プロフィールPROFILE

hol_my_owさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
月刊「祭」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hol_my_ow
ブログ紹介文
マツオタのマツオタのためのマツオタのための月刊誌。 兵庫県の播州地方、三木市の屋台・太鼓台を中心に各地の祭、日本の祭、韓国の祭、世界の祭についてあれこれ書きます。
更新頻度(1年)

76回 / 92日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2019/08/19

hol_my_owさんのプロフィール
読者になる

hol_my_owさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,231サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,199サイト
日本の伝統・文化 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 250サイト
地方・郷土史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 235サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,113サイト
民俗・民族学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 75,748位 77,413位 77,379位 77,441位 圏外 65,737位 65,713位 978,231サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 340位 349位 360位 356位 圏外 268位 265位 4,199サイト
日本の伝統・文化 19位 23位 23位 22位 圏外 20位 19位 250サイト
地方・郷土史 19位 20位 22位 25位 圏外 19位 20位 235サイト
哲学・思想ブログ 1,459位 1,485位 1,499位 1,500位 圏外 1,299位 1,292位 13,113サイト
民俗・民族学 1位 1位 1位 1位 圏外 1位 1位 50サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,231サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,199サイト
日本の伝統・文化 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 250サイト
地方・郷土史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 235サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,113サイト
民俗・民族学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hol_my_owさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hol_my_owさん
ブログタイトル
月刊「祭」
更新頻度
76回 / 92日(平均5.8回/週)
読者になる
月刊「祭」

hol_my_owさんの新着記事

1件〜30件

  • 230.タイワットポー巨大涅槃物の大きさ以外の見所(月刊「祭」2019.11月15号)

    ●タイ王国バンコクワットポーの巨大涅槃仏(アクセス、【公式】タイ国政府観光庁のワットポー解説)ワットポーの涅槃仏は当時チャクリー王朝のシャム国王であったラーマ3世(在位1824-1851)の命令によってつくられました。高さは15メートルで、頭が建物を突き破らんばかりになっているし、全長は46メートルで小学生が走り抜けられる距離になっています。しかし、この涅槃仏の魅力は大きさだけではありませんでした。とはいえ、やっぱり大きさもおどろきでしたので、まずはそれがわかる写真を見ていきましょう。↑献花や入口とくらべてらと大きさはわかります。↑見上げて撮った枕と後頭部。↑パノラマでとると、両端の入口と出口が豆粒のように見えます。●脱帽、靴を脱ぐ習慣入場するためには、条件がつけられています。脱帽と土足厳禁です。↑入口...230.タイワットポー巨大涅槃物の大きさ以外の見所(月刊「祭」2019.11月15号)

  • 229.王国と祭-うる覚えの著作から中国の天命説を考える(妄想する)(月刊「祭」2019.11月14号)

    政と祭の分離、祭を担う王がいる民主国家私事ですが、友人の結婚式のためにタイにいきます。タイもまた王様がいますが、政治には関わっておりません。日本も、(その名をたてに、格差拡大固定政策をしき、その不満を差別でそらそうとする不届き者はいますが、)天皇は祭を行いますが、政(まつりごと)は行いません。今はタイにむかう船の中、今回は日本の天皇の祭などについて書きます。また、この記事とセットでタイのことも書いてみたいと思います。●大嘗祭の名著現在今上天皇が、即位のための大嘗祭を行っているそうです。即位した今上天皇が皇祖神に新穀を供え、共に食する儀式だそうです。興味深いのは、大嘗祭は北斗七星の運行に合わせて祭りが行われている、陰陽五行道の思想を取り入れて祭が行われているという吉野裕子氏の指摘です↓。陰陽五行思想からみた日...229.王国と祭-うる覚えの著作から中国の天命説を考える(妄想する)(月刊「祭」2019.11月14号)

  • 228.高砂市高砂神社秋祭りの辻(月刊「祭」2019.11.13号)

