searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

よしざわいくやさんのプロフィール

住所
長野県
出身
鯖江市

スーパーカブ50ccで日本をぐるっと一周してます!旅と暮らし。人生と旅。いろんな視点から旅とは?について書いていきます。

ブログタイトル
いくカブ旅 スーパーカブ50で日本一周
ブログURL
https://note.com/ikuyaa198
ブログ紹介文
芳沢郁哉がスーパーカブ50ccで日本一周する話。
更新頻度(1年)

5回 / 32日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/09/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、よしざわいくやさんの読者になりませんか?

ハンドル名
よしざわいくやさん
ブログタイトル
いくカブ旅 スーパーカブ50で日本一周
更新頻度
5回 / 32日(平均1.1回/週)
読者になる
いくカブ旅 スーパーカブ50で日本一周

よしざわいくやさんの新着記事

1件〜30件

  • はつ、自己紹介

    ふと、自己紹介してみます。 突然!こうやって自己紹介をしたことなかったなあと思い、ありのままの自己紹介をしたいと思います。 福井県鯖江市(眼鏡が有名な街👓)生まれ、現在27歳独身です。彼女もいないので超独身。18歳のときに山梨大学教育学部に入学。 教育学を学び、教員免許(小、中、高校1種)取得。教員採用試験を受けるも2次試験で不合格。教員の世界に入るのが嫌になって、旅行会社HISを受けると合格し晴れて社会人になる。 旅行会社HISには入社月選択制度(入社を4月から10月に変更できる制度)というすごい制度があり、人事にプレゼンを行い合格。入社を半年間ずらす。 その半年で世界を

  • 27歳の妄想。日本一周42日目

    妄想します。自分のドキュメンタリー映画!なんてつくりたい。自分作品的なものを世の中に残したい。なんて、27歳妄想してます。 思い描くもの。百名山一筆書きドキュメンタリー!いぇーい! 百名山を片っ端から登っていく。屋久島宮之浦岳をスタートして、北の利尻山までを一筆書きで登っていく。前に田中陽希さんという人がやってるんだけど、ぼくもやってみたい。それを作品として残したい。 なんて妄想してます。 今、スーパーカブで日本一周中のぼくですが、やっぱりこれ長所だよな。と思うことがたくさん出てきたんです。 たとえば、 ・無尽蔵の体力があること ・人よりもちょっとつらいことを苦もなくやり続

  • 旅って超非効率

    昨日のお昼、道端にあった湿原をぼぉーっと眺めていたらおじいちゃんが現れた。中村正秋さん、写真家らしい。帰って調べてみるとなかなか有名な写真家だった。ぼくの撮影場所が写真家に認められた?写真アンテナが立ちはじめた? 話を戻そう。そのおじいちゃんがとても印象的なお話をしてくれた。 旅の秘訣は、急がないこと。 気に入った宿があったら何泊だってしていいし、好きな場所を見つけたらボケーっとずっと見ていたっていい。とにかく旅は急がないことが旅の秘訣。急がない。 なんほどなってぼくは思った。ぼくの性格上、今までずっと急いできた。30歳になるまでにいろんなやらなきゃ!あっ!もう2

  • こんな宿は初!旅のスタイルまで変えてしまうクリオネキャンプ場の話。27日目。

    こんにちは!スーパーカブ50ccで日本一周中のいくや(@ikuyaa198)です!noteがまったく追いついてませんが、何故か!この記事は書く気持ちになったので、早朝ハンモックに揺られながらササっと書こうと思います 1.沈没 「沈没」 みなさんはこの言葉を知っているでしょうか?旅人ならよく聞くワードだと思うけど、ふつうのひとは聞かないだろう... 沈没とは、旅先でその土地、その宿、そこの人が良すぎて、じぶんにフィットしてしまい、その場所から抜け出せなくなる現象です。沈没する...いい響きだ(笑) ということで、ぼくは沈没しています。北海道の辺鄙な場所で...知床の

  • 海に浮かぶ山「利尻富士」を拝みながら。13日目。

    海に浮かぶ山、行ってみたくないですか? 北海道の最北の地、稚内よりフェリーで2時間に海に浮かぶようにたたずむ山、「利尻山(通称利尻富士)」がある。 ぼくは、山好き。旅好き27歳。ずうーっと前から利尻富士に行きたかった。海に浮かぶ島、日本最北の富士山とも言われる、この山を1度拝みたかった。 海抜0mから稜線が広がり、海と山が一帯となっている。遠くから見ると、ほんとに海の中にポツンと利尻富士が浮かんでいる。海に浮かぶ山はほんとうだった。 北海道函館から日本海側より海沿いを時計まわりに一周してきて、長かったけどとてもある意味で充実してた。走行中雨に打たれ水浸しに、

