住所
出身
ハンドル名
頑固おやじの独り言さん
ブログタイトル
行雲流水の如くに
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/megii123
ブログ紹介文
世の中の動きを新たな視点で眺める
自由文
-
更新頻度(1年)

70回 / 78日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2019/03/31

頑固おやじの独り言さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(IN) 26,848位 25,913位 25,995位 25,987位 25,872位 22,816位 22,831位 963,711サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 20 60/週
OUTポイント 0 20 0 10 0 10 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 203位 202位 200位 199位 201位 192位 190位 4,621サイト
経済ブログ 41位 40位 39位 38位 36位 36位 34位 2,405サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 57,886位 56,689位 66,040位 60,562位 56,668位 53,081位 56,636位 963,711サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 20 60/週
OUTポイント 0 20 0 10 0 10 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 270位 257位 310位 289位 260位 227位 260位 4,621サイト
経済ブログ 78位 79位 99位 83位 80位 76位 78位 2,405サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963,711サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 20 60/週
OUTポイント 0 20 0 10 0 10 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,621サイト
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,405サイト

頑固おやじの独り言さんのブログ記事

  • ホルムズ海峡でのタンカー攻撃ーー原油相場はどうなる?

    日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が中東のホルムズ海峡で何者かに攻撃された。一瞬世界に衝撃が走ったが、すぐいつものように犯人探しが始まった。先に動いたのはアメリカで、やや不確かな映像などを見せてイラン側の責任を追及した。しかしイランは即座に関与を全面否定した。現状では誰がやったかまったく不透明と言わざるを得ないだろう。このところ原油価格は軟調であった。米エネルギー省が12日発表した週間石油統計によると、米国の原油在庫は220万6000バレル増加した。民間在庫は4億8550万バレルで2017年7月以来の高水準だった。そんななか、タンカー襲撃を受けて原油価格は上昇したが、今後どうなるか?原油価格の上昇でメリットを受ける者が犯人につながるという説もあるが、果たしてどうか。サウジは早速エネルギー産業鉱物資源相が、...ホルムズ海峡でのタンカー攻撃ーー原油相場はどうなる?

  • 年金問題は正直に語るべきだーー嘘と誤魔化しで政権が延命しても奈落の底に落ちるのは国民だ

    少子高齢化が否応なく続き、年金と医療制度の継続性が危ぶまれる状況にある。その現実を真正面から受け止めるべきなのに、安倍政権は「老後2000万円報告書」の受け取りを拒否してなかったことにしようとしている。しかもその報告書を作成した金融庁の担当大臣は麻生太郎だが、「自分の年金を受け取っているかどうかわからない」と言う。まあ、年金などもらわなくても政治資金でうまいものを飲み食いして、政権延命だけを考えていればよいのだからいい気なものだ。年金など語る資格はあるまい。民主党の野田政権の時に、年金財政の健全化を図るために消費税の導入のために3党合意にこぎつけた。しかしこのことで民主党は分裂し野田政権はあっけなく崩壊してしまった。だが考え方によっては政権の延命より国民生活の健全化に命を賭したとして評価すべきなのかもしれない。...年金問題は正直に語るべきだーー嘘と誤魔化しで政権が延命しても奈落の底に落ちるのは国民だ

  • 安倍晋三は複雑怪奇な中東で「火中の栗」を拾うつもりなのか?

    安倍首相が米国とイランの緊張緩和を狙いイラン指導部との会談に臨んだ。しかしイランの最高指導者ハメネイ師より手痛い拒絶の言葉を受けて不調に終わった。ハメネイ師は、トランプ大統領は信用できない人物だから会う気はない、と鼻もひっかけない。当然だろう。先に核合意を破棄してイランに経済戦争を仕掛けたのはトランプだからだ。まず経済制裁を解くという話をもって会いに来い、という気分だろう。安倍晋三はトランプの使い走りで軽く見られただけに終わったようだ。それだけならまだしも日本のタンカーがホルムズ海峡で砲撃を受けたのだ。こちらの方も衝撃的だ。この地域で平和的に問題が解決することを望まない勢力が存在することがはっきりした。それが誰であるか?イラン政権幹部は、攻撃の背後に「Bチーム」と呼ばれる者たちがいると疑っている。米国のジョン・...安倍晋三は複雑怪奇な中東で「火中の栗」を拾うつもりなのか?

