searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

tn198403s kameさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
tn198403s 高校時代blog
ブログURL
https://tn198403s.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
「人生に無意味な時間は無い。ただ、その時間の意味を感じることなく生きているだけである。」の言葉を胸に、1984年3月に卒業した高校時代をもう一度見つめ直します。
更新頻度(1年)

108回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/08/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tn198403s kameさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tn198403s kameさん
ブログタイトル
tn198403s 高校時代blog
更新頻度
108回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
tn198403s 高校時代blog

tn198403s kameさんの新着記事

1件〜30件

  • tn31.「へ」の字掃討作戦

    (一号作戦) 「ひたすらに我慢する」作戦は、はなっから失敗だった。食事中に起きたくしゃみの衝動はそう簡単に我慢できるものではない。口中でご飯とおじゃこと歯が格闘している最中、どんな作戦を立てるべきだったろうか。 口の中の物を噴き出すわけにはいかない。そう思って強引に口を閉じたものの、くしゃみで出される空気の勢いは風速100m程もある。台風なら家も吹き飛ぶ勢いだが、鼻腔の空気量で家を吹き飛ばすことは無い。それでも、ご飯粒とおじゃこくらいは吹き飛ぶわけで、それらは口を閉ざされたゆえに一斉に鼻から外に出ようとした。 被害を最小限にするべく顎を引いていたのが良かったのか、鼻からは何も飛び出しはしなかっ…

  • 近況4.自宅の緩和ケア「でも」できたこと

    前回の記事で「近況3. 自宅での緩和ケア「だから」できたこと 」を書きました。今回は自宅での緩和ケア「でも」できたことを書いておきます。 本音を言えば、自宅で最期を迎えたいとするツレ父とツレの願いはかなり難しいと思っていました。介護が可能な住居、日常に介護ができる人、自宅でも必要な医療が受けられる体制等々、それらが整わなければ無理に思えました。 それが難しいからこそ、日本で半数ほどの人が自宅での最期を望む一方で、8割以上の人が病院で最期を迎えているのだと思います。 検討のきっかけ 希望が見えたのは、ツレ父に軽い脳梗塞が起きた時に訪れた病院でした。案内に「訪問看護」との字を見つけました。もしかし…

  • 近況3. 自宅での緩和ケア「だから」できたこと

    ツレ父が亡くなって今日で6日。まだ、喪失感は大きいのですが、ひとまず、病院ではなく自宅で最期を迎えたいというツレ父とツレの思いを果たせて良かったと思うことにしました。 最期をどこで迎えるのが良いかについては、個々の状況で変わるので、これがベストだとはなかなか言えません。それでも、自宅を選んで良かったと思ったことを書いてみます。 自宅でのケア「だから」できたこと ツレ父の退院後、自宅で少しでもいい体験をさせてあげたいと、ツレとケアマネ(ケアマネージャー)さんとも相談して、用意した方が良いと思う物もの等揃えることにしました。 自宅でのケア「だから」できたこと ベッドから離れての生活 食卓を囲んで食…

  • 近況2.病院での緩和ケアと自宅での緩和ケア

    前回、私がツレ(連れ合い)のお父さん(以下、ツレ父)の自宅に介護に入っている近況を書きました。 ツレ父が自宅を選んだ理由 私の母が入院しか選べなかった理由 どちらが良いかで比べない ツレ父が自宅を選んだ理由 ツレ父のがんが見つかった時点で既にステージ4。治療による完治は難しい上、身体や認知機能の衰弱も進んでいたので、無理に治療をすれば、逆にツレ父らしく生きられる時間が削られる可能性が大きいとの話でした。それも大きな理由ですが、ツレ父が自宅でのケアを希望したのには、それ以外にも理由がありました。 私がツレと付き合い始める前の話です。 ツレのお母さんもがんを患い、入院して抗がん剤によるがん治療を行…

