searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

元大学教授の忠さんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
元大学教授 海のそば 田舎暮らし
ブログURL
https://pcr-tada.hatenablog.com/
ブログ紹介文
バイオの実験科学者を辞め、海のそばで田舎暮らしを始めました。畑で野菜を作り、海で夕ご飯のおかずを調達する準備をしています。食事は毎日2食で野菜中心、カロリー制限で長寿遺伝子を活性化、健康な日々を過ごすための私なりの生活の紹介です。
更新頻度(1年)

39回 / 48日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2020/06/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、元大学教授の忠さんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
元大学教授の忠さんさん
ブログタイトル
元大学教授 海のそば 田舎暮らし
更新頻度
39回 / 48日(平均5.7回/週)
読者になる
元大学教授 海のそば 田舎暮らし

元大学教授の忠さんさんの新着記事

1件〜30件

  • 畑に毎日出ていたら、自粛中から5キログラム減りました

    7月15日のブログ「野菜つくりは将来の時間を節約する」でご紹介してから、毎朝、ジョギングをする代わりに雑草を取り除きながら畑を耕す農作業を、1日も休むことなく続けてきました。ここしばらくは猛暑日が続いておりますが、それでも休むことなく毎日毎日雑草を取り除いてきました。だいたい午前6時から9時までの間で1~2時間程度、畑に出るようにしています。 もちろん、草刈りができた部分は相当広がってきました。縦横それぞれ35歩くらいです。 今朝のシャワー後に、久しぶりに体重計に乗りました。するとびっくり、56.0 kgの表示。嘘かと思ったので、もう一度乗りました。やはり、56 kg。緊急事態宣言中は、家から…

  • 試練の時を迎えています

    オンラインのお仕事がさっぱりです。生活方程式が、意味をなさなくなってきました。 オンラインのお仕事+野菜つくり+魚釣り=田舎暮らし・・・生活方程式① 新型コロナウイルスの感染者数が8月に入り急増しています。9月から10月に次のピークが来ると私は予想していました。予想より少し時期が早まっている感があります。このままじっと田舎で難を避け続けたいのですが、そうはいかなくなってきました。 このブログは、今年の6月末に始めました。ブログでアップした写真を基に動画を作りました。YouTubeでご覧いただけます。元大学教授 海のそば 田舎暮らしです(https://youtu.be/fzAIDQq7CtA)…

  • 元肥(もとごえ)と窒素固定とDNA

    田舎暮らしを始めています。私の田舎暮らしは、生活方程式で成立するはずでした。 (オンラインのお仕事+野菜つくり+魚釣り)なのですが、最近、事情が変わってきました。原因は、魚釣りです。お金をかけずに魚を釣ろうとしましたが、まったく釣れません。それに、ご近所の道の駅に買い物に行くと、新鮮な小あじが7、8匹150円で売られています。釣りに必要な道具や生餌を購入すると、150円なんてすぐに超えてしまいます。という訳で、お金をかけずに魚を調達することは諦め気味です。 オンラインのお仕事は、思ったようにはいきません。原因は、知名度の低さではないかと分析しています。「私に何ができるのか」、お客様に十分に理解…

  • ワクチンに興味ある人、まずは免疫キーワードを覚えましょう

    田舎暮らしを始めたばかりの私は、ちょっと前まで大学で研究をしていた分子生物学者でした。遺伝子の研究をしていました。遺伝子は、いろんなところに顔を出します。基礎研究だけではなく応用研究として、がんや炎症、ウイルス感染などにも関係します。だから、そちらの勉強もします。がん、炎症、ウイルス感染って、免疫と関係しているんですよ。 免疫の勉強は、大変です。役者が多すぎます。覚えることが、沢山ありすぎです。教科書を読んでも、早々に覚えられるものではありません。この苦手意識はいまだに続いています。新型コロナウイルスの論文を読んで毎日ツイートしていますが、免疫に関係するところは、今でも苦労しています。 今は新…

