searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ふうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
おひとりさまのよもやま話
ブログURL
https://ohitoriyomoyama.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
思ったこと、感じたこと、私の心とつぶやきと
更新頻度(1年)

88回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2019/05/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふうさん
ブログタイトル
おひとりさまのよもやま話
更新頻度
88回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
おひとりさまのよもやま話

ふうさんの新着記事

1件〜30件

  • サ高住から面会禁止延長の連絡

    ちょっと席を外している間、私の携帯が鳴ったということを、母から聞いた。履歴を見て見たら、父が入居しているサ高住からだった。ご丁寧にも、管理人のおじさんから留守電が入っていた。「○○です。またご連絡します。」いらんがな。「緊急連絡の時だけ携帯に連絡して欲しい」というごく簡単な依頼を無下に断られたこと、その他諸々頼んでも断られたこと、頭にきていた。どうせ、面会の件だろうし、こちらから折り返す必要はないと...

  • 親の老後に追い詰められないで

    ここ数年、雑誌は買ったことがない。しかし、先日どうしても読みたい雑誌があり、買ってしまった。婦人公論である。「親の老後に追い詰められないで」こんなサブタイトルを見たら、買ってしまうやん。思いっきり追い詰められているもんで。何日かかけて、読み進めた。例えば下記のような記事があったけれど、あまり参考にはならなかった。「ケアマネには遠慮せず、どんどんリクエストしましょう」なんて書かれてあったが、リクエス...

  • 自分を肯定してくれる人がいる心強さ

    私の母は毒親だ。そのうえ、ここ数年は体調がすぐれず、ほとんど寝て過ごしているため、ストレスが溜まりまくっている。私は、そのはけ口にされている。どうでもいいことに、いちいち難癖をつけられ、キレられる。悪いのはそっちのくせに、私が悪いことになる。「こんな家、もう出て行きたい」何度このセリフを聞いたことだろう。母は一人では何もできない。買い物は勿論、食事の支度、洗濯、掃除、布団を敷くなど、日常生活のほと...

  • 父、手紙で媚びる

    父がサ高住に入所してから、手紙が3通届いた。最初の2通には、私や母のことなど一言も書いておらず、伯父と伯母のことばかり書かれていた。その後、面会に行った私は、母からの伝言を伝えた。「愛想がつきた」という内容のものだ。私も出がけに母から嫌なことををさんざん言われ、頭にきていたこともあり、キレながらいろいろまくしたてた。以前「ふりかけが欲しい」と言ってきたため、たくさん用意したのだが、サ高住の食事はお...

  • サ高住の対応ってこんなもの?

    父がサービス付き高齢者住宅に入居して、1カ月が経過しようとしている。今だによくわかっていないのだが、「老人ホーム」と「サービス付き高齢者住宅」は別物らしい。呼称がいろいろあって、なにがどう違うのかわからないが、父が入居しているのは「サ高住」と表記されている。だから、今後は「サ高住」と書くことにする。入居することになり、先方の相談員から電話がかかってきた。その際、私はここにこう書いた。説明がわかりづ...

  • 最悪だった父の面会日②

    父のホームへ到着すると、まずはケアマネが出てきて、諸々の説明を受けた。簡単に言えば、父の近況である。そして、伯父とはおやつの時間の際、笑顔で会話をしていて、ほほえましいという話を聞いた。父の手紙には「兄貴とはほとんど会話もできず、まるで他人のようです」と書かれてあった。嘘つきめ。父の部屋に行くと、父はテレビを観ていた。私を見ても、何も言わない。制限時間があるので、急がなくてはならない。トイレットペ...

  • 最悪だった父の面会日①

    この日は予め、父の面会に行くことを決めていた。ショートステイでは、面会禁止になっていた。しかし、現在父が入所している老人ホームでは、5~10分という時間制限と小さな子供の面会を禁止しているのみ。入るとすぐ、洗面所があり、手洗いとうがいと、マスク着用が義務づけられている。足りないものはないので、行かなければ行かなくてもいいのだが、洗濯のシステムが面倒。洗濯は共益費の中に含まれていると聞いていた。でも...

