週末は晴天希望!
住所
出身
ハンドル名
gensankさん
ブログタイトル
週末は晴天希望!
ブログURL
https://www.gensan.blue
ブログ紹介文
バラが好きなんですけど、宿根草とサボテンを育てるのも好きなんです。
自由文
-
更新頻度(1年)

104回 / 135日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2019/04/05

gensankさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 30,397位 30,744位 30,588位 30,642位 30,847位 28,245位 28,346位 969,272サイト
INポイント 0 0 10 10 0 10 10 40/週
OUTポイント 20 10 20 70 50 40 30 240/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 700位 717位 716位 714位 719位 657位 662位 19,219サイト
ガーデニング 40位 40位 42位 41位 40位 35位 36位 1,926サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 25,446位 23,908位 23,346位 23,252位 26,391位 27,576位 30,057位 969,272サイト
INポイント 0 0 10 10 0 10 10 40/週
OUTポイント 20 10 20 70 50 40 30 240/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 455位 429位 425位 412位 487位 505位 565位 19,219サイト
ガーデニング 25位 23位 23位 23位 27位 28位 31位 1,926サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,272サイト
INポイント 0 0 10 10 0 10 10 40/週
OUTポイント 20 10 20 70 50 40 30 240/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,219サイト
ガーデニング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,926サイト

gensankさんのブログ記事

  • スダチの様子を見てみました

    // 気が付くと、スダチの実が随分大きくなっていました。 少し早いですが、実の入り方を確認することに。 果皮が汚いのを試しに収穫してみました。 果径3.5 cmぐらいです。 さてさて、切ってみましょう。 やはり、もう少しですね。 果皮が硬いし、果汁もまだ充実が足りません。 香りは青さが残っていて、これはこれで好ましいです。 // 春のスダチ スダチの開花は5月の上旬から中旬にかけて、咲いては散っていきます。 香りのよい花が咲いて、初夏を告げる感じでしょうか。 蕾が目立たず、ハッキリしないので、花弁の白が見えて初めて花だとわかります。 隔年結果を何とかしたい スダチに限らず柑橘類は、かなり頑張ら…

  • 名前からして、グリーン アイスって夏向き

    // 最近ボンヤリ考えているのですが、バラの四季咲き性って本当に凄いなあ、と。 いつでも花を見ていたいという欲求に応えて、数節枝を伸ばした先にすぐ蕾を付ける形質を選抜したんでしょうね。 この四季咲き性は品種によってはホントに安定しているので、夏だろうが冬だろうが、生長できれば花が咲く。 ああ庭が寂しい季節になっちゃった、という時にふと咲いていることに気が付いて、その存在の重要性を感じます。 // 春から安定のグリーンアイス ミニチュアローズのグリーン アイス、四季咲き性については我が家の中でも安定しているようです。 前回は5月下旬の記事でしたね。 www.gensan.blue グリーンアイス…

  • 留守中に鉢バラの水遣りをどうしますか?

    // ちょっとお出掛けすることになりました。 夏場家を空けるとき心配なのは、鉢植えのバラ。 この時期は毎朝の水遣りが日課になるくらいですから、一日でも水遣りを怠ればバラが萎れる可能性が出てきます。 外出時の水遣りは皆さんお困りのようで、いろいろとグッズもありますね。 今はペットボトルの口に取付けて、少しずつ水が出てくるタイプが多いでしょうか? 100均でもあるくらいですからね。 他にもバケツ水から吸い上げるタイプとか、タイマー付きの本格的な潅水機とか多種多様。 それだけ皆さん切実に鉢植え植物の水遣りに困ってらっしゃる証ですね。 // かくいう小生の場合 毎年夏には家族での旅行が恒例になっていま…

  • ハルシオンを迎えた裏道は、ホスタの小径になるだろうか?