  • 私の右手にはチタンが埋め込まれています

    田舎暮らしの準備が、だいぶ整ってきました。魚は相変わらず釣ることができません。そろそろ、夕ご飯のおかずを釣で調達することはあきらめムードです。野菜つくりの方は、とはいっても畑の準備段階なのですが、草原と化していたところの雑草を取り除き、徐々に畑として復活してきています。毎日、1時間から2時間程度、鍬を使って耕しています。 手術直後の写真 ねじは抜いていません、プレートも入ったまま 実は、私の右手首周辺にはチタンが埋め込まれているんですよ。未だに固定用のねじは刺さったままです。これは、2011年の秋にトライクで壁に衝突し、複雑骨折してしまった時の手術からです。見た目には全く分かりません。自分でも…

  • 種をまきました

    いよいよ梅雨明けです。昼前からは、サングラスをかけないと目が開けていられないくらい強い陽射しとなりました。午前中の早い時間に種まきをしました。「水やりすぎかな」と思っていましたが、先ほど写真を撮りに行ったらすっかり表面は乾いています。もう一回、夕方に水やりしました。 新型コロナの猛威は止まりません。防止策を施さないと、このままでは急激に感染者が増加することは火を見るよりも明らかです。経済のダメージを考えると、再度緊急事態宣言を発する奇策に出ることはないでしょう。外国の事例でわかるように、感染者が急増すれば死亡する人も増えてきます。それが100なのか1,000なのか、あるいは10,000なのか、…

  • 田舎暮らしに順化してきた私

    歳のせいなのか、はたまた新型コロナのせいなのか、あるいはそれ以外の理由なのかはわかりません。私は、変わりました。何が変わったか、それを一言で説明するのは大変難しいです。昨日、ゴルフから戻ってきて考えてしまいました。 良い天気の中でのゴルフです 昨日は、数か月ぶりにゴルフに行きました。一人予約システムを利用して、全く面識のない方3名とゴルフ場で顔合わせし、18ラウンドを回りました。以前、何度か一緒にラウンドさせていただきました、ここでは仮にYさんとしましょう、Yさんはとてもお上手です。時々、ゴルフコンペで優勝か、それに近い賞を受賞されます。そんなYさんから受賞品であるゴルフプレー無料券を頂戴して…

  • 田舎暮らしのためのオンラインのお仕事

    私の田舎暮らし生活方程式①では、野菜つくりと魚釣りにオンラインのお仕事を組み合わせた生活様式を考えています。本日は、オンラインのお仕事について紹介させていただきたいと思います。 最近の活動 Twitter:新型コロナウイルスの最新の学術論文を紹介しています。パソコンでご覧の方は、右側のタブから移動できます。 YouTube:「大人の学び直し」について動画で紹介しています(https://youtu.be/os7wByEMEtg)。オンライン限定で生物を一緒に学ぶオンライン家庭教師です。平日のお昼の時間帯を利用しますので、めちゃくちゃ安い授業料に設定させていただきました。ご興味ある方は、動画をご…

  • 高校の化学の先生が私の釣りのお師匠さん

    魚釣りが大好きでした 私は、子供のころの趣味は魚釣りでした。関東のはずれの山に周囲を囲まれた田舎町に住んでいました。高校生になると、渓流にヤマメを釣りに頻繁に行きました。高校の化学の先生が、私のお師匠さんです。今では考えられませんが、何度も連れて行ってもらいました。ある時、お師匠さんは高校3年生のクラス担任でした。卒業式は3月1日です。そして、なんとヤマメの解禁日も3月1日です。釣り人にとって解禁日は待ちに待った日、どうしても魚釣りに行かなければなりません。その時私は、高校2年生でした。卒業式でお師匠さんは、卒業生との別れを惜しんで涙を流していました。その涙を見ると、私も泣けてきました。式が終…

  • 頑張っている自分を誉めてあげよう(ほとんど自慢話です、ごめんなさい)

