プロフィールPROFILE

倒産ブログ管理人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
倒産経験社長の実体験ブログ
ブログURL
https://www.xn--9vqp71gd0cz70b.com/
ブログ紹介文
負債3億円以上で経営破綻、会社倒産、自己破産。倒産を体験した社長の実話ブログです。経営者の方、倒産危機の方へ、倒産で何が起こったか?その後の人生を語ってます。
更新頻度(1年)

24回 / 156日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/08/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、倒産ブログ管理人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
倒産ブログ管理人さん
ブログタイトル
倒産経験社長の実体験ブログ
更新頻度
24回 / 156日(平均1.1回/週)
読者になる
倒産経験社長の実体験ブログ

倒産ブログ管理人さんの新着記事

1件〜30件

  • 倒産社長と年末

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 2019年末 いよいよ今年も残りわずかとなってまいりました。ブログお読み頂き有難うございます。このブログを始めて1年半、本格的に始めてから半年経ちました。今年は思い切ってGoogle Adsenceを組み込んでみましたが、収益化に苦しみつつ、ブログで稼ぐのって大変なんだなと痛感しております。 社長だった頃は月1億の売上げを上げていたのに、今はブログで月1万円の売上も上がらんです。ま、、、収益を上げるのが本来の目的ではないので良いの…

  • 名誉の負傷

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 命を救った経験 生きてきて40-50年、明確に「人の命を救ったかもしれない」といった経験は今までありませんでした。怪我した人を助けたとか、喧嘩の仲裁に入ったとか、人に感謝される事をしたとか、そういうのは長い人生で多少はありましたが、「あの時、あの場に自分がいなかったら、この人、死んでたかもしれない」っていう場面に始めて出くわしました。 昨日の出来事 まー少し大げさかもしれませんが、そんな事がありました。近所のショッピングモールにて…

  • 倒産社長から学ぶ経営学「事業拡大期」

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 さてさて、久しぶりの更新です。すっかりすっかりご無沙汰してしまいました。仕事の方が大分忙しくなったり、時間が作れずでしたが、また再開しますので、宜しくお願い致します。 倒産社長から学ぶ経営学 倒産社長の話なんて参考にならないよ!って人もいるかもしれませんが、それはそれで良いと思います。逆に、倒産した元社長だから分かる事もあったりしますので、それが気になる方は是非お読み頂ければ幸いです。 事業拡大の期間感覚について 会社が倒産した後…

  • 攻めの融資と守りの融資

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 借金と融資 倒産の話には「借入」は付き物ですね。「倒産」と「借入」は切っても切れない関係であり、ビジネスにおいて「融資」や「銀行融資」と言えば綺麗ですが、要は「借金」ですよね。会社にとっては一度やったら辞められない「麻薬」みたいなものです。 倒産経験者からすると、やっぱり「借金」に最後は苦しみました。経営していくにはある程度必要な借金、融資ですが、でも無借金経営の会社もありますので、絶対必要という訳ではないんですよね。ま、無借金経…

  • 倒産社長から学ぶ経営学「移転」

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 倒産社長から学ぶ経営学 倒産社長の話なんて参考にならないよ!って人もいるかもしれませんが、それはそれで良いと思います。逆に、倒産した元社長だから分かる事もあったりしますので、それが気になる方は是非お読み頂ければ幸いです。 移転について 移転、ここでいう移転はもちろん、事業拡大に伴う移転です。会社が伸びていれば、自然に人員も増え、在庫商売であれば在庫も増え、今までの事務所が手狭になってきます。商談スペースも増やしたいな、会議室も欲し…

  • 「倒産社長から学ぶ経営学」シリーズについて

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 余談ですが・・・ 一昨日の夜、仕事帰り、車で帰宅中に対向車線を無灯火で走る車がありました。片側一車線ですが、そこそこ車通りの激しい街道、真っ暗のまま走る車。すれ違いの時に見たら、かなりのおじいちゃんでした、、。このケース、伝えてあげたいけど、信号待ちとかにならないと難しいですよね。 昨日はドラッグストアの駐車場で、時速1キロぐらいで逆走している車がおり、周りの車も「何だなんだ?」の状況になっていました。見るとかなりのおばあちゃんで…

