searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kogamoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
森の散歩道2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/morinokotori
ブログ紹介文
四季の自然・鳥・花・昆虫など
ブログ村参加
2020/06/21
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kogamoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kogamoさん
ブログタイトル
森の散歩道2
フォロー
森の散歩道2

kogamoさんの新着記事

1件〜30件

  • タゲリ チョウゲンボウ

    先日、田園でタゲリを見かけました。雲の切れ間から陽が差し、いつもは草に隠れている足のピンク色が少し見れました。美しい容姿は、まさに田んぼの貴婦人と言えますね。チョウゲンボウは、何度も飛んで狩りに挑戦していましたが、獲物は捕らえてなかったようです。この時、急に雨が降って来て家に帰りましたが、その後食事が出来ていれば良いと思いました。タゲリチョウゲンボウ

  • マガンとオオヒシクイ

    マガンが居るよと教えていただいて、出会うことが出来ました。これまで1~2羽見ることはあったのですが、マガンとオオヒシクイ合わせて5羽も見るのは珍しかったです。マガンとコハクチョウオオヒシクイオオハクチョウの幼鳥と一緒にみなさんお食事中です。マガンとオオヒシクイ3羽でおしゃべりしているような・・・?こちらのオオヒシクイは眠そうです。一度立ち上がって伸びをしましたが、また寝てしまいました。風の強い日でしたが、雪を背負った薬師岳を背景に、ハクチョウの群れがのどかな風景でした。マガンとオオヒシクイ

  • ジョウビタキほか

    前回のベニマシコを見た日は、会いたかったジョウビタキ♀にも会えました。込み入った枝の中にいて、チラッと姿を見せてくれました。メジロ2羽も飛んで来ました。美味しそうに黒い実を食べています。タラノキですね。ホオジロ♂ホオジロだと思って、このあと引き返したのですが、後から見ると右側にミヤマホオジロが写っていました。😅ジョウビタキほか

  • ベニマシコ

    今季初のベニマシコに会えました。小さな群れで、水浴びをして、さっぱりした様子です。ベニマシコ雌若い雄羽繕いが終わると、お食事です。雄と雌胸の赤い成鳥も見れました。(⌒‐⌒)ベニマシコ

  • ハクチョウ

    雨が降ったり晴れたりの寒い日でした。ハクチョウたちはどうしているかな?と思って餌場辺りを見てきました。一時雲の切れ間から日差しが差し込んだ時、雪を被った山が光って見えました。11月26日オオハクチョウとコハクチョウが一緒にいます。別の場所にもたくさんいました。雨で濡れた羽を乾かすように、時々翼を広げてバタバタしていました。オオハクチョウは翼を広げると大きいです。オオハクチョウの親子のようです。それから、コーッコ―ッと大きな鳴き声に合わせるように、首を伸ばして歩き始めました。飛び立つ合図です。飛び立つ時は助走をして、頭をまっすぐにして飛びます。ハシボソガラスが、ノスリが気になって時々ちょっかいを出しますが、ノスリは無視していました。ハクチョウ

  • ノスリの飛び出し

    先日畑の近くの田んぼで、ノスリを見かけました。逆光だったのが残念。この時ウオーキングの方が歩いて来られたので、ノスリはちょっと警戒したようです。すぐ飛ぶのかな?と思ったら、飛び出す前に足場の体勢を整えていたようです。それから、足をしっかり安定させてから飛び出しました。前の記事のカンムリカイツブリは、「冬羽に移行中」の間違いでした。訂正しました。^^;ノスリの飛び出し

  • カンムリカイツブリ カワアイサ

    カンムリカイツブリ冠羽が伸び始めて、夏羽に移行中のカンムリカイツブリです。足を上げて、ストレッチ?のんびりくつろぎモードのようです。昨年は少なかったのに、今季は30羽近くの群れがいて、多いのにびっくりしました。カワアイサも戻って来ました。皆さんお昼寝中です。対岸で遠かったです。♀♂カンムリカイツブリカワアイサ

  • 池のカモたち

    先日植物園の池へ出かけると、カモたちがずいぶん増えていました。特に変わった種は居ませんが、♂の着飾ったような繁殖羽がきれいです。ホシハジロ♂オナガガモ♂オカヨシガモ♂は、首を伸ばしたり引っ込めたりして♀にアピールしています。これから、カップルがいっぱい増えるのでしょう。カイツブリの幼鳥もいました。池のカモたち

  • 公園の野鳥 紅葉

    ここの所、穏やかな天気が続いているようです。公園内に柿の木があるので、メジロが来てくれないかなあ?と思って見てましたが、見かけるのはヒヨドリばかりです。"(-""-)"柿を食べるヒヨドリ黄葉の中にも枝が混雑した中に居たのは、シメでした。ツワブキが満開です11月16日五百羅漢さまの紅葉見ごろになったモミジの紅葉を楽しまれる方が多かったです。呉羽山の尾根から眺めた風景剱岳富山市内と立山連峰公園の野鳥紅葉

