searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

れいがくさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ザリガニの飼育
ブログURL
http://reigaku.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ザリガニの飼育日記です。ベランダと水槽で飼っています。 交尾と産卵を経て、稚ザリの誕生を目指しています。 息子が突然ザリガニを持って帰ってきて扱いに困っている、という方の 一助になれば幸いです。ザリガニは思っている以上に可愛いです。
更新頻度(1年)

24回 / 96日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/11/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、れいがくさんの読者になりませんか?

ハンドル名
れいがくさん
ブログタイトル
ザリガニの飼育
更新頻度
24回 / 96日(平均1.8回/週)
読者になる
ザリガニの飼育

れいがくさんの新着記事

1件〜30件

  • そうだ 赤玉土 敷こう #52

    2月23日 2月24日 エサをばら撒いた直後の様子です。 こんな感じです。 2月25日 エサは一日でほぼ食べ尽くされています。 そして、徐々にコケが目立ってきました。 2月26日 1匹だけ、赤い稚ザリがいます。 気になるので、単独飼育にする予定です。 視認性が悪くなるのは水槽に付着するコケのせいであって、 水自体は透明です。 以前のように、白濁化させてしまうこともなくなりました。 そこでふと、思い出しました。 コケ対策として最強の底床があることを。 それは、『赤玉土』です。 一年目、コケとグリーンウォーター化に悩まされたメダカ鉢でしたが、 二年目、赤玉土を導入したところまったくコケが発生せず水…

  • 水槽百景 #51

    2月20日 2月21日 下に、今朝の動画を載せます。 水槽内はそれまで穏やかでしたが、ひかりクレストが投下されると、 途端に母ザリも稚ザリも興奮しだします。 母ザリの近くに稚ザリがいると、いつ襲われるかと、見ていてヒヤヒヤします。 母ザリは一応ひかりクレストも食べはしますが、 ひかりクレストを食べることに専念してくれません。 あくまで本命は稚ザリのようです。 塩ビ管の中にいる母ザリは、 あたかもタコを狙って岩陰に潜むウツボのようです。 2:20~ 塩ビ管の前でひかりクレストを食べていた稚ザリが、 ふと塩ビ管の中を見やると、そこには捕食者たる大ザリガニがいて、 それに気づいた稚ザリが、エサを放り…

  • 稚ザリの数を数えましょう(後編) #50

    綺麗になった水槽に、稚ザリを戻していきます。 数を把握できるように、画像を撮ってから。 パチリ。4匹です。 パチリ。15匹。 なお、ハサミが両方とも健在なのはたった7匹で、 片方しかないのが6匹、両方ともないのが2匹でした。 パチリ。11匹。 パチリ。8匹。 パチリ。27匹。 以上。 合計65匹でした。 1月12日(生後29日目)に223匹。 1月29日(生後46日目)に145匹。 17日間で、78匹減。 2月18日(生後66日目)に65匹。 20日間で、80匹減。 1月12日から2月18日で考えると、 37日間で、158匹減。 1日4匹ほど減っていってる計算になります。 ザリ密度は下がってき…

  • 稚ザリの数を数えましょう(前編) #49

    前回書き忘れましたが、 ベランダで飼っているザリガニの成体3匹についてです。 こちらの3匹は、百均ケース・無加温・低水位による単独飼育です。 ザリガニの冬眠用 兼 エサとして、落ち葉をワサっと入れています。 画像は1月9日のものですが、今もさほど変わっていません。 2月8日に、約一ヶ月ぶりの生存確認を行っています。 今年に入って二度目という放置ぶり。 エサも与えておりません。たまの足し水のみです。 今年は暖冬な上に、落ち葉が土の役割を果たしているのか、 ホテイアオイはさほど変色もせず、このまま冬を越せそうな気配です。 さて、水槽のほうです。2月17日。コケがいっぱい。 今週末に水槽をリセットす…

