searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

お~ふぁくとりーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

ナット止めホイールを推しています。お家でミニ四駆を楽しみましょう!

ブログタイトル
みそじで復活!!ミニ四駆改造奮闘記。
ブログURL
https://misojideminiyon.hatenablog.com
ブログ紹介文
みそじで復活して一度は冷めたミニ四駆熱が再び走り出しました。ミニ四駆の持つ面白さや魅力を少しでも多くの方に届けたくてブログを書いています。
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/08/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、お~ふぁくとりーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
お~ふぁくとりーさん
ブログタイトル
みそじで復活!!ミニ四駆改造奮闘記。
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
みそじで復活!!ミニ四駆改造奮闘記。

お~ふぁくとりーさんの新着記事

1件〜30件

  • ダッシュX1-原始皇帝(プロトエンペラー)プレミアム ブラックスペシャルを作ろう!(ボディ編)【奮闘記・第244走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 今回は久しぶりにキットを組み立てようと思いましたのでご紹介します。やはり新しいマシンを組み立てると新鮮さがありミニ四駆魂を刺激されますね。マシンが増えて無造作に積まれていくのは致し方ありません。 (余談ですがヨドバシのセールで500円だったのでついポチってしまったのだ) 組み立てていくのはダッシュ四駆郎で生まれたマシンのスペシャルバージョンです。こちら… ダッシュX-1 原始皇帝(プロトエンペラー)プレミアム ブラックスペシャル。 プロトエンペラープレミアムとして再販されているキットのブラックスペシャルです。元のカラーはパープル…

  • ミニ四駆キャッチャー・クリヤーグリーンを購入しました!!【奮闘記・第243走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふあくとりーです。 レーサーに人気のミニ四駆キャッチャーの新色が2021年2月5日に発売されました。通常販売されているカラーはグリーンですが、今回はクリヤーグリーンです。 限定カラーとしてレッドやブルーなども販売されていましてミニ四駆ステーション限定販売でとても人気がありました。今回の新色も限定ではありますが、このご時世なのかミニ四駆ステーション限定ではないです。 これはチャンス!とばかりについにミニ四駆キャッチャーを購入することにしました。 ミニ四駆ステーションで毎回争奪戦となっているのは限定だからという理由だけではなくて転売ヤーなどのターゲット…

  • 帰ってきたジオエンペラー2021。【奮闘記・第242走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 これまでにこのブログで度々改造の模様をご紹介してきました 大地皇帝(ジオエンペラー) というマシンがあるのですが、部品取りの餌食になって以来あれだけ好んでいた愛着心が薄れてしまいました。 ※こちらはキットを組み立てたときの初々しいジオエンペラー記事です。 まぁ〜いいかげん完成車から部品を頂戴する行為は卒業するのを 2021年のミニ四駆抱負 とさせていただきます。本年もどうぞ宜しくお願いします。 それでですね、以前にブログやTwitterやブログランキングのアイコンと使用していましたジオエンペラーの画像をカムバックさせたのをきっか…

  • HG ローハイトタイヤ用アルミホイールⅡ(リバーシブル2本)を購入しました。【奮闘記・第241走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 丈夫で長く使えることでレーサーに人気のローハイト用アルミホイールが販売されましたので購入しました。 HG ローハイトタイヤ用アルミホイールⅡ(リバーシブル2本)。 アルミホイールの重さを軽量化したデザインと表裏両面を使用可能としたことで使いやすくなりました。 以前にも紹介しましたリバーシブルアルミホイールレッドのシルバーバージョンでしょうか。 スーパーX・XX用の文字表記がなくなりましたが同じ形状のものと思われます。 シルバーはシンプルな色ですが輝きがたまらないです。 アルミホイールはブッシュと呼ばれている部分を取り替えられるの…

