住所
-
出身
-
ハンドル名
浅野伸太郎さん
ブログタイトル
チャイナドリームを掴むのか⁈ サッカー指導者
ブログURL
https://shintaroasano-china.hatenablog.com
ブログ紹介文
中国街クラブでサッカー指導者しています 世界に羽ばたく選手の育成を目指しています
自由文
更新頻度(1年)

33回 / 60日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2018/11/25

浅野伸太郎さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 51403 0 0 0 0 0 0 946606サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 10 30 70 70 10 0 60 250/週
サッカーブログ 371 0 0 0 0 0 0 9014サイト
サッカーコーチ・技術 5 0 0 0 0 0 0 159サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 91349 95256 82128 82705 83039 96642 96751 946606サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 10 30 70 70 10 0 60 250/週
サッカーブログ 829 857 764 772 767 872 877 9014サイト
サッカーコーチ・技術 16 16 16 16 15 17 17 159サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 16234 16933 16924 14688 13742 13475 13401 946606サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 10 30 70 70 10 0 60 250/週
サッカーブログ 158 165 163 144 137 135 137 9014サイト
サッカーコーチ・技術 1 1 2 1 1 1 1 159サイト

浅野伸太郎さんのブログ記事

?
  • スペイン🇪🇸バルセロナの旅 vol.2

    サグラダファミリアの見学を終えて 次に目指すはグエル公園!! これまた歩きで向かいました それが良かった、この道のり わんちゃん🐶好きにはたまらないスペイン🇪🇸バルセロナを体感 ひと区間ごとに公園があり その中にはドッグランが併設されています なるほど! 街中にたくさんわんちゃん🐶がいるわけですね 昼間から散歩しているわんちゃん達🐶🐶🐶 グエル公園まで…坂道が多くて疲れました そこではガウディ邸を見学 ランニングしている人もいるい大きな公園です そしてこの旅の私の最大の目的 FCバルセロナの本拠地 カンプ・ノウ グエル公園の麓からバスで30分弱 バルセロナ大学の前で下車し歩いて向かいます歩いて…

  • スペイン🇪🇸バルセロナの旅vol.1

    ヨーロッパ旅行3日目はLCCを使い ブリュッセルからバルセロナへ 嫁さん曰く(元客室乗務員) かなりコストを削減しているように感じるというRyan air 無事にバルセロナに着いたので良し バルセロナ空港から市内まではエアロバス20〜30分くらいで着くので本当に便利 ホテルに到着したのが20時頃だったのでホテル近くのバルへ ワイン、ビール、オリーブ漬け、サラダ、パンコントマテ初日からスペイン🇪🇸バルセロナを堪能しました バルセロナ2日目!! 朝早くから起きて活動スタート!! 朝ごはんはサンドウィッチ(ボカディージョ)とコーヒー これがスペインの定番の様です そして歩いてサグラダファミリアへ見つ…

  • ベルギー🇧🇪アンデルレヒトの旅

    アンデルレヒトへは ブリュッセルから地下鉄でⓂ️ ただ単にRSCアンデルレヒトの本拠地スタジアム(コンスタン・ヴァンデン・ストックスタディオン)を観に行きたかったという理由です ブリュッセルよりも 現地の日常生活を感じられる街並み 住宅街を抜けていくと 突如現れるスタジアム!! ちょっとしたミュージアム スタジアムにはクラブショップが併設されています スタジアム内を見学するといった事はなく スタジアム周辺を散策 アンデルレヒトの日常を感じます 街の肉屋さんやスーパーをまわり街中に突如現れた教会を目指します 中に入ってみると 初めて教会に入りましたが 凄く落ち着く場所でした 静寂と歴史を感じる造…

  • ベルギー🇧🇪ブリュッセルの旅

    上海浦東国際空港から11時間かけベルギーのブリュッセルへ(海南航空直行便) 14日朝の7時にブリュッセル空港へ到着 そこから電車で20分弱でブリュッセル市内に到着 まだこの時期は7時でも真っ暗… 市内に着いた頃には明るくなり店が開くだろうと思っていましたが… 街全体のお店が開くのは11時くらいから 日照時間が日本とはずれているためか 時間の概念に差があると感じました ブリュッセル市内の街並は本当に素晴らしい すみません…何が何だとかはわかりませんが笑でも少し気になる点… 道には大量のゴミ これは観光地として改善するべき点だと感じます これだけでも変われば更なる観光地ブランドが作り上げられると思…

