searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

こるねさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こるね酒
ブログURL
https://corne-sake.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日本酒好きのホルン吹きです。飲んだお酒を、ジブリ映画のキャラやシーンに例えながら紹介します。日本酒に詳しくない方でも、ジブリ作品に詳しくない方でも楽しんでいただけるように書いていきます。
更新頻度(1年)

503回 / 327日(平均10.8回/週)

ブログ村参加:2020/07/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、こるねさんをフォローしませんか?

ハンドル名
こるねさん
ブログタイトル
こるね酒
更新頻度
503回 / 327日(平均10.8回/週)
フォロー
こるね酒

こるねさんの新着記事

1件〜30件

  • [ジブリ酒]ワンカップ大関 大吟醸 > 北さん(耳をすませば)

    【ワンカップ大関mini 大吟醸】(おおぜき) ちょっぴり繊細上品ワンカップ 大関のワンカップと良さげな純米大吟醸の飲み比べをしようと思ったら、ワンカップ大吟醸のミニサイズを見つけました。これはやっぱり気になる。普通のワンカップ(以降「青ワンカップ」)が意外に飲みやすかったから、こちらも迷わず購入です。 今回は1本しか買ってないので、最初からキンキン冷酒でいただきます。 香りは青ワンカップと似てますね。穀物・黒糖の甘さ。でも乳酸感もアルコールも控えめで、すっきりした印象です。 口当たりは、青ワンカップよりもちょっとだけ鮮やかな甘味から入ります。とは言え、そんなに強い甘さじゃなくて、ほんのり乳酸…

  • [ジブリ酒]ワンカップ大関 > 甲六(もののけ姫)

    【ワンカップ大関】(おおぜき) 優しい酸味と穀物感。思ってたよりずっと飲みやすい 言わずと知れたワンカップ。実は飲むの初めてなんです。いや、たまたま酒屋さんで、大関の純米大吟醸のちょっと高級そうな小瓶を見つけたんです。大手の本気は侮れないので、気になって買ってきました。 で、「いいお酒を飲むんだったら、一番スタンダードなワンカップも一度は飲んでおかなきゃな」って思って、こちらも購入。どうせ飲むんだったらちゃんと味わいたいなと思って、常温用と冷やす用の2本。ワンカップは開けたら封ができませんからね。でも、一番小さい100mlのワンカップminiを選ぶあたり、ちょっとびびってます。ちなみに大関は、…

  • [ジブリ酒]両関 > テナー(ゲド戦記)

    【両関 特別純米酒 翠玉】(りょうぜき すいぎょく) 甘酸フルーティーと、立体的な苦味 東大阪・瓢箪山の酒屋さん・ひょうたん屋さんで「常温で保管できるお酒のお勧めを教えてください。普段はちょっと甘めが好きです」と言って紹介していただきました。大好きな両関酒造の翠玉。純米吟醸もあったんですが、飲んだことのない特別純米の方をいただきました。 色はぱっと見て気付くくらいの薄黄色。もちろん火入れということもあるんでしょうが、製造日からそんなに日がたっていないのにこれだけ色がわかるので、糖分多めなんじゃないかな。 香りは、マスカットな甘&酸と、アルコール感。嫌な感じではないんですが、ちょっとだけ刺激はあ…

  • [ジブリ酒]瓢箪山 > 源さん(コクリコ坂から)

    【瓢箪山 純米酒】(ひょうたんやま) 晩酌にぴったりのレトロ旨酒 東大阪・瓢箪山にある酒屋「ひょうたん屋」さんのプライベートブランドです。こちらのお店、いつも行く居酒屋さんに紹介していただいた酒屋さんです。なかなかうかがう機会がなかったんですが、コロナで家飲みが増えたのを機に訪問しました。一見、町の酒屋さんなんだけど、実はかなりこだわりのお店。ホームページではオリジナルの文章でお酒の紹介をされています。通販もされているのでぜひ一度ご覧ください。今回のお酒は、オーソドックスな辛口とのことです。製造元は大阪の寿酒造さんで、メインブランドは「國乃長」。前に「カエルラベル」をいただきました。 なんとな…

