プロフィールPROFILE

comoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
セミリタイアーズ
ブログURL
https://comoshin.hateblo.jp/
ブログ紹介文
60才からの新しい暮らし方を試行錯誤しながら実践していくブログです。うまく行ったりいかなかったり、いろんな情報をお伝えできればいいなと思います。よろしくお願いします。
更新頻度(1年)

13回 / 15日(平均6.1回/週)

ブログ村参加:2019/11/06

comoさんのプロフィール
読者になる

comoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 50 20 20 40 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,853サイト
60代の健康 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 73サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,501サイト
介護保険 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 20サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,449サイト
セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,066サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 31,315位 22,116位 21,019位 20,643位 19,605位 19,539位 19,011位 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 50 20 20 40 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 519位 312位 277位 266位 246位 253位 241位 30,853サイト
60代の健康 4位 3位 3位 3位 2位 3位 2位 73サイト
介護ブログ 420位 341位 317位 313位 302位 305位 298位 5,501サイト
介護保険 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 20サイト
ライフスタイルブログ 2,261位 1,711位 1,650位 1,619位 1,551位 1,543位 1,520位 66,449サイト
セミリタイア生活 209位 185位 180位 178位 170位 167位 169位 1,066サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 50 20 20 40 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,853サイト
60代の健康 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 73サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,501サイト
介護保険 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 20サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,449サイト
セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,066サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、comoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
comoさん
ブログタイトル
セミリタイアーズ
更新頻度
13回 / 15日(平均6.1回/週)
読者になる
セミリタイアーズ

comoさんの新着記事

1件〜30件

  • ボランティアを考える

    先日、町内自治会の日帰りバス旅行に行ってきました。潜伏キリシタンの里とお豆腐作りの体験がメインの旅行でした。 潜伏キリシタンの里には、高齢のボランティアガイドさんがいらっしゃいました。すごくお勉強されていて知識量は膨大で感心しました。しかし、もちろんプロではないので、ガイド内容はお世辞にもお上手とは言えませんでした。僕はそれでも十分楽しめたし、勉強にもなりましたが、同行の自治会会員にとってはとても不満があったようです。 ボランティアでサービスを提供する場合、その質の担保はどの様に取り扱うか?難しい問題だと思います。サービスを受ける側から見ると、ある程度のレベルを要求してしまうのも仕方ない気がし…

  • 認知症は怖くない

    僕が経営しているデイサービスにも認知症の方はいらっしゃいます。機能訓練を中心としたプログラムを特色としている事業所なので認知症はあまり得意ではありません。でもケアマネージャーさんからは、認知症のリハビリをして下さいなんて振られたりします。がんばります。 認知症の中核は記憶障害です。単に記憶能力が低下していく病気なのです。たまに問題となるような行動を起こす方もいらっしゃいます。それは本人が状況に適する判断が出来なくなったか、関係する人たちの対応が適切でなかったか、どちらかに起因することが多いのです。 記憶が障害されるだけなので、当然ながらそれ自体は、周りに悪影響はありません。本人様は真面目な方ほ…

  • 節約について

    貯金がない60才のセミリタイアーズです。毎日、大した仕事もやってないのに、21時にはクタクタになってベッドインです。 セミリタイアと言っても、僕の場合は少しづつ仕事から離れていくというスケジュールですので、ある日突然収入がなくなる状況は想定外です。だから、節約はまだ考えません。無駄遣いはしないようにしていますが、まだまだ自分や他の人に投資を続けます。 僕は性格的に、まどろっこしい株やFXには向いていません。大きな原資が無いから、事業で頑張った方が利益も出やすいと考えてしまいます。小さな時からお金に困ったことが、あまり無いのです。ひどく誤解されそうな文章ですが、父親が地方公務員で収入は安定してい…

  • 老後2.0とは

    リンダグラットンの「LIFE SHIFT」が出版され、金融庁の老後2000万問題あたりから、はっきりと今までの「老後の暮らし方」が変化してきている、いや、変化を余儀なくされています。 新しい「老後2.0」は、少しでもいいから働く。コミュニティと個人をそれぞれ大事にする。そしてできるだけ物を持たないシンプルな生活です。 なかでも、少しでも働くことが、必要不可欠な生活の要素となっています。それは60才~65才で定年退職した後も、30年~35年という時間ができたことで、その間の生活にかかる費用を考えなければならなくなったということです。 平均的な年金額は月に22~23万です。“平成31年度1月18日…

