searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

imgoodcoachingさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
勇気と覚悟を産み出す黄金体験コーチング (Gold experience coaching)
ブログURL
https://yesimgood-yuta.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
【思い描いた本来の自分になる為の輝かしい黄金体験を提供します】 アダルトチルドレン,HSPなど生き辛い方の為に著者の体験から生きやすいマインドを提供します。
更新頻度(1年)

46回 / 58日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2020/02/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、imgoodcoachingさんの読者になりませんか?

ハンドル名
imgoodcoachingさん
ブログタイトル
勇気と覚悟を産み出す黄金体験コーチング (Gold experience coaching)
更新頻度
46回 / 58日(平均5.6回/週)
読者になる
勇気と覚悟を産み出す黄金体験コーチング (Gold experience coaching)

imgoodcoachingさんの新着記事

1件〜30件

  • 闘いまくって克服をしてきたあなたへ

    人生の試練、 劣等感、 世間一般という価値観、 生きづらさ、 親子関係 横並びの連中 ぬるい奴ら と闘って闘って闘いまくって克服してきたあなたへ。 あなたは強い、タフだ。 そんなに闘える人間はなかなか居ないんだ。素晴らしい! 理解してくれる人も無く孤独に闘ってきた。 まさに孤軍奮闘。 力尽きようとも残りの力を振り絞り立ち上がってきた。 その度にその度に成長してきた。 それで良い。 全く問題ない。 上辺だけのつまらん慰めは同情は要らないよな。 大丈夫だ。まだいける。こんなところじゃ終われないよな!

  • 出不精で運動が続かないあなたへ。運動嫌いな私でも継続できている運動をご紹介します。

    メンタルの改善には運動が有効だ。 という話は聞いたことがあると思います。 なんだけど「よし明日の朝からジョギングするぞっ」と意気込んだもののいざ実行に移そうとするけれど足取りが重く結局辞めてしまう。 「あぁやっぱりダメだ。。。」 と、自己嫌悪を抱いて元に戻ってしまう。 まぁ私なのですが・・・ 運動の習慣が無い人間にはハードルが高い 運動嫌いの素人には外でジョギングなどは無理ゲーです。 室内でも少ないエネルギーでも出来る運動は何か? トランポリン最強説 トランポリン運動の効果 トランポリンって騒音とか大丈夫なの? 著者の今日のセルフトーク観察、感情受容 著者の今日のHAPPY世界観積み上げ 投票…

  • 根性論でなんとかなるならとっくに解決しているよ。アホか。

    メンタルの問題は根性論では絶対に解決できない。 某相談サイトを見ていたら・・・ 専門家に相談することが重要 まず自分にできることは何か??? 著者の今日のセルフトーク観察、感情受容 著者の今日のHAPPY世界観積み上げ 投票いただけると嬉しいです! ZOOM無料相談受付中です! 某相談サイトを見ていたら・・・ ---某相談サイトでの内容--- 自分は自己肯定感が低い、そしてその原因は家庭環境にあるのではないだろうか?という旨の内容で家庭環境についての記述があった。内容から察するにこれは自己肯定感低くなって当然の環境だなぁと思っていて回答を見て驚愕と共に怒りを感じた。 ---その答え--- 親の…

  • 絶望から始まる物語

    とある青年が居る。 彼は30歳に差し掛かったあたりから、何か生きづらさ、苦しさを感じていた。 これはちょっとおかしいのではないかと色々原因を調べたところアダルトチルドレン、機能不全家庭という言葉に辿り着いた。 自分の自覚していることや、過去の親の態度を思い出してもおそらく間違いないだろうと感じていた。 そして意を決し専門家に聞いた所、生きづらさの原因は間違いなく家庭環境の問題であるとはっきり告げられた。 自分では恐らくそうであろうと自覚していたものの、はっきりと他者から言われるとまた別の絶望感を味わった。 「理不尽だ、あまりにも理不尽だ。。。ふざけるな、なんで俺なんだ。。。」 それはそうだ、彼…