  • 再生するハサミ #48

    唯一単独飼育している稚ザリについてです。 1月12日、水槽の水を全部換える掃除をした際に、 左のハサミのない稚ザリを1匹だけ室内で単独飼育することにしました。 室内、無加温、低水位、エアレーション無し、という環境です。 1月12日時点 1月27日に脱皮 そして2月6日に再び脱皮 するとどうでしょう。 左のハサミがほぼ復活しているではありませんか。 さすがにまだ一回り小さいですが、 次の脱皮で、おそらくほぼ同じサイズになると思います。 この細かい棒状のものがフンです。1日で大体このくらいの量です。 少なくとも2日に一度は水換え(フンの掃除)するようにしています。 そして、私が見ている時間帯はほぼ…

  • ザリガニ飼育200日目 #47

    ザリガニ水槽のその後です。 1月29日(水)水槽リセット直後の様子。 1月30日(木) 1月31日(金) 2月1日(土) 2月2日(日) 2月3日(月) 2月4日(火) 2月5日(水) ほんの一週間でここまでコケが付着しました。 5日目あたりから一気に増殖していってる感じがします。 言うまでもなく飼育生体が多すぎるのが最大の原因でしょうが、 直射日光を浴びる屋外に置いているせい、というのもあるかもしれません。 ろ材は4日も経つと、限りなく黒に近い深緑色になります。 2日、あるいは3日に一度は飼育水ですすいだほうが良さそうですが、 とりあえずまだストックがありましたので、 2月2日に新品に交換の…

  • 稚ザリが一匹、稚ザリが二匹・・・(再び)後編 #46

    前回のつづきです。 まずはザリーを水槽に戻しました。 続きまして、稚ザリたちを写真に収め、 あとで数を数えられるようにしてから水槽へと戻していきます。 パチリ パチリ パチリ 一番上 51匹 二番目 50匹 三番目 43匹 この他に、ザリーを入れておいたケースにも1匹だけ潜んでおりましたので、 合計 145匹 となります。 1月12日(生後29日目)に223匹だった稚ザリが、 1月29日(生後46日目)には145匹となっていました。 17日間で、78匹減ったことになります。 145匹、と聞けば、まだまだたくさんいると感じますが、 78匹減った、と聞けば、やはり大幅に減ったように思います。 そし…

  • 稚ザリが一匹、稚ザリが二匹・・・(再び)前編 #45

    本日、1月12日以来の水槽のリセットをしました。 1月26日頃から白濁化が進み、 1月27日の朝、そこにトドメを刺すかのように、鶏ガラをほうり込みまして、 今朝はこんな感じになっていました。 なんだかもう、汚い感じですね。 水槽飼育史上でいちばん汚れがひどい状態にしてしまいました。 コケの付着により、もはや水温計が何度を指しているのかもわかりません。 それにしても、鶏ガラなど入れるものではありませんね(ぉぃ 稚ザリたちが骨だけ残してあっという間に食べ尽くしてくれるんじゃないか、 という淡い期待を抱いていたのですが、言うほど食べません。 水温23℃の中であまり長いこと放置しておけば、 肉は傷んで…

  • いよいよ始まったようです #44

    1月22日にコケ掃除&プクプクろ材の交換を行った水槽ですが、 翌日には浮遊物もなくなりスッキリしていました。 脱皮した抜け殻も、硬いハサミの部分を除いて、全て食べ終わったようです。 塩ビ管の中のザリーはショートスパンの脱皮で明らかに一回り大きくなりました。 そして、旧ろ材は一日経ったら沈んでいました。 翌24日の様子です。 同日夜です。 ザリガニは夜行性と言われていますが、 日中でもエサを投じれば活発に動き回ります。 ただ、やはり天敵に襲われにくい夜間が、本来の活動時間なのでしょう。 翌25日です。 茹でたブロッコリーを入れてみました。 しかし、ニンジンやほうれん草ほどの食いつきは無かったよう…