  • 恒常性の維持(ホメオスタシス)とは生活リズムとの関係

    人間は(多くの変温動物もそうですが)、気温が40℃でも氷点下でも、自分の体温は同じ温度にしようとします。また、水分を多く採ると、尿で多く排泄しようとします。このように、生物がその内部環境を一定に保とうとする働きを恒常性の維持(ホメオスタシス)といいます。 ホメオスタシスとは、自律神経系や内分泌系(ホルモン)によって制御されていると言われています。自律神経とは交感神経(興奮系)と副交感神経(安静系)で調整されます。内分泌(ホルモン)は、脳幹や腸内から分泌されるごく少量の物質で筋肉や神経に作用してホメオスタシスを支えます。 健康維持のため、生活リズムを整える事は重要です。生命の維持にはもちろんエネ…

  • ドローンを職業として考えてみる

    ドローン事業 楽しみながら仕事になるという点では、面白い仕事で、さらに将来性もあるのではないでしょうか?セミリタイア後の仕事として、かなり面白いと思います。 ドローンとはお分かりかと思いますが、通常4基以上のプロペラを持ち、ジャイロ機能を備えた小型の飛行体です。最近は水中ドローンなども出てきています。小型で安定した飛行ができるので、いろいろな分野でその活用法が試行錯誤されています。中でも有望なものとして、①測量分野 ②農業分野 ③点検作業分野 などがあげられます。測量分野高度なGPS機能を搭載したドローンはすでに販売されており、その精度は±1cmとも言われています。また、地表から50mとか海抜…

  • 健康維持のための具体的方法 其の1

    1、サルコぺニア予防 2、歯周病予防 3、食生活 4、生活リズムの作り方 5、自律神経・免疫系・内分泌系(心と身体) 1、サルコぺニアの予防 サルコペニアとは、加齢や疾患により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋など全身の「筋力低下が起こること」を指します。または、歩くスピードが遅くなる、杖や手すりが必要になるなど、「身体機能の低下が起こること」を指します。 https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/sarcopenia/about.html 健康長寿NETより引用 僕は理学療法士ですが、運動面での提案はわずかです。意識を持って効率的な運動を継続するか、…

  • 健康こそ最大の資産だ

    何度も書きますが、貯金が無い。会社経営してますが、貯金はゼロです。 まぁ何とかなるでしょう。健康でいれば楽しい事もたくさんあるし、ご飯もおいしく頂ける。厳密にいうと「心房細動」という病気を持っているけど、今のところ問題ありません。 30才で病院に勤め、それから30年、医療・介護の世界で生きてきました。いろんな人を見てきました。いろんな経験をさせてもらいました。そして分ったのは健康くらい大事なものは無いという事です。そんなの誰だってわかっているよと思われがちですが、あんまり分かってないよね、みんな。健康よりもお金が大事と思っているのじゃないの? 勤めていた病院は、世にいう老人病院。その頃は何年で…

  • ネットで小遣い稼ぎ

    起業と言えばなにか大それた仰々しいものを想像しますが、ちょっとしたこずかい稼ぎだったら、やってもいいかなと考える人は結構いると思います。 一般にネット副業といわれる「せどり」「ブログ」「youtuber」を挙げてみます。三つともほぼ資金も設備も要りませんし、失敗のリスクもほとんどゼロに近いものです。ただ、地道に動き続けることが絶対に必要ですし、運も必要です。一般的な思考の人なら月に0.5万円から10万円の間で、苦労の割には稼げない仕事でしょう。 しかし、やってみて毎日でも続けるのが楽しいとか興味がドンドン深くなるなど、作業を継続するのが辛くなかったら、3年ぐらいで資産と呼べるぐらいお金を生み出…

  • 起業の考え方(私見)

