chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
サバイバル転職道場 http://www.ebikazu.com/

20年の実績を持つ中高年の転職エージェント海老一宏の転職者向けのブログです。 40代、50代、60代の転職や副業、兼業などの参考になるように毎日更新しています。過去の記事もぜひ参考にしてください。

海老 一宏
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/11/12

1件〜100件

  • 新年のご挨拶

    皆様あけましておめでとうございます。2022年となりました。今日、一月一日は、365日の中の一日です。今年一年はこの毎日の365回の積み重ねと思うと、日々を大事にすることを改めて思います。そして一日は24時間。1時間は60分。時は誰にでも平等に過ぎ

  • 中途採用の三つの動機

    企業が新たに中高年人材を採用する時には、おおよそ下記の三つの動機があります。一つは、置き換え採用です。例えば経理部長が退職するために新たにそのポジションの候補を採用するようなケースです。この場合、既に前任者がいないこともあり、引継ぎが円滑に行

  • 【全ての人向け】仕事をする意味を改めて考える(その5)

    私は数年前より、内閣府のプロフェッショナル人材事業に関わり、人材採用の重要性や働き方改革などについて講演してきました。そのご縁で全国各地を見て周りたくさんの方とお会いしました。人通りのほとんど無い商店街で喫茶店やハンコ屋さんを営む方とも会い、お

  • 【全ての人向け】仕事をする意味を改めて考える(その4)

    コロナウイルスはまだ日常にあり、人の命まで奪っています。これから日本の社会においてウイルス感染がどう変化していくか、現時点でまだ見通せません。このウイルスは、私達の仕事にもかつて経験したことの無い変化をもたらしました。会社として、打撃を受け

  • 【全ての人向け】仕事をする意味を改めて考える(その3)

    仕事とは人生の一部であり、人によっては人生そのものである。私が今思っていることです。人は誰でも仕事を通して人と繋がり、自分を成長させています。その過程で多くの人からたくさんの情報や心の在り方なども知ります。そして、自分と向き合うことになり

  • 【全ての人向け】仕事をする意味を改めて考える(その2)

    ブログやセミナーで転職のことを話たり書いたりすることは、その対象者である読み手や聞き手がどんな方なのか?と言うことが大事ですが、なかなか絞れきれません。ですので、今回は広い対象にして多くの仕事をしている方に向けて書きたいと思います。私は仕事をはじ

  • 【全ての人向け】仕事をする意味を改めて考える

    転職活動をしている人も漠然と今の仕事に疑問を感じている人も、仕事をすることについて改めて考えてみてはいかがでしょうか?コロナ禍によって企業の活動は変化を余儀なくされています。業績が好調で人手不足のところは、IT関連の技術者やメカや電気の技術者など

  • 中高年の転職 自分を伸ばす、活かす(その5)

    前回のブログで書いたようにジョブ型雇用が浸透しつつある今、中高年のいえども、曖昧な自分のスキル、経験を専門性と呼べるレベルにしないといけません。そして、45歳以上の中高年の方であれば、それにプラスして欲しいものがあります。 それが、安定感、信頼感、責

  • 中高年の転職 自分の伸ばす、活かす(その4)

    中高年の転職ではまず、ともすると曖昧で明確に答えられない専門性をはっきりさせることから始まります。そして専門性が把握できたら、次にその専門性をさらに分解してみてください。その分解した一つ一つを今のトレンドに合わせるとか、知識を増やすとか、資格

  • 中高年の転職 自分の伸ばす、活かす(その3)

    今日はジョブ型雇用が増えていく中での転職を考えてみます。ジョブ型雇用が一般的になると、転職の概念も変わります。会社に合わない、社長や上司と合わないというような転職は少なくなるでしょう。仕事のプロセスや成果に上司の曖昧な期待感が少なくなります

  • 中高年の転職 自分の伸ばす、活かす(その2)

    中高年の自分を伸ばす転職についてお話ししています。ジョブ型の人事採用が今後増えていくものと思います。ジョブ型の制度を採用する企業は、組織表がきちんとできていて、一人一人の役割、仕事の中身が細かく定義されています。それがジョブディスクリプション