  • 銀行に見捨てられた時

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 タイトル 今回のタイトル、前回の「銀行に見捨てられる時」と1文字違いです。前回は「見捨てられる時」、今回は「見捨てられた時」です。実際、見捨てられた時の事や、心境、絶望感、覚悟、開き直りなどを書いてみたいと思います。 このブログを読まれている方には、中小企業経営者や、その奥様が多いと思いますが、少なからず経営が厳しければ、銀行からの借入もされている事と思います。銀行とどう付き合うか?については、中小企業にとって大事ですよね。私のよ…

  • 銀行に見捨てられる時

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 中小企業と銀行融資 無借金経営が出来るに越したことはありませんね。私自身も、自己資金で独立してからは、しばらく銀行融資もなく経営していました。しばらくと言っても、3年、4年ほどでしょうかね。まー、小さな小さな会社でしたので、銀行からの融資自体、全く考えた事もなく、あてにした事もなく、もちろん銀行の営業マンが会社に来ることもなく。銀行は単にお金を預けておく場所、といった感じでした。 ところがいつの日か、地元の信用金庫の営業マンが訪ね…

  • 被災地と中小企業

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 被災と倒産 台風、凄かったですね。皆さま大丈夫でしたでしょうか。被災地の方は大変でしょうが、頑張ってくださいませ。 このブログ目線からですと、気になるのは被災した中小企業の社長様たちです。かくいう私も、東日本大震災をきっかけに業績が傾き、倒産した経緯がありますので、ま、それだけが理由ではありませんが、震災による影響は大きかったです。直接的な被害というより、間接被害による打撃がボディーブローのようにジワジワと・・・大きなきっかけにな…

  • 会社員と受験生

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 受験生 受験生って大変ですよね。学校行って勉強し、帰宅してから塾へ通い、塾から戻って夕飯食べてお風呂に入った後、また夜遅くまで勉強です。土日も塾、多少息抜きはしますが、常に勉強の事が頭から離れず、学校が休みでも家で勉強しています。 受験だから・・・人生が掛かっているから・・・いい高校、大学へ進学したいから・・・ とは言え、まだ成人にも満たない子供が、良く分からない将来、人生のために、そこまで頑張れるのは、尊敬に値する事と思います。…

  • 関西電力の〇〇みたいなニュース

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 たまに倒産とは関係ないニュースの話題も、ちょっと倒産目線で書いてます。 1つお知らせです。「お問合せ頂いたショコラさん、ご返事書いたのですがメールがエラーで届きませんでした。宜しければメールアドレスご確認の上、またご連絡下さいませ。すごく心配しています。少しでもお力になれればと思っています。」 関西電力のあれ、クソですね さて、ニュースやワイドショーを賑わしている 関電のお偉いさん?クソですね。いやーもう、倒産、破産の元社長から言…

  • アイコス便乗値上げとタバコの二重課税

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 たばこ 今日はたばこと消費税増税の話です。消費税、10%になりましたね。倒産破産の身にとっては辛いところですが、2%上がったところでって感じではありますが。世間ではキャッシュレスがどうのとかの話題も多いですが(テレビだけ?)、クレジットカードがまだ持てない倒産経験者としては、デビッドカードでも大丈夫なのかな?とか思いつつ。 普通のタバコを辞めてアイコスに変えて2年ぐらいが経ちました。タバコ辞めようと思ってアイコスに切り替え、ずるず…

  • 倒産前の注意点

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 倒産前の注意点とは何ぞや? 実際、いざ倒産へ・・・となってしまった場合、通常は弁護士事務所へ相談し、手続きなども含めて弁護士さんへ依頼する事になるでしょう。私もそうでした。 が、弁護士事務所に相談したところ「え?それはやったらまずかったですね」とか「あっ、それはダメなんですよ」とか、弁護士へ相談する前ですので知識もなく、やってはいけない処理をしてしまっている可能性は十分に考えられます。 そんなこと言われても、、、知らないし。ってい…

