searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

宮園クランさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
雑魚リーマンがギャンブル依存症を克服する為のブログ
ブログURL
https://www.miyazono-9ran.work/
ブログ紹介文
ギャンブル狂いだった自らに嫌気が差し、脱依存症を目指し精進する安月給ザコリーマンの行動記録
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/01/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、宮園クランさんをフォローしませんか?

ハンドル名
宮園クランさん
ブログタイトル
雑魚リーマンがギャンブル依存症を克服する為のブログ
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
雑魚リーマンがギャンブル依存症を克服する為のブログ

宮園クランさんの新着記事

1件〜30件

  • 【ガジェットレビュー】ブッダマシーン/Buddha machine/念仏機を買ってみた。

    好きなものはごはん&ごはん、宮園クランです。 記事にせずにはいられない。それではご覧ください。 購入のきっかけ。 お迎え完了いざ開封。 さっそく使ってみよう! 使ってみた感想。 終わりに。 購入のきっかけ。 クランが尊敬する日本の某ホラー作家さんのツイートにて、なんだかよく分からないレコーダー? 的な画像がはりつけられた投稿を発見し、気になって調べてみました。 概要としてはいわゆる仏具の一種で、スイッチを入れるとお経を唱える電子念仏機のことを指すそうです。 私自身が特に傾倒している宗教なり宗派なりはなく、都合の良い時にだけ神にすがる典型的無神論者なのはさておき、Amazonで色々見ている内に想…

  • 【短編小説】はらパンやさん(その4)

    ・前回www.miyazono-9ran.work 人としてあるまじき行為をした友人を諌める為に、というかこうなってしまったのは8割近く僕が原因なのはさておき。どちらか一方が負けを認めなければ終わらないデス・マッチ形式において、店主ジョムは降参をしていなかった。なので勝負は終わっておらず、続行の最中にあったのが正しい。ヤマザキが差し出した手はパーの形をしていて、それに対するジョムはチョキを出し、ルールに則って腹パンを繰り出したことを、誰が非難できようか。 「ファッファッファッ。小気味良い感覚が伝わって来たぞ。これだからパン闘はやめられん。血生臭くも奥深き――修羅のみに通る事を許された選ばれし道…

  • 【短編小説】はらパンやさん(その3)

    ・前回www.miyazono-9ran.work 店主ジョムに一体何が起こったのか。上記問いに対して分かり易く簡潔に回答を述べるならば、即ち彼は腹パンではなく肩パンを喰らったのだった。全体重を乗せた右ストレートを命中の直前に止めたヤマザキは、左足を更に一歩前に出し右脚と交差させ、勢いを殺すことなくそのまま一回転し、更に加速を増した裏拳にて一撃を見舞ったのである。 「すごい……すごいじゃないかヤマザキっ!」「当たり前やんけ。関西人をナメたらあかんぞ?」新世紀エヴァンゲリオンに登場する脇役であるトウジの物真似をしながらふふんと鼻をかいて誇らしげなヤマザキへと、僕は感嘆の意を言わずにはいれなかった…

  • 【短編小説】はらパンやさん(その2)

    ・前回 www.miyazono-9ran.work 「はらパンやさん……腹パン屋3……パンじゃなくて腹パン………………………………って分かる訳ねぇだろウラァアアア紛らわしいんじゃクソがァアアアアアアアア!!!!」 白目をむいて涎をボタボタと垂らしながら絶叫する友人ヤマザキとは対照的に、店主はとても愉快そうな表情で口元を歪め笑っている。「見解の相違、あるいは認識の齟齬? を持ち出されたら困るなぁ。こらこら駄目じゃないか、ちゃんと間違っていた事に対しては、言い訳せずに認める姿勢を取らなきゃあ」「うっさいんじゃアホボケカスゥ!! こちとらタダでパン食える思ーてこんなとこまでわざわざ来てやったっちゅ…

  • 【短編小説】はらパンやさん(その1)

