親権に離婚したい父親たちに告ぐ
住所
出身
ハンドル名
しぇす太さん
ブログタイトル
親権に離婚したい父親たちに告ぐ
ブログURL
https://www.siesta-nightmare.com/
ブログ紹介文
離婚したいけど親権は渡したくなくて踏み切れず立ち往生してる世の男性諸君に離婚する勇気と知恵を授けたい!子の連れ去りやDV冤罪で苦しまれてる方、でっちあげDVシェルター被害者、子供は大好きだけど嫁は大嫌いという父親達に届けたい!
自由文
-
更新頻度(1年)

57回 / 83日(平均4.8回/週)

ブログ村参加:2019/06/30

しぇす太さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,614サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 10 30 10 0 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,062サイト
夫婦問題・夫婦喧嘩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 106サイト
離婚相談 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 156サイト
離婚 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 516サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 47,469位 45,011位 45,149位 45,109位 54,322位 50,652位 44,844位 972,614サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 10 30 10 0 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
家族ブログ 591位 551位 559位 553位 688位 631位 539位 16,062サイト
夫婦問題・夫婦喧嘩 6位 5位 5位 5位 7位 6位 6位 106サイト
離婚相談 10位 11位 9位 9位 11位 10位 10位 156サイト
離婚 40位 37位 38位 39位 44位 41位 38位 516サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,614サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 10 30 10 0 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,062サイト
夫婦問題・夫婦喧嘩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 106サイト
離婚相談 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 156サイト
離婚 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 516サイト

しぇす太さんのブログ記事

1件〜30件

  • 埼玉小4男児殺害事件義父逮捕にみる連れ子再婚のリスク

    今月17日の夜、さいたま市見沼区に住む小学四年生の息子が塾から帰宅しないと教職員の母親(42)からの捜索願を受けて、警察が深夜未明にその親子の住む住宅敷地内で行方不明だった男児の遺体をみつけ、家族である無職の義理の父親(32)を遺体遺棄の疑いで逮捕した。 血縁のない継父の同居は危険大 子連れ再婚はもはや虐待 進藤家の場合 本当の父親じゃないくせに 再婚の規定を設けろ! 疑惑と敬意の狭間 血縁のない継父の同居は危険大 またまた起こってしまいましたね~。 もうやっぱり自然学的にどだい無理なんですよ。 オスは基本的に自分の子供じゃないと愛せないんですよ。 まして妻の元夫の血が流れてる子供なんてむしろ…

  • 紀州のドンファン怪死事件遺産相続めぐる妻と田辺市と遺言書

    13億円の分配 昨年5月に野崎氏(エロジジイ)が亡くなり殺人事件と断定されながら捜査は難航を極める中、先月遺書の存在が明るみになり新たな急展開を見せる劇場型エンタメサスペンスは、どんでん返しのラストに向けてまだまだクライマックスの仕掛けがあるようだ! 13億円の分配 難航する警察の捜査 愛犬イブちゃん 野崎氏(エロ爺)は離婚したがっていた 遺言書の効力 田辺市は寄付を受け入れる意向 難航する警察の捜査 もう最初からどう見ても妻が犯人で逮捕秒読みでしょと思っていたら、これがなかなか確たる証拠が出てこず、一年以上経過した今も捜査対象でありながらも妻が逮捕されていない現状を見るにひょっとしたら白なん…

  • 教会で牧師の話をきくクリスチャンさんは神に何を祈るのか?

    キリスト教の洗礼 突然のカミングアウトでございますが、私は物心つく前に幼児洗礼なるものを受けているらしく(頭の上に少量のお水をふりかける)、一応クリスチャンなんだそうです。 個人的にはアグネスチャンとクリスチャンは親戚なのかな?くらいの認識しか持ち合わせてない程のバチアタリ者なので、「吾輩はクリスチャンである!ぬはははは(D閣下ふう)」とのたまうつもりもなくはないのですが、神様を冒とくする気持ちは毛頭ございませんので、神様のお顔に泥を塗らない程度に主観を通してキリスト教に懺悔します。 キリスト教の洗礼 隠れキリシタンの憂鬱 神との決別 教会に来る人々 無宗教の利点 隠れキリシタンの憂鬱 という…

