chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
泉花凜の文字語り https://karin-izumi.hatenablog.com/

カクヨム、エブリスタ、魔法のiらんど、ノベルアップ+などに小説を投稿しています。今年ブログ開設の新参者。ライト文芸、キャラ文芸を書きます。好きなジャンルはファンタジー。

泉花凜
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/04/12

1件〜100件

  • 毎日ぽむぽむ2022 「いつもポケットに文庫本」

    いつもポケットに文庫本 カバンに常備しているものは、スマホ、交通IC、財布、家の鍵、携帯食、イヤホン。そして、文庫本である。なるべく重くならないように、薄いサイズの文庫を探すのがけっこう楽しい。電車に揺られながら、音楽を聴くのと同時に紙の本を出して、活字を追うのが私のこだわり。本は小説。短編集だったらなおいい。たまに詩集を読むこともある。電車内は瞬く間に居心地のいい空想の世界へと変わる。 外に出ている時に限って、物語のイメージが浮かび上がるのはなぜだろう。そして夜型の私は、就寝間際になって執筆意欲がむくむくと起き出す。我ながら都合が悪い脳だ。家族と同居しているため、真夜中に勝手なことができない…

  • 毎日ぽむぽむ2022 「梅雨の晴れ間」

    梅雨の晴れ間 季節の変わり目と、梅雨が近づいていることで、体がだるい。執筆意欲がわかなくて焦っている。 気象病のため天候が悪いと低気圧に頭を支配されて、体が重くなって布団から出てこれない日がある。そんな時の私の気分は半分死にかけていて、冷凍保存されている魚みたいに、目を開いたまま夢を見ている感覚で自室の天井をぼうっと見つめている。 インプットを欲する時が来たのか? 最近は図書館で本を借りる毎日。二週間の期間で読む本は二冊と決めている。理由は単純で、読むのが遅くて二冊が限界だったからだ。借りるのはザ・エンタメ的な小説が多いけれど、たまに純文学をかじる時もある。それでも時々二冊も読めなくて、一冊読…

  • ひとりごと創作日記 五月

    五月四日水曜日 今日できたこと。 第一章の執筆を完了!やったぜ!! 午後に四十分ほど読書しました。 天気がいい日はありがたいですね。晴れよ、ありがとう。 夕方辺りに昔の作品の読み直しでもしようかしら。 書くのはつらい。けど楽しいし、救いです。 五月六日金曜日 今日できたこと。 家の掃除。午後は、昔に書き上げた二百枚の学園小説を推敲。夕方には今の長編の執筆を少しした。後は一時間近く読書した。 今日はがんばれてよかった。天気はこの時期本来の五月晴れで、気温もちょうどよく、風も涼しく、すごく気持ちがいい日だった。もともとの初夏という感じで、過ごしやすかった。理想的な天気でした。毎日がこんな気候ならい…

  • 毎日ぽむぽむ2022 「執筆のお守り」

    執筆のお守り 執筆中は孤独だ。 書いている最中は自分の力量不足にあえいだり、語彙力が足らなくて辞書をひっくり返すはめになったりと、そのほかにも諸々の障害が重なって、ハッピースマイルで書けることはほとんどない。 テキスト画面のそばに、守護神のようにディスプレイしている本がある。 岡本太郎の自伝的エッセイ「自分の中に孤独を抱け」 村上春樹の創作方法論「職業としての小説家」だ。 どれも物書き、クリエイターとしての心構えを力強く説いてくれる良作で、息詰まった時は、二人の巨匠の言葉を借りて自分に叱咤激励する。 自分は一人で書いているけれど、自分の周りには同じ創作の海を渡る同志がいて、互いに一人きりで戦っ…

  • 毎日ぽむぽむ2022 「創作力」

    創作力 家で執筆している。 基本、外ではしない。カフェやレストランなど、公共の場所で物を書いている作家さんはすごいと思う。人目を気にせず、人様にふれる文章を生み出す、すさまじい集中力。 特に、小説を外で書ける人はすごい。 エッセイなら私も短い文章をカフェで書くことがあるが、物語を紡ぐ行為は思考回路を究極まで詰めるので、とても真似できない。 そもそも小心者だから、人の目が気になってうまく集中できない。完全に一人きりの部屋でないと、私の脆弱な脳みそは自由に活性化しない。 一人きりの私。創作と正面から向き合う私。一対一の戦い。または腹のさぐり合い。あるいは支え合いや助け合いに近いもの。 孤独な夜。家…

