searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

stjstoneさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
石造美術九州
ブログURL
http://stjstone.livedoor.blog/
ブログ紹介文
九州を中心にした石造美術の紹介です。
更新頻度(1年)

65回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/10/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、stjstoneさんの読者になりませんか?

ハンドル名
stjstoneさん
ブログタイトル
石造美術九州
更新頻度
65回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
石造美術九州

stjstoneさんの新着記事

1件〜30件

  • 東屋形宝塔 弘安五年 中津市

    にほんブログ村1282年11月29日  弘安五年十一月廿九日大分県中津市本耶馬渓町大字東屋形字口ノ坪 屋成家墓地凝灰岩製塔高;161.5センチ基礎幅;76.0 基礎最大幅;78.0 基礎側面中央高;30.0 基礎側面端高;蓮台下部径;64.0

  • 糖尿病数値がようやく改善してきました

    にほんブログ村2017年4月7日の健康診断結果。中性脂肪           177血糖             142  ヘモグロビンA1c(NGSP)  8.0血圧             155/872020年10月15日健康診断結果。その後、食事内容を変え、週4

  • 横野梵字「バン」光明真言自然石塔婆 延文四年 下益城郡益城町

    にほんブログ村 1359.10.17  延文二二年十月十七日熊本県下益城郡益城町大字滝尾 横野凝灰岩製 塔高;101.0センチ基部最大幅;50.0 基部最大厚;33.0  上部3分の1位のところで折れているのを、接いで乗せてある。 上部、

  • 雲仙新田峠の紅葉 雲仙市 2020年10月28日

    にほんブログ村 この時期、紅葉しているのは、新田峠より上だけでした。つつじ系の紅葉だけで、もみじはまだまだこれからの状態でした。久しぶりにロープウエイに乗りました。ロープウエイから眺める紅葉は圧巻でした。

  • 白谷宝篋印塔残欠 豊後大野市

    にほんブログ村大分県豊後大野市大白谷字松尾2227 寺屋敷南北朝時代中期後半~南北朝時代後期前半1492.02.吉日  延徳四年二二歳二月吉日凝灰岩製  松尾の集落の外れ、県道688号線を北へ向かう山道の入口左側、丘陵突端の小丘頂上に整地された1

  • 室生寺軍荼利明王磨崖仏 1969年7月28日 奈良県

    にほんブログ村宇陀郡室生村室生 室生寺1727.□.日   享保丁未□月日安山岩製  室生寺の竜穴神社遥拝所脇の大きな岩の正面を加工し、舟形光背型龕を彫り込み、中一杯に半肉彫立像を彫る。両足を開き左足を少し上げて立ち、十本の手を持つ忿怒相の軍荼利明王

  • 熊野神社宝篋印塔残欠 古賀市

    にほんブログ村 南北朝時代福岡県古賀市筵内 熊野神社境内花崗岩製  熊野神社社殿の手前に基礎と笠が重ねて置かれている。 現塔高;59.0センチ基礎幅;36.5 基礎側面高;21.0 基礎上面幅;24.0 基礎高;28.5笠軒幅;36.5

  • 植木観音堂梵字阿弥陀三尊自然石塔婆 延久二年銘 直方市

    にほんブログ村1070.02.17  延久二年二月十七日立之福岡県直方市植木横町 観音堂玄武岩製 塔高;83.5センチ基部幅30.0 正面基部幅;23.5 基部厚;21.5上部幅;31.0 正面上部幅;23.5  不整六角形柱状自然石の表

  • 清瀧寺梵字「バン」「アーク」自然石塔婆 明徳二年 古賀市

    にほんブログ村1391.12.01  明徳二天十二月一日福岡県古賀市古賀市薦野665 清瀧寺大日堂内花崗岩製 塔高;78.0センチ基部幅;52.0 中央部厚;13.0  清瀧寺薬師堂前にある大日堂内に祀られている。塔は、コンクリート床上に

  • 清瀧寺梵字「ウン」自然石塔婆 應永廿五秊 古賀市

    にほんブログ村1418.08.日  應永廿五秊八月日福岡県古賀市薦野665 清瀧寺 薬師堂境内花崗岩製塔高;86.5センチ基部幅;50.0 左側厚(最大);17.0 右側はセメント接着で、測定出来ない。 薬師堂西側の脇に設けられた石碑の基壇の側面

