chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
kogamo
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/06/21

arrow_drop_down
  • アカゲラ(公園1)

    雨の晴れ間に公園を散歩すると、アカゲラが現れてくれました。ヒヨドリが嫌がらせのように近くを飛んでも、このアカゲラ♀はマイペースで、物おじしない子でした。樹の幹をコツコツ突いたり、ストレッチをしたりと、わりとゆっくりしていました。途中から日が差したので、お腹の赤い色が出て良かったです。^^アカゲラ(公園1)

  • タゲリ

    この日は、霧雨が降って来た所で、タゲリの群れが田んぼへ降りてきました。日差しがなく、羽の金属光沢が出ませんでしたが、地面に降りたのは今季初見で、シュ−ッと伸びた冠羽が撮れました。羽繕いタゲリ

  • ハヤブサとチョウゲンボウ

    田んぼでバ−ドウオッチング最後に、空高く飛んだ鳥が目に入りましたが、トビだと思ってカメラを向けるのが遅れて2枚しか撮れず残念でした。この時は、ハヤブサが田んぼで小鳥か何か獲物を捕らえたのでした。先日雨の日に電柱に止まっていた若いハヤブサを見ていたので、獲物が小さくても狩りが成功して良かった−と思いました。^^農道の電柱に止まっていたのは、いつものチョウゲンボウ♀でした。ハヤブサとチョウゲンボウ

  • マガンの飛翔

    ハクチョウの群れから少し移動した所で、マガンが飛んだのを見て急いでシャッターを押しました。こちらの方へ向かって来るように飛んで、旋回すると戻って行きました。手ぶれましたが。^^;マガンの飛翔

  • ハクチョウとマガン

    晴れてる間に、隣町のハクチョウを見てきました。ハクチョウたちは、何か所かでまとまって採餌しています。落穂ひろいをしているようなコハクチョウたち11月28日顔を上げると、お腹や嘴が泥んこになっていて大変そうですね。ハクチョウの群れの中に、マガンが1羽入っていました。11月9日に見た2羽のマガンとは、お腹の模様も違うので別個体です。首を伸ばして、警戒している様子ですあと2回続きますハクチョウとマガン

  • カイツブリ

    一週間ほど前、公園でカイツブリを撮りました。ふわふわの冬羽が暖かそうですね。2羽見ました。こちらへ向かって、鳴きながら元気よく走ってきます。手前のもう1羽と一緒に遊びたかったのかな。頬に赤味が残っているのがお母さんで、上の元気な子と親子だったのかも?この後、お母さん?は草に隠れて羽繕いしていました。大きな水かきでカキカキしています。カイツブリ

  • キアシシギ

    久しぶりに海岸へ行って見ました。キアシシギが1羽、波打ち際で餌を探して歩いています。何か捕まえました!カニのようです。捕らえたカニを振り回したりして、てこずっているようでしたが。お腹に入ったようです。キアシシギは、食事に夢中で、散歩の方が近くを通っても逃げませんでした。早く南へ行かなくていいのかな?キアシシギ

  • チョウゲンボウ タヒバリ

    いつも見かけるチョウゲンボウだと思います。特に動きはなかったのですが、片足立ちポーズで、足指を丸めてグーを見せてくれました。^^別の日、タヒバリが居ないかなと思って見ていると、田んぼから3羽飛んで来て電線に止まりましたが、逆光ではっきりせず残念。キセキレイ科/L16cmチョウゲンボウタヒバリ

  • 晴れた日のハクチョウたち

    少し前のですが、毛勝三山に雪が積もって清々しい光景でした。田んぼの畦道で、オオハクチョウの二家族が一緒にくつろいでいました。こちらは、コハクチョウです。揃って合唱?朝の挨拶かな。タゲリの群れも飛んでいました。晴れた日のハクチョウたち

  • ツグミなど

    一昨日の朝、自宅前の電線に冬鳥のツグミが止まっていました。もうやって来たんですね。ここの所、良いお天気が続いていて、朝はお月様がよく見えます。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~先日、市内の川の電柱で見かけたイソヒヨドリ♂も一緒に入れました。ツグミなど

  • モズとハヤブサ

    河原の木の天辺で、モズが時々鳴き声を出しながら風に揺られていました。それから、農道を通ると、電柱に止まってまったりしているハヤブサがいました。第一回冬期かな。雨がポッポッ落ちて来たので、ハヤブサとさよならしました。モズとハヤブサ

  • カンムリカイツブリ

    カンムリカイツブリが、10羽くらい越冬地に集まっていました。皆さんのんびりお昼寝中でしたが、この1羽だけ起きて動いていました。大きな足を伸ばして見せてくれましたよ。^^ジョウビタキ♀が飛んで来ましたが、セイタカアワダチソウのカーテン越しになってしまいました。(>_<)カンムリカイツブリ

  • マガン

    ハクチョウの群れに2羽のマガンが入っていました。今季初見でラッキーでした。マガンは、稲か草の根を啄んでいるようです。マガンが畦道で採食している時、大きなハクチョウが歩いて来ると、マガンは素早く場所を譲って避けていました。ヨチヨチ歩くしぐさも、可愛らしいマガンでした。^^マガン

  • コハクチョウとオオハクチヨウ

    ハクチョウたちの餌場に、ハクチョウの数が増えていました。最初に見た5羽のコハクチョウが、稲の根を食べています。別の場所には、オオハクチヨウとコハクチョウ合わせて70羽以上の群れがいました。幼鳥を連れたオオハクチヨウ親鳥が誇らしげに見えます。幼鳥は、灰色で可愛らしいです。初めての長旅を頑張って飛んで来て、偉いと思います。コ−コ−と鳴き声も賑やかこちらに向かって、飛んで来ました。このあと登場したマガンは次に、コハクチョウとオオハクチヨウ

