searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ヤンピンさんのプロフィール

シンガポール在住のヤンピンと申します。シンガポールで日本語教師をしながら、最近ではマレーシアの田舎にも家を借り、野人のような生活を営んでおります。趣味は旅行と語学学習です。みなさんに楽しんで読んでもらえるような記事を書けるよう、毎日ネタ作りに励んでいます。どうぞよろしくお願いします!

ブログタイトル
シンガポール漂流生活
ブログURL
https://yangpingsan.hatenablog.com
ブログ紹介文
シンガポールとマレーシアの生活、アジアを中心とした旅行記、旅行に役立つ情報、現地の料理のレシピやお店の紹介など、色んなネタを書いています。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ヤンピンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ヤンピンさん
ブログタイトル
シンガポール漂流生活
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
フォロー
シンガポール漂流生活

ヤンピンさんの新着記事

1件〜30件

  • 般若心経引っ越しセンター

    さあてシンガポールは今日も平和そのもの。 今日からまたロックダウンだとかなんだかで、店内飲食ができなくなるそうですね〜。 柔道もできなくなる〜。でもヤンピンさんは大丈夫〜。もう慣れたから〜。 飯はまたお持ち帰りして公園で食べます。柔道の代わりにローラーブレードで汗を流します。 ところで最近、般若心経を覚えました(笑 1日10回くらい、歩いてるときとか、電車に乗っているときとか、何かを待っているときに唱えています。 なぜ急に般若心経?って感じなんですが、ある日突然、般若心経を覚えたくなったんです。こういうのをインスピレーションというのでしょうか。 ちなみにインスピレーションは中国語では「霊感(リ…

  • 歯痛が自然に収まるのを待ちわびた男

    前回歯痛の事を書きましたが、やっと痛みが取れてQOLはだいぶ高くなりました。 結局痛みが収まるまで1週間ちょっとかかりました。その間は痛みに悶えながら、どうすればもっと楽になるのかと色々考えていました。 たとえば、保冷剤を買って、それを頬に当てて外から冷やしたりしていたんですが、人間の身体って本当にアメージングで、外から冷やしても口の中は一向に冷たくはならないんですよね。頬の皮ってそんなに厚くないですが(特にワタシはガリガリなので)ものすごい保温力です。 毛皮のコートとかすごく高価ですが、きっとすごく暖かいんでしょうね。 そこで、水を冷蔵庫に入れて冷やしておくようにしました。 歯が痛くなったら…

  • 歯痛にどんな意味があるというのか

    先週末から歯が痛み出しました。 左側下段の奥歯です。 痛い・・・ もう数日経ちますが、まだ歯医者には行っておらず、痛み止めなども飲んでいません。 何をやっているのかといえば、痛みと向き合い、なぜ俺はこんな目にあっているのだろう、この痛みは俺に何を訴えているのだろうと、黙々と考えています・・・。 母親が知ったら泣くと思いますよ。 なんでうちの息子はこんなにバカなのかと。 去年の10月にもちょうど同じような痛みがあったので、たぶん原因は同じだと思うんですが、そのときは中国医に行き、薬(漢方薬)をもらって飲み、それが効いたのかどうか定かではないのですが、数日後に痛みがひいて事無きをえました。 yan…

  • 友人がハッキング詐欺に!

    みなさん詐欺師に騙されたことはありますか。 そんな経験はないと思ったみなさん、あなたを騙した詐欺師は超一流の詐欺師です。 だってあなたは騙されたことに、いや、今も騙されていることに気づいてすらいないのだから! 私は、騙されたといえば まずは山本太郎が思い浮かびます。あのメロリン詐欺師Q。 しかしワシを何年も騙し続けるとはあっぱれであったけども。 次に思い浮かぶのは、インド旅行中に近寄ってきた数えきれないほどの詐欺師どもです。お土産買わないか、タクシー乗らないか、お寺見学していかないか、なんて甘い、いや、スパイスの効いた言葉で近寄ってくるのです。 タクシーなんて、駅までいくらで行くって聞いたら5…