  • 近況1.更新が滞っていることについて

    仕上げられないまま、下書きの記事がどんどん増えています。ブログに飽きたとか、書くネタが尽きたとかそんな話ではありません。更新の無いことを気にしてくれている方がいましたら、安心してください。 実は、8月下旬から連れ合いのお父さん(以下、ツレ父さん)の介護に助っ人として、ほぼ毎日入っています。自宅での介護なので、食事作りや、お気に入りのビデオ再生、酸素吸入の管の点検、体位変換、時折に話し相手になる等しています。介護に行き始めた頃であれば、私の下手な料理もおいしいと食べてくれていたのですが、段々と食が細り、最近はゼリー状の食事を摂るのも難しくなってきています。 私がツレ父さんの日常の食事を作ることも…

  • tn30.夏過ぎてなお暑すぎて、処暑の字が猛暑に見えり、暑さに飽き秋

    立秋も残り二日で次は処暑。つまりは秋の第2ステージ。 二十四節気で言えば、8月23日から処暑です。処暑は立秋に続いて秋の第2ステージ。なのに今が立秋とも思えない暑さ。 「しょ、しょ、しょうなのか?」 凍りつきそうなダジャレを言っても、全然涼しくもなりません。 小さい秋とまでは言いません。せめて夏の終わりが近づいていると感じられることは無いかと探してみました。 来ぬ秋を諦めもせず探せども、ため息ばかりつくつく法師。 そういえば、例年なら既に聞こえてくるつくつく法師の声をまだ聞いていない気がします。ため息が出そうです。 そうでなくても、夕方になれば涼しさを感じ、早朝ならTシャツ一枚だと肌寒さを感じ…

  • 自転車で知らない道を適当に走った結果

    一人、自転車で知らない道を走ったことはありますか? 高校からの帰り道、遠回りを承知で、川の土手道を上流に向かいます。そのまま行けば県道に合流し国道に戻れることも知っていました。知ってる道ではつまらないと思い、途中で土手を下り、右に折れる道に入りました。 方向感覚に自負のあった私は、方角の見当をつけ、このまま進めば、県道のあの当たりに突き当たるだろうなと予想しながら進みます。「すべての道はどこかに通じるか行き止まり。何かあったら引き返せばいい。」そんな感じで呑気にいました。 車一台と難なくすれ違えられそうだった道幅が、いつの間にか車一台ぎりぎり通れるくらいの幅になり、ある家を過ぎるとセメント舗装…

  • tn29.75回目の終戦記念日、平和と沈黙(後編)受け継ぐということ

    この記事は「tn28.8月6日のこと、平和と沈黙(前編)知るということ」の続きです。 受け継ぐということ 広島でダイ・インをしてからもう25年。今年、戦後75年を迎えました。 この間に、世も人もずいぶん変わりました。 語り継げる人と、受け継ぐ人 総務省の人口統計で、「戦後生まれ」は2018年に総人口の83.6%(約1.1億人)を超えたそうです。第二次世界大戦を体験している人は16.4%(約2000万人)となります。 厚生労働省の統計では、全国の被爆者は2020年3月末の時点で13万6682人となり、 被爆者の平均年齢は83.31歳だそうです。 旧日本軍は、20歳から徴兵検査を経て召集されました…

  • tn28.8月6日のこと、平和と沈黙(前編)知るということ

    本当は8月6日に仕上げたかった記事ですが、書き進める内に内容が多岐にわたってしまい、とても長くなってきたので前編・後編に分けることにしました。 知るということ 8月6日は何の日? 初めての広島 私と戦争 広島と核兵器 平和と沈黙 何度目かの広島で 沈黙する意味、沈黙を破る意味 <余談1 他にもある8月6日は何の日?> <余談2.ダイ・イン> 知るということ 8月6日は何の日? 8月6日は「ハンサムの日」らしいです。2008年公開の映画『ハンサム★スーツ』の宣伝をかねて制定したそうです。映画公開終了後も、時折ネットなどで「ハンサムの日」が話題にされているのを見かけます。でも、8月6日を何だか軽く…

  • 音楽19.謎に満ちた魅力『チャコの海岸物語』(サザンオールスターズ)