  • チョウゲンボウ

    先日のハクチョウを見た帰り道に、チョウゲンボウを見かけました。背中を丸くしている後ろ姿でしたが、時々振り返ってくれました。^^羽繕いハクチョウもたくさん撮ったので、近くへ飛んで来たものを少し入れました。今度はお天気の良い日に出かけたいです。チョウゲンボウ

  • タゲリ

    タゲリの群れもやって来ました。このあと、田んぼへ降りて休息していました。シューっと伸びた冠羽がカッコいいですね。タゲリ

  • オオハクチョウ コハクチョウ アメリカコハクチョウの雑種も

    晴れ間に、隣町へ飛来している、ハクチョウに会いに行って来ました。雪山を背景に飛翔するオオハクチョウカモ科/L140cm首の曲がった、コンコルドくんも後から元気に飛んできました。美しいオオハクチョウさんに、おかえりの挨拶が出来て良かったです。コハクチョウたちも、餌場の田んぼへどんどん降りてきます。カモ科/L120cm足のヒレを広げて降りてきます。仲間とご挨拶こちらは喧嘩かな?グレーの幼鳥たちもたくさんいます。それから、アメリカコハクチョウの雑種も見ました。上嘴の基部に黄色い部分が少しあります。ファミリーのようです。オオハクチョウコハクチョウアメリカコハクチョウの雑種も

  • ミヤマガラス

    ミヤマガラスカラス科/L47cm冬鳥先日、車で通った道で、ミヤマガラスの群れを見かけたので、雨が降る前にと思って行って見ました。11月8日でも午後からだったので、5羽ほどしかいませんでした。仲間は餌場へ行ったのかな?ミヤマガラスは、嘴が尖って、白っぽく見えるのが特徴です。魔法使いのおばあさんに見えると言ってた人がいました。😅ミヤマガラスは、あまり鳴かないので、鳴き声を初めて聞きました。しわがれた声でハシボソガラスと似ていました。ミヤマガラスを撮っている時、ハシボソガラスが、車のすぐ側へ飛んできました。何か気になったのか、撮って欲しかったのかな?(^^;ミヤマガラス

  • ノスリとミサゴ

    ノスリは少し慣れて来たみたいかな?電柱の上でまったりしていました。タカ科/L55cmこの時期の穏やかで暖かい日を小春日和と言うのでしょうか。春と間違えそうですが冬の季語なんですね。11月5日いつものミサゴ途中でカードエラーが出て、最初に撮ったコハクチョウの写真がダメになってしまいました。古いカードをカメラに入れてたせいでした。(T_T)近所のサイクリングロードから、立山連峰を撮りました。(スマホで)息子の家の庭で採れたスダチお鍋や魚料理にも合います。ノスリとミサゴ

  • ムギマキ

    丘陵にて、気になっていたムギマを見ることが出来ました。ヒタキ科/L13㎝旅鳥証拠写真ですが、メジロ集団が飛んで行く間に、一時だけ姿を見せてくれました。女の子です。カラスザンショウの実を食べています。ムギマキ

  • コハクチョウ飛来

    冬の使者コハクチョウが飛来しました。おかえりなさい~長旅お疲れさまでした。旅の疲れを癒してくださいね。コハクチョウ20羽いました。ノスリも戻って来ました。コハクチョウ飛来

  • 晴れた日のミサゴ

    前回のミサゴが暗かったので、その後晴れた日に撮れたミサゴをもう一度UPしました。ミサゴは羽繕いをしているので、羽が乱れています。車から外に出て山の写真を撮っていた時も、ミサゴは電柱の上で、ゆったりしていました。食後の一服だったのかな?立山の初冠雪は21日でした。雲に隠れていますが、室堂平に雪が積もって白くなっています。ミサゴが続いたので、コメント欄を閉じさせていただきました。晴れた日のミサゴ

  • ミサゴのお食事

    前に出会ったミサゴと同じ個体のようです。帰り道では、魚を捕らえて食事をしていました。逆光で、影絵のようになってしまいましたが、手に魚を掴んで食べています。まだ食事中ですが、一発噴射それから、魚を掴んだまま飛び出しました。田んぼの中で、ハマシギがお休み中でした。ミサゴのお食事

  • バンとオオバン

    前回の池では、クイナの仲間、バンにも久しぶりに会えました。額版がクリーム色の個体ですが、これから赤くなるのかな。バンは警戒心が強いようで、食事が終わるとハスの中へ隠れてしまいました。こちらは、オオバン絶滅危惧種のアサザに囲まれて贅沢だなあ~バンとオオバン

  • カモ類が飛来 クロホウジャジャク

    植物園の池にカルガモやコガモ、ハシビロガモなど、カモたちが飛来しました。オオオニバスの葉の上でくつろぐコガモ、旅の疲れを癒しているようです。オニバスの葉にも乗っています。オニバスの葉は鋭い棘がありますが、カモは大丈夫なんですね。オオオニバスの葉には棘はなく、たらいの舟のようです。一つの葉に、1羽乗っているのが面白いです。ホトトギスの花に、ホウジャクが吸蜜に来ていました。いつも見ているホシホウジャクとは少し違うようです。クロホウジャクでしょうか。カモ類が飛来クロホウジャジャク

