searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

youさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す
ブログURL
https://bg8qp.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
元小学校教諭,発達支援スタッフ,目下年中男児育児中の筆者が,読み聞かせをした絵本を中心に,書籍の記録・紹介を行っています。
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2020/04/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、youさんをフォローしませんか?

ハンドル名
youさん
ブログタイトル
絵本ライブラリー 読む、残す、思い出す
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
フォロー
絵本ライブラリー   読む、残す、思い出す

youさんの新着記事

1件〜30件

  • いつか、きっと

    『いつか、きっと』 ティエリ・ルナン 文 オリヴィエ・タレック 絵 平岡 敦 訳 次男が産まれる少し前のこと。 「大人のための絵本よみやさん」の香さんが、再びお友だち限定で絵本の貸し出しをしているとのこと。 お願いしようかなぁ、でも、もしかしたらそろそろ産まれるかなぁ…と尻込みしていたら、なんと香さんから別件でお手紙が!封筒の中には、香さんの地元の安産祈願のお守りも…。 今思えば出産が近づいていたからなのか、心身ともに調子が落ち込んでいたのだけれど、お手紙を読んだら、もう、嬉しくて、嬉しくて…とにかくお願いしちゃおう!!と、お返事と同時に貸し出しをお願いし、香さんセレクトの3冊の絵本が、我が家…

  • おへそのひみつ

    『おへそのひみつ』 やぎゅうげんいちろう・さく おへそのひみつ! ピカピカごろごろ…かみなりさんがおへそを取りにやって来た! かみなりがおへそを取るって本当? 君たちのおなかにも、ちゃんとおへそは、ある? そもそもおへそって、何なのだろう…? この本には、お母さんと赤ちゃんをつなぐおへそのひみつが、元気いっぱいの子どもたちの声とともに、ユーモラスに描かれている。小学校2年生の生活科で自分の成長を振り返る学習をした時に紹介した本のうちの1冊。 私も子どもの頃読んだ気がするなぁ~と思っていたけれど、発行年を見たら、かがくのともに登場したのが1998年。その時点で私は小学校高学年。傑作集で出版された…

  • 【祝】生まれました!

    更新滞ってますが、じ、実は、、、 その間に第二子、産まれてました!! 早すぎーーー!!!!! 予定日は5月半ば過ぎ。早産にならないギリギリのラインを時間単位で攻めてきた次男氏。すごすぎるやろーー 退院し、家族で一緒にいられる時間の大切さを、今、じゅわじゅわに噛みしめております。 諸々、絵本とともに改めて更新していきたいと思います。 取り急ぎ、ご報告まで〜! 無事に産まれて本当によかった! おめでとう。ありがとう。

  • 【雑記】子ども読書の日2021

    本日、4月23日は「子ども読書の日」でした~! キッズたち、昔キッズだった貴方も、読書、楽しみましたか~~?? 「子ども読書の日」とは??…ぜひこちらの記事を読んでから、だうぞっっ! bg8qp.hatenablog.jp 今日から5月12日までの約3週間は「こどもの読書週間」。 去年はブログ書き始めたばっかりで、燃え上がって毎日記事書いたりしてたけど、今年は息子と読書を楽しみつつ、自分を追い込まずにのんべんだらりと楽しく過ごそうと思う。へへ~。 1年間読み聞かせとその記録をしてきて、何か変わったことがあったかなぁと思い返してみる。 うーむ、息子が自分でも絵本を読むことが増えてきたかも! まだ…

  • ぼくのばしょなのに

    『ぼくのばしょなのに』 刀根里衣 私の素敵なお友達、大人のための絵本よみやさんをしている香さん bg8qp.hatenablog.jp が、もうすぐお兄ちゃんになる息子のために読んであげて、とおすすめしてくださった1冊。 ペンギンのククーは、パパとママのお腹の下が大好き。パパがお魚を取りに行く時は、ママの下。ママがお魚を取りに行く時は、パパの下。 「ここは ぼくだけの たいせつなばしょ」(本文より) ところが、ある日、新しいたまごが生まれて、ぼくの場所が取られちゃった。 毛布にくるまっていじけたククーはまんまるたまごになって閉じこもってしまうのだけれど… …この本は、なんだか、もう、ギューって…