    『チャコの海岸物語』はリリース日が 1982年1月21日と冬ですが、舞台は夏の湘南ですから、夏歌だと思います。実は、なかなか好きになれなかったと言うより、しばらくの間嫌いにはなれず気になり続けたという感じの歌でした。 印象的な出だしと軽さ イントロがカモメ?ウミネコ?の声と波の音から始まり、演奏が入って最初の歌詞 「抱きしめたい~」と一声を放った後、 (この歌は)「海岸で若い二人が恋をする物語」だと言うのです。 そして「目を閉じて胸を開いて ハダカで踊るジルバ」と刺激的な言葉が続きます。 この展開の早さにまず驚きました。「抱きしめたい」と自覚すると、さっそく恋を宣言し、もうハダカで踊っているの…

  • 「暑中お見まい申し上げます」迷路

    スタートからゴールまでたどってください。 黒の線が壁です。壁の無い色の変わり目は通ることができます。 色つきバージョン ただ、色の境の壁がわかりにくいので、白黒バージョンも用意しました。 白黒バージョン 元の画像が縮小表示されるようで、見づらいかと思いますが、 是非チャレンジしてみてください。 答えはこちら 長かった梅雨も明けて、いよいよ夏到来!と謳歌したいところですが、 コロナは収まりを見せず、まだまだ我慢の季節が続いています。 暑い中でもマスク着用が求められ、熱中症の危険も高まっています。 いつにもまして水分補給、室温管理、換気など、くれぐれもお気を付け下さい。 -------------…

  • ワンポイントロゴだけの白Tシャツと大きなクジラ

    白のTシャツが当たり前だった 高校時代のTシャツは、白のTシャツしか憶えていません。胸にメーカーのロゴを小さく刺繍したワンポイント。アディダス(adidas)、アシックス(ASICS)、プーマ(puma)ナイキ(NIKE)等だったかな。刺繍の色は黒、赤、紺だったでしょうか。緑や黄色もあったかも。 ワンポイントのロゴがあるだけの白Tシャツ 白のTシャツが当たり前だった 白いTシャツの呪縛が解ける 自分好みのデザインで選んだTシャツ 最近のTシャツ選び adidas の赤い刺繍があったのは憶えています。変な話で、赤のワンポイントというだけなのにお気に入りでした。靴下も白でワンポイントまで等の校則も…

  • 授業17.たまたまの「十六夜日記」と「蜻蛉日記」の話だけれど

    高3の時のクラス担任は古文の先生でした。 古文の授業のこと 十六夜(いざよい) 蜻蛉(かげろう) 古文への興味 百人一首 古文を使ってみた それだけの話 古文の授業のこと 正直、古文は英語の次に苦手で、学習にもかなり苦労していました。でも、苦手でも嫌いでは無いと思うようになったきっかけがあります。授業中、「古文の中には、どんな日記がありますか?」といった質問でした。 確か、授業自体が早く終って、終了の合図を待つ隙間時間。席の順に答えを聞いていたように思います。 私は一巡目に(多分)「十六夜(いざよい)日記」と答えました。程なくクラスでは知っているのが出尽くしたようで次々に「知りません」「わかり…

  • 音楽18.勇気って何?『不良少女白書』(榊原まさとし)と『2年B組仙八先生』

    前回「音楽17.『萌ゆる想い』(さとう宗幸)と『2年B組仙八先生』」の記事を仕上げた後で、(やっぱり『仙八先生』の挿入歌『不良少女白書』にも触れておきたいな)と思いました。きっと『萌ゆる想い』より、たくさん口ずさんできた私ですから。 『2年B組仙八先生』全45話の中に「不良少女白書」のタイトルが3回あります。そこに、歌『不良少女白書』(歌:榊原まさとし(ダ・カーポ)、作詞作曲:さだまさし)が挿入されていたのです。 頼りない記憶 歌詞について 勇気って何? 「自分に正直に、風に逆らって」生きること 勇気の形はきっと人それぞれ わからないということ 頼りない記憶 ただ、その回がどんなストーリーだっ…

