chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
アメネコ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/01/26

1件〜100件

arrow_drop_down
  • Art Garfunkel  Scissors Cut

    シザーズ・カット~北風のラストレター(紙ジャケット仕様)アーティスト: アート・ガーファンクル出版社/メーカー: SMJ発売日: 2012/10/10メディア: CD 「シザーズ・カット(北風のラストレター ) 」はアート・ガーファンクルの5枚目のソロアルバムで81年にリリースされた、「Bridge over Troubled Water」を含むサイモン&ガーファンクルのアルバムも共同プロデュースしたロイ・ヘイリーが共同プロデュースをし、2年半ぶりとなったアルバムは、今は亡き恋人のローレン・バードに捧げたもの。日本でのファースト・シングルになった「Hang On In」はアップ・テンポのナンバーだが、それ以外は穏やかで静かな曲で構成された美しい作品で、タイトル曲の「Scissors Cut」はアート・ガーファンクルとの関係が深いジミー・ウェッブの書いた名曲に、梵語の輪廻(迷いの世..

  • Billy Preston & Syreeta

    BILLY PRESTON & SYREETA: EXPANDED EDITIONアーティスト: BILLY PRESTON & SYREETA出版社/メーカー: SOULMUSIC RECORDS発売日: 2018/10/05メディア: CD 「ビリー・プレストン&シリータ」は、81年にモータウン・レコードから発売されたデュエットのアルバム。5人目のビートルズと呼ばれたキーボード奏者&シンガーのビリー・プレストンとスティーヴィー・ワンダーの元妻であるシリータ、この個性的な二人の初顔合わせのアルバムは、シリータのチャーミイングなヴォーカルの魅力とビリー・プレストンの隠されたロマンチックなヴォーカルの魅力が見事に組み合わせられている。2人の出会いは、79年初頭にモータウンと契約したビリー・プレストンはシリータと偶然の出会い、モータウンは、映画「ファストブレイク」のポップバラードでコ..

  • The Crusaders  Standing Tall

    スタンディング・トール出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2005/10/12メディア: CD 「スタンディングトール」は、ザ・クルセイダーズの14枚目のアルバム、81年にリリースされた。79年の「ストリート・ライフ」で初めて歌手のランディ・クロフォードを起用、翌年の「ラプソディ&ブルース」ではビル・ウィザースを起用、この「スタンディングトール」では、ジョー・コッカーを起用し、「I'm So Glad I'm Standing Here Today」「This Old World's Too Funky For Me」の2曲を歌っている、この2曲はジョー・サンプル(Key)の作曲とウィル・ジェニングスの作詞で、実に良い。歌詞はジョー・サンプルの自伝的内容らしく、そのヒューマンな歌詞は、近年の自身の辛い体験をダブらせて歌うジョー・コッカーも感動的だ。..

  • Lee Ritenour Rit

    RIT(SHM-CD)アーティスト: リー・リトナー出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2009/06/24メディア: CD 「リット」はギタリスト、リー・リトナーが81年に発表したスタジオ・アルバムで、本格的にヴォーカルをフューチャーしたアルバムでした。リー・リトナーはソロ・アルバムでまだ無名だったビル・チャンプリン(その後シカゴに入りヒット曲を出します)をフューチャーしたり、セッション・ギタリストとしても幾つもの歌ものにも参加し、歌ものにも挑戦していたのですが、このアルバムでは全10曲中、前半の4曲をチョット前に紹介したエリッグ・タッグのヴォーカルをフューチャーし、リー・リトナーにとって本格的に歌もののプロデューサーであることを意識する作品となった。サウンド的にもギタリストとして歌ものでも、リー・リトナーのギターはバックでしっかり鳴っていて存在感を出し..

  • Bob James&Earl Klugh One On One

    ワン・オン・ワン+1出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2015/02/18メディア: CD ジャズ・キーボーディストのボブ・ジェームスとアコースティック・ギタリストのアール・クルーによる79年のコラボレーション・アルバム「ワン・オン・ワン」。ボブ・ジェームスのコラボレーション・シリーズの出発点となったアルバムで、元祖スムース・ジャズの代表的なアルバムの1枚、81年にグラミー賞の最優秀ポップインストゥルメンタルパフォーマンスを受賞しています。作曲は3曲ずつを担当し、アレンジはすべてボブ・ジェームスが担当、CTI出身者らしくクラシカルな雰囲気とカラフルなサウンドはボブ・ジェームスらしく、アルバムとしてのムードが一貫しているのは、一流のアレンジャーを証明している。タイプの違う3人のベーシストを巧みに使い分け、特にウッド・ベースの名手ロン・カーターを起用した所など、..

  • Michael Hedges Aerial Boundaries

    エアリアル・バンダリーズ(期間生産限定盤)アーティスト: マイケル・ヘッジズ出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/05/25メディア: CD 「エアリアル・バウンダリーズ(空中境界)」は、ギタリストのマイケル・ヘッジズが84年にウィンダム・ヒル・レーベルからリリースしたセカンド・アルバム。「エアリアル・バウンダリーズ(空中境界)」の曲はすべて美しく、それ自体が心に残るもので、作曲に重点が置かれているからこそで、最高のアコースティック・ギター・アルバムの1つでした。マイケル・ヘッジスはジェスロ・タルのリーダーであるイアン・アンダーソンに刺激され、フルートも手にとるようになり、レッド・ツェッペリン、ジミ・ヘンドリックスの影響を受ける一方でジョニ・ミッチェルやニール・ヤングといったシンガーソングライターを知ったことで、アコースティック・ギターに夢中になったという。ウィリアム・ア..

  • William Ackerman Passage

    Passageアーティスト: Ackerman, William出版社/メーカー: Windham Hill Records発売日: 1990/10/17メディア: カセット ウィリアム・アッカーマンは音楽プロデューサー、作曲家、ギタリストで、ニューエイジ・ミュージックを発展させ大衆化させたウィンダム・ヒル・レコードの創始者である。プロデューサーとしてもジョージ・ウィンストンやマイケル・ヘッジスなどのニューエイジ系アコースティック音楽を世に広めた。ウィル・アッカーマンの4作目にあたる「パッセージ」は81年にリリースされた傑作で、イングリッシュ・ホーン、ヴァイオリン、ピアノ(ジョージ・ウィンストン)、チェロで構成された重厚感のあるサウンドと美しいメロディー・ラインは日本における「癒やし系音楽」ブームの切っ掛けにもなった。ウィリアム・アッカーマンの作風は、叙情的で透明感のある自然回帰..

  • George Winston : Autumn

    Autumnアーティスト: Winston, George出版社/メーカー: Valley発売日: 2017/09/08メディア: CD 「オータム」は、アメリカのピアニスト、ジョージ・ウィンストンが80年にリリースしたアルバム。ピアノ・ソロ・アルバムとしては異例のヒットを遂げ、世界的にウィンダム・ヒルサウンドを流行させた。元々ウィリアム・アッカーマンのギター・ソロ・アルバムとして計画されていたが、ウィリアム・アッカーマンの自宅でジョージの演奏に感銘を受けたアッカーマンから「君はピアノのアルバムを製作するべきだ!」と助言を受ける。当初ジョージは反対していたものの、アッカーマンの粘り強い説得により最終的にピアノ・ソロ・アルバムとして録音された。ジョージ・ウィンストンの自然風景を反映するプレイは、ニューエイジ(癒し系音楽)と言われ、本人はそのプレイスタイルを、 "Rural Folk..

  • Zap Mama

    ザップママアーティスト: ザップ・ママ出版社/メーカー: プランクトン発売日: 2007/09/30メディア: CD ザップ・ママは1990年に結成されたマリー・ドルヌを中心としたベルギー出身のア・カペラ・コーラス・グループ。マリー・ドレヌはベルギー人の父親とザイール人の母親の元、ベルギーより独立して間もないコンゴ(旧ザイール)に生まれ、後にベルギーのブリュッセルへと移住、ドレヌはスティーヴィー・ワンダー等のソウルミュージックに夢中になるが、成長するに従いピグミー族の音楽に興味を持ち、18歳の時にザイールに帰国し、ピグミー族の音楽に改めて触れることになる。ベルギーに戻ると、1990年に女性のみのクインテット構成となるア・カペラ・コーラス・グループ、ザップ・ママを結成した。1991年にベルギーのインディー・レーベルよりセルフ・アルバム「ザップ・ママ」を発表し、全米チャートのワールド..

  • Ohio Players Skin Tight

    Skin Tightアーティスト: Ohio Players出版社/メーカー: Island / Mercury発売日: 1994/01/25メディア: CD グループ名の由来にもなったオハイオ州デイトン出身のファンク&ソウルのグループ、オハイオ・プレイヤーズの5枚目のスタジオ・アルバム「スキン・タイト」は74年にリリースされた。70年代屈指のファンク・バンド、オハイオ・プレイヤーズ、その起源はウィルソン・ピケットがいたファルコンズのバッキングしていたオハイオアンタッチャブルとして結成されました。サイケデリックやスライ&ファミリー・ストーンの影響から独自の肉感的なサウンドを開拓、このアルバムではリーダー的存在のリロイ・シュガーフット・ボナー(g&vo)を中心に、よりジャジーで洗練されたファンクサウンドへのグループに変わるターニングポイントとなったアルバムでした。その後のアルバム「..

  • Billy Preston The Kids And Me

    キッズ&ミーアーティスト: ビリー・プレストン出版社/メーカー: USMジャパン発売日: 2012/10/17メディア: CD ビリー・プレストンは60年代前半からリーダー作を出し、サム・クックやレイ・チャールズのバッキングをしたり、スライ&ザ・ファミリー・ストーンとも交流をしスタイルに磨きをかけ、ビートルズの「Let It Be」と「Abbey Road」に参加し、ビリー・プレストンらしいゴスペルとニューオリンズの要素が混ざったキーボード・プレイで、ビートルズのシングルにクレジットされたこともあり「5人目のビートルズ」と言われ、その後アップル・レコードから2枚のソロ・アルバムを出し、ソロ・シンガーとしても頭角を現します。さらに70年代前半にはザ・ローリング・ストーンズのアルバル作りに参加しサウンドを牛耳ってもいました。マルチな才能を持つミュージシャンでキーボーディスト・シンガー..

  • Leon Ware  Musical Massage

    ミュージカル・マッサージ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2019/03/20メディア: CD リオン・ウェアの「ミュージカル・マッサージ」は76年にリリースされた、セカンド・アルバム。マービン・ゲイの名作「I Want You」の半年後に完成させた作品で、モータウンのお抱えライターだったリオン・ウェアのオリジナル曲「I Want You」をマービン・ゲイが非常に気に入り、取り上げて、孤独と愛への欲求を表した非常にエロティックな曲をセクシーさ全開で歌い上げましたが、本当は本作「ミュージカル・マッサージ"」の為に作っていた曲でした、リオン・ウェアが理想とする音楽によるセクシャルな表現を追究したアルバムでしたが、モータウンによって適切に宣伝されませんでした、それにもかかわらず、ミュージカルマッサージは、「I Want You」とそのアルバムのプロデューサーの曲に..