  • ベンのトランペット

    『ベンのトランペット』 R.イザドラ 作/絵 谷川俊太郎 訳 かっこいい表紙!! グレー地に銀と黒。人のフォルムが、構図が、めちゃくちゃかっこいい。 表紙を開くとギザギザの波。これはきっと、トランペットの音。 そして、なんじゃこりゃ…中の絵は、もっと、もっと、とてつもなく、かっこよかった…!!!! 夜、非常階段に座って向かいのジグザグ・ジャズ・クラブから聴こえてくる音楽に耳を澄ます少年ベンは、トランペットを吹いている。…と言っても、貧しくて本物のトランペットが買ってもらえないベンの手の中は空っぽ。それでも彼は、いつも音楽の中に心身を浸してトランペット「吹き続ける」のだけれど… あぁ、何を使って…

  • ふくろうくん

    『ふくろうくん』 アーノルド ローベル 作 三木 卓 訳 がまくんとかえるくんを楽しんでくれた息子。 bg8qp.hatenablog.jp 別のアーノルド・ローベル&三木卓作品も読んでみよう~!ということで、前に拝見したインタビューでもオススメされていた『ふくろうくん』を読んでみました。 絵本ナビのインタビューはこちら☟ www.ehonnavi.net 『ふくろうくん』に収録されているお話は全部で5編。 そのどれも、登場人物は、まさかの、ふくろうくん、オンリー! それなのに…すんごく笑える。笑 もうね、読めば読むほど、ふくろうくんという人は、情けなくて、かわいそうで、破滅的で、愛しい。読み…

  • ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ

    『ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ』 マーガレット・ワイズ・ブラウン/ 坪井郁美 ぶん 林明子 え まだ丸みの残るあどけない4頭身。それでいて精悍な眼差しでまっすぐこちらを見つめる男の子。 まくり上げたズボンの下は裸足。両手に靴を片っぽずつ、右手には野で摘んだ花も携えている。 なんて掴まれる表紙絵だろう。小さな体から放たれている、覚悟のようなもの。ちびっこボーイよ、かっこいいぞ。つい、手が伸びる。 この絵本は、マーガレット・ワイズ・ブラウン作 ”Willie’s Adventures” に収められた3編の短いお話の中の ”Willie’s Walk” をもとに創られたのだそうです。原作では、ウ…

  • 万次郎さんとたぬきのこ【こどものとも2021年5月号】

    『万次郎さんとたぬきのこ』 ぶん・本田いづみ え・北村 人 「こどものとも」5月号が届きました! 今月は横長だった!こっち向きもイイネ! 主人公の万次郎さんは、毎日早起きをして、種まきに水やり、草つみにたけのこほり…朝から晩まで働いている。 ある日、万次郎さんは草団子を作り、仕事の後に食べることにして出かけると、3匹の子だぬきたちに出会う。お昼寝から目覚め、お腹が空いたと泣き出してしまう子だぬきたち…万次郎さんは自分のお昼ご飯のおにぎりを差し出し、それでも足りないと騒ぐ子だぬきに、ふかし芋、大根汁をこさえてやり、とうとう草団子まで食べられてしまうのですが… あぁ…万次郎さんって、素敵。好き。い…

  • みんなあかちゃんだった

    『みんなあかちゃんだった』 鈴木まもる・作 赤ちゃんの誕生を楽しみにしている息子。 「ぼくがだっこしてあげるんだ!」 「ぼくのおもちゃ貸してあげるよ!」 「これが赤ちゃんのベッドだよ!」(←段ボール。) どうやら、楽しい妄想がどんどん膨らんでいるらしい。 可愛いなぁ、愛おしいなぁ、と、思う。と同時に、彼にとって、赤ちゃんって、本当に未知の存在なんだろうなぁ、と思う。 私があなたを産んだときだって、全てが未知の世界だったのだから、たった5歳のあなたにとって、赤ちゃんっていうのは、本当にわけのわからない、新生物なんだろう。 赤ちゃんがどんなものか、伝えられるような絵本は無いかなぁ…と思っていたら、…

