searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
しゅういち
フォロー
住所
東京都
出身
未設定
ブログ村参加

2021/02/16

1件〜100件

  • 令和5年の予備試験

    今更ですけども、3月30日付司法試験員会決定「令和5年司法試験予備試験の実施について」を確認しました。 https://www.moj.go.jp/content/001370809.pdf 短答式が7月16日、論文が9月、口述が翌年1月と今年のカレンダーより2ヶ月後ろ倒しになっています。 ポジティブに考えると、2ヶ月分多く準備ができる。それにGWが試験直前ではなくなるので、今年のような「家族は家にいるので俺はどうすりゃいいんだ」問題は起きません。 ネガティブなところでは、盆暮れがなくなる。これは家族持ちには厳しいですね。特にお盆時期が最後の詰め込み期間になるのは影響が大きい。 我が家では毎年…

  • S&P500の下落

    5月になってから試験勉強でマーケットの動きをほぼ見ていなかったのですが、海外のインデックスがかなり下落しています。米国株で私がベンチマークとするのはS&P500ですが、この下落が激しい。 これはまずい。 実は私、妻の資産運用指南役を仰せつかっており、最近のインフレ傾向を受けて外国株の割合を増やす方向でポートフォリオ変更を提案することをGW前に約束していました。 そして妻は超保守的運用を好む傾向があり、含み損が出るだけで卒倒してしまいます。私と結婚するまでは全資産を普通預金のままにしていたくらいです。 これまでは「長期的に必要な資産は目先で損が出ても問題ない」ということをなんとか理解してもらって…

  • やる気を再び上げる方法

    日曜日に試験が終わり、月曜火曜はほぼほぼ勉強しませんでした。机に向かう気力が湧かなかったのです。 とりあえず予備校提供の回答でチェックしましたが、自己採点の結果は、ひょっとしたら合格かも、というボーダーラインぎりぎりの点でした。可能性がある限り論文試験に向けて勉強を再開しないといけないのですが、短答式試験で満腹といいますか、「やり切った感」が出てしまったのです。 そんなわけで月曜火曜はのんびりと過ごしました。 とはいえ、このまま漫然と過ごすわけにはいきません。 そんなときは、モチベーションが低いなりにできることをやるようにします。やる気50%だとしても机に向かって勉強していくうちに脳が騙されて…

  • 短答試験雑感(準備編)

    これまで何度も書いてきましたが、私はまだ基礎講座受講中の下の下ランクの受験生です。当然5月15日の短答式試験までに基礎講座は完了できず、そんな人間が試験準備というのもおこがましいのですが、来年に向けて考えなければいけない点をまとめました。 いつから短答対策に集中すべきか 5月に入ってからの2週間、基礎講座も論文講座も止めて、短答対策として辰巳の肢別アプリを繰り返し解くことに専念しました。 もともと今年はお試しで来年が本番と思っていましたが、とはいっても試験が目の前に迫ってくると、その試験に合格することに意識が向きます。落ちてもいい試験はない! ということです。そんなこともあり、5月からではあり…

  • 短答試験雑感(当日編)

    5月15日の短答式試験を初めて受けてみて感じたことです。 試験会場(教室)内では休憩時間もスマホ禁止 休憩時間には音楽を聴いてリラックスしようと思っていたので、これは想定外でした。その代わりに外を歩ることで気分転換するようにしましたが、試験時間中は雨が降らなくてよかったです。会場が立教なので(以前の記事)雰囲気はよく、歩いていて気分転換になりました。 空調が寒い 場所によるんですかね。私の席ではかなり寒く感じました。念のために持っていったパーカーを着続けることになりました。でも前の席のお兄さんは半袖Tシャツだったんですよね。とはいえ席替えできないとのことでしたので、念のための上着は必須です。膝…

  • 立教

    予備試験終わりました。雑感は落ち着いてから改めて、ということで。。。 立教大学に行くのは数十年ぶり、しかもキャンパス奥まで忍び込むのは初めてだと思います。 入り口から雰囲気あっていいですね。新しい建物もレンガとツタのイメージに合う外観にしたのでしょうか。全体的に落ち着いていい感じです。ここが母校なら自慢できますよね。 個人的には京都今出川の同志社が好きなのですが(OBではありません)、立教もいいです。 で、自分に問うてもわからないのですが、なぜ立教を受験しなかったんだろう? 私が行ったどんくさいキャンパスより絶対立教なのに。何がいいって、「日帝粉砕」とか「産学協同体破壊」のような立て看板が立っ…

  • 短答式試験前の最後の足掻き

    日曜の試験まであと3日。短答の肢別を繰り返し解いていますが、残りの日で何ができるでしょう。 条文の素読 本当は全法律といきたいですが、憲法、行政法で精一杯? できれば民法、訴訟法まで手を出せればいいですが。 最近の判例の確認 判例六法の追録に掲載の判例だけですが。 残り時間を考えるとそんなところでしょうか。

  • 勉強合間の運動

    今週も短答対策に全精力を注いでいます。午前中から夕方まで、一旦休憩して食事をした後に夜の部。 午前中はまだいいのですが、午後になると集中力が続かなくなり、夕方になるとボロボロです。 なので、合間合間に頭をリフレッシュさせるために軽い運動をしています。腕立て、腹筋、スクワットという程度の運動です。 科学的な裏付けはないあくまでイメージ的な話ですが、勉強によって頭に集まり流れが悪くなった血液を、体を動かすことで全身に循環させて血の巡りをよくする効能を期待しています。血の巡りがよくなればまた脳が機能して勉強がはかどるのではないかということです。 ほかにも、時間が空いたら目を閉じて瞑想的なこともしてい…

  • 時計

    腕時計には普段はApple Watchを使っています。機械式時計のマウンティングに巻き込まれることなく、メールとかメッセージが来たらiPhoneいちいち見なくても、少なくとも誰からの連絡かは即座に把握できますし、歩数等の運動量もチェックしてくれます。根を詰めて仕事をしていると、「呼吸をしてください」と教えてくれます。いうことありません。 そんなApple Watchにも問題があります。司法試験/予備試験の会場では使えないということです。わからない問題があるからといっていちいちApple Watchの小さな画面で調べないよ、と思うのですが、不正を働く輩が絶えないということなのでしょうね。仕方あり…

  • 勉強疲れ

    GWになり、朝から晩まで短答式試験対策に専念できる素敵な環境で一週間過ごしました。では勉強に集中できていたかというと少し怪しいです。 というのも、時間が経つにつれて頭が疲弊してきて、目の前の問題をこなすだけになってしまうのです。 例えば午前中なら、問いに間違えると「あれ、判例の言い回しはどうなってたっけ? 判例百選をチェックしておこう」となるのですが、これが夕方になると「あ、間違えた。。。。はい次」となってしまいます。 もちろん能率も悪くなり、午前中なら50問解ける時間で夕方には25問しか解けなくなっています。 夕食後には夜勉強の時間も設けているのですが、もはやテキストを開いているだけ、なんて…