  • N-04・T-04強化ユニット(レッド)を使ってみる。(MSシャーシ用パーツ)【奮闘記・第240走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 MSシャーシを組み立てることになり、以前から気になっていて謎パーツであった N-04・T-04強化ユニット(レッド) を購入してみました。 MSシャーシのフロント・リヤパーツの強化版だけではなくて、何やら細かなパーツが付属しているのが気になります。製作ついでにご紹介していきます。 (きっと私以外にも謎パーツだと思っている方がいるはず…) それではレッツ開封! こちらはN-04フロント・T-04リヤパーツ。 PC+ABSの強化素材で出来ています。 それとなぜか72ミリロングシャフトとハトメが付いています。 ハトメは色々と使えるし、…

  • 過去のMSフレキ製作記事をまとめました。【奮闘記・第239走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 エクスフローリーポリカボディスペシャルで久しぶりにMSシャーシを組み立ててみたのですが、今後にMSフレキ化する可能性があるので過去のMSフレキ挑戦記事をまとめてみることにしました。 作ったことはあっても不要な知識というものはすぐに脳内から消えていくもので、自分の書いた記事で思い返すのもまた儚きことですね。メモ帳みたいなものです。 完全に自分が読み返すために書いた記事ですが、MSフレキに興味がある方や挑戦してみようかなと思っている方の参考になれば嬉しいかぎりです。 〜センターシャーシカット…〜 〜フロント・リヤシャーシカット…〜 …

  • エクスフローリークリヤーボディを塗る。(タミヤカラースプレー・クリヤーオレンジ TS-73)【奮闘記・第238走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 エクスフローリーポリカボディスペシャルのボディをカットしたのですが、塗装色が決まっていなかったので保留となっていました。 今回は塗装スプレーを購入しましたので塗っていこうと思います!さっそくですが今回の色はこちら… タミヤカラースプレー クリヤーオレンジ・TS-73(つやあり)。 『目には目を。クリヤーにはクリヤーを。。。』 透明感を残す狙いです。そして、いつもどおり あえてポリカ用スプレーを選ばないアウトローっぷり。 塗料の密着具合によっては剥がれやすくなるのでよい子のみんなは真似しないように。ポリカ用を吹いておけば間違いない…

  • だから私はエクスフローリー。(MSシャーシを組み立てよう!)【奮闘記・第237走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 エクスフローリーポリカボディスペシャルのシャーシがMSシャーシとのことで、久しぶりに両軸(ミニ四駆PRO)に触れてみようと思います。 余談ですが私が両軸マシンを滅多に組み立てないのは嫌いとか敵対視しているわけではなくてですね、 “駆動性と剛性がただただバケモン” だと感じて手に負えない気しかしなかったからです。 『自称・ミニ四駆中級者にはPROはまだ早いってことか…』おそらく扱えるようになる日は訪れないことでしょう。 それはさておき、MSシャーシを作ったことがない方やちょっと興味があるよって方向けにご紹介していこうと思います!(…

  • だから私はエクスフローリー。(MS・ポリカボディ製作)【奮闘記・第236走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰して早5年となりそうな お〜ふぁくとりーです。 この2020年。世の中が混乱に陥っている最中ではありますがミニ四駆界は停滞することなく新たに沢山のマシンが仲間入りしました。 その中には過去の名車が装いを新たに再販されるなんてこともありましたね。 今回タイトルにも取り上げましたエクスフローリーもですが、レイボルフも一緒に再販となり喜んだレーサーの方も多いのではないでしょうか。 レイボルフ… エクスフローリー… 兄弟車種なのかな? 個人的になんとなく感じたことはレイボルフのほうが人気があるということです。 レイボルフもエクスフローリーもその存在は知っていましたしプレ…

  • コロコロ創刊伝説・第5巻読了。一冊丸ごと「ミニ四駆爆走伝説編」だった!【奮闘記・第235走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 発売当初からミニ四駆の伝説が詰まっているとのことでずっと気になっていたマンガをやっと購入に至りました。読者感想文などの宿題は大の苦手であり幾度も苦労してきた筆者でありますが読んだ感想を手短に書いていきます。 今回購入した本はこちら。 コロコロ創刊伝説・第5巻。 コロコロを創った男たちを題材に、あのつるピカハゲ丸くんで有名ののむらしんぼ先生が描いているお話です。 この第5巻では ミニ四駆爆走伝説編 としてコロコロから世に発信されて現在も人気であるミニ四駆について一冊丸ごと描かれております。 通称・四駆郎世代と言われている中年のおじ…