  • 倒産危機を社長の様子から察する

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 ラグビーワールドカップでの激しいタックルを見て、サッカーのちょっとした接触で、のたうち回る海外プロ選手に滑稽さを感じる今日この頃。ラグビー生で見たら迫力あるんでしょうね。社長だった頃なら絶対見に行ってましたが、今はちょっと厳しいですね。お金とは自由を得る道具、今は不自由です・・・ 社員の立場から倒産危機を察するには 今までこのブログでは、社長目線での話題を中心に書いて来ましたが、視点を変えて、社員目線で書いてみます。ご意見、ご質問…

  • 倒産後の流れ(2)

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 前回のブログからの続きです。 管財人選定 さて、各種資料の作成も進んでくると、いよいよ裁判所への破産申し立てです。実際には全て弁護士事務所がやってくれましたので、自分としては「いつの間にか破産申し立てがされ、いつの間にか管財人が決まり、いつの間にか・・・」という感じでしたので、具体的にどのような手続きがされたかは分かりませんが。 いよいよ、運命の管財人決定です。運命の、、、というのは、やっぱりどんな管財人なのか?管財人次第で今後の…

  • 倒産後の流れ(1)

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 倒産後の流れ 詳しい内容、細かい内容、専門的な内容、これはもう多くの弁護士さんなどがホームページで解説していますので、私なんかがあえて書いても、、と思いますので、毎度ですが破産倒産した当事者である社長目線で書いていきます。 まずは大まかな流れから 1.資金繰り苦しい、銀行リスケ、人員削減などなどを経て最後断念 2.弁護士へ相談、弁護士介入、事業停止、受任通知発送 3.整理、整理、整理、破産申し立てに破産開始決定 4.管財人選定、管…

  • 倒産と元社長と転職

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 元社長のサラリーマン経験 サラリーマンで生きていくのって大変ですよね。会社が倒産して再就職、何社か渡り歩いて、今は某会社で落ち着きました。まー普通のサラリーマンです。 まずは元々の、独立前のサラリーマン経験ですが、大学を卒業して1年、上場企業で営業マンをしてました。いわゆる兵隊ですね。飛び込みセールスを含め、ここで学んだことは営業スキルだけ、1年しかいませんでしたので、役職もなければ、会社の仕組みもまだ分からないままの普通の新人営…

  • 会社倒産と自殺

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 会社倒産と自殺について とても重たいタイトルですが、倒産と自殺について、倒産経験者の私の思う事を書いておきたいと思います。このブログを始めて1年以上が経過しました。その間、多くのお問合せを頂いております。そして、多くの方の文章に「自殺」や「鬱」というキーワードが書かれております。実際、私自身も、当時は「自殺」を考えた事がありました。が、もちろん自殺していませんので今がある訳ですが、実際には考えたというより「自殺したら今の苦しみから…

  • 破産による「通帳明細提出」と「知人に貸してたお金」がある事に気づいた話

    会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も止む無く自己破産、そんな経験社長の倒産実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 早速ですが、すでに事業は停止、弁護士による介入通知も発送済み、そして破産申し立ての準備をしている時、知人に貸していたお金がある事に気付いた時のお話です。 個人の預金通帳も過去〇年分を提出 破産申し立て準備の際、会社の通帳はもちろん全て提出しますが、社長個人も自己破産しますので、個人の通帳も全て提出します。私の場合は通帳は持たずにネット管理していましたが、そしたら「銀行で発行してもらってきて下さい」と言われたので、銀行いて発行しても…

  • 倒産用語集 リスケ

    久しぶりの倒産用語集です。倒産にまつわる用語を、倒産経験社長の独自目線で解説しています。 リスケとは? 一般的にも使われている言葉「リスケ」ですが、通常は「予定変更」とかの意味で使われる事が多いと思います。「今日用事出来ちゃったので、夜飲み行くのリスケお願い」とか?正確には「リスケジュール(reschedule)」、予定変更とか、予定の組み直しとかの意味ですね。 会社経営者だったりですと、このリスケは通常「銀行への返済がキツくなったので、リスケの相談」みたいに使われる事が主です。つまり、返済の見直し、毎月の支払金額の変更ないしストップする事など。 倒産過程で通る道 経営が苦しくなってくると、返…