  • 稚ザリ、順調に成長中 #43

    今朝の水槽です きのう、向かって左にあった抜け殻が、今朝は右の塩ビ管前に移動していました。 塩ビ管内に身を隠しつつ、抜け殻を食べていく、ということなのでしょう。 さて、コケの付着による視界不良が限界水域を超えましたので、 コケクロスワイパーでゴシゴシと掃除をしました。 稚ザリが多いので掃除も気をつかいます。 更に、ろ材も新品に交換しました。 その上で、旧ろ材は飼育水ですすぎ、水槽内に戻してみました。 果たして意味はあるのか。 旧ろ材 沈むと勝手に思っていたところ、まさかの浮き、でした。プカ~。 稚ザリも乗っかります。 コケ掃除&ろ材交換後 まだ水中に浮遊物がありますので、それほど綺麗になった感…

  • 稚ザリ、順調に成長 #42

    稚ザリのまとめです。 ◯11月2日~12日の間 交尾を複数回確認 ◯11月22日(初回交尾から20日目) 産卵を確認 ◯12月14日前後(産卵後22日目) ふ化を確認 ※この日を便宜的に生後0日とします。 ◯12月20日(生後6日目) 稚ザリの一人歩きを確認(10~20匹) ◯12月29日~1月3日の間(生後18日前後) 母ザリのお腹から全ての稚ザリが一人立ち ◯1月8日(生後25日目) 母ザリの脱皮を確認 ◯1月12日(生後29日目) 全換水&稚ザリの数を確認⇒223匹 ◯1月21日(生後38日目) 母ザリの脱皮を確認 補足です。 12月1日に水槽の水温が20℃を切ったので、ヒーターを導入し…

  • 水槽のリセットで白濁化が改善 #41

    今回の更新は動画がメインです。 www.youtube.com白濁化した水槽の様子です。 0:12~水槽の手前のガラス面に稚ザリがくっついており、 撮影しながら思わず二度見してしまいました。 脚に吸盤がついているわけでもないのに、 なぜこのようなことができるのか不思議です。 www.youtube.com こちらはひかりクレスト投下直後です。 いつもどおり、ひかりクレストを巡って、いたるところで争いが勃発しています。 こうした争いの中で、片方、もしくは両方のハサミを失ってしまう稚ザリが 出てくるのでしょう。 いずれにしても、水槽内が白濁化し過ぎていて、非常に見づらくなっていました。 こちらは取…

  • 稚ザリが一匹、稚ザリが二匹・・・ #40

    1月8日の朝 水槽を見たら一気に白濁化が進んでおり、手前しか見えない状態に。 画像は上から、12/28、12/30、1/3、1/6、1/8となります。 白濁化の流れ 前々回の更新では、 慌てず騒がずしばらくは推移を見守るつもり、と書きましたが、 すみません、嘘をつきました。 言行不一致、朝令暮改です。 1月12日に、まさかの全換水による水槽のリセットをしております。 理由は2つあります。 1つ目は、8日以降、水槽の白濁は改善せず、 それどころか12日になって、若干悪化したように感じた為。 2つ目は、こちらのほうがより大きい理由なのですが、 稚ザリの数を正確に把握してみたい、という欲求に駆られた…

  • 稚ザリは必然、多頭飼育になります #39

    昨日突然白濁化した水槽の、今朝の様子。 1月9日朝 はい、相変わらずです。 昨日はプクプクの前にあったザリーの抜け殻ですが、 今朝見たら、向かって右手の塩ビ管の前に移動していました。 ザリーの抜け殻 ほとんど食べられていますね。 脱皮後のザリーは殻が固まるまで、 塩ビ管の中で2日ほどはじっとしているのでしょうが、 抜け殻を食べてカルシウムを補給することは怠りませんね。 塩ビ管の中は懐中電灯で照らしても白濁によりさっぱり見えません。 ですので、脱皮後のザリーをまだ見ることが出来ていません。 さて、久しぶりに、1号、2号、3号について、です。 1号と2号はオスで、2号は稚ザリたちの父親です。 3号…

