chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
tabito(旅人)
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/04/04

1件〜100件

  • 車中泊にはキッチンバサミ1本あれば十分?調理からゴミ処理まで

    車中泊の最初のころは包丁やナイフなどを車に積んでいました。でも車中泊を繰り返す中で最後の残ったのはキッチンバサミだけ!なぜキッチンバサミが車中泊で最後まで残ったのでしょうか?キッチンバサミの驚くべき便利さを紹介します。

  • 自作の軽キャンは動くマイルーム!居心地快適な車中泊の旅

    たっぷり時間があったら自作の軽キャンで車中泊の旅にでるのがおすすめ!自作の軽キャンだから自分が快適になるカスタマイズができてしまう!それもコスパ抜群なのです。軽バンやコンパクトカーを自作キャンピングカーに仕上げ車中泊を楽しんでみませんか。

  • 海の車中泊は人生のひとり旅に元気をくれる!

    海のそばで車中泊をすると不思議と元気がでてくる。車中泊のひとり旅で海の朝は新しい元気をくれる。大人のひとり旅は魅力がたっぷり!たまに海のそばで波音を聞きながら車中泊をすれば疲れも解消し明日へのエネルギーがたっぷり充電できます。

  • 【車中泊の夜の電源】モバイルバッテリーを使う方法

    車中泊ではどうしても夜の照明用やスマホの充電用の電源が必須です。今回はモバイルバッテリーがどの位の容量があればどれ位使えるかを紹介します。ソーラー発電や走行発電などいろいろ試したのですが、最も簡単で楽な方法はモバイルバッテリーを使うことです。

  • 車中泊用の枕はなにがいい?古代人の枕もありか・・

    車中泊で枕を積むのを忘れたことがあります。枕のない車中泊は結構疲れが取れないものです。車中泊にピッタリの枕と枕を忘れた時に対処方法を紹介します。枕は車中泊の旅では忘れてはなりません。

  • 60代車中泊の魅力。夫婦2人の車旅を楽しむ!

    60代は車中泊の旅のチャンスです。ひとり旅がメインですがたまには夫婦2人での車旅もいいものです。夫婦2人で車中泊をする場合は注意も必要なのです。楽しい車旅を夫婦でするときに大切なこともあります。たのしく思い出にのこる車中泊を夫婦2人で始めてみませんか。

  • 車中泊にピッタリのテーブル「少し大きめサイズ」がおすすめ!

    車中泊で使うテーブルはどれ位のサイズがいいのでしょうか?この記事では「経バン」と「コンパクトカー」で使いやすいテーブルを紹介します。テーブルの選び方で車中泊の快適度が違います。ポイントは少し大きめのテーブルを使うことがおすすめです。

  • 車中泊のひとり旅「山形天童温泉」の魅力とは?

    車中泊で東北へ行くなら山形県「天童温泉」がおすすめ!天童温泉とはどんな魅力があるのでしょうか?この記事では、天童温泉と芭蕉の山寺、おいしいグルメの紹介をします。天童温泉の車中泊の旅はひとり旅が楽しめるポイントです。

  • 車中泊のひとり旅「栃木県喜連川温泉」日本三大美肌の湯がおすすめ!

    東北の入口にあたる栃木県宇都宮市から東へ進むと有名な喜連川温泉街があります。その喜連川温泉は日本三大美肌の湯としても知られています。この温泉はスベスベしてお肌がツルツルとしてきます。とっても気持ちがいい温泉です。東北へ行く途中ならぜひおすすめしたい温泉です。

  • 車中泊用ラジオの選び方。シンプルで電池が長持するのがおすすめ

    車中泊の夜はラジオがおすすめ!ではどんなラジオを選んだらいいのでしょうか?車中泊で使うラジオの選び方を紹介します。テレビやスマホ、PCやタブレットなどを使いましたが、最後はラジオに落ち着きました。その理由も解説します。

  • 夏の車中泊で便利!シンプルなガスバーナーとコッヘル

    夏の暑い季節はお湯がすぐ沸くので簡単に使えるガスバーナーとコッヘルがあれば便利です。ガスバーナーが1つあれば車旅も面白くなる。定番ともいえるガスバーナーはシンプルで万能だから大自然の中では魅力が出てきます。実際に車中泊で使ってきましたので紹介します。

  • 駿河湾一望の絶景!新東名「NEOPASA駿河湾沼津下り」がおすすめ

    静岡県の沼津には絶景のサービスエリア「NEOPASA駿河湾沼津下り」があります。特に夜景はきれいでトイレもきれいでフードコートがあって便利。一般道路からも利用できるので駐車場が空いていれば一晩の休憩も可能です。とっても便利で無料とは思えないサービスエリアなのでおすすめです。