  • 紅葉 皆既月食

    週始め、丘陵公園の紅葉を少し撮りました。ハナミズキケヤキセンダンの実11月8日の皆既月食家からは建物の影になって見えないので、団地の入り口まで歩いて出て見ました。午後7時50分ごろ南の方角に明るい月は木星かな。お散歩カメラですが。紅葉皆既月食

  • ノスリとダイサギ

    少し前のですが、川の上にいるノスリを見ているとき、手前にダイサギが飛んで来ました。ノスリもダイサギを見ています。ダイサギが降りた川には、睨みを利かしたアオサギがいました。(怖い顔)アオサギは縄張り意識が強いようで、少し離れた所に降りたダイサギを追い払いました。必死で逃げるダイサギ尾羽に噛みつきました同じ個体かな?こちらへ向かってダイサギが飛んで来ましたが、逆光で残念。帰り道で、チョウゲンボウキジバトも見ました。ノスリとダイサギ

  • ジョウビタキ♀ 庭の花

    先週10月31日、朝方外へ出ると近所の電線にジョウビタキの♂が飛んで来たのを見ました。昼頃には、家の前の電線からも鳴き声が聞こえ来て、見ると今度は♀のジョウビタキでした。急いでカメラを持って戻ると、一時ですが、庭へも飛んで来てくれました。同じ日に♂♀両方を、今季初見でラッキーなことでした。庭の花食用菊がたくさん咲きました。シュウメイギクも長く咲いていました。キチジョウソウも咲きました。ジョウビタキ♀庭の花

  • チョウゲンボウ

    田んぼを見てきた帰り道で、チョウゲンボウに出会いました。前側から見ることはあまりないので、バシャバシャたくさん撮ってしまいました。温かいパンツを履いているような太い腿がかわいいです。^^チョウゲンボウ

  • ケリ

    前回の田んぼの続きです。久しぶりにケリと出会いました。チドリ科L36cm1羽だけで、歩きながらさかんに土を突いて餌を探していました。赤い目が印象的^^足を上げて、伸びをしました。ケリ

  • ノスリの狩り コハクチョウ飛来

    ノスリが、田園へ戻って来ました。ポールの上から、何か獲物を狙っているようです。ビューンと飛んで、狩りは、失敗だったのかな??今度は、上手く捕らえられるといいですね。コハクチョウの家族が5羽、田んぼへ到着して休んでいました。おかえりなさい。苦労が多い長旅で、さぞかし疲れたことでしょう。ゆっくり羽を休めて体を癒してくださいね。コーコーと元気な鳴き声が聴かれるのが楽しみです。ノスリの狩りコハクチョウ飛来

  • シジュウカラとメジロ

    少し前のですが、丘陵で撮ったシジュウカラです。黒い頭に、背中のグラデーションがお洒落ですね。仲良しのメジロ公園のガマズミが赤く色づいて、ツワブキが咲き始めました。立山は雪を被って真っ白です。県内にコハクチョウ飛来のニュースも聞かれました。10月27日シジュウカラとメジロ

  • 花のホトトギス

    先日、園芸種ですが植物園の林の中に咲いているホトトギスを見てきました。名前の由来は、鳥のホトトギスの胸の班模様に似ていることから。ホシホウジャクが、長い口吻を使って忙しそうに蜜を吸っています。明るい場所では、シオンの花に吸蜜するツマグロヒョウモンがいました。池では、ホシハジロの群れが飛来して、くつろいでいます。カルガモファミリーの中に、カルガモとマガモの交雑種が入っていました。お母さんはカルガモで、お父さんがマガモなんですね。花のホトトギス

  • キセキレイと昆虫

    畑の前の道へキセキレイが立ち寄ったのを見るのは、初めてかも。お尻をピョコピョコ動かして歩く姿が可愛らしかったです。親子か兄弟か?この後2羽で飛んで行きました。道沿いを流れる小川の土手に、ミゾソバがたくさん咲いていました。きれいなツバメシジミ♂が見られました。タテハチョウの仲間キアゲハかな。よく見るモンシロチョウこちらは、シジミチョウくらいの小ささなチョウに見えたのですが、これもモンシロチョウかなあ?ウラナミシジミがたくさん飛んでいます。ウラナミシジミ♂♀キチヨウアキアカネツリフネソウもまだたくさん咲いていて楽しめました。ツリフネソウに吸蜜するホシホウジャクキセキレイと昆虫

  • キビタキとオオルリ

    前回のカラスザンシヨウの木で、キビタキとオオルリのメスが撮れました。きれいなオスには会えなかったけれど、お別れ前に夏鳥に出会えて良かったです。写真はイマイチキビタキ♀オオルリ♀少し手前の木に飛んで来てくれたのですが、暗かったです。^^;キビタキとオオルリ

  • エゾビタキとコサメビタキ

    丘陵にエゾビタキが入っていると聞いて、少し早い時間に行ってみました。エゾビタキは、主に秋に通過する旅鳥で、胸の縦班がはっきりしています。影になってしまいましたが、エゾビタキが見られて良かったです。こちらは、コサメビタキです。カラスザンショウの実に、色々な小鳥が集まります。この子は、オオルリ♀かな。メジロの群もやって来ました。ビュンビュン飛んで行きます。アカタテハが、アスファルトの上で体温調節のよう。続きはまたエゾビタキとコサメビタキ