  • 水槽の急激な白濁化 #38

    前回のつづきです。 私は水槽が白濁化したりニオイを放つのは、 稚ザリが多すぎてろ過が追いつかないからだと思い、 こまめな換水とニゴリ取りカートリッジによってその改善を図ろうとしました。 (あるいは、すでに壮絶な共食いが始まっているのか、と思ったりもしました汗) ろ材も汚れたらすぐに新しいものに換えられるよう、 交換ろ材を6個、買っておきました。 そして、今朝の水槽がこれです。 1月8日朝 もはや、水槽の手前のほうしか見えません。 白濁化が一気に悪化していました。 しかもそんな中で母ザリは脱皮していました! ひかりクレストの食べ残しが目立ったのは、 脱皮前でザリーの食欲が減衰していたからかもしれ…

  • 稚ザリの成長と、水槽の白濁化 #37

    12月28日から本日1月8日までの稚ザリの成長を、 動画で見ていただければと思います。 似たような動画ばかりの上に、中には長い動画もありますので、 適当に飛ばして頂ければ幸いです。 www.youtube.com 動画の1:02~1:15あたりを見て頂ければわかりますが、 稚ザリがエアレーション内に入り込んでしまっています。 まあ、これで死ぬことはないと思いますが、 掃除の時に一緒に取り出してしまうおそれはあります。 www.youtube.com この頃はまだ1cmにも満たないサイズで、個体差も見受けられませんでした。 www.youtube.com母ザリのお腹シェルターで動く稚ザリたちです…

  • 水槽飼育の悲哀 #36

    明けましておめでとうございます。 新年最初の更新となります。 12月28日朝のザリー 水槽全体の様子 昨年12月20日に、初めて、稚ザリの一人歩きしている様子を 確認することができました。 この時はほんの10~20匹ほどでしたが、その後徐々に数を増やし、 おそらく100匹以上はひとり立ちした上に、 まだ母ザリのお腹にもたくさんくっついている状態で、 12月30日の朝、帰省のため家を空けることになりました。 前回も触れましたが、 年末に水槽がニオイを発するようになりました。 ザリガニ飼育は決して臭くない、と言いたいところですが、 それはあくまでも、 ・適切な飼育方法 ・定期的な掃除・メンテナンス…

  • 稚ザリ観察 #35

    今年もあとわずかとなりました。 これが年内最後の更新となります。 ふ化が進んで一人歩きの稚ザリが増えるにしたがい、 母ザリの様子も変わってきました。 日中も夜もアクティブに動くようになりました。 水草に上ったり、水槽内をグルグル回ったり。 それでもまだ母ザリのお腹にはたくさんの稚ザリがくっついています。 12月25日の朝 12月25日の夜 この時点で、私は少々不安になってきました。 このお腹の子たちは、生きているのだろうか、と。 ふ化、あるいは脱皮に失敗して、お腹にくっついたまま、 実は死んでしまっているのではないか、と。 そのくらい、ここ数日間、ザリーのお腹に変化が見られませんでした。 とこ…

  • 稚ザリ、食欲旺盛です #34

    12月14日前後にふ化し始めた稚ザリたちですが、 順次ふ化していっており、日増しにその数を増やしています。 水槽の中はどこもかしこも稚ザリでいっぱいです。 稚ザリはちっちゃいのに、よく見るとちゃーんとハサミがあって、 可愛らしいです。 また、成体(大人のザリガニ)と違って、しょっちゅう飛び跳ねており、 上のほうからスーッと重力に身を任せて落ちてきたりもするので、 水槽を見ていて飽きません。 23日に投入したニンジンは、翌24日になっても食べられていました。 その時の様子です。 www.youtube.com 母ザリのお腹は依然として稚ザリがいっぱいです。 24日の朝 そして、みんな大好き「ひか…

