searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

comoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
セミリタイアーズ
ブログURL
https://comoshin.hateblo.jp/
ブログ紹介文
60才からの新しい暮らし方を試行錯誤しながら実践していくブログです。うまく行ったりいかなかったり、いろんな情報をお伝えできればいいなと思います。よろしくお願いします。
更新頻度(1年)

273回 / 349日(平均5.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、comoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
comoさん
ブログタイトル
セミリタイアーズ
更新頻度
273回 / 349日(平均5.5回/週)
読者になる
セミリタイアーズ

comoさんの新着記事

1件〜30件

  • LIFE SPAN 老いなき世界 第3章・第4章 <書評>

    第3章 万人を蝕む見えざる病気 なんと老化は病気だという提唱です。固定観念でカチコチになったボクの頭では、「いやいや病気はハプニングで老化は自然現象でしょう」と考えてしまいます。「老化が病気だったら原因があるはず、老化は原因がないから病気ではない」などと常識的な思考回路の中で混乱します。しかし、デビット・A・シンクレアは老化そのものが1個の疾患なのだと言い切ります。 ボクが病院に勤務していた時は事務当直と言って夜勤をする事がありました。入院患者さんが夜間に亡くなられたとき、医師に死亡診断書を書いてもらうのですが、仏様が90歳だろうが100歳だろうが死因の欄に「老衰」と書かれることは非常に稀でし…

  • 幸せな会社のかたち

    もの凄いレベルの零細企業を運営しています。会社を作る時ボクが望んだものは、自分たちが食べていける報酬と自分の子供が大学を卒業するまでの学費が払えること。それと精神の自由。 ボクと妻とパートさんの3人で始めました。ボクと妻の給料は一人10万円ずつ。パートさんの給料は14万円でした。目標がとても小さかったので変に肩肘張らず16年も続けることができています。感謝です。いろんな辛いこともありましたが、ボク自身は本当に面白かったと感じています。 40年前、ボクは新卒で就職した食品会社で営業企画部に配属されました。大変だったけど勉強にもなりました。会社の仕組みを学ぶことができた。事業が生まれて消滅するまで…

  • 放浪の旅

    comoshin.hateblo.jp 以前、投稿したエントリです。情けないことに3つしか思い浮かばない。しかも自己中心的な願望ばかり。家族に対して申し訳ない(笑) ①週一でゴルフに出かける ②放浪の旅に出る ③月に5万円の新しい収入源を得る 3つとも65歳になればやれるのではないかと思っていますが、たぶんその頃にはやりたい事も変わっているのでしょう。状況が整ったらやろうではほとんど出来ないのが現実です。要するにこの3つは4年後ではなくて、今やりたい事なのです。少なくとも実行するための準備をしなければ永遠に出来ないと思っています。 そこで、②放浪の旅に出ることについて現実的に考えたいと思います…

  • LIFE SPAN<老いなき世界>第1章・第2章 書評

    新しい老眼鏡はまだ出来ていない。だからこの本を読むのにはけっこう根気がいる。さらに専門用語だらけだ。つい、斜め読みになり正確な読解に自信はない。是非、この本を自分で購入してもらい、ボクの過ちを指摘して頂きたい。言わばブログ上の読書会です。 著者はデビッド・A・シンクレア David A.Sinclair PhD 世界的に有名な科学者、起業家だそうです。ハーバード大学医学大学院で遺伝子学の教授を務めていて多くの研究実績がある高名な先生です。老化は防げるなどと突拍子もない話なのでまゆに唾を付けそうになりましたが、現時点では最先端の科学的根拠はありそうです。 第1章 最初に語られるのは、約40億年前…

  • 新世界

    なぜか個人口座の残高が上昇傾向です。別に努力して節約しているわけではありません。収入が増えたわけでもありません。むしろ減らしています。なのに残高照会すると「?」と思うくらいお金がある。きっとコロナ前と比べて消費行動が減ったためだ。人混みの中に入ろうと思わない。飲み会に行こうと思わない。ボクは自然派で下戸だから、逆に快適だ。読書したりひとりゴルフをしたりDVDを鑑賞したりして穏やかに暮らしている。 もう、このままでも良くない?今までが消費しすぎていたのではと考え始めている。新型コロナ騒動はもうしばらく続くし、コロナウイルスが終息したとしても次の感染症に備えた人々の行動様式は明らかに変化していくだ…

