searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
小中学生の子をもつ保護者のためのブログ
ブログURL
https://toigaku.com/hint
ブログ紹介文
子どもの勉強で困った時に、何かのヒントになればと思います。自身の経験を踏まえ、心理学や教育の視点などから言えること、考えられることを気の向くまま書いてあります。
更新頻度(1年)

30回 / 109日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2020/03/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、TOI学習会(とわがく) -谷在家駅から徒歩1分の補習教室-さんの読者になりませんか?

ハンドル名
TOI学習会(とわがく) -谷在家駅から徒歩1分の補習教室-さん
ブログタイトル
小中学生の子をもつ保護者のためのブログ
更新頻度
30回 / 109日(平均1.9回/週)
読者になる
小中学生の子をもつ保護者のためのブログ

TOI学習会(とわがく) -谷在家駅から徒歩1分の補習教室-さんの新着記事

1件〜30件

  • 間違えない様にしようねぇ・・・、って

     間違えること。あまり嬉しいことではないですよね。できれば間違えはしたくないことです。間違えなければ何事も効率よく進められそうですし、なにかと良いことがたくさんありそうな気にもなってきます。  先日ちょっと用事があって出かけたんですが、慣れ

  • 2021年の都立高校入試対策は高難易度化に向けた学習を

     先日、東京都の公立高校の入試について、出題範囲を縮小するとの発表がありました。やっぱりそうなったかという感じがします。 出題範囲が縮小するということは、受験生にとっては勉強する内容が少なくなるから良かったと思うかもしれません。でもいいこと

  • いつもテストで高得点を取る生徒がやる3つの勉強法

    いつもテストで良い結果を残せる生徒は、必ず勉強する際に注意している点があります。それは意識的に取っている行動かもしれないし無意識的に取っているのかもしれません。ここではテストで高得点を取る生徒の習慣と、テストであまり結果を残せない生徒の習慣の違いを簡単にまとめています。

  • コロナ禍でのマスクで思ったこと

     2020年は6月2日が入学式だった小学校が多かったようです。例年なら親子そろってにこやかな表情で式に参加したり写真を撮ったりするものですが、今年は全員マスク着用。状況が状況だから当然といえばそれまでなんですが、笑顔の見えない入学式はやっぱ

  • 身近な「何で?」を勉強へ

     2020年5月28日 18:30  当学習会のある足立区では午後から雷を伴った大雨になりました。 幸い被害が出るほどのものではなかったのですが、夏を前にしたにわか雨。 雷にはちょっとびっくりしました。  止まない雨はない。雨が降った後には

  • 暗記が苦手なら鳩から学べ

    英単語はもちろん、地理でも暗記する事柄が多くテスト前には苦労をする人も多いと思います。暗記を苦手にしている人は、地理のテストでは鳩に負けるかもしれません。テスト前の暗記で疲れている人、息抜きがてら軽い気持ちで読んでみて下さい。

  • 分からないのはお前の責任

    教える時や説明する時につい言ってしまう言葉があると思います。その言葉が原因で教える側、教わる側ともにモヤモヤやイライラが残ってしまったり。なぜそんなことを言ってしまうのか、言わない様に気を付けるにはどうすれば良いかを考えます。

  • 想像力を高める方法

    想像力が大切なのはわかっている。でもどうやったら高められるのか?「本を読んだらいい」とは言いますが、読書が苦手な人にとっては辛いものもあります。ここでは学校や職場、サークルなどで遊びながら想像力を高める方法を、私の体験をもとに紹介します。

  • 想像力を高める方法

    想像力が大切なのはわかっている。でもどうやったら高められるのか?「本を読んだらいい」とは言いますが、読書が苦手な人にとっては辛いものもあります。ここでは学校や職場、サークルなどで遊びながら想像力を高める方法を、私の体験をもとに紹介します。

  • 子どもの前でゲームをやる親

    実際に私が見た光景です。中学受験に向けてがんばっている子どもの前で親がそれでは・・・。子どもにがんばらせるからには、親も見本になる姿勢を見せてほしいものです。親の想像力の必要性ということで少し考えてみて下さい。

  • 想像力が乏しい人の特徴

    想像力があるからリスクを回避することにつながる。想像力があるから人とのつながりも円滑になる。ならば逆に想像力が乏しいとどうなるのか。どんな不都合が生じるのか。また想像力の乏しい人が人の上にいる立場だとどうなるのか。その観点から子どもの勉強を考えてみます。

  • 想像力が豊かな生徒の特徴

    仕事ができる人というと、何かと先回りして色々なことをこなしていることが多いと思います。なぜそんなことができるのかというと、想像力をはたらかせて様々な場面を想定しているからだといえます。社会で活躍するためにはぜひとも子どもの頃から育てておきたい想像力。ここでは想像力が豊かな人の特徴を私の経験を踏まえまとめてみます。

  • 親子のコミュニケーションで気をつけたいこと

     例えば、子どもが学校のテストで100点満点のうちで10点だったとする。 すると保護者としてはふつう「遊んでないでもっと勉強しないとダメでしょ」と怒ります。さすがに100点満点中の10点ではいくらなんでもってところはありますけど。 では10

