プロフィールPROFILE

自作自由詩 石佳さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

私にあるのは 光と愛と僅かばかりの優しさで 私の世界も 光と愛と優しさでできています 私にできることは 私に見える世界をうたうこと ありのままで美しい 世界を見えたままにうたうこと 私は光と愛と僅かばかりの優しさで 光と愛と優しさの世界をうたいます その世界がどうかどうか 誰にとっても優しくありますように

ブログタイトル
自作自由詩 seKKa-PoeTry 
ブログURL
https://sekka.muragon.com/
ブログ紹介文
ユーチューブでも石佳というチャンネル名で自作の詩を朗読しています
更新頻度(1年)

85回 / 103日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2019/08/08

自作自由詩 石佳さんのプロフィール
読者になる

自作自由詩 石佳さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,302サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,908サイト
日常詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 225サイト
ファンタジー詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 49サイト
写真詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 362サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,302サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,908サイト
日常詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 225サイト
ファンタジー詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 49サイト
写真詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 362サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,302サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,908サイト
日常詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 225サイト
ファンタジー詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 49サイト
写真詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 362サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、自作自由詩 石佳さんの読者になりませんか?

ハンドル名
自作自由詩 石佳さん
ブログタイトル
自作自由詩 seKKa-PoeTry 
更新頻度
85回 / 103日(平均5.8回/週)
読者になる
自作自由詩 seKKa-PoeTry 

自作自由詩 石佳さんの新着記事

31件〜60件

  • そういうふうにできている

    黒い人影の中を私は泳ぐ 大きな小さな波のような人の身体 誰の顔も判別できない闇の中 昼の仮面を脱ぎ捨てた夜の人は みな同じ言葉を話し みな同じ本質を持っている 仮面の下にはみな同じ血が 生命の源に続く同じ川が流れている 同じ血がこんこんと湧き出て 私たちは実はみな同じ 実は...

  • いと

    運命の糸の運命の意図 終わりまでつづく すでに意図された糸の地図 誕生と同時にリールは巻かれる 意図された糸のかかるポイントに当たる 全ては糸の通り意図の通り 時折他の糸と交差し並行しもつれ リールの速度が変わりながらも進んでいく 何があってもあるべき姿 そうして糸は巻かれ...

  • 創られた女神

    目も口も とろけるように甘美な君は 創られた女神 創られた女神 キスは? だめ、口紅がとれるから 机に身体を預け 美しい曲線を見せてまどろむ君は 創られた女神? 創られた女神? ねぇ、触っても? だめ、そっと寝かせてよ 君の美しい顔を歪ませたくて 君の喜びそうなものを買った...

  • ピースアンドピース

    ピースピース 平和の欠片 誰かを愛す平和の欠片 誰かを憎む平和の欠片 ピースピース 平和の欠片を繋ぐ 繋いだカタチは争いになった 繋いだカタチは凶器になった ピースピース 美しい欠片 誰もが平和を愛し 誰もが平和を望み ピースピース 欠片は優しくつむがれた そして愛は愛とぶ...

  • ジャングル

    鉛色の重たい金属の地面から パイプがひょろひょろ生えている もやしみたいに細い茎と 太い葉っぱのパイプ ときどき蛍光灯の花が キラキラキラキラまたたいて まるでジャングルのように つるくさのように コードが垂れたりからまったり…… ジャングルを歩くように ざわざわざわざわ ...

  • 黒猫

    猫はいつものように窓を見上げた そよそよと風の入る高窓と、かろやかにはためき、影をつくるカーテンとを 猫は、しなやかな黒い身体で、カーテンの作る影を、ひらりしゃなりとゆらしてかわす 窓から注ぐおひさまの香りに、満足気に目を細め、のどを鳴らし、今日も自由と気ままに眠る 猫の自...

  • ひととき

    赤いポットがフツフツコトコト 赤い紅茶がチャプチャプじわじわ 白いミルクはカップにダイブ 赤と混ざってキレイな淡い褐色になる 午後の小さなひとときを 甘い紅茶に酔いしれる たった少しの美味しいお茶が ほっと一息つかせてくれる 甘く優しく幸せを運んでくれる こんなにも単純に幸...