  • LIFE SPAN <老いなき世界>が読めなくなったので老眼鏡を更新する

    久しぶりに紙の本を買ってみました。youtubeで中田くんが解説?していた本です。なんと人類は不老を手に入れる事ができると言う内容の本で、いささか信じ難いのですが取り敢えず読んでみようと思いました。価値があるなら家族や仲間にも読ませようと思い、いつもはKindleですが今回は紙の本にしました。 文字が小さい 思ったよりも字が小さすぎて老眼鏡をかけても見にくい。Kindleだったら調整が可能なので字の大きさの重要性を忘れていた。現物の本を開いてみて初めてその小ささに驚いた。そして読書にめげそうになった。 難しい 専門用語が当たり前のようにたくさん使われており、ある程度の生理学の基礎知識がないと意…

  • やりたい事を列挙してみる

    60歳を過ぎると一生懸命働くことと、一生懸命遊ぶことは同じ意味を持つことになる。充実していればそれで良い。元気に動けるあと15年、何をするかと考えるよりもいかに行動に移せるかが重要です。中身を精査するのにあまり時間をかけても仕方がないのです。それで、やりたい事を列挙してみることにした。そしたらあまりにも少なすぎて落涙した。 ①週一でゴルフに出かける ②放浪の旅に出る ③月に5万円の新しい収入源を得る 理由はボク自身でもわかりません。3つが実現すれば満足できるかな、と思うだけです。簡単なようで、3つともとんでもなく難しいと考えています。じっくりと課題を解決しながら実現に向けて一つずつ準備をする過…

  • ひとりゴルフが楽しいのは何故か

    コロナ禍のなかで、昨日もひとりゴルフに行ってきました。ひとりゴルフとはその名の通り一人ぼっちでラウンドする事です。友達とワイワイしながらラウンドするのももちろん楽しいですが、ひとりゴルフもなかなか楽しいものです。 気を遣わなくていい ぼくは割と繊細さんなので、同伴プレイヤーに気を遣います。人がミスショットをしたら顔色をうかがいますし、自分がミスをしたら迷惑をかけている感覚になります。ティーグラウンドでモジモジしたらイケナイとかグリーンで他の人のラインを絶対に踏まないようにキョロキョロします。それでも、モジモジしたりラインを踏んだりすることが多く、緊張の連続です。ひとりゴルフは伸び伸びできます。…

  • ベーシックインカムが分断する未来

    ベーシックインカムは超富裕層と庶民を徹底的に分断する可能性があるでしょう。よくSF映画の設定になっている世界観は、まさしく大多数が暮らすスラム街と超富裕層が暮らす巨大な壁で隔てられたユートピア、もしくは宇宙ステーションみたいな居住地。最近見た映画「イリジウム」https://eiga.com/movie/58255/もそういった社会でした。どうしてそうなったかは描かれたいませんでしたが、ボクはベーシックインカムが原因を作ったからではないかと感じました。何も起きていない未来を心配しても仕方がないのですが(笑 先日もブログに書きましたが、ベーシックインカム(以下BI)は全国民に生活できる最低限のお…

  • 物欲封じ

    齢を取れば、だいたい物欲は小さくなります。人にもよりますが、費用対効果とか所有することに対するストレスとか割と客観的に見れるようになるからです。大きな自家用車とか高価な腕時計など自慢する相手がいないと馬鹿みたいです。なにより失敗の経験から学ぶことが多いのでしょう。なんとか物欲を封じる手立てを考えて、ボクは今それをコントロールできるようになりました。クルマを例に紹介します。 クルマは高価です。だから多くの人は安いファミリーカーを選択するのですが、それでは物欲のエネルギーを抑えることができません。潜在意識の奥深くで魅惑のドライブを夢見るのです。封じる方法は簡単で、手に入れてしまえばいいのです。ただ…

  • 人生はこれから

    還暦を機に生活をリセットしようと思いました。格好よくいうと60歳になる直前で人生のグランドデザインを引き直すことにしました。その最初の手段としてブログを始めています。ココです。65歳で自分で創った会社を引退して別の仕事を持ちたかったのです。生来の飽き性で刺激がなくなると、どこか遠くに行きたくなるわがままな性格です。社長職など1日でも早く捨て去って自由になりたいのです。 ネットの世界は魅力的です。色々な可能性につつまれています。もちろん成功を収める可能性は現実の仕事のそれよりも低いわけですが、可能性だけは誰に対しても手を広げて迎えてくれているように思えるのです。勘違いかも知れませんが・・・。それ…

