searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

安のりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自由に五七五
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/qq2hasedo
ブログ紹介文
季語を意識して画像を1枚載せて楽しんで行くつもりです。<br>川柳もどきになるのはスタートが万流だったから。<br><br>
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、安のりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
安のりさん
ブログタイトル
自由に五七五
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
自由に五七五

安のりさんの新着記事

1件〜30件

  • 勢いはこれでよいのか栗の花

    普通は匂いでも解る栗の花。だが匂いがない。私の鼻が変?花数も増えるのかと待っていると枯れるのも早い。何か何時もと違う。勢いはこれでよいのか栗の花

  • 琵琶の実を一つ頂く無骨者

    車庫の裏にびわの木があります。画像は県会議員のお宅の物。土手の上に昔からありますが注意してないとわかりません今年はこれも実が少ないです。西側、南側には見つかりません。我が家も数個、間もなく食べられます。寒肥の効果は無かったようです。琵琶の実を一つ頂く無骨者

  • あるはずとぐるり一周青胡桃

    菜園への途中にある胡桃の木、今頃普通実がなっている。見かけないのでおかしいと思い一巡り。東側、南側に見つけました。お隣の梅や桃には実が普通に見られます。裏年にしても少なすぎます。春の強霜が影響しているのでしょうか。裏道は柿連なってますが花が落ちてない今年です。あるはずとぐるり一周青胡桃

  • 拝みつつ首まで浸かる菖蒲の湯

    燕子花西瓜夕方帰ると菖蒲が届いておりました。昨日は陰暦五月五日。夕の散歩おわりさっそく菖蒲湯に入りました。今までの好天に感謝、菖蒲や西瓜など頂き物に、人に感謝です。働ける山登り出来る身体にも感謝です。これから雨模様の日も多くなりますがここは休養と晴耕雨読に努めます。長い人生焦ることはありません。なんて思うこの頃です。拝みつつ首まで浸かる菖蒲の湯

  • 閑古鳥占領したる姥ヶ原

    出始めたワタスゲ登る途中見た雪渓ヤシロツツジと吾妻山レストハウスのメニュウほぼ坂を登り切って最初に出来た一句が「郭公や遙かに遠く鎌沼湖」でした。谷地平の入り口付近からきこえてきました。風があると消えてしまいます。歩くたびに次々と情景に合わせ句が浮かびます。おにぎり食べていると後ろで鳴いてます。つまり縄張り宣言で移動しながら宣言しているのでしょう。下り始めたら蓬莱山へ飛んでゆきました。私はレストハウスへ直行、様子を見る為もありますがアイスをペロリ。次は山塩ラーメン食べようかと思いました。二階には巨大な龍の絵がありました。閑古鳥占領したる姥ヶ原

  • 有り難う交わす挨拶峰桜

    コバイケイソウ芽ミネサクラ酸ガ平先日は浄土平から酸ガ平を目指しました。歩いていると遠くに郭公がきこえました。反対側の姥ヶ原についてもきこえます。お昼のおにぎり食べている間にも遠く近くに。つまり縄張り宣言で鎌沼湖を鳴きながら一周しているようです。コバイケイソウの芽のあたりよくみると何か飛んでます。薄く一ミリもない小さな虫が、命の不思議を思います。これ見るとアブなどは大きい虫です。綿菅もこれからはしばらく楽しめそうです。噴煙はおとなしい姿になっておりました。有り難う交わす挨拶峰桜

  • 稚児車木道脇のおちこちに

    チングルマ岩間に群れて砂場にノビネチドリノビネチドリ(白)標高1800の鎌沼湖一周してきました。酸ガ平から姥ヶ原と廻りました。イワカガミ、ワタスゲ、チドリ、マイヅルソウなど花の数は少ないけれど満足の一日になりました。一周している間に郭公が絶え間なくきこえました。白のノビネチドリは初めて会いました。屈んでいた人がいて教えて貰いました。バイクも多い日でした。駐車場も混んでおりました。急な夏日に皆さん涼を求めたのでしょう。稚児車木道脇のおちこちに

  • ほうたるを見たい私をめがけ来る

    木幡山天満宮隠津島神社参拝した効果かどうか、夕べ寝る前に外に出たら蛍が一匹飛んで来ました。思わず手を広げ追いかけ回してしまいました。そろそろかなと思ってましたが、家の前で見られたのは幸せ。扇風機もだして使い始めました。孫の寝るのにエアコンも一番に使いました。暑い夏が夏至の前にやってきました。梅雨は何処へ行ったのかな?ほうたるを見たい私をめがけ来る