  • タミヤリモネンセメントとは一体…使ってみました。(プラスチック接着剤)【奮闘記・第234走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 ミニ四駆の改造で接着する機会は頻繁にあるのですが、FRPには瞬間接着剤、プラスチックパーツにはG17(万能ボンド)を使用してきました。 それほど深く接着剤について考えたこともなく何不自由なくミニ四駆ライフを満喫してきましたが、気になる商品がありましたので購入してみました。 こちら… タミヤリモネンセメント。 ついつい華やかな柑橘系の色に惹かれてしまいました。この"リモネン"という部分が特徴的な溶剤のようです。 オレンジの香りの接着剤。。。 小学生の頃に使ってた消しゴムみたいだな。 接着剤といえば好きな人にはたまらない癖のある香り…

  • 思い立ったらボールベアリングの手入れをしてみよう!VGベアリングオイル(TRF)~脱脂・注油~【奮闘記・第233走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 軸受けを付属のプラベアリングから抵抗の少ないボールベアリングへと変える事でマシンの速度が上がると言われていますが、滑らかな回転を持続させるには手入れが必要であることはご存じでしょうか?中には購入してそのまま使ってる方もいますよね。 『はい、私です。』 手入れをすることで回転力が増すことは知っていたのですが、実際にしたことがなかったのでこの機会にやってみようと思います。 まずは購入時から塗られているオイルを落とします。小瓶にパーツクリーナーを少量入れてシャカシャカと振り振りして脱脂。※液漏れ注意。 そして粘度低めのオイルを注油する…

  • ハイパーダッシュ3モーター J−CUP2020は2020年中に載せよう!【奮闘記・第232走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 年末が近づきましてめっきり寒くなりましたね。 年内にマシンを完成させる計画も凍結しそうな気配が漂ってきました。なかなかマシン製作の続きを再開出来なくて他のマシンに移ろいゆきそうになりましたので、最後のお楽しみととっておきましたモーターを先に載せてしまおうと思います。 手が進まないときには気分転換も必要…なのだな。 スピンアックスに載せるモーターはこちらをチョイス。 ハイパーダッシュ3モーター J―CUP 2020。 毎年恒例となっていますジャパンカップ開催記念モデルです。片軸のです。やっぱり2020年の物は2020年の内に使って…

  • Mr.ローリング最終形態。片軸制震装置・ベアリング芯出し【奮闘記・第231走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 以前にこのような物を製作しました。 ジャイロ効果を得るための制震装置であるMr.G(ジャイロ)を作ったときの記事です。 内容はとても簡潔でアルミシャフトストッパーを穴加工して520ベアリングを仕込むことにしたのですが、正確に5パイの穴を空けられず結果としてはガタガタで芯ブレがひどい物となりました。 失敗はしましたが簡単に捨てることをしないのが 大貧民の底力。 アルミシャフトストッパー地味に高いですからね。工夫を加えて使えるようにしましょう。 穴の隙間によるガタをなくすためにマスキングテープを使ったりもしましたが微調整は難しい。や…

  • 13mm オールアルミベアリングローラーを使ってみる。【奮闘記・第230走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 高回転で丈夫なオールアルミベアリングローラーを購入しました。ローラー径は様々な種類があり2段になっているものもありますが、今回は13mmにしました。 13mm オールアルミベアリングローラー。 レッドやブルーなどの限定カラーもありますが、通常販売されているシルバーを選択。同じ径で穴があり軽量化されているタイプも人気のローラーです。 開封しました。 シンプルなシルバーですがアルミの質感が高級感を与えてくれます。コースへの接触面が少ない低摩擦プラリング付きローラーと比べると摩擦抵抗は大きいと思われますが、しっかりとコースへ接触させる…