  • 苏州绿叶卓越FC 2018年忘年会

    先日行われた私の所属する社会人チーム苏州绿叶卓越FCの忘年会 私は中国に来て初めてこの様な忘年会に参加しました たくさんお酒を飲む印象が強かったために 今までは少し敬遠していました 日本の忘年会とさほど違いはないと感じますが 大きな違いが1つ…白酒です!!! これが中国での飲み会での定番 度数が40度以上は当たり前… これを干杯(乾杯)の度に飲み干す ※1度に飲む量はそれほど多くない、小さなコップで一口 この頻度もまた多く老板(ボス)の一声ですぐに皆んなで乾杯 続いて领导(チームリーダー)の乾杯、队长(キャプテン)の乾杯 開始早々から顔が真っ赤になるやつら これが中国の飲み会だからとケラケラ笑…

  • 中国教育改革 応試教育と新教育

    先日、日本の番組で中国の小学校教育の特集を観ました内容は応試教育と新教育という内容でした 応試教育とは… 中国特有の詰め込み式教育 授業の内容は試験のための授業 高校受験、大学受験の受験戦争は韓国に匹敵するほど熾烈 新教育とは… 授業のカリキュラムを生徒達が自ら選択 芸術や音楽の授業が充実 読書をする習慣を身につけさせる応試教育の問題点は… 詰め込み式教育のため記憶力や答えを出す事には長ける一方で仲間と協力する、自ら考えて行動するという事は出来ない新教育の問題点は… 新教育を行う教師が応試教育出身者のため 授業運営や問題解決がスムーズにいかない しかし勉強会で新教育を行う先生達と交流を持ってい…

  • 元旦優勝を成し遂げる!!2019年は良いスタートをきる

    2018年の年末から2019年の元旦へ駆けての大会へ参加しました华泰天洪“沙洲优黄“杯校园足球邀请赛3日間で最大5試合 試合の経験値を積む絶好の機会でした大会自体レベルの高いものではありませんでしたが多くのチャレンジと目標を掲げて取り組みました 帯同選手全員出場 優勝 ポジション変更でもパフォーマンス維持 時間の概念を持つ 全てクリア出来ました時間の概念を持つ …私生活でも試合でも習慣化させたい課題です 時間をコントロールし時間を守る 試合の流れを作るために時間帯を考えてプレイする 大会参加中には各チームの指導者はどんな態度でどんな対応をしているのか 選手達は何を考えてプレーしているのか色々と…

  • 2019年新年の挨拶と目標/決意表明

    皆さま新年明けましておめでとうございます。2018年11月24日から中国サッカー、育成事情に関してのブログを書きはじめましたまだまだ認知度は低いですが、それでも多くの方々に読んで頂き本当にありがたく思います 表現や文章力に問題はありますが 今後とも何卒よろしくお願い致します さて今年の目標/決意表明をしていきます 普及活動を継続してサッカーの楽しさを広める サッカーは楽しむもの、まずは多くの子供達にサッカーを好きになってもらいます 育成に特化したコースの設立 サッカーの上達と理解を目指すコースを設立し、中国の未来を担う選手の育成を行う 中学生クラスの開校 校园足球の弊害を受けているカテゴリー、…

  • 2019 华泰天洪“沙洲优黄”杯 校园足球邀请赛

    年末年始の年を跨いでの大会参加! 人生初めて年末年始の大会参加… 前回も言ったように中国には新年の年越しはちょっとしたイベント… 最大の年越しは中国の旧正月(春節) 今回の旧正月は2月5日です そのためにこの年越しは中国国内至る所で大会が開かれています 今日から始まった大会は色々なオーガナイズ面での問題も顕著に現れていますが大会運営側は普通に流しています ※私も悪意を持って言っているわけではありません、これも中国サッカーの一部です 試合開始前に8人制から7人制に変更 オフサイドがない(審判は2人体制だからオフサイドありでもいけるのに) 室内コートのため天井にボールが当たりがち、これはプレーオン…