  • 中高年の転職 自分を伸ばす、活かす(その1)

    これから数回に渡って中高年の方が自分を伸ばす転職について考えてみたいと思います。今仕事を失っていて、「自分を伸ばすどころではないよ!明日の給与が欲しいんだよ!」と言う方もそんなことを言わずにぜひ一読してみてください。必ず転職の役に立ちます。日

  • 安易な自己分析ツールに注意

    心理学を活用した自己分析は星の数ほどあると思います。自分を見つめ直して、強みや弱さを知ることや、思考パターンや人間関係の確認など様々です。転職の機会に改めてそうした自己分析を行なっている方も多いと思います。しかし、これは注意が必要です。

  • 仕事で成功する自分のルールの作り方

    私が初めて自分のルールを作ったのは確か今から25年くらい前です。そのルールができたのはは当時の上司が言った言葉が発端でした。それは、今でも自分を動かす根本的なルールとなっています。1.できると思う2.やってみる3.諦めない4.人に伝える

  • 中小企業の社長を知る(その7)

    社長の中には、心の温かい人もいれば、冷酷に感じる人もいます。転職希望者やキャリア相談で8000人の方とお会いしてきましたが、その方達から聞くそれぞれの社長の実態は、全て鵜呑みにしなくても信じがたい話がたくさんありました。最近はさすがに聞かなくなりまし

  • 中小企業の社長を知る(その6)

    創業社長は何から何まで自分で仕事に取り組み、形にしてきた人です。教えられてやると言うよりは自分で工夫して仕事をした社長が多いと思います。誰もやらないとこ、やってこなかったことに取り組み、成功させたのです。そんな社長は共通してある弱みを待ってい

  • キャリアアップセミナー本日開催します!

    今年初となるキャリアアップセミナーをオンラインで開催します。日程は、本日の18時30分から。写真のバーコードを読み取るか、「810act」で検索してください!この他にも皆さんのお役に立つ情報をお送りします。ご登録お待ちしてます!動画も掲載

  • 中小企業の社長を知る(その5)

    中小企業の社長は会社のルールを自らは守らないと社長を批判する方がいます。例えば、勤務時間についてです。社長はそもそも、仕事の時間や曜日という感覚が社員とは違い、あまり無いのだと思います。いつも会社のことを考えていますし、よほどのことが無いと長

  • 転職活動計画のアドバイス

    一昨日、40代の方が来社されて当社の転職サポートプログラムを受けられました。一日でキャリアカウンセリングと転職活動計画のアドバイスを行いました。当社の転職サポートプログラムは、四つの個別選択可能なプログラムと、それを総合的に行うプログラムに分かれ

  • 中小企業の社長を知る(その4)

    中小企業の社長はお金にシビアと言うのもほぼ共通しています。日本マクドナルドの創業者の藤田田さんがマクドナルドを離れて自身の会社、藤田田商店の社長をされていた時に社長室でお会いし、一時間ほどお話しを伺ったことがあります。今思えばとても貴重で素晴らし

  • 中小企業の社長を知る(その3)

    創業社長だけが持っている会社や社員に対しての気持ちとはどんなことがあるのでしょうか?いくつか特徴的なことがあります。一つは、社内を見るバランス感覚です。創業期は社長は個人としてほとんど全ての仕事に関わっています。やってない仕事はないくらい

  • 中小企業の社長を知る(その2)

    最近知り合った二人の社長。いずれも創業者です。一人は売上のために、町中歩いて表札を売り歩いた経験もある社長。もう一人はスーパーの軒先を借りて八百屋を開き、店先で声を張り上げていた社長です。実際に何も無いところからスタートし、資金繰りに窮

  • 中小企業の社長を知る(その1)

    中小企業の社長とはどんな存在でどう付き合ったらいいのか?わがままでケチで社員の言うことは聞かない。そんなあまり良くないイメージはありませんか?社長についてブログで書くと言うことは、社長である私自身を考えずには書けません。まだまだ道半ばど

  • 転職サイトへの登録について(そのニ)