  • コンブチャ始めました

    またブログが滞ってしまい、シンガポール国内に3、4人いると噂されているシンガポール漂流生活ブログの読者さま申し訳ありませんでした。 シンガポールでは、今週の月曜からやっとレストラン内での飲食が再開されて、よかったよかった。 一緒に食事できる人数は2人までという制限はありますが、わたしは根っからのぼっち気質なので全くかまいませんよ。個人的には一生このままでも全然平気です。3人以上でなんかしたいときはピクニックシート持ってみんなで公園に行けばいいんでしょ。 とは言うものの、大家族のみなさんや、飲食店経営側のみなさんには、ほんとお気の毒です。 でももしかするとこのようなプチロックダウンはこれからもま…

  • 『ブンナよ、木からおりてこい』命とはなんぞや

    今日は私のオススメの本を一冊紹介したいと思います。 私が好きな作家の一人に水上勉(みずかみ つとむ)という方がいます。 実は私の母の旧姓も水上で、ある大物政治家の秘書をやっていた福島県出身の私の友だちの元カレの苗字も水上だし、私はほんのちょっとだけ水上という苗字に縁があるのかな、そういえば「水上」って元々は「水神」で水の神様、弁天様かなにかだったんじゃないのかな、なんて事を考えずにはいられないわけですが。 この水上さんをどうやって知ったかというと、数年前に台北の古本屋で日本の中古本を何冊かジャケ買いしたんですが、その中に水上さんの著作「はなれ瞽女おりん」という本がありまして、それが非常に良かっ…

  • 大人のオモチャは四輪駆動

    二週間前、新しいオモチャを買いました。 しかも今流行りのオンラインショッピングというやつで。 ネットショッピングとか今まで大っ嫌いで、自分では絶対にやるまいと思っていたんですけど、商品にこだわりがあったり(どうしても特定の商品が欲しい、たくさんの中から選びたい)どうしても外で見つからない物があると、やはりネットを使わざるをえないですね。 なんていかにも経験豊富みたいな事を書いてますが、今まで買ったものは、ワインイースト、Eneloop(充電式乾電池)、蚊帳だけです。 たったこれだけで、オンラインを活用してる気になっている俺って。 本題ですが、今回はネットでこんな物を買ってみました。 な、なんだ…

  • 色んな「どぶろく」できたよ

    前から自家製酒を作ったレポートなどをよく記事にしていました。 日本では酒税法だかなんだかで自家製酒を作るのが違法になってしまうとか聞きましたが、シンガポールでは自家製酒作りは、販売しない限り違法ではありません。 シンガポールではというか、日本がおそらくマイノリティであって、私の知る限りでは少なくとも東南アジアではどこの国でも自家製酒作りは認められているはずです。 しかもシンガポールはお酒の値段が高いので、私は自分で安く作り、毎日一人でぐびぐび飲んでいます。 yangpingsan.hatenablog.com yangpingsan.hatenablog.com yangpingsan.hat…

  • 自分の度量の狭さを1日に2回も実感した日

    一週間前くらいですが、ある2つの出来事から、自分を見つめ直しました。 ある平日の朝に、いつも通り朝7時くらいに近所の公園に行って一人で散歩をしていました。すると後ろから声をかけられ、振り向くとターバンをまいた髭もじゃもじゃのインド人の青年がいました。 彼とは数ヶ月前に一度この公園で会ったことがあります。 彼は去年の10月くらいに、インドからはるばる、私の家の近くにあるシーク教寺院へ、楽器演奏者として送られてきたインド人です。(彼がそう言っていました) 彼は本当に純粋無垢なヤツで、私に声をかけてきたときも、自分のぽっこりとしたおなかを見せて「どうやったらこれをひっこめれますか?」と聞いてきました…