  • 幸せな日々の終わり

    ここ2週間ほど、母はおとなしかった。たまにキレることがあったが、すぐ元に戻っていたため、助かっていた。とても平和で幸せな日々だった。ひとつ、わかったことがある。母は突然、キレ出したり、口を利かなくなったりする。私は動揺し「どうして怒ってるの?」「私のどこがいけなかったの?」としつこく聞いていた。そのたびに母は「あんたはどうしてそうやって、私を苦しめるの?」と怒り狂っていた。それがさっぱりわからなか...

  • 買い置きの習慣でマスク騒動に巻き込まれず

    我が家は昔から、買い置きする習慣がある。調味料や日用品の類は「あ、なくなっちゃった」ということがない。だいたい、安い時に買っておく。いちいち買いに行くのが面倒なので、私もそうするようになった。化粧品やハンドクリームなどは、1年分まとめて買うようにしている。「新型コロナウイルス」に関するニュースが、テレビで報じられるようになった当初は、人事だと思っていた。でも、今は危機感を感じるようになっている。買...

  • 母、父に愛想がつきる

    父が、老人ホームへの入居を延期してくれと、ごねた時、母は勿論だが、私も怒った。家賃を払いさえすれば、なんとかなるのでは?などと、勝手なことをほざいてきたからだ。ショートステイでは、食事がおいしくない、おやつもケーキ類は出してもらえない、と手紙に泣き言を書いてきていた。可哀想なので、欲しいと言われれば、お菓子やふりかけを用意した。ただ、甘やかしたせいで、父はどんどん調子に乗ってしまったのだ。ホームへ...

  • 迷惑おばさんの電話攻撃

    迷惑おばさんとは、もう付き合わないことにした。電話はすぐわかるよう、着信音を変え、出ないことにした。迷惑おばさんはバイクで来るので、雪が積もると来ない。しかし、今年は暖冬で、雪はちょっとしか降らなかった。12月は忙しいのか、電話はなかった。でも、1月から電話が鳴るようになった。1月は3回。だいたい、週1度くらいの割合で。それが2月になったら、2日に1度になってしまった。ストーカー並みだ。かかってく...

  • 前ケアマネからは挨拶なし

    父が老人ホームに入居したため、ケアマネが変わった。前ケアマネTさんからの最後の連絡は、1月下旬。父が受診を終えた報告の、ショートメールだった。それ以来、うんともすんとも言ってこなかった。先月、集金に来てもらった時「ケアマネージャーは変わりますので。」と嬉しそうに言っていたし、それを境に「もう私、関係ありませんので」みたいな感じになっていた。一時期までは、信頼、感謝をしていたのだが、ショートステイに...

  • 父が老人ホームに入居した④

    しばらくすると、ケアマネWさんがやってきた。「2人並んでぎこちなく会話しながら、おやつ食べてるぅ~」本当に嬉しそうな表情で、そう言った。父はやっと、伯父と会えたようだ。私は食堂に向かった。おんなじ頭の形が2つ並んでいて、すぐわかった。おやつはカステラだった。父は看護師さんに、カステラを細かくしてもらって食べていた。コーヒーには、少量のとろみ剤。なかなか会えなかったのは、職員さんが忙しく、手が空いた...

  • 父が老人ホームに入居した③

    荷物の整理があらかたできた頃、相談員、ケアマネ、看護師と一緒に打ち合わせをした。「15分くらい」と聞いていたのだが、30分以上かかったと思う。まずは生活上の諸々の確認。嗜好品は施設預かりとなり、欲しい時はいちいち言わなくてはならない。お茶の時間は午前はスープ、午後はコーヒー、などこと細かく。あとは通院に関してのことなど。そして、資料に記載されている「嚥下障害があるから、飲み物にはとろみをつけて云々...

  • 父が老人ホームに入居した②

    荷物の整理は、正味1時間半ほどでできた。衣類はあまり丁寧に入れず、無造作に入れただけ。どうせ後で、担当者が入れ替えるだろうと思ったからだ。時間がかかったのは、衣類のタグを外すことだった。洗濯代金は、共益費に含まれていると聞いていた。だが、確認すると、入浴時に脱いだ洋服は洗濯ネットに入れられ、業者が選別したうえで、クリーニングに出してしまうのだそうだ。クリーニングは当然有料になる。どんな物が該当する...