    ●高砂神社の祭祭礼日10月10.11、アクセス仲睦まじい夫婦の象徴ともいえる高砂神社。そこの祭は、「辻の祭」ともいえそうでした。●神輿の渡御神輿の渡御において、だんじりやお神輿、一つ物が巡航します。その時に、神輿と一つものは辻、つまり交差点に来るたびに所作をしていました。●神輿のお渡りひとつもの曽根や加古川市の神吉八幡神社にものこっています。座の神事が終わった後、神輿とともに巡行していました。辻に来ると周回していました。●神輿のせんざいらく、まんざいらくねり辻に来るたびに、「千歳楽じゃ、万歳楽じゃ」と神輿揺らした後差し上げます。神戸市の長田神社では常に、「せんざいらく、満載」の掛け声をかけてかついでいるのをYouTubeでみました。長田神社では、神輿行列の後ろをいく太鼓がある(あった)...228.高砂市高砂神社秋祭りの辻(月刊「祭」2019.11.13号)

  • 226.坊勢島恵美酒神社の差し上げ考(月刊「祭」2019.11.12号)

    ●坊勢の屋台今回は、坊勢島の屋台の差し上げについて考えます。坊勢島の祭りについては、こちら。●姫路の浜手の屋台差し上げ姫路の浜手の神輿屋根屋台の差し上げは、ざっくり分けると2つに分けられそうです。灘型の差し上げ一つは、練り合わせを行う灘型屋台などどちらかと言えば東部に見られる差し上げです。ヨイヤッセ、ヨイヤッセなどの掛け声で、肩に乗せたまま「ガブ」ってから差し上げます。網干型の差し上げ一方西部に分布する網干型屋台の場合は、一回さした屋台を腕までおろして、また差し上げます。これらの荒技は、脇棒が長く比較的大人数で担げることで可能になっています。●坊勢恵美酒神社屋台の差し上げでは、坊勢の屋台を見てみましょう。屋台は、灘型で脇棒が短く、差し上げの時の掛け声も少し早いですが灘型なものと言えます。しか...226.坊勢島恵美酒神社の差し上げ考(月刊「祭」2019.11.12号)

  • 206.生業と祭と屋台-農業と祭礼日-月刊「祭」2019.11月11号)

    ●祭で祈られる生業の発展祭の大きな目的の一つとして、生業の発展があります。その中でも、農業の発展・「作物がよくとれる」ことを祈るのは、人間が物を食べて生きる生物である限り、続く行為になることでしょう。そのような、「農」と祭を見ていきましょう。●歌われる「農」三木市内の中で、旧の町方である明石町では、歌われることのない歌が、「今年やなあ、豊年年---」の歌です。地域や屋台によって少しずつ違いますが、農村部の屋台ほど歌われていることが多いようです。例えば、下の地域でも「豊年どし系」の歌が歌われています。↑三木市八雲神社久留美屋台↑三木市志染町御坂神社↑三木市岩壺神社を出る若宮八幡神社宿原屋台●農業と祭三木市吉川町細田神社↑祭が終わって片付けが始まっているときに行きました。大きな各村ののぼりの中に菊正宗ののぼ...206.生業と祭と屋台-農業と祭礼日-月刊「祭」2019.11月11号)

  • 225.宮沢賢治の詩に見る北斗七星信仰(月刊「祭」2019.11.第9号)

    ●管理人が書いた宮澤賢治の論文?妄想?一応「論文」となっていますが、確固たる確証は持てない管理人が書いたクラムボンアイヌ語説*。とはいうものの、全く根拠はないというわけではありません。宮澤賢治は日蓮宗の熱心な信者であり、日蓮宗において大きな一角を占める妙見信仰、北斗七星信仰をベースにしていると思われる作品を多数作っています。その北斗七星信仰については、柳田國男ら民俗学者が誌上で取り上げ始めました。そのような北斗七星信仰や征服される民への賢治の眼差しを考えると、クラムボンアイヌ語説も確実だとはいかないまでも、あながち荒唐無稽でないようにも感じてしまいます。ここでは、管理人の説はさておき、宮澤賢治が、当時の民俗学の知見を取り入れて作品を書こうとしていたことを、主に一遍の詩の「下書き」を通して紹介します。今号は、下に...225.宮沢賢治の詩に見る北斗七星信仰(月刊「祭」2019.11.第9号)

  • 224.間違い記録と研究の中の間違いについて(月刊「祭」2019.11月8号)