  • キミは「風之谷」を知っているか

    ニュースをあまり見ないのでよくわかりませんが、どうやらシンガポール市内でPCR検査の陽性反応者が出たとかなんだかで、またフェーズ2の状態に逆戻りだとかなんだか。なんだかなー。 個人的な影響としてはキャンプができなくなった事と、柔道の練習がなくなった事、 とりあえずこの2つです。 毎月数回キャンプ場でキャンプをしに行っていて、キャンプのクオリティーもどんどん向上していたので、これは非常に残念です。 しかも友人夫婦にも一緒にキャンプしようと誘い、彼らがテントを購入した直後にこんな事になってしまったので、彼らにも申し訳ない気持ちでいっぱいです。まぁ私のせいではないんだけども。 テントはまだ一度も開け…

  • シンガポールで結成された日本人演劇ユニット「THEATRE BOLEH」

    前回、インドネシアの劇団を紹介しましたが、その劇団の事を教えてくれた友人も、実はシンガポール在住の日本人で、仕事の傍らに役者をやっているという非常に珍しい方です。 その彼が昨年末、シンガポールにて日本人による演劇ユニット「THEATRE BOLEH(シアターボレー)」を結成しました。 Instagram@THEATRE BOLEH https://www.instagram.com/theatreboleh/ そしてその処女作が今月やっと完成し、YouTubeにて公開されました。 わたしもどんな作品か知らなかったので、見てびっくり。 なんと夢野久作の「死後の恋」という、昭和三年に書かれた短編小…

  • インドネシア人による日本語ミュージカル!?

    先日友人から、インドネシアのある劇団がオンラインで演劇をやるという事を聞き、さっそくそれを見てみたのですが、これが面白かった。 あああ 面白かった。 いや、まだ続いているので、面白いと現在形で言うべきでしょう。 その劇団はジャカルタを中心に活動している、劇団en塾という名の劇団で、役者さんはみんな完全ローカルなインドネシア人なのですが、なんと日本語で時代劇をやっているのです。 しかも少しミュージカルの要素もあり、劇の合間に必ずインドネシアっぽい曲調の歌があって、しかもそれも日本語で歌っているのです。 これには久しぶりに私の既存概念が完全崩壊させられました。 みんな日本語がとても流暢というわけで…

  • Pasir Ris Parkで夫婦キャンプ

    最近たいした事をしていなかったので、ぜんぜんブログを書けずにいました。雨が多いので、遠出する気がなくなるのです。 しかしこんな事ではいけないなと思い、先週の火曜日に、久しぶりに奥さんと二人でキャンプに行ってきました。前回はイーストコーストに行ったのですが、今回はPasir Ris Parkのキャンプ場へ行ってきました。 6、7年前に一度だけ奥さんとそこでキャンプをしたことがあるのですが、私はあまり記憶になく、奥さん曰く、楽しかったけど大雨が降ってテントに水が入りまくって大変だったそうです。 今回も天気予報は雨だったので、今日は延期したほうがいいんじゃないかと言ってみたのですが、そんなの行ってみ…

  • おれは妄想をやめるぞ

    さて今月から私の脳内で妄想しない月間が始まりました。 妄想しない月間とは、文字通り、できるだけ妄想をしないようにする一ヶ月間です。みなさんも良いチャンスなので私と一緒にやってみませんか。 なぜこんなこんな事になったかというと、パンデミック以降に始まった人間関係のイライラやストレスが、1年経った今も依然としてなくならないので、とうとうリーサルウェポン(最終兵器)として「妄想」を禁止するに至りました。 前に草薙龍瞬という若い和尚さんが書いた反応しない練習という本を読んだことがあるんですが、たしか彼が言うことにゃ 「人間は一日に何千個、何万個という妄想を生み出している。そしてそれがイライラやストレス…

  • ワクチン打ってる打ってる!