  • デージー(ヒナギク)---北海道では多年草扱い、今が盛りです

    デージーはヨーロッパ原産なので、北海道の気候に合うようだ。多年草扱いで良いと思う。さらに毎年こぼれ種でどんどん増える。半日くらい日陰のほうが元気が良い。(暑さに弱い)陽が当たった時に勢いよく花を開く。英語ではday,eyeというそうだ。デージー(ヒナギク)---北海道では多年草扱い、今が盛りです

  • 解散風はやんだようだが今度は「年金風」が吹いてきた

    どういうわけが安倍内閣の支持率が高い。一部にはマスコミが忖度して高めの数字を出しているのではないか、という憶測も流れている。その高めの支持率が出ているうちに衆参同一選を打とうというシナリオが密かに練られたようだ。しかし公明党が頑として反対した。公明党の票の上積みがなければ自民単独では脆いものだ。過半数割れもありうる。参院選は大幅な負けはないという読みもあり急速に解散風はやんだようだ。ところが「年金不足風」が突然つむじ風のように巻き上がった。麻生財務大臣は必死になって火消しを図り、金融庁の報告書を受け取らないと言い出した。森友・加計問題でも見られた手法で「報告書はなかったことに」にしようというものだ。だがもう手遅れだ。消費税の先送りもここまで来たら難しいだろう。自民党の参院選の公約にも盛り込んだから増税をせざるを...解散風はやんだようだが今度は「年金風」が吹いてきた

  • 政府は年金問題の現実を正直に話せーーいつものように隠ぺい・偽装で参院選を戦うつもりか?

    「老後2000万円問題」が国会で論争になっている。金融庁の狙いは、預貯金に偏りがちな金融資産を株式などの投資に回すようにするところにある。そのために年金だけでは老後暮らせないというモデルを取り上げた。そのモデルは正直すぎたために野党から追及を受ける羽目になってしまった。政府与党の主張は、「100年安心」というのは現役世代の負担で高齢者を支えるという制度自体の持続可能性を言っている。しかし国民はみんな安心して100年間は年金をもらえると解釈している。野党はこちらの立場に立つ。特に共産党は明解だ。この立場をわきまえて議論しないとお互いが言いっぱなしになってしまう。その意味で今度の参院選は良い機会なのだ。各党が年金制度をどう考えているか大いに議論すればよい。政府与党の主張する制度自体の存続を図ろうとすれば、少子高齢化...政府は年金問題の現実を正直に話せーーいつものように隠ぺい・偽装で参院選を戦うつもりか?

  • 北海道で作出された薔薇ーーーノーストピア

    北海道に自生するハマナス(バラ科)とノイバラ(ノバラ)を交配して育成されたもの。大体薔薇新種の作出国はイギリス、フランス、ドイツなどが多い。日本でも新種はずいぶん作出されているが、北海道で作出されたものは珍しい。野趣あふれる趣が好ましい。匂いもそこはかとなく漂う。北海道で作出された薔薇ーーーノーストピア

  • 自民党は国民の知る権利を尊重すべきだーーなぜ国会の予算委員会を開かぬ

    「民は由(よ)らしむべし、知らしむべからず」という言葉がある。江戸時代に幕府は、法律(施政方針)を出した理由など人民に教える必要はない、一方的に法律(施政方針)を守らせればよいと考えていた。最近の自民党のやり方は目に余る。江戸幕府に似てきたようだ。国民が本当に知りたい案件は大部分安倍首相がらみだ。(日米密約問題、消費税、年金2000万円問題など)ところが本人は国会で真摯に国民に説明する気はないようだ。得意顔で解散風を吹かせて悦に入っている。自民党は参院選公約を決定したが、国民の希望するものとかなりかけ離れた公約だ。公約のトップが外交だという。トランプとゴルフをしたり大相撲の観戦などをして胡麻をするまくった事柄やプーチンと数えきれないほど会談したことなどを、「力強い外交・防衛で、国益を守る」と謳う。日米密約が噂さ...自民党は国民の知る権利を尊重すべきだーーなぜ国会の予算委員会を開かぬ

