プロフィールPROFILE

上海 親子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
親子で昆虫採集100日間 in 上海
ブログURL
https://www.insect-hunting.com/
ブログ紹介文
上海での親子での昆虫採集の記録です。ヒラタクワガタやオオクワガタ、カブトムシが、上海のどこで、いつ、どのように採れるか紹介しています。
更新頻度(1年)

3回 / 89日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/10/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、上海 親子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
上海 親子さん
ブログタイトル
親子で昆虫採集100日間 in 上海
更新頻度
3回 / 89日(平均0.2回/週)
読者になる
親子で昆虫採集100日間 in 上海

上海 親子さんの新着記事

1件〜30件

  • 上海の水中生物採集

    上海でも気温がグッと冷え込みはじめ、11月に虫とり網を公園で振り回しているのは もはや僕の息子くらいであり、昆虫を見かけることも少なくなってきた。 「日本人親子よ、この季節に何を採るのか、、、」という地元の方々からの暖かい視線をいつも感じている。柳の木を見ても、クワガタはウロの奥で冬眠準備をしているのか、全く気配がない。 www.insect-hunting.com カマキリの卵や、イモムシたちは見かけるものの、あまりに静的で息子の気持ちを大きく動かすには至らない様子。 何らかのイモムシ 虫とりの採集に「あれ採りたい!」と急にテンションが上がったかと思うと、とても網が届かない天空にある大きなス…

  • 上海のおススメ昆虫関連スポット

    上海のおススメ昆虫関連スポットについて紹介したい。 上海には、上海自然博物館(浦西)と上海大自然昆虫館(浦東)の2つの有名な昆虫関連スポットがあり、今回は上海自然博物館について、昆虫フォーカスの観点で書き残したい。 小学生の息子が「寒くなってきたから虫がいない。けど、虫を探したい。どこかにいないのか」ということで、上海自然博物館に。 上海の浦西にある静安区という中心部に位置している。ちょっと歩くと、有名なSTARBUCKS RESERVE ROASTERY という巨大スタバがある。 STARBUCKS RESERVE ROASTERY 店内はかなりオシャレで(以下、以前にここに行った際の写真)…

  • 上海でのその他の昆虫採集(初夏~秋)

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カブトムシやクワガタのようなメジャーで子供に人気がある虫だけでなく、様々な昆虫や生き物をつかまえた。今回はその一部を紹介する。 上海で採れたクマゼミ 上海では、クマゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ニイニイゼミなど、7月下旬から9月中旬にかけていたるところで採ることができた。日本でよく見かけるアブラゼミは一度も見かけなかった。 セミの大合唱はオスによるもので、メスを呼ぶために鳴いていると小学生の息子から教わった。 上海では、オンブバッタ、クツワムシ、クビキリギス、コオロギ、マツムシなど夏から秋にかけて採ることができた。 ちなみに、上海では、虫…

  • 親子で昆虫採集100日間 in 上海 へようこそ

    中国・上海では、昆虫のことを(虫子:チョンズ)と言うらしい。 小学1年生の息子と、家の近くや公園で虫とりをしていると、いつも上海の地元の方々から話しかけられる。(上海では、虫とりをして遊ぶ子供はほとんどいない。魚とりは結構見かける) 息子は昆虫が大好きだ。彼に言わせると、「虫は最高にかっこいい」「生まれた瞬間から自分で生き抜く」「体や動きから学べることが沢山」「セカイだって救う可能性がある」などと、言っている。 虫がセカイを救うかどうかは、僕にはわからないけれど、カブトムシやクワガタを見つけたときの興奮を抑えられない息子を見ていると、彼の気持ちを何よりも動かし、好奇心をくすぐり続けていることは…

  • 上海のヒラタクワガタ採集

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、もっとも多く採れたクワガタは、ヒラタクワガタ。オスとメス通算45匹ほど(2019年10月23日時点)採れた。 日本でよく採れるノコギリクワガタやコクワガタは上海では1匹も採れなかった。採集した昆虫は、“キャッチ&採集した木にリリース”を基本ルールとしているが、ヒラタクワガタは今でも5匹ほど息子が飼育している。 ちなみに我が家では、室内に置いた飼育ケースから脱走を試みたヒラタクワガタ2匹が、妻のいたリビングのドアを、飛翔しながらノックし続けるというチャレンジをやってのけ、その悲劇以来、ベランダでの飼育を余儀なくされている(妻は、虫が大の苦手…

  • 上海のオオクワガタ採集

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、オオクワガタはオス2匹とメス1匹の通算3匹(2019年10月23日時点)採れた。 この他にも10月中旬にオオクワガタのオス1匹を見つけ、7日間にわたりしつこく毎晩その柳の木を訪れたが、ウロの奥から彼が出てくることはなかった。上海でも、ヒラタクワガタに比べるとオオクワガタはかなり数は少ないようだ。 今回は、上海でオオクワガタが どこで、採れるのか? いつ、採れるのか? どうすれば、採れるのか? について書き残す。上海での100日間の昆虫採集経験に基づくものの、僕や息子の主観的な洞察や想像も含んだ内容であること、ご承知おきいただきたい。 上海…

