は下がるのかなあ。リスク資産のアセットアロケーション株価が上がっても下がっても比率は変わらない

  • 2022年5月の家計収支

    5月分のクレジットカードの明細が確定したので家計収支の確認。5月の収入の内訳は次のとおり。なけなしの銀行利息があるくらいで、その他はいつもどおりの内容。相変わらず税金と社会保険料で2割くらい引かれる。5月の支出の内訳は次のとおり。予想どおり今月は大赤字だ。新

  • 2022年6月3日の運用成績

    全資産意外に株価が上がって全世界株式の比率が59%まで上がった。目標の保有率の60%まであと1%。リスク資産の運用成績評価額が意外と上昇したけど追加投資した分を補填し切るまでには至らない。気長に構えていこう。リスク資産のアセットアロケーション変化なし。

  • SBIネット証券のセキュリティ設定の見直し

    いつの間にかSBIネット証券のセキュリティが強化されていたので見直しを実施した。1次情報は以下のリンク先を参照のこと。セキュリティ強化の取り組み(2022/2/22更新)SBI証券では、お客さまへの安心・安全なお取引環境の提供、お客様の大切な資産と情報の防衛という観点か

  • 企業型確定拠出年金の制度移管金について調べてみた

    勤め先の企業型確定拠出年金を使っているのだが、毎年5月に制度移管金なるものが入ってくる。制度移管金が存在することは数年前から気づいていたが、正確にどのようなものなのか把握してなかったのでこの際だから調べてみた。ちなみに制度移管金に限らず企業型確定拠出年金の

  • 2022年5月27日の運用成績

    全資産5月の給与が入ってきた。今月は衣服や靴の新調や入院や腕時計の修理などがあったので赤字に違いない。来月のクレジットカードの引き落としがちょっと怖いな。クレジットカードの明細が確定して収支決算をすればはっきりするだろう。リスク資産の運用成績月末のDC年金の

  • 取り崩し期のインフレは暴落よりずっと怖い

    ずっとデフレだった日本も円安資源高でついにインフレに突入しつつある今日この頃。そういえば引退後の資産取り崩しでインフレを考慮してなかったと気づいてシミュレーションしてみたのだが、インフレの資産破壊力のすさまじさを思い知らされてしまった。バックテストのため

  • 2022年5月20日の運用成績

    全資産リバランスが完了して全世界株式の比率は57%を維持。先週から総資産額は動いていない。リスク資産の運用成績先々週から続けてリバランスを実施したので投資元本が目に見えて増えたな。リスク資産のアセットアロケーション新興国株式がちょっと増えたかな。

  • 2022年4月の家計収支

    4月分のクレジットカードの明細が確定したので家計収支の確認。4月の給与の内訳は次のとおり。今月はいつもと違って福利厚生の収入がある。先払いで使った分を申請して受け取るので、きちんと申請しないと損なんだよね。もらえるものはとりっぱぐれないようにきちんともらわ

  • また株価が下がったのでリバランス

    先週に引き続き今週も株価が下がったのでリバランスを実施する。全世界株式の保有比率がまだ目標の60%に届いてないので下がるたびに機械的にリバランスして追加投資していく。株価下落の底を狙うも金額が大きくて躊躇し結局リバランスできないよりは小さな金額でちまちまコツ

  • 2022年5月13日の運用成績

    全資産先週リバランスしたのだけれど株価がさらに下がったのと少し円高に戻ったのでリスク資産が目標保有率からまた-1%になってしまった。リスク資産の運用成績下がるねえ。三月くらいに戻った感じ。リスク資産のアセットアロケーション円高に少し戻った効果で日本株式の比率

  • 長期リターンが目的ならオープン型のアクティブ投信はないなと考える理由

    自分がアクティブ運用の投資信託を買わない理由について整理しておく。オープン型で総資産額に制限を設けないアクティブ投信は、逆説的だが超過リターンを達成して人気が出れば出るほど成績がパッシブ運用に近づいていくので、長期リターンが目的なら買う意味がないと考えて