    転職者が登録する転職サイトには、自分の個人情報と経歴を記入して利用することになります。まずは求人情報に応募するためには、経歴を書いていなければ、人材紹介会社は判断がつかないので見送りとなります。ですから、自分の経歴を如何にしっかり書くかがとても

  • 中高年が目指すべきポジション(その6)

    40代以上のマネージメントの経験がある方は、中小企業で社長の側近として、会社を支えるNo.2のポジションを考えてみることをお勧めします。最初からそのポジションにつけなくても、その意識を強く持って面接に臨むことが大事です。社長はいつも自分と共に会社を本

  • 転職サイトへの登録について(その一)

    当社アクティベイトは人材紹介会社として独自に転職希望者を集めていますが、その他に数社の転職者の登録サイトを活用しています。例えば、「ビズリーチ」や「エン転職コンサルタント」などです。人材紹介会社として、この転職サイトの活用は二種類の方法になり

  • オンリーワンを目指したい人

    私は三年前になりますが、一般社団法人日本オンリーワン協会を立ち上げ、代表理事に就任しています。企業も個人もオンリー・ワンを目指す時代であり、その支援をしたいとの思いでセミナー活動などを行なっています。この度、オンリーワンを目指す個人を対象した個人

  • 中高年が目指すべきポジション(その5)

    4回に渡って中高年のマネージメント経験者が目指す社長の右腕的なポジションであるNo.2について書いてきました。このポジションのタイトルは副社長ということもあれば、取締役として会社経営に関わるポジションもあります。外資風に言えば、社長がCEO最高経営責任

  • 新入社員の方へ

    入社おめでとうございます。アルバイトを経験し、仕事ということを少しでも経験している方は、働くことの大変さを知っていると思います。しかし、正社員として会社で働くということは、アルバイトとは全く違うということをお話しします。大学などでの勉強の期

  • 中高年が目指すべきポジション(その4)

    中高年の転職者の方でマネージメント経験が充分にある方であれば、中小企業のNo.2のポジションを目指すことが最も現実的でやりがいのある仕事ではないでしょうか。既に書いた通り、社長とベクトルを合わせ、社内外に社長の代行としての存在感を発揮し、会社の事業と存

  • 中高年が目指すべきポジション(その3)

    会社のNO2.とは、社長を支える存在ですが、社長の責任の陰に隠れていてはつとまりません。社内、社外に会社の代表代行として積極的に関与していく仕事です。私の考えているNo.2の仕事の二番目は、事業と会社の安定に責任を持つということです。社長は会社の

  • 中高年が目指すべきポジション(その2)

    中高年の方でマネージメント経験が充分にある方は、社長の右腕として活躍するポジションを狙ってみることはとても現実的です。社長の四人に一人は右腕の存在がいないのです。残りの四人に三人も今の右腕の存在に満足していないかもしれません。では、No.2の仕

  • 中高年が目指すべきポジション(そのI)

    社長の高齢化で後継者の問題が話題になっています。しかし、この問題が顕在化したとしても、転職者の皆さんがおいそれと後継者に名乗りをあげることはなかなかできません。それは、経営経験という大きな壁ももちろんありますが、相続の問題や負債があるからです。

  • 中高年転職者のサポート企業とは?

    転職サポート企業と名乗っている企業はたくさんあります。しかし、その実態は若手のすぐにでも企業に紹介できそうな人材のサポートがほとんどです。人材紹介会社は企業に人材を紹介して、報酬を得て成り立っています。企業から報酬を得ると言うことは、なかなか

  • 転職相談について

    当社アクティベイトは、ほぼ全ての業種と職種を対象に人材紹介を行なっています。求人情報をお探しの方はホームページからお探しください。また、ホームページに掲載されてないものもありますので、その場合は履歴書と職務経歴書に以下の質問のお答えを書いていただ

  • 転職活動計画書

    既に退職した方はもちろん、これから退職する予定がある方もぜひ、行っていただきたいのが、転職活動計画書の作成です。当社では、転職支援サポートというサービスを構築しています。キャリアカウンセリングから入っていだだき、履歴書などの書き方、面接指導など