    私の座右の銘は、「神様は見ている」です。それの意味するところは、「汗をかいた分だけ報酬が得られる」、あるいは「あらゆることは努力しなければ、成果にならない」だと思っています。神様は見ている、すなわち、見られているから手を抜くな、いつも自分に言い聞かせています。反対の解釈といたしましては、「手を抜くと、何も得られない」「努力なき所に報酬無し」でしょうか。 自分の人生を振り返りますと、よくがんばったなという時期が何度かありました。まずは、大学院の試験を受けた時です。大学入試でないところがポイントです。実家に帰って数か月間、一日16時間以上勉強しました。親に、「座布団にコケが生えているんじゃないか」…

  • きっと健康で長生きに違いない

    4連休も今日で終わりです、皆さん、どこか行きましたか?行かないですよね、行ったとしても近場じゃないですか。これだけ新型コロナの感染者が増加してくると、早々に遠くへ旅行には行けないと思います。私は、近所のイオンモールに行ってきました。そして、家に着いてから、手洗いとうがい、鼻の中もしっかり洗いました。人種や国籍が違っても同じ人間です、ウイルスは感染します、そして悪化すると死に至ります。日本人だから例外という訳ではございません。米国を見ましょう、明日の日本かもしれません。 ツイートの日々 オンラインの仕事はほとんどありませんでした。魚も全く釣れません。やっていたことは、新型コロナウイルスの最新の論…

  • 今を生きるのではなく、将来を生きているような気がする田舎暮らし  

    東京および大阪、あるいは人口が多い各地域の都市部では新型コロナウイルス感染者数が著しく増加してきた。緊急事態宣言を出した時よりも1日当たりの感染者数は多い。しかし、首相は「今は前回とは異なる、緊急事態宣言を出す時ではない」と言い切った。それでは、どこまで数字が大きくなったら緊急事態宣言を再び出すことになるのだろうか。あるいは、どんな状況でも、2回目の緊急事態宣言はないということなのだろうか。 仕事が変わった。私の友人は化学薬品の営業職だが、営業には回っていないと言う。会社と自宅で業務をこなしているようだ。行楽も変わった。これまでだったら行きたいところに行くのが当然だった。今は、行ける場所に行く…

  • はっさくの花の香り-PTSDを乗り越えて

    出産直後の集中治療室(ICU)、退院後の不安、抑うつ、そして心的外傷後ストレス障害(PTSD)、これらが集合して家内は不眠症という病に侵されていきました。それが本当の意味で始まったのは、子供が3歳から4歳になろうとしていた頃、3回目の米国留学から帰国した夏でした。 それから約12年間、私と子供は家内に宿った病と言う魔物と闘わなければならなくなりました。 苦しかった12年間のことを何度も何度もパソコンに打ち込もうとしました。しかし、どうしても書き進めることはできませんでした。今はまだ、長く暗い時のトンネルを逆行することができないようです。ありったけの苦しみを、ここに書き留めるだけの覚悟と勇気を持…

  • 食いちぎられたプラスチック製のエサを見たとき

    自分の稚拙さを痛感しました。 おさらい 野菜をつくり、魚を釣り、オンラインで仕事、と始めた本格的な田舎暮らし、なかなか思うように事は運びません。そこで、新型コロナにびくびくしながら電車に乗って週1回、遠方にお仕事に行っています。さらに、ジョギングする時間を全て農作業に充て、魚釣りで収穫を得るために工夫をする、というのが前回の生活方程式のお話でした。 野菜つくり 農作業の方は順調に進んでいます。写真に収まらないくらいに、耕した土地が広がってきました。畑の奥の方にある井戸までのルートを確保することができました。これで、水やりが少し楽になりました。しかし、雑草で覆われているところは、まだまだ残ってい…