    《オープン記念! 今だけ先着1万名、100名》 《10名様限定でパン無料キャンペーンやってます! -はらパンやさん-》 セミの鳴き声もまばらな8月も末となるあの日。あちこちに折り目の付いたA4コピー用紙にマジックで殴り書きされた謳い文句を眺めながら、僕はハァとため息をつき、並列して歩くヤマザキに改めて確認をしていた。 「あのさぁ。やっぱやめません?」「なんでよ無料って書いとぉやん。それ即ちタダってことやん。素敵やん。行かな損やろ」「損か得か置いといて、胡散臭いにも程があるよこれ。大体聞いたこともない店舗名なのに、先着1万名無料とかいう無駄にハードル上げてる点が鼻につくよ」「でも横線引かれて、今…

  • クランの前夏やすみ。

    オリンピックが開始してから各種競技を一度も視聴していない事を正直に話したら非国民扱いされて若干凹んでいる、宮園クランです。 いつの間にか蝉が鳴いてる。それではご覧ください。 7月22日~25日までの間。 日ごとにやったこと。 一日目(7/22) 二日目(7/23) 三日目(7/24) 四日目(7/25) 終わりに。 7月22日~25日までの間。 いわゆる四連休というやつだったので、しっかりお休みをいただきました。 気分的には前夏やすみです、タイトルにもある通り。。。 今日は、なんだろう、大して中身が無いのはいつものことながらに、このまま行くと7月も更新が1回で終わってしまうことにやや危惧だった…

  • リセットが完了したみたい。

    ぽよよよ~ん(鳴き声)、宮園クランです。 それなりにHIGHです。それではご覧ください。 復活の宮園クラン。 言いたいことを言えたので。 終わりに。 復活の宮園クラン。 兼ねてからしんどかった状況が、ようやく本日をもって覆りました。 ストレスや体調などの変動はさておき、復活です。復活したのです。。たぶんしばらくは大丈夫です。。。 だからといって2~3日後には「もうやだまぢ無理死にたぃ……」などとメンヘラムーブをかましているかもやしれませんが、先の事は考えないようにします。 一寸先が闇だとしても、更に一寸先はチェレンコフ放射並みの莫大な光に包まれてる可能性だってあるのですからね! 死な安ッ!!(…

  • カレーライスに対する我が特性について語りたい【二次考察】

    パンはパンでもパンデモニウム、宮園クランです。 更新頻度がマイペース過ぎる。それではご覧ください。 同じネタを繰り返す愚行。 実践し続けて見えてきた事実。 苦手でも食べたくなる。 終わりに。 同じネタを繰り返す愚行。 断言しましょう、ブログがスランプです。 書こう書こうと思っても書けないまま数週間とか優に過ぎちゃう感じなのです。 誰かに強制されている訳でもないのだから別に問題ないとはいえ、有料版更新しといてなんだかなー勿体ないなーとか考え始めてようやく更新するというマイペースっぷりです。 なので、前回更新したクランはカレーが好きだけど苦手なんだよってネタをもう少しだけ掘り下げた記事内容でお送り…

  • カレーライスに対する我が特性について語りたい。

    新鬼武者DAWN OF DREAMSの中でモノマネが最も得意な敵キャラが柳生宗矩(やぎゅうむねのり)である、宮園クランです。 幻魔はサイコーだぜぇ!(震えボイス)それではご覧ください。 あるメニューについて。 原理は依然不明。 プラスに考えれば。 終わりに。 あるメニューについて。 約1年ほど前に当ブログの記事にて、食べ物に対する好き嫌いについて語ったような記憶があります。 www.miyazono-9ran.work 要するに喰ったら吐く種別について説明した上記とは似たり寄ったりかもしれませんが、どうしたくてもどうしようもない別のメニューがあったことをふと思い出したのでキーを叩いている次第で…

  • 肩とか脹脛とかが痛い。

    Zoomの打合せ時に自分の発表の順番が回ってきた際画面共有をする上で不適切なモノが映り込まない様【WINDOWマークボタン+Mキー同時押し】のショートカットを多用している、宮園クランです。 あらゆるウインドウを一瞬で最小化する必殺技なので是非試してくれよな! それではご覧ください。 逆転裁判4クリアしました。 逆転検事をやりはじめました。 終わりに。 逆転裁判4クリアしました。 無事に滞りなく、エンディングまでゴールいたしましたのですよ。 いやぁーそれにしても過去と現在を行き来して証拠品なり証言なりを集める最終面直前は骨が折れましたねぇ。。。 今まで扱った事件の節々に残った疑問をいっぺんに回収…