  • 感情の受容に条件は要らない

    前回、劣等感の解消方法として、セルフトークに乗っている感情を受容しようと書いた。 今回はその補足と無条件の受容はパートナーシップにも応用できますよという内容だ。 yesimgood-yuta.hatenablog.jp 条件付きの受容はNG 良好なパートナーシップを築くことにも受容は有効 著者の今日のセルフトーク観察、感情受容 著者の今日のHAPPY世界観積み上げ 投票いただけると嬉しいです! ZOOM無料相談受付中です! 条件付きの受容はNG 条件をつけての受容は逆効果になる可能性があるのでNGだ。 ノンジャッジが大原則だ。 マイナスもプラスも含めて全てありのままの自分であると受容すること。…

  • セルフトークの奥にある感情を受容すれば劣等感は解消できる。

    前々回に劣等感の深堀りについての記事を書いた。 今回はその補足内容。 yesimgood-yuta.hatenablog.jp 劣等感が生まれる理由。 自己受容をしてみる セルフトークの観察、受容 セルフトークに乗っている感情は何か?を観察しそれをそのまま受容する。 著者の今日のセルフトーク観察、感情受容 著者の今日のHAPPY世界観積み上げ 投票いただけると嬉しいです! ZOOM無料相談受付中です! 劣等感が生まれる理由。 劣等感は解消しない限り延々と湧き上がってくる。 頑張っても頑張っても満足できない、幸福感を得られない原因はそこにある。 まず、必ず確認して欲しいことは、 「幼少期に親はあ…

  • アダルトチルドレンの為の認知チェックリスト(こんな思考の時は苦しい)

    下記の考え方が信念(ブリーフ)に入っていると苦しみの原因となる。 あなたが苦しいと感じている時の思考を思い出してみて欲しい。 もし入っていたとしても改善すればOKだ。 改善すればOKなので悲観する必要は全くないですよ! 認知チェック ~べき主義 完璧主義 極端な一般化 自己の過小評価 不安の増大化 認知が歪んでいることを知り改善すれば良いだけのはなし 著者の今日のHAPPY世界観積み上げ 投票いただけると嬉しいです! ZOOM無料相談受付中です! 認知チェック ~べき主義 ~であるべきだ。 ~でなくてはいけない。 ~して当たり前。 ~は常識だ。 例)仕事から逃げてはならない。責任を負わなくては…

  • 劣等感解消の為の深堀りテンプレート

    劣等感はとどのつまりは本人の思い込みである。 そこには思い込んでしまった原因が必ず埋没している。 劣等感を深堀し意識に上げ受容することが出来れば劣等感を感じることも無くなっていくはずだ。 劣等感深堀りテンプレート あなたはどういう劣等感を持っていますか?ひとつ上げてください。 その劣等感はどういった時に感じますか??? その劣等感でどのような不都合がありますか??? その劣等感はどのような原因で作られたと思いますか??? その時はどういった感情でしたか??? 赤の他人があなたと同じ若しくは類似した劣等感を持っていると知ったらどう思いますか??? その劣等感が形成される原因が他者であった場合、そ…

  • 他人を許す、そして自分を許す

    あなたは他人や自分の許せない所はありますか??? その許せない所はあなたが今までフタをしてきて無かったことにしてきた所かもしれない。 以前書いたイライラする原因と似た内容だが切り口を変えて書いてみる。 yesimgood-yuta.hatenablog.jp 許せない原因は何か??? 完璧主義という呪いシステム 何故偽りの自分を演じるようになるのか??? 呪いシステムによりエネルギーが消耗されている 偽りの自分から脱出しよう! まずはエネルギーに着目する エネルギー消費の原因は本当の自分を偽って無理をしていること 自分を偽る原因は完璧主義というブリーフシステム 他人を許す 他人を許せば自分も許…