    ●祭を調べる中での間違い屋台やだんじり、太鼓台を調査公表していく中で必ず出くわすのが「間違い」です。どの分野でもそうだと思いますが、特にこの分野では、今までプロの方には見向きもされなかった面もあり、手探りの段階で、いくら注意しても間違いは避けられません。また、プロの方でも屋台やだんじりの祭に携わったり、担いだり引いたり、現場の方と友達になったりできていない場合だと、簡単に気付くようなことでも見落としているなんどということも多々見られます。ここでは、管理人が間違えたことのある例を紹介し、どのような点に気をつけてもらうかの参考にしてもらいます。そして、最後は、間違えた時はどうするかを考えていきたいと思います。●嗚呼、多すぎて書ききれない管理人の間違い記録ここでは、星の数ほどある管理人の間違いの中から、主だった...224.間違い記録と研究の中の間違いについて(月刊「祭」2019.11月8号)

  • 223.限界-教育の政(まつりごと)3-(月刊「祭」2019.11月特別号)

    ●姫路市でも起きた教員同士の虐待事件また、教員同士の虐待事件が発覚しました。文章から察するに加害者は「いじり」のつもりであったのが、被害者きらすらば、受け入れられなかったのだと思われます。加害者はもちろん罰せられるべきですし、それ以上に退職した被害者への補償が急がれます。(例えば、自己都合で退職したならばと退職金は雀の涙です。)●加害者気質の人は重宝されざるを得ない加害者の資質や人格攻撃するよりも、どのようにすれば、事件が起きないのかということを考える必要があります。そこで今の学校の現状を見てみましょう。日本の多くの小学校では学級制が敷かれています。一学級は5、6年は上限40名、それより下の学年は35名です。現状としては余裕をもったクラス割りではなく、上限に限りなく近い人に近い人数に学級が分けられ...223.限界-教育の政(まつりごと)3-(月刊「祭」2019.11月特別号)

  • 222.昔から今へ受け継がれた伝統-韓国全羅道南原市の石像の特徴3/3-(月刊「祭」2019.11月7号)

    ●韓国南原市の観光名所今回は韓国南原市(詳しくは、ウィキpディア)内にある二つの観光名所-廣寒楼苑と萬福寺跡-の石像の特徴についてです。石像をいきなり出す前にそれぞれの観光地の簡単な紹介をします。今回はそれぞれの石造の特徴についてです。●萬福寺趾、만복사지、マンポクサジ(アクセス、ウェブページともに同じサイト)記事●廣寒楼苑・カンハルルウォン・광한루원(アクセス、ウェブページ<日本語、韓国語(한국어)>)記事●萬福寺趾の石像元々、前の記事に紹介した竿頭支柱の前に立てられていたそうです。裏面には穴が開けられており、同様のものがもう一体あったそうです。よって、幡のようなものを立てる役割もこの石像はしていたことが推測されます。入り口にあり、一対の石像だったことを考えると、仁王像のようなものと考えられるでしょ...222.昔から今へ受け継がれた伝統-韓国全羅道南原市の石像の特徴3/3-(月刊「祭」2019.11月7号)

  • 221.家島と坊勢の屋台とその周辺の文化(月刊「祭」2019.11月6号)

    ●播磨灘に浮かぶ島々播州で、祭月といえば、多くの人が十月を祭月と考えることと思います。しかし11月始めの連休に、姫路市の灘や飾磨、網干の海の向こうに見える島で、祭が行われます。その文化の特色を探っていきます。家島真浦神社(アクセス、祭礼日11月2.3日)宮浦神社(アクセス、祭礼日11月2.3日)坊勢島恵美酒神社(アクセス、祭礼日11月3.4日)●花でかざられた神輿屋台と一緒に子ども神輿が巡行し、ここにたくさんの花(ご祝儀をくれた方の名前を書いた紙)が飾られます。子ども神輿は神輿屋根型屋台を模したものがほとんどで、祭神が乗っているのかどうかは管理人は確認していません。↑真浦神社の子ども神輿↑宮浦神社の子ども神輿↑恵美酒神社の屋台にも子ども神輿にも同様についていました。●衣装↑家島真浦神社↑家島宮浦神社...221.家島と坊勢の屋台とその周辺の文化(月刊「祭」2019.11月6号)

  • 220.姫路市家島の屋台の脇棒(月刊「祭」2019.11月5号)