  • 判例六法 追録

    以前購入した有斐閣判例六法の追録が送られてきました。 試験前には昨年の重要判例を一通り勉強すべき、とあちこちに書いてありますが、そんな余裕はまったくありません。 なので、せめてこの追録に記載された判例だけでも目を通しておきたいなと思っています。 有斐閣判例六法 令和4年版 有斐閣 Amazon

  • 短答対策

    5月になってから、辰巳の肢別アプリを使った短答式試験対策に注力しています。 これまでに間違った問い、知識があやふやな箇所を中心に再度解き、理解度を高めようという作戦です。 いろんなブログをみると、皆さん短答の問題集は正答率8〜9割、人によっては満点になるまで繰り返すということのようですが、試験まであと10日余りの今現在でもそうはいきません。ざっと7割というところでしょうか。 特に悪いのが民訴。せいぜい5割の回答率というところです。 やばすぎる。 今更ですが、用語の定義を曖昧なまま覚えていたり、判例の読み込みが甘くて結論はわかるけどそこに至るまでの論理構成の理解が正確でなかったということを痛感し…

  • 資産(2022年4月末現在)

    4月末時点での資産です。 想定利回りは年3%ですが、インフレ基調を踏まえて年4%にしようと思います。GW以降(試験以降)に必要な資金移動をする予定です。 生活資金: 日本株ファンド 4.20%外国株ファンド39.47%ノーリスク(日本国債、預金)56.33%資産総額は全月末対比98.5%でした。 前月からの減少は、支出もありましたけど、3月末より日本株、外国株とも評価が下がったことが要因です。その結果、相対的にノーリスク資産の構成割合が増えています。 年金(iDeCo): 日本株ファンド 3.98%外国株ファンド42.01%ノーリスク(DC定期)54.01%資産総額は全月末対比101.77%で…

  • 勉強ノルマを作るべきか

    昔から、ノルマが苦手でした。数値目標があると、その数値をこなすことに主眼がいき質は二の次となってしまう悪い社会人でした。 そんなわけで、1日の勉強ノルマ(今日は○問こなす、今日は○ページ進める)を設定すると、そのノルマを終わらせることに精一杯になってしまい、気がつくとノルマはこなしていたのにどんな内容だったか記憶に残っていない、なんてことになってしまいます。 特に今のような試験前になると、後ろに動かすことができない締め切り(試験日)にプレッシャーを感じてしまい、とにかく短答の肢○問こなす、まだ終わっていない基礎講座も終わらせる、ということに注力してしまい、理解度確認が後回しになってしまうことが…

  • 伊藤塾 短答模試

    伊藤塾の短答模試を受けてきました。 よかったことは、本番の時間通りに動くことで、試験会場に持っていったほうがいいもの、事前に準備しておいたほうがいいもの、会場でストレスなく試験に向かうために必要なアクション、そういうものがわかったことです。 最初は、試験会場に持ち込むべきテキストはどれがいいかと考えていました。しかし、1科目試験が終わった後でテキストを開いて最後の確認をするとそこで頭が疲弊して試験の途中で燃料切れになってしまいます。 むしろ、試験の間のインターバルはリラックスする時間にあてて、頭の疲労を少しでも回復させたほうがよさそうです。 イヤホンでリラックスできるような音楽を聴くのもよし、…

  • 勉強法(2022年4月末現在)

    基本的には、アガルートの総合講義で聴講した論点を翌日に復習がてら同じくアガルートの重要問題習得講座で論文作成、という流れで勉強しています。 当初の予定では基礎講座(総合講義)は3月中、遅くてもせめて短答式試験までには終了を予定していたのですが、上記のような流れにしたこともあり、思うように進めていません。 4月末時点では、 民事系(民法、商法、民訴)は完了 刑事系(刑法、刑訴)は約8割、公法(憲法、行政)は約7割の進捗率です。 空き時間中心に進めてきた辰巳の肢別アプリですが、こちらも短答式試験までには2周はさせることを目標としていたのですが、思うようにはできませんでした。 商法(会社法のみ)、民…

  • 一般教養科目対策

    予備試験短答で出てくる一般教養科目。結論からいうと、私は対策なしで乗り切ろうと思います。あくまでボーナス点という程度の位置付けで、運よく知っている問題が出てきて点が取れたらラッキーで知識がないエリアの問題が出てきたらアンラッキー、と思っています。 あと二週間です。貴重な試験前の時間を割いて一般教養科目の試験対策をするのはもったいないです。矛盾してますけどね。 とはいえ、歴史や哲学、社会学等出てくる範囲はある程度わかっているわけです。来年への課題として(今年合格する気はないのか! というツッコミがありそうですが)、試験勉強以外の時間で読書するときには、試験を踏まえて学術的な背景も理解するようにす…

  • 脳を鍛えるには運動しかない!

    脳の劣化を防がなければいけないと思い、古い本ですが読んでみました。 ザクっと言うと、エクササイズを続けると脳にいいことばかりだよ! という本です。 脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方 作者:ジョンJ.レイティ,エリック・ヘイガーマン NHK出版 Amazon 目次をみるだけでも、 学習 ストレス 不安 うつ 注意欠陥障害 依存症 ホルモンの変化 加齢 なんてことへの効能が書かれています。 個人的にはもちろん学習と加齢への影響に関心があるわけです。 脳の中にあるニューロン同士はシナプスで結合されている、ということはどこかでなんとなく聞いていました。コテコテ文系の大まか…

  • 試験会場は立教大学です

    今日司法試験委員会より受験票が届きました。 中央大学だと他の会場より早起きしないといけないのでドキドキでしたが、立教大学でした。これ、法則性あるのかな? 住所で決めているとか。 立教大学に行くのは30年近く前にTOEICの試験監督のバイトした時以来です。 90年代には丸井のそば(もう丸井もないか・・・)に大盛りで美味しいイタリアンあったけど今もあるかな?

  • 日経の記事:社内弁護士、争奪さらに 高まるリスクと減る法曹志願者

    今朝の記事です。要するに、社内弁護士のニーズは増えているけど人材不足ということです。 www.nikkei.com 気になったのは、法曹希望者が減ってきてるというところでした。 司法試験の受験者数は21年度は3424人。10年前から6割も減った。 10年前はまだ法科大学院バブルが残っていただだけで、「法科大学院さえ行けば弁護士になれる!」という層が減って適正値になっただけという気もしますが、 平均所得は18年に959万円と06年(1748万円)から半分弱減った(日本弁護士連合会調べ)。「司法試験は難易度が高くて合格する保証もなく、割に合わない」と早々に見限る学生も多いという。 これは「うーん」…

  • Excelでの答案構成作成

    論文対策の勉強で問題文の答案構成を作るときは、Excelを使っています。構成を10〜20行で箇条書きにし、模範答案と照らし合わせながらコピペや行追加で答案構成を組み直して頭に入れていきます。 仕事しているときの癖でアイディアをまとめるときはExcelで整理していたのが、そのまま勉強法になっています。 我が家ではMac Book Air2020にExcelをインストールしているのですが、この勉強法をしているとときどき変な警告が出て勉強の邪魔をします。曰く、「新しいフォントはこれ以上設定できません。開いている他のドキュメントを閉じて、再度実行してください」 えーっと、新しいフォントを設定しようなん…