  • ココリコに学べ!離婚した芸能人に見る再婚の良い例・悪い例

    令和の離婚スタイル 離婚が珍しくもなんともなくなった昨今ではあるが、その背景には少なからずテレビの世界の有名芸能人の定期的な離婚報道の影響も多分にあるのではないか。 令和の離婚スタイル おくゆかしく生きろ! ココリコに見る離婚学 実は偉大な千秋 目指すべきはココリコン 一般的には裕福な家庭ほど離婚率は低いのだが、有名人は離婚の敷居が低いのもまた確かだ。 誘惑が多いのもあるだろうし、お金で自由が買えてしまえるというのもあると思う。 個人的には離婚に難色を示す昭和社会よりも、離婚する自由を意識下に兼ね備えた近代社会の生きやすさ尊重主義を支持するが、日本が共同親権でなく単独親権制度ゆえに離婚後におけ…

  • 母子無理心中~母親は子供を自分の所有物だと勘違いしている

    何故母親は子供を道ずれにするのか 事件概要 兵庫県猪名川町で今月8日の午前4時ごろ岩村さん宅で小2の娘さんが刃物で首などを刺されて死亡している事がわかり、11日に母親(43)が逮捕され容疑を認めた。 母親も腹部を刺しており、無理心中を図ったとみられる。 同部屋で寝ていた長男(10)が妹の出血に気付き別室の父親に報告した。 母親には精神疾患による通院歴があったという。 何故母親は子供を道ずれにするのか 事件概要 共通点 元嫁と口論に発展 母親にとって幼子は自分の所有物 先週6日にも埼玉県松伏町の深澤さん宅で幼い年子の女児二人を母親(36)が包丁で刺して怪我を負わせた事件が起きたばかりだった。(幸…

  • さくらももこ一周忌/元夫との離婚の理由と真相を今更検証

    さくらももこの謎に迫る 昨年突然の訃報でかねてからの乳がんにより逝去していたことが判明した国民的漫画家さくらももこ(享年53)先生の作品については各々語りたいエピソードのひとつやふたつ持っていることと思いますが、この度は下世話にも20年以上前のプライベートな問題に首をつっこんで亡骸を突いて掘り起こしてみたいと思います、ちびまる子ちゃんが好きだから。 さくらももこの謎に迫る 謎に包まれた私生活 著書に見る離婚劇内幕 ラジオの印象 ご冥福を祈る 謎に包まれた私生活 さくらももこは再婚しており初産の息子も現在25歳前後でありますが、再婚相手のうんのさしみとは一体何者なのか?と詮索したくなりますが、驚…

  • 勝手に離婚届を書いて出したら私文書偽造罪で逮捕されるよ!

    「親権が欲しかった」 今月1日、札幌市の36歳の無職の女が夫に無断で勝手に離婚届を提出して逮捕された。 理由を「親権が欲しかった」と述べたという。 何を焦ったんでしょうか。 きっと急がなければならない事情があったのでしょうが、やり方が稚拙でズサンでおそまつすぎて苦笑してしまいますが、気持ちは解ります。 わりと多くの人が一度はこのような考えが頭によぎる事もあるのではないでしょうか。 「親権が欲しかった」 親権獲得は女性が圧倒的に有利 離婚の手順 離婚成立までの過酷 離婚届提出の心得 親権獲得は女性が圧倒的に有利 この現代日本において女性が親権を取る事はおわんできんぎょをすくうくらい簡単な事なので…

  • 鹿児島4歳女児虐待溺死で母親交際の同居男逮捕の恒例事案

    母親の彼氏による暴行 ってまたかよ!! ツッコミどころ満載で怒りの矛先が多すぎてまとめられるかわかりませんが、本ブログでこのような事件を扱う理由を先に説明させていただきます。 母親の彼氏による暴行 諸悪の根源は司法の原則 児相と警察は仕事しろ 人は見た目どおりが9割 諸悪の根源は司法の原則 この4歳女児がむごたらしく亡くなってしまった理由は21歳の半グレ作業員の暴行によるものですが、それ以前にすでに何度も訪問を行っていた児相が保護を怠ったからなのももちろんですが、もっと根本的な部分で私が言いたいのは母親に親権を与えてしまったからだということです。 どんな父親か知りませんが極端な話法律が父性優先…