  • [特集]去年美味しかった夏酒13選

    もうだいぶ暑くなってきましたね。夏酒もほとんど出揃ってきた感じ。去年はたくさん夏酒をいただいたので、このあたりで特に美味しかったものだけ振り返ってみたいと思います。 まずは真ん中。【會津龍が沢 純米大吟醸 夏ノ生酒】★★★★☆ラムネ&フルーティーな甘味から入って、気持ちいい苦味がほのかに広がるきれいなお酒でした。ほのかに辛みを感じる甘口という不思議な味わいが印象に残ってます。 次は左上から順番に、【両関 Rz55 Summer Emotion】★★★★☆両関酒造さんらしい甘さと芳醇さと複雑味がめちゃくちゃ美味しかった!今年も飲みたい! 【波乗り車坂】★★★★☆ベビーフェイスなハードパンチャー。…

  • [ジブリ酒]紀土 > エボシ御前(もののけ姫)

    【紀土 無量山 純米吟醸】(きっど むりょうざん) 凛としたアル甘酸 SAKEdatabankさんのキャンペーンでいただいたお酒。「紀土 無量山 純米」に続いて、いよいよ純米吟醸です。こちらは世界最大級の品評会、IWC・インターナショナルワインチャレンジの2020年SAKE部門最優秀賞「チャンピオン・サケ」に輝いた、世界一のお酒。今年のIWC2021でも、ゴールドメダルの中で特に優れたお酒に与えられる「トロフィー」を受賞しました。ちなみに今年のチャンピオン・サケはまだ決まってなくて、6/30に決まる予定です。2連覇なるか!? こちらもVINTAGE2018で製造年月は2021年4月。平和酒造さ…

  • 紀土 > アームストロング姉弟(鋼の錬金術師)

    【紀土 無量山 純米酒】(きっど) 強烈な上質さと力強さ 先月「刈穂」と「水芭蕉」をいただいた日本酒情報サイト「SAKEdatabank」のキャンペーン。なんと第2回も特別賞をいただいてしまいました。めっちゃ嬉しい! しかも今回は、あの「紀土 無量山」の純米と純米吟醸のセット!凄い!このお酒がどれくらい凄いのかは後でゆっくり語ります。 「SAKEdatabank」は、日本酒居酒屋「夢酒」など4店舗を経営されている(株)ALL GRACEさんが運営されている日本酒情報サイトです。お酒の個別データが充実。僕がこないだ投稿した地元限定のマイナーなお酒にも、いつのまにか精米歩合などのスペック情報や、お…

  • [ジブリ酒]龍宮 > ロボット兵(天空の城ラピュタ)

    【黒糖焼酎 龍宮 かめ仕込み 8年貯蔵】(りゅうぐう) 強烈アルコールと仄かな甘味の異次元焼酎! 今日は焼酎です。いつものお店で珍しいお酒を紹介していただきました。奄美大島の黒糖焼酎、8年熟成です。このラベルの朽ちてる感じ、良いですね。まずは飲んでみてほしいとのことなので、いただきます。 香りからして独特。樽香と、わずかに草っぽいフレッシュさ。なんだこれ? 初めての香り。 口に含むと強烈なアルコール感。アルコール度数はなんと38%! 普通の焼酎は加水されて20度とか25度とかが一般的なので、かなり高いですね。原酒かな?そしてその後ろに、仄かな甘さの気配がふわっ。かすかに塩味も感じます。コクもし…

  • [ジブリ酒]蓬莱 > ソフィーから見たハウル(ハウルの動く城)

    【蓬莱 裏事情 生々酒】(ほうらい うらじじょう なまなましゅ) 濃厚甘アルがガツン! 限定にしておくのもったいない! W穀良都、蓬莱大吟醸に続いて、またしても飛騨・渡辺酒造店さんの蓬莱です。この日は渡辺酒造店まつり。去年記録を付け始めてから20杯目のW/蓬莱になりました。大好き。こちらは、コロナで出荷量が減った中、お米を買い支えることで農家さん支援するための限定酒ですね。 それにしても、蓬莱の商品名はあざとい。家伝手造りとか、家宝伝承とか、蔵元の隠し酒とか、極秘酒とかそういうのがいっぱいです。しかも、それがほんとに美味しいから、たちが悪い。実力が伴ってるから文句のつけようがない。いや、批判す…

  • [ジブリ酒]蓬莱 > ハクの微笑み(千と千尋の神隠し)

    【蓬莱 純米大吟醸 生原酒 東条愛山】(ほうらい とうじょうあいやま) きれいなアルコール感と甘味がふわぁ W穀良都に続いて、同じ渡辺酒造店さんの蓬莱。一見レトロ調なデザインがカッコいいですね。特A地区・東条産の愛山というのに、心が躍ります。 特A地区というのは、質の高い酒米ができる特定の地区のこと。山田錦でよく見ます。中でも、兵庫県の吉川(よかわ)地区と今回の東条地区が特に有名。この地区は、夏の昼夜の寒暖差が大きく、土壌が粘土質であることから、雑味の原因になるたんぱく質が少なくて芯白が大きいお米が育ちやすいんだそうです。僕自身は特Aと普通の山田錦を飲み比べたことはないんですが、以前特A吉川産…