  • 育成年代のサッカー指導者はサッカーだけを考えていればいいのか⁈

    今日のコーチ会議では練習中の子供の態度が悪いという話が出ました そのコーチは自分は真面目に一生懸命に練習をしているという主張 私も何度かそのコーチのトレーニングを観ていますが 練習はそりゃ真面目にやります! 真面目にやってなかったらダメです しかし私は思います 練習を真面目にやればいいのか 子供はサッカーを楽しんでいるのか 楽しく上手くなりたいと思う環境、雰囲気を作っているのか コーチが楽しんで練習出来ているのか ふざけると楽しむは違います 出来ないからふざける 楽しいから上手くなりたいと頑張る この違いに気づき 指導者は選手達に何を提供出来るか 私はこれが指導者の腕の見せ所だと思います 強化…

  • それぞれの大会にそれぞれのルールがあるけれども…

    やはり中国の少年サッカー大会のオーガナイズやルール設定には驚かされる 今回年末年始の大会に参加する事が決定しています 今週の土曜日29日に出発し年が明けての1日に戻ってくるスケジュールです これは日本の元旦という概念はなく 中国は旧正月(春節)があるため 年末年始のこの期間は一般の祝日扱いになります 张家港という街で行われる华泰天洪沙洲优黄杯という大会 蘇州からバスで1時間弱のところなので 大会参加チームは近隣町のチームが多いです 大会参加チームは8チーム 8人制で交代人数自由 4チームずつのグループリーグに分かれて予選リーグを行う 勝ち点で順位を決める 上位2チームが決勝トーナメント進出 予…

  • 練習試合 vs黄桥小学校

    先週の土曜日は蘇州の相城区にある黄桥小学校と練習試合でした 相城区は蘇州の中では発展途上の街の為 まだまだ田舎の景色が多い場所でした 黄桥は蘇州の中では強豪で 常にベスト8には入ってくるチーム ※蘇州の校园足球の大会は各地区(9つの地区)で予選ブロックがあり上位2チームが本大会に出場 私の印象はデカい、フィジカル、ロングボール 小学生年代でよくあるチームの印象 数人がフィジカルを生かして走る、後方からのロングボール 前回の跨塘小学校と戦い方は似ている為 守備の戦術は変えずにロングボール対応の意識を強めました ピッチが新しく尚且つ雨天の試合 色々な条件がある中で考えながらプレーする ピッチは滑り…

  • 蘇州にある育成クラブの数々

    近年中国では海外クラブと業務提携を結ぶクラブが増えています 大きなクラブでは 广州恒大-レアルマドリード 广州富力-日本 山东鲁能-サンパウロ 杭州绿城-FC今治 长春亚泰-ポルトガル 簡単に私が知る限りの提携チームです まだまだありますがここではわかりやすく簡単に…笑 主に育成のメソッド提供や指導者の派遣、指導者の育成、クラブ同士の交流などが内容となっています お金があるクラブは充実した提携内容で大きな成果を上げて来ていると思います 广州恒大,广州富力,山东鲁能,杭州绿城は中国国内から観ても育成に長けているクラブです ここまではプロクラブの下部組織の話で 街クラブでも海外クラブや国内クラブと…

  • 中国サッカー育成の問題点を簡単に挙げてみる

    昨今どこの国でも育成には力を入れている しかし育成の目の付け所を間違えてしまうと 中々良い成果があげられないのではないでしょうか中国サッカーには今お金が流れて来ています お金はある! さあどこにお金を掛けていこうか⁈ ここが問題点!! 1つはお金を掛けるところに問題点があると私は感じています サッカー施設の整備 (グランドの質は良いとは言えない…しかし中国国内はほとんどが人工芝) 照明設備が少ない (小学校にはほとんど照明設備がない) トレセン制度が少ない (選抜チーム等はありますが頻度、継続性がない) 簡単に挙げてもこれらが不足している事で育成の強化に影響を与えていると思います twitte…