  • コサメビタキなど

    今週始めに、丘陵の山頂周辺を散策しました。コサメビタキがいましたが、夕方近くでボケボケ写真になってしまいました。コゲラシジュウカラ柿をパクついているヒヨドリもいました。コサメビタキなど

  • チョウゲンボウ

    先日農道を通ると、電線に止まっているチョウゲンボウ♂がいました。稲刈りが終った田んぼで餌を探しているようです。飛び出したと思ったら、あっという間に遠くへ飛んで行ってしまいました。セイタカアワダチソウに吸蜜するモンキチヨウチョウゲンボウ

  • 秋桜

    近所のサイクリングロードのコスモスが見頃になりました。風に揺れるコスモスが風情があります。道沿いに300mほど続いています。千日紅に吸蜜するウラナミシジミアキノノゲシも咲いています。秋桜

  • イカル キツリフネ

    先週のこと、木の実を目当てにイカルの群れが公園へ来ていました。前から見ると数が増えたようです。ケヤキの木でお食事中のイカルにヒヨドリが威嚇?ヒヨドリの甲高い声に、勇敢なイカルが1羽立ち上がって、ヒヨドリとにらめっこになってしまいました。いつもうるさいヒヨドリ嘴にごはんをつけています。エノキの実を、夢中で食べるイカル。公園の隅も草刈りがなされたおかげで、雑草に負けてしまったキツリフネが、今年は復活して、嬉しいことでした。イカルキツリフネ

  • モズの高鳴き ホオジロ

    10月に入って、モズの高鳴きを今季初めて聞きました。モズの声に秋の深まりを感じます。モズは、鳴き声が遠くまで届くようにと、背を伸ばして、喉を膨らませている姿が可愛らしいです。モズを撮っていた時、足元から飛び出したのはホオジロでした。何か昆虫を捕まえたようです。畑の周辺では、真っ赤になったアキアカネが増えてきました。ノシメトンボのようモズの高鳴きホオジロ

  • ニュウナイスズメ

    先日、晴れた日に少し山手の方へ行ってみました。秋に会えるニュウナイスズメです。ニュウナイスズメは、電線の込み入ったところに隠れている、虫を見つけたようです。上が♀で下が♂換羽中と日差しが強すぎてボケボケになってしまいました。今年も出会えたニュウナイスズメでした。ニュウナイスズメ

  • ツリフネソウとホシホウジャクなど

    畑の前の小川では、ツリフネソウが見頃です。花は、舟を吊り下げたような形で、距の先端がくるりと巻いて可愛らしいです。花には、いろいろな昆虫が集まってきました。ホシホウジャクオオカマキリウラナミシジミも増えました。ヒカゲチョウモズもやって来ました。ツリフネソウとホシホウジャクなど

  • コシアカツバメ

    9月29日朝6時半ごろのこと、玄関から外へ出ると、お隣の家の上空にコシアカツバメの群れが飛んでいました。急いで家に入ってカメラを持って戻った時には、もう南へ向かって飛んで行く所でした。今年も通って行ってくれたんだね~小さいレンズで写真は残念でしたが、見送りが出来て良かったです。数年前には2年続けて、我が家の前の電線に立ち寄ってくれたことがありました。懐かしかったです。2016/8/23コシアカツバメ2015/9/22コシアカツバメ庭で、イヌサフラン(コルチカム)が咲きました。コシアカツバメ

  • コサメビタキ

    雨が降り出しそうな暗い日でしたが、公園に秋の渡り前に立ち寄ったコサメビタキが数羽入っていました。枝を飛び上がるとまた枝に戻つて来る、フライングキャッチで虫を狙っていました。前回は遠くからでしたが、この時は少し近くへ来てくれました。大きな目が可愛らしいです。ヒタキ科/L13cm幼鳥っぽい子もいました。彼岸花が、まだまだ見頃と咲いていました。彼岸花に吸蜜するクロアゲハモンキアゲハコサメビタキ

  • 公園で見かけた小鳥たち

    山柿が熟すと、目ざとくやって来るのがメジロですね。ヤマガラは、地面を歩いて餌さがしです。幼鳥のようなホオジロモズもやって来ました。遠すぎましたが、コサメビタキが高い枝に止まっていました。公園で見かけた小鳥たち

  • コムラサキほか

    先日植物園へ出かけると、池にカモ類が次々と到着していました。キンクロハジロ、ホシハジロ、ハシビロガモ、コガモなど。ハシビロガモ渡って来たばかりの頃は、地味なエクリプスです。ヤナギの木で、コムラサキを見つけました。下の方に、白く写っているのが卵です。秋になると、翅が痛んだものが多いようです。ムラサキ色が出ると良かったのですが。シオンとアオスジアゲハ台風が去った後、久しぶりに秋らしい青空が見られました。パンパスグラス彼岸花カリガネソウミズアオイ青い花を見ていると気持ちが安らぐようです。コムラサキほか

  • キセキレイ ミヤマアカネ

    先日公園で、キセキレイを見かけました。涼しくなると低地へ下りてきたようです。若い子かな。ツマグロヒョウモン♂♀9月に入っても、♂が♀を追いかけていました。ノゲイトウの花壇で、♀はゆっくり吸蜜したいようです。表の翅と裏の翅が撮れました。ミヤマアカネも、見られました。アカネの仲間では、一番好きなとんぼです。キセキレイミヤマアカネ

  • ウシガエル幼体

    イカルを見た日、ガマが生える池で、尾の付いたウシガエルの幼体を見ました。成体になるまで1年かかるので、このまま来春まで越冬するようです。ウシガエルは、無尾目アカガエル科アメリカアカガエル属に分類される蛙。アメリカから食用として持ち込まれたものが、全国に分布。ウイキペディアよりすでに尾が取れたものもいます。大きなものでは15~20cmにもるそうです。ウシガエル幼体