  • 自己実現には自分の在り方(世界観)が最重要である。

    あなたは自分の在り方を考えた事はあるだろうか??? 言い方を変えれば、そもそもの自分の世界観だ。 在り方が不幸であれば、何を得ても不幸であることに変わりない 何故不幸という在り方になってしまったのか? 今すぐHAPPYになれば良い 他者比較をしない 自分を受容する ささいな幸せに目を向けてみよう 在り方が不幸であれば、何を得ても不幸であることに変わりない そもそも自分は不幸である、そして他者と劣等感を感じていたり、何かが足りないと欠乏感を感じている状況では何を得ても満たされることはない。 例えば、そんな状態で欠乏感を糧に事業を成功させ大金を得ても傍から見れば羨ましく見えるが、元が不幸なので本人…

  • 心のアンテナは何処に向いていますか?

    もし心にアンテナがあるとしたらあなたの心のアンテナは何処に向いているだろうか??? 将来、自分が何をやりたいのかがわからない、目標(ゴール)設定がうまく出来ないといった場合は内省が必要だ。 自分の事が良くわからない人はアンテナが外向きに向いている アンテナを内向きに向けること(内省)が重要だ どのように内省をしたらよいのか? 意識的に自分に意識を向けよう。 アンテナが外向きだったあなたは他人の気持ちがわかる人間だ。 大切なのは内外のバランスとアンテナの移動力 自分の事が良くわからない人はアンテナが外向きに向いている あなたにはこんな自覚はないだろうか??? 他人の目や評価を過度に意識している …

  • 他人に対してイライラする原因は受け入れられなかった過去にある。

    あなたは他人の行動に大してイライラする事は無いだろうか? もしそのイライラに苦しんでいるのなら今回の内容は手助けになると私は確信している。 他人にイライラする自分 イライラの原因は親に受け入れられなかった過去にある そのイライラを許すことが苦しみの解消になる イライラしなくなったらそれは解消された証拠だ。 他人にイライラする自分 私は他人に対して無性にイライラしてしまう時がある。 (以前よりはマシになったが) 仕事が遅い人、要領が悪い人、自分勝手な人、だらしがない人、もじもじしている人、仕事を最後までやらない人、無責任な人など 自分でも説明しろと言われるとうまく説明できないのだが無性にイライラ…

  • ハッタリは現実化する。

    今回は目標にチャレンジをする時の自信について書いた。 初めは皆同じスタートラインである。 目標を達成するのは自分自身であり他人ではない 卵が先か鶏が先か ハッタリをかませばよい 現実化させればハッタリではない 達成するまでハッタリをかまし続けることが重要 私は筋金入りのハッタリ野郎である 初めは皆同じスタートラインである。 あなたが何か新しい目標を立てチャレンジしようとした時、初めは自信が無いと思う。 それは至極真っ当なことでやったことが無い事をやるということは結果が予想出来ない事をやるからであり自信がある方がちょっと怪しい。 ごく一部の初めから上手くいく才能がある人は例外として皆全員スタート…

  • 過去と闘って何が悪い。

    プロレスラー中邑真輔選手の言葉 Shinsuke Nakamuraとは 過去との闘い ブリーフが形成される時とは? ブリーフと意識の乖離が葛藤(苦しみ)の原因 葛藤を解消するにはどうしたら良いのか? 内省は一人でやるには難しい Shinsuke Nakamuraの言葉を借りて プロレスラー中邑真輔選手の言葉 「過去と闘って何が悪い。 昔を越えようとして何が悪い。 未来は俺が作る。 生きたいように生きる。なりたい自分になる。」 Shinsuke Nakamuraとは 中邑真輔選手は元新日本プロレスのトップスターであり、現在はアメリカのWWEというプロレス団体で活躍していており、「Shinsuke…

  • 行動するためにはどうしたら良いか?

