searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

サボカジさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ
ブログURL
https://kuruma-lifehack.com/
ブログ紹介文
現役自動車整備士が語る、車の維持費や整備に関するお話です。具体的な金額なども載せています。ディーラーやメーカーでは決して聞けない話も盛りだくさん
ブログ村参加
2020/06/30
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、サボカジさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サボカジさん
ブログタイトル
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ
フォロー
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

サボカジさんの新着記事

1件〜30件

  • エアバッグの警告灯が点灯や点滅したままの車が高く売れる理由

    警告灯がきっかけで車の乗り換えをしてしまおうと思うなら、エアバッグの警告灯と、車の査定額が意外と高いという事実を知っておきましょう。 今回は、年式が7年から10年くらい経過したころから、チラホラと出てくることがあるエアバッグのトラブルと、それにともなった車の下取りや買取に関するお話です。

  • 水平対向エンジンでよくあるオイル漏れとは?|修理費用や時間は?

    今回はスバルの水平対向エンジンならではのオイル漏れ修理についてのお話です。 ・水平対向エンジンの定番のオイル漏れとは? ・水平対向エンジンのオイル漏れ修理の費用や時間は? こんなお話を整備士としての経験からお話をしていきます。

  • 日産ノートE11|走行中にエンジンが止まる原因が意外だった話

    今回は日産のノート(E11)の不具合のお話です。お客様への問診によると、走行中に突然エンジンがストップし、そのまま惰力で走行、路肩に停車したが、エンジンはすぐに再始動できたそうです。エンジンが止まるというのはただ事ではないのですが、整備士か

  • オールシーズンタイヤの走行性能や耐久性は?中途半端で割高になる?

    読んで字のごとく「夏用タイヤと冬用タイヤの両方の性能を備えたタイヤ」で、 冬用タイヤ規制が出されていても、地域によってはそのまま通行を許可してくれます。 いっぽうでは「オールシーズンタイヤって中途半端なタイヤじゃないの?」 というご質問もお客様から受けることがあります。 そのうえ、スタッドレスタイヤに近い柔らかいゴム質なので「耐久性はよくないのでは?」 という鋭いご指摘もあります。 今回は、オールシーズンタイヤの実力はどれほどなのか、 またどんな使用用途に適しているのかについて整備士としての意見をお話していきます。

  • ホンダ・ライフ(JC1)の異音アイドリング中にキュルキュル音がした事例

    整備士として仕事をしていると様々な車の異音を経験することがあります。特に多いのが止まっているときにに変な音がするといったアイドリング中に発生する異音の相談です。今回はホンダのライフで実際にあったアイドリング中にキュルキュルと異音がするお話で

  • ハイブリッド車は10万キロ走行でも下取り額は期待できる?

    ハイブリッド車にとって、乗り換えを意識する大きな修理と言えばメインバッテリーの交換です。10万キロ以上走行しているハイブリッド車が、車検で入庫してくることが増えました。ハイブリッド車はもう特殊な車ではなく、次世代のスタンダードカーとして定着

  • 軽自動車でエアコンを入れると坂道でノッキングするのは故障?

    坂道を上っているとエンジンがノッキングするとなると、これは異常というか、なんらかの故障なのかもしれません。 今回は、軽自動車がエアコンを入れたままで上り坂でを走るとノッキングするという事例について整備士の僕の経験を交えてお話していきます。

  • 車のエアコンは運転席側が効かない?吹き出し口に温度差ができる理由

    運転席の窓側の吹き出し口の冷気が最も冷えが悪いのですが、 新車から5年以上経過している車なら実感しやすいかもしれません。 とはいえ、お客様から修理の相談としていただく場合は本当に故障しているケースもあるのですが、 今回は車の構造上で起きる、エアコンの冷えにムラができる理由についてのお話です。

  • 車のエアコンの吹き出し口に水滴が付く原因。水漏れが助手席の下に??