  • 仕事と責任感と給与の関係

    とてもシンプルなお話しをします。私の会社の近くにはランチ時になるとたくさんのお弁当販売がお店を出します。見ていると、お弁当を前にして何も言わずにただ立っていてお客さんが来た時も最低限のことしかしない店員もいれば、積極的に声を出して宣伝をしている人

  • 転職市場動向

    「今どんな求人が多いのですか?」と聞く転職者がいます。この質問に大きな意味はあるのでしょうか?私達専門家から見ると求人の動向は気になりますが、個人の転職者は自分のスキルに合う求人の多い少ないはそれほど気にする必要はありません。求人が少なく

  • 話し方の大事さ

    面接で合格して入社した方で、その後縁があってお会いする方がいます。会社からの評価も大変高く、わずかな期間で社員からも信頼され、期待されていることを感じます。その要因の一つとして私が感じるのは、会話の仕方です。相手への気遣い、誤解されない慎重

  • 求人情報に頼らない転職を考える

    過去の人脈の中に自分のやりたい仕事の社長や社員はいないでしょうか?転職とは求人情報から探すだけでなく、こうした人脈の活用もとても有効です。企業は優秀でやる気のある人材をいつも待っています。だめもとで連絡を取ってみることをおすすめします。

  • 退職して取り組むこと(その一)

    この項では特に退職している方向けにお話しします。最も大事なこと。それは、過去の仕事人として最も輝いていた時と比較して、今転職活動をしている時に気持ちで上回ることです。転職活動は自分を最大価値にして売り込むことだからです。そのために何

  • 社会貢献の意識を持つ

    企業は社会の構成員として存在しています。それは一人ひとりにとっても同じことです。自分さえ良ければの発想ほ最後の最後は自分がもっと酷い仕打ちに合うということです。それが地球環境問題であり、罪のない人を毎年殺しています。その数ははっきりした統

  • 60歳からの第二の仕事人生に向けて

    74歳で請われて二社の会社の取締役に就任されている方がいます。そのうち一社はこれから上場を目指す会社で、その指揮を取っています。この方は自ら手塩に掛けて上場まで持っていった会社が、不本意に売却されて退任するという経験をされていますが、その後その素晴

  • 面接での経歴の話方

    先日、当社の屋台骨コンサル先の企業と幹部候補の方との面接に立ち合いました。約一時間半の面接でしたが、私は候補者のU氏の大変素晴らしい態度に感服しました。自分のレジュメを見ることなく、自分の仕事人生の経歴を澱みなく話、さらにその時の苦労と成功体験も交

  • 転職の相談について

    転職活動をされている方、あるいはこれから取り組もうと考えている方にぜひ、お話ししておきたいことがあります。私はこのブログでも、会社のメールからでも、あらゆるところから転職の相談を受けています。しかし、履歴書と職歴書だけを送られて(それも無い場合が

  • 求人情報とのミスマッチ(その5)

    私達人材エージェントも当たり前ですが、その能力は人によって全く違っています。経験年数の差、人間力の差、コミニケーション能力の差、そして重要なのは会社での経験の差です。会社の組織の人材を紹介する人材エージェントが一般的な企業の組織部門を知らないと

  • サバイバル転職セミナー報告

    一昨日、今年初めての転職セミナーをオンラインで開催しました。皆様熱心に視聴いただきありがとうございました。お伝えしたことをまとめます。1.転職活動は人生にとって大変大事なことです。単に求人を探すのではなく、これからの人生をどう素晴らしいも

  • 求人情報とのミスマッチ(その4)

    「経理部アシスタントマネージャー募集」と書いてあっても仕事内容によってその人材の採用意図は異なります。現金出納や伝票整理、決算補助などと書いてあれば、これはほぼ間違いなく、短期的に人が足りない求人であり、組織的戦略的にはさほど重要な求人では無いと判断

  • 求人情報とのミスマッチ(その3)

    求人募集を組織の誰が行うかは外部の人にはわかりません。しかし、人事は基本的には採用業務担当であると言うことはお分かりいただけたかと思います。具体的な仕事の中身や必要性を伝えられるのは普通はその募集の組織のトップです。正社員の人材採用は今困って

  • 求人情報とのミスマッチ(その2)