  • 株価が下がったのでリバランス

    5月の連休前に大きく株価が下がり連休末も回復しなかったのでリバランスを実施する。連休中は買い付けを指示しても連休明けまで約定しないので連休末まで待っていたのだ。全世界株式の保有比率がまだ目標の60%に届いてないので下がるたびに機械的にリバランスして追加投資し

  • 2022年5月6日の運用成績

    全資産前回確認した連休中日から株価も円安も上げ下げして総資産額にほぼ変化なし。現在、リスク資産の目標保有率から-1%。今後株価が上がるにせよ下がるにせよ連休も終わるしそろそろリバランスの発注を出すかな。リスク資産の運用成績月初のつみたてNISAの積み立てはまだ約

  • 2022年5月2日の運用成績

    全資産連休中日の状況確認。先週末の円安と月末の確定拠出年金の積み立てで総資産額がちょっとだけ増えた。円安はいつになったら落ち着くやら。リスク資産の運用成績月末の確定拠出年金の積み立てが約定まで完了。月初のつみたてNISAと特定口座の積み立ては今週末に約定かな

  • 2022年4月28日の運用成績

    全資産今週は連休前の最終営業日の木曜日の運用成績を確認。総資産額としては2%下げたので1%リバランスしたいのだが連休中で身動きがとれない。今買いの指示を出しても約定は連休明けになるし、外国株を含む投資信託は指数の反映が一日遅れるので金曜の131円安はまだ基準価額

  • 確定拠出年金の商品除外について

    勤務先の企業型確定拠出年金の商品除外のお知らせが来た。労働組合の議事録から事前にどの商品が除外されるのか分かっていたので特に驚きはないし、手数料の高いアクティブ投信がより低廉なものに入れ替わるのだけなので自分の運用方針には関係しないのだが、そもそも確定拠

  • 2022年4月22日の運用成績

    全資産特に大きな出費もなく総資産額に顕著な変化はなし。米国市場は大荒れっぽいが結果的に円安で相殺されている感じ。リスク資産の運用成績今回から累積で収めた税金の金額をグラフに追加した。ポートフォリオの変更で部分売却した分だけなのでまだたいした額じゃない。今

  • 日本の資産比率が過去最低水準を更新

    オルカンの最新の月報を確認したら日本の資産比率が過去最低の水準になっていた。ついこの間までは小数点第1位を四捨五入すると6%台だった気がするんだけど、一気に5%台前半まで下がってしまった。気になったので過去の推移を確認してみた。2年前は7%あった日本の資産比率が

  • 2022年4月15日の運用成績

    全資産今週も横ばいでほぼ変化なし。リスク資産の運用成績大きな変化はない。円安で名目の評価額がじわじわ微増といったところ。リスク資産のアセットアロケーション変わりなし。

  • 2022年3月の家計収支

    今年に入ってから月毎に家計の収支を確認している。今までは一年分をまとめて確認していたけれど、今年からもう少しまめに確認しようかなと思い立った。3月の給与の内訳は次のとおり。こうしてみると厚生年金がいかに重いかよく分かるな。企業型DC年金のマッチング拠出もそれ

  • 2022年4月8日の運用成績

    全資産先週は上がって下がって週末には微増に落ち着いた。リスク資産比率の基準を57%に修正、目標の60%まであと3%。リスク資産の運用成績月初のつみたてNISAと特定口座の積み立てが完了。評価額が大きいので積み立てによる変化はほとんど分からないけれど積み立ては続けるん

  • 為替リスクを資産運用にどう織り込むか

    ここ数週間で急激に円安に傾いたこともあって自分の資産運用に為替リスクをどう織り込むかを見直す良い機会かなと考えた。まずは事実の確認から。国内資産を50%、国外資産を50%の半々で持ったときに為替の影響がどうなるかを確認した結果が次のグラフになる。グラフの開始年