  • イカル

    久しぶりに鳥を見かけました。^^木の実が生る頃には、平地の公園でも見られるイカルアトリ科L23cm黄色の大きな嘴が印象的です。エノキの実を夢中で啄んでいました。ホオジロ♂が、水浴びに来ました。昨日、免許の高齢者講習を受講しました。視力検査、認知症検査も通りましたが、前回より動体視力が衰えたようです。終わった後で、一緒に受講した方と、あと何回?出来るのかなと話しました。^^;イカル

  • オオカマキリほか

    家のゴーヤに、オオカマキリがやって来てビックリΣ(゚Д゚)前に、オオカマキリが壁に産み付けた卵から100匹以上のカマキリの赤ちゃんがゾロゾロ連なって出て来たことを思い出しました。3日もすると3~4匹になり、その後何処へ行ったのかみんないなくなってしまいました。トンボの池で、ヒシの花が咲いていました。ショウジョウトンボの♂♀が協力して、水面に産卵しています。ギンヤンマの♂と♀ヒシの根本に産卵中です。マユタテアカネ顔に眉のような模様があります。お腹の赤色が鮮やかイトトンボの仲間も見かけました。オオカマキリほか

  • ツユクサとヒメウラナミジャノメ

    近くの河原で群生している、ツユクサの花が見事でした。頭が大きく見える可愛らしい花ですね。ヒラタアブの仲間ツユクサの花を訪れ、蜜や花粉を舐めていました。ヒメウラナミジャノメ開張33~40mm翅の裏側に細かい波形の模様があります。表翅は、目玉模様が映える薄茶色の翅?ツユクサとヒメウラナミジャノメ

  • カラ類など

    近くの公園へ行って見ると、カラ類が戻って来て賑やかでした。まだ日中は暑いですが、木陰に入ると涼しい風が吹いて秋の趣を感じます。ヤマガラシジュウカラタテハチョウの仲間ヒメアカタテハがノゲイトウに吸蜜オオウラギンスジヒョウモン♀ムラサキシキブの実ヌスビトハギカラ類など

  • ホウロクシギとチュウシャクシギ

    何かいないかなと思って海岸へ行って見ると、なんとホウロクシギがいました。初めて見る大きなシギにテンションが上がりました。^^シギ科/L63cm岩の隙間を突いていましたが、何か食べ物があるのかな?左のチュウシャクシギが小さく見えます。チュウシャクシギシギ科/42cm黄色と緑の標識と足輪を付けたチュウシャクシギでした。浜の植物ウンランが咲き始めていました。ホウロクシギとチュウシャクシギ

  • トウネンとイソヒヨドリ♂

    先日海岸にて、波打ち際で休息するトウネン羽繕いとお食事する様子を撮りました。この時は、5~6羽の群れでいました。念入りに羽繕いをするトウネン仲良くお食事タイムです。波が押し寄せると、急いで戻って来ます。浜辺を忙しく走り回ります。イソヒヨドリ♂も見かけました。白い班があるので若い子ですね。水鉢に、涼しげな色合いのホテイアオイの花が咲きました。トウネンとイソヒヨドリ♂

  • 花に集まる昆虫

    8月下旬頃植物園にて、お花にいろいろな昆虫が訪れていました。ナミアゲハイチモンジセセリ翅を広げて止まる、オオチャバネセセリジャコウアゲハ♂ツマグロヒョウモンメスリスアカネ♂翅の模様が、ノシメトンボのメスにも似ているので、ネットで検索して確認しました。始めて撮れたリスアカネでした。羽化して間もないキイトトンボアベリアの花に訪れるオオスカシバコブシの赤い実にも季節の移ろいを感じます。花に集まる昆虫

  • オオスカシバ

    ヤナギランの花に吸蜜する、オオスカシバを撮りました。スズメガ科オオスカシバは、名前の通り翅が透けていて、蜂に似た蛾です。ホバリングしながら長い口吻で蜜を吸います。ずんぐりした体型もなんかかわいい感じがします。^^オオスカシバ

  • 海岸の鳥

    岩場の上で、イソシギがまったりしていました。羽繕いをした後、おすわりしました。若い子かな。^^他に、イソヒヨドリを数羽見かけました。幼鳥と親鳥のようでした。ダイサギの飛翔チュウサギとコサギが一緒に入っている、アマサギの群れ海にいるアマサギを始めて見ました。ハマゴウ海岸の鳥

  • トウネン

    涼しい浜風が心地よい海岸で、トウネンに出会いました。チドリ目シギ科オバシギ属に分類される鳥類の一種全長15cm春と秋の渡りの頃に海岸など見られます。夏羽の名残が少し見えるような、岩の上で休息していた愛想よしのトウネンでした。カワイイ〜ハマニガナ雨が降り朝夕少し過ごしやすくなりました。ただ体力的にも、これから週1投稿を目標に?と考えてぃます。宜しくお願いします。トウネン

  • オミナエシなど

    少し日が過ぎてしまいましたが、8月6日に植物園で撮った写真をUPしました。もうオミナエシの花が咲いていました。オミナエシに吸蜜するツマグロヒョウモン♂キキョウシモツケマツムシソウ木陰を探しなが、お花見を楽しむことが出来ました。ニガナとモンシロチョウベニシジミこの日は、オオオニバスに乗っでみようのイベントが開催されていました。体重30キロまでの子供さんが乗っても大丈夫とか。カルガモがちゃっかり、試し乗り?池の近くから聞こえて来る、カッコウの済んだ鳴き声に涼を感じました。カメラで追いかけたのですが、写真に撮れず。前に撮ったものを入れました。オミナエシなど

  • 親から技を伝授?

