searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
社畜の所業 https://it-bibouroku.hateblo.jp/

Office365について解説しています。お役に立てる記事を書いていきたいと思いますのでご覧ください。

ハミングイェー
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/02/27

1件〜100件

  • 【Microsoft365参考書】Microsoft365グループのメンバーを動的にするには?

    今回は、Microsoft 365 グループを動的グループに変更する手順をご紹介したいと思います。 動的グループについては、メンバーをルールで定義することで、指定したユーザー属性に合致するユーザーの追加、削除を自動的におこなうことができます。 新規で作成したユーザーが定義したルールのユーザー属性に合致する場合は、自動的にメンバーとして登録されます docs.microsoft.com 作成や既存のMicrosoft365グループを変更する場合、Azure Active Directory 管理センターにて可能です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []…

  • 【Microsoft365参考書】Viva ブリーフィングメールとは?

    Viva ブリーフィングメールにつきましては、既定で有効化されております。 また、VIVAの ライセンス付与とは関連していないため、VIVAの ライセンス付与をしていないユーザーにもブリーフィングメールが送信されます。 なお、Viva インサイト につきましては 4 つの機能となり、自動配信されるメールの種類やその詳細につきましては以下に記載させていただきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Insights(Viva)から自動配信されるメールの種類 Microsoft Viva Insights より配信されるメールの種…

  • 【Microsoft365参考書】Outlook起動時に"Microsoft Outlook を起動できません"と表示される場合の対処法

    今回は、Outlook クライアントを起動すると、「Windows セキュリティ」が表示され、パスワードを入力するも以下ダイアログが表示されてしまい、outlookが起動できない場合の対処法についてご紹介したいと思います。 エラー内容 Microsoft Outlook を起動できません。Outlook ウィンドウを開けません。このフォルダーのセットを開けません。インフォメーションストアを開けませんでした。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回の事象の場合、Excelやwordを開く際も、「Windows セキュリティ」が表…

  • 【Microsoft365参考書】OneDrive同期アプリと SharePoint との同期が進まない場合の対処法

    OneDrive同期アプリを利用して SharePoint と同期している場合に、同期が全然進まない場合の対処法を以下にご紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); OneDrive 同期アプリのリセット <手順> 1) Windows キーを押しながら R キーを押します。 2) [ファイル名を指定して実行] ウィンドウに「%localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe /reset」(前後の 「」 は除きます。以後同様です) と入力します。 3) [OK] をクリ…

  • 【Microsoft365参考書】MC365786 オンプレミス AD 同期環境で新規作成したメールボックスのName属性が変更される

    メッセージセンターで以下の[MC365786]が公開されました。 メッセージの概要 Exchange Online で Name パラメーターを設定する方法にいくつかの変更を加えています。Exchange Online の Name パラメーターの代わりに一意の ExternalDirectoryObjectId (EDOID) を使用するように変更を行います。 これが起こるとき: 5月下旬に展開を開始し、7月下旬に完了する予定です これが組織に与える影響: この変更後、管理者は、Exchange Online のオブジェクトの Name プロパティに反映されるオンプレミスの Exchange…

  • 【Microsoft365参考書】ExchangeOnlineのライセンスが自動的に無効化されていた

    今回は、ライセンス内の Exchange Online Plan1 のチェックが自動的に外れて、ExchangeOnlineのメールなどが利用できなくなっていた事例についてご紹介したいと思います。 E1ライセンスを付与しており、突然、メールが利用できなくなったため、確認したところ、Exchange Online Plan1 のチェックが外れていることを確認しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Microsoft 365 管理センターにて ライセンス付与を行う際、2 つ以上のライセンスを付与すると、重複するサービス (ア…

  • 【Microsoft365参考書】ハイブリッド構成でPowershellでインプレースアーカイブが有効にできない

    実行コマンド Enable-Mailbox -Identity "アドレス" -Archive エラー内容 エージェント 'Windows LiveId Agent' の検証中に次のエラーが発生しました: ''ユーザー' に対してアーカイブを有効にできません。 このユーザー オブジェクトはオンプレミスのディレクトリと同期しているためです。 クラウドベースのアーカイブ メールボックスをこのユーザーに対して有効にするには、 オンプレミス Exchange 管理センターまたは Exchange 管理シェルを使う必要があります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle ||…

  • 【Microsoft365参考書】Search-UnifiedAuditLogのAuditDataの特定の項目のみ取得するには?

    Search-UnifiedAuditLog で取得される AuditData 列の値について、複数の項目が一括で表示される動作である確認しました。 そのAuditDataの特定の項目のみを取得することが可能であるかについてご紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Search-UnifiedAuditLog で取得される AuditData 列の特定の項目のみを取得する場合、以下の Powershell のコマンドレットでSelect にて、項目を指定し実行することで可能であることを確認いたしました。 以下…

  • 【Microsoft365参考書】Outlookクライアントでアドレスを変更したが差出人が変更されない場合

    今回は、アドレスを変更したのに、Outlook クライアントで差出人が変更されない場合の解消策についてご案内いたします。 以下の内容をお試しいただき事象が解消されるかご確認ください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1. 差出人キャッシュ情報の削除 キーボードの[Win] + [R] ボタンの押下で [ファイル名を指定して実行] 画面を表示 検索ボックスに以下の内容を入力して[OK] をクリック outlook.exe /CleanFromAddresses ※ Outlook.exe へのパスが通っていない場合は、"c:\…

  • 【Microsoft365参考書】Teamsのチームを一括で作成するには?

    今回はTeamsのチームを一括で複数作成する方法として、Powershellを利用して、CSVファイルをインポートする手順についてご紹介したいと思います。 以下の記事をもとにTeamsに接続してから実行してください。 it-bibouroku.hateblo.jp (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1. チーム作成用の CSV ファイルを作成する CSV ファイル作成の留意点 ・ 作成する CSV ファイルは、"メモ帳" または "Microsoft Excel" にて作成してください。 ・ CSV ファイルとして保存する際は…

  • 【北海道】コロナの濃厚接触者になった場合、いつから学校に行くことができるのか?

    今回、小学生の子どもが濃厚接触者になり、確認したことをまとめておきたいと思います。 なお、北海道の場合ですので、他の地域については同様とならない可能性はあります。 学校と保健所に確認したところ、通常は7日間ということでしたが、濃厚接触者と判定された日を0日として、4日目と5日目(計2回)に抗原検査キットなどで陰性の場合は、5日間ということを確認しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 例としては以下の流れとなります。 4/1 濃厚接触者と判定 4/5 検査し陰性 4/6 検査し陰性 4/7 出席可能 無症状の場合でも、検査…

  • 【Microsoft365参考書】Teamsのチャネルにユーザーを一括で登録するには?

    今回は、プライベートチャネルへユーザを一括で登録する方法についてご紹介したいと思います。 なお、標準チャネルについてはチームを作成した後、標準チャネルを作成した時点でメンバーが自動的に登録される動作となりますため、操作は不要です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); プライベートチャネルへのメンバー追加 作成済みのプライベート チャネルへメンバーを一括で追加する方法です。 後述の "Add-TeamChannelUser" のコマンドレットについては Teams の PowerShell Module バージョン 3.0.0 に…

  • 【Microsoft365参考書】Teamsのチームメンバーを一括登録するには?

    今回は、Teamsのチームメンバーを一括登録する方法についてご紹介したいと思います。 結論としては、PowerShell の機能を利用することで、作成済みのチームへ組織内ユーザーを一括登録することが可能です。 なお、管理者アカウントでは可能ですが、チーム所有者が一括登録することはできません。 一括登録する方法については以下の手順をご確認ください。 以下の記事をもとにTeamsに接続してから実行してください。 it-bibouroku.hateblo.jp 1. メンバーを一括登録するチームの GroupId を取得する 2. インポート用の CSV の事前準備について 3. チームにメンバーを…

  • 【Microsoft365参考書】PowershellでTeamsに接続するには?

