searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
米成長株研究所 https://yuriko5gogo.com/

元ファンドマネージャーが主に米国成長株を分析するサイトです。あまり知られていない小型成長株、新興成長株、優良成長株をわかりやすく分析します。

Y
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/12/21

1件〜100件

  • 【簡単な財務分析】やばい会社への投資を理解した上で行う、もしくは、避けるために

    最近はペニーストックがもの凄く上昇しています。 これをわかっていて投資をする人は構わないと思います。 つまり、投資金額がすべて無くなる覚悟で、ハイリターンを狙うケース。 ただし、やばい会社もどのような財務リスクがあるか簡単に調べておくことは非常に有益だと思います。 財務分析(損益計算書、キャッシュフロー計算書、バランスシート)での注目点をまとめてみました。 一つの項目だけ見れば良いというものではないですが、最終的に倒産に至る可能性は、以下の要因が複数絡むことで上がっていきます。 損益計算書でハイリスク会社に気付く 売上が無い リスク度 売上が無い場合、営業費用がそのまま損失になりますので、現金

  • 米株はバブルか? 過去のEPSとPER、見通しから考察

    2020年度の米株(S&P500)のリターンは+16%(ドル建て)と堅調なものでした。 コロナによる実体経済への打撃は大きく、ワクチン接種が始まったものの、回復には至っていません。 足元の指数値はバブルなのでしょうか? ファンダメンタルであるEPS、バリュエーション指標であるPERから考えてみます。 S&P500のEPS S&P500の通期EPS(2020年度はコンセンサス推定値含む)の推移は以下の通りです。 2019年度のS&P500の通期EPSは152でした。 そして、2020年度のEPSはまだ決算発表の途中ですが、122と予想されています。 これは約20%

  • ターンアラウンド、脱コロナで注目されるGE株の分析

    このブログでは、主に成長株を扱っていますが、ターンアラウンドが成功すれば、成長株に回帰する銘柄についても今後扱っていきます。 そこで、今回はGEの分析です。 ターンアラウンドとは、経営上の理由により企業の成長がストップしている状況から脱することを指します。 現在GEは元ダナハーのCEOであったカルプ氏がCEOになり再建が進んでいます。 コロナがどれくらい長引くかによりますが、うまくいけば、航空機部門が成長軌道に回帰、また風力発電を主体とした、環境関連銘柄として物色される可能性もあると想定しています。 本記事では、 過去のGEの業績振り返りカルプCEOの着任現状と今後の見通し 以上について考察し

  • ターンアラウンド、脱コロナで注目されるGE株の分析

    このブログでは、主に成長株を扱っていますが、ターンアラウンドが成功すれば、成長株に回帰する銘柄についても今後扱っていきます。 そこで、今回はGEの分析です。 ターンアラウンドとは、経営上の理由により企業の成長がストップしている状況から脱することを指します。 現在GEは元ダナハーのCEOであったカルプ氏がCEOになり再建が進んでいます。 コロナがどれくらい長引くかによりますが、うまくいけば、環境関連銘柄として成長軌道に回帰する可能性があります。 本記事では、 過去のGEの業績振り返りカルプCEOの着任現状と今後の見通し 以上について考察していきます。 GEの苦境 チャートは長期株価チャートです。

  • 合成生物学を使ってJeans(ジーンズ)からGene(ジーン)に変貌、Dyadic(DYAI)株の分析

    Dyadicは、赤字企業で、研究開発段階の会社です。 特徴としては、真菌である Myceliophthora thermophilaを使ってタンパク質を作るプラットフォームを持っていることが挙げられます。 この真菌のニックネームをC1とし、プラットフォームはC1 Platformと呼ばれています。 このプラットフォームにより、抗原を使ったワクチン、抗体医薬を生産することを目指しています。 従来のバイオプロセスでは、例えば、抗体医薬品はCHO(チャイニーズハムスター細胞)を使って生産されています。 ここで、同社のC1を使うことで圧倒的に効率的、低コストで抗体医薬品を作ることが可能になると同社は主