  • きんのたまごのほん

    『きんのたまごのほん』 さく マーガレット・ワイズ・ブラウン やく わたなべ しげお え レナード・ワイスガード 先週の日曜日は、イースターでしたね。 イースターは、イエス・キリストの復活を祝うお祭りで、春分の日以降、最初の満月から数えて最初の日曜日、に行うらしい。それが、今年2021年は4月4日だったのだそう。 日本ではあまり馴染みのない文化ではあるけれど、息子の大好きなおさるのジョージでたまご探しをするお話が放送されていたり、私の大好きなEテレのグレーテルのかまどでイースターのお菓子が取り上げられていたり、お店屋さんにもイースターの飾りやお菓子が売っていたりと、イベントとしては何となく、年…

  • バルバルさんとおさるさん【こどものとも2021年4月号】

    『バルバルさんとおさるさん』 乾 栄里子 文 西村 敏雄 絵 「こどものとも」4月号です! バルバルさんシリーズ! まちのはずれにある、青いやねの小さな床屋さん「とこやバルバル」。 バルバルさんのお店には、人間のお客さんだけでなく、ときどき動物のお客さんもやってくる。 ある朝、バルバルさんが開店準備をしていると、おさるさんがやって来る。 お客さんだと思っていたら、いつの間にかエプロンをして、バルバルさんの仕事を手伝い始めるおさるさん。あまりに熱心なので、明日からも来てもらうことに。 さて、おさるさんがバルバルさんの床屋へやってきた理由とは…? 『バルバルさん』(福音館書店 2008年)は、前に…

  • よるのさかなやさん

    『よるのさかなやさん』 穂高順也・文 山口マオ・絵 ページを開けば、タイ・タコ・カニ・イカ・サンマ・ホタテ・ウニ… 「ここの さかなは、 いつも ピチピチ しんせんで まるで いきているみたい」(本文より) と、大評判の魚屋さん。 ところが、夜になって店じまいをすると…なんと、魚たちは”死んだふり”をやめて、ひょっこりひょこひょこ店を飛び出し、のびのび自由に遊び始めるのです…! お魚好きの息子。行きつけのスーパーの魚コーナーではいつも魚を覗いていく。 そういえば、少し前までは大きな声で「すごぉ~い!」とか「おっきいねぇ!!!」とか、ちょっと恥ずかしくなるようなオーバーリアクションで感動を表現し…

  • ふたりはともだち

    『ふたりはともだち』 アーノルド・ローベル 作 三木 卓 訳 教員時代に使用していた東京書籍の2年生の国語の教科書に、『お手紙』という教材文があった。子ども時代に勉強したなぁ、とか、お子さんの教科書に載ってるなぁ、とか、ご存知の方もたくさんいらっしゃるかもしれない。 登場するのは、緑色のかえるくんと、茶色いがまがえるのがまくん。ある日かえるくんががまくんの家にやって来ると、がまくんは悲しそうに玄関の前に座り、郵便受けに手紙が来るのを待っていた。なぜ手紙を待つことがそんなに悲しいのかというと…実はがまくん、一度も、誰からも、お手紙をもらったことが無かったのだ。それを聞いたかえるくんは、がまくんに…

  • かくしたのだあれ

    『かくしたのだあれ』 五味太郎さく 表紙には、わに、かに、にわとり、かまきり、あとは…これ、たぬき?レッサーパンダ?? 裏表紙には、きりん、さめ、かめ、くちばしの長い鳥。 1977年に発行されたこの絵本、奥付を見るとサブタイトルに≪どうぶつあれあれえほん≫と、ある。 あれあれ、というのは、どの辺が「あれあれ」なのだろうか。「あれあれ、何かおかしいぞ」のあれあれなのか。そもそもどうぶつあれあれえほん、というシリーズがあるのか。はたまたこの本そのものがどうぶつあれあれえほん、なのか… それにしては表紙における“どうぶつあれあれえほん”の表記があまりにもひっそりと、消極的なんだよなあ。 それでも、絵…