    前回、コーチングを理解するには兎にも角にもグダグダ言ってないでとにかくやれと書いた。 ただ、それだけだと乱暴すぎるので、どうしたら良いのかを書きたいと思う。 まずは「ミニゴールを立て日々確実に実行すること」である。 これは普段やっていないこと(習慣になっていない)でミニゴールを立て日々実践していく。 内容は何でも良い。 初めはほんとにちっぽけなことで良い。 例えば、コンビニで物を買った時に「ありがとう」と言うとか、 それも難しければ帰宅時に靴を必ず揃えるとか、 他者と規模を比較する必要は無い。 あなたにとって意思エネルギーを使うことをやれば良いのだ。 継続出来れば、初めた時はエネルギーを使って…

  • 「言葉」でなく「心」で理解できた!

    コーチング理論を実践する為には理論体系を習得する事は勿論重要である。 だが、理論ばかりに偏っていては習得は出来ない。 必ず実践する必要がある。 理論だけでは頭で理解していても心、体で理解出来ていないのだ。 「頭ではわかっていても、うまく行動が出来ない」とよく言うが理論だけだとそのような状態に陥る。 思考と行動が繋がっていない。 故に意識しないと(意思力=エネルギーを使わないと)行動が出来ない。 思考と行動が繋がると意志力をそれほど使わなくても自然と行動が出来るようになる。 その為には体・心にわからせる為にグダグダ言ってないでとにかくやれなのである。 ちょっとこのあたりのニュアンスは反感を買って…

  • ぼっちで何が悪い。マイノリティ万歳。

    ちょっと前の話だが便所飯なる言葉があった。 学校や職場で昼ごはんを一人で食べていると友達が居ないと思われるのが嫌でトイレの個室で食事をするらしい。 まず一人=寂しいなどといった概念を決めた奴は誰だ? そんなよくわからん同調圧力のようなもの屈してはならないと私は思う。 屈すると言うかそこで自分を曲げてしまってはおしまいだ。 それは他人の価値観で生きるということになってしまう。 自分の価値観で生きるか? 他人の価値観で生きるか? それは本人の勝手だが、折角の人生だ。 自分の価値観で生きよう。 そもそも群れる人種というのは一人では物事が出来ない弱っちい奴と相場が決まっている。 あなたはそんな人間では…

  • 嫌いなタイプの人のTwitterをフォローしてみよう

    人はある程度気の合う仲の人としか付き合わない。 自分にとって嫌いなタイプの人間というのは「不快」である。 わざわざそれに近づかない。 生存本能的にそれは正しい。 だが、気の合う人間だけとの付き合いだと考えが偏ってしまう。 とはいえ嫌いな人と付き合うというのはなかなか出来ないと思う。 そこで提案だ。 「あーこの人嫌い無理だわぁ」と思った人のTwitterをフォローして暫く見てみて欲しい。 最初はタイムラインに嫌いなタイプの人の言葉が出てきてイラっとしてしまうと思う。 「はーコイツ何言ってんだよ。意味わかんねー」な感じだろうか。 だが、それが良いのだ。そのイラっとはあなたのコンフォートゾーンが揺ら…

  • なぜ苦しいのか?ブリーフはシステムなので勝手に発動する。

    ブリーフシステムを用いて苦しみのメカニズムを自分なりに解説してみる。 ブリーフシステムは無意識上でのシステムである。 無意識上でのシステムなので意識せずとも勝手に実行される。 (プログラムが走ってしまう) そこに自分の意志との乖離があると同一性が失われ摩擦が生じる、それがエネルギーロスとなりその摩擦が苦しみの原因となる。 顕在意識上では前に行きたい自分がいるが、無意識(ブリーフ)は後ろに引っ張っている。 イメージで言うとそんな感じだ。 無意識というのは非常にパワフルで意識レベルでは絶対に勝てない。 無意識9:意識1と考えてもらってよい。 なので、意識で(根性で)なんとかするというのは不合理だ。…

  • フォロワー、いいねが多ければ良いという訳ではない。(コーチ選びシリーズ3)