    梅雨の真っ最中や真夏の通り雨で車内がジメジメすることがあります。 そんなときは暑さもあってエアコンの設定温度は低くしてしまいがちです。 そんなとき、エアコンの吹出口に水滴がついていることがあり 「なんでここに水が?」と思うかもしれません。 今回はエアコンに関する「へぇー」なお話です。

  • DA64系エブリィワゴンのプラグ交換の時期や交換したあとの効果

    今回はスズキのエブリィワゴンのプラグ交換についてのお話です。 僕自信もエブリィワゴン(DA64W)のユーザーですが、まだまだ乗り続けたいので メンテナンスはしっかりとやっていきたいと考えています。 エブリィのプラグ交換はターボ車とノンターボ車では作業性も違います。 また、搭載しているエンジンも同じ型式でもヘッド周りを変更していることもあって 使用しているプラグも違ってきます。

  • スズキのエブリィは燃費が悪い?! 給油ランプが点いてから走れる距離は?

    自身もエブリイワゴンのユーザーなので、 今回はスズキのエブリイワゴンをメインにした燃費や航続距離などのお話をしていきます。 はたして給油ランプはどのタイミングで点くのかを実際に検証してみました。

  • レガシィBP5のエアフロメーター故障の症状|エンジンやアイドリング不調の原因

    今回はBP系のレガシィの故障診断のお話です。オーナー様はドライブが大好きなナイスミドルなお客様でした。車が好きなお客様の車の整備をするのはとてもやりがいを感じますがその反面、ご期待に添えるかどうかいつも緊張します。とくに不具合を直接確認でき

  • ホンダのバモスの下取り価格や買取価格はまるで違う!売るなら相場を知ろう

    ホンダディーラーで20年近く整備士をしていた同僚に、「バモスみたいな高値安定の車でも下取りは厳しいの?」と聞いてみたことがあります。 すると「状態がいいならそこそこの値段にはなるけど、走行距離が多いならあまり下取りしたくない」とのことです。

  • ホンダのバモスの燃費がめちゃくちゃ悪い3つの原因とは

    今回はホンダ・バモスの燃費の悪さについて、整備士としてとくに感じている3つの理由を考えていきます。 軽自動車の中でもかなり燃費が悪いのが「箱バン」と呼ばれるタイプのモデルたちですが そのなかでもさらに燃費が悪いのが実はバモスだったりします。 このカテゴリーのモデルにはダイハツアトレーワゴン、スズキエブリィワゴンなどもありますが、 他社のモデルと比べてもバモスの燃費の悪さは特筆モノです。

  • ホンダのバモスのタイミングベルトやウォーターポンプの交換費用はなぜ高い?

    ホンダ・バモス、バモスホビオ、アクティバンなどのタイミングベルトやウォーターポンプの交換は軽自動車のなかでも交換費用や交換にかかる時間も多めです。そこにはホンダ車ならではの理由もありますが、他にも後ろ側にエンジンがあることのデメリットなどもあります。

  • 寒い日や雨の日に車のブレーキが効かない現象の原因を考える

    寒い日の朝や雨降りの日などでは、ブレーキのフィーリングの違うことがあります。 自動車教習所でも少しブレーキングに関する講習もありますが、 車のブレーキには、構造によって特徴や特性が違うので注意する必要があります。

  • バモスのバッテリー上がりやバッテリーランプ点灯はオルタネーター不良?

    走行距離が増えたり低年式になったバモスの定番トラブルといえば バッテリー上がりや警告灯の点灯ですが、この場合はバモスホビオやアクティバンもこれに当てはまります。 じつはバモスのバッテリーの寿命は悪くないのですが、意外な理由でバッテリー上がりにつながるトラブルについても紹介しておきます。

  • 整備士が考えるラジエーターキャップの点検方法や交換時期は?

    ほぼすべての車にはエンジンが搭載されていて、エンジンは冷却水で冷やされています。 エンジンの冷却装置といえばラジエーターですが、そこにセットされている「ラジエーターキャップ」にはあまり注意がいきません。 ラジエーターキャップはじつは非常に重要な役割をしていて、本来の機能が失われるとエンジンのオーバーヒートにも繋がります。

  • ラジエーターキャップの圧力を上げるメリットと下げるメリットとは

    ラジエーターキャップにはそれぞれメーカーが指定するキャップの圧力があります。 チューニングカーに乗るユーザーのなかにはラジエーターキャップを社外品のものに交換して圧力を変更する人もいます。 今回のお話は、ラジエーターキャップによってラジエーター内にかかる内圧が違うということや、 圧力を変更するとどんなメリットやデメリットがあるのかについてです。

  • エンジン警告灯が点灯したままでも車を高く売るコツとは?