  • ひとりごと創作日記 四月

    四月六日水曜日 今日はうまく書けませんでした。しょうがない。 無性に図書館へ行きたい。それでYA文学(ヤングアダルト文学)の本を片っ端から読んでいきたい。インプット熱が高まっている。児童文学やYA本に対する興味が年々強まっている。若者に対する興味が尽きないのだ。 今は若者を書いていたい。 しばらくインプットに励もうかしら。久しぶりに近くの図書館へ寄ってこよう。執筆はちょっとお休みです。 四月七日木曜日 今日はすごく具合が悪くて、一日中横になってた。気候のせいだと思いたい。どうか身体よ、持ち直してくれ。 今日も執筆を休みます。いつか再開できますように。 四月九日土曜日 今日は午前中ダウン。しばら…

  • 毎日ぽむぽむ2022 「孤独って何だろう。」

    「孤独って何だろう。」 2022年4月26日(火) 孤独って何だろう、と突然思うことがある。 今いろいろ言われているのは「孤独死」。みんな一人きりで死ぬのが怖いのか。最期は誰かに看取ってほしいのか。人は社会的な動物なのだと改めて感じる。 一人きりで死ぬ想像をしてみる。痛い死は嫌だから安楽死という結末で。 一人暮らしの自室、ベッドで横になって、そのまま息絶える。眠るように死ぬのだとすれば、走馬灯のようなものは見るのだろうか。それとも自分が死んだことにすら気づかずにあっけなく逝くのだろうか。死後の世界はあるのか。自我はどうなるのか。「わたし」という自己認識がなくなり、そこにはかつて人間だったものの…

  • 毎日ぽむぽむ2022 「書く、とは。」

    karin-izumi.hatenablog.com 書く、とは。 言葉にできない気持ちを書き殴る。 毎日を暮らしていて、いろいろな刺激を受けて、そのたびに身体で起こる副反応が大小さまざまな言葉を生み出していく。 ポジティブだったり。ネガティブだったり。 現在Eテレで放送されている「言葉にできない、そんな夜。」という番組がとてもいい番組なので、推したい。 言葉を愛する各界の著名人やタレントさんが、「初恋」や「反抗期」などそれぞれの言葉に沿ったテーマで、自分なりの文章を生み出していく。 ジャンルは違っても「表現」に携わる方々の、それぞれにクリエイティブな言語表現が毎回ユニークで詩的で素敵だ。思わ…

  • 毎日ぽむぽむ 2022

    こんにちは。 今日から毎日なるべく更新予定の、とりとめのない日々の日常をポエムちっくに綴るエッセイ日記、スタートです。 更新の時間帯は自由。投稿したいと思った時間に投稿いたします。 よろしくお願いしまーす。 第一回目投稿 2022年4月25日(月)

  • ひとりごと創作日記 三月

    三月六日日曜日 三月になりましたね。春が近づいて、気温も上がって、体がまだついてきませんね。まあ、そんなもんさ。 今日は三十分ほどの読書をしました。 自分の執筆スタイルが変わり始めているのかなあ。何がどう変わっていっているのかわからず、わからないままに創作しています。いつか自分の創作をわかる時が来るのか?物書きの在り方は人それぞれ。 私はどんな物書きでありたい?まだ決めていない。今は、キャラクターとその場面のシーンが浮かぶタイプだけど、この先どうなっていくのか。 何を書くのか。なぜ書くのか。自分自身も人も、摩訶不思議ですね。それを書きたいのだろうか。ううむ。 アマチュア作家の旅路は続く。 三月…

  • ひとりごと創作日記 二月

    二月四日金曜日 今日は一文字も書けなかったよー。そんな日もあるさ。しょうがないね。 とりま自分の名前だけ打った。何も出てこない日は文字だけ打つ。あいうえお。 できるだけ毎日パソコンの前に座ってWordを開く。これだけでもじゅうぶんな訓練になっている。……と信じている。 焦らない。焦らない。蟻んこのようでも生きていけるさ。たぶんね。 そして今日は不眠の日らしい。寝れないわー。夕飯の後で執筆するのはもうやめよう。生活リズムによくない。 一日くらい寝れなくても大丈夫さ。しょうがない。 二月五日土曜日 今日は原稿用紙で二枚半書けました。半端な文字数でも執筆できた自分にほっとしてます。地道に書いていこう…

  • ひとりごと創作日記 一月

    一月八日土曜日 今日できたこと。 長編写本1500字ほど。四十~五十分ほどの読書。とても寒いがよく晴れた土曜日。冬至が過ぎたので少しずつ日がのびて外が明るくなっていく。太陽は偉大。 新年度初めから推しのライブに当たって参戦し、ハッピーな幕開けです。今年の私は最強。言霊!! 梅雨の前までに何かしらの創作活動を一区切りつけたいな。 一月九日日曜日 今日できたこと。 長編写本2400字ほど。久しぶりに二千字超えた。よく書けたなー自分。自画自賛。ついに二、三ページで完成する。一年以上写し続けた私、えらいぞ。将来ビッグになるぞ。言霊!! 写本をやり遂げたら次はどうする?オリジナルのキャラクター作りと世界…