  • 不安

    短答式試験まであと一月。私のような下の下受験生でも不安になります。 一度勉強したはずなのに全然覚えられていない 予定通りに勉強が進んでいない そんなときは(そんなときだから?)、ベクトルを自分の中に向けて、「できていないこと」ではなく、「できたこと」にフォーカスをあてましょう。 今日勉強した10のうち1でも覚えられている自分を褒める 予定は予定、それよりも自分のペースで一歩ずつ勉強を進めていく そして、合格した自分を想像して、いいイメージを膨らませる。 そうしようと今日も自分に言い聞かせています。

  • 受験生のコロナ対策

    「コロナは単なる風邪」と主張しようがなんだろうが、試験当日に発熱があると受験できないので、残り1ヶ月を切った今、コロナ対策をしないといけません。 すでに実行しているのは、外出時のマスクです。マスク好きじゃないのですが、「マスクしない自由は憲法で保障されている!」と主張するほどの反マスク派ではないので、おとなしく外出時にはマスクをしています。気温によってはマスク内が蒸れる季節ですが我慢しないといけません。 不要不急の人とは会わない。1ヶ月間家に引きこもるわけにはいかないので、最低限度の社会生活は送らなければいけません。でも、急ぎでないのに「たまにはランチ行こう」のような誘いは断るしかないですね。…

  • 憲法:西山記者事件

    憲法の総合講義、言論の自由のところでこの判例が出てきました。つい「おおっ!」と言ってしまいました。 というのも、この事件(判決)、高校の政経の教科書に載っていたんですよね。田舎の高校生には「ひそかに情を通じ」という表現はあまりにも生々しかったので、どういう文脈で紹介されていたかはすっかり忘れてしまいましたが、外務省職員から資料を入手した経緯だけは今でも覚えています。 そんな刷り込みがあったせいで、近年西山記者が沖縄密約問題でインタビューを受けている記事を散見しますが、「偉そうなこと言っても下半身でネタ集めたんでしょ」という色眼鏡で見てしまいます。 しかし、思春期の高校生が使うテキストに艶かしい…

  • アガルート総合講義と重問講座での勉強法(4月14日現在)

    3月にアガルート重要問題講座を注文し、今は基礎講座である総合講義と重問講座の二つを併用しながら勉強を進めています。 具体的には、前日に総合講義で勉強した部分に対応する重問講座の問題を翌日に復習がてら解いています。 いい感じで多めに総合講義の勉強が進んだ場合、対応する重問講座の問題は複数になることがありますが、その場合でも科目ごとに一日一問にしています。 その結果、知識の定着率はなんとなく良くなった気がするのですが、その代わりに総合講義の進捗が当初予定から遅れています。 当初の淡い期待では3月中には総合講義は完了するはずだったのですが、今日現在ではまだ終わっていません。短答試験までに完了するかど…

  • コロナ禍での生活雑感

    コロナウィルスが蔓延して私が勤めていた会社で在宅勤務が始まってから2年過ぎました。 コロナのせいでさまざまな面倒ごとが多かった2年でしたが、数少ないコロナのメリットは、昼にジャージ姿で家の周りをうろうろしていても変な目で見られないこと、そして「今日は在宅なんで」と言うだけで近所の人が余計な詮索をせずに納得してくれるということです。 もし在宅勤務が一般的でなければ、「あの人最近いつも家にいるけど仕事クビになったのかしら」と陰口を叩かれていたかと思うと冷や汗が出ます(実際に仕事を辞めているわけですが・・・)。 もう一つコロナのメリットは、家にいて誰とも会わなくても気にならないように慣れる期間をくれ…

  • テキストを売るという行為

    今までヤフオクとかメルカリのようなネットオークションのサービスを使ったことがありません。古い人間なので手に取ったことがない品物を買うことに躊躇することと、出品されている品物の出どころに若干の胡散臭さを感じてしまうからです。要は時代についていけてないのです。 で、噂には聞いていたので興味本位で調べてみると、司法試験予備校のテキストも結構出品されているのですね。 中には「未使用」と銘打っている物もあります。誰かがわざわざコースを申し込んでテキストを開かずに売る。私の理解を超えています。 私が使っているテキストは書き込みだらけで、美品か否かでいうと、人に売ることをためらう質です。他の受験生のテキスト…

  • 受験生のGW対策

    昔の予備校のコピー風にいうと「GWを制す者は受験を制す!」というところでしょうか。今年の(合格するまでは)GWに遊び呆けるなんてことはできません。絶好の追い込み期間です。 ただ、悩みがあります。 家ではダイニングテーブルか寝室に無理やり収めたテーブルのどちらかで勉強するのですが、狭い我が家ではどちらにいても妻(と犬)の邪魔になるのです。おまけに壁が薄いので、妻がリビングでテレビを見ていると寝室に筒抜け(逆も然りで寝室でテレビを見ているとLDKに筒抜け)となり、勉強に集中できません。 妻はGWは10連休とのことで、Netflixでドラマ三昧を予定しています。 と書くと、妻は私の受験に理解を示さな…

  • ETFかインデックスファンドか

    しばらく使う予定のないい金ができたので、定期預金にしておくのも馬鹿馬鹿しいので外国株に投資しようと思いたちました。 とはいえリスクは最小限にしておきたいので、個別株ではなくインデックス、具体的にはMSCIコクサイです。 コストも最小限にしておきたいので、まずはETFを探したのですが、JPXの情報だと、信託報酬は思ったほど安くないんですね。0.15%から0.24%。 https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/01-08.html 実質的手数料が最低水準といわれる三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックスが信託報酬0…

  • そろそろ試験本番対策

    5月15日の予備試験本番が近づいてきました。日々の勉強も大事ですが、そろそろ本番環境で力が出せるよう慣らしていかないといけません。 短答答練を使って試験時間に収まるようマークシートに書きこむことは当然やらないといけませんが、それ以上に大きな悩みがあります。それはマスクです。 今までは家のゆるい環境で勉強していたので当然マスクなしです。マスクをつけて計5時間の試験に耐えられるのか、全くの未知数です。 近くの字が見づらい年頃なので、試験のときはメガネ着用です。マスクをして下を向くとどうしてもメガネが曇るし、マスクしないと逮捕されるしで、悩ましいです。 それに、今までは短答答練でもテスト中にお茶を飲…

  • 内助の功?