  • クリヤーボディのウイングについて。(スピンアックスクリヤーボディ)【奮闘記 ・第229走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 クリヤーボディは通常のプラボディと比べて薄くて軽い素材のため軽量化になるのですが、ボディの形状によっては再現しづらい部分もあります。中にはクリヤーボディ化不可と思われるマシンもあったり… 今作っているスピンアックスクリヤーボディを低いフォルムにしたいと思ってウイングを避けていたのですが、ないと迫力がないし持ち味の稲妻感が出ないので作ることにしました。ボディは完成してて今さら感否めないですが。 こちらがウイング部分。あ 今回は黄ばみについては一切触れませんのでご了承ください。 少し見にくいし黄ばんでて醜いかもしれませんが、切り取っ…

  • ハイマウントチューブスタビ(クリヤーイエロー)を取りつけてみよう!【奮闘記・第228走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 通称 湯呑みスタビ としてレーサーに人気のチューブスタビの新作が発売されましたので購入しました。今回のカラーは色鮮やかさが際立っています。こちら ハイマウントチューブスタビセット(クリヤーイエロー) ローラーの上に配置しマシンが傾いたときにコースに接触させることで体勢を整える役割があります。 形状が湯呑みのようなので湯呑みスタビとも言われています。元はゴムブレーキ用パーツをスタビとして流用するのが定番化していましたが、廃盤になり新たにチューブスタビとして通常商品として再デビューすることも決定しました。 ハイマウントセットというこ…

  • HG カーボンリヤブレーキステー(1.5mm)J-CUP2020を使ってみよう!(S2フロント)【奮闘記・第227走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 毎年恒例となりましたJ-CUP開催を記念してカーボンプレートが販売されるのですが、今年は色々とありまして『どうなるのか…』と思ったレーサーもいるかと思われます。そんな不安を打ち消してくれるかのように無事発売されましたので購入しました。 今年のカラーは鮮やかなイエローでした。 こちら HG カーボンリヤブレーキステー(1.5mm)J-CUP2020。 人気のリヤブレーキステーにしました。厚みは1.5ミリでブレーキスポンジを貼るスペースが大きいので微調整がしやすいのが特徴的です。 開封しました。 ワッシャーやアルミスペーサーが付属し…

  • S2シャーシの電池落としをしよう!(3ヶ月ぶり2回目・電池落とし改良版)【奮闘記・第226走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 少し前にJC2020記念マシン製作でFMS2に電池落としを施しました。 電池落としとは? 電池を落とす(高さを下げる)ことにより重心が下がりマシンの安定性を高める改造です。 シャーシの底で支えられていた電池を底を切り抜くことにより下がる反面、シャーシの剛性が著しく落ちるので補強対策が必要となります。 前回は剛性面を配慮してシャーシセンター部分を残してカットしましたが加工が大変であったのと電池の下がり量が今ひとつでした。そこで今回は改良して電池落としを施したいと思います。 それでは レッツ 改造っ! 今回準備したのは オレンジのス…

  • ミニ四駆にもジャイロ効果は有効なのか?その名も“Mr.G(2代目ぶんぶん丸)”爆誕!(片軸シャーシ制震)【奮闘記・第225走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 ミニ四駆PROシリーズのMSシャーシが人気である理由としてMSフレキが挙げられます。シャーシの構造上分割部分にバネとゴムを仕込むことで抜群の制震効果を得られます。それであり重厚で丈夫。 それに対して軽量である片軸系シャーシはフレキシブル化することに工夫が必要です。シャーシに大掛かりな手を加えてしまうと壊れやすくなるデメリットも付きまとう。そのため片軸系シャーシのフレキ化は大きな発展もなく今日に至ります。 ミニ四駆の全国大会JAPAN CUPでの上位レーサーが使用しているシャーシを見てみると、残念ながらMS(フレキ)がほとんどを占…