  • 大惨事のなかの不幸中の幸い。いくやの小指が危ない!ただ反省の色なし【いく旅 day4.5】

    深夜になりそうですけど、友達がいつも見てるよ!楽しみにしてる!って言うから、最後の力を振りしぼってnoteを書いてるいくやです。一昨日ぶりの投稿!本当は毎日書きたいんだけど、言い訳させてください!スーパーカブの200kmはキツい! 🛵.秋田県到達!青森まで300km ということで、とうとう秋田県にやってきました!いえーーーい!埼玉→群馬→新潟→山形→秋田と5県を制覇!やったぜ!まだまだ北上するぞ〜!長さでいうと600km進んだ。北海道までは残り300kmくらい。青森港から青函フェリーに乗ったら念願の北海道上陸ってわけです。 🛵.新潟の海がキレイすぎる! 日

  • いく旅!Day.3 自分の高校生時代ってこんなに輝いていたかな?の話

    いく旅3日目は、新潟県村上市までやってきました。まあ新潟県は長かったんだけど、スーパーカブも悲鳴をあげながらがんばってくれてます! ということで、なんで村上市なのかというと、大好きな宿よはくやさんがあるからです!そして今日は前にイベントに参加してくれた(アドレスホッパーイベントをよはくやで開催)高校生との再会の日。ぼくの話を聞きたいといって、またよはくやに集まってくれた。 高校生と話すとほんとに自分がいつもいろんな刺激をもらう。というか高校生が優秀すぎる。ぼく自身の高校生時代にこんなに考えられていたかというと皆無。まだ自分のことでいっぱいいっぱいで、将来や夢について考え

  • いく旅! Day1.2 【ギルドハウス十日町にふらっと寄ったら、泊まった話 】

    こんにちは!スーパーカブで日本一周中&転職活動をしている、いくや(@ikuyaa198)です。 現在、新潟県十日町市までやってきました。埼玉(スーパーカブ購入場)を出発して、200kmくらい。寄り道しながらゆっくりと北上してます! 今日は、ふらっと立ち寄ったら泊まっていくことになった「ギルドハウス 十日町」について書きます! ギルドハウス十日町ハルさんのnote ソーシャルな隠居こと、新潟県十日町市の限界集落でこれまでに8000人が立ち寄った場。 この場を知ったのが、「住み開き」という本で、「限界集落で8000人?」「そもそも住み開きって?」...... と、頭に

  • いく旅 Day0 【行こうと思ったきっかけ・準備編】

    こんにちは。"いく旅" いくやです。 今回、このブログは「いく旅〜スーパーカブで日本一周〜」をつづる、ぼくが書きたいように、好きなように書くブログです。いった場所、通った道、感じたこと、心を震わせた絶景をつづるブログ。気楽に見ていただけたらうれしいです。 🛵なぜ、スーパーカブで日本一周をやろうと思ったのか。 なぜ、「スーパーカブで日本一周」をしようと思ったのか。それは、シンプルにやりたかったから。憧れを持っていたから。ただそれだけです。まあ、もう一個理由をあげるとしたら、9/3に前職を退職して、次の転職先が見つかるまでの「オモロイ休日」にしたかったから。そんな感じ。 ぼくの性

  • 地球宿ぼうさんよりステキな問い。ぼくなりの発想。【地方のデジタル化について。】

    1. 社会がデジタル化に向かうことについて。賛成、反対、何となく不安、仕方ないよね、どんどん進めないといけない、必要だと思うが適度であるべき。などなど、いろんな意見を自由に聴かせてください。自分の感覚で結構です。 1.「賛成」 賛成というより社会の流れは止められないし、それに抗う力を注ぐくらいならそれを「活用」するという能動的な行政の方が加速すると思う。現にお年寄り以外の全て人がインターネット、スマートフォンを使っている中で、今更デジタル化なんて反対だという意見の方が、なんか不自然であり、勿体無い気がする。 2.社会をデジタル化していくことで、社会の様々な課題が解決できるよ