  • Chicago X

    シカゴX(カリブの旋風)アーティスト: シカゴ出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2015/08/05メディア: CD 「Chicago X」はシカゴの8枚目のスタジオ・アルバム。カリブー・ランチで録音され、76年にリリースされた。前作からブラス・ロックで鳴らしたシカゴにから、AORやポップス路線へと移行し始める要素が出て来た。シカゴ初期はロバート・ラム 、ジェイムズ・パンコウ 、テリー・キャスによる曲作りの中心にいたが、その後ピーター・セテラが頭角を現し、本作で「If You Leave Me Now」がグループ初の全米ナンバー・ワン・ヒットとなりグループ内の力の均衡が崩れていく。全米ナンバーワンを記録するが、バンドのリーダーであるテリー・キャスやロバート・ラムはこのような音楽性に強く反対したと言う。この後シカゴはテリー・キャスが拳銃暴発事故により死亡な..

  • Erik Tagg Smilin' Memories

    Smilin' Memories出版社/メーカー: Vivid Sound発売日: 1997/11/28メディア: CD エリック・タッグはAORやフリー・ソウル・シーンで高い人気を集めるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダに渡り、放浪中に盗難に逢い、日銭を稼ぐためにオランダで音楽活動を始めた事がきっかけでビーハイヴというバンドのメンバーになりデビューした。この「スマイリン・メモリーズ」は75年にリリースされ、エリッグ・タッグのソロとしてのデビュー・アルバムで、オランダでリリースされた。レコーディングはロサンゼルスで行われ、全曲のドラムスをジェフ・ポーカロが担当し、ベースも弟のマイク・ポーカロが担当、後に親交を深めるリー・リトナーがギターを担当し、さらにデヴィド・フォスターがキーボードで3曲を弾いている。まだ全員が20~26歳の若さ溢れる演奏にエリック・タッグ..

  • Leroy Hutson  Hutson

    Hutsonアーティスト: Leroy Hutson リロイハトソン出版社/メーカー: Acid Jazz/hostess発売日: 2018/04/04メディア: CD リロイ・ハトソンは大学時代にダニー・ハサウェイらとルームメイトでした、ミュージシャンのカーティス・メイフィールドによってキャンパスで結成されたグループであるメイフィールドシンガーズに参加しデビュー、そこで、リロイ・ハトソンはダニー・ハサウェイの出世作「The Ghetto」やロバータ・フラックの「Tryin Times」などをダニー・ハサウェイと共作をし親友となります。その後、カーティスメイフィールドに代わってインプレッションズのリードシンガーとして2年半滞在し、作家、プロデューサー、アレンジャー、ミュージシャンとしての彼自身のキャリアを追求するためにソロに転向、彼が実力を発揮をし出すのは栄光のインプレッションズ..

  • Neil Young After the Gold Rush

    After the.. -Annivers-アーティスト: Young, Neil出版社/メーカー: Reprise発売日: 2020/12/11メディア: CD 「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」は、ニール・ヤングが1970年に発表した3作目のソロ・アルバム。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの活動期間中に発表されたアルバムで、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの名作「DEJA VU」と並行して発表された。クレイジー・ホースのメンバーとジャック・ニッチェ、スティーヴン・スティルス、ニルス・ロフグレン、グレッグ・リーヴスらが録音に参加した。ニール・ヤングの人気を決定づけることとなった名盤で、全体的にアコースティックな肌触りと、穏やかな雰囲気の作品だ。シンプルで叙情的な名曲「Only Love Can Break Your Heart」「After the Gold ..

  • Joe Cocker I Can Stand A Little Rain

    I Can Stand a Little Rainアーティスト: Cocker, Joe出版社/メーカー: Umvd Special Markets発売日: 1995/04/16メディア: CD ジョー・コッカーはR&Bに影響を受けた唱法やライブ・パフォーマンスが評判を呼び、68年にビートルズのカヴァー「With a Little Help from My Friends 」全英チャート1位の大ヒットで脚光を浴びる。69年にウッドストック・フェスティバルに出演し人気を決定づける、さらに70年のマッド・ドッグス&イングリッシュメン・ツアーなど、華々しい活躍をしたが、その後はアルコールとドラッグ依存のために数々のトラブルに見舞われた。再起を期して74年にリリースされた「 I Can Stand A Little Rain」はマッド・ドッグスでの仲間だったジム・プライスのプロデュースは..

  • Elton John  Madman Across the Water

    マッドマン(紙ジャケット仕様)出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2019/08/07メディア: CD 「マッドマン・アクロス・ザ・ウォーター」は、71年に発表されたエルトン・ジョンの4枚目のスタジオ・アルバム。アルバムの全ての作詞はエルトン・ジョンが1968年のデビュー以降その多くの曲を手掛けている盟友バーニー・トーピンが作詞をし、その歌詞に載せてエルトン・ジョンが作曲をする形を取っているアルバムで、そのバーニー・トーピンの文学青年的な世界感をエルトン・ジョンが彼のリリックを歌うことで、まるでエルトン自身の世界を描いているように聴こえてしまうほど、素晴らしい内容で、さらにポール・バックマスターによるオーケストレーションを大胆に取り入れたメロディアスなバラード・アルバムだった。名曲の「タイニーダンサー」と「レヴォン」はヒットし評価されたが、当時特にイギリスでは..

  • Jimmy Webb Words And Music

    Words & Musicアーティスト: Webb, Jimmy出版社/メーカー: Collector's Choice発売日: 2006/04/04メディア: CD 「ワーズ・アンド・ミュージック」はジミー・ウェッブのセカンドアルバムで、70年にリリースされました。ファースト・アルバムは勝手にデモを発売されたので、「ワーズ・アンド・ミュージック」がジミー・ウェッブ本人の手よる実質的なソロ・デビュー作品です。 ソングライターとしてモータウンの音楽出版社と契約したジミー・ウェッブはフィフス・ディメンションに「Up ,Up And Away」が大ヒット、続いてグレン・キャンベルの「By The Time I Get To Phoenix」もヒット、さらにリチャード・ハリスの「Mac Arthur Park」もヒットし、弱冠21才でソングライターとしての名声を獲得した。これらのヒット..

  • The 5th Dimension The Age Of Aquariis

    Age of Aquariusアーティスト: Fifth Dimension出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.発売日: 2008/02/01メディア: CD アルバム「アクエリアス・エイジ」は、ザ・フィフス・ディメンションの4枚目のアルバムで、69年にリリースされた彼らの最大のヒット作。男女5人の黒人ヴォーカル・グループのザ・フィフス・ディメンション、ヴァーサスタイルという当初のネーミング通り、単なるポップ・コーラスにとどまらない多彩な魅力を発揮した。ブロードウェイ・ミュージカル「ヘアー」の挿入歌を取り上げたフラワー・ポップの「 Aquarius / Let the Sunshine In (The Flesh Failures) 」で初の全米ナンバー・ワン・ヒットを獲り、ロニー・ローラ作曲の「Wedding Bell Blues」も全米ナンバー・ワン・ヒッ..

  • Linda Lewis Lark

    LARK ~ EXPANDED EDITIONアーティスト: LINDA LEWIS出版社/メーカー: BBR発売日: 2012/01/09メディア: CD ジャマイカの血を受け継ぐ英国の女性シンガー・ソングライター、リンダ・ルイスによるセカンド・アルバム「ラーク」は72年にリリースされた。彼女の音楽性はブラックミュージックだけでなくキャロル・キングやジョニ・ミッチェルやローラ・ニーロ等のフォークの影響も受けており、さらにレゲエやジャズなどの影響を受けている楽曲をキュートでチャーミングなハイ・トーン・ヴォイスで歌っている、「Lark(ひばり)」というタイトルは、まさしくピッタリだ。プロデュースは彼女の夫のジム・クリーガンで演奏も彼の人脈の実力派が担当、バックの演奏をシンプルに抑え、彼女の作曲センスを光らせている。時代的にも、ミニー・リパートンやシリータにも、きっと影響を与えている..

  • The City Now That Everything's Been Said

    Now That Everything's Been Saidアーティスト: City出版社/メーカー: Sony発売日: 1999/05/25メディア: CD キャロル・キングのキャリアは60年代に当時の夫ジェリー・ゴフィンとのコンビでライターとしてヒット曲を多く書き、その名をとどろかせた。そんな彼女が最初に制作したアルバムは、3人組のグループによるもので、自分より若い世代のギタリストのダニー・コーチマーと、ベーシストのチャールズ・ラーキー(後にキャロル・キングの二人目の夫となる)のメンバーとザ・シティを結成、アルバムではジム・ゴードンがドラマーとしてサポートしている。ザ・シティが残した唯一のアルバムが、69年リリースの「Now That Everything's Been Said(夢語り)」である。実質的にはキャロル・キングのソロ・アルバムと言っても良かったのだが、彼女にと..

  • Eric Clapton

    Eric Clapton: Deluxe Editionアーティスト: Clapton, Eric出版社/メーカー: Polydor / Umgd発売日: 2006/05/23メディア: CD アルバム「エリック・クラプトン」は70年に発表されたエリック・クラプトンのソロ名義でのファースト・アルバム。ブラインド・フェイス解散後、デラニー&ボニーのツアーに帯同したエリック・クラプトンは大きな刺激を受け、デラニー・ブラムレットをプロデューサーに起用した、初のソロ・アルバムはアメリカン・ロック的な内容に仕上がった。ボニー・ブラムレットをバック・ヴォーカルに迎え、デラニー・ブラムレットはリズム・ギターを担当、リズム・セクションは、のちにエリック・クラプトンのバックで演奏し、デレク&ザ・ドミノスとして知られることとなるメンバーが揃った。その他にもレオン・ラッセル、ジム・ゴードン、ボビー・キ..

  • Blind Faith

    スーパー・ジャイアンツ+9アーティスト: ブラインド・フェイス出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル発売日: 2001/03/28メディア: CD ブラインド・フェイスは当時の実力派ミュージシャンのスティーヴ・ウィンウッド(元スペンサー・デイヴィス・グループ、トラフィック)、エリック・クラプトン(元ヤードバーズ、クリーム)、ジンジャー・ベイカー(元クリーム)、リック・グレッチ(元ファミリー)により結成。ブラインド・フェイスの始まりは、当時スーパーグループであったクリームの解散から始まる、クリーム解体後のエリック・クラプトンは商業的におもねったブルースを演奏することに嫌気がさしており、新たなジャンルへ実験的で束縛されないアプローチを進めていくことを望んでいた。スティーヴ・ウィンウッドとエリック・クラプトンはセッションを始め、ジンジャー・ベイカーとリック・グレッチも加わ..

  • The Allman Brothers Band Eat A Peach

    Eat a Peachアーティスト: Allman Brothers Band出版社/メーカー: Mercury発売日: 1997/10/14メディア: CD 「イート・ア・ピーチ」はオールマン・ブラザーズ・バンドが72年に発表した、通算4作目のアルバム。スタジオ録音の新曲6曲と、1971年のライブ音源を収録した変則的な内容だったのは、レコーディングが終了する前の1971年10月29日、24歳の若さでデュアン・オールマンがオートバイの事故で死去した為だった。デュアン・オールマンは弟のグレッグ・オールマンらと結成したオールマン・ブラザーズ・バンドのリーダーで、リードギタリスト。スライドギターの名手で、セッション・ミュージシャンとしても知られ、キング・カーティスや アレサ・フランクリンをはじめ、数多くのミュージシャンの作品に参加している、最も有名なのは、デレク・アンド・ザ・ドミノスの..