    求人情報に書いてあることは、まず募集の職種名です。例えば「経理部アシスタントマネージャー」と書いてあるとします。前回書いたように、人材の募集は人事部は窓口であり、採用したいのは経理部です。人事は経理部が書いた求人票をそのまま募集に使うか、また

  • 求人情報とのミスマッチ(その1)

    求人職種に合致していると思って求人に応募しても、書類で簡単に落とされた。面接では求人情報の仕事と違うことを打診された。このようなミスマッチと呼べることは、転職では実は良くあるのをご存知でしょうか?そしてその理由はお分かりですか?実は企

  • 転職活動やキャリアアップに大事な情報収集の基礎

    私達は、日常の様々な出来事や仕事を通して情報をインプットしています。しかし、その情報のほとんどは役に立っているとはいえません。断片的でアバウトなインプットでは、アウトプットするところまでは至らず、仕事への応用は利きません。それでは、情報を得

  • 20代のビジネスマンは何をすべきか。

    岡山、福島、広島と2年毎に転勤していた私の20代は、思い返すとそれまでの自由で気ままがまかり通った学生時代からの精神的なキャッチアップの時代でした。思えばずいぶんとそのギャップに苦しみました。実力を発揮するどころか会社のお荷物だったのではないかと思っ

  • 無料転職セミナーのご案内

    今年初となる転職セミナーをオンラインで開催します。日程は、3月22日月曜日の18時30分から。写真のバーコードを読み取るか、「810act」で検索してください!この他にも皆さんのお役に立つ情報をお送りします。ご登録お待ちしてます!動画も掲載し

  • 仕事人生の第二期(その4)

    60歳からの20年間の仕事人生は自分を創り出す期間となります。イメージし、デザインするのです。今までの日常のライフサイクルにまずは一つプラスしてみてください。それは企画すると言う時間を取ることです。働き、休むと言うパターンにプラスして、

  • 今年夏からの好景気

    今、世界は数年ごとに投資の活発化による景気の上昇局面に入ってきたと言われています。コロナからの復活と重なることで、その勢いはかなりのものになりそうです。就職や転職はどうしても景気にかなり影響を受けますが、これから来る波はポストコロナによる世の中の

  • なぜ転職するのか?

    中高年の転職相談でお会いする方は、定年を迎えたり会社の事情でやむを得ずに退職する方がかなりいます。つまり、本当はそのまま働きたいが辞めざるを得ない転職です。この傾向は時代背景とともに少しずつ年々高くなってきました。一方30代、40代では自らの気

  • zoom面接で気をつけること

    すっかり定着したzoomでの面談や会議ですが、家庭で行う場合は周りの環境に注意する必要があります。家具などがどうしても見えてしまうこともあります。一番気をつけなければいけないのが実は照明です。カメラの問題もありますが、暗く写ってしまいがちなので

  • 転職セミナーでお話しすること

    3月22日月曜日の18時30分から、無料の転職セミナーを行いますので皆さんぜひ、webでご覧ください。LINEでアクティベイト倶楽部にお友達登録をしていただくと案内が届きます。810actでLINE検索してください。そこでお話しすることは、既にこのブログでお話し

  • 【お知らせ】転職セミナーのご案内です。

    今年初となる転職セミナーをオンラインで開催します。日程は、3月22日月曜日の18時30分から。写真のバーコードを読み取るか、「810act」で検索してください!この他にも皆さんのお役に立つ情報をお送りします。ご登録お待ちしてます!動画も掲載し

  • 求人票の見方

    私は主に30代後半から60歳くらいにかけての会社経験豊富な方を対象にして転職支援をしています。管理職経験、高度なスペシャリスト、あるいは経営者としての経験のある方が大部分となります。さらに、地方の中小企業への首都圏人材求人もたくさん扱っています。

  • ジョブ型が大企業で浸透する理由

    中小企業ではおそらくジョブ型と呼ばれる職務を限定した採用は現場の方以外はまだまだ先の話に思います。専門性よりも、マルチにこなす能力や意欲が必要だからです。中小企業は専門家を確保する体力が無いため、専門的なことは外部の協力企業や顧問などで対応するこ