  • [ジブリ酒]W 穀良都 > カプローニ(風立ちぬ)

    【W(ダブリュー) 純米穀良都 無ろ過生原酒】 濃蜜甘味から苦味旨味がぐぐっ→ふわぁ 去年飲んだ466杯で第4位に入れたお酒。美味しかったなあ。今年も楽しみにしていたので、馴染みのお店の冷蔵庫に見つけた瞬間、迷わず注文です。 香りがもう素晴らしい。アルコール中心の酸甘旨な上立ち香がふおぉぉーー。アルコール感がはっきりしてるのに、嫌なことろは全然ありません。フルーティーな甘旨を包み込んで気持ち良く飛んでいきます。 口当たりはとろっと濃厚な甘味と酸味。そこからしっかりとした苦味旨味がぐぐっと寄ってきます。余韻は甘旨たっぷりで、含み香も口いっぱいにふわあぁ。 去年の記憶より、苦味をしっかり感じます。…

  • [ジブリ酒]天野酒 > フクオさん(魔女の宅急便)

    【天野酒 吟醸】(あまのさけ) 家に常備しておきたい万能しっかりアル添吟醸 2か月ほど前にスーパーで買ってきて、めちゃくちゃ美味しかった天野酒。前回は冷酒・常温・ぬる燗で飲みました。でも美味しすぎて、熱燗にたどり着く前に飲み切っちゃった。そこで今回リベンジです。 まずは熱燗でいってみます。が、失敗!横着してレンジで適当に加熱したら、やりすぎて70℃くらいまで上がちゃっいました。そしたら、アルコールが鼻に刺さってキツい。口を付けるところまでたどり着けない。冷めてきたら良い感じになりましたが、せっかくなのでもう一度。 温度をちょっとづつ確認しながら、55℃の熱燗くらいまで上げます。と言っても、温度…

  • [ジブリ酒]紀土 > ラピュタの全貌(天空の城ラピュタ)

    【紀土 純米大吟醸】(きっど) 香りふわぁぁぁーーーな純米大吟醸 大好きな和歌山の紀土。純米大吟醸は初めてですが、何も不安はありません。紀土の純米大吟醸なんて美味いに決まってます。紀土がレギュラーで置いてある炭火焼鳥屋さんでいただきました。こちらのお店、しょっちゅう寄れる場所にはないんだけど、好きなんですよね。 それでは飲んでいきましょう。 香り凄っ! バナナフルーティー&旨味ありそうなオイリー&ほんのり爽やか酸甘な吟醸香が、気持ち良くふわぁぁぁーーー。ワイングラスだからというのもあるけど、こんなに香るのは久しぶりです。 口に含むと上品な酸味と甘味がふんわり。香りはもっと旨味たっぷりっぽいのに…

  • [ジブリ酒]基峰鶴 > お巡りさん(魔女の宅急便)

    【基峰鶴 日日 水酛純米】(きほうつる にちにち) 酸旨きれいな水酛辛口純米 これの前の花陽浴で最後にしようと思ってたんですが、予想外に盛り上がってしまいもう1杯。マスターの日本酒の知識と選球眼には感服するばかりだったので、最後の1杯もおまかせで注文しました。で、出てきたのが、基峰鶴。前に飲んだ「ベルベット」が優しいふわ甘で美味しかったやつ。こちらも楽しみです。 香りはあまりありませんが、微かに乳酸感。口に含むと酸味中心で、その後にじわっとお米の旨味。酸旨な辛口ですね。甘味は控えめだけど、酸味のカドはないので飲みやすい。余韻もきれいです。 後から調べたら、これ、水酛(みずもと)なんですね! 水…

  • [ジブリ酒]花陽浴 > ピッコロ社の作業風景(紅の豚)