  • 軽バン「標高2,172m」を超える!日本国道最高地点の通過記録

    2018年の6月に軽バンで「日本の国道最高地点」を通過した記録です。中古の軽バンで迷い込んだ国道292号。そこを進むと恐るべき上り坂へ!エンジン全開でのチャレンジと下りの効かないエンジンブレーキと加速する恐怖!どんな車中泊の旅だったのか紹介します。

  • 【車中泊】フラットな床をコンパクトカーに作る方法

    コンパクトカーはフラットな床で車中泊ができるのでしょうか?狭い空間の小さな車でも工夫次第で快適に寝れるフラットな床で車中泊が楽しめます。今回はパッソを使って1分でフラットな床にできる方法を考えました。車中泊で試したレビューも参考にしてください。

  • 【車中泊】夏の虫除け対策!窓のネット不要?

    車中泊では暑い季節を迎えると「虫除け対策」が大切になります。窓のネットや網戸が不要でかんたんな虫除け対策の方法を紹介します。これからの季節の車中泊にむけてテストしてきました。その結果、「蚊」や「ブヨ」への効果がどうだったのかも紹介します。

  • キャンプ用品の落とし穴?初心者こそレンタル併用がおすすめ!

    アウトドアでキャンプはワクワクするもの!そこで初心者が必ず後悔することがあります。それは最初からキャンプ用品を買い込んでしまうことです。この記事では、初心者がキャンプを始めるときにどんな注意が必要なのかを解説します。失敗しないためにレンタルする方法も説明します。キャンプを楽しむためにもぜひチェックしてほしいポイントです。

  • 車のひとり旅は自由気まま。車中泊の魅力と楽しみ方

    車で行くひとり旅の魅力は語り切れない。そんな大人のひとり旅は一度はしてみたいもの。ツアーや温泉旅行では味わえない魅力が満載。車中泊をしながら自由気ままな車旅は元気を取り戻す旅。今回ははじめて車旅をしてみたい方にその魅力と方法を紹介します。ぜひ参考にしてくほしい。

  • 【車中泊】暑い夜の対策!安く涼しく過ごす3つの方法

    暑い季節は車中泊の夜が問題。車内はとても暑くて眠れないこともあります。どうしたら涼しく安眠できるのでしょうか?実はお金がかからず普段あるものも利用すれば一晩涼しく過ごせる方法があります。実際にやってみたらもう手放せません!その方法をご紹介します。

  • 車中泊用ダンボール【窓の目隠し】にイラストを描く!その効果とは?

    車中泊の夜には窓の目隠しが必須です。防犯上の対策もあるしプライバシーを守るためにも目隠しは大切な役割があります。そこで作ったのがダンボールを使った目隠しです。でも、そのままだと殺伐としているのでデザインを施してみようと考えました。その効果をご紹介します。

  • 60代ひとり旅を遊ぶ!自分を解き放す魅力

    ここまでよく生きてきたものです。もう人生もラストコーナーに差し掛かった60代。そろそろいろいろなしがらみを解き放して身軽になってもいいころ。ひとりになると見えてくるものがあります。ひとり旅の魅力はあたらしい自分との出会いかもしれません。車中泊を通して大人のひとり旅の魅力を紹介します。

  • 【車中泊】窓の目隠しをダンボールで簡単に自作する方法

    車中泊で窓を目隠しをダンボールで簡単に自作する方法を紹介します。一度作っておけば何度でも簡単に同じ目隠しが作れます。ダンボールを利用することでメリットも出てきます。不要なダンボール箱を再利用するのでお金はかかりません。どんな車でも簡単に自作できる特徴があります。

  • ラージメスティン(trangia)で炊飯!おいしい2合炊きのコツと方法

    最大1.5合のお米が炊けるメスティンは2人で使うには少し物足りない。そこで大きめの「ラージメスティン」trangiaのTR-209を購入。普通のメスティンTR-210とどれ位大きさが違うのか比較してみました。お米2合をおいしく炊くコツと方法を紹介します。

  • コンパクトカーで車中泊!2人が足をのばして寝る方法

    1000ccのコンパクトカーで車中泊の旅はできないものでしょうか?実は2人でも十分な車中泊ができる方法があります。今回はコンパクトカー「パッソ」を利用してシンプルな車中泊仕様にしてみました。2人でも足をのばして寝る車中泊が楽しめます!2泊3日程度は楽に車中泊の旅ができます。

  • 【車中泊】軽バン後部の乗り降りを楽にする方法

    軽バンで車中泊をしていると後部の居住エリアから外に出る時や入るときに靴を履くのが面倒になります。この出入りを楽にする方法を紹介します。短時間に靴を履いたり脱いだりできます。また雨の日にも出入りが楽になるのでおすすめです。

  • 車中泊でおいしい缶詰ご飯!メスティンで炊く方法

    長旅の車中泊ではご飯もマンネリに!そこでたまには缶詰で混ぜご飯を炊いてはどうでしょうか?その方法とは「メスティン」を使っておいしく炊きます。どのようにメスティンでご飯を炊くのかご紹介します。今回はイワタニジュニアのコンパクトバーナーを使いました。おいしく炊けますよ!