    今回は、PowershellでTeamsに接続する場合の構成手順についてご紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Windows PowerShell を Microsoft Teams に接続する 手順 Teams PowerShell Module が入っていない場合 3.0.0 以前が入っている場合 モジュールのインストール以降の接続 Windows PowerShell を Microsoft Teams に接続する Windows PowerShell を管理者権限で起動し、以下のコマンドレットを実…

  • 【Microsoft365参考書】Outlookクライアントにアーカイブメールボックスが表示されない

    インプレースアーカイブを有効化することで、プライマリメールボックスとは別にアーカイブメールボックスの領域も利用が可能となります。 it-bibouroku.hateblo.jp 本来、Outlookクライアントに自動的にアーカイブメールボックスが表示されますが、表示されない場合についてご紹介したいと思います。 まず、Outlook クライアント利用時の留意点として、インプレースアーカイブを Outlook クライアントにて利用する場合、Exchange (MAPI) 接続である必要があります。 そのため、POP または IMAP 接続ではアーカイブのメールを閲覧することができません。 また、O…

  • 【Microsoft365参考書】Outlookにて返信した際に文字化けする場合

    今回は、受信したメールは文字化けしていないが、「返信」ボタンを押した際の返信用のメール作成画面の「Sent」や「To」「Subject」が [恐] や [6]、[飴] などの文字に文字化けしている事象についてご紹介したいと思います。 対応策として、Microsoft 365 のテナント設定として、PowerShell にて [PreferredInternetCodePageForShiftJis] パラメーターの値を固定化することで事象の改善が見られてます。 なお、 すでに文字化けをしてしまったメール アイテムにつきましては、文字化けの回避はできませんので、同様の要因により文字化けが発生する…

  • 【Microsoft365参考書】管理者の役割をグループ単位で設定するには?

    今回は、管理者の役割をグループ単位で設定する方法についてご紹介したいと思います。 Microsoft365管理センターから管理者の役割を付与する場合、ユーザー単位での設定が必要となりますが、AzureAD管理センターにて、役割ロールを割り当てることができるセキュリティグループを作成することで、グループ単位で管理者の役割を設定することができます。 以下の画像にある"グループに AzureAD ロールを割り当てることができる"を"はい"にすることで役割ロールを割り当てることができます。 以下に手順をご案内いたします。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])…

  • 【Microsoft365参考書】書き込みスコープとは?

    書き込みスコープは、任意のプロパティが特定の値に一致した場合に操作が行えるように条件を指定いたします。 なお、書き込みスコープは、管理者の役割にフィルター設定をおこない、特定のユーザーだけしか編集をできないようにしたいなどの場合に利用します。 管理者の役割については、以下の記事をご参照いただけますと幸いです。 it-bibouroku.hateblo.jp it-bibouroku.hateblo.jp なお、書き込みスコープを適用できない機能もいくつかあるようで、以下の機能については適用できないことを確認してます。 書き込みスコープが適用されない機能 ・メッセージ追跡 ・検疫 ・監査ログ ・…

  • 【Microsoft365参考書】Outlook起動時に"メールボックスは一時的に Microsoft Exchange サーバーで移動されています"と表示される場合の対処法

    Outlookクライアントの起動時に毎回下記のメッセージが出力されるようになった場合の対処法についてご紹介したいと思います。 該当のエラーメッセージ メールボックスは、一時的に Microsoft Exchange サーバーで移動されています。 メールボックスは存在しますが、以前のデータの一部が含まれていない可能性があります。 一時メールボックスに接続するか、以前のデータをすべて使用してオフラインで作業することができます。 以前のデータを使用する場合は、電子メールメッセージの送受信はできません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({})…

  • 【Microsoft365参考書】アーカイブメールボックスのメールを自動的に削除するには?

    今回は、アーカイブメールボックスのメールを自動的に削除することができるかについてご紹介していきたいと思います。 Exchange 管理センターのアイテム保持ポリシーにて、指定した経過したアイテムを自動削除することが可能ですが、プライマリメールボックスに登録されている保持タグが連動しているため、アーカイブメールボックスのみに設定ができません。 そのため、プライマリメールボックスに既定タグで削除するタグを登録することでアーカイブメールボックスの連動しているフォルダのメールアイテムを削除することが可能ですが、プライマリメールボックスのフォルダのメールアイテムも削除されます。 なお、既定のアイテム保持…

  • 【Microsoft365参考書】メールボックスの利用容量を取得するには?

    今回は、メールボックスの利用容量を取得する方法についてご紹介したいと思います。 ExchangeOnlinePlan1の場合、メールボックスの容量の上限は50GB ExchangeOnlinePlan2の場合、メールボックスの容量の上限は100GB 回復可能なアイテム領域の容量の上限はプランに関わらず既定で30GBであり、訴訟ホールドなどの保持機能を有効化した場合は、100GBに拡張されます ExchangeOnlineのプランによって容量の上限が異なります。 そのため、利用されているライセンスで上限については、判断ができると思いますが、以下のPowershellのコマンドレットで容量の上限を…

  • 【Microsoft365参考書】AD同期ユーザーのメールアドレスを追加する場合は、Microsoft365から変更できない?

    オンプレミス AD との同期環境において、同期済みのユーザーにメールアドレスを追加する場合には、Microsoft 365 側からの追加は制限されており、オンプレミス AD 上の [proxyAddresses] 属性にて、値を設定しディレクトリ同期をすることで Microsoft 365 上 (Exchange Online 上) に反映します。 以下に手順をご案内いたしますので、ご参考としていただけますと幸いです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); AD 側の [proxyAddresses] 属性を設定する手順 オンプレ…

  • 【Microsoft365参考書】Outlook の連絡先カードのAzureADとオンプレミスADの属性値

    今回は、Outlook クライアントの連絡先カードのAzure AD および Microsoft 365 上の表記、オンプレミス AD 上の属性名についてご紹介したいと思います。 該当する項目が GUI 上で参照できない属性については [-] で記載しております。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 全般 [Azure AD 上の項目] : 姓 [Surname] [Office 365 上の項目] : 姓 [LastName] [オンプレミス AD の属性名] : [sn] または [姓 (全般タブより)] [Azure AD…

  • 【Microsoft365参考書】ADの同期ユーザーの言語を変更するには?

    ディレクトリ同期済みのオブジェクトにつきましては、Microsoft 365 上の同期済みオブジェクトの各属性値を編集することは制限される動作となります。 そのため、対象ユーザーの Microsoft 365 上の言語設定を日本語に変更したい場合は、オンプレミス AD 上の属性エディタにて対象ユーザーの [preferredLanguage] 属性を [ja-jp] に編集することで、ディレクトリ同期にて Microsoft 365 上へ反映させることが可能です。 以下に、オンプレミス AD にて [preferredLanguage] 属性を設定する方法を記載いたしますのでご参考としていただ…

  • 【Microsoft365参考書】Outlookクライアントの表示の問題により受信したメールが表示されない場合の対処法

    今回は、Outlookクライアントで受信したメールが表示されない事象についてご紹介します。 今回のケースでは、表示されないメールアイテムを検索した際に表示されるのと、Outlook on the web では該当のメールアイテムを確認できるということから、Outlook クライアント側の表示の問題と判断しました。 表示関連について対応策をご案内させていただきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コマンドライン スイッチの実施について コマンドライン スイッチの実施は、表示の不具合などの事象に有用な確認項目です。 1. Ou…

  • 【Microsoft365参考書】共有メールボックスのアーカイブメールボックスが表示されない

    Outlook on the web および、Outlook クライアントに手動で共有メールボックスを追加した場合、アーカイブメールボックスは表示されません。 なお、共有メールボックスにフルアクセス許可を付与した場合、オートマッピング機能により自動で共有メールボックスが表示される動作であり、オートマッピング機能により表示された場合は、オンラインアーカイブも表示が可能です。 そのため、Outlookクライアントで手動で共有メールボックスを追加した場合は、削除し、以下のコマンドレットにて、オートマッピング機能を有効化し、自動的に共有メールボックスを表示させることでアーカイブメールボックスが表示され…

  • 【Microsoft365参考書】Powershellで"例外がスローされました"とエラーになった場合

    エラー内容 例外: System.OutOfMemoryException: 種類 'System.OutOfMemoryException' の例外がスローされました。 [例外がスローされました] と表示されるエラーについては、ネットワーク環境の問題やモジュールのバージョンが古い場合、Windows PowerShell のバージョンが古い場合等、様々な要因で発生する事例が確認しています。 また、毎回発生しない場合には、一時的なエラーとして表示されていた事例も確認しています。 そのため、再度、コマンドレットを実行してみても同様のエラーが発生する場合は、以下の内容をお試しください。 (adsb…

  • 【Microsoft365参考書】外部ユーザーが共有メールボックスを利用できるか?

