プロフィールPROFILE

太子@会社役員×2さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

50代男性。これまでの様々な学び、今も学び中の経験や知識、気づきから発信していきます。 ビジネス経験28年(営業10年マネジメント18年)/大手情報ビジネス企業に25年/ほぼずっと広告営業とコンサルティング営業に従事/紙メディア、webメディアで純広、メルマガ、ポイントサイト、アフィリエイトを経験/不動産、飲食、美容、エステ領域が得意/不動産投資業も並行して5年/近いうちに宅建士になります!

ブログタイトル
資産の習慣
ブログURL
https://slino100.com/
ブログ紹介文
これまでのビジネス経験、自ら投資、資産運用で様々な実践してきた中から、特に「資産を作るための」、ビジネス、営業、投資、ライフスタイル等のあれやこれやを、業界内でしかわからないネタ含め、発信します。
更新頻度(1年)

5回 / 40日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/12/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、太子@会社役員×2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
太子@会社役員×2さん
ブログタイトル
資産の習慣
更新頻度
5回 / 40日(平均0.9回/週)
読者になる
資産の習慣

太子@会社役員×2さんの新着記事

1件〜30件

  • 【不動産投資の本】今でも古びていない読むべき2冊の本【必読】

    不動産投資本の世界:無駄な本が多いジャンル 書店に行けば専門コーナーがあり、常に新刊が溢れている「不動産投資本」。いったいどれを選べばいいのか、慣れていないと皆目検討がつかないと思います。株やFXなど、投資ジャンルはどこも似たようなものですが、 内容や主張の質や量がここまで玉石混交なのは、はっきり言って不動産投資本くらいなものではないでしょうか。 もちろん、中には、良質な質量ともにバランスが良くと

  • 【不動産投資初心者】法人化を考えた時に読む本3選【体験談】

    「不動産投資」は個人、法人、どちらで行うのが良いのか? 不動産投資をしていく中でいずれ考えることになってくることに「法人化」があると思います。 物件の選定をして物件を増やしていき、首尾よく収入が増えてきた時には、 ・節税・経費が使える ・相続もしやすくなる など、「お金をより残しやすくするにはどうしたら良いのか?」ということを中心に、様々な観点から法人化を検討するようになると思います。 では、 ・

  • 【不動産投資初心者】法人化を考えた時に読む本3選【体験談】

    「不動産投資」は個人、法人、どちらで行うのが良いのか? 不動産投資をしていく中でいずれ考えることになってくることに「法人化」があると思います。 物件の選定をして物件を増やしていき、首尾よく収入が増えてきた時には、 ・節税・経費が使える ・相続もしやすくなる など、「お金をより残しやすくするにはどうしたら良いのか?」ということを中心に、様々な観点から法人化を検討するようになると思います。 では、 ・

  • 【不動産投資初心者】物件を買う前に読むべき3冊の本【本質】

    何のための「不動産投資」? 何のために不動産投資をするのでしょうか? そもそも投資をしようと考えたのはなぜでしょうか? ・勤め人から卒業したい・お金に追われる生活から脱却したい ・少しでも生活を楽にしたい 投資をしようという動機、理由は人それぞれ、様々あると思います。 ではその際、どこを目指すか。不動産投資でどのレベルの収入を目指すのか。 いざ物件を買う、その前に、どこを目指していくのか決めて進ま

  • 税制改正大綱 海外不動産節税スキームへの影響は?簡単解説!

    近年流行っていた中古海外不動産物件の購入による節税スキーム。 節税を行うことを主たる目的として築古の海外不動産を購入し、減価償却制度を活用してタックスメリットを追求していく投資手法です。 令和2年度税制改正大綱で、ついにその手法にメスが入ることになりました。 ここでは今回の税制改正による実際の影響はどうなのかについて、簡単に解説していきます。 居住用不動産の減価償却とは? まず、減価償却とは何か、