    ●家島の屋台播磨灘に浮かぶ家島では11月2日、3日に屋台が出る祭が二つの神社(真浦神社、宮浦神社)で行われます。その屋台のとある特徴を見ていきます。その特徴について、真浦神社で問題提起をして、宮浦神社で考察します。真浦神社(アクセス、祭礼日11月2.3日)二台とも小型の神輿屋根型屋台ですが、従来の神輿屋根型屋台より脇棒が長くなっています。宮浦神社(アクセス、祭礼日11月2.3日)こちらの方は一見脇棒の短い仕様に見えますが、例えば大きめの屋台で知られる英賀神社の春日若倉の屋台よりも長い脇棒になっています。なぜこのようになっているのかは、本棒にありそうです。本棒の先端は鉄のカバーがついていました。聞いたところ、購入した際は屋台を収蔵する建物が小さく、本棒が入り切らず棒を切ったそうです。やがて大きな屋台蔵がたち、...220.姫路市家島の屋台の脇棒(月刊「祭」2019.11月5号)

  • 219.少なくなってきた薄い屋根のや屋台(月刊「祭」2019.11月4号)

    ●薄い屋根三木市をはじめとして、平屋根三段の屋台が分布している地域では、屋台の顔はやはり屋根になります。また、屋台本体を改修せずとも比較的手軽に改修しやすい部分でもあります。屋台をうごかしているとどうしても大きな屋台を動かしたいというのが、正直なところです。そのような中で、「センベイ屋根」と呼ばれる昔ながらの味わい深い屋根で運行している屋台も今はずいぶん数少なくなりましたが、いくつか残っています。かつてはセンベイ屋根とも呼ばれた薄い屋根の屋台を見ていきます。●三木市岩壺神社(アクセス、祭礼日体育の日の次の土日)東條町松本義廣作の欄間彫刻を近年購入しました。黒い布団台に透かしの金具などで、従来のバランスの良さをくずさない改修となりました。名工の欄間彫刻を見事なバランスで、組み入れているのを見た驚きは今も...219.少なくなってきた薄い屋根のや屋台(月刊「祭」2019.11月4号)

  • 217.金物神社の村の鍛冶屋(月刊「祭」2019.11月2号)

    ●金物神社アクセス三木金物物販協同組合の呼びかけで、昭和十年(1935)に建てられたそうです。↑神社境内に金物資料館もあります。↑昭和九年にできた手水鉢。神社創建に先立ってできたようです。↑本殿は現在工事中でした。↑古式鍛錬を毎月第一日曜日に行っているそうです。↑村の鍛冶屋の歌詞碑↑金物神社を出るとこんなかんじで「村の鍛冶屋が流れます。金物まつりについては↓●三木金物まつり場所:三木山総合公園(アクセス、三木金物まつり|公式ホームページ)↑巡回バスが出ています。↑スケジュール三木は金物の町、それだけあって毎年11月2、3日に金物祭が行われます。この記事が書き上がった頃には、あと1日残っています。古式鍛錬や展示即売会などは、金物の町たる様相を見せてくれます。また、三木金物だけでなく、山田錦などの生産物の啓...217.金物神社の村の鍛冶屋(月刊「祭」2019.11月2号)

  • 216.三木金物祭と秋月会カレンダー(月刊「祭」2019.11月1号)

    ●三木金物まつり場所:三木山総合公園(アクセス、三木金物まつり|公式ホームページ)↑巡回バスが出ています。↑スケジュール三木は金物の町、それだけあって毎年11月2、3日に金物祭が行われます。この記事が書き上がった頃には、あと1日残っています。古式鍛錬や展示即売会などは、金物の町たる様相を見せてくれます。また、三木金物だけでなく、山田錦などの生産物の啓蒙・普及ブース、ダンスなどの発表会、子どもが遊べるブースなどが用意されています。↑また、三木が誇るの名だたる飲食店がお手頃価格で出店してくれています。管理人はたこ焼きを食べました。美味でした。●金物まつりに合わせた展示金物まつりにあわせて近隣の博物館で特別な展示も見ることができます。みき歴史資料館(アクセス、ウェブページ)大宮八幡宮の祭で屋台が通るには...216.三木金物祭と秋月会カレンダー(月刊「祭」2019.11月1号)