  • 金融庁の年金だけでは暮らせない報告書ーー本音だから現役世代はそのつもりで対応したほうが良いだろう

    金融庁の5月22日に発表した原案が本音である。この原案をじっくり見ておいた方が良い。※「公的年金の水準については、中長期的に実質的な低下が見込まれている」年金は物価水準以上にはもう上がらないから、現実に実質的な低下は始まっている。年金財政は、団塊世代がこの世からほぼいなくなる1940年代くらいまでが一番厳しいのだろう。年金をまだもらっていない世代は心しておいた方が良い。※「かっては退職金と年金給付の二つをベースに老後生活を営むことが一般的であったと考えられる。しかし、長寿化による影響はもちろんのこと、公的年金の水準が当面低下することが見込まれていることや退職給付額の減少により、こうしたかってのモデルは成り立たなくなってきている」年金の水準がじわりじわりと下がっていく状況は何ともしがたいだろう。しかし退職給付額ま...金融庁の年金だけでは暮らせない報告書ーー本音だから現役世代はそのつもりで対応したほうが良いだろう

  • 松本人志発言の危うさーーー真の原因を追究してそれを潰さないと社会が壊れていく

    フジテレビ系の「ワイドナショウ」での松本人志発言が論議を呼んでいる。川崎市の小学校のスクールバスを狙った犯人に関して次のような発言をした。「人間が生まれてくる中で不良品が存在するのはしょうがない」「それをみんなの努力で減らすことはできる」「正直、その人達同士でやりあってほしい」明らかに思慮不足と思われるのは、人間を「不良品」扱いすることだろう。そこには生まれつき障害を抱えた人間や、何らかの理由で病気や精神疾患を抱えた人間への「思いやり」が感じられない。松本人志はそれなりに才能に恵まれ努力もしたのだろうが、結果的に運に恵まれたという自覚が足りない。「稔るほど頭の垂れる稲穂かな」第二の問題点は自分はこの問題にかかわりたくないという「高みの見物感」であろうか。彼は社会的な名声も高収入も得ているだろう。であるならば恵ま...松本人志発言の危うさーーー真の原因を追究してそれを潰さないと社会が壊れていく

  • クリーピングタイムを楽しむ

    クリーピングタイム(ロンギーガウルス)を植えて10年ほどになるが、大変重宝している。耐寒性があり、高温多湿を嫌うから北海道の気候にぴったり合う。今の時期が花を楽しむ最盛期だ。クリーピングタイムを楽しむ

  • 日本の労働者の能力が十分に生かされているのか?

    一時期「働き方改革」なるものが大いに喧伝されたが、何か大きな変化は生じたのであろうか?相変わらず低生産性の労働状況が続いているような気がする。人口減少により若者の働き手がどんどん減っている。そこで考えられたのが女性と高齢者を労働市場に引っ張り出すことだった。さらには外国人労働者を招き入れようとしている。しかし最低賃金を低いままで「働き手」を増やしても、あまりハッピーな社会は出現しないだろう。さらには衝撃的なデーターがある。2017年に行われたギャラップ社の調査では、日本では「熱意あふれる社員」はわずか6%であり、139か国中132位だという。「やる気のない社員」が72%で残り20%程度は「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」だという。一体どうなっているのだろう?会社イコール我が人生、みたいな昭和のロマンチ...日本の労働者の能力が十分に生かされているのか?