    令和の世の中に「内助の功」という言葉が適切なのか怪しいですが、妻に支えられているということです。 基礎講座で勉強した内容を、その日のうちに妻(非法学部卒)に要約して話すことにしました。 法律の素地がない人間に法律の内容を説明するには平易な言葉でないといけません。テキストの用語ではなく平易な言葉にするには、自分の中で完全に理解していないといけませんし、1時間の基礎講座の内容を3分で要約するには、講座内容全体だけでなく重要なポイントも理解できていないといけません。つまり、妻に話すということで自分の中の理解度を確かめることになっています。 それに、説明するというプレッシャーがあることで、やもするとダ…

  • 行政法:武蔵野マンション事件

    納得いかないことがあるからといって行政と戦うことが得なのか、という問題です。 行政指導の限界で登場するいわゆる武蔵野マンション事件のうちの教育施設負担金返還事件ですが、最高裁判決は1993年に出ています。では問題のマンションはいつ建築されたのか調べると、1978年だったんですね。つまり最高裁の判断が出るまで15年(しかも高裁差戻し)。 行政判例百選I 第7版 (別冊ジュリスト 235) 有斐閣 Amazon (武蔵野マンション事件は判例百選第98事件です) ちなみに給水拒否事件の舞台となったマンションも1978年完成のようです。そして問題の指導要綱も1978年に改正されて教育施設負担金は廃止と…

  • 資産(2022年3月末現在)

    月末に資産残高を調べると、「もう一月過ぎたのか」と感じます。司法試験という大目標があり日々スケジュール通りの勉強をこなしているのでヒマを感じる時間はないのですが、その一方で、「このまま歳をとっていくのか」と危機感も感じたりします。 さて、3月末時点での資産です。 想定利回りは年3%はまだ変えていません。なので、リバランスとしての売り買いはなかったです。 日本株ファンド 4.26%外国株ファンド39.86%ノーリスク(日本国債、預金)55.89%資産総額は全月末対比103.6%でした。 支出があったのに資産総額が前月より増えているのは外国株の復調によります(なので外国株ファンドの割合も増えている…

  • 焦りと勉強時間

    私のような勉強開始から半年しか経っていない下の下レベルの受験生でさえ、試験が近づいたのに全然合格レベルに達していないと焦ります。「もう少し上手くやれたはずなのに」「もっと早く一通りの勉強終わらせられたはずなのに」と考えてしまいます。 なので、勉強時間を増やしてこれまでより1時間多く机に向かいましたが、脳は疲弊しまくっていて何も頭に入ってきません。年齢のせいか個人の資質の問題かは定かではないですが、やみくもに勉強しても成果は上がらなそうです。それどころか、勉強時間増やす→睡眠削る→翌朝までに脳がフル回復しない→翌日の勉強にも影響出る、という悪循環になるようです。 そのため、勉強時間を増やすことは…

  • 勉強法(2022年3月末現在)

    気がつけばもう4月ですね。あっという間に短答式試験です。 引き続き、基礎講座としてアガルートの総合講義300全科目を聴講しています。当初の予定ならば3月末には完了しているはずですが、まだまだ道半ば。各科目とも60%前後の進捗率にしかなっていません。 論文講座としてアガルートの重要問題習得講座を申し込みました。ペースとしては、総合講座半分、重問講座半分といったところです。 インプットだけだとつい流し聞きになってしまう弱い自分がいます。なので、アウトプットを兼ねて知識の曖昧なところをチェックしたり、論点の洗い出しをしたりするスタイルの方が今の私には性に合っているようです。とはいえ、論証は全然書けま…

  • バークシャー・ハサウェイ【BRK-B】

    個別株の投資方法はバリュー株中心にしています。銘柄を探す際にはウォーレン・バフェット風に考えようと思っていますが、なかなかいい銘柄が見つけられません。 で、ふと思いました。「一生懸命にバフェット流で銘柄を探すくらいなら、バフェットに任せたらいいんじゃない?」 そんなわけで、バークシャー・ハサウェイ株を購入してみることにしました(B株ですけど・・・)。一株300ドル超。4万円弱の投資です。 株価には心配はないのですが、問題は最近の円ドル相場です。株価は上がったのに円高に動いたせいで円評価額は下がる、なんて日もあります。 気長にホールドする予定ですので日々も株価の動きには一喜一憂しませんが、とはい…

  • マークシート用鉛筆

    大学受験の時にダースで買った鉛筆が最後の一本になってしまい、短答試験に挑むにはおぼつかなくなってしまいました。しかし物持ちがいいというか、字を書かなくなって久しいというか・・・ そこで、文房具屋で鉛筆を物色したところ、マークシート用鉛筆なるものを発見しました。そんなものあるんですね。 www.mpuni.co.jp さっそくこの鉛筆を伊藤塾の短答答練で使ってみたのですが、これまで使っていた30年前の鉛筆と違いがわかりませんでした。自己採点では前回より点が上がったのですが、それは鉛筆のおかげではないですよね。 使わないに越したことはないのですが、マークシート用消しゴムも買おうと思います。

  • アガルート重要問題習得講座

    論文講座ですが、アガルートの重要問題習得講座を受講することにしました。 【2023・2024年試験対応】司法試験|重要問題習得講座 | アガルートアカデミー 選んだ理由ですが、 受講中の基礎講座(総合講義300)と同じ予備校・同じ講師なので親和性が高いと判断 他の予備校より安い 論文添削も含まれている というところです。それに、今だと10%引きなのが、割引に弱い私のハートを捉まえました。 第一弾として民事系(民法、商法、民訴)のテキストが届いたので、順次進めていく予定です。刑事、公法はこれから開講です。 質問はFacebookの受講者限定グループの中で聞くことができます。グループへの参加は認め…

  • iDeCo

    これまで勤めてきた会社では確定拠出年金があったので、退職後はiDeCoに移管しました。安定収入がないので掛金は拠出せず、運用指図者になっています。 預入先の金融機関(運営管理機関)は月々の手数料で比較してSBI証券にしました。どうせインデックスファンドで運用するのですから、扱う商品に違いはないわけで、だったら月々確実に引かれる手数料が安い方がいいという考えです。 www.dcnenkin.jp iDeCoも生活資産同様、利回り3%を目標にしています。こちらもリスクを踏まえつつどこまでリターンを期待すべきか、要検討ですね。 早くても一時金として受け取れるのは60歳。まだ時間的余裕はあるので、生活…

  • 憲法:違憲審査基準の使い分け

    恥ずかしながら、違憲審査基準の使い分けが整理できていません。まだ使い分けの基準を自分の中で作れていないというべきでしょうか。 自分では「精神的自由だけど侵害程度は重大じゃないから中間審査基準かな?」と思ったら解答例では厳格基準だったり、その逆もあります。 論文の問題をこなして相場観を作っていくしかないですかね。パターン化をしすぎると採点実感で「漫然とあてはめているだけ」と酷評されますので、問題文の事情を踏まえて事例ごとに判断すべきとは理解しています。しかし、まずは自分の型を作らないと始まらない。

  • ワクチン接種(3回目)

    3回目のコロナワクチンを接種しました。3回とも自治体が行う接種になり、期せずしてすべてファイザーになりました。 昨年の2回目の時は翌日は一日熱がひかず、在宅勤務といいながら実質休みになってしまったので、今回も翌日は何も予定を入れませんでした。 朝、熱が37度ちょっとしかなかったので「大したことないな」と思っていたのですが、みるみる間に熱が上がり、38度になってしまいました。 解熱剤としてロキソニン(接種当日の問診医によると解熱剤はどれでも変わらないとのことでした)を飲み、横になっていたのですが熱が下がるペースはゆっくり。 せめて択一アプリで短答対策しようと思ったのですが、ふらふらしていて文字が…