  • 2022年4月1日の運用成績

    全資産今週は特に動きはない。先月末の給与天引きの企業型DC年金の積み立ては完了、今月のつみたてNISAの積み立てはこれからだが、資産全体の割合からすると微々たるものだ。それでも積み立てはやめないけどね。リスク資産の運用成績先週は円安で評価額がすごいことになって

  • 安全資産の置き所

    物価とは何か (講談社選書メチエ)渡辺努講談社2022-01-12国家は破綻する――金融危機の800年ケネス S ロゴフ日経BP2013-12-04最近これらの本を読んでいる。「物価とは何か」は読了、「国家は破綻する」は読書中。国債のデフォルトはおもったより頻繁に起きているし日本国債も

  • 2022年3月25日の運用成績

    全資産今週も円安だった。株価も戻ってきてはいるのだけれどリスク資産の上昇というよりは円の急落というべきだろうか。リスク資産比率の基準を56%に引き上げた。リスク資産の運用成績含み益が回復してきた。しかし円安を考えるとこの含み益が数カ月前と同じ価値かどうか微妙

  • レバレッジ考察(回復に必要なリターンが倍増する)

    レバレッジ考察の続き。今回はレバレッジの性質を数式で定量的に考察し、レバレッジが有ると下落からの回復に必要なリターンが倍増することを見ていく。まずレバレッジが無い場合について下落からの回復にどれだけのリターンが必要なのかを求める。下落率をr1、下落から元の

  • 2022年3月18日の運用成績

    全資産リスク資産が上昇したので、リスク資産比率の基準を54%から55%に変更した。目標の60%まであと5%。リスク資産の運用成績株価の反発と円安の相乗効果で先週は評価額がえらく伸びた。円安・円高どちらに動くにせよ急激な変化は日本にとってよくない影響がありそうで心配だ

  • 株価が下がったのでリバランス

    株価が下がってリスク資産が縮小したのでリバランスを実施する。全世界株式の保有比率がまだ目標の60%に届いてないので下がるたびに機械的にリバランスして追加投資していく。株価下落の底を狙うも金額が大きくて躊躇し結局リバランスできないよりは小さな金額でちまちまコツ

  • 2022年3月11日の運用成績

    全資産先週に引き続きリスク資産は縮小傾向。そろそろリバランスかな。リスク資産の運用成績リバランスや毎月の積み立てでちょくちょく追加投資しているにもかかわらず評価額は横ばいからやや下落傾向、含み益も縮小傾向が続いている。相場の調子が悪い時はこんなものなのか

  • レバレッジ考察(長期投資には向かない)

    レバレッジはボックス相場に弱いと言われているが、実際どうなのかをシミュレーションで確認してみた。レバレッジなし、およびレバレッジ2倍~5倍で百万円を10年間運用しリスクを0%から20%まで変化させて結果がどうなるかを見てみた。まずはリスク0%のシミュレーション結果は

  • 2022年3月4日の運用成績

    全資産相場の変動は激しいけれど、月末月初の積み立て分や賃貸の更新料などで収支が相殺されてリスク資産比率は54%で横ばいの状況。資産運用的に今のところ大きな動きはない。リスク資産の運用成績上げて下げて結局、先週末の水準に戻ってきた。リスク資産のアセットアロケー

  • 確定拠出年金の見直し後の積み立て設定

    確定拠出年金の設定を見直したので毎月の積み立て投資の設定を整理した。今の設定は次のとおり。 投資信託 金額 eMAXIS Slim全世界株式 (つみたてNISA) ¥33,300 eMAXIS Slim全世界株式 (特定口座) ¥16,700 年金ダイワ日本株

  • 2022年2月25日の運用成績

    全資産株価は下がっているけど月末の給与の入金があったので総資産額は横ばいからちょっと下がったくらい。安定した定期収入はありがたい。リスク資産の運用成績含み益が徐々に下がってきた。リスク資産のアセットアロケーションいまのところ変わりないけど来月のオルカンの