  • 練習試合 vs跨塘小学校

    先週の土曜日に同じ地区のライバルチーム跨塘小学校と練習試合をしましたちょうど1ヶ月前にも行った練習試合では 1-3というスコアで敗れました… その試合は内容も酷く、完敗でした 土曜日の試合はというと… スコアは4-2での勝利!!!! ゲーム目標 足もとばかりのパスではなくスペースを使うパスを意識 相手CBにボールを持たせる 1vs1の守備の対応 内容は相手を圧倒とまではいきませんが 球際でのボール奪取勝率は70%といったところでしょうか 相手CBはビルドアップ時にロングボールを蹴る癖があったのであえてCBにボールを持たせてロングボールを蹴らせてDFとGKでしっかり対応する事が出来ました まんま…

  • 大会はたくさんあるのに日程が合わずに参加が出来ない

    1ヶ月後に定期テストがある中国の小学生達 テスト日の一週間前はテスト期間に入り練習は無くなります テストが終わると冬休みそして春節(旧正月)休みに入ります 春節休暇は大体の人が故郷に帰ります そのため春節前に冬の大会合宿が各地で行われます これは公式試合数が少ない中国には有難いオーガナイズ… 中国国内各地と言っても 東北地方は大雪…気温マイナス 我々が住んでいる沿岸部も0℃-マイナス そのため大会が行われるのは南方地方 中国国内も各地方によって休みに入る期間が違うため、大会開催日も異なりますそのため我々が参加できる大会がない… 本当にもったいない… しっかりリサーチをかけて大会運営をすれば 大…

  • 変化が早い選手と変化が遅い選手

    指導している立場の人間として選手には好き嫌いをつけないで接しています 人間なので誰しもがこういう接し方をしているわけではないと思います もちろん選手達はわかりません… 私の事をよく思ってない選手もいるかもしれません それは仕方がない事です 好かれるために指導者をしているわけではありませんこれまで多くの選手達と接してきた中で 理解力がある 意識が高い 自主的である こういった選手達と稀に出会ってきました やはり意識が高く、理解力も高い選手はすぐに伸び、最終的には自主的に行動出来る選手になります こういう選手はサッカーはもちろん上手くなりますが、リーダーとしての役割も果たしてくれます 逆になかなか…

  • 校园足球の取り組みの1つ 校内リーグ戦

    以前にも紹介した校园足球という カテゴリーがあります前回の記事はこちらから https://shintaroasano-china.hatenablog.com/entry/2018/12/04/005351 今回は校园足球の校内リーグ戦の様子をアップします 毎年定期的に行われる各学年ごとのリーグ戦 体育の授業の一環ではなく、放課後の時間を使って行われる学校行事です 中国では1学年大体15クラスくらいあります 一クラス50人弱… 流石人口の多さは半端ない その中から選抜された男女混合のチーム編成になります 各学校によってルールもまちまちですが 基本ルールは 8人制 15~20分ハーフ オフサイ…

  • 小学生達の将来の夢とは⁈

    私はよく子供達に将来の夢を聞きます 夢を持つことは自由で誰でも出来る私は夢を持つことでモチベーションになり 色々な事を勉強しチャレンジ出来ると思っています 私の小さい頃の夢はケーキ屋さんでした 小学生になり夢はプロサッカー選手へと変わり 高校生になった時にはプロサッカー選手の引退後に指導者になるというプランを構築していましたプロサッカー選手にはなれませんでしたが 指導者になるという夢は叶えられています 夢は叶うかわかりませんが 夢を叶える為に努力しチャレンジする事ができます 私が指導者として携わっているチームには夢を持っている子供達が少ない… 将来の状況によってやりたいと思う仕事が変わると思う…