  • Lynyrd Skynyrd Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd

    Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerdアーティスト: Lynyrd Skynyrd出版社/メーカー: Mca発売日: 2001/11/20メディア: CD 「レーナード・スキナード(原題Pronounced 'Lĕh-'nérd 'Skin-'nérd))」は、レーナード・スキナードが73年に発表した初のスタジオ・アルバム。オールマン・ブラザーズ・バンドとともにサザンロックの巨星である彼らの、デビュー作とは思えぬ完成度の高いアルバムで、カントリー、ブルース、そしてブリティッシュロックの影響も取り入れ、融合させることで作り出した独特なサウンド、後にサザン・ロックと呼ばれる音を作り上げた。レーナード・スキナードを見出したアル・クーパーがプロデュースを担当し、アル・クーパーが設立したレーベル「Sounds of the South」からMCAレコードを通じて発表され..

  • Aerosmith Rocks

    Rocksアーティスト: Aerosmith出版社/メーカー: Sony発売日: 1993/09/09メディア: CD 「ロックス」は、76年にリリースされたエアロスミスの4作目となるスタジオ・アルバムで70年代のエアロスミスにとって最大のヒット作である。彼らが名実共にアメリカを代表するトップグループへのし上がることになった作品であるのと、アメリカの究極のガレージバンドとして再認識した作品で、その後のヘヴィメタルなどに影響を及ぼした作品である。挑むようなヴォーカルスタイルのスティーヴン・タイラーの絞り出すようなシャウトが炸裂し、ギタリストのジョー・ペリーを軸に据え、ジョーと共にツイン・ギターを勤めるブラッド・ウィットフォードのギター・サウンドの完成度は高く、ベーシストのトム・ハミルトンとドラマーのジョーイ・クレイマーの分厚いリズム隊も素晴らしい、最強な布陣の5人だった。レコーディ..

  • James Gang Thirds

    サーズ(生産限定盤)アーティスト: ジェイムス・ギャング出版社/メーカー: Universal Music発売日: 2021/04/28メディア: CD 「サーズ」は、イーグルスで活躍したギタリスト、ジョー・ウォルシュが率いたハード・ロック・トリオ・バンドの「ジェームズ・ギャング」のサード・アルバムで、タイトルは三作目…ではなく「三人」の意味です、71年にリリースされました。メンバー全員が楽曲を提供、ギター・トリオ・バンドとしてのトータル性に重きが置かれた作品となった。イーグルスを手掛けたビル・シムジクとバンドの共同プロデュースで、ギター・ヴォーカルのジョー・ウォルシュをフィーチャーした最後のスタジオ・アルバムでした。70年の春、ザ・フーの米国ツアーの前座として出演し、ザ・フーのギタリストのピートタウンゼントは彼らに非常に感銘を受け、この後のイギリスの秋のツアーにもジェームズ・ギ..

  • Grand Funk Railroad Caught in the Act

    Caught in the Actアーティスト: Grand Funk Railroad出版社/メーカー: Capitol発売日: 2003/02/25メディア: CD 「 Caught in the Act(邦題グランド・ファンク・ツアー ’75 )」はグランド・ファンク・レイルロードの2枚目のライブ・アルバム。75年のツアーでライブ録音された、まだ3人編成だった為か荒々しさが押し出された前作のライブ・アルバムに比べ、キーボードのクレイグ・フロストを正式メンバーに加え、より円熟味を増したアメリカン・ハード・ロックの真髄を聴く事が出来るアルバム。マーク・ファーナー(ボーカル、ギター、ハープ、オルガン)ドン・ブリューワー (ボーカル, ドラムス, パーカッション)クレイグ・フロスト(キーボード、パーカッション、バックグラウンドボーカル)メル・シャッハー(ベース、バックグラウンドボー..

  • Tommy Bolin Teaser

    Teaser出版社/メーカー: Savoy Jazz発売日: 2012/09/04メディア: CD トミー・ボーリンは、73年のビリー・コブハムのアルバム「スペクトラム (Spectrum)」に参加し高い評価を得る、その後にジェイムス・ギャングの初代ギタリスト、ジョー・ウォルシュの推薦により参加。74年にジェイムス・ギャングを脱退した後、セッション活動の傍ら、自身初のソロ・アルバムである「ティーザー (Teaser)」の製作を開始し75年にリリースされた。参加ミュージシャンにはボビー・バーグ、スタンリー・シェルダン、デイヴィッド・フォスター、ジェフ・ポーカロ、フィル・コリンズ、ヤン・ハマー、グレン・ヒューズ、デイヴィッド・サンボーン、ナラダ・マイケル・ウォルデン等、後年音楽シーンで活躍するメンバーが名を連ねている。ギターとヴォーカルを担当し、ハードロック、ブルースロック、ジャズ、..

  • Wishbone Ash Tthere's The Rub

    永遠の不安(紙ジャケット仕様)アーティスト: ウィッシュボーン・アッシュ出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル発売日: 2010/05/19メディア: CD 「Tthere's The Rub(永遠の不安)」はウィッシュボーン・アッシュが74年にに発表した5作目のスタジオ・アルバム。オリジナル・メンバーでギタリストのテッド・ターナーがバンドを脱退し、新しいギタリストのローリー・ワイズフィールドを後任として迎えた最初のアルバム。今まで彼ら自身がプロデュースをしていたが、B.B.キング、ジェイムス・ギャング、ジョー・ウォルシュ、イーグルス等との仕事で知られるビル・シムジクがプロデューサーに起用された為かサウンドがヘヴィーになった。有名なクラプトンのアルバム「461オーシャン・ブルーヴァード」が録音されたクライテリア・スタジオで制作されたサウンドは、新境地を切り開き、イギリ..

  • Ron Wood I've Got My Own Album to Do

    I've Got My Own Album to Doアーティスト: Wood, Ron出版社/メーカー: Warner Bros / Wea発売日: 1999/06/18メディア: CD 「 I've Got My Own Album to Do(俺と仲間)」はロン・ウッドが74年に発表した、ソロ名義では初のスタジオ・アルバム。フェイセズのロッド・スチュワートとイアン・マクレガンに加えて、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、ミック・ジャガー、ミック・テイラーもレコーディングに参加した。ミック・ジャガーとロン・ウッドのデュエット「I Can Feel the Fire」で幕を明ける本作、ジョージ・ハリスンとの共作「Far East Man」はジョージ・ハリスンのアルバム『ダーク・ホース』にも収録された、ロッド・スチュワートとロン・ウッドのデュエット「Take a Look..

  • The Rolling Stones Black And Blue

    ブラック・アンド・ブルー(SHM-CD)アーティスト: ザ・ローリング・ストーンズ出版社/メーカー: Universal Music発売日: 2020/12/04メディア: CD 「ブラック・アンド・ブルー」はギターのミック・テイラー脱退後、ギターのロン・ウッドが初めて参加したアルバムで、スワンプ・ロックから離れ、ソリッドかつストレートなロックへと転換、洗練されたニューソウルの影響が強く、そしてアルバム全体に渡ってキーボードのビリー・プレストンの大きな貢献が認められる。ロン・ウッドは75年のツアーから参加しているが、当時はまだフェイセズが活動しており、あくまでサポートメンバーという扱いだった。ウッドが正式にストーンズのメンバーとなったのはフェイセズ解散後の1976年2月である。ロン・ウッドが本作で参加したのは8曲中5曲だが、このうちギターで参加したのは2曲のみである。ミック・ジャ..

  • 大瀧詠一

    【オリジナルジャケットデザイン・スマホサイズステッカー付】 大滝詠一 大瀧詠一 乗合馬車 (Omnibus) 50th Anniversary Edition 【 通常盤 】(CD)アーティスト: 大滝詠一出版社/メーカー: ノーブランド品発売日: 2022/11/25メディア: CD はっぴいえんど活動中の71年にソロ活動を開始し、アルバム「大瀧詠一」を72年に発表。当初はシングル盤6枚をリリースし、それらを集めてアルバム化したいと考えていたが、シングル6枚構想が崩れた時点で「オムニバス」というアルバム・タイトルも消滅し、このファースト・アルバムも名前だけの『大瀧詠一』となった。松本隆がドラムを叩く「指切り」その後のナイアガラ・サウンドを予感させる「ウララカ」松本隆が作詞した「水彩画の町」「乱れ髪」は、まだはっぴいえんどらしい作風で淡い青の世界。この後は当時のシンガーソングライ..

  • MASH

    MASHアーティスト: MASH出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2017/04/26メディア: CD 日本を代表するラテンジャズ・ピアニスト松岡直也、そんな彼が当時のトップ・ミュージシャンを集め結成したロック・バンド「MASH」81年にリリースされた、唯一のアルバム「MASH」。メンバーは松岡直也(piano)村田有美 (vocal)青山徹 (guitar)富倉安生 (bass)清水信之 (keyboards)村上"ポンタ"秀一 (drums)ペッカー (Percussion)。松岡直也としては唯一のロック・フィールドの異色作だった。村田有美、青山徹、ペッカーによるボーカルものが5曲と、インストが3曲という構成。村田有美のパワフルなボーカルと、青山徹のロック・ギターをフューチャーし、TOTO風のAORぽいサウンドに加え村上"ポンタ"秀一のドラム・ワーク..

  • Tom Tom Club

    Tom Tom Club (Dlx) (Exp)アーティスト: Tom Tom Club出版社/メーカー: Universal UK発売日: 2009/05/19メディア: CD ニューヨークのポスト・パンク・シーンから登場したトーキング・ヘッズのベースで紅一点のティナ・ウェイマスとドラムのクリス・フランツ、トーキング・ヘッズのリズム隊であると同時に、ふたりは夫婦でもある。クリス・フランツは妻のティナ・ウェイマスをボーカルにしたプロジェクトを始めたいというアイディアから始まり、元ウェイラーズのキーボードのタイロン・ダウニー、フランク・ザッパ一門の門下生でキング・クリムゾンのギタリストのエイドリアン・ブリュー、ジャマイカのパーカッション奏者のスティッキーなどが集まりユニットとなったのがトム・トム・クラブである。トム・トム・クラブが81年にリリースしたファースト・アルバム「Tom T..

  • The Singers Unlimited  A Capella

    ア・カペラアーティスト: ザ・シンガーズ・アンリミテッド出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2011/07/20メディア: CD シンガーズ・アンリミテッドは、アメリカのシカゴで結成された4人組のジャズ・コーラス・グループ。70年代に活躍し、多重録音の技術を用いた美しいアカペラコーラスで人気を博しました。リーダーのジーン・ピュアリングは、ハイ・ローズという男性コーラス・グループを率いて活動していたが、64年に解散。そして、ドン・シェルトン、レン・ドレスラー、紅一点のボニー・ハーマンを加えて、67年にシンガーズ・アンリミテッドを結成。オスカー・ピーターソンの薦めによりドイツのMPSレーベルと契約し、71年にピーターソンとの共演によるアルバム「In Tune」でデビューをします。シンガーズ・アンリミテッドの特徴は、人前でのライブ演奏を想定せず、1人が複..

  • Frank Zappa Hot Rats

    Hot Rats 50th.. -Box Set-アーティスト: Zappa, Frank出版社/メーカー: Universal発売日: 2020/01/31メディア: CD フランク・ザッパはシンガーソングライター、マルチプレイヤー、作曲家、バンドマスターで、前衛的なロックを演奏した。フランク・ザッパの音楽はいわゆるルーツ・ミュージックに現代音楽の要素を加えた、今日で言うミクスチャー・ミュージックの先駆的なものであった。69年に発表したアルバム「Hot Rats」マザーズ・オブ・インヴェンションとの連名ではなく、フランク・ザッパにとって2作目のソロ・アルバムとしてリリースされた。キャプテン・ビーフハートがボーカルで参加している「Willie The Pimp」以外は全曲インストゥルメンタルで、即興演奏を重視した内容。イアン・アンダーウッドを別にするとマザーズ・オブ・インヴェンシ..