    60才を過ぎると、働き方が今までとは少し違ってきている人が多いのではないでしょうか?定年で退職する人、役職定年で一般社員として働き続ける人、新しい会社に再就職する人、そして自分で事業を始める人。何が正解かは誰にもわかりませんし、比べるものでもないと思います。大事なのは、まだまだ若くて可能性も十分にある人生を、いかに輝かせるかではないでしょうか? いろいろな働き方がある中で、僕なりの起業の考え方を述べたいと思います。 僕は今年で60才になりましたが、44才の時に介護保険制度を利用したデイサービス事業で起業しています。2才年下の妻と一緒に仕事を始め、以来16年間、おおよそ楽しく、充実した生活を送る…

  • 60才からの健康管理

    60才からはダイエットなど考えず無理なく楽しい運動を継続しましょう。 身体の変化 60才を過ぎるころから、少しずつというか日に日に体力の低下を感じる方は多いと思います。私などは20時を超えると、もう瞼が重くなってなんか1kg位の重りがまつ毛にくっついているんじゃないかと思うくらいに毎日眠たいです。 先日、10kmのウォーキングイベントに参加しましたが、その日は17時には爆睡状態でした。 そのほか、老眼が進む。聴力が落ちる。集中力が低下するなど、あっちこっちで低空飛行に移行していきます。 専門的に言うと、加齢に伴う運動器の変化として ①筋量の減少 ②関節の変形 ③骨量の減少 ④神経系の機能低下な…

  • 僕の事業継承の方法

    貯金が無い。44歳でデイサービスを始めて16年。頑張ってきたけれど、貯金がありません。財産といえるのは代表権がある有限会社だけです。 その会社をそろそろ引き継いでいこうと思っています。起業の時はほとんど勢いで、ワクワクしかありませんでした。逆に、事業から手を引いていくプロセスはすごく寂しさを感じます。当たり前ですね。 昨日、執行役員を3名任命しました。職員数20名程度の零細会社にしては異様な人事だと思います。一人か二人で引っ張っていける規模ですから。でも、これが僕の事業継承の第一歩になります。 デジタル大辞泉の解説 引用 執行役員というのは会社の業務執行を担当する役員。 経営と業務執行の役割分…

  • 公的介護保険制度が始まってそろそろ20年がたちます。

    高齢者福祉は格段に縮小しています。 福祉とは幸福という意味。社会福祉とは社会全体が幸福であるということ。社会が幸福であるためには、いろんな事情で生活をするのが大変になった人たちを含めて幸福であることだと思います。 昨年8月から現役並みの収入がある人は、介護保険サービスの自己負担率が3割に引き上げられました。 対象者は ①年金合計所得金額220万円以上 かつ ②年金収入の+その他の所得の合計が340万円以上の人 (単身者で年金収入のみの人の場合年間344万円以上) 具体的に要介護1で週に2回デイサービスに通う人の例を簡単に挙げてみます。 1割負担 674円×8日=5392円/月 3割負担 202…

  • 介護離職と介護職の離職という言葉は似て非なる物です。

    介護離職と介護職の離職という言葉は似て非なる物です。 介護離職とは親などの介護によって現在働いている仕事をあきらめ、退職することです 。 一方介護職の離職は文字通り介護の仕事をしている人がその仕事を辞めることです。 この二つの事柄はそれぞれに大きな問題を抱えています。 どのくらい大きな問題かというと、日本の将来に影響を及ぼすほどの大きさです。 まず、介護離職の問題ですが、これは日本全体の生産性に関与します。 ただでさえ人材不足が深刻な中、働き盛りの40~50代がそのキャリアを一度手放すことが企業業績に大きなマイナス要素になるという事は簡単に想像できます。 日本の生産人口がさらに減少すると、ます…

  • 趣味に生きるって簡単じゃない。

    60才を過ぎたら、今まで少しずつしか出来なかった趣味に時間をかけようと思います。僕の趣味はゴルフ・車・サッカー観戦です。10年前まではそれにバイクと魚釣りが加わっていました。どちらかと言うと多趣味の方だと思っています。 趣味というのは、ちょっとやりこんでしまったら道楽ともなる厄介な遊びです。その境界も甚だあいまいですが・・・。 僕の場合は、やっと自分で食い扶持を確保できるようになってすぐに、魚釣りに没頭しました。世の中のちゃんとした人が必死で自らのキャリアアップに挑んでいる中、僕は毎週のように朝早くから海に出かけて、夕方へとへとになって家に帰るのが常でした。会社を立ち上げる3年ぐらいは、さすが…