  • 成功者(億万長者)とミニマリスト

    一生涯遊んで暮らせるだけの大金を手にしても尚、一線で働き続ける人っていったいなんなんでしょうか?意味が解りません。 勝ち組が働き続ける理由 医者は羨ましいか? 芸能人は羨ましい ミニマリストに学ぶ 成功者の条件 自由こそ至高 勝ち組が働き続ける理由 一般的に生涯収入は2億円~3億円と言われておりますが、その額を一年で稼いでしまうような全体の1%にも満たない勝ち組人種について考察するだけ野暮ではありますが、そのような成功者が隠居せずに現役で働き続けるのは宝くじが何億と当たっても労働を辞めない感覚と似ているのかもしれないし、違うのかもしれない。 仕事が楽しいから続けてるという見解が素直で正しいのか…

  • 失業給付手当(失業保険)を諦めた件

    仕事を辞めてから丁度半年が経過しました。 元々がひきこもり気質なので全然まだまだ外へ出て働きたいという気持ちにはなりませんが、少額とはいえ雇用保険を払わされていたので失業給付金を受給する資格はあるものの、これが非常に面倒なハードルを用意されてて簡単には受給できない仕組みになっている為に私は貰う事をあっさりと諦めました。 受給資格条件 申請からの期間 雇用保険加入者の権利 受給資格条件 それはまず再就職する意思があり、積極的に就職活動をしていなければ受給できないという謎ルールのためです。 それまでの勤務日数などクリアしていて受給資格があるというのに、その後の意思だとか活動状況により貰えないとか本…

  • 明暗分析!チャゲとASKAと電気グルーヴ

    実験的な試みとして初めて芸能ネタを絡めたいと思います。 コンビで活動している歌手やお笑いの人の関係性って非常に夫婦のソレに似てるなと思ったからです。 他人なのに一心同体でビジネスとはいえ活動していくってちょっと普通では考えられない特殊なパートナー関係であると言えますが、その内情は各々千差万別なのでしょう。 本日歌手のASKA(61)が自身のデュオグループ「CHAGE&ASKA」からの脱退を個人的に発表しました。 これだけでちょっと笑えます。二人組からの脱退って表現は記憶にないですから。 要約すると相方の態度が気に入らないという事らしいのですが(要約しすぎ?)、事件を起こした側がそれ言える立場な…

  • 子は親の写し鏡

    やっと夏休みが終わろうとしています。 子供の宿題を終わらせるのも親に課せられた宿題でもあります。 するように促して丸付けとかしなきゃならないのホント負担です。 自由研究とか結局ほとんど親が手伝わなきゃならないし。 一番困ったのは夏の思い出ベスト5を記入する事です。 田舎に帰省したとか旅行したとかレジャーランドに遊びに出掛けたとかあればどうにかなりますが、本当になんもせず家でひたすらダラゴロしてましたので、何も書くことがないのです。 息子はちょっと外に出て歩くだけでだるい疲れたとぐずりまくり、早く家に帰りたいと連呼します。 去年一昨年は頑張って出掛けたりもしましたが、遊園地でさえ嫌いだと言い張り…

  • 友人知人に悩み事を相談するな

    どうしようもなく困った時、人は手近な誰かに助けを求めてしまう。 自分で考える事に疲れて他人に重要な決断を委ねてしまう。自分の問題なのに。 世間では困ったことがあれば誰かに相談しようという良識がまかり通っており、他人に悩みを打ち明ける事は至極正しい行為と認定されている。 相談できる人が多い程その人の交友関係は豊かであると。 相談される側もまた頼られる事に悦びを覚え、無条件に嬉しくなるものだ。 道端で知らない人に道を聞かれると親切丁寧に答えたくなる心境と同じだ。 一人で煮詰まるよりも客観的な打開策を得られるメリットはもちろんある。 相談することでより友人としての絆を更に深める事もできる。 悩みを打…