  • The Edgar Winter Group They Only Come Out at Night

    They Only Come Out at Nightアーティスト: Winter, Edgar出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.発売日: 2008/02/01メディア: CD 72年にリリースされたアルバム「ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト」はエドガー・ウィンターにとって通算4作目、スタジオ・アルバムとしては3作目のリーダー・アルバムに当たり、本作で初めてエドガー・ウィンター・グループの名義が用いられた。エドガー・ウィンターはロニー・モントローズ、ダン・ハートマン、チャック・ラフと共にエドガー・ウィンター・グループを結成、前2作「ホワイト・トラッシュ」「ロードワーク」に引き続き、リック・デリンジャーがプロデュースとギター、ボーカルで参加し、イーグルスのプロデューサー、ビル・シムチクがテクニカル・ディレクターを務めた。エドガー・ウィンターはボーカ..

  • James Blood Ulmer Black Rock

    Black Rockアーティスト: Ulmer, James Blood出版社/メーカー: Music on CD発売日: 2021/03/19メディア: CD フリージャズの先駆者オーネット・コールマンのハーモロディック理論を受け継ぐと言われたギタリスト、ジェームズ・ブラッド・ウルマーが82年にリリースされたアルバム「Black Rock」これはウルマーがメジャーレーベルのために録音した3枚のアルバムのうち2枚目のアルバムです。ハーモロディック・ジャズをファンクのグルーヴに直接結びつけようとするブラッドの最初の試みでもあった。「ブラック・ロック」はツインギター、ツインドラム、ベースという気合の編成でファンク、ロック、ジャズ、パンクのすべてを融合した、まさにクロスオーバーというよりは、今思えば、その後のミクスチャーロックの元祖的内容で衝撃的なサウンドでした。独創的なギターと作曲の..

  • Christopher Cross  Another Page

    アナザー・ページ アーティスト: クリストファー・クロス出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2016/10/19メディア: CD クリストファー・クロスのファースト・アルバムグラミー賞5冠王に輝いた「南から来た男から3年の月日が流れ、映画提供曲「Arthur's Theme ニューヨーク・シティ・セレナーデ」のヒットはあったものの、満を持して発表した渾身のセカンド・アルバム「ANOTHER PAGE」は83年にリリースされた。プロデューサーは同じくマイケル・オマーティアンで基本的なコンセプトは変わっていない。特にバック・ヴォーカルは豪華で、「No Time for Talk」と「All Right」をマイケル・マクドナルド、「Baby Says No」をカール・ウィルソン、「Deal 'Em Again」と「Nature of the Ga..

  • 崎谷健次郎 Kiss Of Life

    KISS OF LIFEアーティスト: 崎谷健次郎出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 1989/04/21メディア: CD 「キス・オブ・ライフ」は、崎谷健次郎の通算3枚目のオリジナル・アルバムで、89年にリリースされた。ハウス・ミュージックを導入したアルバムとしては、国内最初期のものとして注目された。崎谷 健次郎は日本大学芸術学部音楽学科、在学中に「VIZION(ビジョン)」を結成した。MTRと生演奏をシンクロさせたライブを考案したことで注目され、崎谷はヴォーカル、キーボード、作曲を担当するなどリーダーとして中心的役割を果たす。バンドには、有賀啓雄、松本晃彦が在籍していた。85年に作曲家としてスタートを切り、87年に「思いがけないSITUATION」で歌手デビュー。アダルト・コンテンポラリーの先駆者、映画音楽、劇伴も手掛けるキーボード、ピアノを中心に演奏するマルチプレ..

  • 矢野顕子 Love Life

    LOVE LIFEアーティスト: 矢野顕子出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト発売日: 2013/04/10メディア: CD 矢野顕子が5年在籍したミディを離れ、デビュー15周年を迎えた矢野がEpic/Sony Recordsに移籍第一弾として発売した91年のオリジナル・アルバム「Love Life」、同時に矢野顕子もニューヨークへと移り住む。その頃の様子をNHKの音楽達人倶楽部で見たのを鮮烈に覚えている、「BAKABON」と「Love Life」は音楽達人倶楽部からの映像。プライベートでは坂本龍一と別居などもあり、一度自分見つめ直したアルバムとなった。ニュー・ヨークのパワー・ステイション・スタジオでの録音、それまでのYMO人脈から離れ、パット・メセニーやウィル・リーらニュー・ヨークのミュージシャン達によるサウンドで、新しい矢野顕子の世界を再構築する試みが聴く事が出..

  • 鷺巣詩郎ウィズ・サムシング・スペシャル EYES

    EYESアーティスト: 鷺巣詩郎 WITH SOMETHIN' SPECIAL出版社/メーカー: THINK! RECORDS発売日: 2011/03/23メディア: CD 若くして1970年代後半から作編曲家~プロデューサーとして活躍し、その洗練したセンスで日本の音楽シーンを牽引する鷺巣詩郎が、若干21歳で発表したソロ・デビュー・アルバム「EYES」は79年にリリースされた。鷺巣詩郎は自己のグループ「サムシング・スペシャル 」のリーダーを務める一方、ザ・スクエアのファーストからサード・アルバムに編曲、指揮、シンセシザー奏者として参加すると言う、才能、実力からみても、当時最年少のコンポーザーだった。リード・ヴォーカルを担当した須貝恵子の歌声も素晴らしいが、そのサウンドはレアグルーヴ的目線でも取り上げられるメロウソウル「黒い雪」、軽やかなピアノリフが印象的なモダンダンサー「FLY!..

  • SHŌGUN You're the one

    You’re the Oneアーティスト: SHOGUN出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ発売日: 1991/09/15メディア: CD 「You're The One 」は、80年にリリースされたSHŌGUNのサード・アルバム。初めてドラマ等のタイアップ無しで制作されたアルバムで、また、第1期メンバーでのアルバム制作はこれが最後となり、芳野藤丸・大谷和夫のマリファナ所持により、このアルバムのあとバンドは活動を休止します。 このアルバムは「Bad City」や「Lonely Man」のようなダンディなシティ・ポップから、米西海岸を彷彿とさせる明るく垢抜けたAOR系の曲調がより強くなり、日本のバンドとは思えないほど洗練されたサウンドになっていた、タイアップが無かった為、知名度が一番低いアルバムだったが、西海岸AOR路線をさらに推し進めた作品だった。芳野藤丸作の「So..

  • 野力奏一  noriki

    ノリキ出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 1995/10/25メディア: CD 野力奏一は、ジョージ川口、渡辺貞夫、日野皓正グループ等のセッションに参加の後、山下達郎や阿川泰子などの名だたるミュージシャンのアルバムやツアーに参加し、今やピアニスト・アレンジャーとして引っ張りだこのミュージシャンだ。この野力奏一の83年リリースのファースト・リーダー・アルバム「noriki」は、ヴォーカル入りが2曲ある、フィーチャーされているのは山下達郎や竹内まりやのレコーディングやツアーに参加した女性シンガーの国分友里恵で、ちょうどこの頃に、このブログでも紹介した林哲司プロデュースのデビュー・アルバム「Relief 72 Hours」をリリースしているが、ここでも新人離れした、のびやかな歌唱を披露している、特にアル・ジャロウの「Mornin'」を彷彿させるような「You Ne..

  • Godiego Our Decade

    OUR DECADE出版社/メーカー: Colombia Music Entertainment =music=発売日: 2008/03/19メディア: CD ゴダイゴの4枚目のオリジナル・アルバム「Our Decade」は79年にリリースされた、サブ・タイトルは「70年代-僕たちの時代」。名実ともに人気グループとなった彼らが、再びトータル・アルバムに挑戦。壮大なテーマを、ポップでいて幅広いスケールの大きなサウンドでまとめ上げた作品、英語詩を中心としたポップな音楽性、ミッキー吉野による緻密で斬新なアレンジはゴダイゴならではの物、70年代に起きた世界中の時事問題を彼らなりに問題提起・意志表明し来るべき80年代への架け橋とする壮大なコンセプトを伴ったもので、その哲学的な内容の歌詞と相まって、新たな世界感を表現していた。奈良崎陽子による英詩と70年代に対する考察は素晴らしく、斬新な切り..

  • 新川博  Shinkies

    Shinkies出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2001/01/24メディア: CD 新川 博は、東京都出身の作曲家・編曲家・キーボーディスト。11歳の頃には同級生だったCharとバンドを結成する(当時はベース担当だった)。17歳の頃に村井邦彦に師事し音楽出版社の手伝いを始める。20歳でハイ・ファイ・セットのバックバンドとしてプロデビュー。80年に松任谷由実のステージの音楽監督としてツアーに参加、アレンジャーとしての活動を本格的にスタートする。その後もアレンジャー・プロデューサーとして、Kinki Kids「青の時代」、酒井法子「蒼いうさぎ」など数多くのヒット曲を手がけた。2000年にはビクターエンタテインメント内にAOR Jazzレーベル「aosis records」を設立し、大人の為の生活に密接した音楽を提唱し、航空会社ANAの機内音楽として使用される..

  • 加藤和彦  スーパー・ガス

    スーパーガス+2アーティスト: 加藤和彦出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2017/06/28メディア: CD 「スーパー・ガス」は、71年1に発売された加藤和彦の2枚目のソロ・アルバム。全曲の詞は松山猛が担当し、作編曲は加藤和彦が手がけた。サウンド面での特色としてはフォークとロックの中間に位置し、洗練されたアンサンブルや、カントリー、トラッドなど、アメリカやイギリスの最新サウンドトレンドが色濃く反映された、きわめて先鋭的なアルバムだった。また当時の日本ではまだ珍しかったスティールパンに加え、輸入されたばかりのミニモーグや、ARP 2600などのシンセサイザーが使用されている。「家をつくるなら 」は当初アルバムのみの収録だったが、ナショナル住宅建材株式会社のCMソングに使われたことで人気を博し、アルバム発売から約1年半経った73年にシングルカットされた。琉球..

  • 当山ひとみ SEXY ROBOT

    SEXY ROBOTアーティスト: 当山ひとみ出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント発売日: 2009/01/26メディア: CD 当山ひとみの5thアルバム「セクシィ・ロボット」は83年にリリースされた。兼松光のプロデュースによる日本産ブラック・コンテンポラリーの作品で、80年代のブラックミュージックの最先端を採り入れた作品、後に訪れるブラコン・サウンドの潮流を一早く取り入れたアルバムと言える。中学2年まで沖縄で過ごし、以降高校生までアメリカのオークランド・ハイスクールで過ごした為、デビューしても日本語はきちんと話せずいた、バイリンガル歌手の先駆けとして、ソウルフルなナンバーやファンキーなナンバーからアメリカンTOP40に呼応するようなポップスまで、当時の日本人が憧れた世界観をいとも容易く手にしてきた印象があるシンガーだ。椎名和夫(g)、松下 誠(g)、M..