  • どうなる米中覇権争いーーー終わりなき戦いが続く

    トランプの一撃で習近平はその軍門にすぐ下るかと思われたが、長期戦覚悟の腹を固めたようだ。中国はかねてよりアメリカと戦うために周到な準備をしている。マイケル・ピルズベリーによれば次だ。「中国は、アメリカと競うために軍備を増強するどころか、長距離爆弾、陸上部隊、核を搭載したICBMといった従来型の戦力投射手段への投資を、ほとんどかまったく増やしていない。むしろ大幅に削減している。一方で先進兵器への支出は、過去10年間で劇的に増えた。2002年にアメリカ国防省が議会に提出した”中国の軍事力に関する年次報告書”には大胆な主張が記されていた。中国の防衛予算は、中国政府が公表している金額の2倍だった」先進兵器とは何かであるが、「サイバー攻撃・電子戦」であろう。この点に関してはアメリカも日本も遅れている。アメリカは中国のみな...どうなる米中覇権争いーーー終わりなき戦いが続く

  • 宗教心を無くした日本人の痛ましさーーー最近の悲惨な事件に思う

    このところ痛ましい事件が相次いでいる。引きこもりの50代の男性が小学生や保護者に無差別に切りつけ、挙句の果てに自殺してしまった。またこの事件に触発されたのか元厚生省の次官まで務めた父親が、引きこもりの息子と口論し殺害してしまった。宗教心を持つということは「自分を深く見つめる」ことからスタートするのだと思う。そして最後は絶対者(神なのか仏なのか)に帰依することによって救われるのであろう。親鸞は次のように述べている。「煩悩具足の凡夫・家宅無常の世界は、万のこと皆もってそらごと・たわごと・真実あることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」某テレビのキャスターやコメンテーターのように軽々しく人の死を語るべきではあるまい。もし語るとしても、罪あるものとしての自己、重い矛盾を背負いながら生きる姿を自覚しながらでなけれ...宗教心を無くした日本人の痛ましさーーー最近の悲惨な事件に思う

  • 北海道原産の魚ーーーチップ(ヒメマス)

    昨日スパーに行ったら珍しい魚が店頭にあった。北海道原産の幻の湖魚と言われているチップ(ヒメマス)だ。紅鮭が海へ下りずに一生を淡水で過ごしたものを言う。焼いて食べたが身は赤身で淡泊。味よりもイメージに感動した。北海道原産の魚ーーーチップ(ヒメマス)

  • 北朝鮮の大問題ーー遠のく朝鮮半島の非核化

    ハノイで2月末に会った米朝首脳会談の決裂を受けて、北朝鮮ではその責任を問う動きが出ているようだ。物騒な話だが金赫哲対米副代表が銃殺刑、金英哲党副委員長が労役刑になったと報道されている。これが事実だとしたら北朝鮮は和平への道を自ら閉ざしたと考えるべきだろう。ハノイでの米朝会談の折、金正恩は当初意気揚々と乗り込んだはずだ。当然アメリカ側と根回しが十分行われ、段階的な核の放棄に伴って経済制裁も段階的に解除されると読んでいた節がある。その根回しは今回処刑された人々が行っていたわけだが、トランプ大統領によって完全にちゃぶ台返しをされてしまった。その鬱憤晴らしに担当者を処刑したのだろう。事務レベルでの米朝協議は今後ますます難しくなるだろう。北朝鮮の窓口は機能不全に陥るだろうし、アメリカ側としても気持ちの良いものではあるまい...北朝鮮の大問題ーー遠のく朝鮮半島の非核化

  • 景気指数悪化を甘く見るなーー消費税凍結を決断せざるを得なくなる

    景気後退の指標が「悪化」と出ている。「霞が関文章」で胡麻化そうとしても無理であろう。「戦後最長の景気拡大」をまだ続けたいようだが、限界だ。さらにトランプがジョーカーを切ってきた。メキシコ国境からの不法移民流入に同国が十分に対応していないとし、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税をかけるという。メキシコに工場をもってアメリカ市場に輸出しているところは痛手だろう。外為市場では4か月ぶりの水準まで円高が進行した。108円台後半だ。株式市場も日経平均が300円超値下がりだ。下手をすると20,000円を切ってくる可能性がある。もう一つ判断の分かれる材料がある。31日の東京商品取引所で、中東産原油の先物が1キロリットル当たり41,020円に急落し約4か月ぶりの安値になった。これは景気減退の先行指標だ。しかし...景気指数悪化を甘く見るなーー消費税凍結を決断せざるを得なくなる