  • 60才からの経済

    65才で今の仕事を辞めてから死ぬまで、どのようにしてお金を得て、使っていこうかとこのところずっと考えています。 結論から言えば、出来るだけ長く仕事をするのが正解みたいです。 だから仕事は楽しいものでなければいけないし、なるべく長く稼げるものでないといろいろ大変ですね。 自営業はもしかすると死ぬまで仕事を続けるかもしれません。でも、少しずつ能力は低下するものだし、利益も低下していくのは当たり前のことで、体力が低下したり病気で仕事ができなくなったり、赤字になっても止められないなんてことも良く聞く話です。 世の中の定年(会社を退職する齢)はもうそれぞれです。しかし60才・65才・70才に大きく分ける…

  • 書評 「60才からの手ぶら人生」 弘兼憲史

    私は弘兼さんの漫画が好きで「ハローハリネズミ」あたりから「黄昏流星群」まで読ませていただいている。 人間味があってドラマをつくるのが上手い漫画家さんだなと思っている。 久しぶりに本屋でブラブラしている時に目に留まり、つい買ってしまった。 中身はどこかの雑誌に連載されたエッセイをまとめた風で、とりわけ面白くもなかったが、弘兼さんの等身大の生活が垣間見られたようで一段と彼のファンになってしまった。 見栄やこだわりを捨てて身軽になろう。という趣旨なのだが、一般の人がどうしても不安に思うお金のこととか友達のことなどあっさりとした意見が述べられている。 ベストセラー作家だったら何度整理しても安定した収入…

  • 42.195kmを歩いて考えた事

    諫早市というちいさな街で「雲仙・諫早ウルトラウォーキング」というイベントがありました。マラソン大会を誘致しようという活動の中で、認知度を高める一環として開催されているイベントで今年で4回目の開催になります。42.195kmの「ウルトラウォーキング」と10km~11kmの「アルコーデ」という二つのコースがあり、アルコーデを2回経験した私は今回初めて42.195kmに挑戦してみました。率直な感想は「考えが甘かった」「420195kmを舐めていた」ということです。ゴールした後、家族の待つ駐車場まで足の痛みで歩けない。痛みを通り越して親指の感覚がない。お風呂に入る時は謎の震え(痙攣かも)が止まらない。…

  • 喪失感との付き合い方

    最近、髪の毛がなんか弱々しい。特に後頭部のほうが。。。 そろそろ来たか、実は中学生の頃から覚悟はしていました。 親父と親父の兄弟はすべて禿げ上がっていたから。この年まで付き合ってくれてありがたい気持ち。 ただ、遺伝は前頭部から始まっているのですが、私の場合は後頭部から。 聞いてないよ~ 毎朝、三面鏡で後頭部を覗き込む姿は、正直言って滑稽だ。 それまでは自分がほかの薄くなり始めている人の涙ぐましい努力を見て、可哀そうだと感じていたが、ついに自分の身に降りかかることになった。 みっともないところを見せたくないという衝動がある。憐れんでほしくない気持ちがある。 どうにかしたいと自然に思う。 でも、覚…

  • 60才OVER 人生の課題とは?!

    ① 仕事をいつまで続けるかという課題 すでにリタイアしている人もいらっしゃると思いますが、多くはまだまだといったところでしょうか。私は現在59才で、末の娘があと1年で専門学校を卒業します。それまでは何とか頑張らねばと思っているところです。 経済的に余裕があれば仕事なんて、という方もいらっしゃいますが、現実はなかなか60才でリタイアを許してもらえません。そもそも、経済的に余裕なんてどこまで行ってもたどり着けない蜃気楼みたいなものですよね。 私も自宅のローンや会社の借入金が気になってあと5年は仕事を続けることになると思います。皆様も大きく違わない状況と思います。 ② 子育てを終了させるという課題 …

カテゴリー一覧
商用