  • 企業内弁護士という職業

    これまで私が勤めた会社の中には、法務部に弁護士が所属しているところもありました(ほぼ全社か?)。 少ない経験からの個人的印象に過ぎないのですが、これらの弁護士にあまり良い印象がありません。 法務部でやっていることは契約書のチェックだけで、個別案件の法的な懸念点の相談に行くと、「外部事務所のリーガルオピニオンもらってください」 契約書のチェックもあらかじめ定められたチェックリストに則り、会社の基準を満たした文言になっているかの確認だけ。相手方と調整できずチェックリストどおりの文言が追加できそうもない時に相談すると、判断を示さずに、「文言がないリスクはそちらで考えてください」 マニュアル通りの作業…

  • インフレとポートフォリオ変更

    身近なところでも物価上昇を感じるようになってきました。スーパーで買った魚の切り身が値段は変わらなくとも薄くなっていたり、ランチのときのドリンクサービスがなくなっていたり、などなど。 アベノミクスでドバドバ資金供給しても上がらなかった物価が、こんな望まない形で上がるのはなんとも皮肉です。 そして、私の生活資金のもととなっている資産運用もインフレに合わせてポートフォリオを変えなければならないのでは、と考えざるを得ません。 今時点での目標利回りは3%としています。増やしていきたいのは山々ですが、3%を超える利回りだと私の許容度を超えるリスクを取ることになると判断し、現実的な運用目標として3%にしまし…

  • 実務基礎科目と選択科目の勉強開始時期

    取らぬ狸の皮算用です。 また基礎講座すら完了していないレベルの「下の下」ランクの受験生ではありますが、万一短答式試験に合格してしまうとすると、今現在まったく手付かずの実務基礎科目と選択科目は2ヶ月では間に合いそうもありません。となると、そろそろ準備をしないといけないのでしょうか。 そもそも短答式試験に合格する確率は5%もない現状で何を言っているんだ、という話ですよね。 今年の試験云々は別にして、いつから準備を始めるのがいいんでしょう。法律基本科目が一通り合格(に近い)レベルに達してから? それとも同時並行で進めたほうがいい? いろんな人がいろんなことを言っているのでわからなくなってしまいました…

  • アガルート 2022年司法試験・予備試験 短答式試験「重要トピック攻略講座」

    アガルートから標記講座の案内メールが届きました。無料だそうです。 www.agaroot.jp 参考になるなら聴いたほうがいいのかな。1科目1時間なので計7時間。 心が汚れた大人なので、「無料のものには訳がある。そして無料ほど高いものはない」とつい勘繰ってしまいます。 とはいえアガルートが個人情報集めてどこかに売るとはまったく思っておらず、今のタイミングは予備校のプロモーションとしては最適なので(なんせ受験生の8割弱は短答試験すら通らずに来年も目指すことになります)、少しでも悩める受験生を集めたいということなんだろうな、と思っています。それがビジネス。 それより気になるのが、このタイミングで新…

  • 健康診断の結果・・・

    健康診断の結果が返ってきました。いろんな数値が悪化している・・・ 思いつく要因は一つです。司法試験の勉強を始めてから、「脳が疲れたときは栄養補給」と言って甘いものをパクパク食べていたことです。 腹回りの著しい成長を見ていてうっすらと自覚はしていたのですが、数値として出てくると危機感を抱きます。 これからどうしよう。 まずは栄養補給の質を変えることでしょうか。甘いものは脳にいいといっても、カロリー過多になってはいけません。体に優しくて脳の疲労回復にも適した食材を探すことにします。 甘いものに頼らない脳のリフレッシュ方法を見つけることも大事です。 それに、運動を増やします。今までも朝にエクササイズ…

  • 個別株

    資産運用の中心はインデックスファンドです。理由は、個別株でポートフォリオを組むのが面倒くさいのと、海外株まで含めて資産運用することとしているので、海外市場の個別株を見る時間がないからです。 とはいえ、サラリーマンを辞めてからちょこっと個別株の取引を始めています。大きい理由はボケ防止です。マーケットからマクロ経済の情報を得るだけでなく、時間を見つけて有価証券報告書を読み、投資先の選別をするようにしています。海外企業のAnnual Report読むようにすれば、英語力向上とまではいかなくても現状維持にはなりますしね。 なので、使う金額はお小遣い程度に限られています。ソニーとAlphabet買いたい…

  • 短答試験で使える時間

    受験生なら当然知っていることかもしれませんが・・・ 憲法行政で60分24問 民商民訴で90分45問 刑法刑訴で60分26問 一番質問数が多い民商民訴だと1問に使える時間は2分。1問に肢が基本5個なので、1つの肢に使える時間は24秒。直感で解いていくスピード感で手を動かしていかないと時間切れになりますね。 知識を増やすことはもちろん大事ですが、処理スピード上げる訓練もしないといけません。

  • アガルート総合講義300の雑感(開始3ヶ月現在)

    基礎講座として、アガルート総合講義300を毎日聴講しています。ようやく一周目が終わったので、今現在の雑感です。 ※アガルートの講座は1カリキュラムで1科目を三周することになっています。その一周目が終わったということです。なので進捗率は40%程度というところです。3回聴講するつもりのカリキュラムの1回目が終わったわけではありません。 <いいと思ったところ> 1セッションの再生時間が5〜30分程度となっており、集中力が切れる前に完了します。 配布されるテキスト(講義のレジュメ)がシンプルで見やすい 判例中心の解説で、学説の違いにマニアックに踏み込まない 判例要旨がテキストに掲載されているので、いち…

  • スタバで休憩

    今日は朝から勉強していたのですが、午後3時頃に、何も頭に入らなくなってしまいました。せっかく一日勉強できる機会だったのでもっと頑張りたかったのですが、脳がフリーズして講義をただ聞くだけになってしまいましたので、気分転換に外のカフェでホットケーキでも食べようと思い外出しました。 しかし、ホットケーキを出すような店は臨時休業か時間をくり上げて閉店でどこにも入れずじまい。結局駅前のスタバに行く羽目になりました。 「こんなことしていていいのかなあ」という罪悪感と、「集中できないときは割り切ってリラックス(はーと)」という相反する想いで葛藤しながら、店内で桜アイフォンケーキを食べてました。1時間くらい居…

  • セミリタイヤ生活での出費

    サラリーマンを辞める時、月々の生活費だけでなく臨時出費も見積もった上で今後の想定される支出を算出し、資産を比べ、自分でセミリタイヤ生活にOKを出しました。 それから数ヶ月。月々の生活費は概ねコントロールできていると思います。ところが、毎月想定外の出費は出てくるもので、年単位で見積もってある臨時出費の財布がじわじわ減ってきます。 日常使いのバッグが壊れたので買い直したり、親が入院することになったので当座のお金を立て替えたり(返ってくるのだろうか)、急に新幹線乗る羽目になった旅費だったり。 想定外の出費はこれからも続くという想定で、今後の支出を見直す必要がありそうです。 司法試験対策費用はケチって…