  • 日本維新の会の危険な体質ーー酒の席で出る話は本音である

    酒が入ると日常の緊張が緩くなるのか急に元気になるタイプの人間がいる。酒が入って脳の神経細胞が麻痺してくるから取り繕った話はできない。大体が本音なのだ。維新の会の丸山議員の発言は「失言ではなく本音」と見るべきだろう。丸山議員の選挙地盤である大阪12区の後援会などでは、「場所が場所だったこと。そして発言が録音されていたことで発覚しましたが、あの発言は普段から口にしている持論ですよ。いつかこうした事態になると誰もが思っていました」維新の幹部は若手のこのような発言を黙認していたのだろうか?トカゲのしっぽ切りのように切り離して済む話でもあるまい。週刊朝日2012年10月12日号に今のこのような事態を予想するような記事が出ている。さすがに当時の橋下大阪市長はもうすこしまともな発言をしているが、若手?の発言がとんでもない。橋...日本維新の会の危険な体質ーー酒の席で出る話は本音である

  • ユーフォルビアを楽しむ

    ユーフォルビアの名前の由来を調べてみた。ヌミディア王ユバ2世に仕えたギリシア人医師エウボルボスに由来する。ユバ2世の一人目の妻はマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世の娘のクレオパトラ・セレネ。世界各地に2000種以上あるといわれ、日本ではトウダイグサ(燈台草)がある。全体の形が燭台に似るためこの名がついた。ユーフォルビアを楽しむ

  • トランプ大統領、護衛艦「かが」視察の意味するものーーイメージ操作に注意すべきだ

    トランプ大統領と安倍首相が、28日午前海上自衛隊横須賀基地を訪れ、停泊中のいずも型護衛艦かがに搭乗し、甲板など艦内を視察した。日米同盟の強固さをアピールするのが狙いだという。かがを含むいずも型護衛艦2隻は、米ロッーキード・マーチンの最新鋭ステルス戦闘機F35が搭載できるよう回収する予定だ。F35は1機100億円超のものを105機も買う約束をしたもので、ゴルフ、大相撲観戦、と続いた「歓待外交」の締めくくりに持ってきた格好だ。1兆円を超える買い物してくれる安倍晋三にトランプは気を良くしているようだが、この程度で矛を収めるトランプではあるまい。さらに高めの球をビュンビュン投げてくるだろう。唯々諾々と従う安倍晋三を見ていると、「丁々発止と国益を背に戦う首相」というイメージは全然湧いてこない。「ごますりに徹する太鼓持ち」...トランプ大統領、護衛艦「かが」視察の意味するものーーイメージ操作に注意すべきだ

  • トランプ大統領歓待で日本の得たものは何だ?

    今までにアメリカの大統領が何人か来ているが、国民はもう少し落ちついた雰囲気で迎えたと思う。今回のメインテーマは何だったのだろう。ゴルフや大相撲観戦だとしたら両国民を馬鹿にしていないだろうか?新天皇になってから迎える国賓第1号だというが、これこそ天皇の政治利用であろう。安倍晋三が国益を背負って懸命に努めているのであれば応援もするが、どうもそんな感じはしない。すべて自己の政権維持に利用し、しかも日本の国益をほとんど考えず、トランプへのごますりに終始している。「太鼓持ち」という言葉がある、豊臣秀吉の御伽衆を務めたといわれる曽呂利新左衛門が、秀吉の機嫌が悪そうな時は、「太閤、いかがで、太閤、いかがで」と。太閤を持ち上げて機嫌取りをしていたため、機嫌取りが上手な人を「太閤持ち」から「太鼓持ち」というようになったと言われて...トランプ大統領歓待で日本の得たものは何だ?

  • 参院選では野党一本化がほぼ固まったーー衆院選の候補者調整まで踏み込めるか?