  • 名鐘をひと撞きすればやむ河鹿

    木幡隠津島神社境内以前赤い注連について少しアップしました。今回はそれが見られる木幡の弁天様。木幡幡祭りで有名な隠津島神社訪ねました。正月には近くの清水の流れ落ちるところもあり若水を汲みにも通う場所です。何度も見てますが今回は下の鳥居ある場所から歩きました。いまは8合目付近に駐車場出来てます。以前見た赤い布は今回ありません。以前は養蚕神社にもかかっていた記憶があります。朱塗りの跡が疱瘡神社にも養蚕神社にもすこし残っております。ベンガラ塗りの赤い色にはいろいろな思いがこもっているようです。この付近なら春蟬が聞こえます。時にカジカガエルも交じります。もちろん老鶯も盛んでした。ここの鐘は戦中の供出を免れたそうです。名鐘をひと撞きすればやむ河鹿

  • 「アガリコ」の説明板や三十三才(みそさざい)

    磐梯熱海温泉ケヤキの森お子さんに樹の絵を描いてみせるときは皆さんはどんな形に描きますか?それを思い出して下さい。最初に見たのはどうにも異様!説明板を読んでやっと納得。地上二メーター付近で枝分かれしている。これは付近の住民がその当たりで切り落とし利用した跡ブナの樹では各地にあるがケヤキでは珍しいとのこと。ここは磐梯熱海温泉、五百川沿いにある遊歩道途中にある。実はこの遊歩道20年ほど前に朝の散歩で歩いていた。研修があり泊まったホテルの裏が出発点。早朝からの仕事でしたが、予定より早く仕事終えたので温泉につかり、良い風に吹かれてきました。「アガリコ」の説明板や三十三才(みそさざい)

  • 立浪草眼と目があいし紀州犬

    登り坂で立浪草をパチリ。後ろを振り返ると散歩の紀州犬。私を見上げること数回、毎朝散歩している柴犬の匂いがするのかな?おとなしそうな顔して利口さが伝わる。立浪草眼と目があいし紀州犬

  • 岩鏡枕にしての昼餉とす

    イワカガミナナカマドハクサンチドリラジオの今日の花は「岩鏡」先日見てきたばかりでした。今年は春に温かく「今日の花」もこちらでも咲いている事が多く温暖化を実感しておりました。ホタルの話題もすこし流れておりました。こちらでもそろそろかなと思います。孫にも見て貰いたいけれどお風呂の時間。離れた場所では無理です。今年こそ撮影成功させたいけれど???岩鏡枕にしての昼餉とす

  • 山毛欅大樹折れて上枝の若葉かな(ぶなたいじゅおれてほずえのわかばかな)

    昨年も紹介したかもしれませんが秘湯野地温泉裏の、ブナッコ道にある山毛欅林(ぶなはやし)その大樹が枯れてます。斜めに伸びる枯れ木、とみるとなんと葉が茂ってます。人間社会なら当然あきらめろと声が出ます。ですが茂る葉の下には色んな命が犇めいてます。春蝉、カジカガエル、アブ、尺蠖等々昇のに一生懸命では気付きませんがおにぎり出して頬張っていると蟻さんも歩いてます。時には猿の群れがとおります。新聞には5000年前の樫の木が発掘されたとありました。埋もれていて化石化していない。つまり樹のままと言うこと?触れてみたいですね。山毛欅大樹折れて上枝の若葉かな(ぶなたいじゅおれてほずえのわかばかな)

  • メークイン歌舞伎役者の顔になり

    ジャガイモ、花が咲き始めました。メークインは数個種芋食われました。花をよく見ると濃いめの紫の筋がメークインにあります。キタアカリはのっぺらのむらさき。子芋そろそろたのしめるかな?メークイン歌舞伎役者の顔になり

  • 大豆蒔く八割打者と芽がそろふ

    先月、枝豆の豆を蒔きました。直ぐに出た芽もありましたが、いまになって蒔いた分ほぼ出そろいました。成功したのはテグス。これが無いとまず出ません。例の鳥さんにみな食べられます。大きな画像はニョイスミレ、山に今、他のスミレと一緒に咲いておりました。大豆蒔く八割打者と芽がそろふ

  • 朝と夕こんなに違ふ豆の飯

    朝飯時絹莢ができた。インゲンも同じ列大きさで解るけれど、膨らむ豆で豆の飯。孫にも食べて貰いたいが、孫は豆はいらない。食欲も出てきたが朝はなかなかご飯食べられないが海苔巻きなら食べる、夕方は納豆巻きが好き。摘むのも手伝って貰ったが来年なら食べてくれるかな?朝と夕こんなに違ふ豆の飯