  • ベーシックインカムについて考えてみた

    竹中平蔵さんがテレビでベーシックインカムについての私案を披露し、若干炎上しているようです。ベーシックインカムとは「最低所得保障」などと訳される、月に8~15万円ほどを全国民に給付し、最低限の生活を保障する方法です。ただ、まだ理論や計画案だけで具体的には何も決まっていません。というか、導入されるかどうかもまったく白紙の状態で、議論を始めましょうといった段階なのです。だから竹中さんが何か言ったとしても全く心配などすることはないのです。それにベーシックインカムだけで暮らせと言っているわけではありません。今まで通り仕事をしても何の問題もありません。むしろ、仕事を継続する人が圧倒的に多いと思われます。今…

  • Rakuten miniが届いた

    やっとRakuten moble よりスマホ端末のRakuten miniが届きました。 1年間の通信料はゼロ円!端末代もポイント還元で実質ゼロ円!使って見ない手はありません。だめなら1年以内に解約すればいいだけです。だから1年間は2台持ちになります。 齢を取ったからなのか、時代の流れなのか、スマホで会話をする機会が減っています。家族とはLINEでやり取りし、会社関係も緊急でなければメッセンジャーやSlackで事足ります。そう考えると、Androidもありかな?と思うのです。 さて、Rakuten miniですが、配送されるのが遅かった。7月頃(もう忘れた)に申し込んで届いたのが9月の中旬です…

  • 老人の役割

    老人に役割などあるのだろうか?もはや老人は害悪のような扱いである。 コロナは色んな分断を生んだが、罹っても平気な人と罹ったら死を連想してしまう人との間の壁は地味に高いような気がする。経済をまともに廻したい若い世代と何が何でもリスクを取りたくない高齢者。 分かり合える部分は無いに等しい。 今でこそダイバーシティという概念が当たり前になっているが、つい50年程前の日本では社会的弱者と呼ばれる人の人権はおそろしく低かった。認知症が進んだ老人は精神科病院に措置入院か自宅の奥に座敷牢を作ってそこに閉じ込めたりしていた。もっと昔なら姨捨山です。今では考えられない事ですね。それは虐待でも暴力でもなく、ただ集…

  • 政治との付き合いかた

    政治にまったく興味がなくても、逆に興味がありすぎても辛いのはなぜか? 次期総理大臣になるのは誰か?一般国民には選択の権利が与えられていません。そういう制度だから仕方ないのです。そのうえ、自民党の派閥勢力のなかで、ほぼ決まったも同然なのだから、興味の持ち様もない。「はい、そうですか」と受け入れるほかない。今回もどうせ〇階さんの傀儡政権なんだからある意味安心している。ヒトラーみたいなのが出てこない限りは政治に関心が向かないのである。でもちょっと、安倍さんが五輪招致でマリオの恰好をした時に、ちょび髭がヒトラーに似てるなぁと思ったのはここだけの話。 だけど、そんな政治への無関心が今の日本を作っているの…

  • 起業するならファーストペンギン

    あるyoutuberさんが稼げない人はマネする能力がとても低いと言っていました。逆に言うと、上手く稼いでいる事業をコピペできれば事業が成功する確率は格段に上がると思います。 ビジネスは真似るほうが簡単に上手くいく事については異論ありません。ただ単にお金を稼ぐだけだったら何も考えないで上手くいっている人の真似をした方がいいでしょう。いっそフルコピーした方が良いでしょう。中途半端な思い入れや理念、好き嫌いなどのこだわりは邪魔にしかなりません。 例えばタコ焼き屋さんで考えてみます。同じ様な環境で売れているタコ焼き屋さんを日本全国の中から探します。そして味はもちろん食材から店舗のデザイン、営業時間や人…

  • ボクの老後資金計画

    60歳から始めても、もう遅いよ。そう言われるのは分かっています。今まで何していたの?たったそれぐらいしか貯金できなかったの?はい、その通りです。貯金できませんでした。お金はあるだけ使ってきました。現状はすべて私の責任です。 そのお恥ずかしい我が家の現状をなるべく正直に記してみます。表とかにするとあまりにも恥ずかしいから、わざと文章だけでわかりにくく伝えます。現金の貯金は500万円くらいです。自社に1千万くらいの個人貸付があります。以上です。ありがとうございました。妻が幾らかへそ繰っているかも知れません。節約タイプではありませんので、まあ40~50万がいいところでしょう。ボクはFラン大学を出て、…

  • 社長引退までの1100日

    おはようございます。以前、投稿させていただきました二つの記事について若干の訂正をさせて頂きます。 comoshin.hateblo.jp comoshin.hateblo.jp 引退の時期を4年後の65歳 から3年後の64歳に繰り上げたいと切望しています。先日、労働基準監督署で用事を済ませたあと、となりにあった年金事務所に立ち寄ってみました。特別支給老齢厚生年金のことを尋ねるためです。この制度自体が劣化したボクの頭脳では良く理解できなかったし、具体的にどのくらいの額が支給されるのか知りたかったからです。親切に対応してくれた職員さんのおかげで疑問は払しょくされました。64歳で引退したほうが約32…