  • 音楽17.『萌ゆる想い』(さとう宗幸)と『2年B組仙八先生』

    『3年B組金八先生』シリーズが有名ですが、その姉妹シリーズの一つに『2年B組仙八先生』(1981.4.17 - 1982.3.26 放送)がありました。長髪より口ひげの印象が強い仙八先生。金八先生とは別タイプの優しさと強さがあるのが魅力に思えて、高校1年の時、毎週観ていました。 シブがき隊(本木雅弘、薬丸裕英、布川敏和:なお、一時は「仙八トリオ」とも言われていたようです)、三田寛子のデビュー作品でもありました。 その主題歌が、仙八先生を演じたさとう宗幸による『萌ゆる想い』でした。 ゆるやかな坂道を のぼりつめたこの広場で人の波にもまれながら はじめて君を識(し)った 有名な『青葉城恋唄』を先に…

  • この半年の記事、お気に入り3つとアクセス数 best10

    今週のお題「2020年上半期」 前回はアクセス数でしたが、今回は記事を振り返ってみます。対象は2020年1月1日~2020年6月30日までに書いた50記事と、その間にアクセスの多かった記事です。 私のお気に入り記事3選 1.「映画14.祖父母が亡くなったのに涙が出ない私と『東京物語』」 2.「授業16.『こころ』(夏目漱石)は鉛のような話」 3.「高校時代、うどん屋さんと言えばここでした。」 半年間でたくさん読まれた記事 第5位 「tn10.「人間は考える葦である」(パスカル)を考える」 第4位 「遊び12.正直地蔵とうそつき地蔵」 第3位 「空の写真(2)不思議な彩雲と雲の謎めく動き」 第2…

  • 映画19.『ポルターガイスト』は製作者作品か?

    『ポルターガイスト』は1982年7月26日に映画館で観た作品です。 映画のチラシには 『ジョーズ』『未知との遭遇』『レイダース』のスピルバーグが放つサイエンス・ホラーの最新作! と謳われています。 『ポルターガイスト』チラシのイラスト また、 製作・原作・脚本 スティーブン・スピルバーグ と紹介する文字は、「監督トビー・フーパー」よりも一回り大きいです。 スピルバーグ感が満載 監督はともかく、作品に大きくスピルバーグが関わっていることを強調していました。実際のところ、スピルバーグ感が満載の映画です。 思わぬところから事件(ポルターガイスト現象)に巻き込まれ、家族が危機に遭い、親が子どもを助けよ…

  • 「2x2はクロスしてない」から最少は3x3という意見

    前回、世界最小のクロスワードということで、2x2マスの作品を紹介しました。 しかし、「2x2もクロス(交差、十字)してないから、正確にはクロスワードと言えない」との意見もあります。その考えに従うなら、3x3が十字形もある最小のクロスワードとも言えるでしょう。 と言うわけで、今回は3x3のクロスワードです。 3x3クロスワード ヒントが3つ アルファベットの略字で 使う文字が3つ おまけの問題 全部で9文字なので、頭の中だけで解くには苦労するかも知れませんが、是非チャレンジしてみてください。 ただ、ヒントも前回より難易度が上がっていると思います。なお、今回は2a、2b、2c、2dそれぞれに答えが…

  • 世界最小のクロスワード作ってみました

    これまでにパズルの定番、クロスワードについての記事がないですね。 イメージ的には「パズルと言えば何パズル?」というアンケートがあったら、第1位がジグソーパズルで、第2位がクロスワードじゃないかと思います。3位以降から10位までは何だろう?時代の変遷でいろいろありそうです。1980年代初頭なら、ルービックキューブが入りそうですし、1990年初頭ならテトリスが入っていても不思議ではありません。 あ、でもジグソーパズルの記事もまだでした。それはまた別の機会に書きます。 世界最小2×2のクロスワード ヒントになる言葉が3つずつ スリーヒント問題 ヒントが一般的な言葉や説明文 一般的な問題 ヒントが英単…

  • 「年間アクセス数の倍増」と「100記事投稿」計画進行中

    2020年の目標に掲げたのが、「年間アクセス数の倍増」と「100記事投稿」でした。 当初、2019年に引き続きマイペースで「100記事投稿」を目指すことにしたのですが、 余りに進歩がないと思い直し、ちょっと自分を追い込んでみようと勢いづいて翌日に「年間アクセス数倍増」の目標を追加したのでした。 以下、その部分を引用すると ってことで、はい。 「年間アクセス数の倍増」を目指します! なんか、こう書くと、かなりでっかい夢のようですが、2019年の年間アクセスはわずか3200程度でしたから、2020年は6400です。別の表現にすれば、 「目標:累計アクセス数、10000突破」 となりますから、ほんと…