  • 伽羅蕗の色味辛みお好みに

    5月28日早朝昨日からISSが夜の8時頃見えるとか。今夜は新潟福島上空付近を夜の8時4分から9分まで見えるそうだ。晴れることを願う。前回見たのは一昨年の暮れだと思った。先月のスーパームーンは全く見られなかった。二日後朝の沈む月だが既にその頃、お日様が昇る。来月は更に登るのが早くなる。季節はこうして着々と進む。鮎太さんのキャラブキに触発されて一摑み摘んできた。失敗は辛みがなかった。もう一回試したいが肝心の蕗がない。伽羅蕗の色味辛みお好みに

  • 薫る薔薇マスク外してよせる頬

    プリンス・ウイリアムズ公園プリンス・ウイリアムズ公園吾妻公園吾妻公園吾妻公園吾妻公園仕事帰りにプリンス・ウイリアムズ公園を廻って来た。新聞報道もあり目の前の駐車場はお昼近いけれど満車。車はプロ野球も出来る球場がすぐ脇だから心配はない。すぐ隣のキッズ公園の樹木も新緑で気持ちの良い風、青空。売店のアイスが良く売れている。薔薇の花が見頃を向かえてきた。吾妻公園はそろそろ盛りと迎える。もう一度見てみたい。薫る薔薇マスク外してよせる頬

  • えごの花絶好調とぶら下がる

    菜園脇水林公園福島民報5月30日、今月2度目他の人から見ると絶好調と見えるだろうな。月に二度。本人はちっともそうは思ってない。身体の節々は重いし、腹具合もすっきりしない。仕事はなんとかこなしているがどうもペースがつかめない。元々俳句はメクラ滅法、何も知らないからとりあえず何でもやってみよう精神。こんな言葉使う事今の時代間違い。メクラは差別語になる。言葉は時代と供に変化する。若い頃は飲兵衛安とも言われたけれどもう飲めない。自分ではドジ安と思っている。別に文章のプロでもないし、今の言葉について行けない部分もある。ド素人年寄りとご勘弁願いたい。えごの花絶好調とぶら下がる

  • 眼まといのうるさかろうに人面樹

    水林公園サイハイラン民家園で千歯扱き民家園でキエビネ昨年も紹介しました樹のこぶ。脇から見ると人の顔にも見えます。この時期ここなら確実にサイハイランも見られます。毎朝の散歩で数年はそれぞれ別な地点で見た事もありますですが消えて今は見られません。千歯扱き、キエビネでは句が浮かびませんでした。眼まといのうるさかろうに人面樹

  • 煙草屋の二階は宿屋竹風鈴

    街道筋の分かれ目にあった煙草屋、二階は商人宿道沿いの祠煙草屋に何かがぶら下がっていた。よく見ると風鈴。ゆらすとかすかに竹の音がする。よく残っていたと感心。説明文よむと二階は宿屋とあった。次の民家への道沿いにある祠。道沿いのお地蔵さん、よだれかけをしているがその色は赤。道を歩く人の、子供の無事な成長願い健康を守る意味合いがあるのだろう。暮れに行われる幡祭りのある木幡山には厳島神社あり養蚕神社が二つもある。ふつう鳥居に飾るしめ縄に注連飾るが神社は白だが、お蚕様をまつるのに赤いのがぶら下がる。赤色は元来悪霊邪気を祓う呪色。古事記、日本書紀以前より知られていたようだ。疫病などから守る意味合いもあるのだろう。医学の進んだ今もこうしてコロナ封じ込め願いが掛けられる。煙草屋の二階は宿屋竹風鈴

  • 郭公や佐久間家住居前畑

    谷水利用の撞き小屋谷水鼠返しのあるつり棚この日は郭公がよく聞こえました。ここを廻っているときにも聞こえました。昨日は時鳥が雨の夕でしたが一瞬聞こえました。前日の菜園でも聞こえた方向です。いつか夏鳥の声が聞こえる季節、夜明けが益々早くなってきました。今朝は沈む月が朝焼けの東を眺めておりました。郭公や佐久間家住居前畑