  • 214.萬福寺趾-韓国の石仏文化-南原市の石像の特徴2/3(月刊「祭」2019.10月13号)

    ●韓国南原市の観光名所今回は韓国南原市(詳しくは、ウィキpディア)内にある二つの観光名所-廣寒楼苑と萬福寺跡-の石像の特徴についてです。石像をいきなり出す前にそれぞれの観光地の簡単な紹介をします。今回は萬福寺趾の紹介です。基本は案内文の日本語訳になります。1萬福寺趾、만복사지、マンポクサジ(アクセス、ウェブページともに同じサイト)うえのリンク先は簡潔に分かりやすく萬福寺跡の概要が書いてあります。下の文章を読んで分かりにくい方は上のリンクへ^_^とりあへず、管理人は案内板を訳してみます。である体はですます体になおしました。訳の部分は---これより---線と---これまで----の間とします。また、各宝物に関しては、全訳ではなく要約とします。---これより----●萬福寺趾史跡第349号全羅南道南原市ヴァンジョン...214.萬福寺趾-韓国の石仏文化-南原市の石像の特徴2/3(月刊「祭」2019.10月13号)

  • 214.韓国版桂離宮-廣寒楼苑-韓国南原市の石像の特徴1/3(月刊「祭」2019.10月13号)

    ●韓国南原市の観光名所韓国南原市(詳しくは、ウィキpディア)内にある二つの観光名所-廣寒楼苑と萬福寺跡-にまつわる石像の特徴について、三本立てで書いていきます。一本目と二本目でそれぞれの観光地の簡単な紹介をして、三本目で石像の意外な特徴を見出します。今回一本目は廣寒楼苑の紹介です。1廣寒楼苑・カンハルルウォン・광한루원の概略(アクセス、ウェブページ<日本語、韓国語(한국어)>)詳しくは、ウェブページを見ていただけると分かります。以下、上記の日本語ページを参考に解説します。1419年に創建され、広通楼と呼ばれていました。1434年に修復され現在残るものは1638年の再建されたものだそうです。1434年修復後は広寒清虚府と称されるようになり、その後、広寒楼と呼ばれるようになりました。●天界の再現-韓国版桂離宮...214.韓国版桂離宮-廣寒楼苑-韓国南原市の石像の特徴1/3(月刊「祭」2019.10月13号)

  • 212.旧姫路市大塩天満宮中之丁、現小野市葉多町所有綱水引幕(月刊「祭」2019.10月13号)

    ●絹常の故郷!?小野の祭展示小野市立好古館では、「祭りとくらしの移り変わり〜小野地区の近現代〜」という特別展が行われています。小野市内の小野地区と呼ばれる地域・中学校で言えば小野中学校区を中心とした地域の近現代史と祭りの展示です。今でも名門大学への進学者多数輩出する県下でも有数の公立名門校である小野高校の前身の小野中学の草創期の展示や、各地域で小規模ながらも大切されている行事の紹介がなされています。その中でも屋台大好きマツオタ垂涎の展示があります。一つが、小野天満宮の天神屋台の担ぎ上げているビデオです。伊勢音頭を歌いながらの担ぎ上げで、歌は三木の大宮八幡宮や岩壺神社などで歌われているものとかなり似ています。しかし、アヨイヤサーの掛け声はなく、延々と歌だけで担ぎ歩くというのは加東市の担ぎ方に近いと言えるでしょう...212.旧姫路市大塩天満宮中之丁、現小野市葉多町所有綱水引幕(月刊「祭」2019.10月13号)

  • 212.尼崎の「虎」だんじり(月刊「祭」2019.10月11号)

    ●尼崎のだんじり文化貴布禰神社(祭礼日8月2日と3日.アクセス)尼崎もまた、知る人ぞ知るだんじり文化の地域です。その代表格は迫力満点の山合わせ。既出の動画ですがリンクを貼りました。現在は、尼崎のだんじりは観光の目玉として扱われていて、下の大きな観光促進の垂れ幕にもだんじりがとりあげられていました。昼間の曳行でゆっくり彫刻などを堪能し、夜の山合わせを楽しむと、尼崎のだんじり文化の一端に触れられるかもしれません。●猛虎の勝利、ひたすら願うしかし、ひっそりと猛虎の勝利を願うためだけに作られたであろうだんじりも!?ずっと下にスクロールしてください。↑とある飲食店の前に飾ってありました。よく見ると大阪名物のビリケンにタイガーマスクをかぶせてあります。だんじり文化が強く根付いている地に、関西一の人気球団が根付くと、こ...212.尼崎の「虎」だんじり(月刊「祭」2019.10月11号)