    今回は、外部ユーザーが共有メールボックスを利用できるかについてご紹介していきたいと思います。 外部ユーザー(ゲストユーザー)へアクセス権限の付与自体は可能ですが、共有メールボックスを利用する場合、テナント内にメールボックスを有していることが利用するための条件となるため、実質的には利用できません。 結論としては、外部ユーザーは、共有メールボックスを利用することができないということになります。 なお、共有メールボックスではできませんが、Microsoft 365 グループであれば外部ユーザーをメンバーとして招待することが可能です。 外部ユーザーを Microsoft 365 グループに追加すること…

  • 【Microsoft365参考書】Outlookのステータスバーに”パスワードの入力が必要です”と表示されメールの送受信ができない

    今回は、Outlookクライアントのステータスバーに”パスワードの入力が必要です”と表示されメールの送受信ができない事象についてご紹介していきたいと思います。 なお、送受信タブの“Exchangeのパスワードを入力して接続"をクリックしても一瞬ポップアップウィンドウが表示されたのち、消えてしまうという内容でした。 この場合、まずはOutlook on the web は問題ないか確認しましょう。 Outlook on the web が利用可能である場合は、端末もしくは Outlook クライアントの問題と判断できます。 その場合は、以下のOutlook クライアントの対処方法をお試しください…

  • 【Microsoft365参考書】仕分けルールの作成や削除について監査ログで確認することができるか?

    仕分けルール (受信トレイのルール) の作成、削除については、管理者監査ログ、および、メールボックス監査ログに記録されます。 監査ログについては、以下の記事もご参照いただけますと幸いです。 it-bibouroku.hateblo.jp 今回は、それぞれの監査ログの動作について、違いがありましたので、ご紹介したいと思います。 管理者監査ログ 管理者監査ログでは、Outlook on the web にて、受信トレイのルールを作成、削除した場合に記録される動作です。 ※ Outlook クライアントから仕分けルールの作成、削除をした場合は記録されません。 受信トレイのルールの詳細な内容につきまし…

  • 【Microsoft365参考書】ユーザーメールボックスにアクセス権や代理送信権限が付与されているか確認するには?

    メールボックスにアクセスする場合やアドレスを利用して送信する場合、以下のアクセス権を付与することで可能となります。 読み取りと管理(フルアクセス許可) メールボックスにログインして、そのメールボックスの所有者として作業できます。予定表アイテムを作成したり、電子メールメッセージの読み取り、表示、削除、変更を行ったり、タスクと予定表の連絡先を作成することができます。 [メールボックス所有者として送信する] または、[代理人として送信する] のアクセス許可を持っていない場合、メールボックスからの送信はできません。 メールボックス所有者として送信する メールの送信時に共有メールボックスとして送信ができ…

  • 【Microsoft365参考書】メールボックスの制限を適用するにはUseDatabaseQuotaDefaultsをFalseに更新してください

    Powershellにて、以下の容量の上限の閾値を変更した場合にエラーが発生した事例についてご紹介します。 CalendarLoggingQuota IssueWarningQuota ProhibitSendQuota ProhibitSendReceiveQuota RecoverableItemsQuota RecoverableItemsWarningQuota エラー内容 “警告: メールボックスの制限を適用するには UseDatabaseQuotaDefaults を False に更新してください。” Exchange Online では、UseDatabaseQuotaDefa…

  • 【Microsoft365参考書】フルアクセス許可と所有者送信権限を変更したログを確認するには?

    共有メールボックスのメンバーとして登録した場合、[フルアクセス許可] および、[メールボックス所有者として送信する] 権限が自動的に付与され、メールの閲覧や送信が可能となります。 また、[フルアクセス許可] のみや[メールボックス所有者として送信する]のみ権限を付与することも可能です。 ユーザーメールボックスに対して付与することも可能です (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回は、 [フルアクセス許可] および、[メールボックス所有者として送信する] 権限について、管理者監査ログにて、追加や削除をおこなったログを確認することが…

  • 【Microsoft365参考書】MC276028 アドレスに"+"を含むことができなくなる。"+"が含むアドレスを利用しているメールボックスを確認するには?

    メッセージセンターのMC276028にて、テナントでプラスアドレスを使用していた場合、2022年 1 月以降メールアドレスが正しく名前解決できなくなり、メールの配信ができなくなる可能性があるため、メールアドレスに + が付与されているものは、+ が含まれない別のメールアドレスを登録する必要があることが公開されていました。 MC276028 について詳細を下記に記載しますので、ご参考にしていただけますと幸いです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); MC276028 について Exchange Online では、Plus Add…

  • 【Microsoft365参考書】ExchangeOnlineのライセンスを剥奪してもメールボックスが削除されない?

    ExchangeOnlineのライセンスを剥奪した場合、本来の動作として、メールボックスが無効化され、30日経過後にメールボックスが完全削除される動作となります。 メールボックスが無効化された時点で、Outlook on the webなどからアクセスすることもできなくなり、Exchange管理センターの[メールボックス]からも非表示になり、設定の変更などもできなくなります。 Set-Mailboxのコマンドレットでも設定変更することができません。(メールボックスが存在しないエラーになります) なお、メールボックスが削除(SoftDelete)された状態ではないことをご留意ください。 ライセン…

  • 【Microsoft365参考書】コンプライアンスセンターのアイテム保持ポリシーの設定状況を確認するには?

    コンプライアンスセンターのアイテム保持ポリシーでは、アイテムを保持するポリシーや自動削除のポリシーを作成することができます。 it-bibouroku.hateblo.jp Get-RetentionCompliancePolicyのコマンドレットでアイテム保持ポリシーの情報を取得した場合、保持期間を確認することができませんでした。 そのため、保持期間を確認する場合は、コンプライアンスセンターの画面上から確認する必要がありそうです。 以下に確認手順をご紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アイテム保持ポリシ…

  • Twitterでブログを勝手に悪い例として引用事件

    今回は、Twitterで自分のブログを悪い例として引用されていたので、ネタとさせていただきます。内容としては、間違った認識だという批判のものでした。 ただし、内容を見たら結局、何が正しいのか何も書かれていないので、全く何が言いたいのかわかりません。 せめて、どこがどのように間違ってるとか言ってもらえれば、修正のしようもあるのですが。 そもそも、この程度の内容のつぶやきなら別にブログを引用する必要があるのかなと。後日談として、このブログを見ていただいたようでご本人から謝罪のコメントがありました。このことから、悪意がなかったと判断することができました。SNSの文章だけだと、相手の感情やどういう意図…

  • 【Microsoft365参考書】紐づくユーザーが存在するドメインの削除をするには?ForceDelete オプションについて

    Microsoft365に登録したドメインを削除する際に、そのドメインをアドレスして利用しているユーザーがいる場合、削除することができない動作です。 削除するためには、そのユーザーのアドレスを削除する必要があります。 今回は、Azure AD 管理センターから ForceDelete オプションを利用し、ドメインを削除することで紐づいたユーザーのアドレスのドメインを変更し削除することが可能であることを確認しましたのでご紹介したいと思います。 削除したドメインを利用していたアドレスのドメインが初期の既定ドメインである onmicrosoft.com に変更されます。 なお、ドメインを削除する場合…

  • 【Microsoft365参考書】パブリックフォルダを"Lost and Found"フォルダから移動する方法とは? 