  • 住宅ローンは夫妻の負債

    持ち家VS賃貸。終焉を迎える事のない永遠の水かけ論争。 それぞれの立場や環境で答えが違うのだから平行線になるのは自然の理で、大事なのはどれだけ数十年後の未来を明確にイメージできるかだが、そんなの人生何が起こるか判らないのだから一般的なモデルケースで占うにしたってよもや無意味である。 ここでは持ち家と賃貸のメリットデメリットを語る事はしません。 離婚がテーマのこちらでは当然持ち家は最大のリスクであるとしか他に言いようがないからです。 一軒家を購入してしまい35年ローンを組んでしまったけど離婚したくなった人がどうすればいいのか。これは非常に大きな悩みかと心中察します。 最もわかりやすい形態は母子が…

  • 妻に欲情できる夫は変態である

    諸外国と比べて日本の夫婦間性交(夜の営み)の割合は極端に低く、回数にして年間平均50回弱(週一)という世界最低値を叩き出しており、中でも既婚者の二組に一組(半分)はレス化している為、してる夫婦としてない夫婦に二極化している現状だ。 おそらくは晩婚化が原因のひとつに挙げられるが、この際情熱的な「海外」はひとまずおいといて、日本の夫婦における性の事情について考察してみたいと思う。 まずコンスタンスに週一という夫婦が一般的であるという事でもなく、週2~3回の夫婦と月1~2回の夫婦の平均値が週一というわけで、レス夫婦も含めたなら月2回が一般的平均値となる。 まぁそんなもんだろうなと思うが、これが世界最…

  • 夜型人間に主夫生活は務まるか

    とかくこの世は生き辛い。 その最たる理由はおそらく私が極度の超絶夜型人間だからなのだと自覚している。 まず社会生活を営む上で好きな時間に起きて好きな時間に寝るという生物としての自然な権利形態を剥奪されるところから従事奴隷契約を結ばされる。 それは子供の頃から学校という刑務所に酷似した集団管理下に配置されるところから始まり、サラリーマン養成所として徹底的にシステムによる洗脳を叩きこまれ、朝起きて自ら集合体組織へと足を運び、上等な首輪の獲得を競い合い、気が付けば政府にとって都合の良い犬(労働者)としての一生を義務付けられる。 まず朝起きれない奴、学校に来ない奴は他人に危害を加える不良よりも「悪」で…

  • いじめっ子が謝罪に来た!

    私は不良が大嫌いです。ですが息子には不良になってほしいと思ってます。 学生時代は楽しくてなんぼです。 その為にはクラスのヒエラルキー上位に位置づけている事が大前提です。 なめられないグループに属す事、つまりやんちゃで先生にちょいちょい皆の前でいじられるものの多数からの笑いを獲得できる発言権の大きな人気者になれれば言う事ないですが、そうでなくとも覇気があって喧嘩にも強そうというハッタリが利かせられて、女子とも照れずに気さくに話が出来て、足が速ければ問題はないでしょう。 育った環境と持って生まれた性格が自然とキャラを形成していきますが、そのままだとおとなしめなハンデを背負ってしまう子の場合はある程…

  • 理想の結婚生活と現実のギャップ

    結婚する時は誰でも夢を掲げるものです。 素直で可愛くて反抗しない男女の子供と、仕事も家事も小言ひとつ言わずに協力してくれる配偶者。 お金に困る事もなく、子供がアクシデントに巻き込まれることもなく、ただ平和に過ぎる毎日を想像していませんでしたか? 甘いですねぇ~ 綿あめみたいにスッカスカで噛み応えゼロな生活ですねぇ。 でも噛み応えなんていらないから出来るだけ平穏に暮らしてゆきたいと願うのが大人のサガだと思いますよ、実際。 けど生きてると嫌でも色々ありますから。思ってもみない事が。 まず子供の性別は選べないというところからすでにイメージとリアルはリンクしない方向へと進んでいきます。 一人目はいいと…

  • ブログ50記事二ヶ月で達成!でも・・

    特化型ブログを選択した者の定めとして、こうゆう内輪ブログネタをやっていいものなのか非常に悩みましたが、節目の数でもあるので今回に限り番外編としてこのような私的な内容で綴らせて頂くことをお許し願います。ってゆうか一度自分でも書いてみたかったw ブログをはじめたきっかけ はてなブログpro&独自ドメイン取得 プチバズからのはてなの恩恵 検索流入はいつから? ブログは副業に向いてない さいごに ブログをはじめたきっかけ ずっと放置していたヤフーブログが閉鎖されるということでどこかへ移籍作業をしなければということで、とりあえずなんとなくライブドアに移行しました。 ブログはもうmixi時代の7年前くらい…