  • 車中泊で日帰り温泉!旅先で見つける方法

    車中泊の旅先で見つける日帰り温泉は大人気!車旅と言えば「日帰り温泉」は外せません。温泉の基礎知識と日帰り温泉の見つけ方を紹介します。また今まで旅先で見つけたちょっとうれしい日帰り温泉を紹介します。

  • 【車中泊ひとり旅】夕暮れに灯すおしゃれなランプ

    車中泊のひとり旅に出ると夕暮れがとてもきれいです。ひとり旅は滞在する場所で疲れた心が癒される旅でもあります。そんな旅の夕暮れにおしゃれなランプが灯ると一気に素敵な世界に変わります。思い出に残るとても素敵でおしゃれなランプを紹介します。

  • 車中泊ひとり旅!定年後だけの特別な魅力

    定年後の趣味で大人気の車中泊のひとり旅。定年後なにかをやってみたい!なにかに没頭してみたい!そんな魅力が満載の車中泊の旅。それもひとり旅ならではの魅力があり、さらに定年後となるとさらなる魅力が待っています!定年後だからこそぜひチャレンジしてみたいのが車中泊のひとり旅。どんな魅力があるのかご紹介します。

  • 子供と遊びに行けるキャンプ場の探し方

    小さい子供が安心して遊べるキャンプ場はあるのでしょうか?子供を連れていけるキャンプ場を探す方法とおすすめのキャンプ場を紹介します。子供と一緒に思い出作りにキャンプに行くときは、安心なキャンプ場を選びたいものです。お酒を飲みながら楽しんでいるグループのそばでは、ちょっと心配になりますよね!

  • 車中泊でおしゃれなコップ!割れないから安心

    車中泊のひとり旅では飲み物を飲むときに使うのは、ステンレスのマグカップが少なくありません。でも、時にはグラスでおしゃれに飲んでもいいかもしれません。ちょっとリッチな雰囲気の車中泊の旅が楽しめます!割れないコップやグラス、ワイングラスの種類を紹介します。

  • アウトドア「キャンプ」には3つの健康効果

    多忙な日々を送っているといつの間にか身体はストレスまみれに!実はアウトドアのキャンプにはこんな身体を元気にする3つの健康効果があります。大自然の中に身を置くだけでもうれしい効果があります。キャンプが持っているパワーを紹介します。キャンプでストレス解消しましょう!

  • 車中泊で行く!奥会津で春のふきのとう探しの旅

    毎年、春が訪れるころ300㎞車を走らせていくところがあります。大自然の中の雪の下で育ったふきのとうが顔を出す秘密の場所。苦みの効いたふきのとうが絶品の味わいを出す季節なのです。車中泊ならではのシンプルな旅は、一層この時期のワクワク感を倍増させます。

  • コスパ抜群・電源不要!キャンプで使える炭酸水メーカー

    キャンプで簡単に炭酸水が作れる「炭酸水メーカー」があります。大自然の中でのむハイボールが炭酸水でおいしく作れます!コスパもよく、電源不要とキャンプにはとても向いている炭酸水メーカーです。ひと手間かけて楽しめるのでおすすめです。ハイボールのおいしい作り方も紹介!

  • 車旅の原風景・幼いころトラックで父と超えた峠と湖

    いつから車旅が好きになったのか、いまだにわからないのです。でも、ひとつだけ鮮明に今でも残っている記憶があります。父はすでに30年近くまえに元気にあの世に行ったのですが、その父との思い出です。父はたたき上げの長距離トラックの運転手で主に東北か

  • 【車中泊用】使えるポータブル電源の選び方

    車中泊で大活躍するポータブル電源!しかし、どう選んだらいいのでしょうか?経験もふまえ車中泊で使えるポータブル電源とバッテリーの選び方を解説します。家庭で充電したり、ソーラー発電で充電したり、走行充電したり、様々な方法があります。これからの季節はアウトドア楽しみもあるので、使える電源があると便利です。

  • 車中泊でソーラー発電を使うメリットとは?その効果を紹介

    車中泊の旅ではどのように電気を確保するかが課題となります。特に長期間になる車中泊ではその重要性が増してきます。そこで利用したいのがソーラー発電です。太陽光の自然エネルギーを利用した発電は天気さえよければ自動で充電をし続けます。車中泊の旅ではソーラー発電がどのようなメリットをもっているのかを紹介します。