  • 知らず知らずに、生きやすいように生きていた!ぼくの長所の話。

    あなたの長所はなんですか? ぼくの長所......。 長所ってなかなか見つからないんだけど、最近たくさん見つかった。 人に言われたことは忘れちゃうから、noteにまとめておこう思います。 1.ぼくは気ままな猫ちゃん?の話 ぼくは常に心が一定なんだ。って気づいた。 心はいつもフラットで常に穏やか。 まあ、たまにはイラッとしたりするんだけど、怒ることはまあない。 これはぼくの中では普通のことで、なにか常に平和な気持ちでいて、心もフルオープン、自由に素直にすごしている。 「犬」みたいに従順じゃないし、「猫」みたいというか、気ままに生活しているし、やりたいことはするし、やりたくないこ

  • 裸のまんま。で書いたら、書くことが少し楽しくなりました。

    しばらく文章を書いてなかったら書けなくなりました。 読書はたくさんしてるんだけど、文章は書けないらしい。 これもやっぱり慣れですね。 いつもやっていることは大抵、力を入れなくてもスムーズにはじめられるし、はじめてからの集中力の持ちがいい。 ぼくは筋トレが大好きなんだけど、筋トレなんて力を入れなくてもはじめることができる。 みんなに「よく筋トレ続けられるね♪」って褒められるんだけど、これは頑張っているといいうより、習慣化してしまっているため、しないほうが気持ちが悪い状態。 ちょっとした病気みたいなもの。 だからぼくは文章が書けなくなった病気というより、書く習慣がなくなったため、文

  • スキャンダラスなテレビはぼくには不要。

    おばあちゃんがテレビを見ている。北朝鮮がミサイルを打って、一喜一憂している。こんな光景日常だ。テレビって必要?ってぼくは毎回思ってしまう。これはぼくだけかな。 テレビを見ない理由① ぼくがテレビを見ない理由①は、他人の人生を生きたくないから。テレビはテレビが出している情報。とても受動的。要は知らないうちにたくさんの情報をよくもわるくも見てしまっている。しかもこの情報って、操作された情報だよねって、思ってしまう。 実際にテレビの情報って、、殺人やら気象情報やら、あらとあらゆる情報が流れてくるが、必要だって思ったためしがない。みんな、なんか適当に帰ってきたらテレビをつけて、なんか

  • 好きなもの。

    好きなものは、 朝目が覚めたときのキラキラ輝く朝日。 好きな音楽を聴きながら、野菜にキンキンに冷えた水をあげること。 上裸で日光浴しながらする読書。 どこまでも青い空に、泳ぐ雲の観察。 朝、お花たちがクシュっとした花びらを、パアっと開く瞬間。 とれたての新玉ねぎをアルミにくるんでオーブンで焼いて食べること。 昼下がりの田舎道のランニング。 畑で流した汗を、温泉で洗い流すこと。 毎日水やりをしていた野菜たちの芽が冷たい土から顔を出した瞬間。 大地にたっぷりとふり注ぐ、とある日の夕立。 草刈り機の忙しく、あわただしい音。 これはすべて最近体験した、自分自身も

  • 人生の余韻にひたる、とある平日のお昼。

    長野県辰野町のド田舎でリモートワーク中のいくやです。 今回は歩いていたら、 瞑想をしていたら、 なんか降ってきたかのように頭に浮かんだコトの記録です。  ぼくの頭の中をほんの少しだけご紹介します。 田舎にいると、ほんとうになんでもかんでも考えるようになった。 ふとした瞬間に、考え事ごとをする、 というか目の前には ”余白” という大海原が一面に広がっているので 必然的に考える。 こんなことがあったらいいな、 こんな未来はすてきだ、 こんなことやってみたい、 あんなこともやってみたいって... 想像的で、 できるかどうかはわからないんだど、 ゾクゾクするような

  • 【旅するフリーランス女将 #リモトラ20】

    「フリーランスとして生きていくためにはサバイバル能力が必要」 「自分がメディアになること」 このふたつがとても印象に残った言葉。フリーランスとしての心がけややってきたことなどたくさん言葉をいただきました。 自分が”メディア”になること。発信力も含めて自分が種となる存在になっていくことがとても重要。あなたはどんなメディアになる? 「あの人はIKKOUという人」このオリジナリティは最強。IKKOUという存在、これは ”唯一無二” の存在で誰にも真似することはできない。こんな人は生き残っていく。 ただ、やりたいことを実現するためにはメディアになる。なにかやりたいというときは、

  • ANYWHERE FITNESS #1 開いた感想とカダイ

    「透明なジム」をひらいてみての感想とカダイの議事録の更新。今回まずやってたくさんのカダイが見つかった。でもやってみてわかったことは、「やっぱりやってみないとわからない」し、「やってもてからがスタート」だということ。まずはじめる!そうすることでたくさんのことが見えてきた。 【カダイとカイゼン案】 〇全体を統一する難しさ 〇知識を蓄積する。(栄養, トレーニング種目など) 〇YouTube動画で予習・復習(YouTuberが発信してくれるかも) 〇強度設定が難しい(初級・中級・上級) 〇裏テーマ的なものもつくりたい。例えば自信 (バディトレ=つながり, AKIOBLOG=全ての人に可能