    SNSなどでのいいねであったりフォロワー数は一般に多い方が良い(?)と言われてはいるがコーチの場合は一概にそうではない。 芸能人やインフルエンサーなど影響力を及ぼす人というのは、当然ながらフォロワー数が必要だ。影響力がある種パロメーターのようなものだからだ。 そして数を獲得する為に一般多数にウケる必要がある。 この一般多数にウケるという所がキモでコーチにはその必要がない。 以前コーチ選びの最重要要素は相性であると書いた。 果たしてフォロワー数が多い=一般多数にウケるコーチがあなたと相性抜群なコーチである保証はあるだろうか??? 例えがちょっと古いのだが、 あなたが男性だとして、国民的アイドルA…

  • クライアントは何を求めているのか?(コーチ選びシリーズ2)

    クライアントは何を求めてコーチを探しているだろうか? とどのつまりその求めているものを提供出来れば集客は可能である。 少なからずもコーチング理論ではないだろう。 コーチング理論を学びたければコーチングスクールに行けば良い。 なのだが、なぜか画一的にコーチング理論を説明しているだけの情報が多い気がする。 それを見たコーチを探しているクライアント候補の方はどう思うであろうか???「この人なんかよーわからんなぁーもういいや」 で終わるはずだ。 そしてコーチを探している方に覚えておいていただきたいのだが、 コーチング理論に詳しい人とコーチングが上手な人はイコールでは無いということを覚えておこう。 ちょ…

  • 一万円札を破っても何も変わらない

    一万円札を破るというワークをご存知だろうか? これはお金のブロックを破るという意味で推奨されるワークだ。(勘違い無きように書いておくが紙幣を破ること自体は犯罪行為ではありません) 実際、私もやったことがあるが大して変わらなかった。 但し、経験として一度はやっておいた方が良いと思う。 (真っ二つ程度であれば銀行に持っていけば替えてもらえます) 何を言いたいのかというと、そういった類の事をやった程度では何も変わりませんよということ。 自分の人生はもっともっと自分基準で良いということ。 例えば成功法則的なものをやるにしても、その通りにやったところでうまくいく保証なんか無い、ゼロでなのである。 やった…

  • 【辛口注意】結局、誰も助けてはくれない

    辛口注意です。考え方の問題ですので字面のまんま受け取っちゃダメです。 という前提から始めるが、 自分を変える・現状を変えるには主体的であることが必須条件である。 大前提として理解していただきたいのだが、コーチはあなたを変えてはくれない。 変わるきっかけを作ったり、盲点になっている視点を提案してくれたり、勇気付けをしてくれたり、変化を促進させたり、変化の過程を客観的に見てくれたりするだけだ。 最終的に自分を変えることは、自分自身にしか出来ない。 他人には出来ないのである。 なので、コーチがなんとかしてくれるだろうとか依存的な心構えであると結果はほとんど出ない。 よくある広告で、コーチがマインドを…

  • 目標達成過程は死にゲーをクリアするようなものだと考えれば良い。

    個人的な趣味話が入ってしまい恐縮であるが、私はDARKSOULというゲームが大好きだ。 このゲームは高難易度で有名で俗に死にゲーと言われている。 このゲーム凄い所は基本的に死んで(失敗して)クリア方法を覚えることにある。 初見(一回で)クリア出来る人はまず居ないだろう。 そして諦めないで続ける限り死ぬ度に上手くなっていく自分が体感できるようになっている。 新しいことにチャレンジすることも似たように考えれば良いだけだ。 大事な事は 小さくても良いからはじめの一歩を踏み出す 行動しないことのデメリットと行動することのリターンをしっかり考える 失敗をして身につくリターンと失敗を恐れて何もしないことの…

  • コーチ選びは相性が最重要。権威や価格、学歴で選んではいけない。

    今回はコーチ選びの話。(私自身の実際の失敗談から) コーチ選びは言わずもがなコーチングを十二分に活かす為に重要な要素だ。 だが、コーチと言えど十人十色である。誰でも良いというわけでは無い。 それほど重要なはずであるのにコーチの選び方を知らない人がほとんどだと思う。 私も何も知らなかった。 とりあえず結論だけ先に書いておくと 相性が一番であるということ。 そしてコーチの権威や学歴、価格と言った基準では絶対選んではいけない。 自分の恋人を選ぶと同様に考えてもらってOKだ。 一生の付き合えるか?くらいで考えてもらって良いと思う。 自分の恋人を権威や学歴で選ぶだろうか?まぁそういう人も一部居るが。。。…