  • 行政法:小田急高架化事業取消訴訟

    先日、生まれて初めて小田急ロマンスカーの先頭に乗ることができました。小田原から新宿に戻る時に疲れたのでロマンスカーで帰ろうとしたところ、偶然にも席を確保できたのです。 ビール飲んで寝ようと思っていたのですが先頭ということでハイになってしまい、鉄ちゃんさながら写真を撮りまくってました。 小田急はたまに使う程度なので記憶があやふやですが、上りでは登戸駅手前から高架になり、多摩川を越えると複々線が新宿まで続きます。ロマンスカーは新たにできた複々線部分(下の写真の中央2線路分)を走り、普通列車を次々と抜かしていきます。 そして、その高架複々線区間が、行政法で原告適格の判例として出てくる訴訟の舞台だった…

  • 伊藤塾 短答答練

    二週間ほど前に突然教材が送られてきました。「???」と思ったのですが、いつの間にか申し込んでいたようです。全然覚えていない(汗) 酒飲んで予備校のサイト見るのはやめたほうがいいですね。 在宅試験を選んだのですが、1回目は今日締切(必着)でした。なので早々に終わらせて送った次第です。隔週実施で全4回。自分の現状を知るという意味で結果が楽しみです。 丁寧な解説冊子がついているのはありがたいのですが、幅が2センチあります。あと3回分同じ幅の冊子がくると、私の司法試験用書棚に収まりきりません。 さて、郵便局に持っていったとき、「都内での配達は翌々日になるので注意してください」と言われました。確かに、ち…

  • Pontaで投資

    最近、妻の影響で買い物の時につくポイントに気をつかうようになりました。ストック品はポイント10倍デーのときに買うようにしたり、ポイントがつく店をメインに買い物するようにしたり。サラリーマン時代はあまり意識していなかったのですが、その気になるとポイントけっこう貯まるんですね。 で、今のところ愛用しているのがPonta。近所にローソンをはじめとしたポイントが貯まる店が多いのが理由ですが、それと一緒に、私が使っているSBI証券ではPontaのポイントを使って金融商品を買えることも大きいです。 今日見たら1000ポイント貯まっていたので、1000円分のSBI・全世界株式インデックス・ファンドを購入しま…

  • 資産(2022年2月末現在)

    資産を食い潰しながら生きています。毎月月末に現在の評価額を確認し、必要に応じて翌月の生活費を現金化します。 想定利回りは年3%としています。アセット間の想定比率と実際の比率が大きくずれた場合は別として、リバランスは半年に一回程度にしています。 お恥ずかしいので総額は出せませんが、簡単に比率など。 日本株ファンド 4.20% 外国株ファンド37.46% ノーリスク(日本国債、定期預金)58.34% 資産総額は全月末対比98.4%でした。 2月は収入があったので、外国株ファンドを若干買い増しています。 1月末と比べての評価額減少はいうまでもなくロシアのクロアチア侵攻による株価全世界安が影響していま…

  • 勉強法(2022年3月現在)

    なんとかアガルートの総合講義300全科目一周目が終わりました。 (本当ならばひと科目ずつ終わらせていくべきでしょうが、全科目での底上げを図るべくまとめて受講しています) 当初予定では一月半、つまり2月中旬には一周目完了のはずでしたが、そう都合よくはいかず二ヶ月かかってしまいました。 なんとか2月中に完了させようと思い、2月中旬以降はアウトプットの時間をなくして、ひたすらインプットだけに集中しました。 我ながらバランスが悪い勉強法だと思います。 若い人だとひたすらインプットでも記憶に残ると思いますが、年齢を経るにつれ、得た知識は使わないと残らない脳の構造になってきました(この蓄積が高齢者が若者に…

  • 刑法:ロシアのウクライナ侵攻は戦争か

    まさかないだろうと思っていたロシアのウクライナ軍事侵攻がおき、個人として何ができるにだろうかと自問自答しています。 そんなところで、今まで気がつきませんでしたが、刑法94条ではこう定められています。 (中立命令違反)外国が交戦している際に、局外中立に関する命令に違反した者は、三年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 ロシアがウクライナに軍事侵攻しましたが、メディアによっては「戦争」と表現しています。いずれにしても「外国が交戦」しているので、この条文が適用になることがあるのか、という疑問があります。つまり、一方に肩入れすると刑法犯になってしまうのか、と。 私のうる覚えの国際法の知識だと、「…

  • 早稲田セミナー

    昔々の大学生の頃は、資格試験予備校といえば早稲田セミナー、TAC、LECが中心でした(司法試験専門では辰巳があったけど、司法試験には縁遠かった学生生活だったので・・・)。大学の生協にはこの3社のパンフが置いてあったものです。 特に早稲田セミナーは20代の頃の某資格試験対策ではお世話になり、高田馬場にあった校舎に通ったこともあります。そういえば早稲田セミナー印の紅茶を売っていたけど、あれはなんだったのか。 そんなわけで、司法試験を目指すことにしたときも、まずは早稲田セミナーで検索したのですが、なんとびっくり、いつの間にかTAC傘下に入っていたんですね。浦島太郎状態とはこのことでしょうか。 90年…

  • リタイヤ資金の貯め方

    恥ずかしながら、貯金ができるようになったのは30代後半になってからでした。それまでは生活費でカツカツで、ほぼ貯金ゼロの生活でした。 ある程度余裕が出るようになってから始めたのは、毎月幾ばくかの金額を積み立てて貯金していくことでした。この時に大事なのは、給料から使った額の残りを貯めるのではなく、給料から毎月貯金する額を先に差し引き、残りを生活費に使うことです。当たり前かもしれませんが、誘惑が多いこの世界で確実に貯金をしていくには、先に天引きしてその額はないものと思うしかありません。それに、限られた額で月末までやりくりすることになれるのは、老後に限らず収入が途絶えた境遇で生きていく訓練になりました…

  • ウクライナ情勢と生活費

    本業の収入がほとんどないので、生活費は資産を切り崩して捻出しています。 仕事を辞める際に計算したときは、かなりの節約生活になりますが切り崩していくことでなんとか年金をもらうまでは生きていけそうでした。 最近流行りのFIRE(Financial Independence, Retire Early)と勘違いされるのですが、本来の意味のFIREは資産から出る配当で生活していき資産は減らないということらしいので、FIREではありません。 サラリーマン時代よりは減らしても収入があれば少しは潤いのある生活が送れる、という意味ではセミリタイヤと呼ぶ方が適当かもしれません。 で、資産の目減りを防ぐために運用…