    【花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦】(はなあび) 華やかパイナップル この日の締めに、お酒単体で楽しめるものをと願いしたら、群馬と埼玉とどっちがいいですか?と聞かれました。これは悩む。どっちも好きな銘柄がいろいろ思い浮かびます。で、頼んだのが埼玉。何が出るかなって楽しみにしてたら、出てきたのが花陽浴。冷蔵庫を見てもパッと見はわからない奥の方に隠れてました。凄い品揃えだと思ってたけど、こんなものまで! お久しぶりの花陽浴さん。前に飲んだのと同じ青いラベルの八反錦です。 香りは薄酸ほわっと。口に含むと、酸味しっかりパイナップル。そうそう、花陽浴と言えばやっぱりこれですね。甘味は前回の印象より…

  • [ジブリ酒]川亀 > 松崎花さん(コクリコ坂から)

    【川亀 やすらぎの川亀 純米吟醸 酒蔵なかやま別誂】(かわかめ) じわ旨きれいな辛口酒 さっき注文した激旨イベリコ豚ベーコンに負けないのをっと選んでもらいました。初めての銘柄です。酒蔵なかやま別誂とあるので、酒屋さんのPBっぽいですね。 香りはほのかに、優しい乳酸。お、これは美味しそう。口に含むと、とろり酸味旨味。と、そこから旨味がさらにじわじわじわっと膨らみます。甘味は気配だけ。変なクセはあなく、きれいです。そしてすぅっと切れる。含み香は旨味が口いっぱいに広がって、ほんのり穀物感。なかなかのドライな辛口ですね。旨い! ジブリで例えると「コクリコ坂から」の松崎花さん。海ちゃんのお婆さまです。歳…

  • [ジブリ酒]天賦 > バルス(天空の城ラピュタ)

    【天賦 純米吟醸 赤磐雄町 搾立生酒】(てんぶ あかいわおまち) 甘旨ドカンと大爆発 インスタでフォローしていただいて知ったお店、豚とん拍子・千日前店さん。ずっと行ってみたかったんですが、ようやく伺うことができました(ブログへのアップは遅くなりましたが、実際伺ったのは4月です)。「イベリコ豚専門店で、日本酒はおまけ」とおっしゃってますが、日本酒の品揃えも恐ろしいですよ。インスタの投稿、日本酒ばっかりだし。これはあれですね、ソガ・ペール・エ・フィスの小布施ワイナリーさんが「日本酒は趣味で造ってます」って言ってるのと同じ。タモリさんの名言「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」を思い出しました。 さ…

  • 5月のお勧め自選記事6選

    4月に続き、今回は5月にアップした記事を振り返ってみます。 5月はまるまる緊急事態宣言で、飲み歩くことができませんでしたね。でも、このブログは実際に飲んだ日から1ヶ月ちょっと遅れてアップしているので、まだ外飲みの記事も多いです。 今回も記事の内容部門3点と、美味しかった部門3点を選んでみました。まずは内容部門から こちらは、蔵の復活ストーリーが感動的でした。ブログの短い文章の中では伝えきれていませんが、参考にさせていただいた数々の記事は、ほんと感動的だったんです。 これはもう、お酒の面白さに尽きます。お酒も美味しかったですけどね。脂肪を雑味に例えたのは我ながら気に入ってます。雑味になりやすいの…

  • [ジブリ酒]亀齢 > アリエッティのお父さん(借りぐらしのアリエッティ)

    【亀齢 辛口純米 広島八反 生酒】(きれい) ほんのり甘酸、旨味がぐぐぐっ 僕は普段は甘口のお酒が多いんですが、ねぎまと一白水成の相性が良すぎて、今日は珍しく辛口の気分。見るからに辛口な広島の亀齢をいただきます。こちら、お米は八反錦かと思ったら、八反錦のお父さんの八反35号みたいです。初めましてかな?娘さん(?)にはお世話になっています。 香りはお米の旨味と酸味がふわぁー。これは間違いない。口に含むと、辛口とはいえお米の甘味ときれいな酸味がほんのりふわり。そこから旨味がぐぐぐっと出てきて、気持ち良いアルコールとともに鼻に抜けていきます。うっま!純米らしく力強いけど、品がありますね。えっ、これ精…

  • [ジブリ酒]一白水成 > 本庄(風立ちぬ)

    【一白水成 純米吟醸 美郷錦 ピンクラベル】(いっぱくすいせい) する酸じわ旨、きれいな食中酒 久しぶりの一白水成さん。今知ったんですが、これ、春の限定酒だったんですね。 香りはほんのかすかだけど気持ち良い吟醸香。口に含むと、きれいな酸味から入って旨味がほんのりじわり。最後は気持ち良い苦味を残してふわっと消えます。甘味はほとんどないけど、どこか優しい。 とてもきれいな食中酒。ネギまの煮付けとの相性が最高でした。 ジブリで例えると「風立ちぬ」の本庄。主人公・二郎の親友です。いつもしかめ面で甘い顔なんて見せないけど、めちゃくちゃ良い奴。浮世離れしたところのある二郎とは違う常識人。宮崎駿監督に代わっ…