    // さて、整地して防草シートを敷設した我が家の裏道の続きです。 過去記事 ここは、ただ防草した小径にするだけでなく、何か植えるスペースとしても活用するのが最初の計画です。 裏道と呼ぶとおり、午前中の1時間程度陽が射すだけ。基本的には日陰の小径ですから、植えられるのはシェードガーデン用の耐陰性が強い植物しかないですね。 我が家は四方が陽当たり悪いので、どこも同じという(笑) 好きなホスタを植えてみましょう シェードガーデン用の植物で一番好きなのはホスタですから、まずは試しに植えてみましょう。 ↓↓ この通路の右側に植えたいと思っています。 シートの端が見えているので、植えたい場所を少し持ち上げ…

  • 粉粧楼は、うどん粉病の憂いが無い夏が快適なのかも

    // 新苗の粉粧楼、3回目の生育記録です。 春から梅雨にかけて、うどん粉病祭りだった粉粧楼。 梅雨明け後に気温が上昇してからうどん粉病が鳴りを潜めましたので、粉粧楼も健康を取り戻しています。 一時は全部の葉がうどん粉病で、枯れますか?と悲しく問いかけていたぐらいでした。 今や完治して一見健康を取り戻しています。 // 前回の記事から1ヶ月半 粉粧楼をお迎えした後、約2ヶ月後にはもううどん粉病に苦しんでいました。 www.gensan.blue もう粉粧楼のうどん粉病は諦めていて、あんまり他にうつさないでねっていうスタンスで見守っています。 もちろん殺菌剤を散布すると思いますが、効果的な抑制は難…

  • ブラック&ブルームは我が家唯一のサルビアです

    // 我が家にはサルビアとかセージをあまり植えていません。 強いですからね、他の植物が生育しにくいエリアを担当してもらおうと思って、後回しにしているんです。 切り札として期待しています。 // 唯一導入のブラック&ブルーム これから増やす予定のサルビアですが、現在我が家では一種類だけ、ブラック&ブルームが元気にしています。 園芸店などではこのブラックが目立ちますから、御覧になったことがあるかと思います。 庭に植えるとそれほど目立ちません。 この色で背が高くなりますから、背景として悪くないですよ。 草丈1.2 mぐらいです。 枝は弱いので、こうやってフェンスなどで支えると丁度いいですね。 サルビ…

  • 夏のうちに片付けました!家の周囲のデッド スペース

    // 先週、我が家の裏通りをご覧に入れました。 裏通りが完全に無駄なスペースになっているので、少しでも雑草を減らして通路として整備されている状態を保ちたい。 そんな決意表明だったわけですね。 www.gensan.blue 何をどうすべきか整理して、作業をイメージできれば何だってできると思いますよ。 ブログの記事にして、何とかできる見通しも立ちましたので、このお盆休み中にやっつけることにしました。 // 土壌表層を除去、ふるいにかける 元は小さな砂利の小径だったと思われるスペースです。 長年手入れナシの状態ですので、砂利は粘土質の土に飲み込まれ、ガチガチに固まっています。 そこに日陰をものとも…

  • ゲラニウムのオリオンとカンパニュラ ハーモニーにゴメンナサイ

    // お盆休みお盆休み。 長期間の旅行に行きたいところですが、あと数年はガマンしなきゃ。 いいんですよ、やることには事欠きませんから。 小生早速キッチンの換気扇を掃除してみました。 換気扇掃除は年末じゃなくて、絶対に夏の間にやっつけることをおススメします。 寒くて油が固まっている冬では、倍ぐらいの時間と洗剤を浪費しますからね。 おっと、植物の話をしなくては。 // 夏越し失敗が判明する季節 厳しい暑さが続く今日この頃、そろそろ夏越しに失敗する植物が出てきています。 拙ブログでは栽培の成功談ばかりでなく、小生の無様な失敗もご覧いただくようにしていますから、順次失敗を告白していくことにするつもりで…

  • ストレリチア ニコライ、新しい室内の仲間!

    // 夏ということもあって、最近我が家に目新しい植物も増えず、変化とトキメキのない日々を過ごしていることにハタと気が付きました。 近所のホームセンターの園芸コーナーに行くと、この季節は屋外は寂しいことになっています。我が家の庭だけじゃないんだ、と少し心強くなったりして。 むしろ室内のサボテンとか観葉植物なんかがイキイキとしていて、そっちに目が行きます。 // 大きく育つ室内鉢植えを探していました 我が家のサボテンは順調に育っていますが、その一方で、相変わらず近所に小さな個体を売っているお店がありません。 そこで観葉植物。 我が家の室内で育てている植物は2鉢しかありません。 www.gensan…