    プライマリパブリックフォルダーメールボックス (第一階層のパブリックフォルダーメールボックス) に存在しないパブリックフォルダーが、セカンダリパブリックフォルダーメールボックス (第二階層のパブリックフォルダーメールボックス) に存在する場合に孤立したメールボックスとして扱われ ”Lost and found” として扱われます。 例としてパブリックフォルダメールボックスを削除してから、新しいプライマリパブリックフォルダメールボックスを作成し、Undo-SoftDeletedMailbox のコマンドレットにて、セカンダリパブリックフォルダメールボックスを復元することで発生することがあります。…

  • 【Microsoft365参考書】メールボックスのすべてのメールアイテムを削除するには?

    メールボックスのメールアイテムをすべて削除する機能について、以前は Powershell にて、Search-Mailbox のコマンドレットを実行することで可能でしたが、2020 年 7 月 1 日は廃止されています。 docs.microsoft.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そのため、メールボックスのメールアイテムをすべて削除する場合、アイテム保持ポリシーの機能にて、自動削除するポリシーを作成し適用する方法、または、Outlook クライアントや Outlook on the web から手動で削除する方法と…

  • 【Microsoft365参考書】コンテンツの検索で送信者と受信者をドメインで指定することができるか?

    コンテンツの検索で検索クエリを指定する場合、[送信者]と[受信者]の項目がありますが、指定するとオブジェクトとして登録されているユーザーが検索結果として表示される動作であり、ドメインを指定することができないように見えます。 そのため、以下のようにドメインを入力しエンターキーを押したところ、[!]マークが表示されました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そのまま、[次へ]をクリックすることができたので進めたところ、検索条件としてドメインが指定されておりました。 動作も問題ないようですので、[!]マークが表示される仕様はどういう…

  • 【Microsoft365参考書】PowershellのV2モジュールのインストールがうまくいかない場合について

    今回は、Powershell のV2モジュールのインストールがうまくできない場合の手順についてご紹介したいと思います。 以下の手順にて進めることでインストールが可能であるかご確認ください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1. Windows PowerShell を起動します。 ※ 続行するかどうかを確認する [ユーザー アカウント制御] プロンプトが表示された際は、[続行] をクリックします。 2-1. 以下の [Get-ExecutionPolicy] コマンドにて接続ポリシーを確認します。 <実行コマンド> Get-…

  • 【Microsoft365参考書】コンプライアンスセンターの役割グループの確認や作成をPowershellで実行するには?

    今回は、コンプライアンスセンターの[役割グループ]に関するPowershellのコマンドレットについてご紹介していきたいと思います。 役割グループとは、コンプライアンスセンターの項目について、管理者と同等の操作をおこなう場合に付与する役割です。 なお、コンプライアンスセンターに接続してから実行してください。 it-bibouroku.hateblo.jp (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 役割グループのメンバーを取得するには? コンプライアンスセンターの役割グループのメンバーを取得するコマンドレットは以下のとおりです。 すべて…

  • 【Microsoft365参考書】メールボックス監査ログの既定値

    メールボックスの操作が記録されるメールボックス監査ログについて、以下の3種類の項目にそれぞれ既定値として監査される項目があります。 AuditDelegate メールボックス所有者以外がアクセスを行った操作において、記録される項目が表示されます。 AuditOwner メールボックス所有者がアクセスを行った操作において、記録される項目が表示されます。 AuditAdmin 管理者権限を持つユーザーがアクセスをおこなった操作において、記録される項目が表示されます。 今回は、それぞれの項目の既定値についてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoog…

  • 【Microsoft365参考書】MC316448 Powershellで基本認証でセキュリティコンプライアンスセンターに接続することができなくなる?

    メッセージセンターでMC316448により、Powershellでセキュリティコンプライアンスセンターに基本認証で接続できなくなることが公開されていました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); MC316448 について アプリケーションから Windows PowerShell を使用したセキュリティ センターとコンプライアンス センターへのアクセスについては、基本認証がご利用いただけなくなります。 MC316448 の適用後は基本認証でのセキュリティ/コンプライアンス センターへのアクセスが行えなくなるため、アプリケーション…

  • 【Microsoft365参考書】The execution of cmdlet Set-SyncMailUser failed.のエラーによりオンプレミスADから同期されない

    今回の事象については、オンプレミスADからメールボックスをExchangeOnlineに同期しようとするも、メールユーザーとして同期されており、Microsoft365管理センターのアクティブなユーザーに以下のエラーが表示されていた事例についてご紹介していきたいと思います。 エラーメッセージ Exchange: The execution of cmdlet Set-SyncMailUser failed. The value "eef7a051-fd94-48b4-8167-cdd********" of property "ExchangeGuid" is used by another …

  • 【Microsoft365参考書】既定のドメインを変更した場合の影響について

    Microsoft365にて、ドメインを複数登録した場合、以下の手順で既定のドメインを変更することができます。 既定のドメインの変更方法 Microsoft 365管理センター に全体管理者でサインイン 左メニューの[設定] - [ドメイン] をクリック。(または、[セットアップ] - [ドメイン]) 既定のドメインにしたいドメインを選択し、「☆ 既定に設定」 をクリック [このドメインを既定に設定しますか?]の画面で、[規定に設定]をクリック 今回は既定のドメインを変更した場合の影響についてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle |…

  • 【Microsoft365参考書】複数のユーザーのエイリアス(セカンダリアドレス)を一括で削除するには?

    メールボックスには、送受信可能なプライマリアドレスと受信のみ可能なエイリアス(セカンダリアドレス)が登録可能です。 今回は複数のユーザーのエイリアス (セカンダリアドレス) を一括で削除する方法として、Powershellで以下のコマンドレットにて可能です。 個別で削除、および、複数のユーザーを一括で削除する手順をご紹介します。 ExchangeOnlineに接続してから実行してください。 it-bibouroku.hateblo.jp (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 個別にエイリアスを削除する手順 [構文] Set-Mai…

  • 【Microsoft365参考書】パブリックフォルダを共有メールボックスに変換することができるか?

    ユーザーメールボックスを共有メールボックスに変換、または、共有メールボックスをユーザーメールボックスに変換することが可能です。 今回は、パブリックフォルダを共有メールボックスに変換できるかについてご紹介していきたいと思います。 結論から言うと、パブリックフォルダを共有メールボックスに変換する機能はありません。 そのため、パブリックフォルダを共有メールボックスとするには、以下の流れで共有メールボックスを作成し、メールデータを移行することで可能です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); パブリックフォルダから共有メールボックスに変更…

  • 【Microsoft365参考書】Teams電話で録音や文字起こしが可能か?

    Teams 電話で録音や文字起こしが可能であるか確認したところ、録音が可能であり、また、ライブキャプションを利用することで文字起こしが可能でした。 以下に録音と文字起こしを利用するためのポリシー設定手順をご紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 通話ポリシーを設定する Teams管理センターに管理者アカウントにてサインインします。 左ペインの[音声] - [通話ポリシー] の順に選択します。 任意のポリシー名をクリックし、"通話用のクラウド録音"をオンにします。 [保存]をクリックします。 ※ 新たにポリシー…

  • 【Microsoft365参考書】遅延保持とは?保持機能を無効化してもアイテムが削除されない?

    削除したメールアイテムを保持する機能として、訴訟ホールドとアイテム保持ポリシーと電子情報開示の保留リストなどの保持機能があります。 保持機能を無効化した場合、保持されたアイテムが削除される動作ですが、遅延保持という機能によりすぐには削除されない動作となっております。 保持機能を無効に変更した際に、[管理フォルダーアシスタント] が走査したタイミングでDelayHoldApplied と DelayReleaseHoldApplied の属性 (遅延保持) が有効 (True) になり、保持機能を完全に無効化されません。 これは、誤って保持機能の無効操作が行われた場合を考慮したパラメータになり、…

  • 【Microsoft365参考書】アドレス帳ポリシーとは?