  • 越美晴 パラレリズム

    パラレリズムアーティスト: 越美晴出版社/メーカー: アルファレコード発売日: 1994/12/21メディア: CD 84年に越美晴 が細野晴臣と組んでテクノポップ路線にシフトしたアルバム「パラレリズム」。細野晴臣との出会いを契機として「脱アイドル化」の道を自力で切り拓く。前作「Tutu」で初めて細野晴臣プロデュースとなり、それに続くALFA傘下YENレーベルからの第二弾のアルバムで、YMO散開直後の細野晴臣によるテクノポップサウンドは素晴らしく、越美晴の傑作アルバムと言われている。岡野ハジメ、川島裕二、松武秀樹らが参加している。越美晴のどこかアンニュイで可憐な歌声と不可思議でシュール、倒錯的な、狂気を秘めた詩世界はは独特の美意識を感じさせる、ジャケットを含め全編を漂う耽美的な世界観で統一されたテクノポップ・アルバムである。さらに同年にはベルギーのテクノ・ポップ・グループ、テレッ..

  • 河合夕子  リトル・トウキョウ

    リトル・トウキョウアーティスト: 河合夕子出版社/メーカー: エピックレコードジャパン発売日: 1992/11/21メディア: CD 愛媛県松山市出身のシンガー・ソングライター河合夕子のデビューアルバム「リトル・トウキョウ」は、81年にリリースされた。全曲水谷公生アレンジ、そしてコーラス・アレンジとプロデュースは浜田省吾の盟友でアレンジでも定評のある町支寛二が担当、そして何と言っても作詞家・売野雅勇にとってのデビュー作でもあります。アルバムの歌詞は河合夕子と売野雅勇との共作という形になりました、河合夕子本人が書いた歌詞に売野雅勇が飾りをつけるといった手順で進んだそうです。世界各国の風景をポップにきらびやかに描いた楽曲は、多国籍サウンドにテクノ・ポップの要素も散りばめたサウンドとなり、楽曲もアレンジも歌もしかりとしたデビュー・アルバムでした。ビジュアル面はカーリーヘアにアラレちゃん..

  • 久野かおり  Luna

    LUNAアーティスト: 久野かおり出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ発売日: 1996/01/25メディア: CD シンガー・ソングライター/サックス・プレイヤー久野かおりが88年に発表したデビュー・アルバム「LUNA」。国立音楽大学サックス専攻科を卒業したクラシック出身ながらジャズ、ポツプス、映画音楽などからも、それぞれの要素を取り入れている、リアルタイムのファンにはウェットなアダルト・ポップスというパブリック・イメージが定着している久野かおり。アルバムに参加しているミュージシャン達は土岐英史(sax)、山岸潤史 (g)、続木徹 (key)、Marvin Baker (ds)、Bobby Watson (b)らチキンシャック周辺のミュージシャンと、前にも紹介したAragonやT-SQUAREのメンバーだった難波正司(key)さらには笹路正徳 (key)、土方隆..

  • 山下達郎 僕の中の少年

    僕の中の少年 (2020 Remaster)アーティスト: 山下達郎出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2020/11/25メディア: CD 88年にリリースされた「僕の中の少年」デジタル・レコーディングをいよいよ手中に収めた感のあるアルバムで、かつての古賀メロディへのオマージュと言える「新(ネオ)・東京ラプソディー」や、初のバラードでのヒットとなった「ゲット・バック・イン・ラブ」など優れた歌モノを収録している。 2020年のリマスター盤の発売を記念して、「蒼氓」「踊ろよ、フィッシュ」の2曲を使用したミュージック・ビデオを新たに作成、「蒼氓」はこの世を生きる人々の営みへの賛歌であり、同世代へ向けて自分自身の言葉で歌うことを目標として、物悲しいメロディとともに未来への希望を歌う、山下達郎を代表する屈指の名曲。今回のミュージック・ビデオの制作にあたり、監督の..

  • 浜田金吾 Feel The Night

    FEEL THE NIGHTアーティスト: 濱田金吾出版社/メーカー: BMGインターナショナル発売日: 2000/09/20メディア: CD 濱田金吾は74年にフォーク・ロック・グループのクラフトにベーシスト兼ヴォーカリストとして参加しプロ・デビュー、グループ解散後、太田裕美、竹内まりや、岩崎宏美、高橋真梨子、西城秀樹、ジャニーズまで、様々なアーティストや大物アイドルへの楽曲提供でも知られるシンガーソングライターで、80年にアルバム「Manhattan In The Rain」でソロ・デビュー。このサード・アルバム「Feel The Night」は81年にリリースされた。濱田金吾のスタイルは前作のセカンド・アルバムでほぼ確立されたが、このアルバムは濱田金吾本人も自身のスタイルを確立したと自画自賛した傑作アルバム。前作からのメンバーの松下誠(g)山田秀俊(key),富倉安生(b)..

  • 山口美央子 月姫 MOONLIGHT PRINCESS

    月姫アーティスト: 山口美央子出版社/メーカー: Pinewaves発売日: 2018/02/07メディア: CD 山口美央子は80年にキャニオン・レコードからアルバム『夢飛行』でデビュー。シンセサイザーの音色にマッチする彼女の歌声から「シンセの歌姫」と言われ、自身もYMOから大きく影響を受け、既にこの頃からシンセサイザーを多用した曲作りをしていた縁で、今もビジネスパートナーである松武秀樹と関わりを持つようになる。山口美央子の3枚目のオリジナル・アルバム「月姫 MOONLIGHT PRINCESS」は83年にリリースされた。プロデュースは前作までの2作の井上鑑に代わり、今作は、発売当時一風堂で活動していたテクノ・ポップの草分け的存在の土屋昌巳に変更し、村上 “ポンタ” 秀一(dr)後藤次利(b)松武秀樹などが実に豪華なメンバーが参加、シングルの「恋は春感」は、コーセー化粧品のイメ..

  • チャクラ さてこそ

    さてこそ+5アーティスト: チャクラ出版社/メーカー: SOLID発売日: 2011/10/19メディア: CD 小川美潮、板倉文が在籍し日本のニューウェイブを語る上では欠かせないアヴァンギャルドなニューウェイブ・バンドの「チャクラ」。国産ニュー・ウェイブの傑作と言われるセカンド・アルバム「さてこそ」は81年にリリースされた。歌姫、小川美潮の純粋無垢なキテレツ・ヴォーカルと天才・板倉文の作る摩訶不思議サウンド。アヴァンギャルドでタイトな演奏と、どこか捻じれた歌詞との融合はもはや唯一無二。細野晴臣によるプロデュースで新たなステージへと踏み込んいき、そこにはユニークで魅力的なサウンドになりました。クレジットは何故か「制作協力:チャーハン細野」になっています、スタジオでの出前でいつもチャーハンを注文していたから、らしいのですがそんな所は細野さんらしいです。第4のYMOと呼ばれ、ゲストと..

  • タモリ ラジカル・ヒステリー・ツアー

    ラジカル・ヒステリー・ツアーアーティスト: タモリ出版社/メーカー: Sony Music Direct発売日: 2007/12/19メディア: CD 81年にリリースされたタモリさんの4枚目のアルバム「ラジカル・ヒステリー・ツアー」。ちなみに当時このアルバムの発売を記念して、タモリさん初の全国縦断コンサート「ラジカル・ヒステリー・ツアー」まで開催されました。このアルバムではおふざけ要素は一切ありません、タモリの歌詞は音楽に対するリスペクトに満ちており、楽曲の完成度に大きく貢献しています。自身のハードボイルドなナレーションをはさんで、ジャズ~ニューウェーブに至るまで、様々なスタイルの歌唱を堪能することができます。アルバムのバックを務めるのはザ・プレイヤーズにザ・スクエアで、ジャズからポップスまで、いずれも一級品の演奏が素晴らしいです。ちなみに81年から始まったトーク・コント・バラ..

  • Deniece Williams My Melody

    My Melodyアーティスト: Deniece Williams出版社/メーカー: BIG BREAK発売日: 2011/03/21メディア: CD スティーヴィー・ワンダーのバック・コーラス・グループ=ワンダーラヴのいち員として活躍していたところを、アース・ウィンド&ファイアーの総帥モーリス・ホワイトに見初められ、モーリス・ホワイトのカリンバ・プロダクションの秘蔵っ子として売り出したデニース・ウィリアムス。前作で初めてモーリス・ホワイトとEW&Fのバックアップから離れ、レイ・パーカーJr.とデイビッド・フォスター、そしてデニース・ウィリアムス自身との共同プロデュースとなった。それから2年後の81年にリリースしたアルバム「My Melody」は自身でプロデュースするとともに共同プロデューサーに、フィラデルフィアの大御所トム・ベルを選び、全てのアレンジを彼に任せている、当然バック..

  • Leah Kunkel

    リアアーティスト: リア・カンケル出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ発売日: 1993/12/12メディア: CD リア・カンケルは、夫がドラマーのラス・カンケル、姉は「California Dreamin' / 夢のカリフォルニア」のヒットで知られるザ・ママス&ザ・パパスのキャス・エリオット。彼女は70年代の初頭からジャクソン・ブラウン、スティーヴン・ビショップ、カーリー・サイモン、アーロ・ガスリー、ジェームズ・テイラー、アート・ガーファンクルなどの作品に参加するなど西海岸の音楽シーンの真っ只中いた、そんな彼女のファースト・アルバム「リア・カンケル」は79年にリリースされた。夫のラス・カンケルが全曲のドラムスを担当し、プロデュースにも関わった。。収録された10曲のうち、彼女のオリジナルは「Under The Jamaican Moon 」と「Souvenir Of..

  • Roberta Flack I'm The One

    I'm the Oneアーティスト: Flack, Roberta出版社/メーカー: Atlantic / Wea発売日: 1990/08/18メディア: CD 「アイム・ザ・ワン」は82年にリリースされたロバータ・フラックのアルバム。久しぶりにラルフ・マクドナルド、ウィリアム・イートン、ウィリアム・ソルター、そしてロバータ・フラック自身による共同でのプロデュースとなった、そんなラルフ・マクドナルドら3人の曲を中心に、女性シンガーソング・ライターのブレンダ・ラッセル、ブルー・アイド・ソウル・シンガーのボビー・コールドウェル、ロバータ・フラックとのデュエットで有名なピーボ・ブライソン、バート・バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガーの共作の曲を収録、どの曲もこの時代を象徴するようなスロー・ミディアム・テンポの曲で素晴らしい出来になっている。ロバータ・フラックとダニー・ハザウェイのデ..

  • Antônio Carlos Jobim  Wave

    波(限定盤)(UHQ-CD/MQA)アーティスト: アントニオ・カルロス・ジョビン出版社/メーカー: Universal Music発売日: 2020/09/02メディア: CD 20世紀のブラジル音楽を代表する作曲家、編曲家、ミュージシャンのアントニオ・カルロス・ジョビン。イージーリスニング調のアルバム「ウェーブ」はアントニオ・カルロス・ジョビンの5枚目のスタジオ・アルバムで、67年にリリースされた。参加したミュージシャンはトロンボーン奏者のアービー・グリーンとジミー・クリーブランド、フルート奏者のジェローム・リチャードソン、ベーシストのロン・カーターなどで、67年に録音した本作はイージーリスニング調のソフトな感触のインストゥルメンタル作品ということで人気がある。ここではヴォーカル曲は1曲だけで、あとはクラウス・オガーマン編曲指揮のストリングス入りオーケストラとの共演による心地..