  • バリ島不動産投資 その知られざる魅力

    これまでこのブログでは様々な海外不動産投資について紹介して来ました。 海外不動産投資についてアメリカ本土タイハワイカンボジア 海外不動産投資の節税について、「税制改正大綱(令和2年度)発表…海外不動産節税を封じ込めへ」と正式に決定されました。その詳細については別途記事にします。 一口に海外不動産投資と言ってしまえば、それこそ世界中が対象になる話ではありますが、私の知る限りで、お勧め出来る、まだ紹介

  • カンボジア不動産投資について:高い成長力の魅力とリスク

    カンボジアとはどんな国なのか カンボジア。みなさん、この国にどんな印象をお持ちでしょうか。 有名なアンコールワット遺跡。観光ではこちらのイメージになるでしょうか。 悲惨な歴史、貧しさ。 ポルポト政権による内戦で多くの命が奪われてしまった悲惨な歴史を持っています。 そしてまだまだ国は貧しく、経済規模も小さいです。 そんなカンボジアではありますが、新興国として近年、大きな経済成長を遂げている真っ最中で

  • ハワイ不動産投資について:世界中から集まる人気が強みの源泉

    海外不動産投資を考える観点 ハワイの不動産投資について語る前に、まずは海外不動産投資を考える観点について。これまでの繰り返しになりますが、 どの国のどの地域の何に投資するかを考える際に、まずはその投資を通じて何を得たいのかを考えます。 資産を増やしたいのか資産を守りたいのか資産を分散させたいのかその国、地域で仕事をしたいのか それを決めたうえで、 キャピタルゲインインカムゲインタックスメリット政治

  • タイ不動産投資について:そのバランスの良さの魅力

    海外不動産投資を考える際の観点 海外不動産投資。 どの国のどの地域の何に投資するかを考える際に、まずはその投資を通じて何を得たいのかを考えます。 資産を増やしたいのか資産を守りたいのか資産を分散させたいのかその国、地域で仕事をしたいのか それを決めたうえで、 キャピタルゲイン インカムゲイン タックスメリット 政治の安定性 この4つのバランスを見ながら、 ハイリスクハイリターンミドルリスクミドルリ

  • アメリカ不動産投資について:木造築古編

    アメリカの最大の強みとは 先進国であるアメリカ。誰もが異論の余地ない、世界最大の経済大国であり続けている国。 先進国中の先進国ですが、経済成長も堅調で、株価は過去10年間で3倍。 かたや日本も最近は景気が悪くないと言われているものの、リーマンショック前の高値を超えてきている程度でアメリカの半分程度も成長していません。 リーマンショック後の10 年間で世界経済は大きく変化しました。 中国の成長が一巡

  • 海外不動産投資について

    海外不動産投資を考えてみる 豊かな人生を送るために、ある程度の資産があるに越したことはないと思います。 その資産を構築するためには、一般的には、 自分が働くことを通じて誰か、あるいは何か、に働いてもらうことを通じて 取り組んでいくのだと思います。その 誰か、あるいは何か、に働いてもらうことを通じて には、 事業を興して「人」に働いてもらうか投資して「資産」に働いてもらうか 大きく二つの選択肢があり

  • 自宅をローンで購入する前に知っておいて損はないこと~情報収集するお得な方法~

    情報収集するためのお得な方法とは? 自宅をローンで購入する前に考えておいたほうが良いこと、知っておいて損はないこと、として、 ローンの信用枠を不動産投資に活用する→自宅購入は資産構築後に、あるいは並行して行う不動産投資の知識を得るための、おすすめ本の紹介おすすめの情報収集用サイトの紹介 ということを、もう一つのブログで紹介してきました。 こうしてしっかりと情報収集をした後は、いよいよ不動産会社に対

  • ポイントサイト比較:ビジネス面から見たTOPサイトはどこか?

    普段なかなか伺いしれないポイントサイトのビジネス面からみた姿について。ここではそういった話をしていきます。 ポイントサイト業界の情報は、意外と知ることができない ポイントサイト業界の情報は、意外と知ることができません。 ネット市場、アフィリエイト市場などといったより大きな規模、括りであれば、総務省のデータや電通調べのインターネット業界市場規模などや、上場企業のIR情報などを丹念に読み解けば、売上規

カテゴリー一覧
商用