  • 湧き水を見つける旅!車中泊の朝茶は心安らぐ

    車中泊の旅をしていると、おいしい湧き水に出会うことがある。都会では見ることのできない「湧き水」の透明でこんこんと絶え間なくあふれ出る水。「水って、こんな風だったんだ!」と感動します。湧き水で飲む朝茶は車中泊ならではの楽しみです。

  • 窓から春のしおかぜ!海辺で贅沢な車中泊

    とっても気持ちがいい春先の車中泊!特に海辺のドライブは春の潮風と柔らかな日差しと磯の香で最高の季節でもあります!春ならではの発見もあるから面白い。春の海へ出かけてみませんか!千葉県の外房の春に光景をご紹介。

  • 夢中で遊ぶ!車中泊ひとり旅の魅力

    多忙な仕事やいろいろある生活から離れ、ひとりで旅に行きたくなりませんか?そして自由に開放されて夢中で遊んでみると、見えてくるものがあります。おとなのひとり旅は魅力がいっぱい!そんな夢のひとり旅を車中泊は叶えてくれます。魅力満載のひとり旅で新しい生き方をみつけられるかも・・・

  • 車中泊の思い出がたくさん!旅を共にしたこのクッカーは一生もの

    車中泊の旅にはクッカーを必ず持っていきます。ご飯を炊いたり、お湯を沸かしたり、卵やウインナーを焼いたり、いろいろ活躍するのがクッカーです。車中泊の旅でいいクッカーをじとつ持っているとどんな嬉しいことがあるのかご紹介します。シンプルなクッカーこそ、旅の思い出をたくさん作ってくれます。

  • 車中泊のひとり旅!軽バンで走る旧街道・裏街道の魅力

    時には古の旧街道をゆっくり軽バン走らせる。当時、この街道を歩いていた旅人の姿が目に浮かびます。高速を使わないで下道をこつこつを走ると、そこには意外な歴史に遭遇する面白さがあります。車中泊のひとり旅は奥深さを感じます。

  • ひとり旅の朝風呂は最高の贅沢!日本海を望む車中泊の魅力

    車中泊のひとり旅では夕方お風呂が見つからないこともあります。でも、翌朝車を走らせると早朝から開けている温泉を見つけた!これは幻か・・・。日本海を望む温泉は、旅の疲れを芯からいやしてくれた。そこで出会った旅の夫婦は、軽のジープで東北にむけて温泉を後にした。すれ違っただけなのに、妙に身内の様だった。

  • フラットな床でなくても、車中泊を楽しむ方法とは?

    車中泊を楽しむにはフラットな床でないとだめでしょうか?いえいえ、そんなことはありません。小さなコンパクトカーでも車中泊を楽しめます!今回はコンパクトカーに車中泊ができるように設定する方法を紹介します。レンタカーでもできるので是非楽しんでみましょう!

  • 車中泊で定番のあのバーナー。いま大人気の理由

    今、車中泊であの定番のコンパクトなガスバーナーが人気なのです。昔からずっと使われていて車中泊では誰しも知っている定番「イワタニジュニアコンパクトバーナー」。ところがなぜいま人気がずっと続いていてトップクラスなのでしょうか?その理由を調べてみました。

  • 車中泊で羽毛(ダウン)の寝袋は暖かいのか?5年目の感想

    車中泊で高価な羽毛(ダウン)の寝袋は実際に暖かいのか?実は今年5年目を迎えたモンベルの寝袋。本記事では「車中泊と寝袋」「羽毛(ダウン)の寝袋とは?」「モンベルの羽毛(ダウン)寝袋を5年間使った感想」を紹介します。寝袋の温度表示の見方も紹介します。

  • 車中泊「段ボールで暖かいフラットな床」の作り方

    車中泊の簡単で暖かいフラットな床の作り方を紹介します。床の作り方は何種類か紹介していますが、今回は段ボールで暖かくソフトな車中泊用のフラットな床を簡単に作る方法です。すぐに元に戻せるのがポイントです。段ボールと銀マットがあれば完成します。

  • 人生のわすれものを拾う南イタリアひとり旅。大人の旅はこれから

    人生にはやり残したことややり忘れたことがあるもの。大人のひとり旅は、そんなわすれものを拾う旅かも知れません。

  • 定年になったら車中泊のひとり旅に出よう!人生の楽しみはこれから

    長い間、お仕事お疲れさまでした!無事に定年を迎えたら車中泊の一人旅に出てみませんか?本記事では「定年後の車中泊の旅」「一人旅だから・・」「人生の楽しみはこれから!」をご紹介いたします。本当の楽しみは、定年後から始まります!