  • 企業型確定拠出年金のスイッチングの記録

    勤務先の企業型確定拠出年金に新興国株式のインデックス投信が追加されたのでスイッチングを指示していたが、先週にスイッチングが完了した。スイッチングの実績は次のとおり。2022年2月5日(土) DC年金のスイッチングを指示2022年2月10日(木) 年金ダイワ日本株式インデックス

  • 2022年2月18日の運用成績

    全資産株価の動きが不安定な中、DC年金のスイッチングが完了して一安心。リスク資産の運用成績DC年金のスイッチングが完了して投資元本が元の水準に戻った。狙ってはいないけど結果的に多少値段が下がったところで買い戻せたのかな。リスク資産のアセットアロケーションDC年

  • ディーツ法で2021年の運用利回りを計算してみた

    運用利回りの計算にディーツ法というものがあることを知った。以前、運用利回りを計算したときは期中に発生したキャッシュフローをざっくりとエクスポージャーに含めてしまったが、キャッシュフローの発生時期を考慮して運用期間をエクスポージャーに案分し運用利回りを計算

  • 2022年2月10日の運用成績

    全資産DC年金のスイッチング中で売掛金や買掛金が反映されていない。来週でスイッチングが完了する見込み。リスク資産の運用成績DC年金のスイッチングの影響で一時的に投資元本が下がっている。リスク資産のアセットアロケーションDC年金のスイッチングの影響で一時的に新興

  • 2022年2月4日の運用成績

    今週はSBIネット証券が週末にメンテナンス中だったで集計が遅くなった。先週のリバランス後の売買報告書を保存していたらメンテ中でも集計できたのだけれど、今週は仕事が忙しくてうっかり売買報告書を確認するのを忘れてしまったのでメンテ明けまだ待たなければならなかった

  • 企業型確定拠出年金のスイッチングと配分変更を指示

    勤務先の企業型確定拠出年金に新興国株式のインデックス投信が追加されたのでスイッチングと配分変更の指示を出した。今までは特定口座でeMAXIS Slim新興国株式インデックスを運用していたけれど、これは売却し確定拠出年金で野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年

  • 勤務先のつみたてNISAのラインナップがひどかった

    労働組合からのお知らせで勤務先の企業型確定拠出年金の運営管理機関がつみたてNISAの加入者を募集していることを知ったのだが、このラインナップがひどい。一例をあげるとこんな感じ。パッシブ運用にもかかわらず信託報酬が0.53%とは、つみたてNISAのラインナップの中からよ

  • 握力×入金力×運用期間=投資力

    唐突に思いついたネタ。長期投資家にとっての投資力とはッ握力×入金力×運用期間=投資力だッ!以上。

  • 株価が下がったのでリバランス

    先週に引き続き株価が下がったのでリバランスする。全世界株式の保有比率がまだ目標の60%に届いてないので下がるたびに機械的にリバランスして追加投資していく。リバランス方針のおさらい。全世界株式の比率を60%まで徐々に上げていく。世界経済が長期的に成長するなら、い

  • 2022年1月28日の運用成績

    全資産今週もまた下がったなあ。またまたリバランスしなければ。リスク資産の運用成績一時は270万円ほどあった含み益が170万円まで下がった。マイナス100万円、まあ気にしてもしかたがない。リスク資産のアセットアロケーション特に変わりなし。

  • 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」を観た

    投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 20211位から5位はこのようになりました pic.twitter.com/uXhZqaT1cA— 投信ブロガーが選ぶ! ファンドオブザイヤ (@fundoftheyear) January 22, 2022投票を行った昨年の11月時点では好調だった株式相場を反映してか、低コストで株式10

  • 株価が下がったのでリバランス

    株価が下がってきたのでまたまたリバランス発動。全世界株式の保有比率がまだ目標の60%に届いてないので下がるたびに機械的にリバランスして追加投資していく。リバランス方針のおさらい。全世界株式の比率を60%まで徐々に上げていく。世界経済が長期的に成長するなら、いず