    バンの若い子を見ていると、急にこちらへ向かって走って来てビックリ!そして、勢いよく草に駆け上がります。体の重みで、パタッと草を倒して、足場にするようです。周囲も踏み固めるようにして、安定した所でしばらく休息をしていました。きっと親から習ったことを、しっかり身に付けて実行しているんですね。親と離れて独り立ちしたようです。カルガモと一緒にアオサギの日光浴親から技を伝授?

  • バンの若鳥

    雨が上がると、待ちかねてたかのように食事に出て来たバンの若い子がいました。今年生まれた子だと思いますが、もう立派な若鳥に成長しています。食事が終わると、今度は草を踏みつけています。何をするのかな?と思ったら、倒した草の上に乗って、水浴びを始めました。続きます。バンの若鳥

  • 納涼花火

    3年ぶりに、神通川で納涼花火大会が開催されました。富山大空襲の犠牲者への鎮魂と平和への祈りを込めて昭和22年から始まり毎年8月1日に開催される花火大会近所の川の側から眺めました。畑のプラムがたくさん採れたので、ジャムを作りました。砂糖を少なめにして美味しく出来たので、息子の家にも分けました。カルガモの若鳥3兄弟納涼花火

  • カラスウリ他

    以前鳥友さんに聞いたのを思い出し、散歩中に見かけたカラスウリの蕾を少し摘んで持ち帰り、花瓶に挿しておいたら、夜の8時頃に花が咲きました、初めて間近で見たカラスウリの花は、花を縁取っているレ−スが思ったより繊細て弱い感じがする不思議な花でした。7月中に撮った写真から、セスジイトトンボ♀かなシオカラトンボ♀ゼンテイカ植物園の、ハゲイトウが印象的でした。カラスウリ他

  • コムクドリ

    近くの公園に、コムクドリの群れが飛んで来ました。7月27日木から木へビュンビュン飛んで移動して行くのですが、少し撮れたのでUPしました。いつも見かけるのは秋ごろと思ってたので、今年は会えるのが早かったです。コムクドリ♂♀この子は、大きな虫をゲットしました。スズメガの幼虫かな?カラスウリの咲き終った花レ−スのような縁が特徴の花が夜に咲いて、朝には萎んてしまいます。小さな蕾をたくさん付けていました。コムクドリ

  • ウラギンシジミ♀

    最近畑の近くで撮った画像からウラギンシジミ♀裏翅が銀色のシジミチョウ、翅を広げた時の♂の赤い色は、ハッとするくらい鮮やかですが、♀の表翅もシックでいいなあと思います。オオシロカラトンボがたくさんいます。山側の竹林が整備されたあと、絶えてしまったと思っていたキツリフネがまた見られて嬉しい。オトギリソウヒメヒオウギアヤメ濃いオレンジ色の花が目立ちます。カラスアゲハ植物園の展示植物涼しげな色合いの、熱帯スイレンに涼を感じました。暑さで体力がなく、しばらく休もうと思います。(__;)ウラギンシジミ♀

  • カイツブリ親子その後

    最初に生まれたカイツブリの赤ちゃんを見てから1週間ほど経ちました。そのあと何羽かヒナが生まれてるようです。先に生まれた子もお母さんの背中に乗ろうとしています。うまく入れたようです。カイツブリのお母さん、肝っ玉母さんのようですね。ハーブに吸蜜するキアゲハ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~少し前のですが、公園で見たカイツブリの親子も一緒に入れました。こちらのヒナはだいぶ大きく成長しています。この頃になると、親鳥はヒナに餌を与えなくなり自分で餌を捕るように促しますね。お腹が空いてしょんぼりしているカイツブリのヒナお母さんは知らんぷり?お父さんが、広い場所へ誘いますが、ヒナは戻って来てしまいました。一人っ子で甘えん坊なのかな?しっかり一人立ち出来るように、頑張って泳ぎ...カイツブリ親子その後

  • イソシギ

    穏やかな海岸に、食事をするイソシギがいました。最初は2羽でいたのが、ヒトの気配で1羽が素早く飛んでしまいました。このイソシギは安全と思ったようで、残って食事を続けました。おしりフリフリダンス?海にもいるカワウイソシギ

  • カイツブリの親子 キイトトンボ

    翌日雨が上がったあとに見てきた、池のカイツブリ親子です。親鳥は巣の近くでじっとしていました。ヒナはどうしたかな?と思って見ると、パパとママの間から元気に頭を出していました。もう水の中に入れるようです。この日は2羽のヒナが確認出来ました。キイトンボお腹の黄色が鮮やかなイトトンボです38㎜カイツブリの親子キイトトンボ

  • カイツブリ夫婦に赤ちゃん誕生

    先週UPしたカイツブリの巣に、雛が生まれてました。^^岸の近くで、お父さんが何か獲物を捕らえました。大きなギンヤンマです。お母さんが待っている巣へ届けるようです。少し近づいて見ると、カイツブリのお母さんが赤ちゃんをおんぶしています。無事にヒナが誕生したようです。ヨカッタヨカッタ!カイツブリ夫婦に赤ちゃん誕生

  • 庭の生き物

    庭の草取りをすると、隠れていたカナヘビがチョロチョロ出てきました。上と別のカナヘビ今年は、ハグロトンボが多いので撮って見ました。翅を閉じたり広げたりしています。♀♂は、腹部の緑色の光沢がきれいです。カノコガ玄関のドアに付いてたんですが、翌日には亡くなってました。庭の生き物

