searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

tabito(旅人)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
旅遊び 旅と遊びを楽しむために
ブログURL
https://tabi-asobi.com/
ブログ紹介文
シンプルな軽バンと男一人の日本旅。ミニマルな旅と生活を楽しんでます~
更新頻度(1年)

118回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2019/04/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tabito(旅人)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
tabito(旅人)さん
ブログタイトル
旅遊び 旅と遊びを楽しむために
更新頻度
118回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
旅遊び 旅と遊びを楽しむために

tabito(旅人)さんの新着記事

1件〜30件

  • 車中泊の安眠は『まくら』がポイント

    車中泊の旅で意外とあればいいというポジションにあるグッズ。 それが「まくら」ではないでしょうか? まくらの良し悪しで、車中泊も快適かどうかが決まるくらい重要なアイテムです。 まくらの選び方を紹介します

  • 冬の車中泊『夜中の寒さ』の緊急的な対処方法

    これから真冬に向かって、どんどん気温が下がっていきます。夜中から寒さが厳しくなり「ブルブル」と寒さに震えるほど気温が下がる時があります。 冬の寒さにどうしようもない時の対処方法を説明します。 目次1

  • 車中泊の一人旅『バーナーとお湯』で暖を取る朝

    車中泊でお湯はかかせません。 特に寒くなってくるとポットが一つあると1日がホッとします。 朝起きて地元の銘水で飲むお茶やコーヒーは最高の贅沢です。 目次1 車中泊の朝、一杯の暖かいお茶がおいしい2 朝

  • 車中泊『換気で乗越える』軽バンの結露対策

    寒くなる季節の車中泊で避けられないのが「結露」です。 どんな対策をしても発生する冬の時期の結露。 ほっておくとカビの原因にもなり車中泊には厄介な存在で毎年悩まされています。 そこで、定番ではありますが

  • 都会の魅力!お一人様キャンプは東京ベイエリア

    東京ベイエリアにも、りっぱなキャンプ場があります。 いったんキャンプ場に入ると、都会と自然が不思議にマッチしているのが面白いです。 朝目が覚めると、そこは東京羽田空港から近い場所なのですが、キャンプ場

  • 車中泊の一人旅『湧き水』のある場所

    車中泊ではまだ行ったことのない地方を旅することがほとんどです。 観光旅行はあまり好きではないので、ほとんど調べないででかけます。 偶然というか「きれいな湧き水」に出会うことがあり、一口飲んでみると、そ

  • 車中泊の一人旅『秋の訪れを探しに』

    「暑さ寒さも彼岸まで」。 温暖化で普通ではなくなった日本の季節です。 でもまだどこかに日本の秋がのこっているかもしれない。 秋の訪れを感じる一人旅に出る準備をしましょうか 目次1 秋の車中泊は、ちょっ

  • 車中泊は自然エネルギー『ソーラー』で自給自足を遊ぶ

    車中泊で最も必要なものは「電気」かもしれません。 夜を車内で過ごすのでどうしても照明が必要ですね。 ランタンを電池で光らせるのも簡単で楽なのですが、どうせなら自然エネルギーの太陽を使って電気を貯めれば

  • 車中泊『山の空気を吸う』コンパクトカーの一人旅

    四季折々の顔を見せる日本の山々です。 たまには車中泊専用の軽バンを置いてコンパクトカーでスイ~っと山へ気軽に良い空気を吸いに行きたくなることがあります。 持ち物は寝袋とマット、バーナーとクッカーだけ。

  • 車中泊で『LEDランタンがまぶしい!』ときの解決方法

    車中泊で使うランタンが時いまぶしすぎる時があります。LEDランタンを適度な光量で柔らかい明りにする方法を紹介します。 車中泊でLEDランタンを吊るすと真下が暗かったり、テーブルに置くと、かなりまぶしく

  • 車中泊と避難所用「防災セット・グッズ」の準備について

    自然災害で避難所或いは車中泊になった場合の、防災セットを紹介します。 自然災害が多発している近年、緊急避難命令や指示が多数発令されています。 避難所が満杯で入れず、車中泊で避難した人も北海道胆振地震や

  • 車中泊の『安全対策』大雨の水没から脱出する方法

    近年増えている異常気象。中でも大雨による洪水で車が水没する事故が報道されています。 車が急激な増水によって水没し車内に取り残され救助されるケースも見受けられます。 特に車中泊の旅では地域の水害のハザー

  • 軽バンの車中泊『落着く広さ』でグッスリ!