  • 会社に選ばれる人になる

    会社の社員となることは、会社のために貢献するということです。会社は、業績に貢献する見込みの無い人は絶対に採用しません。実はもう一つ社員として採用しない理由があります。言葉は悪いのですが、あとあと面倒なことになりそうな人です。ですから

  • 転職して社員になると言うこと

    会社の社員になると言うことは、会社にきちんと貢献してその見返りとしてお金を定期的にいただくことです。社長を経験してみると毎月給与を払うということの大変さを痛感します。コロナ禍で売上げの激減した飲食店も社員には働かなくても給与を出さなければなりませ

  • 仕事人生の第二期(その3)

    60歳で定年を迎えてもほとんどの人は再雇用の道を選びます。しかし、それで本当にいいのでしょうか?60歳から80歳を仕事人生の第二期と考え、これまでの経験を活かして自分の好きなことで徹底して成果にこだわる仕事をする。これが私の考える仕事人生の第二期

  • キャリアカウンセリングの必要性

    先日、今月初めてのキャリアカウンセリングを行いました。40代の方です。決して収入に余裕があるわけではないようですが、それでも意を決してご相談に来られたことは、なんとか自分を変えたいと思っていたのだと思います。過去のキャリアカウンセリングでの

  • 仕事人生の第二期(その2)

    60歳からの仕事を仕事人生の第二期と考え、徹底して成果にこだわる仕事をする。これが私の考える仕事人生の第二期です。なぜ成果にこだわるかと言うと、第一期の高校や大学を出てからの約40年間はまだ人として、ビジネスマンとして未熟であり、無駄を繰り返していた

  • 仕事人生の第二期

    これからはジョブ型と呼ばれる会社の仕事を細かく切り分けて、やるべき仕事を明確に示した採用が増えてきます。しかし、それでは会社のマネジメント、特に幹部クラスの仕事には向かないために、従来型のメンバーシップ型と呼ばれる就社のイメージの採用は残ると思います

  • 仕事人生の第一期(その3)

    私が皆さんに伝えたいことは、60歳以降の第二の仕事人生でほんとうにやりたいことに向き合って欲しいということです。そして、80歳までの第二期は徐々に体力や集中力が落ちていく中で、仕事の生産性を第一期より5倍から10倍を目指すのです。生きていくことに精一杯

  • 仕事人生の第一期(その2)

    私は60歳までの仕事の第一期に会社を二回変わりました。最初の仕事と二つ目の仕事と今の三つ目の仕事に共通したものはありません。今思うと最初の会社、品川白煉瓦での12年間に自分の基礎を作れたのだと思い、品川リフラクトリーズとして存続している会社と当時の先

  • 仕事人生の第一期

    私は人生を四分割して考えています。最初はいうまでもなく、学びの期間です。そして社会人になり、60歳までを仕事人生の第一の期間とし、そこでは仕事の基本から応用までを約40年近くかけて実践しながら学んでいきます。この時期にがむしゃらに仕事をすることで

  • 転職活動の3種の神器(その3)

    皆さんが一番書き方で悩むのは職歴書です。私達のアドバイスはほぼその書き方のアドバイスになります。ここでは基本中の基本を3つだけお話ししましょう。一つ目は、全部同じ職務書で応募してはいけないと言うことです。どんなことを企業が求めているか

  • 3月22日(月)転職セミナーを開催します。

    転職やキャリアアップ、独立開業を目指す働く皆さんにアクティベイトからセミナーのご案内などの情報発信をします。お友達登録はもちろん無料!3月22日月曜日はオンラインでの転職セミナーを予定しています。写真のバーコードを読み取るか、「810act」で検索し

  • 転職活動の3種の神器(その2)

    昨日のブログで写真の重要性をわかっていただけだと思います。写真館でだまされたと思って一度撮ってください。プロの撮影は機材もセンスも全て違います。そしてそれを貼るのが今日の話題の履歴書です。名前、ふりがな、年齢、作成年月日、住所、電話番

  • 転職活動の3種の神器(その1)

    転職活動で必要な三種の神器は、履歴書、職歴書と履歴書に添付する写真です。今日は証明写真についてお話しします。どうも皆さんは、履歴書に添付する写真のことを今風に言えば「なめている」ようです。どれだけ写真が重要かを理解している人は意外に少ないように思います。