  • 商法:紙の約束手形、取り扱い廃止要請へ 政府が金融業界に

    今日の日経に記事が出ていました。 紙の約束手形、取り扱い廃止要請へ 政府が金融業界に 去年3月の経済産業省「約束手形をはじめとする支払条件の改善に向けた検討会」の報告書でも2026年の約束手形廃止が謳われていましたが、これは実業界サイドである中小企業の声を反映した提言だったのに対し、今日の日経の記事では決済サイドの監督官庁である金融庁も動くようですので、本格的に廃止に向けて動くと思います。 で、私の心の叫びであった「手形法を勉強する意味があるのか」という問いへの回答はどうなるのでしょうか。予備校やウェブの情報を見る限りでは、「ロースクールでも教えていないんだから出ることはない」から「過去に出題…

  • 確定申告2022の続き 還付金振り込まれてました

    ↓の記事の続きです。 legalshu.hatenablog.com 昨日税務署から葉書がきて、還付金の処理を完了したとのこと。銀行口座を確認すると、確かに振り込まれていました。 早い! やればできるじゃん、という感じです。e-TAX経由で提出してから二週間程度で振り込みです。 内容はシンプルなふるさと納税と医療費控除だけだったことが要因でしょうが、デジタル化により処理速度も速くなったのでしょうね。紙で出していた昨年までよりも一週間以上は早いです。(けっしてマイナンバーカードを推奨するわけではないですが・・・)。

  • 脳が疲れたとき

    若い時と違うのは、すぐに脳が疲れてしまうことです。2時間も勉強すると、何も頭に入ってこなくなります。そんなときは自分を甘やかそうという話です。荒行しているのではないのだから、気合いで眠い頭をフル回転させるのではなく、常に脳が心地いい状態にしてあげたほうが勉強が捗ると思います。 頭が働かないと自覚したら、思い切って10分ほど寝てしまいます。頭が疲れているときは休ませるに限ります。 目覚めた後は、それまでよりも講義の内容が頭に入ってくる気がします。あくまで気のせいですが。 それに、脳が欲しがるのか、勉強の合間に甘いものをよく食べるようになりました。サラリーマン時代は仕事中によく間食していましたが、…

  • 憲法:エホバの証人剣道受講拒否事件

    憲法の講義では必ず出てくるこの事件、呼び方が書籍によって様々ですが、アガルート総合講義のテキストでの名称に合わせてこの呼び方にしました。 先にディスクレイマー:この記事では判例に対する深い考察や参考となる論証を示したりすることはなく、ダラダラと私の思い出を語るだけなので、この記事を読んでもまったく司法試験対策にはなりません。 私が通っていた田舎の公立高校では、男子は体育のカリキュラムの中で武道が必須となっており、2年生の時に剣道を週一回一年間受講しました。80年代後半の話です。 使い回しの面や小手の臭さに弱りながら授業の間は竹刀で叩かれまくっていたのですが、あるとき、同級生の一人が剣道をせずに…

  • 電子版 有斐閣 法律学小辞典(第5版)

    レファレンス用に、スマホに有斐閣法律学小辞典(第5版)を入れています。 https://www.logovista.co.jp/LVERP/shop/ItemDetail?contents_code=LVDUH03050 単語の正確な定義を確認したくなったときは、本来ならば紙の基本書で調べるべきなんでしょうが、ササっと調べたいときや、外出時の勉強中に調べたいときなどに活用しています。 特に外出時は、誰が書いたかわからないウェブサイトの定義を見るより信頼できるので、重宝しています。 本当は同じ有斐閣の法律用語辞典(総収録項目数 約1万4,000)にしたかったのですが、最新の第5版はまだスマホ対応…

  • 手形法勉強しないとダメですか?

    タイトルのとおりです。手形法の勉強しないといけないでしょうか。 時間にすれば数時間、論文の問題でも数問でしょうが、意味あるのかなあと考えてしまいます。 長いサラリーマンの経験として、実務では約束手形で決済なんて見たことありませんでしたし、会社にある小切手帳も10年くらい使ってませんでした。まだ手形決済している業界あるんですかね。 試験科目に入っているので勉強しないといけないのはわかっていますが、実務で使っていない法律を、「昔からそうだから」という理由だけで試験科目に入れている必要あるのかなあ、とちょっと疑問に思ってしまいました。

  • 基本書(2022年2月現在)

    今はほぼほぼアガルート総合講義のテキストのみを利用していますが、最初は何も知らず、「予備校テキストは邪道。真の法律家を目指すなら立派な学者が書いた基本書で勝負!」といきり立ち、全科目の基本書を揃えました。 しかし、予備試験対策という観点から見ると、基本書の記載はまどろこしかったり(「書かれている背景を理解しろ!」というツッコミはなし)、学説の記載が冗長で解答の基本にしたいと思っている判例の解説が物足りなかったり、ということで、最近は基本書を開くことも少なくなっています。 まずは基礎講座を終わらせてからが、基本を使い倒すフェーズになるのでしょうか。 ウェブでの評判や、本屋でパラパラしてとっつきや…

  • 択一アプリ 辰巳の肢別

    電車に乗っている間や、基礎講座を聞くのに疲れたときのような隙間時間には、アプリで択一の肢別の問題を解いています。 使っているのは(というか、他のアプリを知らないのですが)、「辰巳の肢別」です。 過去問が全7科目で3万円ちょっとでした。 各科目(民法は総則・物件の民法1と債権・家族・要件事実の民法2に分かれています)とも1000〜1300問程度とけっこうボリュームがあり、やりごたえがあるのですが、問題が多い分、遅々として進まなくて焦るという副作用もあります(汗)。 スマホで手軽に勉強できるので重宝しているのですが、気になる点もあります。 民法で、成年が20歳のままの問題があります 過去の問題充実…

  • 会社のそばまで行ってみた

    花粉症の薬をもらうため、勤めていた会社の近所にあるクリニックまで行ってきました。会社がある街まで行くのは久しぶりです。 目をつぶってでも駅から歩けるくらいに馴染んだ街ですが、なにか違和感を感じます。クリニックもスーツ姿ばかりという街で一人だけデニムにダウンで歩いていたからか。もうこの街の住人ではないという思いからくる疎外感か。 People are strange when you're a strangerというドアーズの歌の一節を思い出しました。 もちろん会社に顔を出すような真似はしません。いつまでもOBズラする人もいますが、カッコ悪いですよね。

  • 判例百選

    予備試験科目の判例百選はすべてKindle版で揃えました。基本書はすべて紙にしたのですが、判例百選はあくまでレファレンス用途ということで、省スペースと携帯の利便を考えての判断です。 必要があるときはiPadで確認しています。 しかし、せっかくApplePencilあるのにKindleだと書き込みできないんですよね。ページごとに画像ファイルにすれば書き込みごと保存できるようですが、全ページを画像ファイルにしているだけで試験日になりそうです。 仕方ないので、ハイライト機能で色を使い分けてマークするだけになっています。メモ機能もあるのですが、ぱっと見ではどういうメモをしたかわからないので使っていませ…

  • 基礎講座の選び方(アガルートにした理由)