    さて、今年も?ワクチンの季節がやってまいりました! コロナワクチンをすでに打った人が、私の周りでもどんどん増えています。 シンガポールでは、コミュニティーセンターなどで受けられるみたいで、10分くらいであっという間に終わり、その後30分はそこで座って待機し、それから家に帰れるそうです。 ワクチンは2回打たなくてはいけなく、2回目はだいたい一ヶ月後くらいになるのだとか。 私の直接の知り合いでワクチンを打った人は、まず40代の消防士さん。彼は一回目の摂取のあとですぐ風邪を引いたそうです。2回目は、何も起きなかったとか。彼の祖父母も、もう2回したが、摂取後の異常は見られなかったと言っていました。 次…

  • 北海道出身、作家、片岡翔

    もう数週間前のことですが、ある日突然、日本から郵送物が1つ届きました。 開けてみると中には2冊の本が! これは、なにを隠そう私の最も才能あふれる友だちの一人、映画監督であり、脚本家であり、小説家でもある、私の古い友人、片岡翔くんが書いた本でございます。 私がまだこの2冊を読んでない事を知った片岡くんが、わざわざ送ってくださいました。ありがたき幸せ 片岡君とは、私が20代のときに札幌の円山動物園内にあったキッドランドという遊園地で一緒にアルバイトをした仲です。一緒にローラーコースターなどを操作したりしました。 平日は1日の客が数人しかいないときもある、とてもヒマなバイトで、ある男の子が1人で乗っ…

  • はたして似てるの似てないの

    先日、突然妹からLINEでメッセージがきたので、何かと思ってみてみると 「ブンちゃん(私の甥)がこの人ヤンピンおじさんに似てるって言ってる」と書いてありました。 そしてその人の写真が添付してあったんですが。 誰? っていうか髪が長くて髭が生えていると全部わたしなの? 自分ではちっとも似てないと思うのですが、甥がそんな目で私を見ているんだなという事がわかってちょっと興味深かったです。 そのあと妹の旦那さんが、俺はこの人がヤンピンさんに似てると思うよと送ってきたのが。 マジか!この人は知ってるよ!M-1グランプリに出てたコメディアンだ。 髭もないし髪も長くないけど、目が大きいからかな、そうなのかな…

  • またもやキャンプに行ってきた

    この間、自転車でキャンプに行ったよという記事を書きましたが、次の週になんとまた同じ所にキャンプに行ってきました。 しかし自転車で行くと、荷物を持って17km走らなければいけないので、今回はMRTとバスとスケボーで行きました。 yangpingsan.hatenablog.com 誰の参考にもならないと思うのですが、個人的な記録のために行き方を書きましょう。 まずMRTでTanah Merah駅に行きます。 駅前のバス停から14か45番のバスに乗って、Eastwood Center前のバス停で降ります。 それからBedok Food Centerで軽く腹ごしらえをしたのち、少し歩いてGuards…

  • おばあちゃんがコーラを2本も飲む理由

    先日ちょっとショッキングな事がありました。 あるコピティアムで、一人で昼ご飯を食べていたら、向かいの席にすごく痩せていて歩くのもやっとな感じの80歳くらいのおばあさんが座りました。 私はとくに気にせずに食事を続けていたら、コピティアムのスタッフがおばあさんの所に缶コーラ2本と、氷の入ったコップ1つ、そしてお湯、さらにカヤバタートースト2人前を運んできました。 きっと旦那さんか友だちでも来て一緒に食べるのかと思ったんですが、どうやらそうではなく一人で食べるご様子。 こんなに痩せてんのにこんな物をこんなに食うんかい!とショックを受けながら、すこし観察していたのですが、しばらくしておばあさんのお友達…