  • 大麦を目の前にして考(ちち)の事

    近所の麦畑民家園にて夕べ、スーパームーンと月食は全く見らず残念。でも、日中は良い体験になりました。よく出かける公園ですが、その一角に民家園があり10棟の藁葺き屋根が点在してます。池もあり畑もありました。桑畑、水田もありました。最後に廻った藁葺き屋根は曲がりや。牛馬と人間が一緒の家です。育った頃はありました。もっと驚いたのは前畑に麦。それも大麦です。小さい頃は稗もこの麦も食べました。麦の方は健康食品でもありました。学校に弁当持って行くときは恥ずかしくいつしか消えましたが食べ物のすくない食べ盛りの子だくさんに親は必死だったのでしょう。兄、姉育ちこれも作らなくなりました。何十年ぶりかに見た大麦でした。大麦を目の前にして考(ちち)の事

  • 遠近にあれはなにかと桷の花(おちこちにあれはなにかとずみのはな)

    ガマツカミヤマリンドウ春竜胆、4月楽しみは今夜真っ赤な夏の月見られるかな?画像は土湯の道の駅下に広がる湿原の花です。4月の竜胆は女神山でした。この湿原に沼があります。モリアオガエル、木の枝に白い泡今年は出来るかな?遠近にあれはなにかと桷の花(おちこちにあれはなにかとずみのはな)

  • 渓流の音のかろやか川蜻蛉

    カワトンボシオカラトンボ飛蚊症ではありませんが時々目ん玉がおかしくなる。一部視界がボンヤリ、牛乳瓶の㡳のようになる。何かかすめたと思ったら菜園では糸蜻蛉。山の湿原で見たのはシオカラトンボ。渓流ではカワトンボだった。これが飛ぶようになると夏。シャツも半袖にしました。夜のカエルの合唱も賑やか、ホタルも出てきてくれるかな?ワクチン予約はネット10分ほどで出来ました。若い人ならスマホで3分ですね。近くの孫の通う医院を選びました。渓流の音のかろやか川蜻蛉

  • 留守の小屋白根葵の静かなる

    キヌガサソウオサバグサクリンソウワラビ今年はワラビが家の周りでは採れない。一山越えて山野草見た後に牧場で少し摘んできた。あく抜きを二種類確かめたが本来の方がよく抜けた。クリンソウは何カ所かでみるが今年は少ない。それとも咲く時期を間違えているか。水芭蕉も少なかった。獣で荒らされた跡も無かったからその所為でもないようだ。留守の小屋白根葵の静かなる

  • 石楠花やこんなところに仏様

    散り始めた石楠花を拝見してきた。根本石楠花の脇にある花をのぞき込んだら水芭蕉の形が蕊の上に見える。偶然かと思いきやそうでもない。楽しい発見!女性の二人連れ、会話を聞くと異国。この場所にはなれているようだ。石楠花やこんなところに仏様

  • 金襴や出会い幸いかなえたり

    ジシバリサルトリイバラ前回の朝ドラ、主題歌の背景に使われた水林公園。その近くに金襴が一株だけ咲いておりました。銀欄のほうが普通多く咲いていますがなぜか少ない。なのでまだ速すぎたとと思いました。菜園へ行く途中の梅、桃など見ると葉っぱが枯れたり縮れたりしています。4月の霜の影響は深刻で果樹はかなり収量が落ちそうです。山野もその影響が出ているのでしょうか。来週もう一度いって咲き具合確かめたいと思いました。金襴や出会い幸いかなえたり

  • 噴水に心臓縮む水飲み場

    マルバダケブキ噴水は広い公園や駅前など、何れ広い場にありますね。昨日は梅雨の晴れ間、兎に角晴れたので公園内の石楠花や薔薇を見学。近くの公園で別の花をみたく一回り。水場をみつけ一口とおもったら蛇口が固い。思いっきり開いたら、水が飛び出した。その高さ二メートル以上。カメラが濡れると大慌て。その先に青楓の中に紅葉。新緑に癒された一日でした。噴水に心臓縮む水飲み場

  • 二三輪ならば似合いか除虫菊

    裏土手、ヒメジョン、ハルジオン万葉の庭、サンカヨウ万葉の庭、オサバグサ接種券が届いた。来週の予約で接種日は6月になるのかな?一つ光明が見えた。掲載もあって悪いことばかりではない。走り梅雨の晴れ間、今日は晴れそうだ。先日行くつもりだった場所の薔薇と石楠花見たいと思う。5月になって休んでいた人も戻り、もう一人も慣れて休みが増えた。雨も降って野菜苗も一息、頂いた薩摩芋苗数本は朝仕事に。それから自分の為に楽しもうと思う。二三輪ならば似合いか除虫菊

カテゴリー一覧
商用