    アドレス帳ポリシーを設定した場合、管理者が指定したアドレスリスト、ルームリスト、グローバル アドレス帳の参照をユーザーに割り当てることが可能となります。 作成したアドレス帳ポリシーの適用はユーザーインターフェースから指定可能となっておりますが、ポリシー作成までの作業はユーザーインターフェースから行うことができません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アドレス帳ポリシーの割り当てについて 作成したポリシーに関しましては、オブジェクト (ユーザー、もしくは会議室など) を追加・削除した場合や情報の編集をした場合、動的に反映される…

  • 【Microsoft365参考書】階層型アドレス帳とは?

    今回は、階層型アドレス帳について、ご紹介したいと思います。 階層型アドレス帳について 階層型アドレス帳とは、Exchange OnlineとMicrosoft Office Outlookの環境を拡張し、Outlook クライアントにて、組織の階層構造をたどって特定の組織に属している人の中から目的の人を選択するユーザーインターフェースを実現します。 階層型アドレス帳の設定について 階層型アドレス帳は、PowerShell コマンドレットでの設定が必要です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 利用可能なグループについて 階層型ア…

  • 【Microsoft365参考書】パブリックフォルダの容量の通知が配信される動作について

    パブリックフォルダの IssueWarningQuota に達した際の通知の動作について、IssueWarningQuota の容量に達したパブリックフォルダに対してアイテムの投稿などの作業をすることで所有者(Owner)に通知が送信されることを確認しました。 なお、連続して投稿を行っても、複数回の通知は配信されないことを確認してます。 Ownerが複数名の場合は全員に通知メールが配信されることを確認してます 通知メールの差出人と件名は以下の内容です。 差出人 : Microsoft Outlook <MicrosoftExchange329e71ec88ae4615bbc36ab6ce411…

  • 【Microsoft365参考書】メールボックス所有者として送信する権限で送信ができない

    共有メールボックスのメンバーに登録した場合、"フルアクセス許可"と"メールボックス所有者として送信する(SendAs)"権限が付与される動作です。 メールボックス所有者として送信する権限が付与された場合、その共有メールボックスのアドレスを差出人として送信することが可能となります。 ※代理送信が可能となります。 共有メールボックスだけではなく、ユーザーメールボックスに対してメールボックス所有者として送信する権限を付与することもできます。 今回は、メールボックス所有者として送信する権限を付与しているにも関わらず、代理送信ができない場合についてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle…

  • 【Microsoft365参考書】Powershellのスロットリングポリシーを拡張するには?

    移行作業などによりPower Shell を使用して多数のコマンドを実行する予定で、Power Shell の スロットリングポリシーを拡張する場合についてご紹介していきたいと思います。 今までサポート窓口へお問い合わせをしないと拡張できませんでしたが、現在、Microsoft365 管理センターの画面上から実施が可能となっております。 なお、期間は恒久的に適用されるものではなく 90 日間となっているため、90 日経過後には再度拡張申請を実施する必要があります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Microsoft 365 …

  • 【Microsoft365参考書】送信済みアイテムを定期的に削除するには?

    送信済みアイテムを定期的に削除する方法についてですが、Exchange 管理センターのアイテム保持ポリシーにて、[送信済みアイテム] フォルダを対象とした削除の RPT タグ (既定フォルダータグ) を作成し、ユーザーに割り当てられているアイテム保持ポリシーに追加することで可能です。 なお、既定では、[Default MRM Policy] のアイテム保持ポリシーが全ユーザーに割り当てられてますので、[Default MRM Policy] に作成した [送信済みアイテム] フォルダを対象とした削除の RPT タグを追加することで、全ユーザーに対して作成日を起算日として指定した日時が経過したア…

  • 【Microsoft365参考書】回復可能なアイテム領域のVersionsとは?何が格納されるのか?

    削除されたアイテムが格納される回復可能なアイテム領域がありますが、削除されたアイテムだけが格納されるわけではありません。 以下の記事で紹介しておりますが、回復可能なアイテム領域の配下に削除したアイテムを保持するフォルダのほかに[Versions] [Audits] [Calendar Logging]があります。 it-bibouroku.hateblo.jp [Audits] は監査ログ、[Calendar Logging]は予定表のログですが、[Versions]は"保持機能が有効が有効である場合、このフォルダーには、変更されたアイテムの原本と変更されたコピーが格納されています。"と実際に…

  • 【Microsoft365参考書】Exchange管理センターが英語表記になっている場合、日本語表記にするには?

    Exchange 管理センターが英語表示となる動作については、以下の方法にて日本語表記とすることができる可能性がありますので、お試しください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); [新しい Exchange 管理センター] の言語設定の変更 [新しい Exchange 管理センター] に管理者権限のある該当アカウントでアクセスします。 画面右上 [設定](歯車のマーク) - [Change your lanfuage] - [Settings & Privacy] 画面にて、以下の表示言語が日本語の場合、一旦英語に変更し、再度日…

  • 【Microsoft365参考書】訴訟ホールドの保持期間を無期限にした場合、無制限でアイテムを保持することができるのか?

    保持機能として訴訟ホールド、コンプライアンスセンターのアイテム保持ポリシー、電子情報開示の保留リストがあります。 保持機能は、削除したメールアイテムを回復可能なアイテム領域にて保持期間まで保持する機能です。 訴訟ホールドとアイテム保持ポリシーについては、保持期間を無期限、または、1年など有期限で設定することができます。 電子情報開示の保留リストは保持期間を無制限としか設定できません。 保持期間を無制限とした場合、アイテムを無制限で保持できるかというと、上述したとおり、回復可能なアイテム領域に保持される動作であることから、回復可能なアイテム領域の容量の上限までしか保持することができません。 回復…

  • 【Microsoft365参考書】SIPアドレスが作成される条件とは?削除しても問題ないか?

    SIP アドレスが作成される条件について 、Microsoft Teams のライセンスを付与することで SIP アドレスが付与される動作であることを確認しております。 SIP アドレスを削除した場合は、 Microsoft Teams 管理センターの [Exchange アドレス帳ポリシー (ABP) を使用したTeams 内の範囲ディレクトリ検索] が有効になっている場合に、Microsoft Teams 上で SIP アドレスのないユーザーの検索が行えないことを確認しております。 上記以外で、SIP アドレスの削除や変更が直接影響する事象や事例は現時点では報告されておりませんが、Team…

  • 【Microsoft365参考書】共有メールボックスの同時アクセスが可能なユーザー数について

    1 つの共有メールボックスへの同時アクセスが可能なユーザー数について、Exchange Online のメールボックスは接続プロトコルにより以下のセッション数の上限を設けており、それぞれの接続プロトコルにより使用するセッション数は異なります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); メールボックスの同時接続セッション数の上限 ・Outlook MAPI 接続時のセッション数制限: 40 ・Outlook POP3 接続時のセッション数制限: 20 ・Outlook IMAP4 接続時のセッション数制限: 20 ・Outlook on…

  • 【Microsoft365参考書】Powershellにて、セキュリティコンプライアンスセンターに先進認証で接続するには?

    以下の記事でPowershellでExchangeOnlineに接続する手順についてご紹介させていただきました。 it-bibouroku.hateblo.jp 基本認証の廃止に向けて、セキュリティコンプライアンスセンターに先進認証で接続する手順をご紹介したいと思います。 意外と利用することも多いと思いますのでご参照いただけますと幸いです。 なお、初回だけ2. 3. 4. の手順が必要となりますが、次回以降は、省略しても問題ありません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); PowerShell から コンプライアンスセンターへア…

  • 【Microsoft365参考書】Powershellで"クライアントは要求で指定された接続先に接続できません"とエラーになった場合

    エラー内容 クライアントは、要求で指定された接続先に接続できません。 接続先のサービスが実行されていて、要求を受け付けられる状態であることを確認してください。 接続先で実行されている WS-Management サービス (通常は IIS または WinRM) に関するログとドキュメントを参照してください。 接続先が WinRM サービスの場合は、リモート ホスト上で次のコマンドを実行して、WinRM サービスを分析および構成してください: "winrm quickconfig"詳細については、about_Remote_Troubleshooting のヘルプ トピックを参照してください。 (…

  • 【Microsoft365参考書】Teamsで特定のユーザーのみ検索できないようにするには?