  • シンガポールで5年ぶりのキャンプ

    先週の平日にイーストコーストにキャンプしに行ってきました! 一人で。自転車で。 シンガポールで最後にキャンプをしたのはもう5年くらい前だと思うので、本当に久しぶりでした。 シンガポールのキャンプ場は事前にキャンプの申請をしなければいけません。 シンガポール国民とPR(永住者)は無料でできますが、他の外国人の方についてはよくわかりません。 申請はインターネットでして、それを街中に設置されているAXSというマシーンでプリントアウトし、その印刷した紙を常時携帯しておかなければなりません。 ときどき警察や、公園のスタッフが確認しにきます。 今回は誰も来ませんでしたが、ずっと前のキャンプでは、真夜中の3…

  • クラブ体験会

    先日ローカルの友人たち2人とお食事してきました。 二人ともシンガポール人なのですが、一人はアラサー(30前後)のK君で、もう一人はなんとアラセブン(70前後)のWさん。 こんなにお年が離れている二人の共通点は、日本語が上手ということです。 元々私が昔、K君に日本語を教えていたことがあるんですが、WさんはそのK君の日本語友だちです。 3年近くぶりにこの2人と会うことになり、場所は2人にお任せしたら、なんとWさんが会員であるという、Singapore Cricket Club(シンガポール・クリケット・クラブ)で食べましょうということになりました。 ここは1852年にイギリス人によって作られた会員…

  • スッポンそして緑のビール

    前回の記事に続いて、また食べ物レポートを書こうと思います。 前回はベジタリアンのインド料理でしたが、今回は中華系の肉料理。 スッポンスープです! もう10年もここに住んでるのに、今まで食べたことありませんでしたし、別に食べなくてもいいと思ってました。 餓死仮死(がしかし)! 先日お友達にふざけて「今度スッポンでも食べますか?」と言ったところ、「ぜひ食べてみたい!」という意外な答えが返ってきたので、良い機会だと思い行ってみることにしました。 案外みなさんスッポンとかいけるんですね。 私はカエルなら食べたことがありますし、去年はジャカルタでコブラも食べてきました。 yangpingsan.hate…

  • 君はイドリーのために死ねるか

    コロナで海外旅行ができなくなり1年が経ちました。旅行好きの人は、ほぼみんな国内で楽しむ路線に切り替えたのではないでしょうか。 もちろん私もその一人で、今までは目もくれなかったところに着目しております。 その一つが ローカル料理!ウホ! と言っても私は低所得者層ど真ん中なので、お高いレストランではなく、あくまで庶民的なお店にばかり行っております。 お店の探し方ですが、Google Mapなどで自分で探すこともあれば、友だちからの口コミを頼りにすることもあります。 今回はその中からオススメの南インド料理を紹介したいと思います。 それはコチラ Murugan Idli Shop 76 Syed Al…

  • YouTube もしかしてバズッた?

    私事ですが最近ちょっと面白いことが起こっています。 私が去年からYouTubeを始めたということは、前からちょくちょく書いているのですが、その中で割とよく見られている動画が二つあります。 一つはシンガポールの野生のカワウソたちを撮った動画。 そしてもう一つは、どぶろく(濁り酒)の作り方を紹介した動画なんですが、こちらの方に、最近コメントがやたら書き込まれるのです。 書き込みがあると、私にメールが届くようになっているのですが、数週間くらい前から、毎日2、3コメントが書かれていて、登録者数も1日に2、3人ずつ増えているんですね。 そして先週末、ついにコメントが1日で10も20もつき、動画の再生回数…

  • 僕の前タイヤを知りませんか

    私の家はHDB(公営団地)の13階にありまして、家の玄関の前に自転車を停めてあるんですね。 私はなぜか自転車を3台も持ってまして、全部もらいものなんですけど、現在は1台だけ常時乗っていて、ほかの1台は団地の下の駐輪場に停めてありまして、もう1台が完全に解体して、これまた玄関の前に置いてあります。 その解体して玄関の前に置いてある自転車なんですが、先日、出先から帰って来たときに、何気なくその自転車を見てんですが、なにか違和感を感じました。 ずいぶん・・・スッキリしてるなぁ。 それでよく見てみたら、タイヤが一個しかないんですね。 タイヤって普通前後に2個ありまして、私の自転車ももちろん例外ではなく…