    立憲民主党など野党5会派は、参院選32の1人区の候補者一本化に大筋合意した。自民党が激戦区に指定した16選挙区もほぼ固まったようだ。2人区や3人区についても調整を加速しつつある。当初はそれぞれがガチで戦うつもりだったようだが、それでは勝てないことに気づいたのだろう。今回の調整過程で目に付くのは、①立憲民主党の枝野代表の柔軟化路線への転換だ。統一地方選での戦い方に自信を得たのだろう。旧民進党のくくりで言えば当選者の数は減っているが、立憲単独では断トツの勝ちになっている。だから参院選では立憲単独候補にこだわらず国民民主党とも調整する余裕が出来たと解釈したい。②共産党も柔軟路線に転換したようだ。共産は21選挙区で候補者を降ろす。そのかわり徳島・高知や鳥取・島根では共産党の候補者が統一候補になる。(無所属で出るという話...参院選では野党一本化がほぼ固まったーー衆院選の候補者調整まで踏み込めるか?

  • 米国は中国の何に怒っているのか?--それを破壊するまで手を緩めないだろう

    米国が中国の手のひら返しに怒って輸入品に25%の関税をかけると息巻いている。しかし新聞を読んでもテレビのニュースを聞いても具体的な内容が今一つ伝わってこない。マスコミの取材力の衰えを感じる。米国は時々「お人よし」な部分を見せる時がある。中国を上手く育てれば自由主義経済を取り入れ最終的に民主主義国家になると考えてずっと支援してきた。しかし中国は表面上はそのようなそぶりを見せながら、本音では「民営化と政治改革」を進めないことを決めた。経済成長を支える安定した道は、国家主義的経済政策と中国共産党による政治の独占を維持することだ。米国は騙されていることに気づいたようだ。その大きな契機になったのが、マイケル・ピルズベリーが著した「China2049」である。トランプはオバマほど慎重ではないから高めのピンボールをビュンビュ...米国は中国の何に怒っているのか?--それを破壊するまで手を緩めないだろう

  • ハスカップの花が咲き始めた

    「ハスカップ」という名はアイヌ語で、樹木図鑑によるとクロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)となっている。ビタミンCやアントシアニンが多いので不老長寿とか美容に良いとか言われている。私もかみさんも大好きで毎日食べている。今の時期はジャムになったものを食べているが、6月末には収穫できるので、収穫した果実を冷凍しておき、その果実をヨーグルトに入れオリゴ糖をぶっかけて(ほどほどでよい)ワイルドに食べるのが一番うまい。ハスカップの花が咲き始めた

  • 維新丸山議員の発言の底流にあるものを見過ごしてはいけない

    維新丸山穂高議員が戦争による北方領土の奪還に言及したことについて、与党は「譴責」、野党は「辞職妥当」と平行線で、いまだ結論が出ていない。自民党の腰が定まっていないからだ。何か後ろめたい考えがあるのか、疑問を感じる対応だ。丸山議員の最大の問題点は、戦争を放棄して平和国家日本を宣言している日本国憲法に反するからである。北方領土問題に影響を与えるであろうが、「辞職妥当」の本筋ではない。丸山穂高の発言は単なる失言ではない。確信犯である。しかもその確信は東大という最高学府を出た割には極めて薄っぺらい。ペーパーテストで良い点数を取れるから、人物が上等とは限らない。深みがない。丸山穂高は「歎異抄」を読んだことがあるだろうか?「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」人間は時と場合によって善人にも悪人にもなりうる。光の当た...維新丸山議員の発言の底流にあるものを見過ごしてはいけない

  • 景気の先行きをどう読むかーー視界不良だから安全運転を心掛けるべきだろう

    今年1~3月のGDP(国内総生産)は、年率2.1%となり予想を上回る高い伸びを示した。しかし中身はとても褒められる内容ではない。輸入の減少により押し上げられたもので、この要因を外せば成長率は0%近傍であろう。懸念要因の第一はやはり米中貿易戦争である。今の段階では長期戦になりそうだ。中国経済の落ち込みは避けられないだろう。しかし壊滅するというのはあり得ない。米国以外の国の開拓や内需喚起で乗り切ろうとするからだ。第二の懸念材料は日米の貿易交渉だ。自動車に25%の関税をかけられたらかなりこたえる。黒字の8割は自動車だという。安倍首相はゴルフや大相撲観戦でトランプのごますりに専念するようだが、あまりみっともない真似はしてほしくない。TPP並みまで牛肉の輸入は関税を下げると、最初から白旗を掲げてしまった。農業県の怒りは静...景気の先行きをどう読むかーー視界不良だから安全運転を心掛けるべきだろう