  • [ジブリ酒]会津男山 > 先輩魔女さん(魔女の宅急便)

    【会津男山 純米大吟醸 わ】(あいづおとこやま) 20年ぶりの復活! 酸苦フルーティー大吟醸 こちらのお酒を醸す男山酒造店さん、今期が20年以上ぶりの酒造りになる復活蔵です。元は1865年創業の老舗蔵。でも、1998年に杜氏の体調不良により製造を休止してしまいました。そこから月日が流れ、いよいよ建物の取り壊しを検討することになった時、先代の甥・小林靖さんが一念発起します。幼い頃、家族で訪れた蔵と先代の思い出が忘れられなかったのだそう。20年以上務めた都内のIT企業を辞め、蔵を継承することを決心。小林さんは妻と幼い息子を東京に残して会津に移住、会津若松市内の別の酒蔵でいちから酒造りを学びます。そ…

  • [ジブリ酒]醸し人九平次 > クラリスから見たルパン(カリオストロの城)

    【醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦 EAU DU DESIR】(かもしびとくへいじ オウ・ド・デジール) 酸苦爽やかダンディーフルーティー 九平次の定番大吟醸。EAU DU DESIRはフランス語で、訳すと”希望の水”という意味になります。 かなり久しぶりの九平次大吟醸。以前はオーケストラの練習場所の帰りにこれを常備してるお店があって、よく飲んでたんです。でも、オケの練習場所が変わったのと、近くに別の大好きなお店ができたことで、めっきり足が遠のいてしまいました。他の九平次はちょくちょく飲んでるけど、本丸のこれを飲むのは2年ぶりくらいかな。 香りはわずかにバナナ。口に含むと、微ピリ炭酸感と爽やか…

  • [ジブリ酒]水芭蕉 > ラステルのお母さん(風の谷のナウシカ)

    【水芭蕉 Artist Series 2020 片岡鶴太郎】(みずばしょう) 優しい酸味とほんのり蜂蜜、これは大人の蜂蜜レモン こちら、先週の刈穂に続いて、日本酒情報サイト・SAKEdatabankのレビュー投稿キャンペーン銀賞でいただいたお酒です。ありがとうございます。このサービス、今回のキャンペーンが始まった2月から使ってみてるんですが、その間でもちょくちょく改善が加えられています。応援しています。頑張ってください。 この「水芭蕉 Artist Series」は、食事のシーンに合わせて楽しくカジュアルに飲めることをコンセプトにしたシリーズらしいです。ラベルはアーティストとコラボして、売上の…

  • [ジブリ酒]月の井 > 五ェ門(カリオストロの城)

    【月の井 純米 一番搾り樽酒 生】(つきのい) 樽感たっぷり きれいな辛口 この日の最後は他のお酒にしようと思ってたけど、アテに出てきた鯨のスジのポン酢和えが、しっかり旨々だったので予定を変更。これに合いそうな辛口っぽいのということで、月の井を選んでもらいました。 香りは、樽感たっぷり木の香り。口に含むと、甘味は無くて酸味もわずかで旨味がドンっ。そして、最初から樽の含み香ぶわわ。旨味は最後まで続いて余韻にまで残ったかと思ったら、ふわっときれいに消えます。これぞ辛口樽酒。美味しい。 鯨のスジは、プルプルとろとろポヨンポヨン。見た目はかなり赤いし、香りも唐辛子感たっぷり。でもそれほど辛くはなくて、…

  • [ジブリ酒]大盃 > シャルル&おかみさん(天空の城ラピュタ)

    【大盃 macho 純米雄町80% & Macho 純米愛山80%】(おおさかずき マッチョ) 低精白らしい力強い味。でも無駄な脂肪(雑味)は付いてません。 ラベルのインパクト!これは注文するのに勇気がいります。たぶん力強い味わいなんだろうなという予想通り、両方とも精米歩合は80%の低精白。低精白→お米にタンパク質が残る→タンパク質と言えばマッチョ!なんだそうです。無理やりだけど、めっちゃわかる!よく見ると、男がmachoで女がMacho。微妙に違うんですね。女性の方が大文字の分だけ強いのかな。 香りは両方似ていて、甘アルコールが気持ちいい。お、これは意外に美味しそう。意外と言ったら失礼なんだ…