  • 2022年1月21日の運用成績

    全資産また株価が下がってきた。リバランスするかなあ。リスク資産の運用成績含み損益が二百万円近くまで下がった。あまり気にしてもしょうがないか。リスク資産のアセットアロケーション変わりなし。

  • 2022年のつみたてNISAのボーナス買付を発注

    SBIネット証券のクレジットカード決済でつみたてNISAを使っているのだけれど、クレジットカード決済だとボーナス買付が設定できないので年間40万円の非課税枠をきっちり使い切ることができない。40は12で割り切れないからだ。クレジットカード決済の設定時に調べた結果は以下

  • 2022年1月14日の運用成績

    全資産総資産額が二千三百万円を割ったけどリスク資産の比率は53%を維持しているから特に問題ない。リスク資産の運用成績投資元本がもうすぐ一千万円に届きそう。よくここまで来たなあ。リスク資産のアセットアロケーション相変わらず。

  • 確定拠出年金の見直しを考える

    今年は勤め先の企業型確定拠出年金の運用商品の入れ替えが予定されている。アクティブ型投信の入れ替えは興味ないのだが、新しく新興国インデックス株式投信の組み入れがあるようだ。信託報酬の低廉な新興国インデックス株式投信があれば確定拠出年金の口座内で全世界株式の

  • 正月に臨時収入があったのでリバランス

    正月に親から(もとをただせば祖父母の遺産から)の贈与で臨時収入があり、銀行預金の比率が上がったのでリバランスする。リバランス方針のおさらい。全世界株式の比率を60%まで徐々に上げていく。世界経済が長期的に成長するなら、いずれ60%に達するだろうという算段。60%に達

  • 2022年1月7日の運用成績

    全資産正月に思わぬ臨時収入があった。親からの贈与、もっと言うと祖父母が残した遺産からの贈与なのだった。今年の株式相場がどう動くか分からないので、半分を手元に残し半分を運用に回すことにする。リスク資産の運用成績年明けの時点では可もなく不可もなくといったとこ

  • 2021年の運用実績の振り返り

    2021年はリスク資産の配分を全世界株式に統一し、銀行預金から追加投資することで現金と全世界株式が半々のカウチポテトポートフォリオを達成して、資産運用の基本形を造った年だった。現金一千万円、全世界株式一千万円で、総資産二千万円越えも達成した。2021年の運用損益

  • 2021年12月30日の運用成績

    全資産今年最後の運用成績チェック。基準価額の高値更新で全世界株式の比率が53%になった。目標の60%まであと7%、来年は届くだろうか。リスク資産の運用成績評価額も含み益も順調に伸びた。リスク資産のアセットアロケーション変わらず。

  • 年末年始の各金融機関ウェブサービスの予定

    今年の最後の締めに総資産の棚卸しをしたいのだけれど、そもそもネット証券や各銀行のウェブサイトはいつまでやっているか確認してみた。SBIネット証券 投信サービスは12月31日(木)から1月3日(月)まで休場。口座の照会そのものはできそうだ。企業型確定拠出年金12月31日(木)

  • 2021年12月24日の運用成績

    全資産今年最後の給与が入ってきた。総資産は二千二百万ちょい。現金と全世界株式の比率はほぼ変わらず。ちょっと給与が入ったくらいではあまり比率が動かなくなった。給与天引きのDC年金の積み立てが年末に間に合うかなあ。リスク資産の運用成績週中で下げたかなと思ったら

  • 株価の下落リスク耐性の確認

    先のことは分からないが、来年度はインフレや金融緩和打ち止めで相場が一波乱ある可能性があるので、今の資産でどれだけ下落に耐えられるかセルフチェックしてみた。まずは基本の運用方針。全世界株式の比率を60%まで徐々に上げていく。世界経済が長期的に成長するなら、いず