  • 透明なジム。【Anywhere Fitness】はじめます。

    こんにちは、筋肉サラリーマンいくやです。 突然ですが、明日4/11 (土) より定期的に「Anywhere Fitness」をスタートさせます。場所にとらわれない、どこでも参加ができるパーソナルジム。 【Anywhere Fitness=Soft Gym】 ・「場所をもたないジム」 ・「オンライン上のジム」 ・「場所にとらわれない透明なジム」 世の中では、リモートワークが進んでいるなか、”筋トレ”だけは進んでいない。家では筋トレがなかなかはかどらない。 「Anywhere Fitness」は、そこを解消していきます。 どんな場所でも、どんな時でも筋トレはできる。みんなでコロ

  • 在宅WORKはじめました。

    おはようございます!いくやです。 昨日より「在宅ワーク」はじまりました。あこがれだった在宅ワークです。いつも満員電車に使っていた時間に ” 余白 ” ができたので、noteまたはじめます。目標は毎日更新!なんだけど、できなこともあります(笑)そんなときは優しく見守ってください。 なんで今回、はじめたのか、1番の理由は、「積み重ねる」なにかがほしかった、”成長できている”実感がほしかったから。 今は、長野県辰野町で在宅ワークをしているのですが、いつもの筋トレができない。筋トレは「積み重ねの実感」が1番わかりやすく手に入るルーティン。やればやるほど、筋肉がついて、カラダつきが変化し

  • たみ。

    たみとの奇跡的な出会い たみとの出会いは、2019年1月3日。 2019年のスタートに、偶然、たみと出会った。 そうそう、たみというのは、鳥取県湯梨浜町にあるとあるゲストハウス。 僕が、一番好きなゲストハウスです。 出会いは、突然、訪れた。 ひとつのショップカードが降ってきた。 それも偶然に。あるゲストハウスで5歳のこどもが並んでいたショップカードで遊んでいたら、偶然にも「たみ」のカードが僕の目の前に。 なんだ?????と、同時に、なにか惹きつけられるシンプルさ。 目をそらさずにはいられない、なんとも言えない感じ。 ゲストハウスのオーナーさんに聞いてみると、「2ヶ月限定

  • 家賃にメスを、東京に0円で住む方法

    お久しぶりです。いくごろうです。 今日からまたnote再会します。よろしくお願いします。 そこで!今日のテーマですが、昨日barのお客さんと話していて「これ大切!」と思ったことを紹介します。 モノを買うとき、借りるときの基準はどう設けていますか?綺麗だから?カッコいいから?一目惚れしたから? 僕の基準は、"買った後に価値が減らないモノ"。例えば、マイホームで考えると、新築の一軒家を買ったとします。するとどうでしょう、一足その家に踏み入れた瞬間に中古物件となり価値が下がります。僕はそこにはお金を払いません。 もし購入するとしたら、買った後に価値が上がる、もしくは「+α」の要

  • ラグビーW杯 スコットランド戦 垣間見えた日本代表の努力

    こんにちは。いくごろうです。 いくごろうは昨日のスコットランド戦を眺めこう感じました。 すんごい努力したんだろうな。 まず思ったことがこれです。240日合宿。240日間、1日も休まずに毎日練習してきた。こんなに努力してきた日本代表。その努力の積み重ねが今回の結果につながっているのは言うまでもない。 では、なんでここまで日本が強くなったのか。たぶんそれは、技術的にそして戦力的に強くなったことこれもあると思うけど、「やってきた自信」、これが一番大きな力になっているんだろうなって思う。 今までぼくたちはここまで練習してきたんだ!これだけやってきたんだから負け

  • うまくいっていない僕へ

    こんにちは。いくごろうです。いくごろう壁にぶつかっています。何やってもうまくいかない。僕がまたうまくいかなかったときに見返せるように、未来のうまくいっていない自分に捧げます。 うまくいかない、それは「言い訳」のせいだ。妖怪ウオッチ風に。今うまくいっていない僕。言い訳をしていませんか? もういっこ原因があるとすれば、100%やり切った自分で失敗するのが怖い。そこが本質的なのではないかなと思います。そして100%やり切った自分でできないこと、それはすなわちできない自分を認めたくないのではないかなと思う。 逆に100%やり切らないというのは、それはすなわち、できなかったときの逃げ道を作