    軽バンという車は「商用車」だから乗り心地は良いとは言えません。エンジンの音はうるさいし、クッションは硬くてゴツゴツを走ります。 そんな軽バンにも一つだけ大満足なことがあります。それは「落着く広さ」があ

  • 車中泊の一人旅『出会い』が面白い

    車中泊で日本を回っていると、いろいろな出会いがあります。どの土地に行っても、声をかけるとみなさんいろいろ教えてくれます。 初めて会う方ばかりなのですが、ホッとすることがあります。ずっと前からのお付き合

  • 車中泊の朝、見知らぬ土地での発見

    車中泊の旅をしていると様々な発見があります。初めて休憩で一晩明かした道の駅の朝などは発見の連続です。 初めて訪れて土地に車中泊したら、その朝は散歩をすることにしています。車に乗っているときとは違い、そ

  • 車中泊『メスティンでご飯を炊く』ひと手間かける

    車中泊の旅のもう一つの楽しみは自分でご飯を炊いてたべることです。1合のお米はおいしく炊けてすぐに空っぽになります。自宅で1合はなかなか食べきれませんが、車中泊ではおいしいのです。 目次1 車中泊でメス

  • 大きな決断の時『車中泊一人旅』の効果

    人生で何か大きな決断をする場面に出会ったとき、車中泊で一人旅をすると頭がリセットされて様々な効果を感じます。 仕事で大きな決断を迫られた時、人生のイベントで決めなくてはならない時、どちらかを選択しなけ

  • 100均グッズで車中泊!【超快適】DIYで自由な設計を楽しむ

    軽バンで車中泊を楽しんでいます。なにしろお金をかけないで快適な車中泊用の車内を改造しています。 100均店の駐車場で設計してグッズを買い、不足分はすぐにお店に直行して買い足したりします。DIYは100

  • 車中泊で使う寝袋の温度基準を確認する方法

    車中泊で使う寝袋は何℃まで快適なのか温度基準の見方を紹介します。季節が夏から秋から冬へと変わると夏とは違い用意するグッズも暖かいものへと変わります。 その中でも重要なグッズが、車内で使う寝袋。秋冬の車

  • 軽バン車中泊に便利!簡単『自作の天井収納』の作り方

    軽バンで車中泊の旅に出る時はクッカーやバーナー、寝袋、マットなど様々なグッズを用意します。その時にちょっとした収納があれば小物をうまくまとめることができます。ハイルーフの軽バンの天井を利用した収納を紹

  • 車中泊で涼しい車内にする暑さ対策のポイント

    車中泊では寒さには耐えられても暑さに耐えることはできません。もしできたとしても命に係わる熱中症になるリスクもあります。できるだけ涼しい車内にする工夫をして快適にすごしたいですね。ちょっとした工夫を紹介

  • 軽バンで『ダウンシフト』への車中泊一人旅

    軽バンで一人旅。一人で旅に出ると全てが解き放されて自由になります。現実社会から離れてリセットすることも叶えてくれる車中泊の一人旅は魅力がいっぱいです。 忙しいし世界をかなぐり捨ててしがらみのない生き方

  • 車中泊の旅で軽バンが峠を越える時

    軽バンの小さな車で峠を越える時、手に汗を握る時があります。雲海を下に見る世界は絶景なのです。小さな軽バンだから、なぜか応援したくなるのです。 日本の峠を越えた中から絶景の場所を紹介します。 目次1 軽

  • 軽バンの車中泊で寝床を作る方法

    軽バンの車中泊で寝床を作る方法を紹介します。車中泊はシンプルな車旅だからこそ寝ることにこだわりたいのです。軽バンのフラットな床、マットやシュラフ、枕など四季を通した日本一周の旅で実際に今も使っているア

  • 焚き火で過ごす『ソロキャンプ』ゆったり一人の時間

    年を重ねるごとにゆったりとした時間が欲しくなります。特に仕事で忙しいならば非日常的なソロキャンプで過ごすのもありですね。 ソロキャンプの魅力は自分だけの自由な時間です。友人たちや家族とのキャンプはどれ

  • 車中泊キャンプでタープ用の『頑丈なペグ』が必要な理由

    車中泊とキャンプをセットして行うことが人気です。車にテントやタープを積んで車中泊をするのですがテントサイトにはタープを張ったり、サブのテントを張って楽しむ方法です。 この車中泊キャンプでは大切なグッズ

  • 車中泊の魅力は朝のシンとした空気とコーヒー

    車旅の魅力は語りつくせないほどあります。大人の自由な一人旅の車中泊だからなんにも決まりはないのです。 決まりの中で生きてきたからこそ、決まりの無い旅は心地よいのです。車旅のなかで好きな時間があります。

  • 大人の一人旅『車中泊と解放感』の贅沢

    時代は大きく変わろうとしている。今までの車旅はいつできるようになるのか、先は見えていません。 しかし、近場で一人旅ならなんとかできるのです。ソロキャンプや一人旅はこれからのスタンダードになるかもしれま

  • 車中泊でゆっくり『トイレ』で過ごせる時間帯

    車中泊の旅でトイレは大切な時間です。この時間が満足できるかどうかで1日の旅が決まると言っても過言ではありません。 とはいえ道の駅の朝のトイレは大混雑なのです。特に朝食前後を挟んだ時間帯はトイレのドアの

  • ソロキャンプで使う『ウォータータンク』コンパクトがポイント

    新型コロナの影響で大人数でのグループキャンプは自粛気味です。しかしソロキャンプに関して一人なので感染防止をしっかりすれば楽しめるようです。 実際にキャンプ場を見てみると、しっかりと感染防止対策をしてい

カテゴリー一覧
商用