  • 稚ザリ、一人歩きを始める #33

    11月2日の初交尾からちょうど20日後の11月22日に産卵し、 産卵から22日後の12月14日前後にふ化が確認できた、 水槽のザリーとその稚ザリたちについて、です。 ふ化しても、そこから約2週間ほどは母親のおなかに くっついているらしいので、 稚ザリの一人歩きが見られるのは、12月28日前後だと思っていました。 ところが実際は、12月20日の朝に10匹近い稚ザリの一人歩きが 確認できました。思いのほか早く、これには驚きました。 あわてんぼうの稚ザリは一週間足らずで母親のおなかを離れ、 のんびり屋さんの稚ザリが二週間ほど居座り続ける、ということでしょうか。 www.youtube.com 朝見た…

  • ついにふ化しました #32

    11月2日の初交尾からちょうど20日後の、11月22日に産卵した 水槽のザリーのその後について、です。 産卵から2、3週間後、つまり、 12月6日~13日の間にふ化するのではないかと予想していたのですが、 12月1日にヒーターを導入するまで、水温が20℃ほどでしたので、 それで若干予想よりもふ化が後ろ倒しになった可能性はあります。 12月2日 12月4日の夜です。 www.youtube.com卵は依然、黒に近いまま、です。 12月7日の夜です。 www.youtube.com 卵は依然、黒に近いまま、です。 12月7日に、水槽のコケ掃除とエアレーション(プクプク)の交換を 行いました。 しば…

  • 産卵後の経過と、ベランダ #31

    抱卵したザリーは日中は塩ビ管の中でじっとしていますが、 夜間(水槽の照明が消える18時以降)になると、 意外とアクティブだということがわかりました。 抱卵ザリー ネットにつかまっていたり、水草に上っています。 じっとしているのも退屈で、少しは体を動かしたくなるのでしょうか。 あるいは、エサを探しているのかもしれません。 人工餌への食いつきは悪いですが、枯葉や水草をかじっている痕跡が 見受けられます。 かじられたアナカリス 水槽の掃除も行いました。 水作エイトコアSを新品に交換し、旧エイトコアは掃除して置いておきます。 また、コケクロスワイパーを使って、 水槽のガラス面に付着したコケを取り除きま…

  • 産卵と、今後について #30

    前回までのあらすじ。 水槽のザリーがついに産卵しました。 12月にはふ化してくれるのではないかと思います。 きのう、ザリーは塩ビ管の中にこもりっきり、と書いたのですが、 昨晩ふと水槽を見ると、ザリーが普通に水草に上っていました。 動画を撮る際に驚かせてしまったのか、慌てて水草から下りるザリー。 やはり抱卵していると、警戒心が強まるようです。 ザリーには悪いことをしました。 www.youtube.com 現在の水槽の様子 前回水槽を掃除したのは11月12日です。 2週間経ちましたが、案外綺麗です。 ザリーの食欲が落ちたことが要因だと思われます。 それにしても水草(ホテイアオイとアマゾンフロッグ…

  • 産卵しました #29

    前回までのあらすじ。 ベランダと水槽でそれぞれザリカップルが誕生し、 あとは産卵してくれるのを楽しみに待つ状態となりました。 11月12日 水槽の掃除を全換水にて行いました。 10月2日に水槽で飼育し始めてから5回目の掃除となります。 1週間~10日に1度は掃除していることになります。 どうしても汚れが目立ってきますので、 綺麗に保ちたいなら、このくらいのペースで掃除が必要になると思います。 これが、水槽飼育唯一のデメリットかもしれません。 掃除のため、2号とザリーは一時的にベランダの白ケースに移しましたが、 その間、きっちりと交尾しておりました。 2号とザリーの交尾 そして、少々迷いましたが…

  • ベランダと水槽と #28

    前回までのあらすじ。 ベランダと水槽でそれぞれザリカップルが誕生しました。 果たして産卵してくれるでしょうか。 「その時」を楽しみに待っている状況です。 ベランダのカップルですが、 11月5日にペアリングに成功。 この日、少なくとも4回は立て続けに交尾しました。 11月7日の朝に一旦それぞれのケースに戻し、 11月9日に再び同じケースに入れてみました。 www.youtube.com 64倍速です。 同居開始から約10分で1回目の交尾を確認。 これまでの経験から、両者共に準備が整っていれば、 ごく短時間のうちに交尾を始めます。10分からせいぜい20分以内には。 以前水槽で、2時間も様子を見たこ…