  • 日本人の新型コロナへの反応の仕方が、変わってきたように感じているのは私だけでしょうか?鈍感あるいは寛容になってきたように思います。いつが潮目だったかわかりません。3月4月の時点と現時点での1日の感染者数に対する受け取り方が、明らかに変化しました。マスコミの影響でしょうか、政府の誘導でしょうか、あるいは国民一人一人の感覚の変化なのでしょうか、わかりません。私に限って言えば、今は緊急事態宣言を出すべきだと思います。旅行に行って、地方で感染者数が増えることを国民は受け入れたのでしょうか?私は、受け入れていません! 私の田舎暮らしはと言うと、生活方程式①が等式では成り立たず、②式のように不等式で成立し…

  • 私の老後は85歳から

    2,000万円、皆さん覚えていますか?もちろんですよね、老後に必要とされる貯蓄額です。その後、この金額を巡ってはすったもんだしましたが、かなりのインパクトがあったことは事実です。この前の黒川さんの退職金は5,900万円ですので、軽くクリアーしています。 昨日の私のブログを一言でまとめると、リスクマネジメントです。今日はなんでしょうか、無理矢理まとめるとドラッガーと親父から学んだこと、でしょうか。ドラッガーと親父はかなり違いますが、私の人生設計に対する影響は同レベルです。 人生のリスク、特に60歳に近づこうとしている私にとっての最大のリスクは健康を損なうことです。病気にならないまでも、身体を動か…

  • 野菜つくりは、将来の時間を節約する

    「時間をお金で買え」、あるいは「時間はお金で買えない」など、お金という通貨と時間と言う無形なものが時々比較されます。両者は逆説的なようですが、実は言ってることは一緒、時間は貴重だということです。 大学の研究室で実験をしていた時は、多忙な日々を過ごしていました。どちらかと言うと、前者の「時間をお金で買え」を選択していたように思います。例えば、結果を出すのに専門業者に実験を委託する、それで浮いた時間で別の実験を行うなどです。 ところが、田舎暮らしを概観すると、後者の「時間はお金で買えない」を選択しているように思います。もし、新型コロナウイルスに感染してしまったら失う時間が大きい、だから人込みを避け…

  • 高尾から東京までの20個以上の駅のお便所の位置を記憶していた

    お話していますか? これはあなたの脳と臓器の間の会話についてです。 物心ついたころから、下痢が日常茶飯事でした。一番困ったことは、小学校で授業中にお便所(大のほう)に行けないことです。私が小さかった頃、今から45年以上前の話になりますが、大でお便所に行ったことがクラスメイトにばれてしまったら、さあ大変です。その時から、「うOこ野郎」とか、「うOちちゃん」というあだ名で呼ばれてしまいます。さらにひどいことに、大をしている際中に頭上からお水が降ってくる、扉の隙間から足に向かって水を流される危険もありました。こうやって書くと恐ろしい時代を生き抜いたもんだなと思います。それは集団生活をしていく上で乗り…

  • 私は内臓の使い方のミニマリスト、よく噛んで食べています

    200という不穏な数が世の中を席巻しています。200という数を、これほどまでに気にしたことはありませんでした。2000、いや20000ではなく200、誰がこの数字にこれほどまでのインパクトを与えたのでしょうか?いったい、200にどんな意味があるのでしょうか? 電車に乗るのを躊躇しています。ますます外出を控えてしまう私です。もちろん新型コロナに感染したくないからです。住んでいる地域の噂を考えると、感染するわけにはいきません。OO町でO人目などと新聞で報道されます。ここは自宅にいるのが賢明です。 最近、ミニマリストさんの気持ちがわかってきました。ミニマリストさんについて詳しく調べた訳ではございませ…

  • 元大学教授が考えた生活方程式

    今年は、雨の日が多いです。風が強いです。私の部屋は2階の南側、朝から晩まで風の音が鳴りやみません。南向きの窓には、シャッターが付いています。しかし、ごう、ごう、ごう、ごうとうるさいので、締めません。 新型コロナ回避用の生活方程式 新型コロナが勢いを増してきました。叔父から「アビガンはどうなっているんだ」と電話がありました。「なんか、効果が証明できなかったみたいだよ」と答えると、とても残念そうに電話を切りました。安倍首相がテレビであれだけ期待を集めさせたわけですから、80歳を超えている叔父ががっかりするのも納得できます。日の丸ワクチンも、アビガンの「二の舞」にならないことを祈ります。 再び自粛か…