  • ミサゴ

    前回のモズがいた河原では、ミサゴも見かけました。電線に止まって、魚を狙っていたようです。ミサゴは、背景がごちゃごちゃした場所に止まっていたので、場所を変えなから撮ったのですが、どれもいまいちでした。(>.<)叫んでいるのかな?庭のシュウメイギク(秋明菊)が、今年はきれいに咲いてくれました。ミサゴ

  • モズの高鳴き

    土手の上を歩いているとき、急に甲高い鳴き声が聞こえました。威嚇されたのかな?キィキィキィ・・・モズの高鳴きに、秋を感じました。若いカワラヒワの群れが賑やかでした。モズの高鳴き

  • ツマグロヒョウモン他(畑の昆虫)

    畑の周辺では、ツリフネソウとミゾソバが花盛りです。チョウたちが、嬉しそうに飛び回っていました。ツマグロヒョウモンの♂と♀(上が♀で下が♂)♂が交尾を求めて、吸蜜中の♀に近づいていますが、♀は拒否していました。くるりと巻いた口吻が可愛らしいです。ツマグロヒョウモンの♀を撮るのが今季初めてでした。ウラナミシジミがたくさんいました。アオスジアゲハオニヤンマ♀一瞬飛んだトリ、カメラが遅れて残念でした。ツマグロヒョウモン他(畑の昆虫)

  • オオスカシバ

    先日呉羽丘陵公園にて、風に揺れるコスモスが秋の風情ですね。ガマズミの実気が付いたら、もうツワブキの蕾が膨らんでいて、アキアカネがあちこちに止まっていました。オオスカシバスズメ蛾の仲間今年は、公園へもあまり出かけられなかったので、昨年のですが、コスモスに訪れるスズメガの仲間を時々見かけました。オオスカシバ

  • 花と昆虫 ホシホウジャクなど

    畑の前の水路の側に、今年は土手一面にツリフネソウが咲いて見応えがありました。ツリフネソウに、「ホシホウジャク」が吸蜜に来ていました。ホバリングしながら、長い口吻をのばして蜜を吸う姿がユニークです。スズメガ科キチョウ金平糖のようなミゾソバの花に止まって、可愛らしいです。真っ赤になったナツアカネノコンギクとキチョウミツバチも可愛いです。にほんブログ村花と昆虫ホシホウジャクなど

  • 河原の昆虫 コムラサキなど 

    少し前のですが、川原の柳にコムラサキが集まっていました。コムラサキは、飛んでばかりでなかなか撮れませんでしたが、少しだけ手前に止まってくれました。ミヤマアカネ♂赤とんぼの仲間では最も美しいと言われるミヤマアカネに会えました。先端に近い翅縁に赤い班があるのがオスの特徴です。(メスは白色)山から下りて来た赤とんぼが増えて来ました。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~10月1日今年は夏の暑さが影響したようで、月下美人の花がよく咲きました。一株に12個の蕾をつけて2日に分けて咲きましたが、1日目に8個の花が同時に咲いたときは、ベランダによい香りが充満し、一夜を精一杯生きているのが感じられました。翌日の朝には、力尽きたように萎んでしまいました。にほんブログ村河原の昆虫コムラサキなど

  • カラ類

    丘陵地では、カラ類が賑やかでした。ヤマガラが、エゴの実を咥えて何処へ隠そうかと思案中のようです。メジロシジュウカラミズヒキにほんブログ村カラ類

  • ツツドリ2 キビタキ♀?

    前回の続きです。先にいたツツドリが居なくなると、交代するるように別のツツドリが入りました。この個体は少し赤味があるように感じましたが、見上げる位置ではっきりしませんでした。葉に付いた毛虫をゲットしました。バランスを崩したのかな?上の枝へ飛び移りました。渡りの前に、たくさん食べて栄養をつけて行って欲しいです。こちらは、ヒタキ科でよいと思うのですが、キビタキ♀それともオオルリ♀?、コサメビタキ??わからなくなってしまいました。にほんブログ村ツツドリ2キビタキ♀?

  • ツツドリ1

    ツツドリを、もう少し観察したいと思って桜の木を探していると、一昨年見た木に、ツツドリが来ていました。カッコウ科枝被りで見難いですが、あどけない感じがする幼鳥です。托卵性で、主にウグイス科のセンダイムシクイに托卵して育雛させる。この子も何処かで、仮親に育てられたのですね、不思議です。白い毛虫をゲットしました。毛虫を飲み込みました。喉が膨らんでいるのがかわいいです。にほんブログ村ツツドリ1

  • イカル

    木の実を求めて、イカルの群れ20~30羽が、桜の木を移動しながら飛んで行きました。幼鳥が多くいたようてす。成鳥この子は部分白化個体?光の具合で白くなったのかなとも思いましたが、カメラは上の写真と同じ設定でなのと、昨年もよく似た個体を見ているので、白い子がいるのかもしれないと思います。こちらはスマートな体型から、エゾビタキと思いますが胸の斑が薄い個体でした。イカルの群れに驚いたのかな?キョトンとした顔をして出てきました。にほんブログ村イカル

カテゴリー一覧
商用