  • スーパーⅡシャーシ ワンロックギヤカバー(クリヤーレッド) ミニ四駆ステーション。スーパーⅡ限定商品はアツい!【奮闘記・第224走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 ミニ四駆に力を入れているお店としてタミヤが公認しているミニ四駆ステーションが街に1軒ぐらいはあるかと思います。大きなコースを設置しているお店も数多く、自宅サーキットがないレーサーの方は特に利用する機会が多いのではないでしょうか? チューンしたマシンをコースで走らせられるメリットもありますがミニ四駆ステーション商品も人気があります。ステーション限定カラーでして一般のお店では販売されていないので、商品によっては即完売などのケースもあるようです。最近ではキャッチャーの限定カラーとか。(欲しかったけど手に入らなかった…) 本来ならばミニ…

  • ミニ四駆 HG メンテナンスベース(180×210mm)ダークレッドを購入しました。【奮闘記・第223走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 ミニ四駆の改造やメンテナンスをしやすくするためのベースが販売されて人気となりましたが、9月に新色が発売されましたので購入してみました。 ミニ四駆 HG メンテナンスベース(180×210mm)ダークレッド。 ハイグレードシリーズです。 開封しました。ダークレッドということで落ち着いた明るさの赤です。大きさはタテ180ミリ210ミリ。ミニ四駆1台を置いてメンテナンスするのにちょうど良い大きさとなっています。 裏面は光沢ありの仕上がりです。 説明書の使用例はこんな感じです。 デスクに散らばりがちな小物類が広がらないように手元に置いて…

  • タミヤスプレー・ライトブルー(PS-3)ポリカーボネート専用で塗装する。スピンアックス黄ばみクリヤーボディ編【奮闘記・第222走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 前回にカットしましたスピンアックスクリヤーボディ(黄ばみ有り)に塗装をしてみます。 このように黄ばみが有りますので実際のスプレー色よりもくすんだように仕上がるかと思われます。 選んだのはこの色。 タミヤ・ポリカーボネートスプレー・PS-3 ライトブルー。 実際のスピンアックスよりも明るい色を狙って購入しました。黄ばみがどのように影響するのかは未知数です。 ポリカーボネートボディ専用のスプレーでして、塗装が剥げにくいのが特徴。プラボディ用のアクリルスプレーをポリカに吹いたことは何回もありますが、私の場合は簡単に剥がれてしまう印象は…

  • スピンアックスクリヤーボディを作る。旧パーツの黄ばみによる経年劣化は大丈夫なのだろうか?検証。【奮闘記・第221走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 軽量で丈夫なクリヤーボディ。 スピードを求めるレーサーにはなくてはならないパーツとして人気があります。特にサンダーショットやバンキッシュなどの往年の名車はクリヤーボディとして使用されていることが多い気がします。 様々な車種がクリヤーボディ化されていまして、既に生産されていないレアなものもあります。新しいマシン製作には珍しいクリヤーボディがいいなと思いまして入手したのはいいのですが、旧パーツにはそれなりの覚悟を持って製作しなければならないことが判明。 それは… クリヤーボディの黄ばみ、経年劣化。 それを承知の上で入手したのですが、…

  • ワンロック強化ギヤカバーを使ってみよう!(S2シャーシ)【奮闘記・第220走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 今回は私が推しているスーパー2シャーシ専用パーツをご紹介します。 スーパー2シャーシの特徴的な部分として ワンロックでギヤカバーが外せるところ が挙げられます。先代のスーパー1シャーシの場合はシャーシ裏側のツメを押し出すことでモーターごと取り出してからギヤカバーを外すのに対し、ワンロックレバーを解除するだけで簡単にギヤカバーのみを外せるように改良されました。 これによりカウンターギヤのメンテナンスや交換がスムーズに行えるので個人的にお気に入りの部分なんです。 そのワンロックギヤカバーの強化版がパーツとして販売されていましたので購…