  • ひとりごと創作日記 十二月

    十二月五日日曜日 やっと体調が戻ってきた。急に寒くなったので倒れていました。なぜこんなに季節の変わり目に弱いのか。すぐ具合悪くなる体をどうにかしたい。でもきっとどうでにもできない。 AIが進化したら、自分の脳みそと心臓だけ取り出してロボットの体に乗り移りたいわ。マジでこのポンコツ肉体どうでもいいわ。それぐらい体力がない。頑丈な体に生まれたかった。サイボーグ! しばらく執筆も写本もできなかったけど、今日はやっと再開できました。おめでとう自分。 できたこと。 写本千字程度。完成した短編オリジナルの推敲。もう少し日数を置いた方がいいな。気長に寝かせておきましょう。 夜は推しのDVD観るぜー。楽しみ…

  • ひとりごと創作日記 十一月

    十一月二日火曜日 今日は晴れて気持ちがよかったけれど、その分気温が上がって寒暖差が激しかった。ぼーっと休んでました。 できたこと。 三十分ぐらいのミニ読書。創作ノートのプロット作り。 写本と執筆は夜にやります。 夕方六時。写本千字程度書けました~。グッジョブ! 十一月四日木曜日 今日は写本を千字程度やりました。執筆はお休みしています。今は疲れてます。ちょっとの間休んでいよう。 日が暮れた後は、ミニ読書をしたり、ぼーっとしています。 たぶんがんばり過ぎたんだな。数日間ゆっくりしよう。 夕ご飯食べたら元気が出た。お風呂これから入ります。ゆっくりしよう。 読書セラピーという活動が海外であるみたいなん…

  •  ひとりごと創作日記 十月

    十月三日 日曜日 今日は気分転換に地元の本屋へ行ってきました。 推しの雑誌を買って、図書館に寄って、お昼を食べてきました。お金が飛んだけど楽しかったです。リフレッシュできました。 帰宅後は執筆を数行だけ、それと短編の写本を千字ほど更新。夕方にミニ読書をしました。充実~~。秋は読書が進む! キャラ文芸の短編賞に応募したくなってきた。間に合うかな……? とりあえず書いてみようか、自分。 明日は家で執筆をがんばります。 十月五日 火曜日 今日は一日家にいました。執筆は数行だけやって、短編小説の写本に集中しました。ほどほどにがんばった! 写本はだいぶ慣れてきました。後は長編の写本をやり遂げるぞ、自分…

  • ひとりごと創作日記 九月

    九月十日 金曜日 今日は晴れて高気圧が来てくれたのでいろいろなことができました。太陽ありがとう。 できたこと。長編小説写本三ページ分。オリジナル長編の構成。 ずっと温暖湿潤な気候でいてほしいなあ。そしたら体が元気に動くのに。欲張らない程度にがんばっていこう。 久しぶりに漫画雑誌を買いました。一時期遠ざかってたけど、やっぱり漫画を読むのが楽しいし、好きです。今は少女漫画誌がマイブーム。レーベルは白泉社と秋田書店を物色してます。「ボニータ」おもしろかった。次は「プリンセス」読んでみよう。 「少年」「少女」と分けずに多種多様な作品を載せてるレーベルもたくさん出てきたね。漫画好きにとっては多様性の時代…

  • ひとりごと創作日記 八月分

    八月一日 日曜日 今日できたこと。 長編の模写二ページ分。がんばりましたね自分。 読書は明日しよう。 今日思いついたストーリーは今の年齢じゃとうてい書けそうにないな。でもいつか書くぜ(笑) 八月十一日 水曜日 今日できたこと。 推しの新曲発売日だったから買いに行きました。幸せだ。あとでゆっくり聴こう。 小説創作マイルールを上げている方がいて、私とほぼ同じ考えだったから嬉しくてテンション上がりました。そのやり方でよかったんだよねって。胸のつっかえが取れたような気がします。ありがとう。 私はキャラクターが動き出すのを待つタイプの創作方法です。このやり方でいいのだ。 自分の執筆スタイルに自信を持とう…