  • 田舎暮らしでストレスから解放されよう

    田舎暮らしでイメージするものは、のんびり、自給自足、自然に囲まれている、不便、過疎などを思い浮かべることでしょう。 関東の都会に住んでいましたので、私の中では、「土地代が安い」すなわち地価が都会より低いというのが一番のイメージです。地価が低い→商業施設が広い→駐車場が広い→駐車場所を探しやすく狭いスペースに入れなくてよい→ストレスが低い→イライラしないにつながります。 私は、田舎暮らしが大好きです 2つ目は、人口密度が都会より低い→混雑しない→時間通りに事が進む→イライラしないにつながります。 ということで、私の中での田舎暮らしの良いところは、イライラしないことです。 都会:関東でご近所のスー…

  • 花に囲まれた田舎暮らし-5月と6月

    梅雨本番 毎日毎日、雨が続いています。風が強いため、傘をさしても足元はすぐにびちょびちょ、畑仕事ができない、釣りにも行けない、ずっと家にいます。一方で、飛翔している新型コロナウイルスが地上に無理やり落とされ、広域洗浄されているような気もします。人災を出さないようなレベルでの洗浄、よろしくお願いします。 時間のあるうちにと思い、5月と6月に撮りためた花々の写真を整理しました。全部で20くらいあります。 最初にご紹介するのは、5月14日のアフタヌーンティーの様子です。緊急事態宣言で家族が揃っていました。お天気の良い日に手作りのスコーンとサンドイッチを用意し、黄色や白のガザニアの中でのパーティーです…

  • 血液検査のASTとALT、知っていますか? 私は核酸医薬品の研究を行っていました。遺伝子発現の仕組みを利用した画期的なお薬なのですが、残念なことに副作用として肝臓と腎臓にダメージを与えてしまいます。そこで、肝臓への毒性(肝毒性)を減らすことを主眼にして、マウスを使った毒性評価試験を行っていました。その際指標となるのが、皆さんよくご存じのASTとALTの値です。知らないという人は、ご自身の血液の検査結果報告書をご覧ください。並んで表示されていると思います。 核酸医薬品を注射して数日すると、ASTやALTの上昇が観察されます。そうするとアウトです。どういうことかと言うと、肝臓に届いた核酸医薬品の毒…

  • 昔の自分に問う - 同じルアーがこんなに沢山なぜあるの?

    大学を辞めたとたんに新型コロナ自粛、そんな中、自給自足の田舎暮らしに挑戦し始めています。ブログを書き始めた理由の一つは、皆さんに日ごろの生活を紹介することで、自分のモチベーションを持続させるためです。海があり畑があるという恵まれた環境なのに優柔不断な私の性格が、時として、顔を表してしまいます。何か縛りのようなものを使って半ば強制的に面倒な作業的側面の準備を行なわせないと、どこかに逃げ出しそうな自分がいるからです。 さて、皆様の役に立つようなことをブログに書けば数多くの方々に読んでもらえる、そのくらいの知識しか持ち合わせていなかったので、日々勉強しています。今日は、はてなブログの「グループ」とい…

  • ジョギングで肩こり解消

    「走ることで肩こりから解放される」、そんなお話です。乳酸がどうのこうの、サルコメアがどうのこうのなどという難しい話は一切出てきません。肩こりでマッサージに大金を費やしている皆さま、是非、ご一読ください。 悲惨な身体の私 マッサージに週1回以上の割合で通っている、そんな方は多いのではないでしょうか?私も30代のころは、その一人でした。結婚したのが32歳、それまでほとんどマッサージを利用したことはなったのですが、家内の影響で、ご近所のあるいはスーパー銭湯に併設されているマッサージに頻繁に通うようになりました。お値段は、当時、すなわち20年以上前の話になりますが、10分1,000円くらいが相場でした…