  • カワラヒワの幼鳥

    公園の水辺に集まるカワラヒワ左の成鳥と一緒にいるのが、今年生まれた幼鳥たちです。幼鳥は、胸からお腹にかけて灰色の縦班があります。暑いねえと、話してるのかな?スズメも常連ですキアゲハカワラヒワの幼鳥

  • カイツブリの巣ほか

    睡蓮の池で、カイツブリの巣が完成し、抱卵に入ったようです。木陰がない場所では、暑そうで大変そうですね。池に映ったハスと真っ赤なショウジョウトンボがきれいでした。白い粉を吹いたような、コフキトンボチョウトンボもたくさん飛んでいます。林に、ヤマユリが優雅に咲いて癒やされました。^^ベニスジヤマユリも一緒に咲いています。6月中旬頃に撮って、画像ホルダーに入れたままになっていたカイツブリとバンも一緒に入れました。アサザの花が咲いていました。バンカイツブリの巣ほか

  • ホオジロ♂

    前回コアジサシを見た日、河原の歩道にホオジロ雄が虫を銜えて立っていました。最初はヒナに餌を与えるお父さんかな?と思ったのですが、巣立ちしたヒナの姿はありませんでした。このあと、来た道を引き返しました。ホオジロくんは、虫をちゃんと届けられたかな〜ホオジロ♂

  • コアジサシ

    市内の川にて、今季初のコアジサシに会えました。コアジサシは、川へ飛び込んで魚を捕らえるのが得意ですが、この日は前日大雨が降った影響で川が濁っていました。魚が見つけ難いようで、コアジサシは苦労していました。ホバリング何処かで子育てをしているのかもしれないので、この後、魚をたくさんゲットしているとよいと思いました。コアジサシ

  • チョウトンボ

    先日、植物園の池にチョウトンが飛んでいました。チョウトンボは、蝶のようにひらひら飛び、光の具合で翅の光沢がきれいです。水面に卵を産み付けています。コフキトンボ半夏生ドクダミ科の多年草暑さでへたっているようです。チョウトンボ

  • アマサギ親子

    連日の猛暑で、子育て中のサギたちも大変そうです。コロニーでは、すでにアマサギの巣立ちした幼鳥もいました。2羽は親子のようです。こちらはアマサギのファミリー、巣には小さなヒナの姿が見えます。コサギのヒナたちは、だいぶ大きく育っていました。嘴の黒いのが親鳥です。コサギの首はこんなによく伸びるんですね~コサギの巣のすぐ上には、アマサギの巣があって、お父さんとお母さんの間に生まれて間もないヒナが見えます。お父さんが、ヒナを強い日差しから守っているんですね。みんな無事にすくすく育って欲しいですね。アマサギ親子

  • 近所の紫陽花

    朝の涼しい時間に近所のサイクリングロードを散歩して、紫陽花を撮りました。いろいろな種類の花が咲いて、目を楽しませてくれました。アカネが花の上で、休んでいます。昨日は、最高気温36℃で、6月の観測では始めての記録とのこと、暑い日はこまめに分補給をして、熱中症に気を付けたいですね。近所の紫陽花

  • ナミアゲハ

    家の花壇のテッポウユリに、ナミアゲハが止まっていました。風に揺られながらも、花弁の先にしっかり掴まっています。翅が痛んで弱々しく見えますが、しばらく休むと元気になったのかな?そのうちいなくなりました。何度か羽を開いたり閉じたりしていました。こちらは公園のナミアゲハです。翅が痛んでなくきれいです。ホタルブクロ終わりかけですが、白色も咲いていました。シャクガの仲間?ナミアゲハ

  • カイツブリの食事

    ヒシの池にトンボがたくさん飛んでいます。トンボは、カイツブリの餌になるようです。あ、丸ごと呑み込みました。少し離れた所にいたカイツブリ、上とは別個体だと思います。ブルブルっと、体を揺すりました。池の周りに植えてある紫陽花に、イトトンボがたくさんいます。色付き始めた紫陽花がきれいでした。カイツブリの食事

  • オオヨシキリとホオジロ

    前回のヒクイナの所で撮った、オオヨシキリとホオジロです。どちらも縄張りの見張りかな?大きな口を開けてさかんに囀っていました。オオヨシキリホオジロオオヨシキリとホオジロ

  • ヒクイナ

    今年も来ていると聞いて、珍しいヒクイナに会うことが出来ました。着いたら、運よく見やすい場所に出ていてラッキー!走るのが早いのにもビックリ。上品な緋色が美しいヒクイナです。2羽いたので、この個体は走って行った子を呼んでたのかな?赤い足がきれい。それから水を飲んで、少し近くへ歩いて来ました。ゆっくり羽繕いもして、楽しませてくれました。ヒクイナ

  • バンの羽繕いなど

    バンは、スイレンの葉の上を器用に歩いていました。太く、しっかりした足をしていますね。黄緑色の足も睡蓮の色に同化しているようです。新芽を嘴で突いた後、開いた葉に食痕の跡が残っているのにも活動の様子が感じられました。バンは、葉の上でまったりして、さかんに羽繕いをしています。カシワバアジサイ6月14日、北陸地方が梅雨入りしたとみられると発表がありました。梅雨に紫陽花が似合いますね。バンの羽繕いなど

  • バン♂♀

    池で、久しぶりにバンに出会えました。バンは、嘴の先端の黄色と赤い額版が鮮やかです。なんと、もう一羽が近づいて来てカップルになり、仲良しの様子を見せてくれました。バンは♂♀同色ですが、しぐさから後から付いているのが雄だと思います。たくさん撮ったので、次回続きます。バン♂♀