  • 一夫多妻制の導入を検討すべき

    もうその時期に来ていると思うんですよ、少子化ですし、二極化ですし、衰退国だし。 もちろん誰でも彼でもOKではないですよ?モテるからという理由だけではもちろんダメです。そうですねぇ、年収が税金を引いて3億以上の人は妻を二人めとって良い事にするというのはどうでしょうか?それ以下の人はこれまでどおり一夫一婦制です。 そしてなかなかいませんが10億越えたら何人でも囲って良し、王国を作って良しとするのはどうでしょうか?金が有り余って有能な男性の子供を産みたい女性はたくさん居るはずです。養育費貰えるなら挙手する女性は殺到するように思います。 イチローや武豊に子供がいないなんて日本の損失じゃないですか。 大…

  • 連れ子を育てるというメンタル

    こぶ付きの相手と結婚出来るって相当その相手の事を好きで惚れてないとまず無理ですよね。すごい事だと思います。 男にはヒーロー願望というものが潜在的にあるので、子持ちでちょっと疲れてるシングルの女性を救ってあげる事で俺カッコイイ的な感情も多少あるとはいえ、それでもなかなか出来る事ではありません。多分深く考えない前向きなタイプに多いと思います。 連れ子を育てるってどんな気持ちなんでしょう。 実際に体験した人にしかわからない複雑な感情というものがあるような気がしてならないのですが、最初は覚悟してても生活していくうちに心が折れる事って絶対あると思うんですね。子供の年齢にもよりますが、子供の側の気持ちはも…

  • DNA鑑定の是非

    女性はお腹を痛めて出産するのでその日から母親になった実感を得るのに対し、男性は産まれたばかりの赤ちゃんを見てもなんだかすぐには実感なんて湧かないものです。 女性は排卵日の計算で「あの時のか」と受精日時の見当もつきますが、男性は当然よくわかりません。 なので100%自分の子であるなんて確証を男性が持つ事は出来ないのです。 けれど「本当に俺の子か?」なんて男が正直な疑問を口にした日にはもう大変な事になります。鬼の首を取ったかの如く女が般若の顔して捲し立ててきます。 「ひどい!」の一点張りでヒステリックに感情を荒立てるだけで何一つ解りやすく論拠を説明してなどくれません。 そこは冷静に「何月何日の行為…

  • 嫁を飼うより豚を飼え

    結婚に経済力が必要な理由わかりますか? ズバリ嫁の食費やらの生活費が発生するからです! 嫁はよく食べます。新しい服も欲しがります。 どこか楽しい場所へ出掛けたいとも言います。 もうそれだけで月にいったいいくらかかるのでしょう。 つきあってるうちはいいのです。こちらも楽しいですし、毎日生活するわけじゃないので週に一度のデートであれば多少の散財は満足度と差し引きゼロですから。 でも結婚して共同生活となると話は違ってきます。 嫁は結婚しても週末はどこかへ連れて行けと言いますし、あれ食べたいこれ買ってとわがままにも拍車がかかります。 そもそも何故男が結婚を決意するのか。 それはデートするのがいい加減面…

  • 将来妻の介護をする覚悟はあるか

    高齢で身体が不自由になった時に配偶者や子供に世話をしてもらうという期待を当然のように考えていらっしゃる方が既婚者には多く居ると思われるが、意外とその逆パターンに関してはあまりイメージしていないように思うのだがどうだろう? 自分ではなく、相手の方が先に介護を要する身体になり、老々介護を強いられるケースだって五割の確率であるという事を覚悟しているのでしょうか? 介護される保険は同時に介護するという相互扶助の契約で成り立っているという事実を認識しているのでしょうか?どうもそのへん深く考えてない人が多いと思う。 子供に助けてもらうという思考の場合はその子供をニートでもいいと養い続けて同居しているケース…

  • 孤独死を恐れるな!