  • 上海のカブトムシ採集

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カブトムシはオス8匹とメス12匹の通算20匹(2019年10月23日時点)採れた。 日本のカブトムシと比較すると、やや大きい個体が多いという印象。あと、やっぱり上海でもカッコいい。小学生の息子がカブトムシを採って持っていると、地元の皆さんがいつも近づいてきて、「見せてー、写真とらせてー」となる。 今回は、上海でカブトムシが、 どこで、採れるのか? いつ、採れるのか? どうすれば、採れるのか? について書き残す。上海での100日間の昆虫採集経験に基づくものの、僕や息子の主観的な洞察や想像も含んだ内容であること、ご承知おきいただきたい。 どこ…

  • 上海のコカブトムシ採集

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、コカブトムシはオス2匹とメス1匹の通算3匹(2019年10月23日時点)採れた。 そもそも、コカブトムシなる存在を知らなかったが、よく見ると小さなツノが可愛く、愛着が沸きやすい姿をしている。 樹液だけでなく虫の死骸を食べるなどその可愛らしさからは考えられないような食生活だが、その愛らしさから小学生の息子もすぐに虜になっていた。 今回は、上海でコカブトムシが、 どこで、採れるのか? いつ、採れるのか? どうすれば、採れるのか? について書き残したい。上海での100日間の昆虫採集経験に基づくものの、僕や息子の主観的な洞察や想像も含んだ内容であ…

  • 上海のカミキリムシ採集

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カミキリムシは通算60匹(2019年10月23日時点)以上採れた。 真夏の時期、上海の柳の木にはかなりの高確率で、シロスジカミキリ、ゴマダラカミキリ、クビアカツヤカミキリ、ウスバカミキリがいる。 小学生の息子も、もはや採れすぎて、シロスジカミキリが柳の木にいても、一切反応しないという特技を覚えたくらいだ。手軽にデカイ甲虫が採りたいというお子さんがいれば、ナイスなターゲットになりえる。 今回は、上海でカミキリムシが、 どこで、採れるのか? いつ、採れるのか? どうすれば、採れるのか? について書き残す。上海での100日間の昆虫採集経験に基づ…

  • 上海のグンバイトンボ採集

    今年2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、グンバイトンボは通算4匹(2019年10月23日時点)採れた。 小学生の息子の中で圧倒的な地位を誇る甲虫に次いで、採集した際にとても喜んでいた昆虫がグンバイトンボであり、日本では都道府県によって絶滅危惧種や準絶滅危惧種にも指定されているくらい珍しいトンボらしい。 今回は、上海でグンバイトンボが、 どこで、採れるのか? いつ、採れるのか? どうすれば採れるのか? について書き残す。上海での100日間の昆虫採集経験に基づくものの、僕や息子の主観的な洞察や想像も含んだ内容であること、ご承知おきいただきたい。 どこで、グンバイトンボは採れるの…

  • 上海のカマキリ採集

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カマキリは通算30匹(2019年10月23日時点)以上採れた。 カマキリ先生の大ファンである息子としても、カマキリには一定のリスペクトがあるようだ。上海ではハラビロカマキリ、オオカマキリ、コカマキリなど、日本と同じような種類を採集することができた。 今回は、上海でカマキリが、 どこで、採れるのか? いつ、採れるのか? どうすれば、採れるのか? について書き残したい。上海での100日間の昆虫採集経験に基づくものの、僕や息子の主観的な洞察や想像も含んだ内容であること、ご承知おきいただきたい。 どこで、カマキリは採れるのか? 基本的には、上海浦…

  • 上海のチョウ採集

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、チョウは通算50匹(2019年10月23日時点)以上採れた。 上海で採れたチョウの中で、小学生の息子の優先順位は、アオスジアゲハ、シロオビアゲハ、ベニモンアゲハ、ツマグロヒョウモン、タテハチョウ、モンシロチョウ、シジミチョウであった。 今回は、中国上海でチョウが、 どこで、採れるのか? いつ、採れるのか? どうすれば、採れるのか? について書き残す。上海での100日間の昆虫採集経験に基づくものの、僕や息子の主観的な洞察や想像も含んだ内容であること、ご承知おきいただきたい。 どこで、チョウは採れるのか? 基本的には、上海浦東に位置する公園の…

  • 昆虫採集の持ち物

    2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、小学生の息子が愛用していた昆虫採集の持ち物を紹介したい。 虫網1 ものすごく小さくて軽く、柄も短いので持ち歩きに優れている子供用の虫網。網の柄が60センチくらい伸びる。虫がいたらいつでも採れるように、夜に外食する際なども、息子はこの網を肌身はださずにどこでも持っていく。 虫網2 2メートル弱まで伸びるが、とても軽く、網も深いため万能な虫網。カブトムシやクワガタだけでなく、チョウやトンボも採りやすいため、息子はこの網を使う頻度が高い。www.insect-hunting.com 虫網3 3メートル弱まで伸びるカーボン製の網(魚の養殖業者用の…

カテゴリー一覧
商用