  • ハイパー小商いの教科書

    こんにちは!いくごろうです! 今日はハイパー小商いについて頭にふわっと思い浮かんだことをつぶやきます。参考になるかはみなさん次第。ほんの1分読んでみてください。 では!小さな小商いを始める上でとても大切な事は、リスクを最小限に抑えること。まずは自分ができることから初めて見ることが重要です。例えば、僕はしょぼいスナックを運営しているが、家賃は70,000円、グラス食器などは全てジモティで寄せ集め、物件はもちろん居抜き物件です。これならば一人暮らしと同じ値段で小さな商売を始めることができる。大抵飲食店を拾い開くには、10,000,000円ほどかかると言われているが、僕はそこにすごく大

  • 拝啓 16歳の未来の"星"へ

    こんにちは。少し未来の日本が明るくみえて、ホッとしているいくごろうです。新潟県村上市の「よはくや」さんにて、"未来"と"いま"を語る、高校生向けのイベントに登壇してきました。あまりにも生徒がすばらしく、勇気をもらえたので、未来の日本を背負って立つ高校生に、感謝の手紙を書きました。真剣に未来を考える姿がかっこよかったです。右手の拳が仲間のしるしだ。 みなさん。すっごく楽しい時間でした。また僕自身もすっごく学びの多い時間でした。日本の未来、地方の未来は明るい!地域のこと、そして"じぶんの未来"を真剣に考えている学生さんがいて少しホッとしてます。これからの日本を支えていく"宝物"だなと。

  • 人のブレンド。居心地の良い空間の最適解を探る。

    人のブレンド費って難しいな。。こんなことを感じた鳥取県「たみ」での思い。 こんにちは。いくごろうです。勝手に今の思いを綴ります。 良い空間をつくるための人の適切なブレンド量についてかんがえてみました。そこにはどんな人がいると居心地の良さにつながるのか。 ①地域住民 ②旅人 ③スタッフ この3つにカテゴリーをわけて、今回は旅人の立場から見てみました。 (ⅰ)地域住民が多い場合、旅人の居心地は悪くなる。それは旅人は成長や出会いを求めて来ているから。少しハードに言うと、地域住民がその空間に多すぎると、成長がなくなり慣れや依存、安定というベクトルが働くから。地域住民同士のたわい

  • barを持つ、【場】を持つ楽しさ

    barを持つ、「場」を持つということ。 barを始めて思ったことをまとめました。 サラリーマンをしながら「bar(場)」をオープンしました。 原動力はなにかに挑戦したい!その想いです。 20代のうちにたくさん経験したいなという想いがあって、 どんどん想ったことを具体的に"行動"していく。 口だけ人間にはなりたくないので、 じぶんから転機と思ったらまずやってみる。 と信じて挑戦し続けています。 ただ僕は特別に頭がいいわけでも、行動力があるわけでも、勇気があるわけでもない。 barをひらく過程には、もちろん「恐れ」もあったし、 「失敗」したらどうしよう。 たくさんの

  • いどーしよにっき。いどーはつながり。

    きょうのいどーしよにっき。このにっきはあどれすほっぱー(特定のバショにトラワレズいどーしながら生きる)目線でものごとを発信するにっき。いくごろうが自由に書きます。 いどーはみなさんどう考えますか?東京から大阪へいくこと。いどーする手段?新幹線?車?どうトラエテマスか?ぼくのいどーは思考すること。いどーがアタマをかいてんさせる。いどーすることでクルクルクルクルあたまがまわる。いどーはタンナル交通手段ではなく、"旅"のいちぶだ。そして、いどーがひととひととを結びつける有効な手段だって思う。いどーには自然と出逢いが生まれる。どこへ行くんですか?どこに行けばいいですか?この場所はどこにあり

  • 出逢いと旅はともに。いい空間にはいい人。

    こんにちは。いくごろうです。 普段はサラリーマンをしていて、いまは週末で台湾に来ています。台湾は食のイメージが強いですが、"空間"に対してのこだわりが強い。居心地の良い空間がたくさんある。そして、そこには温かい"人"が必ずいます。良い空間には、良い人あり。そんな話をします。 ぼくはサラリーマンですが、今後やりたいこととして自分の「場」を持ちたい。好きなことをして生きていくのもそうですが、「好きな空間」で生きていきたいと思う。自分が心が本当に落ち着く場所、居心地が良い場所で生きていきたい。そこには、自分の家を持ちたいということではなく、人が集まってくる、人が落ち着くような空

カテゴリー一覧
商用