  • ポッケ村は今日も平和だ

    お盆休みは暇でした。出歩く気力もお金もないので、ひたすらモンハン2G for iOSをやっては昼寝するを繰り返していました。おかげで極度の肩こりと眼精疲労に苦しめられております。ゲームすら集中してできない身体になったのかととても寂しい気持になりますが、ポッケ村の平和は保たれており、今後も村の発展に寄与すべく飛龍を狩りまくろうと考える次第です。 ゲーム内では飛龍を狩るとゲーム内通貨を受け取ることができます。その通貨でより強力な武器や防具を作り、より強力な飛龍を狩れるようになります。結果的にポッケ村は飛龍に蹂躙されずに済むわけです。村の発展はモンスターハンターの力量にかかっているのです。そして…

  • 最後の悪手

    ボーナスは旧盆の前に支給することが慣例になっている。資金繰りというやつだ。新コロのせいで3月と4月の売り上げが振るわず月間赤字は3ケタとなった。そもそも少ないボーナスだが、例年通りの額で支給するとどう考えても資金ショートする。今年の夏は特別な夏なのである。 幹部会を開いて協議して、例年の50%ということになった。住宅ローンなどある家庭では結構キツイ決定だ。金融機関からの借入も考えた。だけど借りた金は返さないといけない。新コロの脅威がいつまで続くか分からないのでリスクはなるべく取りたくない。あと4年で引退する身でもあり、後輩に苦労をかけたくないのだ。だからボーナス50%減が最適な結論に見えた。で…

  • 得意なフィールドで戦うべき

    この世の中では、多少自己中心的な人間が上手くいっているように思える。なるべく自分に利になるようなゲームしか参加しない。スタートの時点から最後まで負ける気がしないゲームで勝つのが効率的だ。資本主義経済の中では現にお金を持っている人が圧倒的に有利だ。スポーツなら身体能力が高い人ほど勝つ確率は高い。もともと絵が下手な人が絵画コンクールで入賞するのは奇跡に近い。何も得意がない人が常に負け続けることになる。 小学生の頃、クラスで将棋のムーブメントがあった。ボクはいつも負け組だったのだけど、一番将棋の強い子から「棒銀戦法を教えてやるから」と言われてつい嬉しくて放課後に将棋盤を囲んだ覚えがある。ムーブメント…

  • 自分が高齢者になって思うこと

    現在61歳のボクはまったく高齢者の自覚がありません。自分の中では自分が年寄だって思っていません。レッテルは他人が張るものでしょう。カテゴライズすると思考の中で整理ができるからだと思います。一部の他人からみて高齢者に分類分けされた気分はあまり良くありません。だけど分けられたことによって自意識が少し変化しているのに気づきます。 何度も書いていますが、ボクは高齢者のデイサービスを経営しています。開設したのは44歳の時、まだエネルギーに満ち溢れていました。何らかの障害を持った高齢者の生活を改善することリハビリテーションを支援することに情熱を燃やしていました。 今は違います。高齢者の生活を改善するなどお…

  • 3人の後期高齢者の意見

    61歳になったボクは高齢者といえるのか、まだまだ高齢者と名乗ってはいけないのか、宙ぶらりんな感覚です。しかし、後期高齢者とは明確な基準があります。75歳以上という年齢です。あくまでも医療制度のなかの基準ですが、一般的にも異議を唱える人はいないと思います。75歳以上は後期高齢者という何か現世から隔絶されたような分類分けがなされるのです。「後期高齢者の生活と意見」という本を読んでみたのですが、小林信彦先生もお歳を取られた感が強く、何が言いたいのか最後までわかりませんでした。でもこれはボクのポンコツ読解力のせいでしょう。ボクの文章だってまったくの自己満の世界ですし、何かを伝えるって結構難しいですよね…

  • 生きる権利と死ぬ権利

    ALSを患う女性への嘱託殺人が話題になっている。依頼したのは女性本人だから自殺と呼べない事もない。この事件でまた「生きる権利と死ぬ権利」を考える事になった。ボクは死ぬ権利を認める派です。但し本人が家族と医師それ以外の多くの人と相談して冷静な判断ができる時間を費やすという条件付きです。日本の法律的には超消極的な安楽死しか認められていません。だけど法律に意味があるのでしょうか?法律は多くの人がお互いに安全に快適に生活できる様にするための規則だと思っています。人の権利を侵害してはならないというのが根底にある真理ではないでしょうか。生きる権利はともかく(場合によっては死刑など生きる権利が認められないケ…