  • 記憶

    うだるような暑さにうとうとうとうと 暑いけれどおひさまは心地よくて、ときおり吹く風が涼しくて、うとうと眠ってふっと目を開けた 目に飛び込む鮮やかすぎる緑色 キレイな空、赤いトマトと深い紫のナス 宝石みたいなかわいいトマトに手を伸ばす それに気づいた大きな手がトマトをもいだ ...

  • 日記

    その昔、私を癒やしてくれたのは白樺の絵 ピアノの置いてあった部屋にかけられていた 北海道かどこかの白樺の絵 眠れない夜に、一人静かに佇んで、 幼いながらに心を静めていた その昔、私を癒やしてくれたのは汽車の絵 帰り道の廃業したクリニック その窓から見えたトンネルを出る汽車の...

  • ねこちゃん

    あなたの毛色は甘い栗色ね でも、あなたの腕も足も首筋も全く白で、 どうして二つが共存しあえるのか…… 不思議な感じがするわ あなたの目は、若いオリーブのようよ でもやっぱり、まつ毛は白いの ときどき私と目を合わせ、 ときどき逸らすそのときに、 まつ毛の白さはよくわかる 触っ...

  • WAR

    WAR それは怪物 それは悪 それは血の色 それは優しさ それは善 それは愛の本質 愛しいもののために悪を殺し、 愛しいもののために血を流し、 愛しいもののために死ぬ 世界平和を歌うことは簡単だけど、 世界は愛では救われない 誰もが知りうる、誰もの虚言 子供のために子供を殺...

  • タイプタイプタイプ………

    誰も何か言っているようで言っていない 仮面を被ったままでモゴモゴと 責任は誰も取りたがらない まるで霧のように実態がない 聞きたくない文字の羅列が降り注ぐ 顔をあげてもそこには何もない 人なのか人でないのか 中傷も嘲笑も音のないリアル みな何か言っているようで言っていない ...

  • 私はここにいるようでいないのだ

    私はここにいるようでいないのだ 毎朝当たり前に起きて身支度を整える それももちろん私だが…… いつか砂漠を、荒野を旅したのも私だし いつか深海へ潜ったのも私だし いつか異国のゴールテープを切ったのも私だ だから私はここにいるようでいないのだ 私はここにいるようでいないのだ ...

  • カゥ

    私は私を買う 私は私を食べる ちぎって食べる 私は私を殺して また私になる 私の欠片たちが売られている 血となり肉となる私の欠片たち だから、私は私を買う  私は私を食べる ムシャムシャ食べる 私は私を殺して 私は私を溶かして 私は私になるの 私は私の手をちぎり足をちぎり ...

  • シュプレヒコール

    デモだデモだ、行進だ 今こそ果敢に足並み揃えて さあ声高にシュプレヒコール! 仲間はどんどん増えていく 不満が煮え立つ鍋のよう ぐつぐつぐつぐつシュプレヒコール! 我々はただ人並みに 生きて死にたいだけなのです 自然な叫びのシュプレヒコール! デモだデモだ、行進だ 警官隊も...

  • 君は嘘をつく キレイな瞳で嘘をつく 瞳を逸らさず嘘をつく 優しく笑って嘘をつく 自分のための嘘じゃない 目の前の誰かのための嘘 だから悪気なく何気なく ためらいもなく嘘をつく 君は今日も嘘をつく 自分のことすら欺いて 嘘でないような嘘をたくさん 誰かのために嘘をつく PS ...

  • 粒子(龍子)

    リュウは今日も飛んでいる 雲に紛れて遊んでいる 陽炎のようにゆらゆらゆらゆら 時折雲が、雲でない動きをする リュウは意外と晴れた空が好きだ 雨空を急流下りのように遊ぶのも楽しい ただ、雲間を8の字のようにくねるのも好き 時折小鳥が、ふざけて背中にとまるのも リュウは今日も飛...

  • 人狼

    人に扮した狼が 獲物をもとめて彷徨い歩く 今宵は暗く今宵は暗く 匂いを追って夜の街を…… 狼は誰だ?奴は一体、何者だ? 疑心暗鬼が街を覆う 罪もわからず誰かを裁く 狼は彷徨う、昼は心に、夜は街に 狼は誰だ?お前は本当にお前なのか? 誰かが創った狼が、昼夜を問わずに跋扈する ...