  • 面接前の下調べについて

    ある企業を紹介すると、少なくともホームページは誰でもチェックします。しかし、これでは熱意が足らないと言わざるを得ません。自分が入社するかもしれない会社がどんな会社かと興味を持たないのであれば、もはや性格的に、日常の思考としても問題を感じます。

  • 仕事で必要なプロ意識

    中小企業の中には、年間休日が100日に満たないところがまだたくさんあります。働き方改革法案によって、有給も年間5日の取得の義務化がされましたが、まだまだ慶弔などの特別な事以外は取れない雰囲気で仕事をしている方もたくさんいます。そうした仕事をしている人

  • 面接時の自然体の大事さ

    面接は誰しも緊張するものです。逆にあまり緊張しないのも印象が良くない場合があります。面接慣れした感じでは、ずうずうしい感じに思えたり、人馴れしていて信用できないような印象を与えます。ですので、緊張そのものはむしろいい印象なのだと思ってください

  • 会社の課題を解決してこそ転職です。

    企業規模と会社の課題は私の見るところ大きく三つの違いがあります。小規模の企業は、経営の人と金が不安定で何かが起きると沈没する可能性がある心配が付き纏っていることです。中規模の企業の課題は、組織の構築ができていないために、規模の割に社長の負担が大き

  • 転職を機に弱点を克服する

    話下手、営業が苦手、パソコンの知識が足りない、経理の知識が無い。性格的な問題も含めて人は誰でも弱点を持っています。もしそれが原因で仕事に影響しているのなら、それを克服しない限りどこに勤めても同じことです。あなたの一番の弱点がもし、克服でき

  • 話の仕方のヒント(退職して半年間何をしてたか?と問われて)

    転職は基本的に次を決めずに辞めてはいけません。特に45歳を過ぎてしまうと実力や経験とは無関係になかなか次が見つからないことがあります。ようやく面接にこぎつけて、「この半年は何をしてましたか?」と聞かれて「転職活動をしてました」では答えになっていませ

  • 話の仕方のヒント(何故転職したいのか?と問われて)

    「なぜ転職したいのか?」この質問こそあなたの合否に大きく影響する関門的な質問です。うっかり本音で話してしまうと、面接官の印象は地に落ちます。また、上手く話のも難しい質問です。例えば、業績が悪くリストラが始まっているなど客観的な事実があれ

  • 話の仕方のヒント(何をしたいのか?と問われて)

    面接で一通り経歴を話たあと、会社の面接官から「当社ではどんな仕事をしたいか?」とか「あなたは五年後はどんな仕事をしていたいか?」というような未来のことを聞かれることがあります。この時に気をつけなければいけない答えがあります。それは意外かもしれませ

  • zoom面接の注意

    最近は求職者との面談もzoomですることが当たり前になっています。使い慣れてくると確かに便利です。何より移動の手間がお互いに無くなることが最大のメリットです。顔の表情をお互い確認できるため、電話での打ち合わせよりも相手の情報は格段に増えます。

  • 60歳からのサバイバル転職成功術(その5)

    60歳はまだ全然若い!今は昔と違います。ほんとに若いのです。体力だって普通にケアしていれば、何も困りません。むしろ今から運動を始めれば、人生最高の記録を出せます。そして何より、多くの経験と見聞と知識を持っています。知人もたくさんいま

  • 60歳からのサバイバル転職成功術(その4)

    今60歳を迎えようとしている人も既にそれ以上の人も、過去の我々の祖父や父の世代の老後を見習ってはいけません。第一、奥様はもう既に男女差別が無くなり、あなたの召使いでもなんでもありません。家に居られてご飯の支度をするだけで迷惑かもしれません。ま

  • 60歳からのサバイバル転職成功術(その3)

    この項で書いている通り、法的には65歳まで今勤務している会社は雇い続けることが義務付けられています。多くの企業はまだ定年は60歳のままで再雇用となっています。そして一般的にはこの時点で給料は良くて7割、最大で3割くらいまで落ちます。今企業はシルバー

  • 60歳からのサバイバル転職成功術(その2)