  • なぞなぞ【こどものとも2021年3月号】

    『なぞなぞ』 安野光雅 さく/え 「こどものとも という月刊誌が福音館書店から出ているようなんだけど〇〇くん(息子)に一年間プレゼントしようかな」 前に切手をくれた大好きな叔母 bg8qp.hatenablog.jp からの、嬉しすぎるひとこと! 我が家に「こどものとも」が、3月号から届くことになりました~!!わーーい!!ありがとう!!!!! 子どもの頃、幼稚園を通して母が注文してくれていた記憶があって、ブログを書くようになってからも、いいな、いいな、と思いながら、なんだかんだ購読しないまま過ごしてきてしまった「こどものとも」!!なんて最高のプレゼントでしょう…!〇〇ちゃん(叔母)、本当にあり…

  • なっとうぼうや

    『なっとうぼうや』 わたなべ あや ごめんやさ~い! bg8qp.hatenablog.jp の、わたなべあやさん。 お野菜たちもとってもかわいかったけれど、こっちは納豆かぁ~!と思うと、ニヤニヤしてしまう。 なんてったって、私は納豆が大好き。早い、安い、美味い。たんぱく質。最高。 息子も離乳食の頃から大好き。超きざみっていうのがそのまま使えて超便利だった! 最近では、Eテレのすイエんサーでやってた裏技(熱い汁ものに箸をつけると、納豆のネバネバ糸が切れやすい)を試しながら、昨日だって思いっきり髪の毛に納豆の糸をまとわせて納豆ご飯をかき込んでいた。 ちなみにめかぶもとろろもオクラもとにかくネバネ…

  • ぼくのトイレ

    『ぼくのトイレ』 鈴木のりたけ 出たぁ~~~!!!!『ぼくの』シリーーーズ!!! bg8qp.hatenablog.jp bg8qp.hatenablog.jp しかも、トイレ。笑 お子様って、お下品なのが好きよね。 女の子も、意外と好きよね。 お利口なちょっとお堅い女子とかが、結構、案外、好きだったりするよね。ウケるね。 いや、トイレ自体は全ての生き物たちの暮らしの必需品でありお下品でも何でもないんですけどっっっ でも、トイレ、なぜか、笑える。 もちろん息子はゲラゲラ笑いながら、楽しく本を手に取ってくれました。 いつものように、ふにゃふにゃトイレに、たかいトイレ、ルーレットイレ…楽しい妄想を…

  • たこやきようちえん

    『たこやきようちえん』 さいとう しのぶ 幼稚園が大好きな我が息子。“ようちえん”の文字に目を輝かせ、オマケにたこやきもモチロン大好き。というわけで「これ読みた~い!!」という彼のリクエストにて手に取ってみました。 表紙には、“たこやき”と書かれたちょうちん、ジュージュー鉄板で焼けている美味しそうなたこやき、そして、ハの字眉の優しそうなたこやき屋のおじさんと、かわいい6人(個?)のたこやきボーイズ&ガールズたち。 ニコニコ笑顔でたこやき屋さんの前を通る幼稚園の子どもたちの姿を見て、ちっちゃな6人のたこやきたちは歌い出す。 ♪いいなあ、いいなあ、ようちえんに いきたいなあ!(本文より) 「じゃあ…

  • うちにかえったガラゴ

    『うちにかえったガラゴ』 島田 ゆか 旅するかばんの屋のガラゴ。 bg8qp.hatenablog.jp そんなガラゴの、オフシーズンの、お話。 寒いのが苦手なガラゴが旅をするのは、暖かい季節だけ。 冷たい北風が吹いてくると、家に帰って、ぬくぬくと寒い冬をやり過ごす。 今年も寒い冬がやって来て、ガラゴは山を越え川を渡ってお家に到着。旅の疲れを癒してくれるあったか~いお風呂に入ろうとするのだけれど、どんどんお客さんがやってきて… いや~ん!やっぱりキュンキュン♡ ガラゴのお家の素敵なこと~!かわいくて楽しいインテリアにニヤニヤしてしまう。 しかも、さすがガラゴ。お風呂まで、かばん型。いろんなお風…