  • ペンステモン ハスカーレッドとポテンティラ モナークベルベットはなぜ春に咲かなかったのだろうか

    // 今年の春、宿根草をいくつかお迎えしました。 ほとんどは目論見通り咲いてくれて、見たかった花を観賞することができました。 考えてみると、そもそも買ってきた宿根草の苗が咲かないって、あまり想定していないんですよ。 ところが今年お迎えした一部の宿根草は、結局花が付かなかったのです。一見順調に生育していたのにー。 いやはや。 栽培環境が不適で株が貧弱とか、虫や病気のせいでもなく、原因不明ななんですよねえ。 // ペンステモン ハスカーレッド 今年はペンステモンに興味が向いて、お馴染みになりたかったんです。 で、耐暑性が高そうなハスカーレッドとスモーリーをお迎えしたのが3月下旬のことでした。 葉の…

  • 立派な刺の新天地に育てたい

    // 今、小生には見えています。 ベランダのサボテンがイキイキとしている姿が。 この盛夏こそ彼らサボテンの季節。光を浴びて、刺を伸ばすのだ。 今こそ読者の皆さんはサボテンに目を向けないといけません。小生はサボテンを記事にしないといけません。 サボテンの魅力を、今回は新天地の魅力を、一緒に感じようではありませんか。 見違えるほど膨らんだ 新天地は我が家の多くのサボテンと同様、3月にお迎えしました。 当時は球径約20 mm。 まん丸で薄い緑、カワイイですね。 刺もそれほど発達していないので、球体表面のボコボコが目立ってます。 新天地は刺を重視して、陽によく当てるように気を使っています。 陽射しが十…

  • 夏のうちに片付ける!家の周囲のデッド スペース

    今回は植物紹介はお休み、写真もありません。 悪しからずご容赦を。 我が家の庭、残念な現状 我が家はバブル期に開発された、古めの地域です。 割と狭い区画なので、隣家が間近で中途半端に狭い庭。 庭は南向きなんですけど、隣家が迫っているので陽当たりは悪いです。 古い仕様の家ですから、四辺は防草措置は取られていません。 しかも中古住宅なので、ガラクタが置いてあったりして、いやはや。 そんなわけで北側と東側の約1 mの通路スペースが完全に死んでいたんです。 こちら東側通路になりまぁーす。 恥を忍んで、こんな感じ。 とにかく陽当たりは悪く、夏の間だけ約2時間程度陽が射しますが、冬は暗黒です。 奥に物置があ…

  • 我が家のマミラリアの中では一番膨らんだ月影丸

    // 先月からサボテンの球径を記録しています。 生長の様子がパッと見た目にわからないことがあるので、数値で実感したらどうかと思って。 100均でオモチャみたいなノギスを買ってきて、これでバッチリ。 これからは、気が向いたときに測ってみることにします。 長期間測れば面白いことがわかると思いますし、球径のデータだけでも数が集まれば、あれこれ考えられて楽しいですよね? 7月一番生長したマミラリアは月影丸でした 既に7月どれだけ育ったかがわかりました。 それほど多く所有していないマミラリアのなかで、一番生長したのは月影丸でした! クリクリの赤い鈎刺に白い副刺。 マミラリアらしいぼこぼこした球体で、愛ら…

  • スカビオサ オクロレウカはこの時期咲くので貴重です

    // あぢぢ、 この前までは、雨で庭仕事できませんでしたが、今度は酷暑で長時間外に出られませんね。 庭の花は少なくなっていますが、ゼロではありません。 こういう時期の貴重な花を少しづつ紹介しなくてはいけません。 // 白いスカビオサ、原種系 これまでもスカビオサをいくつか紹介してきました。 スカビオサ好きなんですよ。 www.gensan.blue あ、そういえば、エース オブ スペードはこの暑さでかなりマズい状態になっています。 夏越えは難しそうです・・・。 www.gensan.blue スカビオサは花の形だけ同じような雰囲気で、草姿のバリエーションに富んでいますね。 今回のスカビオサはス…