    病院のベッドか我が家で愛する家族に看取られながら安らかに息を引き取る・・これが大多数の国民が望む理想的な死に方であるそうな。 それまでに咳き込んで吐血吐いて全身の痛みに悶え苦しむかもしれないというのはおいておいて、とりあえず最後は家族に手を握られながらあの世へ旅立ちたい・・と願う気持ちも解らなくはないですが、それ以外の終え方を特別嫌う理由もありません。 中二病の私としては路地裏でトレンチコートにくるまりながら星空へと吸い込まれていく最期であっても良い気がしてますが、つまり死ぬ時に誰か横に居てほしいとは思わないですね。猫の考え方に似てるのかもしれません。どちらかというとひっそりと誰にも知られるこ…

  • 長期休暇の過ごし方

    お盆休みの到来ですね。大人の夏休みは短いですね。 一年の内の主な長期休暇といえば、年末年始とGWとお盆の三つですが、いずれにせよ家庭持ちは家族とどう過ごすのか、家族サービスが強いられます。 何もせずに家でのんびり過ごすというのは最後の一日しか許されないという風潮はどうなんでしょうか。何故どこかへ出掛けなければいけないのでしょうか。 そこには国民全体が特有の強迫性障害のウイルスにかかってるかのような不気味な資本主義社会による大掛かりな罠が仕掛けられてるような気がして躊躇するものの出掛けずにはいられない弱さがまるで人の体を支配しているかのようです。 そもそも夏休みとは元来暑すぎて勉強どころではない…

  • 夫婦間の金銭管理事情

    みなさんは奥さんに毎月いくら生活費を渡していますか? 各家庭それぞれ異なる事と思いますが、金銭の管理を奥さんに任せてるという旦那さんは危機意識が薄すぎてヤバいので考え直すべきだと思います。 妻を信じて給料を全額渡していて十数年後にいくら貯蓄できたか確認したらほとんどカラだったという逸話も珍しくありません。 怒り狂って離婚になってもお金はもはや返ってきません。 妻とはいえ他人です。信じた代償が裏切りで幕を閉じる事だってありうるのです。 そうならない為にもある程度財産管理は自分でした方が身の為です。というかするべきです。 自分は管理が苦手だからしっかりした妻に任せておいた方が間違いないんだよなんて…

  • 浮気・不倫をされたら?

    離婚を考える過半数の方が相手方の異性問題による秘め事の疑惑発覚がきっかけというケースが多いのではないでしょうか。 信頼していた気持ちが音を立ててグラグラズドンと崩れ落ちていくものです。 元のさやに戻るには信頼回復に向けた相当の努力とアピールが必要になりますが、何事にも言えますが一度裏切った人間は必ず二度三度裏切る可能性は極めて高いのと、裏切られた側は以後の生活において不信感を拭えない為に度々襲ってくるフラッシュバックに耐えながら暮らすには抱えるストレスが増すばかりになるので、完全な修復は極めて困難となります。 じゃあどうすればいいのか? それぞれに状況も違うのでこうすべき!という答えなどありま…

  • 未婚児童扶養臨時特別給付金

    これまでも何かの増税やらのタイミングで臨時給付金なるものが密かにばら撒かれてはいたが、令和最初の限定ボーナスはこれだ! 一見シングルマザー・ファザーに支給される給付金に見てとれるが、内情は違います。 給付できる条件は「これまでに一度も婚姻をした事がなく、子供を育てている方」に限るそうです。 なかなか狭き門というかニッチな条件というか、国民(生活困窮者)に税金の還元をしている姿勢を見せたいけれど、くれてやるものかという政府のセコイ意志がビンビンとエグいくらいに伝わってきます! ほとんどの片親育児者というのは結婚してからの離婚、もしくは死別してからの単独親権者ということになるのですが、この場合の条…

  • PTA活動が不毛すぎる件

    子供が小学校に上がると最初の保護者会で議題のメインに上るのが「PTA係委員決め」です。避けては通れない古い習慣からの恒例生贄裁判です。 欠席してもくじ引きで当選してしまう事もあるのでもはや逃れる手段はありません。 しかし低学年の委員決めはさほど難航せず、早めに済ませておきたいという人や、このような活動に対して抵抗のない特異な方が手を挙げるのでわりとすんなりと決まるのだが、中学年にもなると保護者会に出席する人の方が少なくなり、当然自ら手を挙げる人もなく、低学年期にやらなかった人の中から抽選出となる。 そして今年不名誉にも私は抽選くじにより勝手にクラスのPTA委員にさせられたのでした。 専業主婦の…