  • 紙コップ式コーヒー自販機と、にゅるにゅるうどん

    冬の部活終了後、高校近くの本屋に寄ることになった。自転車で3~4人一緒に出かけた。その帰り、街の中で温かいコーヒーの自販機を見つけた。紙コップが出てきてコーヒーを入れるタイプ。はっきりとした値段は憶えてないが、自販機の100円缶コーヒーより安かったので、これにしようとなった。 ところがこの自販機、紙コップが出てこないまま、コーヒーを注ぎ始めたのだ。 仲間はまだ冷静だった。 「たまたま、運悪くカップが出てこなかっただけじゃないか?」 「紙コップが無くなっていたら、売り切れランプがつくはずだ。」 など話して、とりあえずもう一回、お金を入れてボタンを押す。 またも、紙コップは出てこないまま、コーヒー…

  • 自家製ハンバーグのレシピ ニンジンは必須?

    「ハンバーグ作るから手伝って。」と母から声がかかる。 小学5年頃からの定番の手伝いは、高校生になっても続いていた。 母の言うには、私に手伝ってもらわないと、いつもの味にならないとのこと。 手伝いは、決まってニンジンをすりおろすことから始まる。 ハンバーグにニンジンのすりおろし ニンジンを使わないのが王道 母の策略 好き嫌いの多くは偏見 いろんな食べ方 ニンジンはハンバーグに入れず、付け合わせに ハンバーグにニンジンのすりおろし 「ハンバーグにニンジンのすりおろし?」多くの人が疑問に思うだろう。 でも、私は20歳の時に気づくまで、必須と信じて疑わなかった。9年間、家でハンバーグを作る度にすりおろ…

  • カークーラーをつけたら、すぐ涼しくなる?

    免許取り立て、車買い立ての兄とドライブに行った時のこと。 私が高校2年の夏前だったと思う。 駐車場に車を止めて、しばらく散策していたが、だんだん暑くなってきたので、近くの喫茶店にでも行こうかと車に戻る。 しかし、車のドアを開けると熱気が襲ってきた。日当たりのいい駐車場だったから無理もない。ちょっと中に入りたくないな、と思ったが、兄は「クーラーつけるから大丈夫、すぐ涼しくなる。」と平然と言う。 車種はミラージュ。 当時の車は、まだカークーラーが標準装備ではなかった。 それをオプションで装備していたのだ。兄としては自慢の車だったはず。 日当たりのいい駐車場のミラージュ 兄の言葉を信じて、助手席に座…

  • 仕事と子育て(3)買い物カートではしゃぎ過ぎる子を見て

    「仕事と子育てが縒(よ)り合わさって私がある(2)」の「母の職場に行くことは度々あった」の続きです。 母の職場に行くことは度々あった 職場の人から教わったこと 板ガラスを切るのを見る 板ガラスを切る さしを使ってマジックで線を引く 母の職場とのつながり 子どもが仕事や職場を知ること 公共の場ではしゃぎすぎる子どもを見て 安全確保 仕事と子育て 母の職場に行くことは度々あった 職場の人から教わったこと 板ガラスを切るのを見る 小学2年では長さの勉強があり、物差しの使い方や、cm、mmの単位を習います。それほど難しくはなく、線を引くプリントやテストでは、少しぐらいのズレなら許されていました。「1m…

  • 仕事と子育てが縒(よ)り合わさって私がある(2)

    「仕事と子育てが縒(よ)り合わさって私がある(1)」の「内職をしながら遊ぶ」の続きです。 ベルトの穴でできた丸くずで遊ぶ 造花作り 学研の月刊誌『科学』と母の手 母の職場に行くことは度々あった 鍵っ子になるのは回避 母の職場 工場の中を歩きたい <余談 『1年のかがく』の『インセクトマン』> ベルトの穴でできた丸くずで遊ぶ ベルトの穴開けと金具つけの内職では手伝いになりませんでした。 合皮にパンチを使って穴を開ける方法を母に言われてやってみたのですが、印通りにパンチを合わせることはできても、パンチのハンドルが固くて握り締められず、穴は開けられません。 ベルトの金具つけにも挑戦しましたが、カチッ…