  • 211.播州西部のだんじり、形態変化の早技(月刊「祭」2019.10月10号)

    ●播州のだんじり-奉納芸用舞台装置としとのだんじり-だんじりと言えば、岸和田のだんじりや昨今では大阪や東灘、奈良、河内などのものが知られるようになりました。播州は屋台の地域というイメージがありますが、播州のだんじりも必ずしも目立っているとは言えませんが、祭文化にはなくてはならないものになっています。例えば姫路市の魚吹八幡神社では、興濱というだんじりを出す地域が筆頭氏子になっています。新在家、余子浜というだんじりを出す地域も氏子内でも立場が強く、この三村が神輿を担ぐことになっています。↑魚吹八幡神社の御旅所で神輿を待つだんじり↑だんじりを持つ興濱が担ぐ神輿これらのだんじりは、岸和田などにみられるようにひいて楽しむだけでなく、その舞台を使って芸を神に奉納することに重きが置かれていると言えます。その中で、見事な変...211.播州西部のだんじり、形態変化の早技(月刊「祭」2019.10月10号)

  • 215.小野市久保木町住吉神社秋祭概要(月刊「祭」2019.10月14号)

    ●「播州祭り行脚」で知った祭と屋台管理人は小野市久保木町住吉神社の屋台と祭を、「播州祭り行脚」で知りました。このサイトの功績については後に書きます。管理人は縁あって、この祭に関わる機会を賜りました。今回は久保木屋台をふくむ、住吉神社の祭の概要を紹介します。●住吉神社概要と祭礼日所在地(兵庫県小野市久保木町978)祭礼日(十月最終土日)氏子は現在の久保木町(旧久保木村)全域に加え、加東市の古瀬と出水にも何件かずつあるそうです。現在の本殿は棟札により享保三年(1718)により造営されたことが知られており(小野市史編纂専門委員会『小野市史別巻』(小野市)平成8年)、また、菅田の住吉神を勧請したことによって創始されたとも伝わっています。祭のために久保木の中を東から春井、東、宮ノ下上、宮ノ下下、西の五組の日参講と呼ばれる...215.小野市久保木町住吉神社秋祭概要(月刊「祭」2019.10月14号)

  • 210.奉祝令和-即位礼に合わせた三木の祭-(月刊「祭」2019.10月9号)

    10月22日の令和天皇即位式典にあわせた、お祝いの祭礼が三木市内では各地で行われました。今回はその祭りを通して、分かったことをレポートします。●三木市内の祝典概要各神社の屋台の動きは下のようなものでした。大宮八幡宮・明石町宮入、滑原屋台との練り合わせ・新町大宮八幡宮石段下まで巡行、差し上げ。滑原屋台と合流して写真撮影・末広、下町、栄町、高木大宮八幡宮石段下まで巡行、四台一斉差し上げ。旧三木鉄道三木駅前で練り合わせ・大村屋台巡行。獅子舞用の面などをイオンで展示、獅子舞披露。・平田出したか出していないかを把握していません。・城山屋台飾り付け、展示。岩壺神社何台かが氏地巡航したと聞きましたが、正確には把握していません。・滑原新町と合流写真撮影。大宮八幡宮参道側まで巡行。明石町屋台と練り合わせ、写真撮影。別所地区...210.奉祝令和-即位礼に合わせた三木の祭-(月刊「祭」2019.10月9号)

  • 209.丁(よろ)新調しても別格(月刊「祭」2019.10月8号)