    シルバー・マックス・ハピネス人生の幸せを中高年世代に実現することを目的として私が作った言葉です。私の言う中高年の年代的な定義は、一般の企業での定年を迎える60歳から80歳までの20年間を言います。今時代は人生100年時代を迎えています。今日本人の

  • 60歳からのサバイバル転職成功術(その1)

    『少子高齢化が急速に進展し人口が減少する中で、経済社会の活力を維持するため、働く意欲がある高年齢者がその能力を十分に発揮できるよう、高年齢者が活躍できる環境の整備を目的として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され

  • 無から有を作り、混沌から秩序を作る

    中高年の管理職や幹部クラスの転職は、一般的には中堅企業や大企業から中小企業やベンチャー企業などで新たに活躍する道です。ここで、一体何が求められているかをしっかり認識してもらいたいと思います。それが今日のタイトルの無から有とすることと、混沌から秩序

  • 転職活動のアドバイスとは?

    新卒と違って、転職の場合は経験してきた職務経歴が一人ひとり皆違うため同じアドバイスで皆さんを満足させることはそもそも難しいということを理解してください。履歴書や職務経歴書の書き方も一社で一職種の方と複数社で複数の職種を経験した方とでは違ってきます。

  • 転職を小さく考えるな

    仕事は人生に私達の意識以上に大きな影響を与えています。仕事にやりがいを感じるなら人生もハッピーだということです。退職して家にいると会社でのストレスが無くなって楽になると思いきや、多くの人は自分が何も社会に貢献できないことにストレスを感じてきます。

  • 自己ブランディングについて書いています。自分で人生をデザインし、あなたならではのオリジナルな能力を身につけ、自己発信力を持ち、自分で能力を磨く強い精神力を持った人になること。これが最大で唯一の目的です。

  • オンリーワンのキャリアと人生をデザインする自己ブランディング(その14)

    自己ブランディングについて書いています。自分で人生をデザインし、あなたならではのオリジナルな能力を身につけ、自己発信力を持ち、自分で能力を磨く強い精神力を持った人になること。これが最大で唯一の目的です。ブログでの情報発信は貴方の専門性を高め

  • オンリーワンのキャリアと人生をデザインする自己ブランディング(その13)

    自己ブランディングについて書いています。自分で人生をデザインし、あなたならではのオリジナルな能力を身につけ、自己発信力を持ち、自分で能力を磨く強い精神力を持った人になること。これが最大で唯一の目的です。ブログを書くこと、書き続けることは今の

  • オンリーワンのキャリアと人生をデザインする自己ブランディング(その12)

    自己ブランディングについて書いています。自分で人生をデザインし、あなたならではのオリジナルな能力を身につけ、自己発信力を持ち、自分で能力を磨く強い精神力を持った人になること。これが最大で唯一の目的です。ブログを書く。自分の生涯を通して追

  • オンリーワンのキャリアと人生をデザインする自己ブランディング(その11)

    自己ブランディングについて書いています。自分で人生をデザインし、あなたならではのオリジナルな能力を身につけ、自己発信力を持ち、自分で能力を磨く強い精神力を持った人になること。これが最大で唯一の目的です。コンテンツをブログで書くことの大事さをお

  • オンリーワンのキャリアと人生をデザインする自己ブランディング(その10)

    自己ブランディングについて書いています。自分で人生をデザインし、あなたならではのオリジナルな能力を身につけ、自己発信力を持ち、自分で能力を磨く強い精神力を持った人になること。これが最大で唯一の目的です。絞り切ったこれだ!と思えるあなたならで

  • オンリーワンのキャリアと人生をデザインする自己ブランディング(その9)

    自己ブランディングについて書いています。自分で人生をデザインし、あなたならではのオリジナルな能力を身につけ、自己発信力を持ち、自分で能力を磨く強い精神力を持った人になること。これが最大で唯一の目的です。前回は探して見つかった自分のコンテンツの

ブログリーダー」を活用して、海老 一宏さんをフォローしませんか?

ハンドル名
海老 一宏さん
ブログタイトル
サバイバル転職道場
フォロー
サバイバル転職道場

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用