  • 二世古 > アキちゃん(ゆるキャン△)

    【二世古 純米吟醸 赤ラベル 彗星50%】(ニセコ) 旨甘ボンっとパワフルフルーティー 北海道・二世古酒造のお酒。ニセコと言えば、スキー場が有名ですね。僕も大学が北海道だったので、毎年行ってました。自然も水もめっちゃきれいなところです。二世古は初めていただくんですが、雄大な風景を思い出して期待が高まります。 香りはほんのりアルコールとメロンのフルーティー。口当たりはとろりなめらかで、一瞬後に旨味と甘味がボンっ!ウマいっ!しっかりした旨味と少し控えめな甘味が印象的。前半は旨ジューシーだけど、後半はすっと引いてきれいに消えます。このお酒は加水していない原酒で、アルコール16度。確かに原酒らしい力強…

  • [ジブリ酒]七冠馬 > 立花洋さん(コクリコ坂から)

    【七冠馬 純米 春なごみセブン】(ななかんば) ふわ酸じわ旨ほの辛口 昨日の若駒に続き、馬つながりで七冠馬。これ「ななかんば」だったんですね。注文するとき「しちかんばください」って言っちゃいました。 口に含むと、ふわり優しい酸味と、甘い気配。甘味は気配だけで、糖分は少なそう。そして、飲み込んでから、舌の上に旨味の余韻がじわわー。後味は辛口っぽいんだけど、どこか丸みがあります。全体の印象は柔らかくてきれい。好みストライクな方向性ではないんだけど、素直に美味しいと思える良いお酒でした。 ちなみに、七冠馬のネーミングは、往年の競走馬・シンボリルドルフから取ったんだそうです。競馬には全く詳しくない僕で…

  • [ジブリ酒]若駒 > フクオさん(魔女の宅急便)

    【若駒 馬肉に合う日本酒】(わかこま) 優しいふわ旨ほの辛酒 今日はあえて、裏ラベルを1枚目にもってきます。表ラベルはかっこいいけど、どんなお酒か伝わるのは圧倒的に裏ラベルなんですよね。前に一度来た馬肉居酒屋・時代おくれさんでいただきました。このお酒、前回飲みそこねて、めっちゃ気になってたんです。さっそく飲んでいきましょう。 香りはほとんど感じません。口当たりはするとろっと水のよう。薄口です。と思ったら、一瞬後から、穀物感のある優しい旨味がふわりと現れます。酸味はわずかで、甘味は気配だけ。 前に飲んだ若駒ひやおろしは、「若い馬」というより「老いて益々盛ん」という感じのコクたっぷりでした。だから…

  • [ジブリ酒]わかむすめ > ウルスラ(魔女の宅急便)

    【わかむすめ 萌木 純米吟醸無濾過生原酒】 爽やか酸甘 ハーブジューシー 香りは爽やかフレッシュな酸甘がふわり。口に含むとハーブ感のある酸味と微かな甘味がジューシーです。甘味は中盤から一旦消えていく。でも後味に、ほのかきれいな旨味や、レモンの皮のような苦味と共に、ふわりと戻ってきます。美味しい! わかむすめシリーズは、前に飲んだ秘色(ひそく)の他に、薄花桜(うすはなざくら)、燕子花(かきつばた)、月草(つきくさ)など、素敵な名前がたくさんあって気になります。これらの名前、全て十二単(じゅうにひとえ)のかさねの色目なんだそうです。古来より四季折々に用いられてきた配色の妙。萌木は、一家の繁栄を願う…

  • [ジブリ酒]會津ほまれ > 捨丸兄ちゃん(かぐや姫の物語)

    【會津ほまれ 純米大吟醸】(あいづほまれ) 蜜甘コク旨きれいな大吟醸 香りはほんのりバナナと瓜のフルーティー。口に含むと、蜜のような甘味と乳酸の酸味に続いて、穀物感とコクのある旨味がドーン。でも、そこからじんわり甘旨な余韻を残してふわりときれいに引いていきます。フルーティーなお酒はたくさんあるし、穀物感のあるお酒もよく見るけど、それが同居しているのはちょっと新鮮です。美味しい!ラベルの見た目のイメージによく合っている、良い意味でちょっと田舎の感じのするイケメンみたいなお酒。煮物なんかに合わせたいです。 ジブリで例えると「かぐや姫の物語」の捨丸兄ちゃん。基本はイケメンなんだけど、田舎の田畑のよう…

カテゴリー一覧
商用