  • アミリス(AMRS)株が足元暴騰している理由(Amyris)

    今回は合成生物学で話題になっているアミリスについてです。 いつもは、分析の記事を書くのですが、今回は、足元株価が上がっている理由について書いていきます。 以下、株価チャートです。2020/12/16から足元の2021/1/24にかけて、株価が急上昇しています。 2020/12/16から株価が上がっている理由 2020/12/16に行われた投資家向け説明会がカタリストになっている可能性が高いです。 この説明会では、保有商業化合物(同社は計11の化合物を商業化していました)のマネタイズにより、450Mドルの収入を獲得することができると発表しました。 3つのディールから構成されており、1つ目はfar

  • イーヘルス(EHTH)株をわかりやすく分析【eHealth】

    米メディケアアドバンテージ向けの販売の場としてのオンラインプラットフォームで高いシェアを持つイーヘルスについて基礎的な情報をまとめました。 バイデン政権誕生によりACAへの補助が増えると考えられること、オンラインへのシフトなどから同社に注目しています。 ※この記事は推奨を目的にするものではありません。この銘柄はショートセラーが入っており、ハイリスク銘柄であると認識しています。 記事の要点です。 メディケアアドバンテージはWin(当社、保険会社)-Win(患者)-Win(政府)のビジネスで高い伸びが見込まれる。競合のGOCOやSLQTとの違いは、オンラインにより注力していること。さらに競合との違

  • エラスティック(ESTC)株の分析【Elastic search】

    今回は、Elasticsearchで有名なESTCについて基礎的な情報をまとめます。 ESTCは検索エンジンを提供している会社で、B to Cのグーグルと異なり、B to Bの検索ビジネスに特化した会社です。 同社のサービスは、例えばイーコマースで商品の検索をしたり、ウーバーでドライバーと乗客をマッチングさせることなどに使用されています。 また特徴的な点として、同社のビジネスがオープンソースのビジネスを主体にしていることです。 オープンソースの会社は、コミュニティ形成により、ソフトウェアの開発上大きなメリットがあると考えられます。 https://www.rs-online.com/desig

  • ダナハー(DHR)株をわかりやすく分析【Danaher】

    今回は、安定成長銘柄のダナハーについて分析します。 同社はいわゆるコングロマリットで、30社弱の子会社を抱えています。 近年は、マルチインダストリーから、ライフサイエンスへのフォーカスを明確にしています。 歴史がある会社ながら、直近は、コロナ禍におけるワクチン開発需要や、コロナ診断需要を取り込み成長が加速しています。 今回は主に、同社の強みと、そこに至った背景について深堀していきます。 最初にまとめです。 強みはDBSで、戦略はM&ACEOが変わるごとに、強くなっていった会社直近の買収と成果 企業概要 ダナハーは1960年代に設立された会社ですが、もともと不動産会社でした。 1980年

  • ダナハー(DHR)株をわかりやすく分析【Danaher】

    今回は、安定成長銘柄のダナハーについて分析します。 同社はいわゆるコングロマリットで、30社弱の子会社を抱えています。 近年は、マルチインダストリーから、ライフサイエンスへのフォーカスを明確にしています。 歴史がある会社ながら、直近は、コロナ禍におけるワクチン開発需要や、コロナ診断需要を取り込み成長が加速しています。 今回は主に、同社の強みと、そこに至った背景について深堀していきます。 最初にまとめです。 強みはDBSで、戦略はM&ACEOが変わるごとに、強くなっていった会社直近の買収と成果 企業概要 ダナハーは1960年代に設立された会社ですが、もともと不動産会社でした。 1980年

  • 米国株IPOスクリーニング:売上成長、PSR、GMトップ20銘柄

    過去1年間(2020/1以降)新規上場の銘柄のうち、時価総額500Mドル以上、ブランクチェック銘柄を除くと、161銘柄存在します。そのうち、直近四半期売上成長率、PSR(直近四半期*4ベース)、GM(粗利益率)が高い順に20銘柄抽出しました