  • 時間の経過が遅い。

    2種のコームでカット量が自由自在なマルチヘアトリマー(税込み880円)と比較した際にギリギリの所で値段というよりもむしろ価値として負けているだろう人間性の低さを自負並びに自覚している、宮園クランです。 お昼~夕方の間それなりに天気が悪かった。それではご覧ください。 甲羅に籠る玄武が如く。 スマホを触らないという選択肢。 モンスタハンターライズについて。 逆転裁判4について。 終わりに。 甲羅に籠る玄武が如く。 ……いや、玄武ってのは盛り過ぎですね、せいぜい亀っころが良い所でしょう(銭じゃなくて緑の方で) ともあれ、大型連休1日目です。クランもご多分に漏れずお休み一日目です。 昨日は(というか日…

  • 凡愚(ぼんぐ)がゆえに梯涙(ているい)。

    うまくいくビジョンが迷子な、宮園クランです。 もう駄目だおしまいだぁ!(サイヤ人王子並み感)それではご覧ください。 きつい。 第3部ラスボスであるDIO様、そこまで最強でない説。 総括。 終わりに。 きつい。 えーっと相変わらず詳細は伏せますが、伏せ過ぎてて軍人将棋かあるいは遊戯王デュエルモンスターズの罠カードか何か?と錯覚を覚えますが、さておきしんどいです。。 もうこのくだり何回目になるんだよって話ですし、それの所為で昨日の休日は大体14時間ぐらい寝込む結果になってしまったので、取り急ぎ全然関係ないことを長くなり過ぎない程度に記すことでお茶を濁そうかなぁと思います。 じゃあどんな話題にしよう…

  • 久し振りに担々麵を食べたがめっちゃ辛くてつらい。

    忙しい時に苦手な上司から電話がかかってきてそれが業務内容で無く雑談メインで会った際は「アンタの存在そのものがうっとうしいんだよぉおお!」(ZZ主人公ジュドー)並びに「お前は生きていてはいけない存在なんだ!」(Z主人公カミーユ)のセリフを心の中で連呼している平社員こと、宮園クランです。 もっともっと志を低くしようぜって話。それではご覧ください。 30を越えてしまうと。 これはもう意識するしかなくて。 実践内容のお品書き。 終わりに。 30を越えてしまうと。 ひょっとすれば誰彼にあてはまらない私だけの現象なのかは不明ながら、ともかく何をするにしてもある行為を開始するまでに死ぬ程時間を要するor結局…

  • 今すぐに消し飛んで欲しい。

    混乱および沈黙および感電および凍結および緊縛および睡眠および魅了および呪いおよび麻痺および石化および毒および蛙および蠅およびその他諸々の状態異常を患っている風味な、宮園クランです。 女神転生の状態異常を思い付く限り書き出してみたけどそういえばLOST(壁画の口に腕食い千切られてCOMP使用不可)とかあったなぁ。それではご覧ください。 コロナ渦とかいう事象。 営業時間の短縮の所為で。 食を封じられたので。 終わりに。 コロナ渦とかいう事象。 ※今回ほぼ愚痴で構成されている為非常に見苦しい内容になっているかもしれないので閲覧は自己責任でお願い致します。 なんかさーほんとにさーマジ勘弁してくれってい…

  • まるで溺死体。

    溺れる者は藁をもつかむという諺と同じ状況になったとしてそこに藁すらないであればもうそれはある意味詰んでいるのではと嘆かざるを得ない、宮園クランです。 下手したら令和に元号変わってから一等やばいかも。それではご覧ください。 かろうじて瀕死。 耐える期間は約60日。 自作詩【ノービス】 終わりに。 かろうじて瀕死。 詳細はべたーっと伏せますが今の所目下の所、宮園クランことこの私、実はかなぁりのピンチです。 よくピンチはチャンスとか言ったりもしますが結局の所ピンチはピンチでしかありませんし、逆境を覆す機転を利かせる才に恵まれていない者からすれば「オメーもっとやばい状況になったら同じこと言えるんのか?…