  • 2021年12月17日の運用成績

    全資産リバランスとボーナス追加投資が完了。リスク資産の運用成績リバランスとボーナス追加投資で投資元本が増えた。今年もあと二週間ちょっと、FRBの金融緩和テーパリング前倒しも発表されたし、来年はどうなるんだろう。今までのようにアゲアゲ相場ではなさそうな気はする

  • ボーナスが入ったので追加投資

    先週、株価が下がったのでスポットでリバランスしたのだが、今週もボーナスが入って全世界株式の比率が下がったのでリバランスする。リバランス方針のおさらい。全世界株式の比率を60%まで徐々に上げていく。世界経済が長期的に成長するなら、いずれ60%に達するだろうという

  • 2021年12月10日の運用成績

    全資産今週はボーナスが入ってきた。総資産は二千二百万円に少し届かないくらい。先週のリバランスに引き続き、今週も追加投資しないといけないな。リスク資産の運用成績先週リバランスしたタイミングで株価が少し反転上昇、いつもこううまくいくとは限らないけれど。リスク

  • 株価が下がったのでリバランス

    リスク資産50%を達成してから初めて株価が大きく下げたのでリバランスのための買い付けを発注した。リバランス方針のおさらい。全世界株式の比率を60%まで徐々に上げていく。全世界株式の比率が下がったら即座にリバランスして元の比率に戻す。全正世界式の比率が66%(現金の2

  • 2021年12月3日の運用成績

    全資産先週より50万ほど下げて月末月初の積み立てで10万ほど追加、トータルでマイナス40万くらいかな。今年のつみたてNISAの枠は使い切った。リスク資産の運用成績含み益が20%近くまで下がった。リスク資産のアセットアロケーション大きな動きはない。

  • ねんきんネットにログインするまでの長い道のり

    先日、やっとPCからねんきんネットにログインできるようになった。ここにたどり着くまで長かったので、今までの経緯を記録を兼ねて残しておく。ねんきんネットにログインするためには、毎年誕生日ごろに送られてくるねんきん定期便のアクセスキーと基礎年金番号が必要だ。去

  • 2021年11月26日の運用成績

    全資産今月の給料が入ってきた。全体的な状況は特に動きはない。リスク資産の運用成績先週から多少下がったけれど、ほぼ横ばいと言っていいかな。今年もあと1ヶ月。リスク資産のアセットアロケーション相変わらず。

  • 企業型確定拠出年金の成績

    勤め先には企業型確定拠出年金制度があるのだが、まじめに運用を始めたのは去年のコロナショックが明けて株価が上昇し始めたころだった。結果的にちょうどよいタイミングでリバランスできたようで、インデックス運用にあるまじき爆益を見せている。運用資産は全体の三分の一

  • 2021年11月19日の運用成績

    全資産状況にそんな変化はないなか。ゆっくり増えてはいるけれど。リスク資産の運用成績今週は微増。リスク資産のアセットアロケーション変わりなし。

  • もうすぐ2年、つみたてNISAの成績

    ひさしぶりにつみたてNISA単独の運用成績を確認してみた。もともとつみたてNISAを目当てに資産運用をはじめ、そろそろ2年経つかと思うと少し感慨深い投資金額は766,700円、損益は+32.57%で24,9742円。コロナショックの暴落も、もうほとんど目立たないのは良いことなのか悪い

  • 2021年11月13日の運用成績

    全資産今週は特に動きはなかった。リスク資産の運用成績先週からほぼ変化なし。リスク資産のアセットアロケーション国内株式の比率が徐々に下がってきている気がする。

  • 資産運用の損益と利回りを確認する

    前回はざっくり計算だったけれど、今回はきちんと厳密に損益と利回りを計算してみたい。ある期間で区切って運用資産の損益について考える。期間中に増減した結果は次のようになる。当期の最終評価額 - 前期の最終評価額実際は資産形成中なので期中に運用資産を追加購入した