  • 車中泊もオール電化時代か?ポータブル電源の進化

    数年前までは手が出なかった大容量のポータブル電源がリーズナブルな価格で買えるようになってきた。本記事では「車中泊と電源」「進化するポータブル電源」「簡単な電化で車中泊スタイルも変わる」をご紹介いたします。火を使わない車中泊スタイルの選択もありですね。

  • 車中泊で美味しい食事を探す方法!その土地の食材を食べる

    車中泊で各地を旅するとその土地ならではの美味しいものに出会う時があります。この記事では「車中泊は美味しいものとの出会い」「車中泊で美味しいものを見つける方法」「今までに偶然見つけた美味しいもの」を紹介します。車中泊の旅に出たら美味しい食べものとの出会いも楽しみです。

  • 新しい旅が始まる!ひとり旅は気ままな遊び

    ぼくのひとり旅はどこへ向かうのだろうか?新しい年が始まった。自分に素直なひとり旅をしてみたいから、白地図の上を歩いてみたい。人はいつまでも旅人なのかもしれない。歩く旅、車中泊の旅、大人のひとり旅、どんなジャンルの旅でも楽しんでみたい。今年の旅はいよいよ歩きだしました。

  • 真冬は軽バンの中が居場所になる!暖かいプライベートスペース

    寒い時期には軽バンの中があったかい居場所になります。いろんなことができるプライベートな居場所こそ軽バンの最大の特徴かもしれません。一度自分の居場所を軽バンに作るとやめられなくなります!しかも移動できるので便利です。

  • 旅のスポット「静岡・沼津港」絶品の海鮮丼

    旅のスポット「静岡県の沼津港」をご紹介します。実は沼津港には海鮮丼など新鮮な海の幸が楽しめるスポットがあります。関東から日帰りで行けるメリットもあります。地元で水揚げされた新鮮な天然物の魚を使った海鮮丼はまさに絶品ではないでしょうか。

  • 車中泊のひとり旅は自分と出会う旅

    車中泊のひとり旅は自分と出会える旅。ひとは生まれた時からひとり旅に出たのかもしれません。車中泊に魅力を感じるのは自分と出会えるから。年を重ねるからこそ車中泊の旅は深みを増していく気がしています。若いころひとり旅に出たように、リタイアしたらまた新しいひとり旅が始まります。

  • 冬は「道の駅」巡りでお宝が見つかる?年末の日帰りの旅

    年末が近くなると道の駅が賑わいを増してくる。実は普段は並ばない「お宝」が顔を見せるのです!冬こそ日帰りの旅がワクワクするのです。本記事では「年末の道の駅は賑わう」「お宝が並ぶ冬の道の駅」「冬の日帰りの旅は面白い!」を紹介します。年一回だけの年末を楽しみましょう!

  • 車中泊のひとり旅はワクワク!偶然に歴史的な場所に出会うことも?

    車中泊の旅では思いもかけない歴史的な場所に出会うことも!偶然に出会うワクワク感のある旅でもあります。そんな車中泊の旅は大人が楽しめるものを持っています。ある点で計画の無い自由な旅の方が面白い時もあります。

  • 大人のひとり旅は軽バンが心地よい!絶妙に落ち着く車中泊の空間がある?

    多忙な日々から開放される大人のひとり旅は軽バンの広さがなぜか落ち着くのです。わずか4畳半の半分の広さは絶妙な居心地をもたらしてくれる魔法の車です。そんな軽バンに乗って、大自然に溶け込めばストレスなどどこかに飛んで消えてなくなります。軽バンと車中泊はベストな調和を持っています。

  • 初心者のための真冬の車中泊ガイド

    真冬の車中泊は寒さから快適に過ごすにはどのような準備が必要なのでしょうか?本記事では「真冬の車中泊とは?」「真冬の車中泊で準備すること」「真冬の車中泊の注意点」について解説します。初心者が安心して車中泊を楽しむためのガイドです。

  • 栃木県「日光」紅葉がきれい!日帰りひとり旅

    栃木県の日光は紅葉でも有名な観光地です。紅葉を撮影に行ってきました。大自然が生み出す紅葉の色彩は心を豊かにしてくれます。紅葉を見る一人旅もまたいいものですね。

  • 冬の車中泊「結露対策」で快適な車内!簡単な方法

    寒い季節がやってくると車中泊では結露が気になりませんか?朝方になると窓や車内のあちらこちらに水滴がたくさんついていることがあります。本記事では「冬の結露はすごい!」「車中泊の結露対策」「結露対策のポイントは3つ」について紹介します。

  • 温泉宿で癒す一人旅!栃木県那須塩原のお湯と自然

    日本には良い温泉宿があるものです。旅の疲れを癒してくれる栃木県那須塩原温泉は自然の中でゆっくり休めます。車中泊の合間に温泉でリフレッシュするのもおすすめです。渓谷の遊歩道を歩くと気持ちの良い風と空気で体も心もスッキリします。