    エンジンの警告灯が点灯したままでは、たとえ車を普通に走らせることができても車を下取りに出すとかなり安い買取額になってしまうことがほとんどです。 場合によっては「この状態では買取できません」と査定を断ってくるところもあるかもしれません。 また、悪質な買取業者なら、エンジン警告灯が点いていることを理由に「廃車なら無料で引き取りますよ」などとふっかけてくることもあります。

  • 人気の軽自動車のスライドドアで未使用車はお得ではない?!

    今や軽自動車のなかでも不動の人気を獲得しているスライドドアですが、これを未使用車として探しているというユーザーさんは多いのではないでしょうか。 はたして、未使用車として購入するのはお得なのか? もしかすると中古車業者はガッチリと設けているのか? 今回はハイトワゴンでスライドドアという、いわゆる人気車を未使用車として購入するときのお話です。

  • タントは10万キロでの交換部品は?車検でタイミングベルト交換が適当?

    今回は、ダイハツのタントに関して、10万キロ走行した状態ではどんな整備が必要なのか? 「そういえばタントってタイミングベルトの交換ってありましたっけ?」 こんなお客様からのご質問もかなりあります。 また、車検のときには「10万キロってまだまだ走れるんですかね?」 などといった、車の寿命や、乗り換えのタイミングについてもよく聞かれます。

  • ホンダNBOXのプラグ交換時期や費用は?DIYで交換する方法とは?

    今回はホンダの軽自動車、NBOXのプラグ交換についてのお話です。 整備士としてお客様からよく受ける質問として 「プラグ交換っていくらかかるの」 「プラグ交換の時期はいつ?」 なかには 「プラグ交換って、自分でできないかな?」 というDIYの相談をされることもあります。

  • 総額15万円の軽自動車は買ってはいけない!?中古車販売担当の本音

    総額で15万円が乗り出し価格というすごくお得そうな軽自動車もあります。 僕自身は自動車整備士として20年以上、車の販売担当としてもやってきました。 たまにおもうのが「整備士としてはおすすめできないけど、販売員としては売っておきたいな」 と自分のなかのジレンマというか葛藤に悩むことがあります。 とくに整備士としてのいで立ちのまま中古車の販売をしていると この中古車を売ったら自分の整備士としての信頼を失うかも? と思ってしまうこともあります。

  • 軽自動車のターボは壊れやすいからいらない?!寿命はどれくらい?

    軽自動車の高額修理として多いのがターボの故障です。金額にするとディーラーに依頼すればその修理費は15万円くらいかかります。整備士としての経験上、ターボが故障する確率は軽自動車のほうがはるかに高いです。ですが、軽自動車のターボが故障しやすい理

  • CVTから異音が出ていても下取りや買取りはできる?高く売るコツとは

    CVTは、ATやMTよりも異音が出やすいトランスミッションと言えます。代表的なものとしては「ウィーーーン」とか「キーーーーン」といったモーターのような少し甲高い音です。これらの音は「故障の前兆としての異音」とは言えないケースもありますが、な

  • もう車はいらない! | 車を手放す理由やきっかけを整備士が考える

    「若者のクルマ離れ」自動車業界でもこんな話題が何年も前から交わされていました。ですが「車はもういらない」と考えるのは、なにも若い人たちだけではなく、車を所有するということに多くのデメリットを感じている世代は増えています。今回は、車を手放す理

  • 車がオイルランプ点灯してエンストする原因とは?その後の修理は?

    いきなり車のエンジンがエンストしてしまったら、軽くパニックになってしまうかもしれません。ただ、絶対にエンストしないエンジンはありませんが、なんらかのはっきりした原因があってエンストする場合もあります。また、エンストしたらすぐにレッカーをよぶ

  • 外車の車検は高い!でも外車ディーラーはもっと高い!その理由とは

    お客様からディーラー系の外車の車検の見積もりを見たとき、その金額に驚かされました。 車検の場合、国産車も外車も点検する項目は同じ法定点検なので、その内容は同じのはずです。 今回は、外車の車検費用がやたらと高い理由についてのお話です。

  • オートバックスやイエローハットの板金はキレイで安いのか

    カー用品店では、自社で板金塗装を内製化しているところは非常にめずらしく、ほとんどは地元の板金工場に外注に出しています。 自動車の板金塗装を専門にやっている工場を古くから営んでいるような板金工場が町の郊外にポツンとあるパターンもけっこうあります。

カテゴリー一覧
商用