  • 上ノ台梵字「ウーン」碑伝型板碑 元應二年 国東市

    にほんブログ村1320.04.06  元應二年初夏六日大分県国東市国東町大字川原字上ノ台安山岩製  塔高;123.5センチ根部出;4.0身部下部碑面幅;31.5 下部幅;35.5 身部上部碑面幅;32.5 身部上部幅;44.0 身部上部厚;1

  • 上ノ台梵字「マン」碑伝型板碑 文保三年銘 国東市

    にほんブログ村 1319.02.07  文保三年二月廿七日大分県国東市国東町大字川原 上ノ台安山岩製 塔高;182.0センチ碑面基部幅;67.5 基部幅;71.0   身部厚;30.0身部上部碑面幅;64.5 身部上部幅;69.0 身部上部

  • 秀岩寺宝篋印塔天文癸己 武雄市

    にほんブログ村1533.11.26 天文癸己十一月念六日佐賀県武雄市若木町川古5955 秀岩寺境内安山岩製 当初からのものが揃っている完形の塔である。塔高;169.5センチ基礎下部幅;48.5 基礎側面上部幅;47.0 基礎側面高;25.0基

  • 秀岩寺宝篋印塔弘治四白銘 武雄市

    にほんブログ村1558.08.吉日  弘治四白八月吉日佐賀県武雄市若木町川古5955 秀岩寺安山岩製  山門を入って、向かって右側、庭の奥に入っていくと、宝篋印塔、五輪塔、六地蔵塔等が集められて前後2列に並べられている。その前面に並ぶ2基の宝篋印

  • 秀岩寺隅飾付五輪塔5 慶長十二年 武雄市

    にほんブログ村1607.10.16.  慶長十二年十月十六日佐賀県武雄市若木町川古5955 秀岩寺安山岩製 塔高;101.5センチ 地輪は、逆台形で、両端側線の切れ込み角度は4隅とも揃っておらず、少し歪な形になっている。上面は、水輪を乗せる位置ま

  • 高九社神社宝塔残欠 日之影町

    にほんブログ村室町時代前期末~中期初期宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折字平清水 高九社神社凝灰岩製 現高;97.0センチ塔身下部枘径;25.5  塔身下部枘高;2.0塔身軸部下部径;26.0 塔身軸部最大径;31.0塔身軸部上部径;24.5 

  • 賀庭寺石塔基礎 元徳四年 荒尾市

     にほんブログ村1332.10.15.  元徳四年十月十五日熊本県荒尾市大字下椛字堂辺田 賀庭寺凝灰岩製 基礎高;13.5側面幅;31.0 側面奥行;30.5 賀庭寺石塔群中、五輪塔として復元されて置かれている。元は、散乱していたのを集積して、

  • 賀庭寺石塔基礎 □仁五年銘 荒尾市

    にほんブログ村1297.05.18  □仁五年丁酉五月十八日熊本県荒尾市下椛字堂辺田(どうべた) 賀庭寺境内凝灰岩製 基礎幅;34.5センチ 基礎高;19.5 上部破損、そのほかにも損傷がある。基礎と他の部品は別物。水輪、火輪、空風輪は

  • 賀庭寺石塔基礎 大永五年 荒尾市

    にほんブログ村 1525.09.10□   □□五年九月十□熊本県荒尾市大字下椛字堂辺田 賀庭寺凝灰岩製  賀庭寺石塔群中、五輪塔として復元されて置かれている。元は、散乱していたのを集積して、その中から、大きさや造立時代が似通っていると思われるも

  • 賀庭寺阿弥陀三尊種子碑伝型 板碑元応二年 荒尾市

    にほんブログ村1320.08.日  元應二年八月 日熊本県荒尾市大字下椛字堂辺田 賀庭寺境内凝灰岩製 塔地上高;78.0センチ脚部下部幅;32.0 脚部上部幅31.5 脚部上部厚;14.5 脚部高;11.5身部下部幅;31.5 身部上部幅;29