  • 呪いと断定せざるを得ない。

    4X+3Y=25の際Xを4とした場合Yはもちろん、宮園クランです。 目に見えない分タチが悪いぞね! それではご覧ください。 件の症状。 改善策の列挙。 近況の報告。 終わりに。 件の症状。 桜の花びらたちがすっかり舞い散ると同時にうららかな暖気がそよ風と共に運ばれてくる日々の中、私はあることに気が付いてしまいました。 厳密にはある程度その感覚というか症状というかを自覚していながらも「きっと気のせいだろう大丈夫2」等と根拠のない言い聞かせによって見ない聞かない考えないを貫徹していただけというのが正直な所でございますが、あれですよアレ。 小説が書けなくなっているという、非常事態に陥っている訳なので…

  • 182日間後の顛末を記したい。

    行きたくて行きたくてしょうがなかったのだけれども行けなくて行けなくてやきもきしっぱなしであった天下一品に先日とても久しぶりに訪れたまでは良かったのだけれどもこってり大にライス中を加えたものを注文し満面の笑みを浮かべながら食した後に得も言われぬ気分の悪さに苛まれ有り体に言えば吐きそうな状態が1時間弱続きその症状が治まった後に「あぁこれが老いかオイオイなんつって」等と訳の分からないギャグを言えるぐらいには狂人の振りをしている、宮園クランです。 微温湯に甘んじただけのこと。それではご覧ください。 実は先月を以て退職する予定だった。 面談をした結果退職を撤回することに。 営業からマーケティングへ。 終…

  • 持続する軌跡を継続したい。

    昭和63年3月3日生まれが令和3年3月3日に満33歳になったのでこれはもうこの際はっきりと“宮園ザサードスリートリコロールダブルハーフダースさんクラン”くらいに戒名を考えるべきではないのかと思いつつはたして6/12=3の言い換えとしてダブルハーフダースってのは表現として合っているのか合っていないのか不明だけれどもまぁなんか割かしクールな響きだし間違ってても大丈夫だろうと楽観的な思考に囚われている、宮園クランです。 ボンバー囃子の笛太鼓。それではご覧ください。 とうとうやりました。 かけた時間とかいた文字数その他。 懲りずにはじめました。 終わりに。 とうとうやりました。 誕生日に3が沢山並んで…

  • 充実気分を味わいたい。

    定期的に宇宙の悪魔に精神汚染を喰らってハロウィンハロウィン騒いでしまう習慣が定着しつつある、宮園クランです。 割かしレアケース。それではご覧ください。 去る2/14(日)のこと。 行動したその一覧。 終わりに。 去る2/14(日)のこと。 13日の土曜日に関するならば文字通り最悪な一日だったのですが、しかしその翌日たる14日の日曜日はそれなりにどころかかーなーりーに充実していると感じた休日になりましたのです。 や、よく(というか更新頻度クッソ落ちてるから回数的には微妙かもしれないけれども)家に籠って何もしないだったり運動不足でデブ化が止まらないだったり自業の為す所業で嘆き悲しんでいるのですが、…

  • 左背面腰部がそこそこ痛い。

    ふとしたことでお気持ち表明的なツイートをしたい衝動に駆られるもそれをフォロワー様が見た所でどう反応していいか分からないだろうしなんか構ってちゃんみたいなので嫌なので本文を書き終わってから削除する頻度がまぁまぁある(こらえきれずしてしまった場合は暫くしてから消すことが大半)な、宮園クランです。 なんだこれは!どうすればいいのだ!?(DODアンヘル並感)それではご覧ください。 腰が痛い。 腰が痛い。 腰が痛い。 終わりに。 腰が痛い。 今朝起きて、一時間経過して、「あれ……なんだこれ?」的な若干の違和感が発生したのが事の始まりでした。 別に何か重いものを持ったりだとか、寝違えただとか(寝起きは特に…