  • 2021年11月5日の運用成績

    全資産株価が上がったのでリスク資産比率を52%に引き上げた。順調。リスク資産の運用成績今週は調子よく増えた。リスク資産のアセットアロケーション特に変わりなし。

  • 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」に投票した

    「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」に投票した。5ポイントはすべてeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投票した。つみたてNISAと特定口座はほとんどオルカンのみを買っているし、DC年金口座もオルカンと同じ資産配分になるように調整しているので、こ

  • 正味の運用成績を確認する

    積立投資だと継続的に追加投資するので、運用資産の価格上昇と積み立て分が混ざってしまい、今の資産がどれだけ収益を生み出しているのかがよく分からない。そこで一定期間(1ヶ月・1年)前から今の資産を持っていたという想定でどれだけ損益が出ていたはずだったのかを確認し

  • 2021年10月29日の運用成績

    全資産10月分の給与とDC年金の積み立て分が入ってきたけれど、先月スマフォを買ったからプラスマイナスで総資産額はほぼ横ばい。株価が上がってなければマイナスだったかも。リスク資産の運用成績ひさしぶりに含み損益が30%に近づいてきた。円安効果すごい。リスク資産のアセ

  • パスワードをどうやって安全に管理するか

    ネット証券・ネット銀行に限らず、ネットのサービスを使っているとパスワードが増えてくる。スマートフォンなどを使った多要素認証が増えてきているとはいえ、まだまだ古典的なパスワード認証を必要とするサービスは多い。複数のパスワードを使い分けているのだが数が増えて

  • 2021年10月22日の運用成績

    全資産円安でリスク資産の割合が増えたので、リバランスの基準をリスク資産51%に増やした。リスク資産の運用成績円安の影響で評価額がぐんぐん伸びる。為替の影響ってすごいんだな。外貨ベースの購買力が下がったということだから、長期的には国内の物価上昇で相殺されるのか

  • 2021年10月15日の運用成績

    全資産リスク資産が伸びた分、総額がちょっと増えた。リスク資産の運用成績評価額が伸びたけど、株高というより為替が円安に大きく動いたからなんだよな。その分、海外に比べて日本の経済規模が縮んだと考えると、あまり直によろこべない。リスク資産のアセットアロケーショ

  • SBIネット証券のデバイス認証を設定

    SBIネット証券はデバイス認証という多要素認証の仕組みがある。今時のスマートフォンを使ったはやりの仕組みではないものの、使い勝手をそこなうことなくセキュリティを向上できるので、SBIネット証券を使っている人は設定したほうがよいだろう。ちょっと前だが不正出金され

  • 銀行口座の多要素認証化を完了

    銀行はゆうちょ・三井住友・住信SBIを使っている。初期設定からずっとセキュリティ設定を変えてなかったのだけれど、ふと思い立ってスマートフォンを使った多要素認証をきちんと設定することにした。大事な資産を預けているのだから用心するに越したことはない。ゆうちょ銀行

  • 2021年10月8日の運用成績

    全資産月初の積み立て投資分と週末の株価の反発でちょっと足りなかったリスク資産比率が50%ピッタリになった。株価が下がるようならリバランスしようかと思ったのだけれど、しばらくは様子見だな。リスク資産の運用成績含み損益が20%台に戻ったけれど、絶対額としてはピーク

  • 今後の運用方針について

    上記は1週間前に現金と株式がついに半々ずつになったときのポートフォリオだ。1%くらいずれているけれど、まあ、気にしない。今までひたすら現金と株式が50%ずつになるよう毎週の追加積み立てを続けてきたけれど、目標の資産配分に達したので追加積み立ては終了。ここからは

  • 2021年10月1日の運用成績

    全資産出費と株価の下落で二千万円を割ってしまった。残念。結果的に現金と株式の比率は5:5で変わらず。リスク資産の運用成績ついに含み損益が20%を割ってしまった。しばらくさえない相場が続くのだろうか。コロナショック以来、調子よすぎたからなあ。リスク資産のアセット