  • 風がどうしようもないことに苛立つように 無秩序に荒れ狂い、唸っている 何かを返せと叫んでいるようだ 気に入らない、気に入らないと 暴力的に薙いで、泣いている どこかわかってほしいのかもしれない 自分がここまで苛立つ理由や もう我慢の限界だということ 本当は怒りでなく痛みで泣...

  • 月夜

    あぁ、彼女にはかわいそうなことをした 誰かが大仰につぶやく あぁ、彼にはかわいそうなことをした! ふさわしいのは月の光にセレナーデ? 今宵は満月、今宵は宴 祝杯をあげろ、セレナーデ! いやいや、今宵はレクイエム 心は千切れ、想いは裂かれ あぁ、かわいそうなことをした! 睦ま...

  • ねことかみなり

    遠くかみなりが鳴っている 音も光も間隔も不規則に 夜闇の中で遠く遠く…… まるでねこのお腹の中みたいだ あの不規則な音はノドを鳴らす音 あの不規則な光は獲物を見つけた瞳 時折ねむりを妨げられながら ねこのように丸くなりながら 夢のように、うつらうつら PS 2019年、今年...

  • ことのは

    たくさんの言葉が降ってくる 色んなカタチをした 色んな人の色んな想いが…… 雑多なノイズのような雨音 一つ一つに意味はあるけれど 一つ一つに捉われてはいけない たくさんの言葉が消えていく 意味はきっとないのだ どうやら共通の言葉があって どうやらそれが通じるらしいから 何気...

  • 変化

    ※変化、まとめです 昔の自分のことですね、今、少しは変われてるといいなと思います

  • 変化5

    光を見ては違うと思う 脚光を浴びる人を見ては顔をしかめる   何かがおかしいと感じている 何もしないままに、ただ待つままに 理不尽や不公平を訴えていれば 正しさが立証できそうな気がしていた 批判や非難の言葉でもあれば 意見を持っているような気がしていた 変化を恐れながらも待...

  • 変化4

    ほんとはとても怖がりで たら、れば、ばかり、嘘ばかり ほんとは望んでないのでしょう? 手足のない石ころのふりをして どこへもいけないふりをして その実、どこにもいかないでいる 言い訳ばかり、ふりばかり 空虚な言葉でいいつのる

  • 変化3

    仕方のないふりばかりしている やってあげてるふりをしている ほんとはもっと違うのにと 自分にさえも言い訳をして 何も選ばずに来たふりをしている 責任のないふりをしている それでいて賢いふりをしている 間違いのないふりをしている 不動菩薩のように不動明王のように 一歩も動かず...

  • 変化2

    風も吹かない裏路地で 石ころのようにうずくまる こんなところでありながら 人目につくことを祈っている 声を張り上げ、存在を示すのは嫌だ ただ誰かが見つけてくれればいい 望む誰かが見つけてくればいい そして表まで引っ張ってくれたら

  • 変化1

    ただじっと待っていた 何かが起こるのを待っていた 何かが何かもわからないくせに 何かが起こればわかるふりをして ただじっと待っていた ただじっと待っているだけで 何かがもらえる気がして 何ももらえないことに苛立ちながら ただじっと待っていた 何かが起こるのを待っていた

  • キス

    甘えたキスに甘い恋 甘い唾液が流れ込む 二人の甘さは止めどなく 一瞬の蜜月が永遠の生命(いのち)を抱(いだ)く 言葉は何にもいらなくて 世界は二人で完結してるの…… あなたの手のひらが私のそれだし、 私の唇は、あなたの熱で溶けてしまった 私はあなたで、あなたは私なの 二人で...

  • どうして?

    どうしてかわいそうなんて言葉をかけるの?  魂は四次元のもので あの人は同じ時代に生まれ変わって 今この瞬間、同じ時間を、どこかで 同じくらいの歳で笑っているかもしれない この世界で生きていることが あちらでは死んでいることかもしれない 此岸と彼岸とを行き来して そのどちら...

カテゴリー一覧
商用