    編集「前」記「丁(よろ)や!」管理人は名屋台があると思われる方へ全速力で走りました。しかし、おっさんの全速力、足はもたもた、ろくにあがっていません。ドッターン!見事に少しめくれあがったアスファルトにつまずき、両膝をすりむきました。「屋台見たさに走ってこける」見ようとした屋台は丁(よろ)。その練り上手に魅了されるのは管理人だけではありません。場合によっては、歓声のみならず笑い声が聞こえてきます。小説家の村上龍は、「若き日のフランス代表のサッカー選手ジダンのプレーは凄すぎて観客が笑う」といったようなことを書いていましたが、それと同じ現象が丁(よろ)にはおきます。そんな丁(よろ)は別格だということで、月刊「祭」創刊号の記事として書きました。今回はなぜあのような見事な練りができるのかにほんの少しだけ触れてみたいと思い...209.丁(よろ)新調しても別格(月刊「祭」2019.10月8号)

  • 208.教育の政(まつりごと)-神戸方式を悪者にしても意味なし-(月刊「祭」2019.10月特別号2)

    ●神戸方式=悪??昨今話題になっている神戸市内の教員の教員による虐待問題はいまだに解決していません。その中で槍玉に上がっているのが、「神戸方式」と呼ばれる教員分配方式です。私が見た限りでは、下のような流れでした。①各教員は移動希望のアンケートを書く。②それを元に各校校長先生がどの学校にどの先生を配置するかを仮決めする。③仮決めの段階で移動がありそうな教員に、現在の勤務先の校長先生が打診して承認を得る。④移動先の校長先生か教頭先生が電話や直接くるなどして話す機会を持つ。上を見ると、システムとしては「一応」民主的だし、100を超える学校がある自治体では、直接先生方を見ている校長先生が人事に関わるのは、現実的であると思われます。改善点として挙げるならば、校長先生から人事権をとりあげるのではなく、先生方に物言う権利...208.教育の政(まつりごと)-神戸方式を悪者にしても意味なし-(月刊「祭」2019.10月特別号2)

  • 207.獅子の四肢(月刊「祭」2019.10月7号)

    獅子舞獅子舞はまさしく獅子が舞う様子を人間が演ずる芸能です。獅子の顔は、もちろん面で表し、実は布には尾もついているのがほとんどです。自由自在に動く獅子の顔・面は時に舞手の手でもたれたり、時に被られたりします。このようにして、獅子の頭部や尾を表しますが、獅子の四肢、つまり前足、後ろ足はどのようにして表されるのでしょうか。姫路市英賀神社の英賀西の獅子舞で見ていきます。●一般的?2人でまずは、よく知られている2人で前後に並び一頭の獅子を表現する方法です。前の人が手で面を操ります。前の人の足が前足、後ろの人の足が後ろ足となります。面は前の人が手で持ち、口を開け閉めしたり、前後上下左右に獅子の頭を激しく動くしたりでき、アクロバティックな動きが可能になります。●一人で下の画像を見ると舞台に2人いますが、後ろの人...207.獅子の四肢(月刊「祭」2019.10月7号)

  • 206.若い人が動かすタイコ(月刊「祭」2019.10月6号)

    ●若いモンにまかせとったらええよく聞く言葉に、「若いモンにまかせとったらええ」という類の言葉があります。とはいうものの、管理人のようなおっさんも内心「まだまだいける」とか「若いモンには負けへん」とついつい思ってしまうものです。しかししかし。やっぱりよる年波には勝てないという現実を今年は感じることになった祭でした。若い人はこうなる前にくいのない祭をする戒め?として、若くない人は怪我の防止のため?に読んでください。●石段今年は台風の影響で三木市の大宮八幡宮も、宮入りは一日だけでした。その鬱憤を晴らすが如く、石段は元気よく上り、元気よくおりることができました。管理人はほぼ担ぐこともなく、ゆらゆらと揺れる屋台とともに石段を上り下りする時間となりました。とはいうものの、元気に担ぐ力もちの担ぎ手や、石段をずり落ちな...206.若い人が動かすタイコ(月刊「祭」2019.10月6号)

  • 205.浜の宮天満宮思いやり太鼓(月刊「祭」2019.10月6号)

    ●屋台の空中浮遊!?-姫路名物台場差し-濱の宮天満宮(アクセス、祭礼日10月8.9日)周りから見ると一見、屋台が宙に浮いているように見えます。しかし、実は練り子が泥台を差し上げているのです。これが、姫路名物というか市の指定民俗文化財となっている台場差しです。↑須賀屋台の台場差し(映像へ)205.浜の宮天満宮思いやり太鼓(月刊「祭」2019.10月6号)