  • 2021年9月24日の運用成績

    全資産リスク資産一千万、安全資産一千万の資産配分になった。毎週の追加投資は終了、ここからは毎月の積み立てのみで行く。安全資産はほぼ一千万の水準を維持できそうなので、これ以上は投資しない防衛線を一千万を基準に引き上げた。リスク資産の運用成績株価は下がったり

  • 目標のアセットアロケーションを達成

    厳密には週明けの投資信託の買い付けが完了した時点になるのだけれど、当面の目標としていたリスク資産と安全資産を半々にするアセットアロケーションが完成した。結局、残り20万円は一気に投入することにした。これにともない、毎週の追加積み立てを停止。来月の追加積み立

  • 2021年9月17日の運用成績

    全資産証券口座への自動引き落としで資産総額が二千万円を割った。あと20万円ちょっとでリスク資産比率が50%になるのだけれど、どうしよう。一息に投入してしまうか、こつこつ投入するか。リスク資産の運用成績含み益が伸びない。追加投入しているのに評価額が横這い。この後

  • FIRE後のシーケンスリスクにどう対応すべきか悩む

    まだまだFIREまでは遠くて気が早いのだが、ここしばらくバックテストをいろいろと試してFIRE後の暴落がいかに恐ろしいかよく分かった。対策としてシンプルに十分な現金バッファを持ったりエクイティ・グライドパスなどの凝った手法もあるけれど、FIREに向けて全力で資産形成

  • 2021年9月10日の運用成績

    全資産リスク資産比率が50%まであと50万円を切った。リスク資産の運用成績今週はリターンが落ちた。リスク資産のアセットアロケーション先週と変わらず。

  • 全世界分散長期投資でFIREするとどうなるか確認

    前回は資産形成期についてシミュレーションを行い、長期低迷期間があっても運用を続ければいずれ報われることを確認した。今回は資産取り崩し期について確認してみる。前提条件は以下のとおり。初期資産は6,000万円、リスク資産の比率は60%リスク資産の投資対象はACW(JPY、配

  • 2021年9月3日の運用成績

    全資産2ヶ月ぶりに総資産が二千万円の大台に乗った。リスク資産50%を目指す追加積み立てもそろそろ終わりが見えてきた。来月くらいには打ち止めかなあ。リスク資産の運用成績ACWI(JPY)の高値更新で、6月のボーナスの追加投資がやっと日の目を見た気がする。リスク資産のアセ

  • 全世界分散長期投資が本当に報われるのか確認

    配当込み(Net)のMSCI ACWIとMSCI WORLDはそんなに差が無いことを前回確認した。配当込みのACWIは2000年12月からしかデータがないが、だったらそれ以前のデータはWORLDで代替すればよいだろうと繋げてみたのが次のグラフだ。グラフは米ドルベースで、為替データが手に入った19

  • 2021年8月27日の運用成績

    全資産今月の給料の入金があったり、ボーナスの買い物の引き落としがあったりで、総資産が微増。リスク資産の運用成績含み損益が下がったり上がったりしつつも横這い状態。なかなか上がらない。むしろ今ままでが上がり過ぎたか。リスク資産のアセットアロケーション変わらず

  • 過去の世界経済の暴落を確認してみる

    過去に何度かシミュレーションして試した感じだと、投資は余剰資金でやるものなので資産形成期は暴落が来てもどんと構えていれば問題ない。問題は資産取り崩しの時期で、ここで暴落が来てしまうと資金流出が続き取り返しのつかないダメージを受けてしまうことが確認できてい

  • 2021年8月20日の運用成績

    全資産来月の証券口座入金の自動引き落としで安全資産が減少。あと3%でリスク資産が50%に届くので、追加積み立てもそろそろ終わりが見えてきた。リスク資産の運用成績今週は一気に含み益が下がった。この先、どうなることやら。リスク資産のアセットアロケーション先週と変わ

ブログリーダー」を活用して、y10kさんをフォローしませんか?

ハンドル名
y10kさん
ブログタイトル
y10kの資産運用blog
フォロー
y10kの資産運用blog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用