  • 父が老人ホームに入居した①

    先日、父が老人ホームに入居した。サービス付き高齢者住宅とか、いろいろな呼称があるけど、老人ホームの方がわかりやすいだろう。荷物と本人はショートステイから、運んでもらえるが、私は荷物の整理に行かなくてはならなかった。サービス付きと謳っているから、てっきりやってくれるのものだと思っていたのに、甘かった。父はすでに到着しており、私の顔を見るなり「兄貴に会わせてほしいと言ったのに、会わせてくれない。」と、...

  • 父も母もごねる

    父のサ高住入居の日が近づいてきた。一度、ごねた父だが、その後、納得したかのように思えた。もう連絡しないつもりだったが、心配になり、電話をした。間違いだった…元に戻ってるやん!また意味不明の言語を話し、会話にならなかった。差し迫ったらまた、不安になったのだろうか?さっぱりわからない。うぅぅ…母と共に脱力し、沈没した。その後、今度は母の機嫌がおかしくなった。冷凍食品半額セールの日に「今川焼10個買ってき...

  • 要介護申請を嫌がる母の今後はいかに?

    父のサ高住入居が決まり、あとは引っ越しを待つのみとなった。ちょうど父が入所する頃、母の内科の薬がなくなってしまう。どうせまた行かないのだろう。だったら早く済ませて、父の入所日に備えて体調を整えたい。昨日はちょうど、天気がよかったため、母のかかりつけ内科へ行ってきた。予め電話をしてもらい、処方箋を受け取って薬局へ行くだけだ。しかし、12月から3連チャンで診察を受けずにいるわけで、今後はどうするつもり...

  • ヤマダ電機のありえない対応

    父がサ高住で使用する、家電と家具類を買いに行くことにした。叔父に頼んで、ヤマダ電機に連れて行ってもらった。ここなら、家電と家具が同時に揃えられるからだ。家具と言っても、衣装ケースだが。誰か人についてもらわないといけないな、と思いながらテレビのコーナーに行くと、若い男性がいた。高齢者住宅で使用する、家電等を揃えたい旨話し、品物を選んだ。テレビ、テレビ台、1ドアの冷蔵庫、引き出しつき衣装ケース、ボック...

  • 無事サ高住契約

    父が入居する予定の、サービス付き高齢者住宅と契約した。2時間半かかった。様々な説明、契約書に住所・氏名・ハンコの繰り返し、部屋の確認、質疑応答など。事前に見学をしていなかったので、初めて行ったのだが、新しくて綺麗な建物だった。「食事には自信があります」と言っていたけど、本当かな?とにかくお金がかかる。部屋で使用する備品は、用意するか施設購入。蛍光灯や、乾電池まで買わされる。この少し前、父はごねた。...

  • 母のトリセツが欲しい

    母の機嫌はずっと悪い。何もしていなくても怒られるし、八つ当たりをされる。しかも、八つ当たりしておいて、なぜか私が八つ当たりをしたことにされる。不条理極まりない。年末年始も悲惨だった。嫌味を言ったり、いきなり怒鳴りつけられたり。なんでいつも、びくびくしなくてはならないのだろう?悲しく思っていた。母のトリセツがあったら、さぞかしいいだろう。この件で、叔父に愚痴をこぼしたことがある。叔父は言った。「あれ...

  • 父の初夢

    しばらくブログを書く気持ちになれなかった。余裕もなかった。このまま閉鎖しようと思っていた。でも見てみると、更新していないにも関わらず、アクセスがあった。だからなかなか閉鎖できなかった。今後の予定もわからない。父から今年初めての手紙が届いたのは、9日だったと思う。初めて一人で正月を迎え、非常に寂しかったと書かれていた。せつなかったのは、父の初夢だ。家にいて、カーテンを開け、炊飯器のスイッチを入れてい...