  • テラスコーチャーRSを作ろう!(シャーシ製作・完成編)【奮闘記・第219走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 テラスコーチャーRSのボディ製作から随分と日が空いてしまいましたが、やっと続きを再開します。 ※前回の模様はこちらから… このようにボディは完成しました。(2ヶ月以上放置…) 残るシャーシの組み立てに取り掛かります。 まずはホイール&タイヤから。 シルバーメッキの大径が眩しいですね。タイヤは鮮やかなライトブルースリックタイヤです。 タイヤを嵌め込むとこのようになります。 特別仕様なのでこのセットだけでもそれなりに価値がありそうです。 シャーシはS2。Aパーツはホワイトです。 Aパーツを切り離しました。 このキットはノーマルモータ…

  • 軽量2段アルミローラーセット(13-12mmパープル)レビュー。【奮闘記・第218走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 今回は2段アルミローラーをご紹介します。 定期的にタミヤさんが1つのカラーに焦点を絞り様々なパーツを販売しています。(現在はゴールド) 少し前まではパープルカラーのパーツが販売されていまして、いつもは取り入れることのないカラーでしたが購入してみました。 こちら… 軽量2段アルミローラーセット(13-12mmパープル)。 軽量でコースアウトを防ぐ役割のある2段のローラーです。 上の段のローラーは1mm小さくなっているので通常走行ではコースに接触しないのですが、図のようにマシンが傾いたときにはじめて接触するので安定性が増すパーツです…

  • マシンは完成したがJAPAN CUP2020・今後の開催が未定に…【奮闘記・第217走】

    開催が発表され一度はスタートしたJAPANCUP2020が、またもやコロナウイルスの影響で今後の開催が未定となってしまった。 レースに参加するために走行用のマシン製作に着手したのだが、現在の状況では参加は難しいもしくは断念することに。いくらウイルス対策を万全にしても心から楽しめる状況とはほど遠いのが現状で、参加することや表彰台を本気で目指しているわけではないので『どうしても参加したい!』という情熱が湧いてこなかったのだ。 そもそもあれからミニ四駆ステーションにマシンを持って行ってはいない。コースが撤去されてしまったからだ。ステーションでマシンの走りを確かめて『いけるぅっ!』と思ったらあわよくば…

  • タミヤ・クラフトツール2mm皿ビス穴加工ビットを使ってフラットにしよう!(FRP・カーボンプレート加工)【奮闘記・第216走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 ミニ四駆の改造でビスを取り付ける箇所によってはビス頭をフラットにさせることでスッキリとしたり、邪魔にならないようにしたい場面に遭遇することがあるかもしれません。そんなときに皿ビスを使用するのですが、FRPやカーボンプレートに皿穴加工が必要となります。 私の場合ですが、これまでは4㍉のドリルで代用していました。ドリルでもその気になればフラットに収めることが可能なのですが、綺麗に収めるには微調整が必要だったり穴を深く掘ることが必要なのです。 そもそも皿ビスの角度は90°なのですが、新品のドリル刃は90°ではないので必要以上に掘らない…

  • タミヤ・ミニ四駆PROマーカーはポリカボディに最適だった!【奮闘記・第215走】

    こんにちは。みそじでミニ四駆復帰しました お〜ふぁくとりーです。 欲しいなと思いながらもお店で見かけたことがなかったタミヤ・ミニ四駆PROマーカーが販売されていましたので購入してみました。 ペイントマーカーはプラボディのタッチアップなどで頻繁に使っていましたが、PROマーカーは何がPROでどういった特性があるのでしょうか? 今回入手したのはTP-4イエロー、TP-6パープルの2本です。パッケージに記載のとおり ポリカーボネートボディに最適 のようです。そして水性でありながら塗料が剥がれにくいとのことで期待が高まります。 個人的に水性と聞くと水で薄めて使う絵の具のイメージなのですが、ポリカに適し…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

みそじで復活!!ミニ四駆改造奮闘記。

みそじで復活して一度は冷めたミニ四駆熱が再び走り出しました。ミニ四駆の持つ面白さや魅力を少しでも多くの方に届けたくてブログを書いています。

フォロー