  • 少年よ 歩け ミストの中を

    最近はお日柄もよく、お天道様もたえず顔をお出しになっているので、陽が必要な陰体質の私は、大変助かっております。 以前はまだ外が真っ暗な朝6時くらいに散歩に行っていたのですが、最近はゆっくり起きてお天道様が顔を出し始めた8時頃に外に出て、日光浴散歩をするようになりました。 その際は、太陽を最低でも2分間くらいじっと見つめ、太陽から出る何かを目から吸収しようとします(笑) 誰に教えられたわけでもないのですが、習慣になってしまいました。 もしかたらその昔誰かに教えてもらったのだけれど、教えられたという事実を忘れてしまっただけかもしれません。個人差はありますが、人間が記憶している過去の記録なんて、この…

  • 北朝鮮から脱北した日本人など存在しない

    もう去年になりますが、実は(自分の中での)偉業を1つ成し遂げました。 それは、英語の本を1冊読み切ったことです。 英語が堪能な人には、なんだそんな事、と思われるかもしれませんが、私はあまりペラペーラではないので、今まで挑戦したことはあるものの、読み切ったことはありませんでした。 でも去年は本当に退屈で、時間の有り余った年でしたから(今年はもっとだよ)読書好きな奥さんと一緒に図書館に行って、ビビビと来た本を手に取り、家で読み始めました。 その本とは A River in Darkness [ Masaji Ishikawa ] 昔々あるところに、在日韓国人の男性がいました。 彼は13歳のときにひ…

  • 私に起きたプッシーな出来事

    昨日ですが、プッシー(プチショックの略です。私が作りました。たった今)な出来事がありました。 昨日の朝、日本語のレッスンがありまして、Tiong Bahru PlazaにあるTOAST BOXに行きました。 ほとんどの生徒はオンラインに移行したのですが、まだ数人、やはり直接会って授業を受けたいというオツな生徒がいるので、そういうときは私も喜んで馳せ参じます。 朝8時頃にTOAST BOXで生徒さんに会い、私はTeh-C Kosong(テーシーコソン:砂糖を入れない無糖練乳ミルクティー)、生徒さんはハニーレモンを注文し、店内のテーブルに座ってレッスンを始めました。レッスンは1時間30分です。 飲…

  • 己の勘で大暴落を免れろ

    Trace Together だかなんだかいう市民を追跡する携帯端末を、1月から必ず持たされるって聞いてましたけど、別に誰も何も言ってこないし、なくてもとりあえず今までの生活を続けられています・・・。 あれ? 持たなくてもいいのかな? 急に逮捕されなきゃいいんですが・・・。 そしてシンガポールでもワクチンの摂取が始まったようです。 笑い仮面ことリー・シェンロン首相がさっそく摂取したというニュースを見ました。 でも、安全性アピールするの、ちょっと早過ぎるんじゃ? まだ摂取始まったばかりで、たいしたデータも収集されてないでしょうに。 一国の首相が、万が一副作用でカタワにでもなったらエライことですか…

  • 呪術で乗り切る2021年

    あけましておめでとうございます。 しばらく悩んだのですが(8秒くらい)今年もこのブログを続けていくことにしました。 ブログでも書かないと、きっとヒマでしょうがないと思うんです。今年も海外はおろか、我が祖国ポンニチにも帰れないような気がするので。 そんなだらしない気持ちでブログを続けることをお許しください。 南無アーメン陀仏 さて新年からSNSを眺めていて、ちょっと思ったことがあります。 というかこんな考えはやめようと思っているのに、やめられない。I can’t help my self thinking みたいな感じ。 それは、みんな新年の挨拶などをSNSに書いているんですが(私は書かない)、…

カテゴリー一覧
商用