  • ドライブや散策、日帰り旅のお茶タイム!コンパクトバーナーが便利

    日本には四季があり、その時々で様々な景観を見せてくれる山々や海の景色。そこで、ドライブや散策の日帰り旅でのお茶タイムを楽しむために一つバックに入れておきたいのがコンパクトバーナー。休憩でお湯を沸かすのが楽です。車旅や車中泊の一人旅でも持っていると重宝します。

  • キャンプ用品は「買うべき」か「レンタル」か?初めてのキャンプ用品の選び方

    大自然の中でのキャンプは人気ですね!そこで悩むのがキャンプ用品は買うべきかレンタルか?という問題です。本記事では「初めてのキャンプには何が必要?」「キャンプ用品は利用頻度で決める!」「キャンプ用品を買う場合」「キャンプ用品をレンタルする場合」を説明します。

  • 車中泊は60代あこがれの旅!自分の居場所が移動するから?

    車中泊の旅は、何歳でも楽しめる自分だけの自由な旅です。でも、60代の車中泊の旅は少し趣が違います。自分の居場所そのものが車と一緒に移動するからです。60代の車中泊の旅は人生の中で最高にワクワクする旅かもしれません!

  • ブログ「旅遊び」車中泊の旅で人気のグッズを紹介!

    ブログ旅遊びを見てご購入いただいた人気の車中泊グッズを紹介します。ミニテーブル、バーナー関連、ランプ、電源、マット、食事関連のグッズなど人気のアイテムばかりです。車中泊の旅の参考にしてください。

  • 日本海に沈む夕日、車中泊の一人旅は大人の贅沢

    日本海に沈む夕日を見ていると男の一人旅はとてもいいものです。実は、山形県の道の駅から見る夕日はとっても贅沢な時間をくれます。たまたま立ち寄った場所は絶景でした。

  • 定年後の「車中泊の一人旅」は価値がある?60代の車旅は面白い!

    定年後に車を買って車中泊の旅に出る価値はあるのでしょか?実は、車を用意して車中泊の旅に出る価値は60代の黄金時代だからこそあると思います。この記事では「定年後の車中泊の旅で得られること」「定年後の車中泊の車とは?」「定年後の車中泊は面白い!」を紹介します。これから行こうと考えている方、ぜひ参考にお読みください。

  • 軽バンの床下収納は便利か?車中泊用にフラットな床を改造するポイント

    軽バンに車中泊用の床下収納を作った方がいいのでしょうか?本記事では「車中泊の荷物は増える?」「軽バンの床下収納は便利か?」「軽バンをシンプルに使うコツ」を紹介します。軽バンは荷物をシンプルにして軽く使うとメリットも増えます。

  • 車中泊おすすめグッズ20選!シンプルでタフな道具と装備

    車中泊を20年にわたり楽しんでいる筆者が、実際に使ったグッズの中から最終的に選んだ「装備」と「道具」を紹介します。最終的に残ったのはシンプルで長く使えるグッズです。車中泊は予測しない過酷な場面に遭遇することもあります。そんな場面でも安心して使えるアイテムは、長年の経験から選んだシンプルでタフなものです。

  • 男一人旅の魅力を紹介!一人旅の楽しみ方・過ごし方・おすすめの旅先も解説

    男の一人旅は、自由で気ままなことが人気です。では、どうしたら男の一人旅を楽しめるのでしょうか?この記事では「男一人旅の魅力とは?」「男一人旅を楽しむ方法」「男一人旅の過ごし方」「男一人旅のおすすめの旅先」を紹介します。

  • 晩秋だから車中泊の一人旅!わくわくがいっぱい待っている!

    初秋から晩秋に向かう季節。この時期の車中泊の一人旅は最高にワクワクする時です。1年の中のほんの一瞬だけ訪れる最高の季節を車中泊で味わうことができます。今回は「ワクワクする秋の車中泊」「日帰り温泉は最高!」「持っていくと楽しめるグッズ」を紹介します。

  • 定年後の一人旅!放浪の車中泊は夢がいっぱい

    ビジネスの第一線で疲れた心と体。車中泊の一人旅は、乾いた心に夢と潤いが蘇ってきます。リタイア後、定年後だから一人旅に出かけたいものですね。車中泊ならお金もかからず、自由気ままに好きな場所で好きなように時間を過ごすことができます。

  • 車中泊で魅力の一人旅!持ち物・車とDIY・車中泊スポットを紹介

    車が好きで一人旅が好きなら、旅先でそのまま車中泊したくなることもありますよね。車中泊で一人旅をする魅力とはなにか?車中泊で必要な持ち物の紹介、車中泊に適した車の選び方、自分で車をDIYする方法、車中泊のスポットなどを紹介します。これから車中泊で一人旅にチャレンジしてみたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。思い出に残る車中泊の一人旅が楽しめます。

  • メスティンでご飯を炊く!車中泊で食べるご飯は絶品です。

    車中泊の醍醐味は自分で作るご飯ではないでしょうか?ひとり旅では、自由で贅沢な時間をつかってご飯を炊いてみましょう!定番のメスティンを紹介します。大自然の中で自分で炊いて作ったご飯は、無いものにも代えがたいおいしい味がします。

  • ソロキャンプで、設営・撤収が簡単なテントの紹介。雨の中でも荷物を濡らさない!