  • 四桁の範疇におさまらない。

    ずーっと気になっていたアニメを視聴した際に想像よりも激烈に鬱展開だった故にいまや主題歌を聴くだけで号泣してしまうぐらいには涙腺が緩くなっている点に驚いている、宮園クランです。 大体コロナの所為。それではご覧下さい。 悲劇は突然に。 過去とは違い現在のクランはいわゆる支払い関係は確認次第速攻で対応する(なんなら家賃は一月分は先払いで済ませている)為、滞納や未納からは程遠い生活を送っているのですが、今回想定外の事が起きたのですよ。 はい、そうです。トップ絵にあるこれです。この金額です。 高ェ。 五桁ってお前……最初見た時、間違って別の部屋の奴が届いているんじゃないのかって焦りましたが、しかし宛所に…

  • 平日と休日の隔たりを無くしたい。

    焼肉か寿司がめっちゃくちゃに食べたくて仕方がないけど外食するってなるとやっぱり躊躇してしまう以前に近頃近隣のごはん屋さんが軒並み速攻で閉まってしまうのでもっぱら夕食はスーパーorコンビニの弁当だとかいうさもしい感じで食生活を営んでいる、宮園クランです。 切替がダルいのが一番。それではご覧ください。 起きる~寝るまでのコンディション。 オンオフの切替が明確過ぎる。 ストレスの負荷が烈しすぎる。 終わりに。 起きる~寝るまでのコンディション。 あくまで生理的な現象に則した、体感でしかない事実のみを記すならば、平日(月火水木金曜日)と休日(土日祝日)において、朝の目覚め方が明確に違います。 前者はア…

  • 君は名古屋風俗のぶっ壊れ度合いを知っているか。

    なんだか分からないけどすっごく親しみを込めた行動をしてくる反面なんだか分からないけどすっごく憎しみを感じる人間がいて紆余曲折あってついに仕置を為せるタイミングが生まれて具体的にはその人間が気絶一歩手前まで空腹に陥った直後たこの代わりにビー玉をしこたまブチ込んだアッツアツのたこ焼きを振舞って全ての歯をバキ折ってやってぃぃぃいよっっっしゃあらぁああああぁああぁぁあと勝鬨を上げた瞬間その相手と自分とが入替わって地獄の苦しみを味わう夢を見た、宮園クランです。 ニッチこそ至高ってそれ一番言われてるから。それではご覧ください。 前置き。 くらいしんどいたのしくない、左様な三拍子揃った記事ばっかりで書いてい…

  • コラボイベントが終えられない。

    人狼将棋にドはまりしている、宮園クランです。 妥協するしかないでしょうよ。それではご覧ください。 件のドラクエウォーク。 ソシャゲとはいえども。 スマホ依存の温床ではなかろうか。 なんでもいいから変化をつけよう。 終わりに。 件のドラクエウォーク。 昨年から始まっている例のダイの大冒険コラボのイベントですが、どうにもこうにも中途半端な具合なのです。 ストーリーはかろうじて全てクリアしましたが、強敵討伐だったりメガモンスターだったりの図鑑を虹色にすることは勿論の事、助っ人キャラの友好度合は未だMAXにしているのはダイのみときております。 イベント終了まであと数日を切っている現在、どれだけ頑張って…

  • 三連休を楽しめていない。

    上手く行っている時こそ真には没落の前兆であり不運だと思う時こそ暗には幸運の最中であることを当事者たる己は知覚できないのはきっと客観的に物事を判断できない位には正常でないからじゃあないのかなどとコーンスープを啜りながらものごちている、宮園クランです。 クソが(暴言)それではご覧ください。 アクシデントインシデント概要。 気持ちが沈殿中。 究極的に考えてみる。 終わりに。 アクシデントインシデント概要。 昨年の11月頃より調整しており、去る12月と只今である1月に分割発注した案件――の部材仕入先から金曜日の晩に連絡がありまして、曰く「見積の金額と仕様をミスって」いたそうです。 詳細は伏せますがこの…