  • 裏田宝篋印塔 天文六年 神崎郡吉野ヶ里町

    にほんブログ村1537.02.16.  天文六年二月十六日佐賀県神埼郡吉野ヶ里町石動1013 裏田観音堂安山岩製 裏田観音堂は、上石動天満宮の南側道路を200メートルほど登った道路脇にある。道路と栗林に挟まれた狭い区画に観音小堂、その脇に大型の宝篋印塔1

  • 藤井八幡宮宝塔 弘安六年 山鹿市

    にほんブログ村 1283.09.07  弘安六年九月七日熊本県山鹿市大字藤井 八幡宮境内凝灰岩製塔高;140.0センチ(宝珠部を除く)基礎幅;70.5 基礎側面高;23.0 反花座下部径;58.0 反花座上部径;39.5 反花座高;10.0

  • 雲閑寺五輪塔1 山鹿市

    にほんブログ村鎌倉時代後期熊本県山鹿市中 雲閑寺凝灰岩製  境内の玉垣内に大型の五輪塔が3基並んでいる。その内の左塔である。 塔高;173.5センチ地輪幅;71.0 地輪高;39.5水輪下部径;46.0 水輪最大径;69.0 水輪上部径;

  • 法華寺観音堂角宝塔塔身 建保三年

    にほんブログ村1215.03.□□  建保三年乙亥三□□□山鹿市大字寺島字法華寺 観音堂境内凝灰岩製高;53.0センチ身部基部幅20.0 身部高;41.0首部下部幅;15.5 首部上部幅;15.0 首部高;6.0 塔身こう;47.0枘下部径

  • 法華寺観音堂 角宝塔塔身無銘1 山鹿市

    にほんブログ村鎌倉時代前期熊本県山鹿市大字寺島字法華寺 観音堂境内凝灰岩製 身部下部側面幅;16.0 身部下部幅;20.0センチ身部高;34.0首部下部側面幅;13.0 首部下部幅;13.0 首部高;3.0塔身高;37.0下部枘上部幅;1

  • 野中田勝福寺型三重塔 球磨郡湯前町

    にほんブログ村鎌倉時代中期熊本県球磨郡湯前町野中田一区776―2 小池氏庭内凝灰岩製  塔は、小池氏宅庭内の南側に置かれている。塔高;189.5センチ第1層軸部幅;55.0第1層軸部高;25.0第1層笠下部幅;55.0 第1層笠上部幅;

  • 法華寺観音堂角宝塔残欠 建保四年 山鹿市

    にほんブログ村1216.07.21  建保四年才次丙子七月廿一日熊本県山鹿市大字寺島字法華寺 観音堂境内凝灰岩製  塔身と相輪が残り、他は欠失する。 塔身高;60.0軸部下部幅;31.0 軸部高;47.0首部下部幅;25.0 首部高;6.0枘下部幅;21

  • 千堂宝篋印塔 嬉野市

    にほんブログ村南北朝時代末期~室町時代前期佐賀県嬉野市塩田町大字五町田千堂安山岩製 塔高;171.0センチ基礎側面幅;48.5 基礎側面高;29.0 基礎上面幅;30.0 基礎高;38.0塔身幅;27.5 塔身高;25.0笠軒幅;48.0

  • 岩宗宝篋印塔天正拾年銘 諫早市

    にほんブログ村 1582.07.日  天正拾壬午七月日長崎県諫早市小長井町大字遠竹字岩宗 石塔群内  有明海に平行して諫早市から佐賀県鹿島市に通じる多良岳レインボー道路沿い、佐賀県との県境にある岩宗集落と水田に挟まれた谷あいを進むと神社の鳥居で

  • 古閑梵字「サ」自然石塔婆 天文十九年銘 熊本市

    にほんブログ村 1550.07.07  天文十九年庚戌七月七日敬白熊本県熊本市富合町古閑 中沢健氏宅墓地内 №1安山岩製 塔高;108.5センチ基部幅;65.5  最大厚;13.0 中央上部、線刻蓮台上、月輪中梵字「サ」。梵字は、浅くV

カテゴリー一覧
商用