  • 200.うっとこが一番(月刊「祭」2019.10月.1号)

    ●とうとう200本目。。月刊「祭」もとうとう200本目を数えました。100本目は気合を入れたくてまだ書いていませんが、零(れい)巻をふくめると、200本はあることになります。この記念号を警報で屋台は出さなくなるかもしれませんが、一応「祭」の前日に書きます。●「祭」一文字が表すもの高校の古文では「祭」と書くと「葵祭」を表すと管理人は習いました。しかし、管理人にとって「祭」というのは、三木市大宮八幡宮秋季例大祭を意味します。それは、管理人にとって一番大きな意味を持つ祭だからです。そして、読者の皆さんの多くにも、「祭」の一文字で思い浮かべる一番大切な祭があることでしょう。管理人は祭を調べたり、考えたりする上での最も大きなアドバンテージは、「祭」の一文字で思い浮かべる祭が自分にあること、自分が最も大切にしている祭があ...200.うっとこが一番(月刊「祭」2019.10月.1号)

  • 204.学校運営という政(まつりごと)(月刊「祭」2019.10.特別号)

    某小学校の教員同士の虐待事件この時期にこれを書けば、どの事件かは特定できると思います。加害者の四人の教師は優秀で、クラスなどをしっかりと立て直した教員だったということです。この事件をうけて、「いじめをするような教師が、優秀な教師であることが信じられない」ということをよく聞きます。しかし、加害者の四人は揃いも揃って優秀な教員で、クラスの立て直しなど実績もあるようです。管理人も少し前まで同じ職業にいましたが、やはり「いい人」だけでは、この職業は難しいことも実感しました。そして、管理人には足りなかった「努力、情熱、才能」によってどのような能力が必要となるのかをを考えると、虐待事件の加害者が優秀な教員でもあった理由がわかります。●学級(校)運営という政(まつりごと)先生方が学校や学級を運営する際に、必要な第...204.学校運営という政(まつりごと)(月刊「祭」2019.10.特別号)

  • 203.一台練り地域の祭一日目の朝(月刊「祭」2019.10月3号)

    ●胸が高鳴る一日目三木市内や播州、大阪、四国などの多くの屋台やだんじりが出される祭は、多くが二日間の祭りになっています。夜宮・昼宮と呼んだり、宵宮・本宮と呼んだらしています。この日を楽しみに一年を過ごし、祭を迎える日の朝は、わくわく胸が高鳴ったり、眠れなかったりして朝を迎えます。朝六時から太鼓が鳴るというのが、管理人在住の三木市大宮八幡宮明石町の祭の音風景となっています。ですが、祭の風景も、同じ三木市内でもかなり違うものになっています。特に、一つの神社に一つの屋台が宮入りする地域では、人数などの制限などによる苦労が見られました。今回は三木市別所町八雲神社と、同じく別所町熊野神社の朝の様子を見ました。●八雲神社(アクセス、祭礼日10月第1土曜とその翌日)朝八時頃、自転車で訪れた時は花尻屋台の蔵は空いていま...203.一台練り地域の祭一日目の朝(月刊「祭」2019.10月3号)

  • 202.池や川にドボン(月刊「祭」2019.10月2号)

    ●加古郡稲美町天満神社の神輿投げ入れ(アクセス、祭礼日体育の日前日の土日)いくつかの屋台が担がれますが、神輿の行事もまた人々の目をひく特徴となっています。管理人の祭礼日が同じなので、自前の写真はありません(ToT)このまつりのユーチューブ映像の一覧をリンクしました。地下足袋(左側が天満神社の神輿行幸で使われるもの。右側は管理人のもの)を見ると、色は同じですが、左側は農業用のものになっています。池の中で担ぐことをみこして、田んぼではくものを使っているのかもしれません。●神輿を投げ入れる習俗実は神輿を投げ入れる習俗は播州においても、他地域で存在したそうです。それが小野市久保木町住吉神社(祭礼日10月最後の土日、アクセス)です。最近は屋台や神輿を修復するなど、歴史などを学びつつ祭文化を残そうとする動きが活発になって...202.池や川にドボン(月刊「祭」2019.10月2号)

カテゴリー一覧
商用