  • 日銀はマイナス金利政策を早くやめるべきだーー上場地銀の7割が減益か赤字だ

    2年間で終了するはずだった日銀の「異次元緩和」は、6年経っても終了のめどが立たない。そして効果がないだけならまだしも、副作用が嵩じて金融システムを蝕みつつある。その兆候が上場地銀の7割が減益か赤字という現象だ。金融という機能は経済システムの中の血液の役割を担っている。「恐慌」というのは金融システムが崩壊することによって生じる。金融システムの崩壊によって「恐慌」がなぜ起きるかというと、金融というのは「信用」という一種の虚構で成り立っているからで、その虚構が白日の下にさらされると非常に脆いのである。安倍政権や黒田日銀に問いたい。現在の「異次元金融緩和」、特にマイナス金利政策の弊害が顕著に表れ始めているのに何の危機感も持たないのか?明らかに黄色の信号が点滅し始めている。マイナス金利政策継続を前提にいかなる施策を打とう...日銀はマイナス金利政策を早くやめるべきだーー上場地銀の7割が減益か赤字だ

  • 野党ようやく一本化なるーー同日選の憶測が野党の調整を加速した

    夏の参院選の勝敗を左右する32の1人区で27選挙区で候補者の1本化が進んだ。調整が残る選挙区は、富山、福井、佐賀、宮崎、鹿児島だ。共産党は鳥取・島根と徳島・高知の2合区で候補者を立てる。共産党は21の選挙区で候補者を下すが、2合区で共産党の候補者を立てるのでそれなりのメリットが得られる。(北海道新聞)自民党は独自の調査で16選挙区を激戦区に指定してテコ入れを図っている。自民党の調査網はそれなりにしっかりしているので、今回は「楽な戦い」とは思っていないのだろう。盛んに同日選を煽っているが、少し煽りすぎではないか。そのため野党が危機感をもって急速にまとまってしまつた。こういうのを「藪をつついて蛇を出す」というのだ。衆参ダブル選は公明党が飲まなければ限りなく実現性が薄い。ダブル選をやってもし負ければ安倍政権は即退陣だ...野党ようやく一本化なるーー同日選の憶測が野党の調整を加速した

  • 米中覇権争いで中国が強気なわけーートランプのやり方にも問題がある

    米国のトランプ大統領は次々と手元のカードを切っている。しかしそのやり方も緻密な計算に基づいて行われているようには見えない。ツイッターで朝に思いつくままを喋り、夕方にはまた違うことを喋る。一方の中国は、内心では結構困っているのだろうが、体面を重んじる国だけあって今のところ余裕の構えだ。中国共産党の機関紙、環球時報に面白い記事が載っていた。中国が取りうる3つの作戦、①レアアースの輸出を完全に禁止すること。かって尖閣諸島を日本が国有化した時に、中国が取った戦法だ。あらゆる半導体チップ製品に必要とされるレアアースは中国が世界の産出量の95%を占める。②米国債の大量売却これもかって日米貿易戦争の際、当時の橋本首相が米国債の売却をちらりと漏らしてかなり物議を呼んだ。現在中国は米国債を約2兆ドル(220兆円)保有しているから...米中覇権争いで中国が強気なわけーートランプのやり方にも問題がある

  • 風車のある風景

    ここは石狩湾に面した漁村だ。風力発電と言えば何となく無機質のイメージが湧いてくるが、この風車はこの地域の光景の中に納まっている。自然のエネルギー源を増やす意味でもっと風力発電を活用しても良いのだろう。風車のある風景