  • トレーダーが長期投資家になるのは難しいのか

    この記事は、私自身の話であり、他の方に当てはまるかどうかはわかりません。私は、長期投資家になりたいのですが、長期投資家のマインドを持つことに苦しんでいます。一言でいうと、向いていないと感じています。理由を考えると、デイトレーダーをやっていた

  • イルミナ(ILMN)から見た、競合との違いとNGSエコシステム【Illumina株分析】

    米国では、2021/1現在、大手証券会社主催のヘルスケアカンファレンスが行われています。その中で、ILMNによるプレゼンの中で競合との違いやエコシステムについて話されており、非常に参考になりましたので、記事にします。記事の要点は以下です。ロ

  • イルミナ(ILMN)から見た、競合との違いとNGSエコシステム【Illumina】

    米国では、2021/1現在、大手証券会社主催のヘルスケアカンファレンスが行われています。その中で、ILMNによるプレゼンの中で競合との違いやエコシステムについて話されており、非常に参考になりましたので、記事にします。記事の要点は以下です。ロ

  • 投資は自己責任という言葉の本当の意味

    チラシの裏シリーズとして、投資は自己責任という言葉を理解することが投資で勝つために非常に重要だという記事を書きます。投資は自己責任という言葉は、金融サービスを与える側の免責という側面として使われるケースが多いように思います。損失は自分の責任

  • 10x Genomics(TXG)株をわかりやすく分析【10x ゲノミクス】

    今回は、NGS(次世代シーケンサー)を使ったシングルセル解析の前工程で有名な10x Genomics(TXG)を投資家目線で分析します。YNGSに入れる前に同社をかませると、細胞レベルの遺伝子発現状況が把握可能になります。例えばがん組織は、

  • 米IPO銘柄スクリーニング:直近売上成長率上位30銘柄と株価リターン

    2016年以降~足元までの米国IPO銘柄のスクリーニングを行ってみました。データは2021/1/6時点です。そこそこ時価総額が大きい500強の銘柄のうち、特に成長力が強い銘柄を探してみます。条件は以下です。時価総額500Mドル以上→527銘

  • 人口DNA断片製造ディスラプターのTWSTについてわかりやすく分析(TWIST BIOSCIENCES)

    最近行ったスクリーニングにもヒットしてきた高成長企業のTWST(ツイストバイオサイエンス)について分析します。参考記事: 米国株IPOスクリーニング、高成長かつ綺麗な加速感ある10銘柄※上の記事にあるように、過去4四半期連続>+30%

  • $SNOW(スノーフレーク)の技術的な特徴と、競合との違いについてわかりやすく分析:SNOWFLAKE

    今回は、高成長が期待されるSNOWについて、投資家目線から、技術的な特徴や競合比較、潜在市場などについて、わかりやすく分析します。最初に要点のまとめです。新しい会社で、競合出身者による会社設立。競合が出来ていないことを意識して技術やビジネス

  • 2020年末の資産状況と2021年の投資戦略

    昨年末の資産状況と、今年の目標について記録しておきます。資産をブログで公開し始めてから(他ブログも含め)、大きく資産が増えています。しらない内にPDCAが回っているのでしょうか。資産と目標を公開する理由はそのような効果に期待しているためです

  • 2020年末の資産状況と2021年の投資戦略

    昨年末の資産状況と、今年の目標について記録しておきます。2020年末の資産状況2020年末の金融資産は5033万円でした。株高もあり、前年比+1406万円。資産をブログで公開し始めてから(他ブログも含め)、大きく資産が増えています。しらない

  • SaaS企業KPI(ARR、ACV、LTV/CAC…)についてわかりやすく

    SaaS系企業の決算を見ると聞きなれない言葉がたくさん出てきます。今回は、トップライン指標(ARR, MRR, ACV,売上との違い)、ビジネス健全性指標(LTV, CAC)について解説します。トップライン指標トップラインとは売上のようなも

  • 株のリバランスとは? なぜ行うのか?タイミングと市場への影響は?