  • ナガナガくん

    『ナガナガくん』 シド・ホフ 作・絵/小船谷佐知子 訳 ナガナガくんは、犬。 ナガナガくんは、長い。 何が長いのかといえば… 胴がとてつもなくながーーーーーーい犬だったのです…! ダックスフントといえば胴長の犬種だけれど、ナガナガは、そんじょそこらのダックスフントとは違う。 あんまり長くて自分のしっぽは見えないし、角を曲がるときはおしりがついてきているかどうか分からない。犬小屋からはいつもはみ出しちゃうし、他の犬たちからは「ソーセージみたい」と笑われる。 でも、ナガナガは全然気にしない。体が長ければたくさんの子どもたちと遊べるし、飼い主のおばさんはナガナガをとても可愛がってくれるのだから。 と…

  • ももたろう

    今週のお題「鬼」 『ももたろう』 馬場のぼる 節分です! 立春・立夏・立秋・立冬の、それぞれの前の日が節分。本当は節分は年に4回あるけれど、豆まきをする立春の前の節分だけが今は有名になっているんだね~、という話を、去年ググって子どもたちにしたなぁ。その時は豆まきの絵本を読んだなぁ~。1年前かぁ~。遠いような、あっという間だったような。 豆まきするのは2月3日、というイメージだったけれど、今年は暦の関係で124年ぶりに立春の日が1日前倒しとなり、2月2日が節分になったのだそうです。スペシャルイヤー! さあ、世には鬼滅旋風が巻き起こっているけれど、仕事でも鬼滅のお面作って豆まき(という名のボール投…

  • ばばばあちゃんのおもちつき

    『ばばばあちゃんのおもちつき』 さとう わきこ・作 佐々木 志乃・協力 暑い夏に『ばばばあちゃんのアイス・パーティー』を読んだら、 bg8qp.hatenablog.jp 寒~い冬は、お餅パーティー!!! あっという間に1月も終わり。 今年は喪中ということもあって、飽きるほどお餅を食べる、ということはなかったけれど、やはり冬になるとお餅が食べたくなるものです。 …お餅ってさ、時間をかけたくない朝食にも結構活躍してくれるのよね!イマドキの個包装の切り餅は常温でも保存がきくので、パン買ってない!とか、ごはん足りない!とかいう朝にも、お餅を焼いたりチンしたりして、何も無い朝を喰いつなぐことができる!…

  • しりとり

    『しりとり』 安野光雅 さく/え 先日に引き続き、 bg8qp.hatenablog.jp またまた、安野光雅さんです。 こちらも、パラパラとめくっただけで、すぐにキュン。面白いしかけだぜぇぇぇ! この絵本は、全編、ひたすら、ページいっぱいにいろ~んな絵(と、言葉)が描いてある。 まず、読んでいる人は、はじめのページから1つ、好きな絵を選ぶ。 初めて読んだ時、このページの中から息子が選んだのは、“いわし” 次のページにもいろんな絵が。その中にある、”いわし”の“し”から始まる絵(言葉)を探してみると…あ!あった!“しか”だ! さぁ、ではでは、お次のページ。ふむふむ、“か”、“か”、“か”…あっ…

  • 10人のゆかいなひっこし

    『10人のゆかいなひっこし』 安野光雅 安野光雅さんの訃報が届きました。 ニュースで見て、「あれ…あの、素敵な地球の本を書いた人だ…!」というのが第一声。 bg8qp.hatenablog.jp と言うのも、不勉強な私は安野光雅作品をぜんぜん通ってこなかった。ちょっと前に幼馴染の友達がブログで子どもの頃読んだ絵本のことに触れていて、その中のお気に入りに安野光雅さんの作品もあったのだけれど、私は『まるいちきゅうのまるいちにち』を読んだ直後くらいだったから、へぇ~、やっぱり有名な人なんだぁ…と思った、というくらい、全然、彼のことを、知らなかった。 そこへ飛び込んできた訃報。絵本愛好家の方々のインス…