  • キセキレイ コサギ

    5月上旬頃のですが、山手の方で見かけたキセキレイ♂です。外灯が付いた構造物の上で、尾羽をピョコピョコ振りながら美しい声で囀っていました。夏羽成鳥のコサギ、後頭に2本の冠羽と目先にほんのり赤味がありますね。飛び出した時は、足もピンク色で、お洒落だなあと思いました。Σ(゚Д゚)足が黄色の冬羽のコサギと、雰囲気が違いますね。キセキレイコサギ

  • 昆虫と庭の植物など

    モンシロチョウ畑の側の小川に、オニヤンマ♂が増えてきました。最近撮った、庭の植物もUPしました。ユキノシタシランニゲラ(クロタネソウ)八重のドクダミ白い部分が苞(総苞片)、葉から苞へ進化した名残を感じる緑色が混じったものも見られます。普通のドクダミ名前の由来は、毒や痛みに効くことから「毒痛み」と言われている。小さなテントウムシを見つけました。近所のフラワーロードでは、今年はポピーが咲いて華やかです。昆虫と庭の植物など

  • ツバメの巣立ち雛

    近所の畑で、巣立って間もないツバメのヒナに、親鳥がせっせと餌を運んでいました。ヒナたちは、4羽いました。みんな元気いっぱいのようです。ツバメの巣立ち雛

  • 水場に集まる小鳥たち

    暑い日は、小鳥さんたちには公園の水場が人気のようです。水を飲みに来た、シジュウカラスズメの幼鳥も来ました。大人(成鳥)の水浴びを見て、幼鳥も一緒に水浴びをします。スズメたちがいなくなると、カワラヒワの幼鳥がやって来ました。足だけ水に浸かっていますが、まだ水がこわごわのようです?オオシオカラトンボ♀を見ました。スイカズラ(キンギンカ)この時期あちこちに咲いていますね。水場に集まる小鳥たち

  • ヒバリとキジ

    ヒバリ♂少し前のですが、河原でヒバリを撮りました。首を伸ばしたり、走ってくる姿もユニークですね。揚げ雲雀が見れませんでしたが、地面の上で囀る様子が見れました。赤い肉だれが目立つ、国鳥のキジが足早に道を歩いて行きました。ヒバリとキジ

  • ホオジロ幼鳥 睡蓮

    公園の草地で、ホオジロの幼鳥を見かけました。巣立って間もないようですが、自分で餌を探していました。もう一羽いたので、親鳥が近くで見守っていたようです。安田城址のお堀で、水連が咲き始めていました。赤、白、ピンク色の花が水面に浮かぶように可愛らしく咲いていました。これから咲く、黄色の花も楽しみです。セスジイトトンボもいました。ホオジロ幼鳥睡蓮

  • サギ4種

    川の橋の下で、ゴイサギ成鳥が波消しブロックの上から餌を狙っていました。ゴイサギは夜行性ですが、子育て中は昼間でも餌を探している姿が見られますね。英名のNightHeron(夜のサギ)が名前の由来になっているようです。そこへ、別の個体が飛んで来て、先にいたゴイサギが餌場を譲ってしまいました。他にアオサギダイサギコサギそれぞれ餌とりに何度も挑戦していましたが、なかなか餌が捕らえらずいました。サギ4種

  • オオヨシキリほか

    河原にて、この日は、風が強い日でした。オオヨシキリの鳴き声が今が盛りと、あちこちから聞こえて来ます。オオヨシキリは、風に揺られながらも、枯れた葦に掴まって囀っていました。ホオアカ♂手前の草が被るので、どれもピンボケになってしまいました。カワラヒワが、好物のスイバの実を食べています。ジャコウアゲハ♂オオヨシキリほか

  • シロチドリ♂♀

    海岸の堤防に座っていると、浜風が涼しく心地よかったです。チュウシャクシギの群れは、もう行ってしまったようです。浜辺でシロチドリのペアを見かけました。シロチの女の子は、優しい顔をしていますね。オスはキリッとした感じ、警戒心が強かったです。これから何処かで、子育てを始めるのかな。浜辺に、カワラナデシコが咲いていました。ノイバラの、良い香りにも和みました。シロチドリ♂♀

  • ベニカミキリ

    前回の丘陵で、ミズキの花に集まるベニカミキリを撮りました。ニアミス?公園のヤマボウシにも、ベニカミキリが集まっていました。普通に見られる虫なんでしょうけれど、白地の花に赤い翅が目立っていました。畑の、ハラビロトンボも一緒に入れました。ウリハムシベニカミキリ

  • キビタキ

    先日、若葉が清々しい丘陵の道を歩いていると、キビタキが飛んで来て、小枝に止まってくれました。一時のことでしたが、キビタキくんとの嬉しい出会いでした。(^^)ヨメナ?が、可愛らしく咲いていました。キビタキ

  • 二ホンカワトンボ♂♀

    前回ノスリを見た日は、山沿いの小川で、ニホンカワトンボの♀を撮りました。赤い翅の♂はたくさんいますが、地味な♀は少ないです。二ホンカワトンボ♀二ホンカワトンボ♂こちらは、羽化したばかりです。ベニシジミ道端に咲いている、小さな花が可愛らしいです。雨に濡れたワスレナグサアカバナユウゲショウ二ホンカワトンボ♂♀

