searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ともこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
園芸でちょこっと科学
ブログURL
https://tyokottoengei.blogspot.com/
ブログ紹介文
旧ブログ(園芸でちょこっと科学)から引っ越しました。種だいすき。極小ベランダで野菜の水耕栽培をたのしんでいます。
更新頻度(1年)

141回 / 357日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2020/08/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ともこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ともこさん
ブログタイトル
園芸でちょこっと科学
更新頻度
141回 / 357日(平均2.8回/週)
フォロー
園芸でちょこっと科学

ともこさんの新着記事

1件〜30件

  • トマト取り違え事件

     まことにどうも。どうやら間違えておったようです。ミニトマト3株のうち2株を取り違えておりました。(たぶん) 当初、左はしの1が「ピッコラカナリア」、中央の2が「プチぷよ」、右が「プチぷよ」だと思っておりました。 それがその、実ができて、その実の形を見...

  • トマトの背くらべ

     極小ベランダにもかかわらず、トマトを欲ばって8株も並べております。見切れて左右の2株は見えませんが。 実がなり始めてあらうれしや、ですが、その位置がだいぶ上のほうなんですわ。 こちら中玉の「Mr.浅野のけっさく」(スチロール箱育ち)は、根元から70㎝...

  • 味がたのしい「ルッコラ」

    バジルとシソは香りをたのしみ、ルッコラは味をたのしむ。なんかそんな気がしています。キャベツの千切りをよく食べるのですが、これにルッコラを混ぜるとなかなかによろしい。ほんわかしたキャベツに、辛みと青っぽさとほろ苦の野趣を加えるというか。 てなことで、冬でも夏でもルッコラを育...

  • シソの害虫と格闘

     シソは栽培が苦手な野菜の一つです。発芽しにくいし、株が大きくならないし、たいがいはさして収穫もできずに終わっていました。それがまあなんとこのたびは、ふっくらフサフサにお育ちでして。 葉もときに、大きなものができていたりします。 栽...

  • バジルの風対策

    暑いさなかにもかかわらず、風が吹きバジルがなびいています。いや、こりゃちょっとなびきすぎでしょう。 当ベランダはマンションの上の階にあり、かような突風に見舞われることがままあります。 はて、どうしたものか。支柱を立てるんだが、地面がないこの水耕栽...

  • フェルトでプラ容器のカバー作成

     ベランダのフェンスに、バジルとシソとシロナを並べています。 栽培容器は、約2リットルはいるプラスチックの入れ物で、全部で6個あり。百均屋さんで手にいれたものなんですが、なかなかに具合がいいので、さらに4個追加購入。 プラ容器は、苗を入れた穴鉢(=メッ...

  • タネまきから2か月半のトマト

     トマトは、5月5日にタネまき。この狭いベランダに全部で3種類8株。よくばっちゃいました。密集感満載です。 ぼちぼち最初の実が出来はじめたみたいで。(あれ? トマトって、タネまきから2か月半ほどで実がつくんでしたっけ? なんかよくわからんが。) 一番最...

  • シロナ2回目の収穫

     東京都のこのあたりも梅雨明けだそうで。葉物野菜のシロナ(タネまき:5/5、水耕栽培)はお日様にあたるとぐったりしてしまいます。周年栽培できるとはいえ、さすがに暑いのでしょう。 こちらの容器のもうなだれかげん。 同じシロナでも、この日陰に置いてあ...

  • 水耕栽培のメッシュポットとサイズ

     「穴鉢の効用」 水耕栽培で使う道具で、苗を入れる水はけのいい容器にはいろいろな呼び方があるようです。メッシュポットとかネットバスケットとか穴鉢(あなばち)など。 その容器の穴鉢が、だいぶ痛んできたので新調しました。 写真左が8年前に買った年期ものの穴鉢。 中央がこ...

  • 春夏レタスに挫折

     5月5日にタネまきしたレタスの「ハンサムグリーン」。同じ日にタネまきしたトマトなんかはもう背丈が1メートルにならんとしておるというのに、このレタスはまだ本葉が数枚でこんなですのさ。 ポットを持ち上げてみると、びよ~~~んと上に伸び上がってます。おやあ、ハンサ...

  • めざせ秋冬トマト

     5月5日にタネまきしたトマト3種。全部で8株あります。 中玉に育つ「Mr.浅野のけっさく」は、株が大きくなるので豪邸のスチロール箱へ。ミニトマトの「プチぷよ」はゴミ箱容器だが、3株のうち育ちが弱々しい1株だけはエアレーション付き( ホームハイポニカぷくぷく )という超豪...

  • スプラウト作り納め

     ベランダが工事で使えないあいだ、室内でスプラウトを楽しんでました。そして工事終了になるや、さっさと通常の野菜栽培復帰。スプラウトは忘れ去られる運命よ、となる前に、残ったタネを使い果たそう会を開催。それがまあこんなふうになりましたというご報告です。 まずは、ソバ。た...

  • シロナという葉っぱ

     こちら、約2リットル入り容器で水耕栽培しております葉っぱあれこれ。このなかに「シロナ」というのがあります。 これです。コマツナのような、でもコマツナでないような。なんでも、巻かないハクサイの仲間だそうな。(「 サントウサイかハクサイ+タイサイ」らしいです。)...

  • シソのお初収穫

     バジルにひきつづき、シソも育ってきました。タネまきは5月5日。水耕栽培です。 しめしめ、もっとたくさん葉っぱをださせようじゃないか。というわけで、茎の脇芽のでているすぐ上付近をプチプチ折る。食べられるブーケができましたぜ。 けっこう大きな...