    運用をしていく中で、リバランスという言葉が出てきます。今回は、このリバランスについてわかりやすく記事にしました。リバランスの目的リバランスとは、売買を行うことで、個別株などの現時点のウエイトをターゲットとなるウエイトまで戻す行動を指します。

  • 米国株:Googleスプレッドシートでポートの前日リターンを把握する方法[Google Finance関数]

    Googleスプレッドシートで、株価等を自動取得し、ポートフォリオのリターンを管理する方法について書いていきます。GoogleスプレッドシートでGoogle finance関数を使えば、簡単です。朝起きて、個別銘柄が全体のリターンにどれくら

  • 米国株:Googleスプレッドシートでポートの前日リターンを把握する方法[Google Finance関数]

    Googleスプレッドシートで、株価等を自動取得し、ポートフォリオのリターンを管理する方法について書いていきます。GoogleスプレッドシートでGoogle finance関数を使えば、簡単です。朝起きて、個別銘柄が全体のリターンにどれくら

  • 少なくとも市場インデックスに個別株投資で勝つ(勝てた)方法

    今回は、私の経験の範囲内での話になりますが、市場インデックスに勝つための方法について書きたいと思います。中長期投資を前提(平均保有期間3-5年くらい)。市場インデックスとして、米株と言えばこれ! というのを一つ選ぶとするとS&P 5

  • 米国株IPOスクリーニング、高成長かつ業績に加速感ある10銘柄

    2016年以降~足元までの米国IPO銘柄のスクリーニングを行ってみました。条件は以下です。時価総額500ミリオンドル以上(500億円程度) 過去4四半期連続売上成長率 > 30%     過去4四半期のYoY(前年同期比)売上成長率に

  • スクリーニング(米株IPO)、高成長かつ業績に加速感ある銘柄

    2016年以降~足元までの米国IPO銘柄のスクリーニングを行ってみました。条件は以下です。時価総額500ミリオンドル以上(500億円程度) 過去4四半期連続売上成長率 > 30%     過去4四半期のYoY(前年同期比)売上成長率に

  • ARKGが保有しているEXASについてわかりやすく分析:リキッドバイオプシーでのポジショニングは?

    前回ILMNについて、少し深堀しました(超巨大化が見込まれるがん早期診断市場での先端企業について深堀)。せっかくなので、そこで少し触れたEXAS(Exact sciences)についても深堀したいと思います。どんな会社か? 一言でいうと、

  • 遺伝子業界のアマゾンで有名なInvitae(インビテ、NVTA)についてわかりやすく分析

    今回は、遺伝子検査業界のアマゾンとも称されるInvitaeについて分析します。最近は、株価が堅調なことや、有名ETFに組み入れられていることもあり、注目度が上がっています。どんな会社か?この会社の中核事業は臨床検査で、いわゆる検査会社です。

  • 超巨大化が見込まれるがん早期診断市場での先端企業について深堀

    Noteにがんの早期診断市場の見通し、関連企業について記事を書きましたが、そこで言及していたIllumina(ILMN)について少し深堀したいと思います。Illuminaってどんな会社? IlluminaはDNAシーケンサーという機器を手掛

  • コロナ禍でのサイバーセキュリティ業界のトレンドと関連銘柄についてわかりやすく

    足元サイバーセキュリティの関連銘柄の株価が堅調です。足元で注目されている業界トレンドについて簡単にまとめてみました。引き続き企業はサイバーセキュリティへの予算を増やしている コロナ禍において、インターネットトラフィックが拡大すると同時にサイ

  • RNA干渉薬大手のAlnylam(ALNY)についてわかりやすく分析:siRNAの基礎から競合まで

    核酸医薬は面白そうという記事を書きましたが(米国バイオ:次の10年は、核酸医薬が面白いと思うので、わかりやすく。関連銘柄についても。)、そこで触れていたAlnylamという会社についてより深く、かつわかりやすく分析します。どんな会社か? 前

  • 米国バイオ:次の10年は、核酸医薬が面白いと思うので、わかりやすく。関連銘柄についても。

    バイオテクノロジー業界はAmgen(AMGN), Biogen(BIIB), Celegene(CELG), Gilead(GILD)などの大手が隆盛を極めたあと、セクターの盛り上がりという意味では、近年はやや停滞していたと思います。上記の

  • 次世代医薬品:ゲノム編集をわかりやすく簡単に。Crisper-cas9とは?関連銘柄は?