  • 残念な相談員

    面談の結果、入所の許可が出たので、相談員から電話が行きます。ケアマネTさんから、メールが届いた。いかにも「もう、私関係ありませんので」と言いたげな感じだった。それにしても早いな。入所をせかされるかもしれない。父はまだ風邪が治っていない。しかも、1月31日と2月3日に受診の予定が入っている。それが落ち着いてから入所したいのだが…そうこうしているうちに、相談員から電話がきた。説明がわかりづらく、まわり...

  • 冷たいケアマネ

    ショートステイの支払いは、ケアマネTさんに来てもらい、現金で支払っている。そしてその際、父の嗜好品(お菓子、コーヒーなど)を持って行ってもらっている。今日も来てもらった。私はサ高住で必要であろう荷物をあらかた用意し、持って行ってもらうつもりでいた。しこたまあったけど、自分の負担を減らすためだ。致し方あるまい。サ高住の面談も済み、結果は後で連絡が来るとのこと。断られるのは、迷惑行為をするとか、日常的...

  • サ高住に空きが出た

    申し込みしていたサ高住に空きが出た、という連絡が入ったのは、数日前だった。それと同時に、父が風邪をひいたので、病院へ連れて行きたいとも言われた。風邪ならいいのだが、肺炎やインフルエンザだと困る、とのことだった。ところで、サ高住の件だが、母は「断れ」と言って怒り始めた。「インフルエンザが流行っている時期になんだって移動させるんだ!」と。いやいや、たまたま今空きが出ただけで、この話を蹴ったらダメでしょ...

  • 今年は細かい記憶がない

    今年も残すところ、あと僅か。本当に、父一色で染まった年であった。要介護申請から始まり、様々な介護サービスの手続きをした。泌尿器科のトラブルが起きて、病院の付き添いが始まった。それが終わったと思いきや、パーキンソン病が発覚。再び病院の付き添い。入院して薬の調整をすることになり、入院予定の前日、急性心筋梗塞で倒れる。パーキンソン病も一気に悪化し、父は自力で動くことはできなくなってしまった。退院して、自...

  • 肩こりの救世主

    寒くなったら、肩こりが酷くなった。こると言うより、差し込むような、痛みがあった。なかなか、辛いものである。「肩がこる」とたびたび言っていたら、母に勧められたものがこれ。【第3類医薬品】アリナミンEXプラス 60錠母もつい最近から飲み始めたのだが、肩こりがなくなったと言う。私は父のことで忙しい間、ずっと、アリナミンAを飲んでいた。それを、飲み終わったので、キューピーコーワゴールドにシフトしたばかりだった。...

  • 年賀メールの辞退

    毎年1通だけ来る年賀メール。その対応をどうするか、ここ数日考えていた。・返信しない・「あけましておめでとう」と返信する・辞退する候補として出てきたのは、こんな感じ。年賀状なら、出さなければ済む話だ。だが、メールの場合はそうもいかない。もう一切関わるつもりはない、とかならともかく。検討の末、辞退を申し出ることにした。簡単にこちらの事情を説明し、今後年始の挨拶は辞退したいというメールを送っておいた。こ...

  • 意地悪な受付

    母は病院へ行きたがらない。その理由は「具合が悪い」であったり「病院へ行くと具合が悪くなる」であったりする。特に冬は、風邪やインフルエンザがうつるからと行きたがらない。今までは、父に行かせて薬を受け取っていたが、父がいなくなったので、私にお役目がまわってきた。12月上旬は、かかりつけの内科へ行った。予め母が電話をしていたため、受付に行くと、処方箋は用意されていた。それを持って薬局に行くだけだ。さほど...

  • 便秘狂騒曲

    ストレスのため、一時的な便秘になったと思ったのだが、そうでもなかった。苦しいので、心療内科を受診した際、酸化マグネシウムを処方してもらった。頓服として10日分。量は自己調整で、と言われたが、飲んだことがないので、最初は1錠だけおずおずと飲んでみた。翌日、すっきり。でも飲まなかったら、また詰まった。また1錠飲んだ。すっきりできない。次は2錠飲んだ。なんとかすっきり。でも、このままだと薬がなくなってし...

カテゴリー一覧
商用