  • 筆者 浅野伸太郎のこれまでの道のり②中国蘇州編

    私が中国へ来た経緯と中国での経歴を綴ります 暇な方は観てってください 2012年の8月中国の江蘇省にある蘇州という街にやってきました 上海浦東空港から車で3時間掛からないくらいの所にある街は発展途上の街でしたなぜ私は中国蘇州という街に来たのかというと もともと海外に行きたいという志向が強かったということもあり頻繁にネットで海外のサッカー指導者求人を見ていました そこでたまたま中国の求人を見つけて、そのまま直ぐに連絡しました 内容はサッカースクール事業で中国蘇州に住む日本人のを対象にしているという事でした ※蘇州には日本人学校があります それなら中国語が出来なくても問題無いと思い直ぐに面接させて…

  • 幼稚園生からサッカーを理解するために

    最近色々な記事や指導者のブログなどを読み 様々な指導理論や指導方法を目にする機会が増えています 更に凄いことに日本人指導者の多くの方が世界各国で活躍されています そのために世界各国の育成情報が入ってきます、これは本当にありがたいです 私は9年指導者としてサッカーに携わらせて頂いていますがそんな中でも スペインやオランダなどの育成に興味がある私は色々と記事や本などを読みあさっています サッカーはサッカー、習得しなければならないスキルや能力はカテゴリー毎にあるが、サッカーはサッカーから学ぶそれが全て私は自分の解釈でこう捉えるようになりました そのため幼稚園生からサッカーは何か 楽しむ 試合はゴール…

  • 選手紹介!未来の中国代表⁈ 第1弾 真面目に取り組む小さな巨人

    これから少しずつ 私の指導しているチームの選手達を紹介していきたいと思います 第1弾は 6年生GK(ゴールキーパー)吴金武【wu jin wu】という選手です 自分の長所と短所を理解している選手 身長が低いながらも足下の技術を兼ね備えた素晴らしいGKです 私は彼をDF(ディフェンダー)として最初は起用していました 生真面目さ 吸収力の速さ 大きい相手にも臆さない これらの部分を評価してDFにしていました 一年が過ぎ彼はポジションを奪われてしまい DFからGKに変わりました 元々低学年の頃にGKをやっていたこともあり 彼も葛藤の中GKに移行する決断をとりました そんな彼だからこそのGKスタイルが…

  • 選手の売買がクラブの利益を生む 中国育成の実態

    久保建英選手や中井卓大選手など若くして海外移籍を実現させた選手達が日本にもいます 中国でも公式発表されてないアンダー世代の選手達が多く海外の各クラブで挑戦していますしかしFIFAが制定する18歳以下の国際間移籍禁止というルールにより被害を受ける選手がいるのが現状ですヨーロッパでは各国育成年代選手の移籍は頻繁に行われ、それに伴う移籍金等によってクラブの運営が成り立っているという様な記事を目にします 中国国内でも育成年代選手の移籍が活発的になってきています これまでに聞いた話ですが 中国国内移籍事情は以下の様になっています ※小学生チーム、選手の話です 上海の某チームは1チームの移籍金設定額が30…

  • 中国の育成における問題点 校园足球

    中国には校园足球という小学校サッカー/小学校のサッカー部というカテゴリーがあります 数年前に中国国家主席の習近平さんが中国をサッカー強国にする中国足球改革発展総体方案 という国家政策の公布に伴い中国国内に2025年までにサッカー学校を5万校増やすとしています サッカー専門学校という訳ではなく サッカー部強化指定学校という形でしょうか 私は街クラブに属する指導者ですが クラブが学校と契約し、派遣指導者として学校に携わります 学校の指導者は基本的に学校の体育の先生か私の様にクラブから派遣されている指導者です 現在私が率いているのは5.6年生 平日は水曜日がOFF、週末は日曜日がOFFとなりますこれ…

  • 蘇州社会人リーグ サッカープレイヤーとして学ぶべきもの

    私は蘇州绿叶卓越FCといチームに所属しています このチームはプレイヤー兼オーナーが主体となり、地元街クラブの指導者達が集まったチームです 週に一度の練習と週末の試合というスケジュール練習、試合に参加すると給料がもらえます 出席回数によって給料の変動はあります 中国サッカーのカテゴリー制度は以下の様になっています 中国スーパーリーグ(中超) 中国2部リーグ(中甲) 中国3部リーグ(中乙) 中国アマチュアチャンピオンズリーグ(中丙) 各省/市の協会が制定するリーグ この様なカテゴリーになっています 日本よりもまだまだ細かなカテゴリーとリーグ戦の設定はされていません 2018年私の所属しているチーム…