  • Herb Alpert Rise

    RISEアーティスト: ALPERT, HERB出版社/メーカー: ADAGL発売日: 2016/09/09メディア: CD 60年代初頭から自己のグループ、ティファナ・ブラスを率いてヒットを残してきたトランペット奏者のハーブ・アルバート。イージー・リスニングというインストゥルメンタル・ミュージックのパイオニア的な存在であった。A&Mレコードの創始者で、副社長であもある彼は、プロデューサーとしても数え切れないアルバムに関わっている。79年にリリースしたソロ名義のアルバム「ライズ」はソロとしては自身初のNo.1ヒット曲になり、さらに同曲でグラミー賞ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門を受賞。ハーブ・アルバートにとって初めてのアメリカでのNo.1ヒットとなった「ライズ」や、クルセイダーズが録音した「ストリートライフ」のカバーや、ハーブ・アルパートのボーカルをフィー..

  • Michel Colombier

    スーパー・フィージョン! – Michel Colombier出版社/メーカー: Chrysalis / 東芝EMI発売日: 2022/09/23メディア: LP Record フローラ・プリンのアルバム「エブリデイ・エブリナイト」でコラボレーションした、プロデューサー、作曲家、編曲家、指揮者、ピアニスト、キーボーディストのミッシェル・コロンビエ。彼はフランスのリヨンで生まれ、6歳からクラシックの音楽教育を受け始め14歳の頃からジャズに傾倒しコンボやビッグ・バンドでの即興演奏などをするようになった。22歳の時にシャルル・アズナブールのアルバムのアレンジメントを手がけることとなり、その後もフランスの様々なアーティストとコラボレートする機会が増え、その後渡米する。A&Mレコードの創始者ハーブ・アルパートと知り合い、その直後にはアーティスト・コンポーザー・パフォーマーとしてA&Mレコー..

  • Manhattan Transfer Bodies and Souls

    Bodies & Soulsアーティスト: Manhattan Transfer出版社/メーカー: Atlantic / Wea発売日: 1987/06/01メディア: CD マンハッタン・トランスファーのアルバム「Bodies and Souls」は83年にリリースされた。LP時代のA面がBodies、そしてB面がSoulsの作りになっている。前2作がジェイ・グレイドンのプロデュースでしたが、今回、本作の大半のプロデュースを手掛けたのがリチャード・ルドルフで、彼はチョット前に紹介したミニー・リパートンの夫で、ミニー・リパートンのアルバムでもプロデューサーとして名を連ねていたが、彼女が80年に亡くなり、その後はジャーメイン・ジャクソン、ニュー・エディション、マイケル・センベロ、マイケル・マクドナルド、テンプテイションズなどジャンルを超えて色々なアーティストを手掛けるようになってい..

  • Michael Franks Tiger in the rain

    Tiger in the Rainアーティスト: Franks, Michael出版社/メーカー: Culture Factory発売日: 2015/06/09メディア: CD フランスの画家、アンリ・ルソーの「熱帯嵐のなかのトラ」をジャケッとに使用したアルバム「Tiger in the rain」は79年にリリースされた。その後の作品にもポール・ゴーギャンが用いられたり、歌詞にもマルク・シャガールやミケランジェロ・ブオナローティー、レオナルド・ダ・ヴィンチが登場している、マイケル・フランクスのアート通は良く知られているが、彼の音楽の作風はこうしたところにリンクしているのかもしれない。このアルバムからプロデューサーがトミー・リピューマからジョン・サイモンに変わり、さらに進化した音楽を聴かせてくれている。「Sanpaku」や「Jardin Botanico」はトミー・リピューマから..

  • Flora Purim Everyday Everynight

    エヴリデイ、エヴリナイトアーティスト: フローラ・プリン出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2002/12/18メディア: CD ブラジル出身のフローラ・プリンは72年チック・コリアが結成したリターン・トゥ・フォーエヴァーに夫のアイルト・モレイラと共に参加、新時代のヴォーカリストとしてセンセーションを巻き起こした。「エブリデイ・エブリナイト」は78年にリリースされた。フローラ・プリンとミッシェル・コロンビエーとのコラボレーションを軸とするアルバムで、ミッシェル・コロンビエーはフランス人の作編曲でキーボード奏者で主に映画音楽の分野で活躍してきた。フローラ・プリンにミッシェル・コロンビエーを紹介したのはジャコ・パストリアスで、このアルバムでも4曲のレコーディングに参加している。前作あたりからポップ志向強めてきたフローラ・プリンにシンフォニックな構成美が持ち味のミッ..

  • Willie Bobo Hell Of An Act To Follow/BOBO

    HELL OF AN ACT TO FOLLOW / BOBアーティスト: WILLIE BOBO出版社/メーカー: PNM発売日: 2010/09/30メディア: CD ウィリー・ボボは1934年、ニューヨークのスパニッシュ・ハーレム生まれで、14歳からボンゴを始め、モンゴ・サンタマリアにパーカッションを学び、19歳から4年間、ティンパレスの名手「ティト・プエンテ」のグループに在籍、その後もセッション・ミュージシャンとして活動し、60年代に自らのグループを結成、1964年には初リーダー作「Bobo’s Beat」をリリースします。ラテン・ジャズといえる初期のアルバムに比べると79年にリリースした、このアルバム「BOBO」は別人かと思われるフュージョン・サウンドであり、ジャズ・ミュージシャンが当時のフュージョン・ブームの影響をもっとも受けたと感じるアルバムでした。1曲目となる「P..

  • Libby Titus

    リビー・タイタスアーティスト: リビー・タイタス出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/09/07メディア: CD リビー・タイタスはアメリカ人シンガー、ソングライター、俳優、コンサート・プロデューサー。彼女のセカンドアルバム「Libby Titus」は77年にリリースされた。フィル・ラモーン、ロビー・ロバートソン、ポール・サイモン、カーリー・サイモンと言った有名な4人にプロデュースされており、カーリー・サイモンは作詞作曲でも貢献していた。彼女の最もよく知られている曲、「Love Has No Pride」はエリック・カズと共に書いたもので、この曲はそれまでに数回レコーディングされており、最も著名なのはボニー・レイットとリンダ・ロンシュタットが歌ってヒットしている。本作ではそのセルフ・カヴァーが収められている。参加したニューヨークのミュージシャンは前に紹介したジョン・トロペ..

  • Stephen Bishop Red Cab In Manhattan

    Red Cab To Manhattan (Stephen Bishop/Wounded Bird)アーティスト: Stephen Bishop出版社/メーカー: Wounded Bird発売日: 2007/07/20メディア: CD 「Red Cab to Manhattan」は、シンガーソングライターのスティーヴン・ビショップの3枚目のアルバムで80年にリリースされた。マイク・マイニエリとトミー・リピューマのプロデュースでニューヨークでレコーディングを行い、スティーヴ・ガッド 、ニール・ラーセン、ウォーレン・バーンハート、アンディ・ニューマーク 、デヴィッド・スピノザ、ウィリー・ウィークス 、バジー・フェイトンなどが参加、 バッキング・ボーカルもフィービー・スノーやアート・ガーファンクルなどの大物歌手も参加、2曲だけロンドンでのレコーディングではエリック・クラプトン とフィル..

  • Steve Eaton Out Of The Blues

    アウト・オブ・ザ・ブルースアーティスト: スティーヴ・イートン出版社/メーカー: ヴィヴィッド発売日: 2005/12/21メディア: CD スティーヴ・イートンは、70年代初頭にビル・ラバウンティとファット・チャンスというグループを組んでいたことあるシンガー・ソングライター。2004年にリリースされた「Out Of The Blues」は日本では26年ぶりとなるアルバムとなる。75年にアート・ガーファンクルとライチャス・ブラザーズが相次いでスティーヴ・イートンの曲を取り上げ、アート・ガーファンクが歌ったのは「Rag Doll」ライチャス・ブラザーズ歌ったのは「All You Get From Love is a Love song」この曲は77年になってカーペンターズもカヴァーし、全米トップ40のヒットになっている。この2曲はその後もリメイクが続き、「Rag Doll」はグレン..

  • Minnie Riperton Adventures In Paradise

    ミニーの楽園アーティスト: ミニー・リパートン出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2014/05/21メディア: CD 5オクターブの音域を誇るヴォーカルとスティーヴィー・ワンダーの全面プロデュースによる名曲「Lovin’ You」で有名なミニー・リパートン、31歳という若さでこの世を去った才媛ミニー・リパートンのサード・アルバム「Adventures In Paradise」は75年にリリースされた。ソングライティング・パートナーで夫のリチャード・ルドルフと数々の第一線のポップ、ジャズ、R&Bアーティスト達を手がけてきたベテラン・プロデューサーのスチュアート・レヴィンを迎え、3人での共同プロデュースで制作されたアルバム。その後すぐに発売されるマーヴィン・ゲイの「I Want You」でその名を一躍知られることになるR&Bソングライターのレオン・ウェアがミニー..

  • gretchen parlato live in nyc

    Live In Nycアーティスト: Gretchen Parlato出版社/メーカー: Obliqsound発売日: 2018/08/03メディア: CD グレッチェン・パラートはフランク・ザッパ、アル・ジャロー、バーブラ・ストライサンド、ヘンリー・マンシーニ、バディ・リッチなどと共演したベース奏者であるデイヴ・パラートの娘として生まれ、子供の頃はボサノヴァの影響を受けていたと言っています。2004年のセロニアス・モンク・ジャズ・コンペティションで優勝しデビュー、ロバート・グラスパーをプロデューサーに迎えたアルバム「The Lost and Found」は現代ニューヨーク・ジャズ・シーンの金字塔と言われました、それから3年の2013年にリリースしたアルバム「Live in NYC」で、進化したグレッチェン・パラートと最強メンバーと共に美しく表現した地元ニューヨクークのライブは世..

  • Candy Dulfer  Sax-A-Go-Go

    サックス・ア・ゴー・ゴー(期間生産限定盤)アーティスト: キャンディ・ダルファー出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/05/25メディア: CD キャンディ・ダルファーはオランダ・アムステルダム生まれのサックス奏者。父ハンス・ダルファー(ダルファー)の影響で6歳よりソプラノサックスを吹き始める。11歳には父のバンドに参加し、初のレコーディングも果たす。その後マドンナやプリンスらのオランダ公演でのバックバンド・ミュージシャンとして注目を集めるようになり、プリンスのアルバムにも参加して評価を得たり、デビィド・サンボーンと共演をしたりと、その本物ぶりが浸透。セカンド・アルバム「Sax-A-Go-Go」は93年にリリースされ、その評価は完全なものへと変わっていった。前作からプロデュースを手掛けているのはキャンディ・ダルファーの良き音楽的なパートナーでもあるコンポーザー兼マルチ楽器..

  • Harvey Mason Funk In A Mason Jar

    ファンク・イン・ア・メイソン・ジャー(期間生産限定盤)アーティスト: ハーヴィー・メイソン出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/05/25メディア: CD 人気ドラマー、ハヴィー・メイソンがファンク系からフィリー・ソウルなど様々な要素を前面に出したサード・アルバム「Funk In A Mason Jar」は77年にリリースされた。ハヴィー・メイソンの凄さはその時代に合わせたトータル・サウンドで勝負し、A面は比較的ポップな歌もの、B面はフュージョン系の曲が収録されている。A面の「Till You Take my Love」はハヴィー・メイソンとデビィッド・フォスターの共作、ギターはデビィッド・フォスターのパートナーのジェイ・グレイドンとレイ・パーカーJr.、フィルアップ・チャーチの3人が参加、タワー・オブ・パワーの豪快なホーンをバックに歌うのはローリング・ストーンズやキャロ..