    ソロキャンプのテントは簡単に設営できるのがほしい!ひょっとして「テントを張るのが面倒になった」のではないでしょうか?そこで、ぼくが使っているテントで10分もあればセットできるものがあり紹介します。設営・撤収が簡単だと使うのが長続きしますよ!

  • キャンプであると便利な「炭酸水メーカー」?シュワシュワでおいしくなります!

    「キャンプであると便利なものはなんでしょうか?」もしかして、最近キャンプで楽しめるグッズをお探しでは?今回は「炭酸水メーカー」「使い方は様々」「お家でもキャンプでも使える」を紹介します。これ1台あるとみんなが楽しめます!

  • キャンプでおいしくお肉を焼く!メリットとデメリットを紹介します。

    キャンプでおいしくお肉を食べる良い方法とは?その時のメリット・デメリットはなに?記事の中で「アウトドアでお肉を焼く方法」「お肉を約メリット」「お肉を焼くデメリット」を紹介します。アウトドアでお肉を焼いて食べるのは、お家とは別物のおいしさになります。

  • 車中泊でよく冷える小さなクーラーボックス!アイスクリームが持ち運べる!

    一泊り車中泊で使う、おすすめのクラーボックスはないだろうか?もしかして、小さくてじゃまにならないクーラーボックスを探しているのではありませんか?当ブログの読者の方も購入されたクーラーボックスがあります。使い勝手がいいですよ!

  • 車に積んでもじゃまにならない「折りたたみベンチ」。使い道が広い!

    車旅でキャンプ用の折りたたみイスを積み込むと、じゃまなうえに狭くなってしまう!コンパクトなイスはないだどうか?こんなお悩みがあるのではないでしょうか?この記事では、折りたたみができるベンチを紹介します!いろいろ便利に使えますよ。

  • 夏の車中泊「登山用マット」でサラサラ快適睡眠!

    夏の暑い車内で快適に寝れるマットはないだろうか?この記事では「真夏の車中泊は暑い!」「真夏の車中泊用マット」「登山用マットは快適」を紹介します。猛暑の車中泊は熱中症に注意が必要です。

  • 密を避け「千葉内房・金谷」気晴らしの日帰り一人旅!

    コロナ禍で密を避けたリフレッシュの方法はないだろうか?日帰りのドライブで一人旅をしてみました。人に会うことはなく、ただ海を見に行くだけのミニ車旅。でも、とっても気持ちいいドライブになりました。

  • 車中泊でソーラー専用バッテリーを3年間使ったレビュー。メンテナンスフリーでまだまだ現役!

    車中泊で使う、ソーラー発電用のバッテリーは、どれがいいのでしょうか?この記事では「ソーラー専用のバッテリー」「バッテリーを3年間使ったレビュー」「利用する時の注意点」について紹介します。2台のバッテリーは3年経過した現在も現役で稼働中です。

  • 車中泊の夕暮れに、癒しのランプを灯す。一人旅にロマンチックを!

    また来れるとは限らない絶景の車中泊場所で、癒される光はないのだろうか?この記事では、車中泊の夕暮れをさらにロマンチックな雰囲気にする南アフリカ発のランプを紹介します。きっとその場所は最高に思い出に残る夕暮れを楽しむことができるはず・・・

  • 車中泊の一人旅!日本海が力をくれる雄大なポイント

    車中泊の旅の途中には、偶然出会うなんともいえない雄大なポイントがあります。その場所は、これからの生き方を応援してくれる力があります。雄大な景色は何物にも代えがたい宝となります。ただ、大自然に包まれているだけで、気分がワクワクしてきます。

  • 車中泊『ソーラー発電』手間なしバッテリー方式

    車中泊用の電力を賄うためどのように確保するかが問題。この記事では、省電力の「車内照明」「車内扇風機」「スマホ、カメラ、タブレット」等をメインに使うことを目的としたシステムを紹介します。なにしろ、バッテリーもつなぎっぱなしで手間いらず。安くて実用的で長期間使えます。

  • 車中泊で「水」を確保する3つの方法。地元の湧水に出会うことも!