    Teams 上のみで非表示となる制限を行うことはできませんが、Exchange Online 機能の "アドレス帳ポリシー" の設定を行い、Exchange Onlineの グローバル アドレス帳 (以下 GAL) から該当ユーザーを非表示にすることにより、ユーザー検索を制限することが可能です。 なお、アドレス帳ポリシーにつきましては、アドレス帳と Teams の両方で非表示となるため、Exchange のアドレス帳にも表示されない動作となります。 Teams の検索は [Exchange アドレス帳ポリシーを使用したディレクトリ検索の範囲指定] を有効にすることで、GALを参照する動作に変更…

  • 【Microsoft365参考書】Teamsでゲストユーザーのチャットを制限するには?

    今回は、ゲストユーザーに対し、1 対 1 チャット及び、グループチャット を制限する方法についてご紹介していきたいと思います。 [ゲストアクセス] 設定の [メッセージング] - [チャット] 項目を "オフ" にした場合、ゲストユーザーの Teams クライアント上の左メニューに、[チャット] 項目が表示されず、1 対 1 チャットおよびグループ チャットができない動作となることを確認しております。 また上記の状態で、組織内ユーザーからゲストユーザーにチャットをしようとした場合に、メッセージ入力欄には「管理者がこのユーザーのチャットを無効にしました」と表示され、チャットを送信することができな…

  • 【Microsoft365参考書】'ExchangeOnlineManagement' と一致するものが見つかりませんでしたとエラーになる場合の解消方法について

    今回は、PowershellのV2モジュールをインストールするにあたり、Install-Module -Name ExchangeOnlineManagement のコマンドレットを実行した際に、"PackageManagement\Install-Package : 指定された検索条件とパッケージ名 'ExchangeOnlineManagement' と一致するものが見つかりませんでした。登録されている使用可能なすべてのパッケージ ソースを確認するには、Get-PSRepository を使用します。" とエラー返された場合の解消方法についてご紹介していきたいと思います。 過去の事例から以…

  • カルディでドンペリが2200円で買える?ウィンターチャンスボックスとは?

    たまたま、カルディ(KALDI)に買い物にいったところ、ウィンターチャンスボックスというものを発見しました。 内容は、2200円(税込み)で60本に1本の確率でドンペリなど上の画像にあるワインが箱に入っており、その中から重さなどで選んでドンペリを当てるということでした。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 店員さんの話では、重さがあるのと箱にぎっちり詰まっている感じがあるのが、ドンペリや高いワインであるとのことでしたので、バッカスの生まれ変わりである私は、10分以上かけて吟味し購入してみました。 今回は、本来、60本に1本のもの…

  • 【Microsoft365参考書】アカウントは削除せずにメールボックスだけ削除できるか?

    アカウントは削除せずにメールボックスだけ削除し、新規でメールボックスを作成したいシナリオがあると思います。 その場合、Exchange Online のメールボックスは、対象ユーザーから Exchange Online ライセンスを外すことでメールボックスが削除される動作となり、ライセンスの解除から 30 日経過する事でメールボックスが完全削除される動作となります。 また、メールボックスの完全削除後に該当ユーザーに Exchange Online ライセンスを付与する事で新規メールボックスが作成される動作となります。 そのため、ユーザーを削除せずに紐づくメールボックスを新規メールボックスとする…

  • 【Microsoft365参考書】Teamsで画面共有がうまく動作しない場合や画面の更新が遅延する場合の対処法について

    Teams会議で画面共有を行う際に、画面が黒くなったまま更新されない場合や画面更新に遅延が起きた場合の対処法についてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); URL と IP アドレスの範囲について確認する URL や IP アドレスレンジが最新の状態になっているか、ご利用のネットワーク (プロキシなど) の設定をご確認ください。 docs.microsoft.com ※ [Skype for Business Online and Microsoft Teams] をご確認ください。 UDP ポートを…

  • 【Microsoft365参考書】監査ログで”操作に予想より少し時間がかかりました”と表示されエクスポートできない

    コンプライアンスセンターの統合監査ログを実行した際に [操作に予想より少し時間がかかりました。後でもう一度お試しください。Microsoftはこの問題を認識しています]とエラーが表示される事例を確認しています。 [操作に予想より少し時間がかかりました。後でもう一度お試しください。] については、ダウンロード可能な監査ログの件数は最大 5 万件までという制限があり、その制限に抵触している場合に発生することを確認してます。 また、検索結果のエントリ数が多いことで内部処理に失敗することを示すエラーであり、Microsoft 365 の監査ログが基本的にクラウド上で保管/運用しつつ、必要に応じて都度対…

  • 【Microsoft365参考書】Powershellで"ドメイン コントローラーの現在のセットが変更されました"とエラーが発生した場合

    Powershellのコマンドレットを利用中に "エラーが原因で、ドメイン コントローラーの現在のセットが変更されました。" のエラーが発生した場合についてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このエラーについては、Windows PowerShell または管理センターから複数ユーザーに対して一括で設定を行った際に、サーバーに負荷がかかり処理が遅くなったことを示す一時的なメッセージであることを確認しております。 コマンドレット実行時に本エラーが発生した際には、時間をあけてからコマンドレットを実行す…

  • 【Microsoft365参考書】Microsoft 365 Apps の更新プログラムを適用させないようにするには?

    Microsoft 365 Appsの自動更新を停止するには、Office 展開ツール (以下、ODT) を使用して更新プログラムを停止する方法があります。 手順についてご紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ODT の使用した方法 ODT を使用してインストールした Microsoft 365 Apps に対しては、ODT で後から設定を変更することも可能です。 Microsoft 365 ポータル サイトからインストールした Microsoft 365 Apps に対しては動作保証されない操作となります…

  • 【Microsoft365参考書】WhenCreatedの値が変更される場合がある?

    Get-MailboxなどのGetコマンドで取得できる WhenCreated の値で作成日の判断ができますが、値が変更されることが以下の公開情報に記述されています。 docs.microsoft.com この動作は仕様です。 日付 WhenCreated が同じままである保証はありません。 変更される理由の 1 つの例は、 テナント再配置の実行後 です。 これは、オブジェクトがプロセス中に移動される代わりに再作成されるためです。 したがって、値が同じままである必要がある他の操作を行う場合は、 WhenCreated 値に依存する必要があります。 1つの例としてあるテナント再配置とは何かについ…

  • 【Microsoft365参考書】コンプライアンスセンターの電子情報開示

    今回は、コンプライアンスセンターの電子情報開示についてご紹介していきたいと思います。 ユーザーのメールボックスのデーターをPSTファイルをエクスポートする点においては、コンテンツの検索と差異がないようにも思えますので、まずはコンテンツの検索との違いについて触れてみたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コンテンツの検索との違いについて [コンテンツの検索] と [電子情報開示] は、メールボックス内のアイテムを検索・出力する観点では同様の動作となっております。 各機能の差違につきまして、主に下記の点があります。 コ…

  • 【Microsoft365参考書】削除済みアイテムフォルダのアイテムを削除することができない?削除するにはどうすればいいか。

    今回は、削除済みアイテムフォルダのアイテムを削除しても、削除されずにもとに戻ってしまう場合の対処法についてご紹介していきたいと思います。 まず、原因ですが、回復可能なアイテム領域の容量の上限に達していることが想定されます。 回復可能なアイテム領域は、削除したアイテムが移動する領域で既定では、14日間保持され、14日経過後に完全削除される動作となっております。 そのため、本来であれば、回復可能なアイテム領域の容量が上限に達することは無いと思いますが、訴訟ホールドやアイテム保持ポリシーなどの保持機能を有効化している場合は、回復可能なアイテム領域に削除されたアイテムが保持されますので、保持期間を長期…

  • 【Microsoft365参考書】Search-UnifiedAuditLogのRecordTypeについて

    コンプライアンスセンターの統合監査ログをPowershellで出力する場合、Search-UnifiedAuditLogのコマンドレットで可能ですが、"RecordType" を指定することでカテゴリー別に csv ファイルで抽出が可能であることを確認いたしました。 RecordTypeの情報は、非公開のため確認した結果をご紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); RecordType 対応コードと意味一覧 以下のフォーマットで記述しております。 ----------- コード : 対応オプション 取得ログ内容…

  • 【Microsoft365参考書】アイテム保持ポリシーによる保持を有効にした場合の保存先について

    今回は、コンプライアンスセンターのアイテム保持ポリシーによる保持機能を有効化した場合に各サービスの保存先がどのようになっているかについてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Exchange Online Exchange Onlineとして、Exchangeメール、Microsoft365グループ、パブリックフォルダがあります。 Exchange メールについては、メールボックスの削除されたアイテムが格納される回復可能なアイテム領域に移動し、保持されます。 また、Microsoft365 グループ…

  • 【Microsoft365参考書】非アクティブなメールボックスを削除するには?メールデータのみ削除するには?