  • キジとノスリ

    畑の近くを縄張りにしているキジ♂が、食事中でした。時々鳴き声を上げるので、気づきます。そのうち、何かに警戒しているように見えました。それから、山側に向かって猛ダッシュで走り始めました。キジが藪に逃げ込むのと同時に、なんとノスリがふわっと飛び降りてびっくり!若いノスリだったのかな?よほどお腹が空いていたのでしょうか。それにしても体の大きなキジを狙うのは無理のような気がしました。この後奥の木へ移動したので、ここでさよならしました。これから涼しいお山へ移動するのでしょうか。5月14日のことでした。キジとノスリ

  • ミサゴの狩り

    前回の海岸では、上空でミサゴがホバリングをしていました。この後海に飛び込み、大きな魚をゲットしてすばやく上がってきました。大きな魚を掴んでいます。おっと、あぶない!安全な定位置で、ミサゴはゆっくり食事が出来たようです。さすがに、狩りの名手ですね。ミサゴの狩り

  • キアシシギとチュウシャクシギ

    先日海岸にて、波打ち際で餌を探すキアシシギを撮りました。波消しブロックの上で休息する、イソシギ、キアシシギ、チュウシャクシギチュウシャクシギの飛翔遠いですが、雰囲気だけでも撮って見ました。続きます。キアシシギとチュウシャクシギ

  • ホオアカ

    前回の河原では、ホオアカも確認出来ました。成鳥♂です。上とは別の個体です。ハマダイコンと一緒のショットが撮りたかったのですが、うまく行きませんでした。(><)ホオジロのつがいが、忙しそうに飛んで行きました。ホオアカ

  • オオヨシキリ

    河原に、オオヨシキリがやって来ました。ギョギョシギョギョシ・・・オオヨシキリの鳴き声を聞くと夏の始まりを感じます。桑の木のてっぺんが、オオヨシキリのソングポストです。クワの実を食べるコムクドリがいましたが、茂った葉に隠れて顔を見せてくれませんでした。オオヨシキリ

  • シギチいろいろ

    この日は、何か居ないかなと思って海岸へ出かけました。ちょっと遠いのが残念ですが、いろいろなシギチが見れて楽しめました。チュウシャクシギの中へ、キョウジョシギが飛んで来ました。チュウシャクシギと一緒に、お休みタイムです。キアシシギも数羽いました。オグロシギ?家に帰ってから写真の端っこに写っているのを見つけました。^^;尾羽が白い子も飛んで来ました。ダイゼンシギチいろいろ

  • 昆虫など

    畑の近くで見られる昆虫をupしました。二ホンカワトンボ♂(カワトンボ科)赤い翅が美しいトンボです。5月4日ホタルガもたくさん飛んでいます。シリアゲムシの仲間でしょうか。アカタテハキアゲハも、畑の中のカキドオシに吸蜜しています。薄紫色のヤマフジの花が、林縁を彩っています。昆虫など

  • ダイサギ チュウサギ アマサギ

    近所の田んぼで見かけた、ダイサギです。目先の緑色の婚姻色が美しいです。餌を探しながら、すまし顔で歩いていました。ご馳走が小さいと、たくさん食べないとお腹が満たされませんね。その後、チュウサギもやって来ました。アマサギの群も、来ました。ダイサギチュウサギアマサギ

  • サトザクラ(ウコン)など

    先週植物園にて、サトザクラが終わりかけでしたが、少しお花見が出来ました。サトザクラ(ウコン)ピンク色味を帯びていましたが、緑色が少し残っていました。4月29日サトザクラ(一葉)キクザクラも可愛らしいです。アオジ暗い日で葉に隠れてしまいましたが。別の日に、公園でもアオジを見かけました。今季は一度も出会いがなかったアオジですが、移動の前に見ることが出来て良かったです。モンシロチョウ、カワラヒワも恋の季節ですね。我が家の花壇で、ボタンの花が咲きました。サトザクラ(ウコン)など

  • キビタキ

    先日丘陵で出会えた、今季初のキビタキです。薄暗い場所でしたが、向きを変えてくれた時に喉のオレンジ色が美しかったです。(*´з`)キビタキ

  • クロサギの巣材集め イソシギ

    前回の海岸では、クロサギが巣材集めをしていました。近くで巣作りをするのかな?巣材にする枝を、海水で洗っていますイソシギもチョコチョコ歩いていました。若い子かな。クロサギの巣材集めイソシギ

  • チュウシャクシギ

    春の渡りで出会える、チュウシャクシギ今年もたくさんのチュウシャクシギに会えました。下向きに反った長い嘴がカッコいいです。(´▽`)ノチュウシャクシギセグロカモメハマエンドウハマダイコン他に見た鳥は次回に。チュウシャクシギ

  • 河原の鳥

    先日、堤防の上にいると、モズ♂が飛んできました。ここの河原では、この時季毎年見掛ける灰色味が強い個体です。右を見たり左を見たりしていました。川の中に、セグロカモメがたくさん集まっていました。大きなセグカモメに混じっている、小型のカモメが可愛らしいです。カモメ風が強く吹いて、強風に耐えているようなミサゴもいました。遠いですが。河原の鳥

  • シロハラ シメ

    前回のアトリが居た場所で、シロハラやシメたちの姿も見かけました。シロハラヒタキ科シメアトリ科シメの嘴も銀色の夏羽ですね。アケビの雌花シロハラシメ

  • 夏羽のアトリ

    丘陵地に、アトリがたくさん集まっていました。これから北へ帰る準備をしているのでしょう。頭部が真っ黒になった夏羽のアトリ♂がきれいです。食事に夢中なアトリたちでした。♂と♀♀夏羽のアトリ

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、kogamoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kogamoさん
ブログタイトル
森の散歩道2
フォロー
森の散歩道2

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用