  • 死ぬ直前の人に聞いたアンケート「人生で後悔する事は?」(後編)

    人生で後悔する事 死ぬ直前、人は何を思うのでしょう。あと1週間、あと1カ月で死を迎える時。 まー少なくともお金を稼ぎたいとも思わないですし、裕福になりたいとも、名声を得たいとも、いい車に乗りたいとか大きな家に住みたいとか、そんな事は思わないのでしょうね。お金なんて、どんなに持っていても意味のないものになっているでしょう。 これってもしかしたら、お金のために人生を捧げた人ほど「虚しくなる」んじゃないですかね?だって頑張って稼いで稼いで、でも死ぬ間際はどうでもよくなる、何のために生きてきたのか?って。もしかしたら、貧乏でも楽しく、生きてきた人の方が心は満たされているのかもしれませんね。 言ってみれ…

  • 死ぬ直前の人に聞いたアンケート「人生で後悔する事は?」

    人生悔いなし? 死を直前に控えた老人へのアンケート「あなたの人生で最も後悔する事は何ですか?」という話、一度は聞いたこと、読んだ事がある人も多いと思います。結構有名な話?かもしれませんが、初めて聞いた方は是非参考にしてください。 ネットで「人生 後悔 死ぬ直前」などで検索すると、色々な情報が出てきます。この事に関して世界の色々な方が色々な方法でアンケートや分析を行っているみたいで、いくつかの種類の本も出ています。 そして多くの方がこれについてのコメント、感想をブログ等で綴っています。ただ当然ながら、倒産社長目線で書いている人もいないので、倒産社長目線及び起業社長目線で綴ってみたいと思います。 …

  • 倒産で起こる嫌な事その④(全4回)

    倒産後、新たな生活が始まってからの嫌な事 「倒産で起こる嫌な事」最終回です。最終回は、倒産手続きも終わって、新たな生活が始まってからの事、つまり「今」ですね。今、起こっている嫌な事を書くという・・ これはもう個人個人様々と思いますが、嫌な事というか、大きくは「生活水準の低下」に尽きますね。債務免除(借金がゼロ)になった訳ですので仕方ありませんが、「全財産没収の刑」を受けた訳ですので家もない、車もない(妻の車はあり)、貯金もない状態ですね。 親からの相続などがあったので、厳密には貯金はある程度あるのですが、私は一切手を出せない状態でして、生活費の補てんや今後の子供の教育費に充てる事になっており、…

  • 倒産で起こる嫌な事その③

    倒産で起こる嫌な事 その③ 倒産ってどんだけ辛いんだろう。これから倒産してしまいそうな方にとっては、とても気になるところだと思います。もちろん普通の方であれば初めての体験、全くの未知数です。私もそうでした。 でも、ネットなどで探しても、そんな事はどこにも書かれてなく、手探り状態でした。何が怖い、不安、心配って、何が起こるか分からない事が不安を煽ります。毎年多くの企業が倒産していますが、きっと社長はみんなそんな感じなのでしょう。 何が起こるかが多少分かれば、少しは気持ちも落ち着く事と思います。そこで、倒産過程で起こる嫌な事をブログ記事にしています。 以下がその①、その②です。今日はその続きです。…

  • 会社倒産情報はどの程度ネットに出るのか?いつか消えるのか?