  • 海王丸は緑の玉のようにふっくらしています

    // 花が絶えてしまった我が家の庭を見るにつけて、夏はサボテンの季節なんだろうなあと 思います。 で、今日は海王丸です。 我が家の海王丸は、いたって普通の特徴が無い個体です。 お迎えした時には早速記事にしています。 www.gensan.blue 拙ブログで1種類のサボテンだけで1記事を書いたのはこれが初めてだったんですね。 記念すべきサボテンです。 その後も海王丸は育ち続けています 海王丸はその後も生長を続けていて、現在はこんな感じです。 濃緑色でふっくらプリプリに育っていますね。もうすぐ2.5号鉢から鉢増しすることも考えないといけません。 刺は相変わらず、素直で長めですね。 最近見慣れてき…

  • バラの新苗栽培~ボレロが名花であることを再認識しています

    // この盛夏というか、酷暑の季節はどうやり過ごしたらいいんでしょうね。 週末に庭の宿根草を見て回るのが怖いです。 どれだけ弱っているのか心配な季節になりました。 この過酷な時期でもボレロはちゃんと咲く 梅雨の涼しい時期が長かったので、全体的にバラはよく咲いてくれました。 ところが梅雨明けからは一転して、咲く花はどれも小ぶり、花弁が少ない、すぐ傷む、花色も薄い・・・と、しばらくは咲かせないで摘蕾を第一に考えないといけません。 もうちょっと早く咲いてくれれば良かったのにね、と言葉を掛けつつ朝から凋花切りしていくのは残念至極。 そんな中ボレロだけは綺麗な花を見せているので、その耐暑性に驚いています…

  • 形が変わってきた玉翁と生長が確認できた金洋丸

    // 1ヶ月前、何となくマミラリア属の玉翁と金洋丸をペアにして記事を書いてみました。 www.gensan.blue おそらく拙ブログの中でも1,2を争う地味な記事。 マミラリアが動いたところで、普通の人の心は動きません(笑) ところがこの1ヶ月でどちらも生長を続けていて、育てている小生としては面白いと思っていたので、懲りずに続きをご覧いただこうと思います。 玉翁は大きくなりました 動き出した玉翁は、どういった方向に行くのかと思っていたところ、高さを出す方針のようです。 冬に植替えた時には、球体が半分埋まっているぐらいの深植えにしたのですが、だんだんと上にあがってきました。 徒長、じゃないです…

  • ゴールデン セレブレーションは満足の返り咲き、ガートルード ジェキルに期待するのは酷

    // やっと梅雨が明けましたねえ。先日の日曜日には、散髪して、久しぶりに洗車して気分も晴れやか。 今日の記事は我が家のイングリッシュ ローズです。一番花の後、返り咲きの様子を見つめながら感じたことをひとしきり。 // 春のゴールデン セレブレーション振返り 春はオベリスクで(それなりに)キレイに咲いてくれたゴールデン セレブレーション。 ↓↓ 詳細はこちらをご覧ください。 www.gensan.blue おそらく記事の直後ぐらいが一番花が多かったみたいです。モチロン紹介できていませんので、最盛期の様子がこちらです。 まあまあですね、ちょっと残念なくらい(笑) 今年のオベリスクは枝の間隔が開きす…

  • バラの新苗栽培~マダム アルフレッド ドゥ ルージュモン編(その3)

    // バラの新苗生長シリーズ、マダム アルフレッド ドゥ ルージュモン編は第3回になります。 前回までは同時購入したフランシス デュブリュイと同時紹介でした。 www.gensan.blue デュブリュイと同様、ルージュモンも順調です。 細かいところでは腹ペコ青虫とか尺取虫とかいろいろあるんですけど、特記事項にはならない程度ですので大丈夫。 ちょっと前ですが、7月下旬になってからのルージュモンです。 前回ご紹介の6月中旬からそれほど変化ありません。 上の方で枝と葉が増えて、下の方の葉が黄変していますね。見栄えが悪い。 それ以外はシュートが出るわけでもなく、枝も細いままで、確かに変化ありません。…