  • バジルお初収穫

     バジルの「ボロッソナポリターノ」が大きくなりました。タネまきは5月5日。水耕栽培です。(撮影:7/5) このたびは,、栽培容器を2リットルのペットボトルから食品保存用のプラ容器(ダイソー/ロックパック/2.6リットル/ブログ内関連記事は こちら )にしてみまし...

  • 【番外編】草刈り後とハト

     ベランダから見えるご近所さんの草刈りが終わったのが前日の夕方。その翌日朝のこと。 全体写真左上の屋根の上に、けっこうな数のハトがとまっていた。15羽くらいだろか。 しばしのち、一羽がすーっと飛んで右上の「電線」に移動。すると続いて残りのハトもドド...

  • トマト8株今頃の植えかえ

     トマトは5月5日にタネまき。その後、2リットル相当のプラ容器で育てていましたが、ボトルと同じ背丈になり、風が吹くとゆらゆら。折れそう。やばい。植えかえなきゃ。 そう思ったのが、6月28日。トマト全8株。 だけど、作業にとりかかったのは2日後の6月30日。と...

  • ねじれたレタス

     レタスの「ハンサムグリーン」。葉先がちぢれ、葉が密集して珊瑚のような形に育つレタスなんですが、どうも怪しい風情。茎がやけに長くて、横倒しになってるんですわ。(撮影:6月30日) 横から見ると、寝転んでるというかだらけてるというか。 しかも、茎がね...

  • 在庫のスプラウトを使い切ろう

     住んでいるマンションの大規模修繕工事が終わりに近づき、ベランダの使用解禁。少しずつ野菜栽培を復活させています。トマトと葉物、それにスプラウトも育ててます。 というのも、工事中は室内でしか栽培ものはできないだろうと買い込んだスプラウト用のタネがだいぶ残っておるもんで...

  • 【番外編】ジャガイモの保存

     先日、近所で二人の友人たちとお借りしている畑でジャガイモを掘りました。小さなお子さんも一緒で、賑やか。こういう収穫は大勢なほうが楽しいとあらためて思ったことでした。 さて、ジャガイモ。 どこにどう保存しておきますかねえ。ここはマンション、狭き部屋。ガ...

  • 夏至と養生シートとベランダ

     今年2月から始まった住んでいるマンションの大規模修繕工事。だいぶ進んで、ようやく足場の解体が始まりました。 養生シートがかかっていて薄暗かったベランダ。 シートが外され、足場もとれました。おお、こんなにも外が明るいとは。空がまぶしいです。シートが透け...

  • 栽培容器を置く台

     ベランダにでて、どれどれ、きょうはどんな感じに育ってますかねえと、眺めてみる。おっ、ルッコラもトマトもシソもシロナもお元気のようで何よりです。 とまあつぶさに観察できるのは、栽培容器をのせている台のおかげです。この台がないと、腰を曲げ膝を折り「よっこらしょ」...

  • 梅雨時はミツバが難しい?

     ネギ(ちゃんこネギ)とミツバ(早生の関西ミツバ)のタネまきをしたのが6月10日。3日後、ネギが発芽。おー、よしよし。この調子でお願いします。素麺がまってるよん。(撮影:6/13) 一方、ミツバですが、し~んなのだ。 ちと心配になってネット...

  • ミツバとネギのタネまき

    片付け物をしていたら、ミツバのタネ袋がまだ封を切らずにおいてあるのを発見。しかも、こんなにどっさり入ってるんだなあこれが。 裏面を見ると、「2dl」とな。ほう、タネの分量って重さじゃなくて体積で表示するもんなんだね。 いや、感心してる...

  • シソの植えかえと悩ましき「かご鉢」

     前回のバジルにひきつづき、シソも植えかえしますか。 ポットから苗を抜き取りましたらば、細い根ができてました。 栽培容器は、ダイソーさんのコンテナ。蓋にハンダごてで穴をあけてあります。苗を入れる穴のあいた鉢(“穴鉢=あなばち”とか、かご鉢とか呼ば...

  • バジルだとわかるなあ

     5月5日にタネまきした野菜のあれこれは、約1か月たち、葉の形がそれぞれの種類らしくなってきました。 中央付近でネットに入ってるのが、バジルの「ボロッソナポリターノ」。バジルのなかでも大きな葉になるタイプです。 植えかえしたいのですが、あいにく栽...

  • 水耕栽培容器:遮光布の工夫

     さて新しい水耕栽培容器。お次は、遮光問題を解決いたさねば。プラ容器のままだと、緑色の藻がはえてしまうので、なにかおおいをしなければならない。今までは、容器にアルミホイルを巻いて遮光し、そのままではひっかき傷に弱いので、上から銀色のアルミ蒸着が施してあるシートでおおうという...

  • 水耕栽培容器のふたを工作

     前回作った容器の口に挟むスポンジ状の物なんだが、どうも失敗である。プラ容器と穴鉢(あなばち/黒いザル)とのあいだにできたあそびのため、穴鉢がじっとしておらず、ずれてしまう。 結局、このプラ容器に付属しているのふたに穴をあけることにした。(あ~あ、なんか...

  • 水耕栽培容器の大きさをしくじる

     このところ、水耕栽培用の栽培容器のことを考えています。過日、ちょうどいい大きさの入れ物を手に入れたんです。 左が従来の2リットル入りペットボトルで作った容器で、右が今度調達したプラ容器(1960ミリリットル入り)。ほぼ同じ、ぴったんこサイズ。 ところが...

  • タネまきから17日のトマト他

     きょうも雨。おかげさんで、「ベランダ野菜に液肥の追加をしなくてすむからありがたい」と思うことにしますかね。 5月5日、スポンジにタネまきしたあれこれは、バーミキュライト入りポットに植えかえ、液肥を満たしたキッチンの水切かごに並べてます。 ルッコラは、...

カテゴリー一覧
商用