    倒産と共に出回るネット情報 会社が倒産した時、気になるのがネットでニュースとして出回るのか?について。いつ、どの時点でニュースとして出回るのか?など 会社名だけでは個人は特定されませんが、代表者名がどの程度ネットで告知されるのか?についても気になっていました。 さて、実際に倒産してどうなったかを書きたいと思います。 これは会社の規模にもよると思いますが、私の場合は沢山出てましたね。と言っても、特に上場している訳でもなく、社会的に認知度の高い会社でもなかったので、普通に生活している人の目にはほとんど触れない程度?だったとは思います。 これが例えば、B to Cでお客様相手に商売していて、被害者が…

  • 倒産・破産で起こる「嫌な事」その②

    倒産・破産で起こる嫌な事その② 前々回のブログ(以下)の続きです。 これから会社倒産、自己破産しそうな方、ほとんどの方が初めての経験と思いますので、実際どんな風になって、どんな辛い事があり、どんな思いをするのだろう?などなど、不安な事は沢山あると思います。 そんな方へ私の実体験から感じた、倒産で起こる嫌な事を洗い出してみたいと思います。あくまでも、私の実体験での出来事からの嫌な事ですので、実際人それぞれとは思いますので、ご了承下さいませ。 倒産過程で起こる嫌な事 これはもう基本的に一択ですね。「債権者からの支払催促」に限ります。倒産過程において、いわゆる「支払不履行」を行うと、つまり取引先への…

  • 県立高校内に公費でタバコ部屋設置の話

    これって日本の話??? 今日は前回のブログ(倒産・破産で起こる「嫌な事」)の続きを書こうと思ってましたが、どうしても気になったニュースがあったので、ブログ記事タイトルにある「県立高校内に校長が率先して作ったというタバコ部屋」という信じられないニュースの話をご紹介します。 まーどうせどこか別の国の話なんでしょう?と思いきや、何とこれって日本の話だったんです。しかも神奈川県横浜市。よくもまー堂々とそんな事が、、、と。 この記事、気になった方のために、ブログの最後にリンクを貼ってあります。ブログ読み終えた後に宜しければ読んでみて下さい。 公務員の感覚? 公務員と一般企業人って、やっぱり感覚が違うのか…

  • 倒産・破産で起こる「嫌な事」その①

    倒産・破産で起こる嫌な事イメージ よく、倒産とか、自己破産とかしたら、何が困る?とか嫌か?とかの代表的な例として「クレジットカードが作れなくなる」とか言われてますよね。ま、何となくのイメージですけど、自己破産したらカードが5年とか7年とか作れなくなるって。 でもですね、実際の経験者からすると「カードが作れない。使えない」って、全く持ってどうでも良い事なんですよね。もう全然困らないし、倒産後の生活からしたら、全然屁でもない小さな事です。 カードについて言えば、そもそも使う機会も多くないし、ネットとかの決済で必要な事はありますが、デビットカードで十分です。普通にVISAが付いてますので、まー大体の…

  • 会社倒産・破産の相談。って誰にする?

    倒産の可能性を少しでも感じたら 長年、中小企業を経営していると、「今月ちょっと資金繰り厳しい?」なんて経験はあると思います。もしも10年以上経営していて、特に起業社長の場合、「今月やばいかも?」なんて経験が1回もないような社長様がいらっしゃったら、たぶんそういった社長さんも沢山いるのでしょうが、まーでもたぶん、そういった方はこのブログには辿りついてないと思います・・・ ただし、何だかんだで乗り切っているから、今も会社経営されているのでしょう。そう、厳しい月があっても、普通は、何だかんだで乗り切れるのです。実際私も10年以上そうでした。資金繰り表で前もって把握してあれば、銀行からの融資や、支払の…

  • 生涯独身率と超ソロ社会のお話

    倒産社長経験談とは違うお話です。ネットで見ていてちょっと気になったニュースについて。 生涯離婚率の話 ひと昔、ふた昔前、1980年代は、生涯独身率は5%前後だったようです。それこそ、統計を始めた1920年頃からずっと50年以上もの間、5%未満の数字で推移していました。もう、いわゆる結婚するのが当たり前の世の中でした。 なお、生涯独身率というのは、50歳までに1度も結婚経験がない人の割合だそうです。なぜかと言うと、50歳を超えて初めて結婚する人の割合は、極端に低い為との事。 さて、50歳までに結婚してない人の割合は、これまでずっと5%未満で推移していました。20人に1人ですね。クラスに1人、2人…

カテゴリー一覧
商用