  • すっかりグリーンになったホスタのトゥルー ブルーが開花しました

    急に暑くなりまして、小生が一番困るのが週末ランニング。 暑熱順応が苦手な体質のようで、夏はまともなトレーニングになりません。 脚が疲れる前に身体が熱くなって、力を入れられなくなってしまいます。 熱中症気味になると数日響きますので(何回かやっていて危ないです)、無理せずスピード系の練習にしましょう。そう言いつつ無理したくなっちゃうので、自戒の意味を込めて。 トゥルーブルーの開花 ホスタの開花、フランシーに続いてはトゥルーブルーです。 この時期で他に花穂があがってきていませんので、これでホスタの花は終わりかもしれません。ちゃんと育てて、来年はもう少し色々な花を比較してみたいなあ。 さて、我が家で唯…

  • バラの新苗栽培~フランシス デュブリュイ編(その3)

    // 我が家は関東地方ですので、昨日と一昨日の陽射しは嬉しかったです。 いきなり夏の、なんというか圧力を感じる陽射しで、早く慣れないと夏バテですねこりゃ。 フランシス デュブリュイ梅雨を過ごす バラの新苗生長シリーズ、フランシス デュブリュイ編は第3回になります。 前回は切り花での登場だったんですね。 www.gensan.blue あれから40日、順調で特に変わりはありません。 前回の開花で切ったすぐ下から芽が出て、7月下旬に2番花が開花しました。 蕾も6、7個はついたので充分じゃないでしょうか。 株元は変化なし、これで2本の枝のまま。 連日の雨だったので、これまでのところ水遣りは楽です。6…

  • 中玉トマトのフルティカとシンディオレンジを同時に栽培して正解でした

    久しぶりの晴れ。台風とか言ってますけど、先のことは置いておいて、夏の陽射しを歓びましょう。 さて、 // 我が家で栽培している夏野菜は中玉トマトだけ。3週間前から収穫をはじめて、その後もまずまず順調です。 www.gensan.blue ビニールマルチ vs 今年の梅雨 トマトは乾燥しているところに急に水を与えると、熟している果実は水の過吸収で裂果してしまいますよね。 裂果は果実が大きいほど、食感が良い果皮の薄い品種ほど起きやすいみたいですから、そういったトマトを植えている方は、今年のようなシッカリした梅雨はなかなか大変だったのではないでしょうか。 小生は今年初めてビニールマルチを導入。 路地…

  • 小生がイエルバブエナを紹介しても、オシャレになりそうもないのが残念

    // 唐突ですが、皆様お好きな飲み物は何でしょうか? 小生ストライクゾーンが広いので、皆様にサーブして差上げたい飲み物はいろいろあります。 中でも今年はミントを使ったモヒートが専らです。 // キューバミント、イエルバブエナを知らなかった小生 使用するのはキューバミントのイエルバブエナです。 この春、レンセンカさんのブログでイエルバブエナを初めて知りました。 www.letsherbslife.work で、このブログを拝読した左党の小生は 「そんな南国風のミントが世に蔓延っているのに、この年寄りになるまで知らんとは汗顔の至り」 と思いつつ、丁度春のホームセンター園芸コーナーをブラブラしていた…

  • ヒューケレラ タペストリーは夏に弱い、でもきっと大丈夫!!

    // 蒸し暑いですねえ。 これからが夏本番で、宿根草にはツライ季節です。 高温多湿に弱い、とよくラベルに書いてあります 寒さに強いと言われる宿根草では夏越しが難しい種類が多く見られます。 原産地の環境では多年草なんですけど、我が家のような関東地方では夏の暑さに耐えられずに枯れてしまうのです。夏の暑さは熱帯並みですもんね。 花の苗を買う時にスルドイ眼差しでラベルを睨んで、まずどこを見るかというと「高温多湿に弱いので」との記載があるかどうかです。ほとんどの場合あるんですけど。 できるだけ購入希望の苗ラベルには、「暑さにも比較的よく耐えます」なんて書いてあって欲しいですね。 そうは言っても高温多湿に…

  • 遅れ馳せながら、今年のプリンセス ドゥ モナコです

    // 今日はいきなり本題 今年我が家のバラの中で、マトモな開花から最も遠かったプリンセスドゥモナコ。 ようやく写真を撮れるような開花を見ることができました。 この時期にしては花も大きくて、ピンクの発色も良好です。 モナコ特有の覆輪がキレイ。 一日ほど遅れた花も同時に咲いています。 株全体の様子はこちらです。 一番左は古いお花で、ちょっと褪色してしまっています。でもこの時期ここまで褪色するまであまり傷まずに咲いているのは、嬉しいですね。 // モナコは受難の年 今年のプリンセス ドゥ モナコは春にブラインド、その後も咲く花すべて開花中に花弁が傷んでしまうという事態。 www.gensan.blu…

  • 兜丸の花のように輝く太陽を求む!