  • 【ゴール設定シリーズ2】過去は関係ある

    過去は関係ないというのはコーチングにおいてよく語られる文言だ。 私もその文言通り受け取り未来志向であれば過去は関係ないのだ、としていた。 だが、ゴール設定において過去は関係ある。 それは過去、特に幼少期、成長期にwant toでやっていたことが親など大人に否定された事は無かったか?ということである。 want toがわからない。ゴールがわからないというのは過去にwant toが否定されたことに起因しているのだ。 ちょっと考えてみて欲しい。 子供の頃は100%want toで遊んでいなかっただろうか? デパートで走り回ったり、店のお菓子やおもちゃ買って買ってーと泣きじゃくったり100%want …

  • 【ゴール設定シリーズ1】そもそも日々want toを実践しているのか?

    今回はゴール設定について。 ゴール設定は色々な要素が絡んでいるし人によって見解は様々だが、私の個人的な意見を書かせてもらうと自分にあった解釈で良いのかなと思う。 ただし、そこで思考を固定させるのではなく、色々な人の話を聞いたり、自分でPDCAをしてみながら変化させることが条件である。 以下私の考えを書いておく。 色々書くとゴチャゴチャになってしまうのでシリーズとして分けて書こうと思う。 今回はゴール設定のうちの「want to」について。 ゴールは当然want toで設定するものであるが、今一度確認していただきたいのは普段はwant toを意識しているか?ということ。 仮に何かやりたいことがあ…

  • 理論だけで良いならコーチングは本だけで済む

    もしあなたが人生を変えようと色々と本を読んだり、セミナーに行ったり、セッションを受けたりしていてそれでも変化の兆しが見えないとしよう。 私はどちらかというと理論寄りの人間だ。 コーチングも理論を優先に学んだというか理論ばかりであった。 そして、改善は見られたが人生を変えるほどコーチングの力を使いこなせていなかった。 そんな理論偏重の私だからこそ言えるのだが 「理論なんて学ぶのはもう止めちまえ」 なのである。 マインド、ブリーフが書き換わるのは確かに一瞬だ。 これは私は実体験しているからわかる。 だがそれは理論を学んだだけでは出来ない。絶対に無理だ。 そこには感情が伴わなければならない。 そして…

  • 心を動かすには感情が必要である。

    子供の頃の記憶はどんな記憶があるだろうか? ちょっと思い出してみて欲しい。 運動会のかけっこで1位になって嬉しかった。 テストの点が悪くて怒られた。 サッカーでころんでヒザをすりむいて泣いた。 友達が転校して悲しかった。 遠足の時みんなで外でお弁当を食べて楽しかった。 お気づきかと思うが、記憶していることは全て感情を伴った記憶であったとはずだ。 国語の授業に読んだ文章を覚えてはいない。なぜかと言うと感情を伴っていないからだ。 そしてその感情を伴った記憶は信念として残り、現状のあなたの価値観に影響していることもままあると思う。 自己の問題に向き合い解消しようとする時、自分の脳内処理だけでは足りな…

  • アダルトチルドレンは被害者なのか?

    自分に自信がなかったり、 極端に真面目であったり、 過度に人の目を気にする、 周りとうまく打ち解けられず生きづらさを感じている。 その原因はご自身の幼少期の成長過程における 親の価値観の強要であったり 自分の主観でしかない論理性を欠くしつけ 存在、個性を否定するような言動を受けた事 が原因である。 言い方が難しいが「普通に(一定水準以上の)」正しい親の愛を受け成長し成人した人は上記のような悩みは無い。起こりようが無い。 自分の親が正しい教育、マインドを理解していれば自分はこうはならなかった。 といった被害者意識を持ってしまう人もいるだろう。 私もそうだった。 なぜ自分がこんな目に合わなければな…

カテゴリー一覧
商用