  • 七草粥を食べていない。

    第三十七代外宇宙内在意識同化思想研究会筆頭主長を拝命するに至った、宮園クランです。 しくじったと言わざるを得ない。それではご覧ください。 去る1月7日において。 よくよく考えたら詰んでた。 不実に終わったことを嘆かない。 終わりに。 去る1月7日において。 私は目下テレワークなのでした、自宅で仕事をしている中、本記事タイトルである七草粥の存在を忘失していたべくもないのですが、ともあれ事実結果を述べたならば、食べれていないです。 皆様ご存じ、そもそも1月7日に七草粥を食べるという習慣は人日(じんじつ)の節句の行事食に由来するもので、その日の朝に「春の七草」が入ったおかゆを食することによって一年間…

  • 腹の肉が取れない。

    ぐーちょきぱーで~ぐーちょきぱーで~なにつくろーなにつくろーの鼻歌を歌っていたら【無敵要塞ザイガス】が出来上がってしまい戸惑いを隠せない、宮園クランです。 にっくき肉こと皮下脂肪!それではご覧ください。 デブ化が止まらない。 本気で改善しようとしていない。 太ることで生じるデメリット。 終わりに。 デブ化が止まらない。 昔取った杵柄じゃあありませんが、なんだろうよくその辺の居酒屋に行けば吐いて捨てるぐらいに存在するであろう「昔はやんちゃやったんやで」的な不良エピソードを得意げに語るクッソガタの来ている人生の折り返し地点をとっくに曲がり終わって後は召されるだけですよね風な中年のおっさんの自慢話と…

  • 2021年になりました。

    GENGENGEN限界突破ツマンねぇ明日はいらねぇぶち当たった壁が高いほど行けるぜ越えてやるなんてまーーーーーーあなんて前向きでポジティブで勇敢な文言なのでしょうとはっとさせられる一方で無理なモノは無理だし不可能はないなんてお伽噺はフィクションの中だけにおいて許されるものであって60%の壁はあくまで40%でないだけでしかなく仮にそれを越えたとしても納得できるような結果が約束されているかと言えばZENZENZEN全然不確定なのは当然なので要するに過度な期待を持って淡い期待を得る確証が無いが故に人は夢を持つんじゃないのかなぁとか意味不明な考察をしている、宮園クランです。 謹賀新年(遅い)それではご…

  • あと9日で2020年終わるんだが!?

    これ見よがしに円周率の小数点以下をつらつらとそらで唱えながら「おじさんって3.14までしか知らないの~だっさww」って煽ってくるクソガキのほっぺたを全力でビンタした結果プロレスラー崩れの本職そっち系(足して20になるドスとかチャカとかの扱いに長けている人種)な義理の兄にフルボッコにされるんじゃないのかと被害妄想に囚われている、宮園クランです。 いらすと 手帳を見てめっちゃ焦った。それではご覧ください。 振り返るまでもないけれどもまずは所感。 中途半端さをいい加減認めよう。 散らかってきたのでまとめに入る。 終わりに。 振り返るまでもないけれどもまずは所感。 コロナ渦真っただ中に見舞われた今年を…

  • 幽子と綺朽代 Case#65-3 “デイガンシュウライ”

    「はいぃいぃいいいぃ私死んだぁああああぁああああああ!!!」 喉が張り裂けんばかりの絶叫と共に、頸椎損傷なにそれおいしいのってな勢いをもってして、首を先行させながら私はぐるりと後方へと振り向いた。 「ッ!! うっ、うぉおお!?!?!」 ギリ間に合ったというべきか、はたまたもはや手遅れというべきか。 ともかく私は女性にあるまじき情けない驚嘆をあげながら、それでも死に至る一歩手前にて踏みとどまれてはいたようで。 「おーい、ゆう姉~、無事と?」 「今の私ほど“間一髪”という言葉が似あう奴ぁいないぜ、きっと……」 あと一歩、たったの一歩踏み込まれていたら、その場で私は終わっていたに違いない。 つい先程…

カテゴリー一覧
商用