    訴訟ホールドなどの保持機能を有効化した状態で Exchange Online のライセンスを付与したままアカウントを削除することで、非アクティブなメールボックスとして残り続ける動作です。 非アクティブなメールボックスについては以下の記事もご参照いただけますと幸いです。 it-bibouroku.hateblo.jp なお、非アクティブなメールボックスのデータを削除する場合、訴訟ホールドの期限を有期限とすることで、指定した期間を経過したアイテムは削除される動作となります。 例として、保持期間を 1 年とした場合、1 年経過したアイテムが削除される動作となります。 最終的にはメールデータはすべて削…

  • 【Microsoft365参考書】個別に管理していたライセンスをグループベースライセンスに変更するには?

    ライセンスを変更する際に、例えば、E1(ExchangeOnlinePlan1)からE3(ExchangeOnlinePlan2)に変更となる場合、ExchangeOnlinePlan1とExchangeOnlinePlan2を競合させることができないため、一回の作業でE1を剥奪して、E3を付与する作業が必要となります。 E1とE3を同時に付与することができません 個別で管理している場合は上述したように、画面上からライセンスを付け替えを行えば問題ありませんが、個別で管理しているライセンスからグループベースライセンスに変更する場合についてご紹介したいと思います。 グループベースライセンスについて…

  • 【Microsoft365障害】コンテンツの検索でエクスポートを実行すると画面が真っ白になり実行されない

    現在、コンテンツの検索でエクスポートを実行すると画面が真っ白になり、実行することができない事象を確認しています。 今のところ、サービス正常性では情報は見当たらないようです。 回避策として、PowerShell コマンドを用いることで、エクスポートを開始することが可能でしたので、PowerShell コマンドにて作業を実行し、開始したエクスポートの結果を、コンプライアンスセンターの画面上の [Export] のタブからダウンロードすることでエクスポートを実行することができます。 以下にコマンドを記載しますのでご参考としていただけますと幸いです。 (adsbygoogle = window.ads…

  • 【Microsoft365参考書】予定表を作成したログを確認するには?

    特定のユーザーにて、予定表を作成したログを確認する場合、メールボックス監査ログの機能を利用することで可能です。 なお、予定表の作成したログのみを抽出することができませんが、Operations を Create に指定することで、予定表の作成、および、メールアイテムの作成したログのみに限定することが可能です。 予定表のキャンセルは、MoveToDeletedItems を指定することで確認が可能です。 また、予定表の作成のログについては、[FolderPathName] に "\予定表" と記録されるため、CSV ファイルのフィルターにて指定することで予定表の作成したログのみ確認が可能です。 …

  • 【Microsoft365参考書】インフォメーションストアの先頭とは?アイテムを削除や移動するには?

    インフォメーション ストアの先頭は、すべてのメールボックスに存在する最上位 (ルート) フォルダーとなります。 このフォルダー配下に、受信トレイや送信済みアイテムフォルダーなどユーザーが画面上で確認できる各フォルダーが格納されます。 本来は Outlook クライアント上からは表示されないシステム上のルートフォルダー [インフォメーションストアの先頭] にメールアイテムは移動されない動作でありますが、仕分けルールなどの要因によりアイテムが移動しており、容量を逼迫していたという事例があります。 その場合、インフォメーション ストアの先頭からアイテムを削除や移動する方法についてご紹介していきたいと…

  • 【Microsoft365参考書】Powershellにて、先進認証で自動的にExchangeOnlineに接続するには?

    以前、以下の記事にてExchangeOnlineに自動的に接続する方法をご紹介させていただきました。 it-bibouroku.hateblo.jp この記事では基本認証でExchangeOnlineに接続する方法となるため、2022年10月に基本認証が廃止されることを利用できなくなると想定されます。 そのため、先進認証で接続する場合の方法についてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 先進認証で接続するps1ファイルを作成する手順 メモ帳を開いていただき、以下のコマンドレットをテキストで入力してくだ…

  • 【Microsoft365参考書】基本認証の廃止による影響について。無効化されないようにすることはできないか?

    2022年10月1日に基本認証の廃止が決定しましたが、基本認証の廃止に伴う影響については、基本認証による認証が行えない状態となるため、サインインができずにサービスの利用が行えない状態となります。 そのため、メール送受信に該当する機能は利用不可となります。 it-bibouroku.hateblo.jp 基本認証を使用する製品としては、Microsoft 365 に関連する物は Windows Powershell および Outlook 2016 以前の Outlook クライアント (Outlook 2013 など) がございます。 それぞれの影響についてご紹介していきたいと思います。 (a…

  • 【Microsoft365参考書】アイテムが突然、消失した場合の原因として考えられることは?

    メールアイテムが意図せず消失したという事例があることを確認しています。 今回は、代表的な事例についてご紹介していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); [受信トレイ ルール] または [仕分けルール] を設定している ユーザーにて、メールボックスに [受信トレイルール] や [仕分けルール] の設定が可能です。 メールアイテムの削除や受信後のリダイレクト処理により、メールアイテムが削除されてしまう場合があります。 [アイテム保持ポリシー] の設定がある場合 アイテム保持ポリシーにより、プライマリ メールボックス内…

  • 【Microsoft365参考書】MC288630 回復可能なアイテム領域のアイテムがアーカイブメールボックスへ移動する期間が1日に変更

    現在の動作としては、ユーザーが [削除済みアイテム] フォルダーから削除したアイテムは [回復可能領域] に移動します。 既定の設定の状態でご利用の場合は、14 日経過すると当該のアイテムは [回復可能領域] から削除されますが、インプレースアーカイブが有効で、かつ訴訟ホールドなどの保持機能が有効な場合は、更にインプレースアーカイブ側の [回復可能領域] に移動する動作になっております。 アーカイブ側の [回復可能領域] への移動は保持タグ [Recoverable Items 14 days move to archive] (14日経過すると回復可能領域のアイテムがアーカイブに移動する)に…

  • 【Microsoft365参考書】(MC288051)自動拡張アーカイブの最大容量が無制限から1.5TBとなりました

    インプレースアーカイブを有効化することで、アーカイブメールボックスにアイテムを移動し、プライマリメールボックスの容量の逼迫を回避することが可能です。 通常、アーカイブメールボックスの容量の上限は100GB (ExchangeOnlinePlan1の場合は50GB)となりますが、自動拡張アーカイブを有効化することで、容量を拡張することができます。 今までは公開情報では、無制限と記述されておりました。 実際の動作としては、1TBが上限とされていました (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回、メッセージセンターのMC288051にて…

  • コロナワクチンの2回目の接種が完了しました

    コロナワクチンの2回目の接種が完了しました 副反応はどうでした? 接種した翌日に熱とダルさはでましたが、よく寝たら元気になりました よかったですね 今回、病院でファイザーのワクチンの予約が取れ、2回目の接種が完了しました。 予約をすると、同時に2回目の接種も予約されるようになっており、ファイザーなら3週間後、モデルナだったら、4週間後に自動的に予約されるシステムになっていました。 まず、1回目の接種の副反応は、接種した日の夜くらいから注射を打たれた腕の痛みが出て、3日くらい腕が上がらない状態になりました。(筋肉痛よりもちょっと痛いくらいの痛みでした) ちなみに注射自体は全く痛くなかったですね。…

  • 【Microsoft365参考書】既定のアイテム保持ポリシーを「なし」にすることができるか?