  • Bobbi Humphrey Black And Blues

    ブラックス・アンド・ブルース出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2016/11/23メディア: CD キュートな歌声とソフトでブルージーなジャズ・フルート奏者の、ボビー・ハンフリー。ブルーノート・レーベル初の女性フルート奏者でもある彼女のサード・アルバム「Black And Blues」は73年にリリースされた。ボビー・ハンフリーは本作より、ドナルド・バードのアルバムの制作でも知られるマイゼル兄弟と組み、よりファンク色の強い路線を指向するようになった。全曲ともクレジット上ではラリー・マイゼル作曲だが、マイゼルが提供したコード進行、バッキング・トラック、バック・コーラスを元に、ハンフリー自身が即興でメロディを作ったという。参加ミュージシャンはデイヴィッド・T・ウォーカー (g)チャック・レイニー (b)ハーヴィー・メイソン (dr)ジェリー・ピータース (key..

  • Laura Nyro Season Of Lights Laura Nyro In Concert

    光の季節~イン・コンサート(期間生産限定盤)アーティスト: ローラ・ニーロ出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/08/17メディア: CD ローラ・ニーロは、NY・ブロンクス生まれ、60年代後半から、シンガー・ソングライターとして都会に生きる女性の光と影を鋭い感性で綴り、97年に亡くなった後も、多くのミュージシャンたちに大きな影響を与えている。結婚、離婚、母親の他界などで6年間の空白を経ての復帰作「Smile」に伴う76年の全米ツアーのカーネギー・ホールやコロラド大学でのライヴを集大成したものが「Season Of Lights Laura Nyro In Concert」で、77年にリリースされた。当時恋仲だったギタリストのジョン・トロペイを筆頭にマイク・マイニエリ(vib)、リチャード・デイビス(b)、アンディ・ニューマーク(ds)などニューヨークの名うてのミュージ..

  • Average White Band Cut The Cake

    カット・ザ・ケイク+2 (最新リマスター、新装解説、歌詞、ボーナス・トラック付)出版社/メーカー: AWB/SOLID RECORDS発売日: 2019/02/13メディア: CD アベレージ・ホワイト・バンドが74年に大成功を収めたアルバム「アベレージ・ホワイト・バンド」の続編的なアルバム「カット・ザ・ケーキ」は75年にリリースされたサード・アルバム。初のアメリカ・ツアーの打ち上げで、ヘロインの過剰摂取で亡くなったオリジナル・ドラマー、ロビー・マッキントッシュの後任に初の黒人メンバーのスティーブ・フェローニを迎えて発表したアルバムで、前作に続きプロデューサーを務めたアリフ・マルディンとバンドのメンバーはこの苦境を乗り越え最終的には忍耐強く完成させたアルバム。ロビー・マッキントッシュと共作したタイトル・トラック「Cut The Cake」はビルボードのポップシングルチャートで10..

  • Ben Sidran The Doctor Is In

    ドクター・イズ・イン(期間生産限定盤)アーティスト: ベン・シドラン出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/08/17メディア: CD Dr.ジャズと呼ばれたベン・シドラン、ジャズの音楽本を執筆したり、スティーブ・ミラー・バンド(ボズ・スキャグスもこのバンドにいます)にキーボード奏者として参加したり、独自のユーモア、インテリジェンスを備え、ジャズやソウルやロックを自由に行き来するベン・シドラン。6作目のソロ・アルバム「The Doctor Is In」は77年にリリースされ、ジャズとR&Bをミックスし、ベン・シドランのサウンドを完成の域に到達させ、自ら「私の音楽はこのアルバムでステップアップした」と語っている。本作からはモントルーのジャズフェスでもピックアップされ、ラジオを中心にヒットした「Song For A Sucker Like You(世間知らずの歌)」のグルー..

  • Seawind

    SEAWIND(紙ジャケット仕様)アーティスト: シーウィンド出版社/メーカー: ヴィレッジレコーズ発売日: 2009/04/22メディア: CD シーウィンドは、70年代に一世を風靡したハワイ出身の人気グループ。ハワイ出身のボブとポーリンのウィルソン夫妻を中心に結成、ポーリン・ウィルソンの爽やかでエモーショナルなヴォーカルと歯切れのよいシーウィンド・ホーン・セクションのサウンドはジャズ、AOR、ポップスのファンなど幅広い層から高い人気を獲得した。デビュー・アルバム「シーウィンド」は76年にリリースされ、フォー・プレイなどで活躍する人気ドラマー、ハーヴィー・メイソンがプロデュースをしている。76年にハワイで彼女らのライブを見て、ハーヴィー・メイソンがCTIレーベルの社長クリード・テイラーにシーウィンドの事を推薦し、デビューするのだが、CTIレーベルでクリード・テイラー以外の人がプ..

  • Nathan East

    Nathan Eastアーティスト: East, Nathan出版社/メーカー: Imports発売日: 2015/08/14メディア: CD 「ネイザン・イースト」は、アメリカのベーシスト、ネイザン・イーストが2014年に発表した、ソロ名義では初のスタジオ・アルバム、日本で先行発売された。 初めてのプロの仕事が16歳、ソウルの大御所、バリー・ホワイトのツアーで、それから40年以上スタジオ・セッション・ミュージシャンとして力量を求められ、アーティストから信頼関係を築き上げ、まさにセッション・ベーシスト中のベーシストである。今までに共演したミュージシャンの一部をあげるとジョージ・ハリスン、フィル・コリンズ(大ヒット曲「イージー・ラヴァー」の作者の一人でもある)、スティーヴィー・ワンダー、エリック・クラプトン、EW&F、フィリップ・ベイリー、マイケル・ジャクソン、チャカ・カーン、チ..

  • Bobby Caldwell Cat In The Hat

    ロマンティック・キャットアーティスト: ボビー・コールドウェル出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2005/10/19メディア: CD 前作のデビュー・アルバムと同じマイアミ録音のセカンド・アルバム「Cat In The Hat」は80年にリリースされた。発売直前に所属するT.K.レコードが倒産し十分なプロモーションが行われなかったが、アルバムのクオリティの高さを保持しているのはさすがボビー・コールドウェル、ファースト・シングルの「Coming Down From Love」がポップ、R&Bの両方のチャートに入ったのは、この頃のポップ・シーンはまだそれなりに健全で多額の宣伝費をかけなくても良いものは売れていた証明であった。ボズ・スキャッグスやスティーヴィー・ワンダーの影響を強く感じさせるのは前作の延長で変わらないが、ファースト・アルバムとの一番の違いは生のスト..

  • America View From The Ground

    風のマジック (生産限定盤)アーティスト: アメリカ出版社/メーカー: Universal Music発売日: 2020/12/09メディア: CD ジェリー・ベックリー、デューイ・バネル、ダン・ピークの3人によりロンドンで結成したアメリカ。多感な時期にビートルズなどイギリスの音楽とアメリカのCSN&Yに影響を受け、アコースティックなサウンドと美しいハーモニーを特長とし、米国ならではの音楽に英国の要素が入り、より深みのあるサウンドになっている。71年のセカンド・アルバム「名前のない馬」がいきなり全英・全米No.1に輝き、その後も75年に「金色の髪の少女」も全米No.1に輝いた。77年にダン・ピークが脱退し、商業的にやや低迷していたが、2人の美しいハーモニーはそのままに、80年代らしいAORサウンドに進化したアルバム「View From The Ground(風のマジック)」を82..

  • Pages

    ファースト・ペイジズ(期間生産限定盤)アーティスト: ペイジズ出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/08/17メディア: CD 77年にリチャード・ペイジとスティーブ・ジョージを中心に5人組のペイジズを結成、元ブラッド・スウェット&ティアーズのボビー・コロンビーをプロデュースに起用し制作されたファースト・アルバム「Pages(ファースト・ペイジズ)」を78年にリリース、当時はプレス枚数も少なく入手が困難なアルバムだったが、現在ではAORファンだけでなくクラブ・シーンからの評価も高いようだ。2人の透明感のあるヴォーカルとハーモニーはもちろんだが、スティーヴ・ジョージのミニ・モーグ(アナログ・シンセサイザー)がこの時代らしいサウンドを醸し出している。メンバー以外の参加ミュージシャン達も豪華でブレッカー・ブラザース、ヴィクター・フェルドマン、フィリップ・ベイリーなど、ストリング..

  • 渡辺香津美 Dogatana

    DOGATANAアーティスト: 渡辺香津美出版社/メーカー: 日本コロムビア発売日: 2017/07/19メディア: CD 「Dogatana」は日本のジャズ・ギタリスト渡辺香津美が81年にリリースされアルバム、アルバム・タイトルは「渡辺」の漢字から、それぞれ「氵」と「辶」を取ったら「度刀」になり、これを読むと「どがたな」になり「Dogatana」になった。渡辺香津美が全編にわたって、それまでレコーディングの際にメインになるチャンスの少なかったアコースティック・ギター(オベイション・ギター)を前面にフューチャーしたアルバムで、当初はラリー・コリエル(g)とだけのデュオ・ギターを考えていたが、途中でそれだけに固執する必要はないということになり、色々な楽器とのデュオやギター・トリオへとふくらんでいったプロジェクトとなった。マイク・マイニエリ、ラリー・コリエル、デイブ・リーブマン、石田..

  • GONTITI ANOTHER MOOD

    ANOTHER MOOD-脇役であるとも知らずに出版社/メーカー: エピックレコードジャパン発売日: 1990/06/21メディア: CD ゴンザレス三上とチチ松村から成るアコースティック・ギター・デュオの「ゴンチチ」。無国籍な音作りに定評のあるユニット。83年にファースト・アルバム「ANOTHERMOOD」をリリース。素朴さとナチュラルさが全面に出されたアルバムでモーツァルトの「トルコ行進曲」を除いては、殆どの曲をゴンザレス三上が作曲している。レコーディングする際、予算が無いという事で、たまたま安く借りられた松下電器のスタジオで、当時、日本に2台しかなかった当時最先端のデジタルシンセサイザー・サンプラーのフェアライトCMIを発見し、ギター以外の演奏に充てた。この偶然によって、時代に先駆けるようにアコースティック・ギターとデジタルサウンドの組合せというゴンチチの大きな特徴が生まれ..

  • Paco de Lucía, Al Di Meola, John McLaughlin Passion, Grace and Fire

    "パッション,グレイス&ファイア~情炎"出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ発売日: 2001/03/23メディア: CD ジョン・マクラフリン、アル・ディ・メオラ、パコ・デ・ルシアの3人が再び顔を合わせて吹き込んだ2作目のアルバム「Passion, Grace and Fire(情炎)」は83年にリリースされた。ずいぶん前に紹介した、前作「Friday Night In San Francisco」がライブ・レコーディングだった為、スタジオでのレコーディングは初めての作品となった。主たるレコーディングをジョン・マクラフリンの本拠地イギリスでで行なっている。このトリオはアル・ディ・メオラの発案に端を発したが、このアルバムレコーディングの頃にはジョン・マクラフリンが主導権を持っていたが、しかし演奏された曲目は3人が2曲づつ持ち寄って作られ、内容的にも三者対等の形がとられ..

  • PACO DE LUCIA  Almoraima

    Almoraima by PACO DE LUCIA (2014-06-18)出版社/メーカー: メディア: CD わずか12歳で初レコーディングを経験し、67年に初のリーダー・アルバムを発表したフラメンコ・ギタリストの巨匠、パコ・デ・ルシア、代表作の一つと言われる「Almoraima」は全曲が傑作と言っていい稀有の作品で76年にリリースされた。前作の「Fuente y caudal」がスペインのヒット・チャートで第1位となったことにより、スペインのみならず広くパコ・デ・ルシアの名前は知られることとなる。このアルバムのタイトル曲は、彼の故郷アルへシーラス近郊にあるコルティホ・ラ・アルモライマ(農園)で作品のインスピレーションを得たことから作られ、彼がとても愛していたフラメンコ音楽の可能性を広げた作品で、伝統的なフラメンコの発展を目指し、70年代からの新しいフラメンコとラテンジャズ..