  • 仕事と子育てが縒(よ)り合わさって私がある(1)

    思いつくままに「仕事」と「子育て」の関係性を考えてみました。 今の私は、親の仕事からいろんな影響を受けていると思っています。仕事と子育て二つが私を支えていとというより、二つが縒(よ)り合わさって糸となり、布となり今の私を覆ってくれている感じです。それを記事にしてみたいと思います。 母の「仕事と子育て」 「女って損やね。」 子どもも仕事をしていた時代があった 女性はいつの時代でも「仕事も子育ても」だった 母が内職する隣で宿題をする 内職をしながら遊ぶ シャツを表に返す <余談 「学校教育法施行令」と農繁期> 母の「仕事と子育て」 「女って損やね。」 私が5歳か6歳の記憶です。 その時通っていた住…

  • LSSさんの落ち物パズルゲーム(2)

    美しいデザインに魅せられて LSSさんのブログで落ち物パズル制作の記事が新しくなりました。 little-strange.hatenablog.com これで3回目の更新です。ゲームプレイする上で前回と大きく変わったのは3点。 画面上部に「NEXT」として、「次のコマ」を予告表示 「強制停止」をやめて「一時停止」再開可能 操作部に「↓落とす」を追加 1.はゲーム戦略上、とても重要。予告を見て、今落ちているコマの配置を有利に変えられます。 2.は、一時停止して熟考に入ることも可能ですが、個人的にはゲーム中の画面保存が可能になったことが大きいです。 3.は、序盤、コマの配置場所を決めた後、下に落ち…

  • tn27.アイスクリームの革命を味わう

    「雪見だいふく」登場! 新商品名を知ったとき「この商品は絶対失敗するだろうな」と思ったのが、1981年10月に発売されたLOTTEの「雪見だいふく」です。 謎と不思議 まずは、「雪見」。雪は冬に見るものです。何故、寒い冬に冷たいアイスクリームが売れると考えたのだろうと謎でした。 そして、「だいふく」。冷えると固くなる生地で冷たいアイスを包んでどうするんだろうと不思議でした。 「雪見だいふく」登場! 謎と不思議 アイスの革命の旗手 当時のアイスを売る側の事情 冬にアイスが売られていなかった時代 冬のアイスはあり得ない 当時のアイスを食べる側の事情 アイスは生ものより傷みやすかった すぐ溶けたアイ…

  • LLSさんの落ち物パズルゲームで遊んでみました

    LLSさんのブログ「 Little Strange Software 」で落ち物パズル制作の記事が書かれています。 little-strange.hatenablog.com このなかで「こんな感じ」として制作途中の落ち物パズルが遊べます。 特徴は以下のようなもの。 枠の縦はコマ11個分、横が7個分。 コマは1個ずつ落ちてきます。色は9色。 落下中のコマは左右に動かせませす。 シンプルながら、絶妙な設定になっていると思いました。 爆発的に流行したテトリスと似たイメージですが、制作途中なので、今は積んだコマを消す方法はありません。これからルールを決めるとのことです。 でも、それゆえの面白さがあり…

  • LLSさんの落ち物パズルゲームで遊んでみました

    LLSさんのブログ「 Little Strange Software 」で落ち物パズル制作の記事が書かれています。 little-strange.hatenablog.com このなかで「こんな感じ」として制作途中の落ち物パズルが遊べます。 特徴は以下のようなもの。 枠の縦はコマ11個分、横が7個分。 コマは1個ずつ落ちてきます。色は9色。 落下中のコマは左右に動かせませす。 シンプルながら、絶妙な設定になっていると思いました。 爆発的に流行したテトリスと似たイメージですが、制作途中なので、今は積んだコマを消す方法はありません。これからルールを決めるとのことです。 でも、それゆえの面白さがあり…

カテゴリー一覧
商用