    新規にメールボックスを作成した際、既定ではアイテム保持ポリシーは「Default MRM Policy」が割り当てられますが、「割り当て無し」とするように可能であるかについてご紹介していきたいと思います。 アイテム保持ポリシーについては、以下の記事をご参照いただけますと幸いです。 it-bibouroku.hateblo.jp 新規作成のメールボックスの既定のアイテム保持ポリシーを変更する場合、MailboxPlan の機能を利用することで可能です。 ただし、MailboxPlan の RetentionPolicy 属性の値を Null とした場合、該当 MailboxPlan を使用してメ…

  • 【Microsoft365参考書】データセンターの場所の確認方法は?

    Microsoft 365 のデータについては、システム障害や地域災害からデータを守るために、常時データを複製し、少なくとも 2 か所のデータ センターに保管し冗長化を図っています。 Microsoft では、標準的なポリシーとしてデータ センターの正確な場所を開示してませんが、日本のデータ センターは東京と大阪に設置しており、バックアップをとりながら、ミラーリングしている状態でサービスを提供しています。 なお、データの保存先はテナントのリージョンとなるため Microsoft 365 管理センターのデータの場所にて記載されているデータ保存場所に接続されることが想定されます。 データの場所の確…

  • 【Microsoft365参考書】メールアイテムが消失した場合に復元や原因を調査するのは可能か?

    突然、メールアイテムが消失や削除された場合について、復元することは可能であるか、また、原因について調査が可能かについてご紹介していきたいと思います。 メールアイテムが消失したことについて、想定されるのは、誤操作で削除や他フォルダに移動してしまった場合や仕分けルールやアイテム保持ポリシーで他フォルダやアーカイブメールボックスに移動したことなどが考えられます。 まずは、復元可能かについて記述していきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); メールアイテムの復元が可能であるか? [コンテンツの検索] の機能を利用することで…

  • 空いた時間で副業するには何がいいか?おススメの仕事を紹介します。

    本日、「鬼滅の刃」無限列車編がTVで初放送ですね。 楽しみですね。 それは置いといて、在宅勤務などが増え、空いた時間で副業をしている人が増えたらしいです。 そうなんですね。 今回は私の経験をもとにおススメの仕事を紹介します。 よろしくお願いいたします クラウドワークス 自宅で空いた時間で仕事をするには、ライディングなどの記事作成やデータ入力などがやりやすいと思います。 クラウドワークスでは、企業や一般の方がクライアントとして仕事の依頼をしており、希望の仕事があれば、エントリーをおこない、クライアントの審査を通ることができれば仕事を受けることができます。 今、私が受けている業務はブログの装飾とい…

  • 【Microsoft365参考書】Teamsのプレゼンス機能(在籍状態)を非公開にすることができるか?Outlookのプレゼンス機能を非表示にできるか?

    Teamsのプレゼンス機能(在籍状態)を非公開に設定することができるかについてご紹介していきたいと思います。 プレゼンス機能については、以下のような連絡可能などのステータスを色で表示する機能です。 プレゼンス機能を非公開にする方法については、機能として実現ができないことを確認しました。 なお、期間を設定して、長期に "オフライン表示" 状態にすることについては可能です。 オフライン表示以外にも"連絡可能"のステータス以外は指定が可能です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); "オフライン表示" 状態にする期間を設定する Team…

  • 【Office365参考書】退職者のデータをライセンスを利用せずに保管するには?

    退職者のメールデータを残す場合、保持機能が利用できるライセンスがある場合は、以下の記事でも紹介しております非アクティブなメールボックスで残すことが可能です。 非アクティブなメールボックスは、ライセンスが解放されますので、実質、ライセンスを利用せずにアイテムを残すことができます。 it-bibouroku.hateblo.jp ただし、Exchange Online Plan1 のライセンスを付与しているユーザーなど保持機能が有効化できない場合は、非アクティブなメールボックスとすることができません。 その場合の方法としてふたつの方法をご紹介したいと思います。 // 共有メールボックスを利用する方…

  • 【Office365参考書】コンテンツの検索で検索やエクスポートを実行したログを確認することができるか?

    コンプライアンスセンターのコンテンツの検索を実行したログについて、[サンプルのレビュー] にてプレビュー表示をした場合とエクスポートを実行した場合は、Get-ComplianceSearchAction のコマンドレットにて取得可能であることを確認いたしました。 ただし、検索ルールを作成した場合や既存の検索ルールにて [検索の再実行] を実施した場合はログに記録されないため、ログから確認することができません。 また、プレビュー表示、および、エクスポートを最終的に実行したログが記録される動作であるため、過去にプレビュー表示やエクスポートを実行したログについては確認することができません。 以下に手…

  • 【Microsoft365参考書】メールボックスの使用容量を一覧で取得するには?共有メールボックスやMicrosoft365グループの容量も確認できる?

    今回は、メールボックスの使用容量を一覧として出力するコマンドレットについてご紹介していきたいと思います。 出力する使用容量については、通常領域と回復可能なアイテム領域の両方について確認できるように作成しております。 回復可能なアイテム領域は削除したメールアイテムが格納される領域です また、ユーザーメールボックスとあわせて、共有メールボックスとMicrosoft365グループ(グループメールボックス)についても、使用容量の出力が可能ですのでご紹介させていただきます。 ユーザーメールボックスの容量の上限は、ExchangeOnlineプラン1の場合は50GB、ExchangeOnlineプラン2の…

  • しゃぶ葉PayPay事件

    本日は休みであるため、しゃぶ葉札幌元町店へ行ってきました。 入口では体温を手首で測るようになっており、測ると「36度!」 絶対、こんなに体温が低いわけではありませんが、まあ、熱はないということで入店。 ナチュラル牛ロース&イベリコ豚食べ放題を選択しました。 久しぶりのしゃぶしゃぶでしたし、大変おいしいお肉でした。 ひとりすごい咳をしている客がいて、店の雰囲気が「この人コロナじゃないよな」みたいな重々しい感じに。。 喘息とかもしれないですが、今のご時世、ちょっと怖いですよね。 ワッフルも食べてお腹いっぱいになり、会計へ。。 ここで事件が! 能面みたいな顔をした女性店員がレジへやってきました。 一…

  • 【Office365参考書】Powershellのコマンドレットでメールボックスを作成するには?

    Powershellのコマンドレットで共有メールボックスを作成する場合、New-Mailboxで作成が可能ですが、ユーザーメールボックスを作成する場合もNew-Mailboxのコマンドレットにて、MicrosoftOnlineServicesID 属性を使用することで、ユーザー名を指定してメールボックスを作成することが可能です。 なお、共有メールボックスでは指定が不要である、パスワードの設定が必須となりますので、ご留意ください。 また、ライセンスが付与されていない状態でメールボックスが作成されますので、ライセンスを付与することを忘れないようご留意ください。 以下の記事を参考にExchange …

  • 【Office365参考書】パブリックフォルダのすべてのサブフォルダに権限を継承できるか?

    パブリックフォルダのアクセス権を付与する際に、配下にあるすべてのサブフォルダにも同様のアクセス権を付与したい場合、 「ルートアクセス許可」という項目があるので、配下のパブリックフォルダにアクセス権を継承できるのかについてご紹介していきたいと思います。 Exchange 管理センターの[パブリック フォルダー] の画面上部の [...] - [ルートアクセス許可] にて、特定のユーザーへアクセス権を付与した場合、新たに作成するパブリック フォルダーやそのサブフォルダーすべてにアクセス権が引き継がれる動作であり、既存のパブリックフォルダには継承されません。 なお、[ルートアクセス許可] の画面にて…

ブログリーダー」を活用して、ハミングイェーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ハミングイェーさん
ブログタイトル
社畜の所業
フォロー
社畜の所業

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用