  • ひとりごと創作日記 七月分

    七月二日 金曜日 今日できたこと。 小説模写三ページ分。梅雨空の中でよくがんばりました! 今日は本格的な雨のため、後は大人しく本を読んでます。 久しぶりに一般文芸を読んでいます。時々、ザ文学!って感じの文体にふれたくなる。美しい世界観が広がる文体が好みです。美しさは私にとってかなり重要なポイント。文学は私を救う。 自分が気象病であることをきちんと受け止めます。自分のペース配分を知る。ユウウツな時は散歩をする。外の空気を吸う。カフェで読書。理由のない能天気な未来を描く。今だけ見ていればいい。暗い将来を想像しない。いい意味での楽観主義を持ってみる。 コミュ症の私にできること。 ニコニコ笑顔でいる。…

  • ひとりごと創作日記 六月分

    六月三日 木曜日 今日は梅雨の晴れ間だから体が楽だ。けっこういろいろなことをやれてます。天気に感謝。高気圧に感謝。 「Nola」という小説執筆お助けアプリがあって、これがとても楽しい。今はお助けツールがたくさんあって、創作が楽しいし、はかどる。今を知るって大事だなあ。 今日できたこと。 読書に三十分以上集中できた。一次創作のアイディアノートをまとめられた。上出来!!何度も言うけれど安定した気候に感謝です。 今は一般文芸をちょっとたしなみ、そのあとライト文芸を読んで楽しんでます。 一度に二冊を同時進行して読書する方法が昔から好きです。珍しいかな? 今日は平和な一日でした。 六月四日 金曜日 今日…

  • ひとりごと創作日記 五月分後半

    五月十八日 火曜日 今日は小説模写を進めました。道のりは遠いけれど、三分の一まで行ったぞ。千里の道も一歩から。がんばれ自分。 小説って、何だろうね。奥が深いなあ。作者の愛情を感じる小説がいちばん好きです。私もそんな小説を書くのだ! 五月十九日 水曜日 今日は地元のカフェに行って読書をしました。半分くらい読めたかな。梅雨空でも外出すると気分がいくらかリフレッシュされていいですね。インドアだけど外出は大事なんだな。 そして本を読むことは自分にとって必要不可欠なんだと再認識。 あとは、推しの写真を眺めること(笑)キモチワルイな。オタクってキモイですね。でも推しの財源になってるから大目に見てね、推し…

  • ひとりごと創作日記 五月分前半

    五月一日 土曜日 今日は小説模写を少し進めた。がんばったな。 ブログと投稿サイトに自作品を載せた。がんばったな。 これくらいでがんばったなって言っていいのだ。 五月二日 日曜日 小説模写少し進歩。がんばった。 オリジナル小説はプロット、ストーリー構成を学ぼう。構成力を地道に努力しよう。二、三年かけてもいいから長編小説を書き上げよう。新作小説をがんばって練り上げよう。応募し続けていこう~。 書けない日はあるのでその時はしっかり休む。読書や気の休まることをしていればいい。 休み休みがんばるのだ。 五月三日 月曜日 今日は外へ出た。コロナに気をつけて地元に買い物行くだけにした。昼間だったから家族連れ…

  • きらめく星に眠る

    あらすじ 地球温暖化による異常気象が佳境に差し迫った未来の時代。日本に火星からの人類救済転送装置がやってくることを事前に極秘情報で知った遠野ひかりは、ただ一人の肉親の祖母を連れて地球を脱出しようと試みるが……。 地球からの逃亡劇。 おばあちゃん、何でみんな火星へ行くの? 台風明けの、不自然なくらい暑い初秋、わたしはおばあちゃんに尋ねたことがある。お母さんとお父さんが被災地へ派遣されて、次に家に帰るのはもう少し先だと言われた、どことなく物悲しい気持ちになった日だった。 「人間が生まれすぎたからだよ。地球は狭いんだ。あんな蟻んこみたいに増えたらそりゃあ何割かは死ぬだろうさ。火星移住計画が出るのも無…

  • ひとりごと創作日記 四月分

    2021年4月8日(木) 今日できたこと。 十二時まで散歩ができた。自作のアイディアノートを少し書き足した。小説の模写を進められた。自分の部屋の掃除ができた。 今日はよくできた! Web文芸誌をスマホで読み始めてから、新たに知った作家さんがいっぱい。Webはいいことだらけ!(ネガティブキャンペーン以外) ポプラ社『asta.』、双葉社『カラフル』、祥伝社『コフレ』、講談社『tree』、集英社『レンザブロー』『webコバルト』などなど。 この秋に新潮社『yomyom』がwebマガジンになると。楽しみ! 創作が活況! 4月9日(金) 今日、過去の作品を掘り起こしていたら小説模写を三作やり遂げていた…

ブログリーダー」を活用して、泉花凜さんをフォローしませんか?

ハンドル名
泉花凜さん
ブログタイトル
泉花凜の文字語り
フォロー
泉花凜の文字語り

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用