  • もっと腰を入れろ、元大学教授

    そんな声が聞こえてきそうな、私の農作業姿です。まず、服装がなっていません。半袖に短パンは、農業を甘く見ています。なんといっても、ひ弱な腰使い。こうやって改めて写真で自分の姿を見ると、本当に情けないです。このブログの成長とともに、私の腰使いも立派になるのでしょうか? 腰が入ってないぞ 下準備、草刈り 大学を辞め、田舎暮らしを始めようとしています。野菜を本格的に育てたことはありません。今から45年前、山梨県に住んでいました。山裾に建つ古びた借家から、夕焼け小焼けの赤とんぼを歌い終われば到着するようなところに、我が家の畑がありました。おやじは農家出身です。牛を飼っているような本格的な農家の末息子で、…

  • オンラインを使って田舎暮らしを楽しもう

    私のブログの中で、精神的な田舎暮らしに関して、何度か言及してきました。都会の状態を密、田舎の状態を疎として考え、これを精神的な部分に当てはめました。集団での活動に何らかの理由で参加できなかったり個人での行動を好む方は、住んでいる場所に関わらず精神的な田舎暮らしを送っているのではないかという視点です。そして、精神的な田舎暮らしを充実させるものとして、オンラインでのコミュニケーションの必要性を書き留めました。 7月2日「SNSは田舎暮らしの必需品です」 朝日新聞の7月5日の関連記事「オンラインの方が学びやすい子も」によると、不登校だったり教室では発言できなかった子が、オンラインになったことで、学習…

  • 結婚、妊娠、出産、そして集中治療室(ICU)

    出会いから結婚式 家内とは、叔父の紹介のお見合いでした。端正な顔立ち、英語が得意、関西在住、そして血液型はB型、写真と釣り書きを受け取った時の私の記憶です。英語と関西、私から叔父に伝えた条件です。私は、B型の人、男女を問わず仲良くなりやすかったので、B型は大歓迎でした。 東京で初めて会い、数回目のデートで結婚を申し込み、すぐにOKの返事を無事にいただきました。それから、粛々と結婚へと時は流れていきました。 家内の希望で、テラスのあるレストランが結婚式場です。東京の隠家的なフランス料理のお店でした。 結婚式当日 初めての留学 6月に式を挙げ、7月の米国独立記念日に留学先のボストンに到着する日程で…

  • 「リ、リール・・」が、カレイ釣り

    カレイ釣り、決行日です。 なので、朝から忙しかったです。起床はいつも通りの午前4時半過ぎ、コーヒー飲みながら朝のニュースをテレビで観ました。メインの話題は、東京107人です。「だから、昨日、私が一所懸命ブログで書いたでしょ」と家内にぐちぐち言いながら、トイレに行って、道具を釣専用カバンに詰め込み、家を出ました。 ミミズを探そう 最初にやることは、ミミズ探し。これが、難航しました。下見していたところを掘っても、出てきません。数か所掘りまくり、やっと見つけたミミズの巣。ミミズに巣があることを、今日、初めて知りました。枯れた藁をとると、小さな穴がポコポコ開いてます。さらに表面の土をどけてみると、穴か…

  • 新型コロナ 第2波 が本当に怖い ー これまでのブログからの抜粋 ー

    東京都感染者数107名の報道をミヤネヤで聞き、急遽、このブログを作りました。今までのブログから、新型コロナウイルスの第2波に関係すると思う部分を抜き出し、重要と思う箇所を強調にしました。 6月29日「私の田舎暮らしは、神様からの贈り物」より抜粋6月27日 CNN ニュース 「コロナ「第2波」で数百万人死去の恐れ、WHO警告」この根拠はというと、「新型肺炎の今後の展開について、過去のスペイン風邪の世界的な大流行を例として、スペイン風邪の場合は夏季に感染が衰え、9月と10月に激しく勢いを取り戻し、結果的に第2波で5000万人の犠牲者が出たと指摘した」。これは、WHOのラニエリ・グエーラ事務局長補佐…

カテゴリー一覧
商用