    最初はナメていました。予備校の論文講座を受けて基本書を熟読すれば合格レベルに余裕で達すると激甘な発想をしていました。 しかし現実は甘くなく、論証の背景が全く理解できず、そもそも知識が30年前からアップデートされていないので新判例や条文改定についていけず、一言でいうとまったくわかっていないことに気付かされたのです。 そんなわけで、基礎学力からつけなおそうと、予備校こ基礎講座を受講することにしました。 まずはネットで評判を調べて、候補をLEC、伊藤塾、アガルートに絞りました。 まずLECですが、サイトが見づらく(基本的にスマホでチェック)、自分に合った講義が容易には探せず、さらに初心者でどの講師が…

  • 法科大学院経由にしなかった理由

    司法試験を目指すこととしたとき、当然のように法科大学院入学も検討したのですが、予備試験ルート一本にしました。その理由です。 周りで法科大学院経由での合格を目指している人たちが三振してただの人になった 法科大学院の講義だけでは合格レベルに達せず予備校に行くくらいなら、最初から予備試験対策に絞ったほうが合格に近いと考えた。 法科大学院経由だと司法試験受験まで最短でも2年。予備試験経由なら最短1年(取らぬ狸の皮算用とはこのことですが・・・) 法科大学院経由の合格率と予備試験経由の合格率を比較して、予備試験合格レベルの学力を身につけることが司法試験合格の近道だと考えた ※令和3年のデータだと予備試験合…

  • 勉強時間

    本業がないときは、月曜から金曜は8:30から19:00を目処に勉強しています。 本業は開店休業状態なので、ほぼ毎日フルタイムで勉強ですね。 基本的には45分勉強したら15分休憩のペースです。基本講座を聞いていると、45分過ぎたら集中力が明らかに落ちるので、こまめに休憩を入れて頭をリフレッシュさせています。休憩時間を多く入れないといけないのは若い受験生との大きな違いですね。 土日はお休みです。司法試験を目指すことにしたときに「家族サービスはこれまでとかわらないようにする」と妻と約束したので、気分転換も兼ねて外に出るようにしています。 試験間際になってきたら土日に遊ぶ心の余裕は無くなるでしょうね。…

  • 確定申告2022

    今年の確定申告を終わらせました。確定申告といっても、医療費とふるさと納税で控除額を再計算するだけですが。 データ入力はパソコンで行ったのですが、マイナンバーカードとスマホの連動で、あっさりと電子申請(e-TAXと言うそうです)できてしまいました。去年、マイナポイント欲しさにマイナンバーカードを作っておいたのが功を奏したようです。 まだ税務署も余裕あるでしょうから、一月くらいで還付金が振り込まれると期待しています。 ふるさと納税でいろんなものを送ってもらったのですが、収入がなければふるさと納税するメリットないんですよね。今のところ今年の収入は微々たるものにしかならない予定ですので、しばらくはふる…

  • 六法

    勉強用の六法は有斐閣の判例六法(令和4年版)を使っています。 遠い昔の学部生時代はポケット六法派でした。今よりもーコンパクトで持ち運びしやすかったんです(持っていくだけで勉強しませんでしたが・・・)。 それに、一年生の時の講義で勧められたのがポケット六法かデイリー六法だったのも理由です。 当時、判例六法は民法や刑法のカタカタ条文を勝手にひらがなに変えていたので、教授連中が「判例六法では条文をわかったことにならない。だから薦めない(キリッ)」と言っていたんですよね。 そして、「判例が載っていることで条文の並びのリズムが悪い」とよくわからないことも薦めない理由としていました。 まあそんなもんかと思…

  • 勉強法(2022年2月現在)

    フルタイムで勉強始めて1ヶ月。こんな感じです。 <Input> アガルートの総合講義300 <Output> まだ時期尚早でしょうが、講義を聴いているだけでは身につかないので(知識は使うことで初めて身につくと社会人生活で学びました)、伊藤塾の試験対策問題集を使って論文答案を書いています。答案のレベルの低さに自分ながらがっかりです。 <空き時間用> 辰巳の肢別本アプリをスマホに入れ、すきま時間に問題を解くようにしています。 時間配分だとアガルートの総合講義が大半ですね。

  • なぜ司法試験を目指すのか

    一言で言うと、「チャレンジしたかったから」ということでしょうか。 超高齢社会を迎えて60歳で定年なんて夢のまた夢、70代までは働かなければいけない社会を迎えつつある中で、一社にしがみつくしかない社内スキルでなく、社会で通じるスキルを身につけるタイミングかと思ったこと。 どうせやるなら、最高峰を目指したかったこと。 勤務先の法務部に弁護士が何人もいましたが、どうみてもアホばっかりで「こいつらが合格するなら俺も合格できるかも」と思ったこと。 社内のプロジェクトで法律的な課題を整理して解決策を示しても、「弁護士はどう言ってるの?」とあっさりと返され、「内容よりも弁護士のお墨付きが大事なのかよ」と砂を…

  • プロフィール的なもの

    本当なら最初の投稿で書くべきとこですが・・・ 私(男・50代前半) 昨年まではサラリーマンをしていましたが、リストラを契機に退職。今は名目上は個人事業主としていますが、ほぼほぼ全ての時間を司法試験受験勉強に使っています。 フルタイム勤務の妻と愛犬と一緒に住んでいます。 法律的なスペックですが、ン十年前に私大法学部卒。同じ頃に行政書士試験に合格しています。 ブログ初心者です。SNSも見るだけ。発信初心者なので不慣れな点が多いですが暖かく見守ってください。

  • 伊藤塾 塾生・受講生向け無料講座「2022年 予備短答本試験に向けた進度別学習法」

    伊藤塾が無料で配信している塾生・受講生向け無料講座「2022年 予備短答本試験に向けた進度別学習法」を聴講しました。中身をここでばらすのはまずいので、興味がある人はご覧になってください。アンケートに答えるだけで聴講できます。1時間ちょっとです。 まだまだ基礎を勉強中の人間でも合格できるウルトラCがあるのかと淡い期待をしていましたが、そんな都合のいい話があるわけありませんでした。 講座の分類では私は現実的には来年の合格を目指す層になります。講義の中では過去問の解説もあったのですが、なぜこの選択肢を選んだかという理由づけが私の理解度よりもかなり深くないと短答合格、その先の論文合格するにはおぼつかな…

  • 予備試験出願してます

    まだ勉強始めたばかりですが、今年の予備試験出願しています。 今現在の学力では確実に落ちますが、受けないでおく理由もないので、受験することにしたのです。 恥ずかしながら知らなかったのですが、受験料17,500円もするんですね。これまで受けた資格試験手数料の最高値です。 それに、願書出す段階で選択科目選ばないといけないことも知りませんでした。もちろんまだ手つかずなので、何にしようか大慌てで考え、倒産法にしました。 まずは5月の短答ですが、短答対策以前に基本講座終わらせないと(汗)。

  • はじめまして

    こんにちわ。しゅういちです。50歳を超えて突然司法試験を目指そうと思い立ち、その生き様をブログとして残すことにしました。 まずは予備試験です。頑張ります。

ブログリーダー」を活用して、しゅういちさんをフォローしませんか?

ハンドル名
しゅういちさん
ブログタイトル
50代からの司法試験
フォロー
50代からの司法試験

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用