  • 十二支のおはなし

    『十二支のおはなし』 内田麟太郎・文 山本 孝・絵 bg8qp.hatenablog.jp クリスマスに、ばーば(義母)がくれた絵本! 年末から読み始めて、最近の息子の1番のお気に入り。 「これ、めっちゃおもしろいんだよなぁ~!」だって!ばーば、喜んじゃうね!ありがとうございます!! いわゆる十二支にまつわる昔話なのだけれど、山本孝さんの絵がインパクト大!内田麟太郎さんの文章も、昔話的な言い回しも楽しみつつ笑える感じなので、平成・令和のイマドキッズにも受け入れやすいバージョンかもしれません。 役者勢揃い!な豪華な表紙も、いいよねぇ~! 我が家の5才には言い回しが難しいかなぁという言葉もあったの…

  • 【追記】切手、ありがとう♡

    1月ほど前に書いたこちらの記事。 bg8qp.hatenablog.jp これを読んだ叔母が、 「ぐりとぐらの切手シート持ってるよ 今度あげるね」 ですって!!!わひゃーーー!! まさかまさか、持っていたなんて!しかも、くれちゃうなんて! 後日ありがたく受け取りました! ☟じゃじゃん!!! 超嬉しかったよぉ~~!!ありがとう!! 息子が見つけたんだけどさ、よくよく見るとさ、ぐりとぐらが卵の殻で作った車に、お手紙がいっぱい入ってるの!あぁ~!この遊び心。たまらんですねぇ。 ※切手なので偽造防止のため”84”のところは隠してますが、フォントもおしゃれですぜ~! しかも同じ時期に発売していたというミ…

  • おもちのきもち

    『おもちのきもち』 かがくい ひろし あっという間に2021年も6日目が過ぎ去ろうとしている…! みなさま、どうぞ今年もお元気で、いいことがたくさんありますように。 今年もよろしくお願いいたします。 さて!!だるまさんシリーズ bg8qp.hatenablog.jp の、かがくいひろしさん! 表紙には、表情が目を引く鏡餅様。KAGAMIMOCHI!! 腕を組んで、なんだか困り顔。 “おもちだって、 いろいろ なやみがあるんです。”(そで より) かまどの火でふかふかほんわり、ふかされたもち米…ところが、きねとうすでぺったんぺったん餅つきされて頭を叩かれたり、のし棒でペッタンコにのばされたり、丸…

  • まるいちきゅうのまるいちにち ALL IN A DAY

    『まるいちきゅうのまるいちにち ALL IN A DAY』 安野光雅/編 // リンク 表紙を見て、ズキューン! なんだか、これは、とっても素敵な絵本の予感。 だってだって!扉絵の作者名には、ズラリ、世界の巨匠たち。 エリック・カール レイモンド・ブリッグス ニコライ・ポポフ 林 明子 ジァン・カルビ レオ&ダイアン・ディロン 朱 成梁 ロン・ブルックス 安野光雅 不勉強で知らない方も多いけれど、エリック・カールと林明子、というだけで、その豪華さがわかる。他の方も、名前は知らなくても、見たことがあるタッチの絵がちらほら。すごいぞ、これは。 この絵本では、1月1日のロンドンのグリニッジ標準時0時…

  • 【雑記】クリスマスプレゼント

    うおぉ~、また更新が空いてしまいましたが、あっという間に年の瀬ですね… ちょっと前のことになりますが、ばーば(義母)から息子へ、嬉しいクリスマスプレゼントをいただきました。 じゃん!! あぁ!袋がもうかわいい!垂石眞子さん。 中に入っていたのは…! じゃじゃじゃーーーん!!かわいいパズルたち!!!! 14ひきシリーズ! ばばばあちゃん!! ぐりとぐら!!! きゃーきゃーきゃー♡かわいい!! 今の季節にぴったりの絵本もいただきました!! 絵本のレポートはまたいつかの機会に! ベテラン保育士のばーば。 「年末年始はパズルと絵本で楽しんでもらって、大人はゆっくりしよ~!」とのこと。 大・賛・成です!…

カテゴリー一覧
商用