  • テスト1週間前の気分とテスト直前の気分

     前回は気分状態依存効果について紹介しました。覚えている時と思い出している時の気分が一致している方が記憶の成績が良くなる傾向がある、というものでした。 今回は前回に引き続き気分についての実験を紹介して、勉強に活かしていく方法を考えてみます。

  • どうせ勉強するなら楽しい気分で

     意識高い系の先生の中には時々、「勉強する時は静かな状態にするべきだ。私語厳禁。勉強以外のことに意識を向けたら集中力が切れて勉強にならない」などと豪語する人がいます。そういう意識高い系の先生の授業ははっきり言ってクソつまらなく受けてて悲しく

  • 超正確なフリーハンドの地図

     前回はノートを綺麗に書く人について書いていきました。で、書いている途中にふと思ったことがあるので、引き続き綺麗なノートをテーマにして書きます。  ノートを綺麗に書く(まとめる)人はどの教科でもやっぱり綺麗に仕上げるんですが、それが顕著に表

  • ノートをきれいにまとめる人

     私が中学生だった時。同じクラスに、それはそれは綺麗にノートをまとめる女子がいました。 1冊のノートに色々なペンを使って書き分けていてカラフル。ウサギだか何だかの動物の絵を描いてあったりで可愛らしい。アンダーラインもしっかり定規を使って引い

  • 思考力の測定で気をつけたいこと

     学習塾の広告などでよく「思考力を高める指導」とか「思考力を育てます」などとよくみますが、そもそも思考力とは何のことなんでしょう? 「思考力って何?」って子どもに聞かれたらどう答えます? 単純に「考える力」のことだよって言えばいいかもしれま

  • 子どもを怒ってしまう心理

    子どものテストの点数が悪いときに、つい怒ってしまう親・保護者の方にぜひ考えてほしい。その怒りはどこから来ているのか。怒りのホンネは何なのかをちょっと考えるだけでも、全然違うアプローチになるはずです。子どもの勉強についてお困りの方は何かのヒントになると思います。

  • テストの点が悪いと怒られる

    定期テスト近くになると『テストの点が悪いから怒られる…、』という生徒がいます。生徒は何気ない一言として言ったのかもしれませんが、深く探ってみると根深い問題があるケースも。怒ることと叱ることの違いについて考えていきます。

  • 自分の意見をわかりやすく説明するコツ

    主体的・対話的で深い学びを重視する新学習指導要領では、生徒同士の話し合いをもとに意見や主張を上手くまとめていく事も求められてくるはずです。すると自分の意見をわかりやすく伝えることが重要になってきます。言いたいことを上手く伝えるちょっとしたコツを紹介しています。

  • やる気を長続きさせる工夫

    やる気が長続きする人としない人では、あることを大切にしているかどうかの違いが見て取れます。やる気が長続きする人はあることをていねいにしっかりやっている。やる気を長続きさせるのに必要なことは何かを考えます。

  • やるべき時にやる気が出ない状態の対処法

    頭の中では「やらなくてはいけない」と分かっているのに、やる気が出ないことありますよね。そんな時、どのような気持ちの持ち方でいれば良いのかを、私の体験を通して書いてあります。本当に困った時に参考にして下さい。ただし必ずうまくいく方法だとは一切い言いません。

  • 中2英語の勉強の仕方で困った時に

    前回に引き続き、私の体験を通し英語をどのように勉強していたかを紹介します。どれだけ長時間勉強したかよりも、どれだけ密度の濃い勉強をしたかが大切と言えそうです。

  • 中1英語の勉強の仕方で困った時に

    中1英語の勉強をどうすればいいのかわからない人のために、私自身の体験からこんな方法がありますよ、という提案。単語を覚えられないなど、本当に困った時に何かのヒントになると思います。

  • 中学数学の勉強の仕方で困った時に

    私自身が中学生だった時に、実際にやっていた数学の勉強方法です。私にとっては合っていた方法でした。ただこの方法が全員に合う方法だとは思いません。勉強の仕方で困った時に、参考程度に読んでみて下さい。何かのヒントにはなると思います。

  • やる気を引き出すアプローチを考える

    強制することはあまり得策ではない。とはいえ、最初の最初はどうしても強制は必要になってきます。強制から始まる勉強により、勉強にネガティブなイメージを持ってしまった子どもに対し、どのようなアプローチをするのが良いかを考えます。

  • しょうゆ漬けと勉強

    子どもにいっぱい勉強させたいと思うがあまり、つい大事なことを忘れてしまったりします。子どもに勉強させなくちゃと「強く思った時」にでも、軽く読んでみて下さい。

  • 学習塾広告によくあるワード 成績UP

     例えば、八百屋さんが広告を出したとします。 その時 『ニンジン売ってます!!』 なんて広告は出さないですよね? 八百屋さんで野菜売るのは当たり前だから、一々そんなことアピールしないじゃないですか。仮にものすごく新鮮そうに見えるニンジンの写

  • ほめるとやる気が下がる?

    成績が上がったらゲームを買ってあげる、と約束することがあるかもしれません。ご褒美をあげることでやる気が長続きすると考えがちですが、でもちょっと待ってください。ご褒美がむしろやる気を下げるとしたら…。そんな心理学の実験を紹介しています。

カテゴリー一覧
商用