  • 楽天カードを作ったが、欲しいものがなくて困った、いや笑ったw

    おちこぼれの高校生だった頃、一番の望みは大学生になって北海道をバイクで旅することだった。それが自分を変えてくれる唯一の方法だと思っていた。いま考えると滑稽な話だが、真剣に考えていた。当時は何も持っていなかった。お金もバイクも教養も。ほぼ「無」に近い存在だった。いてもいなくても問題にならない何物でもない人間がボクだった。当然、欲しいモノだらけだ。モノを手に入れるのが自分を何者かに変える最初のハードルだと考えていた。 大学生になってバイトして小さなバイクを買った。だけど北海道には行けなかった。現実をしっかり見た結果、近県への1泊2日の旅になった。大学時代は絵の具を買った。50号や80号の大きなキャ…

  • 医療従事者のストライキ

    先日も触れた医療従事者のボーナスが例年より減少した問題。さらにその事で400人規模の看護師が退職を考えている事。千葉では医師や看護師など医療従事者のストライキが行われたとのニュースを拝見しました。 https://news.goo.ne.jp/article/mag2/nation/mag2-458291.html 日本の大きな課題が見えてしまったと思っています。国民皆保険の下で社会保障の一つとしての医療制度は半民半官状態で存在しています。ほとんどの病院は公的医療保険を利用して医療活動を行い、収入の7割程度を公費から得ています。そうして得た医療報酬を持って病院の経営を法人として行っています。半…

  • 人心の掌握なんて考えるだけ無駄

    むかしはどの地域にも子供会というものがあった。婦人会や老人会と同じような地域コミュニティに一つだった。ほとんどの小学生は会員として登録されており、月に1回程度の集まりがあったように覚えている。小学6年生になると同じ6年生の中から班長というリーダーを決めることになっていた。まだ11~12歳だから班長の役目とかリーダーの資質とか全く考えていなかった。そんな状況で選挙があった。子供たちによる班長選挙だ。15名ほどの小学生が自分の班のリーダーを決めていた。3人いた6年生の中から一人の班長と一人の副班長をその場で挙手で決めた。1票差で副班長になった。その時初めて自分の資質を感じた。何が自分に足りないのか…

  • 引退までの1500日

    4年後には引退する。テキトーな名目をつけて月に15万円の報酬を貰い、それに公的年金と個人年金を合わせると週に1回くらいはゴルフに行けるだろう。いやなジジイと思われそうだ。でも、実は若者の生活を豊かにするための活動がボクの今後の仕事だと思っている。ジジイはなるべく早く引退し、若者が活躍できる場所を確保する。そしてガッツリ稼いでもらって税金を納め、日本の社会保障を安定させてもらいたい。結果、ボクの年金も安心だw 仕事は心と身体とスキルで進めるものだと思っている。能力は結果だと思っている。ボクの場合、心と身体とスキルは低下している。客観的にそう思う。だから引退を決めた。だけど能力は低下してるか分から…

  • 医療に求めるもの

    Jリーグが再開してゲーム前に医療従事者への感謝の拍手というセレモニーを行っているのを見た。気持ちを実際の態度で表すのは大変結構なことだと思いましたが、肝心の医療従事者はどの様な気持ちであのセレモニーを見たんだろうか?感謝よりも感染の可能性を少しでも減らすために再開を延期して欲しいと思わなかっただろうか?新型コロナウイルスは、思っていたよりも手強いウイルスだ。これからもボクらを翻弄し続けるだろう。 医療体制に余裕がなくなれば、また非常事態宣言が発出されるはずだ。重篤化しやすい高齢者は不安に駆られるだろう。命の危険があるのだから。エクモという医療機器はそれを扱える技術者が少なく、年齢によってトリア…

  • 一生安泰な生活

    政治に関心がない訳ではありませんが、政治的意見を話すのは限られた場所にしています。それだけ言葉で伝えるのは難しく誤解を招く可能性があるからです。しかし今回の都知事戦は興味深いと思っています。ホリエモンの人間の底が見えたこともありますし、再選の為にコロナ対策を行わない小池さんにも失望しました。誰も自分のことで精一杯で政治で世の中を良くしようと思っている人間はほぼいないといっていいでしょう。要するに、自分の生活も人生設計も政治に頼らないで生きて行くしかないのだと確認しました。個人に生きる力が必要な時代です。大きな組織の中にいれば一生安泰というのは高度成長期だからこそ機能したマボロシに過ぎないのです…

カテゴリー一覧
商用