  • John Mclaughlin  The Promise

    ザ・プロミス出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2016/11/23メディア: CD ジョン・マクラフリンのアルバム「ザ・プロミス」は95年にリリースされた。一曲ごとに豪華なゲストが参加してるアルバムで、70年代を総括したアルバム「エレクトリック・ギタリスト」と同じ、ジャズ、ロック、フラメンコ、インド音楽と、レパートリー構成と同じですが、今回もこの時点での総括したアルバムです。とにかく曲ごとのゲストが凄い。ゲストアーティストはジェフ・ベック、エレクトリックギター「Django」マイケル・ブレッカー 、テナー・サックス 「Jazz Jungle」ジョーイ・デフランチェスコ 、ハモンドオルガン、トランペット「No Return」アル・ディ・メオラ 、 アコースティックギター 「El Ciego」トリロック・グルトゥ –、パーカッション 「The Wish」トニー..

  • Al Di Meola Elegant Gypsy

    Elegant Gypsyアーティスト: Di Meola, Al出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.発売日: 2008/02/01メディア: CD リターン・トゥ・フォーエヴァーがメンバーを一新し、それまでサックスとリズム・セクションという編成だったのに対し、74年に19歳の若さだった、アル・ディ・メオラのギターが加わり、そのギターとリズムセクションという新しいサウンドは注目の的になる、チック・コリアとアル・ディ・メオラは元々スパニッシュ指向を持っていた為にその組み合わせは絶妙なものがあった。「エレガント・ジプシー」はアル・ディ・メオラが77年に発表したセカンド・ソロ・アルバムで、リターン・トゥ・フォーエヴァーを離れ、本格的に独り立ちを果たした作品といえる。「エレガント・ジプシー」はタイトルからも分かるようにスペイン音楽に大きな影響を受けて制作され、その過程..

  • Santana Zebop!

    ジーバップ! (期間生産限定盤)アーティスト: サンタナ出版社/メーカー: SMJ発売日: 2016/08/17メディア: CD サンタナのバンドとしてのスタジオ・アルバム「Zebop!」81年にリリースされた。デビュー以来、一貫してラテン・リズムを取り入れてきた情熱的なギタリストのカルロス・サンタナ。前作の純粋なソロ名義のアルバムとしては2作目に当たるアルバム「The Swing of Delight」は60年代にマイルス・デイヴィスのバックを務めたハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスとの共演で話題をさらったが、その体験というか余波から何か違うタイプの音楽を色々プレイしたい気持ちにかられ、徹底的に激しい思い切った事やりたくなり出来上がったのが「Zebop!」で「The Swing of Delight」の余波というか反響みたいな結果に..

  • 高中正義 BRASILIAN SKIES

    BRASILIAN SKIES出版社/メーカー: USMジャパン発売日: 2013/06/26メディア: CD ギタリストの高中正義が78年に発表した4thアルバム。ロサンゼルス録音と日本での録音、そして初めてブラジルで本場のミュージシャンとプレイし録音されたアルバム。以前から「マンボNO.5」などで、ラテン・リズムによる高中サウンドは気持ちよく一体化していたが、今回のブラジル録音はラテンではなくて、サンバなんだと痛感させるアルバムで、高中はそのエッセンスを吸収しサンバのイマジネーションを上手く表現している「Beleza Pula」「Brasilian Skies」スターウォーズのテーマをサンバアレンジした曲「Star Wars Samba」などがブラジル録音、ファンに根強い人気の「Disco B」などがロサンゼルス録音、唯一日本で録音されたのが「伊豆甘夏納豆売り」で、セミの声か..

  • Jadoes Free Drink

    Free Drink出版社/メーカー: 日本コロムビア発売日: 2014/02/05メディア: CD ジャドーズはヴォーカル&ベースの藤沢秀樹を中心にお笑い芸人グループとして活動していたが、86年11月、角松敏生プロデュースにより日本コロムビアからシングル「FRIDAY NIGHT」アルバム『IT'S FRIDAY』で晴れて音楽バンドとしてデビュー。セカンド・アルバム「Free Drink」は87年にリリースされ、引き続き角松敏生プロデュースにより、ダンサブルなサウンドを展開している。ほぼ全ての作曲を藤沢秀樹が手掛け、演奏も素晴らしく、ジャドーズ自身が一線級の作りてである事を証明したアルバムでもある。「Summer Lady」は角松敏生がアレンジをした彼らしい爽快なナンバー、「Stardust Night」はジャドーズ自身がアレンジをしたナンバー。バラード曲の「Give Me Y..

  • 国分友里恵 Steps

    STEPS+2アーティスト: 国分友里恵出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト発売日: 2014/05/21メディア: CD 山下達郎&竹内まりやの全国ツアー・メンバーとしても知られる実力派シンガーであり、作詞家としても活躍する国分友里恵が、87年に発表したセカンド・アルバム「Steps」、前作の「Relief 72 hours」は林哲司によるプロデュースで彼らしいジャパニーズ・シティ・ポップの仕上がりになっていたが、82年にジョージ・デュークの日本ツアーにコーラスで同行、角松敏生「さよならは愛の言葉」をはじめ、角松作品に参加し、そのファンキーなテイストに磨きがかかった。今回から、岩本正樹プロデュースでさらにに国分友里恵の持つ長所を活かし、さらにブラック・コンテンポラリー色が濃い仕上がりになった。シンセサイザーと打ち込みを導入し、多彩なダンス・チューンとスローバラード..

  • Pazz Bananafish

    バナナフィッシュアーティスト: PAZZ出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ発売日: 2000/10/12メディア: CD 87年にリリースされた3人組ユニット、PAZZの唯一のアルバム「バナナフィッシュ 」。伝説の和製ブギー・ユニット、CHOCOLATE LIPSのヴォーカリストとして84年にデビューしていた藤原美穂がユニット解散後に、岩田雅之(ヴォーカル、ギター)と意気投合、そして岩田が連れて来た西脇辰弥(キーボード)が入り結成、この二人はPAZZのメンバーとしてプロデビューを果たした。CHOCOLATE LIPSが当時のプリンスやジャム&ルイスなどの最新のサウンドに影響を受け、そのファンキーなサウンドに日本語の歌詞を乗せる型だった、その形を継承した日本語の歌詞を乗せるアーバン・ファンクのユニットで、シンセと打ち込みを多用し、テクニカルな構成の楽曲は、当時の洋楽フ..

  • Cindy Angel Touch

    Angel Touchアーティスト: Cindy出版社/メーカー: (unknown)発売日: 1970/02/01メディア: CD エンジェル・ヴォイスが聴く者の心をつかむCindy、80年代初頭から「うる星やつら」などアニメ・ソングの音楽や、高中正義や山下達郎のツアーのコーラスに参加するなど多岐にわたって美声を聞かせてくれた、ソングライターとしても中山美穂らにヒット曲を提供し、その稀な才能を発揮していた。前にも紹介したデビュー・アルバム「Love life」から4年、90年にリリースしたセカンド・アルバム「Angel Touch」は前作より大人びた雰囲気で統一されていて、彼女の才能がさらに増している。「東北新幹線」の鳴海寛や鳥山雄司らによるアレンジは洗練されていて、このアルバムのイメージを現している。「Fall In Love」では山下達郎がギターやコーラスを担当しアレンジも..

  • SEASIDE LOVERS - MEMORIES IN BEACH HOUSE

    SEASIDE LOVERS出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト発売日: 2013/07/24メディア: CD 細野晴臣、山下達郎、鈴木茂が参加したことで知られる「Pacific」から始まったCBSソニーの名物企画サウンド・イメージ・シリーズの第4弾としてリリースされた「SEASIDE LOVERS - MEMORIES IN BEACH HOUSE」は83年にリリースされた。ビーチ・ハウスを舞台にした幻想のインストルメンタル・ラブ・ストーリーをコンセプトに、サウンド・クリエイターの井上鑑、松任谷正隆、佐藤博の3人の鍵盤奏者が3曲ずつをプロデュースした楽曲を収めたアルバムで、松任谷正隆はアコースティック・ピアノをフィーチャーし、映画音楽風からファンキーなナンバーまでをムードたっぷりに表現、井上鑑はプログラミングやシンセ・サウンドを駆使し幻想的なサウンドを上手く表現し..

  • Pink Floyd Animals

    アニマルズ(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)アーティスト: ピンク・フロイド出版社/メーカー: SMJ発売日: 2017/11/22メディア: CD ピンク・・フロイドの77年にリリースされたアルバム「アニマルズ」ジョージ・オーウェルの小説「動物農場」にヒントを得た作品で、豚(資本家)犬(ビジネスマン)羊(労働者)を疑似化し、人間を動物に喩えて社会批判するコンセプト・アルバムである。バタシー発電所の上空を豚が舞うというアルバム・ジャケットも話題を呼んだ。前作までの幻想的なサウンドは影を潜め、従来の作品よりもオーソドックスなロックサウンドとなり攻撃的なサウンドになっている。ロジャー・ウォーターズが書き下ろした「ピッグ(三種類のタイプ)」の3曲がアルバムの中核をなしている。アニマルズという題だけあって動物の鳴き声が効果的に使用されている。「ピッグス (三種類のタイプ)」の豚の鳴き..

  • 10cc Deceptive Bends

    愛ゆえに+3(紙ジャケット仕様)アーティスト: 10cc出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2014/07/30メディア: CD 「Deceptive Bends(愛ゆえに)」は、10ccによって77年にリリースされた5枚目のスタジオアルバム。ケヴィン・ゴドレイとロル・クレームが76年に事実上バンドを離脱し、ゴドレイ&クレームを結成して、10ccはオリジナルメンバーではなくなる。しかし、エリック・スチュワートとグレアム・グールドマンはデュオとしてのグループを存続させた(ドラマー兼パーカッショニストのポール・バージェスがサポートしている)。ゴドレイとクレームは、このアルバムの製作途中までは、メンバーに在籍していて、オリジナルメンバーで76年8月21日のネブワース・フェスティバルで「Good Morning Judge」を新曲として演奏している。以前のアルバムにあ..

  • Paul McCartney Flowers In The Dirt

    Flowers In The Dirt (2CD)アーティスト: Paul McCartney出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック合同会社発売日: 2017/03/24メディア: CD 「フラワーズ・イン・ザ・ダート」は、89年にリリースされたポール・マッカートニーのアルバムで、エルヴィス・コステロとの出会いが大きな意味を持った作品、80年代のポール・マッカートニーのベスト・アルバムのひとつとなった。トレヴァー・ホーン、エルヴィス・コステロ、デイヴィッド・フォスター、クリス・ヒューズ、ロス・カラムなど曲ごとに様々なプロデューサーを起用し、勿論ポール本来のメロディアスで親しみやすい作風を貫いている。 本作発表後、ヘーシュミット・スチュアート、リンダ・マッカートニー、ウィックス、クリス・ウィッテン、ロビーマッキントッシュ、そしてポール・マッカートニーをメンバーとする新バン..

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、アメネコさんをフォローしませんか?

ハンドル名
アメネコさん
ブログタイトル
名作CDを紹介
フォロー
名作CDを紹介

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用