    車中泊で飲み水を確保するにはどうしたらいいのでしょうか?この記事では、「車中泊で水を確保する方法」「水場を見つける方法」について説明します。湧水の注意点と探し方のポイントも紹介します。

  • 車中泊の朝、おいしい空気とそよ風を浴びて気分転換

    車中泊の一人旅は、これからの旅になるのかもしれません。車中泊の朝、聞こえてくる音は、自然界の鳥や風や木々がゆれて出る音です。早朝に車から出て、初めての土地を散歩してみる。自分だけのお一人様の旅は、自分を見つめ、あらたなスタートを切るエネルギーをくれる旅です。

  • 車中泊の一人旅。気がすむまで大自然に囲まれ滞在する!

    人生いろいろあって、そんな世界からちょっと離れて自由になりたいときもあります。自分一人で自由にすごせる居場所。こんな場所を探している方に、車中泊の一人旅を紹介します。

  • 車旅・車中泊「真夏の40℃の車内」で飲み物や食べ物を保存する方法

    夏の40℃以上になる車内で、簡単に冷たい飲み物を保存する方法はないでしょうか?この記事では、車中泊や車旅で必要な冷たい飲み物や食べ物の保管方法を紹介します。簡単で電気も使わずにできる方法なので、だれでもすぐに対策ができます。

  • 夫婦でキャンプ!テントの広さはどれくらい?使ってみたレビュー

    キャンプシーズン到来。ところで夫婦が過ごせるテントの広さはどれ位がいいのでしょうか?こんな疑問にお答えします。2種類のテントを使ったレビューをもとに、テント内の広さのサイズを具体的に説明します。

  • 車中泊で一晩中【扇風機】を回す方法!昼は外部バッテリーを走行充電

    暑くなる季節では、車中泊で扇風機を使うことが増えます。でも車のバッテリーが上がってしまうのでは?という心配もあります。この記事では、USB化した電源でUSB扇風機を使う方法を紹介します。

  • 車中泊キャンプは手軽で簡単!無理なく楽しむ方法

    手間を最小限にする方法が、車中泊キャンプの魅力です。キャンプとなると、テントやタープ、寝袋や調理用具など荷物が多くなります。車を横に止めてキャンプができるオートキャンプで車中泊キャンプを楽しむ方法を紹介します。

  • 「夏の車中泊」涼しい車内と無電源の冷蔵庫を作る方法

    暑い季節の車中泊の旅では、熱中症や車内の温度管理が重要です。涼しく過ごすには、どのような対策があるのでしょうか?車内の改造から熱中症対策、車の駐車方法まで詳細を解説します。

  • 車中泊の朝「雨音で目が覚める」ひとり旅の魅力

    車中泊の魅力は、普段はなかなか出会えなひと時です。とくに雨の朝は特別な時間が流れます。車中泊は大人のひとり旅をさらに癒しをもたらしてくれる旅です。

  • 軽バンで魅力のひとり旅!大人の車中泊ガイド

    軽バンを自分の隠れ家のように改造して、ひとり旅に出る魅力と方法を紹介します。大人のひとり旅は、出会いもあり、大自然に感動し、長年の仕事の疲れを癒してくれます。自分だけのオリジナルな車中泊スタイルでひとり旅にでるためのお手伝いをする車中泊ガイドです。

  • 車中泊「夜中のラジオ」世界の今が聞こえて面白い!

    車中泊でその土地ならではのことがあります。それは、夜中のラジオから流れる世界の放送局が聞けることです。インターネットの時代で情報を調べるのは万能な時代、車中泊の車内で聞くポータブルラジオのアナログ放送には旅の味わいを感じるのです。

  • 車中泊で「快適な網戸」を作る3つのポイント!

    季節が夏に向かうころ欲しくなるのが網戸です。車中泊で快適な網戸にするには3つのポイントがあります。網戸の役割と大切なポイントを紹介します。網戸は、作り方を間違えるとじゃまな荷物になってしまいます。

  • 軽バン「大自然のパノラマ!」バックドア全開で楽しむ方法

    軽バンにはバックドアがあり、使い方次第で大自然と一体になり溶け込む感覚になります。とっても贅沢な空間を作ってくれます。

  • 「軽バンのひとり旅」自由な車中泊の旅は開放感でいっぱい!

    なぜか落ち着く中古の軽バン。軽バンに乗るとはげましたくなる気分になり、旅の友になっていく。軽バンの荷台は、寝るのにピッタリの広さで居心地がいい空間。大人のひとり旅は、中古の軽バンでいくのが人生を力まず歩くようで魅力的です。

  • 車中泊「東北の春を楽しむ」旅遊びの方法

    車中泊をしながら「大自然の春」を楽しむ方法を紹介します。春といえば「ふきのとう」がおいしい季節ですね。車中泊の旅の途中で立ち寄るのも楽しい思い出になります。注意点も説明しましたので参考にしてください。

ブログリーダー」を活用して、tabito(旅人)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
tabito(旅人)さん
ブログタイトル
旅遊び 旅と遊びを楽しむために
フォロー
旅遊び 旅と遊びを楽しむために

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用