    // さすがに何とかして欲しいですね、日照不足。 我慢強い小生でも、曇り空に飽きてきました。 でもどんな夜にも終わりが来ます。梅雨明けの見込みはまだハッキリしませんが、関東地方の週間天気予報にも晴れマークが付くようになっているじゃないですか。 そんな折、一足先に我が家に太陽降臨!!どーん!! 眩しいです!!兜丸に今年2輪目のお花です。 前回は6月上旬に咲いて、嬉しかったなあ。 www.gensan.blue あれからひと月半、こんなに早く次の開花が見られるとは思っても見ませんでした。 // 落花を乗越えて 前回の開花後、6月中旬の様子です。 球体上部の大きなモフモフが開花後の残骸、その横に新し…

  • アグラオネマ マリアとスパティフィラムが我が家の室内組です

    // 我が家では小生だけが嬉々として植物栽培に興じておりまして、家族はあまり庭に目を向けません。 興味が無いのは仕方ありません。 そんな家族も室内の観葉植物は割と好きみたいで、家族の一員みたいに感じてくれているようです。 陽当たりを考慮して鉢を移動させたりするのも、あまり苦にしません。 身近にあると愛着が湧くんだなあと感心しつつ、室内と庭の間に高い壁があるのが不思議でなりません。 // アグラオネマ マリアが開花してしまいました 室内の観葉植物といっても去年の秋にお迎えしたアグラオネマとスパティフィラムが居るだけです。まだ小さいですし、大したことありません。 アグラオネマは多分マリアです。 こ…

  • この時期まで咲いているゲラニウム、ロザンネは良い品種ですねえ

    // 皆様おはようございます。どうぞごゆるりと。 さあ、いよいよ日照が少ないのがニュースになってきましたね。 物事は何でも善悪表裏一体ですから、悪く取ってばかりでは疲れちゃいます。良い面を見て心を鎮めて、ストレス少なく暮らすのが吉ですよねえ。 例えば、暑さに弱い宿根草なんかはこの方が過ごしやすくて良いのかもしれませんねー、って具合です。 なんて、これも自分に言い聞かせていますが。 // ゲラニウムも忘れていません ここ数年ゲラニウムに魅了されていて、記事をきたいんですけど皆様にお見せできるような状態ではないという悲しい現実。今、ゲラニウムは花が終わっている品種が多いのです。 その中で、この季節…

  • ホスタで最初の開花はフランシーでした

    // 今日は関東地方も蒸し暑くなるんじゃないかしら。 疲れてると、そんなこと考えるだけで体力が減退するようです。いけませんなあ。 荒れて湿度たっぷりの我が家の庭を見渡すと、今はホスタのお花が一番涼しげでしょうか。 // 我が家ではフランシーが咲きました 我が家のホスタは若い株が多いので、花が咲かない可能性も大いにあります。 今年はどうかなあ、と思っていたところフランシーが最初に咲いてくれました。 これが今年最初の花です。 花弁の中央にパープルのラインが入って、透明感があって涼し気です。 このパープルのラインがちゃんと認識できれば、本当にキレイだと思います。 蕾はまだたくさん残っているので、これ…

  • デスデモーナは開花については優秀ですね!

    // 今年はバラの病気と虫が多くありませんか? 我が家ではチュウレンジハバチをいつも以上に見つけます。休日は必ず逆さに止まっているオレンジ君を見つけては摘んで駆除です。これは平日も同じだから、そのうちまずい状況になるなあ、と思っていたら、やっぱり腹ペコ青虫が大量発生です。 今年は随分と葉をかじられてしまいました。 お見せできるバラが少ない中、例外的にデスデモーナの2番花がキレイです。 // 衝動買いしたデスデモーナ 一目惚れでお迎えしたデスデモーナ、何となく個性が見えてきたような気がします。 そもそも事前情報なく、完全に衝動買いした顛末はこちらです。 www.gensan.blue ああ、無駄…