  • ベランダと水槽と #27

    前回までのあらすじ。 6匹いたザリガニは2匹が脱走し、4匹となりました。 しかしながら、ベランダと水槽でそれぞれザリカップルが誕生しました。 落ち葉 冬支度です。冬眠用 兼 お食事用に、落ち葉を拾ってきました。 ほとんどが桜の葉っぱです。 ザリガニのサイトではクヌギやコナラを目にしますが、 どの木が何なのかさっぱりわからないので、それは諦めました。 ザリガニのいる池の中に落ちていた葉っぱも何枚か取りました。 しばらくはこのように、バケツの水に浸けておこうと思います。 ベランダカップル 丸2日間、同じケースで過ごさせまして、今朝、単独飼育に戻しました。 朝晩寒くなってきましたので、もしかしたら冬…

  • 悲しみを乗り越えて #26

    前回までのあらすじ。 6匹いたザリガニは2匹が脱走し、4匹となりました。 水槽の2匹はカップルです。ベランダの2匹もカップルにできるでしょうか。 さて、水槽のザリカップルですが、 落ち着いていることもあれば、 相変わらずオスがメスを追い回す展開も見かけます。 発情期のオスにメスがついていけない、といった感じでしょうか。 2号の威嚇 水草の上で休憩 水面に顔を出すザリー ネットからも威嚇 ザリーは水槽歴が長いので、私が近づいてもほぼ無反応ですが、 2号は必ず威嚇しながら近づいてきます。 慣れの問題なのか、性格の問題なのか、性別の問題なのか。 ここらへんは、飼育経験を積めばわかると思いますが、 私…

  • 悲しいお知らせ #25

    11月2日 2号とザリーのペアリングに成功。 同日、少なくとも4回は交尾する。 2号がザリーを執拗に追いかけ回す。 11月3日 水槽内は、幾分落ち着いた様子。 憑き物が落ちたか。 そして、事件は11月4日に起きました。 ベランダの5号が脱走です。 2日前に4号に脱走されたばかりです。 もう自分の学習能力の無さに呆れてものも言えません。 高さ11.5cmの浅型ケース このようなケースで飼っていました。 脱走対策として、高さ22cmの深型ケースを4つ買ったのですが、 5号はずっと浅型のままでした。それはなぜか。 6匹飼っていて、深型ケースが4つしかない以上、 2匹は物理的に余るわけですが、理由はそ…

  • 悲しいお知らせ #24

    ザリガニ飼育を始めて3ヶ月。 初めてのペアリング(交尾)に成功し喜んでいたのも束の間、 朝、ケース内の塩ビ管を覗いて見ると、 メスの4号の姿がどこにも見当たりません。 9月14日に初代1号を脱走させてしまい、 ホテイアオイは危険だということがよくわかっていたはずなのに、 また同じことをやってしまいました。 しかも、産卵も期待できた状況で、です。 この時の落胆といったら。 9月1日に飼い始めた時からふた回りほど大きく成長し、 繁殖可能なサイズにまでなった4号を失い、同時に、 産卵そして稚ザリ誕生の機会を失った落胆は思いのほか大きいものがありました。 その反動もあって、いささか性急にではありますが…

  • 悲しいお知らせ #23

    これまでの整理です。 オス:1号、2号 メス:3号、4号、5号、6号(ザリー) ベランダ:1号、2号、4号、5号 水槽:3号、6号(ザリー) 先日ついにベランダで、2号と4号のペアリングに成功しました。 www.youtube.com 交尾開始から30分経ったところで、一度目の「離せや」が、 4号から発動しますが、2号は無視します。 確かにハサミでハサミをガッチリホールドしていますが、 相手の動きを止めるのには尾も役立っているように見受けられます。 www.youtube.com 交尾開始から45分経ったところで、2度目の「離せや」です。 両者に力が入っているように感じます。 さすがに根負けし…

カテゴリー一覧
商用