  • 筆者 浅野伸太郎のこれまでの道のり①日本編

    すみません ここで1度筆者のこれまでのサッカー道程を記したいと思います 幼稚園の頃Jリーグの開幕と共にサッカー人生のスタート 小、中、高と一生懸命頑張ってきました 大学も県リーグで闘うチームでしたが、関東昇格を目指す強化チームという位置づけで日々取り組んできました 大学サッカー生活はヘルニアを患うと共に引退する事を決意しました… 全ては小さい頃から目指していた指導者になる為でした ここでいつも思うことがこんな環境だったら良かったなと 各カテゴリーに専門性の高い指導者 トレーナーやGKコーチなどのスタッフ陣の充実 2時間以内に終わる練習 疑問を持つことが多かった選手時代だったので 常々こんな事を…

  • 保護者も少し勘違い⁈ サッカーは楽しむものだ!!

    学校の強化チームを率いて1年2ヶ月 色々と苦労を重ねながらここまできました チームスタート当初の選手達は初めて関わる外国人コーチという感じで興味津々でした 選手達は自分らの知っている日本語を話しかけてきたり、日本のアニメの話や音楽の話など色々と話しました このようにまずはコミュニケーションを取っていく事を重視して、練習中も個人個人に声を掛けながら取り組んでいました 決してふざけている訳ではなく 練習中は笑顔が絶えない環境が続いていました しかしこれがダメだったみたいで… 学校の先生や周りのコーチにもっと厳しくやってくれと言われました 当時を振り返ると保護者にも厳しくお願いしますと言われてました…

  • 外国人コーチが蔓延る中で自分の売りを見出す

    近年中国サッカーには多くの外国人コーチが参入しています 私もそのうちの1人です… 中国サッカー協会を見ても一目瞭然 中国サッカー協会テクニカルディレクター:ベルギー 中国代表監督:イタリア U23中国代表監督:イタリア U21オリンピック代表監督:オランダ U19中国代表:セルビア ※簡単な参考資料です 2012年に中国に来てから これまで多くの外国人コーチ達と出会ってきました スペイン、ブラジル、セルビア、ナイジェリア、カメルーン、イギリス、韓国… クラブが直接コーチを見つけるのはもちろんですが、最近では代理人を通して中国にくる外国人コーチが多い様に感じます —知人代理人曰く— "スペイン、…

  • 住んでる街のプロチーム苏州东吴足球俱乐部

    私が住んでいる街には苏州东吴足球俱乐部(蘇州東呉サッカークラブ)というプロチームがあります このチームは前身の苏州锦富新材足球俱乐部というのが2008年からスタートしました 2015にチーム名が変更されて正式に中国3部リーグ(中乙)に加盟されました 蘇州が本拠地なので練習場は太湖というリゾート開発が進む土地で広大な練習場を設けていますメインスタジアムは2つ…蘇州と常熟にあります 蘇州のスタジアムはコンサートやイベント開催が頻繁に行われているのでピッチ状態はあまり良くないです※ちなみに私の日曜日のスクールはこのスタジアム外に併設されているグランドで行なっています 2017年に就任されたのが内田一…

  • スクール後保護者とサッカー育成について語り合う

    "日本はアジアトップの育成を誇る国だ" 私のスクールのある保護者の方がよく私に言ってくれる言葉です毎週日曜日のスクールの保護者とはたまに中国の育成について語ることがあります私の指導方法を気に入って頂き 他クラブから移って来てくれた方です 彼はこれまで色々な指導者の下へ子供を連れていきサッカーをさせていました その中でも私の指導は細かくレパートリーに富んでいて子供達が楽しんでいる、情熱のある指導者だと言ってくれます 中国人指導者との違いは多いと 中国人指導者はどういった指導なのか? グランドでタバコを普通に吸う (これは本当に悪しき習慣) 体罰する、理不尽に怒る (今日本でも話題になっているない…