    ノーベル賞の受賞もあり、ゲノム編集による創薬に注目が集まっています。今回はゲノム編集全般について。次回は、関連銘柄についてわかりやすく分析します。ゲノム編集(genome editing)とは?ゲノム編集は、文字通り、遺伝子を編集することで

  • 米国株の四半期決算の見方、確認方法、会計用語。わかりやすく、解説します。

    米国上場企業の良さは、四半期決算で提供される情報が豊富なところ。ただし、聞きなれない用語や会計基準の違いがあり、最初はとっつきにくい。この記事では、決算で出てくる基本的だけれども、重要な用語に絞って解説します。どうやって四半期決算の情報を入

  • 細胞一つ一つを顕微鏡レベルで培養するディスラプター:Berkeley lights(BLI US)をわかりやすく分析

    半導体の微細化技術を使った細胞解析でゲームチェンジを狙うBerkeley lightsをわかりやすく分析します。どんな会社か2011年に創業。2020年に上場したばかりの会社で、時価総額は5000億円程度。Igor(元ボードメンバー), W

  • 血管領域ディスラプター Inari medical (NARI) 分析

    静脈関連の血栓治療を手掛けるInari medical(NARI)の分析です。どんな会社か静脈の血栓をカテーテル経由で、体へのダメージを抑えつつ除去する機器を作っている会社です。静脈の血栓が問題になるのは、大腿骨あたりと、肺。同社はこの二つ

  • 成長株のファンダメンタル投資で、勝つための二つの方法

    会社の業績の上昇にかける成長株投資で勝つための二つの方法です。自分の腕を信じる自分の分析に重点を置いて、自分が取得した情報を最も重視し、投資を行う方法です。いわゆる足で稼ぐタイプ。市場でまだあまり知られていない情報を自分が取得できれば、それ

  • 普通の人間が株で負ける最大の理由

    今日は私のような凡人が株で勝ち続けるために重要なことについて考察します。結論から書くと、普通の人間が株で勝ち続けるのはコツが必要というかかなり難しい。回数を増やせば増やすほど。短期売買になればなるほど、負ける可能性が上がる。例えば、短期取引

  • 成長株投資で重要な視点とは?コンセンサスを超える

    私が心掛けている、成長株で勝つための思考回路について書きたいと思います。見えているものは何か、見えないものは何か成長株に投資することは、将来の成長に賭けることです。買う時点でのバリュエーションは高いケースがほとんど。すでにコンセンサスは買い

  • 成長株分析: Quanterix (QTRX US) 超高感度タンパク質分析

    Quanterix(クアンテリックス、以下QTRX)の分析です。2018年上場のライフサイエンス企業です。書いている時点では時価総額2000億程度で、新興企業的な位置づけ。興味を持った理由プロテオームという研究分野が今後も伸びていくと考えて

  • 実は日本語のラ行と違うLの発音

    日本人が苦手なLの発音についてです。Lightと発音すると…YoutubeでLの発音は、日本語のらりるれろと同じとバイリンガルの方が言っていたので、そのまま発音していました。Lightをiphoneの音声認識で発音の確認をすると何度発音して

  • 職業投資家、ファンドマネージャーの仕事って?

    元中の人の観点で、ファンマネの仕事について書いてみます。ファンドマネージャーの仕事ファンドマネージャー(海外では、ポートフォリオマネージャー)の仕事は、お客様から預かった資産を、責任を持って株などで運用する責任者です。アナリストとの違いは、

ブログリーダー」を活用して、Yさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Yさん
ブログタイトル
米成長株研究所
フォロー
米成長株研究所

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用